一○奏-ichienso- のブログ
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>

2日間に凝縮されたドラマ



5/17ベルリンからパリを経由して日本に向かった。
うまいことロシアを避けて飛行。
ウクライナ情勢を考慮して今回はちょっと高かったけど、安心のJALをチョイス。
機体が新しくなってて、機内食のグレードも上がってた印象。デザートのハーゲンダッツを2個食べちゃった。
コロナ規制も大分緩和されてきた昨今、長距離便もお客さん乗車率も増えてて70%位の座席が埋まってた。
雲の中に富士山がみえた。神々しい。
そして18日、無事に日本に着陸。
5/21、いつもの愛車に新しいバッテリーを設置。
荷物を積み込みデザフェスに出発!
1年振りの運転だったけど、10年以上乗ったバイクの運転は体が覚えてて全くブランクを感じさせない乗り心地だった。
開催2時間前に到着。
ブースに作品を並べてデザフェスが始まった!
僕と同じ名前のマサトさんがichienso Tasche(一○奏鞄)とルーペとイェーガーマイスターエテュイ(ケース)を迎え入れてくださり勝手に運命を感じた。
初日終わりにいつもの寿司屋で握り寿司を頬張る。
流石のクオリティに舌鼓。
夜は雨が降った。
近場のビジネスホテル(ヴィラフォンテーヌ)に泊まったんだが、東京らしい風景が堪能出来、リーズナブルでキレイな建物だった。
なんといっても朝食バイキングが充実しており美味い。朝からガッツリ食べた!
お陰で昼になっても腹へらなかった^^
朝のモノレールのりんかい線からの風景
2日目はカラッと晴れて気分も上がった〜!
なかなか良いスタートの2日目。
今回はビッグサイト西館だけでなく、南館も増えて広くなってた!個性的な人がた~くさん!
コロナ明けの2年半振りの出展だったんだけど、
今回初めて出会った方々や、7年前に別のイベントで僕の作品を見てくれて覚えててくれた方や、お馴染みの愉快な仲間たちや、お世話になってるお店の方にも再会出来て嬉しかった。
たった2日間だったけど、予期せぬドラマティックな展開ばかりで、最後の最後までホントに充実した2日間だった!
いつもの平坦な24時間よりポジティブな意味で長く、ある意味遠足のようなタイムトラベルをした気分で元気をもらった!^^

魔法の薬



秘密のルートから魔法の薬を入手しました。
その名もElixierflasche
エリクサーフラッシェ(万能薬ボトル)
フラスコ状の形がスチームパンク心をくすぐる。
ラベルもドイツのカリグラフィーでイカしてる。
レザーホールダー&ストラップ
緑が一番怪しい^^
気に入ったので何色か革を変えて作ってみた。
こんな感じで取り外し可能
スチームパンクイベントやピクニックのお供に! 

ichienso lupe (一○奏の拡大鏡)


ichienso lupe
一○奏の拡大鏡
For loupe lovers!
The two lenses have different magnifications. 
Movable and can be layerd on.
それぞれ異なる倍率のレンズを使用。
重ねて使う事でより倍率アップ! 
レンズの厚みも異なってる。
上のレンズの方が薄いが倍率が高い。
硬いステンレス線を曲げてバネを作り、首をフレキシブルに可動出来る。
↑ichiensoを彫刻
裏はこんな感じ。
持ち手に革をピッタリ張り縫い合わせてある。
↑下部のレンズ
↑ダブルレンズの場合ここまでズーム
革はもともとナチュラルカラーのヌメ革を使用。
形を切り取り染色した。
持ち手の元になってる部分は実はレザークラフトのコバ磨きする木製工具。
最近買ったけど、非常に硬くデザインや色味もカッコよかったので、思い切ってマテリアルにしてみた!
なかなか完成度の高い作品に仕上がりました^^
ベルリンでも桜並木が満開を迎えてる。
日本のソメイヨシノよりピンクっぽい。
暖かい日と寒い日の気温の変化が激しいが、近々花見する予定。


1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>