兵庫県健康生きがいづくり協議会 ニュースと行事予定

兵庫県健康生きがいづくり協議会 ニュースと行事予定

兵庫県健康生きがいづくり協議会は中高年の健康づくりと生きがいづくりを支援するための活動をしている団体です。
会員がニュースや行事予定を発信します。よろしくお願いいたします。

 2024年6月16日に和歌山有田の花王有田ファミリークラブにて開催されました。

参加者は健康生きがい財団から財団から國松副理事長、吉田副理事長、松浦常務理事が出席され、奈良健生、山口健生、広島健生、岡山健生、徳島健生、和歌山健生の総勢19名が花王有田ファミリークラブに集合し、滋賀健生からもリモートで参加されました。

 

 15時から交流会がスタートし、まずは財団の國松副理事がご挨拶されました。

今回の交流会を企画運営された和歌山健生の市野さんへのお礼と、健生の活動として健康生きがいづくりを通して社会に貢献することの大切さとそのための今回のような交流会の大切さについてお話がありました。

 

 続いて、財団の松浦常務理事から資料に基づいて現状の報告等がありました。

令和6年度の健生財団事業計画の概要として健生アドバイザーの養成と協議会組織の強化、AD間のネットワークの強化、養成講座の開催、フレイル予防啓発、100歳大学普及、50歳からの生き方研究会などの方針に言及され、今年の第31回AD全国大会並びに第14回健康生きがい財団大会の開催が11月9日にまとめて開催されることの案内がなされました。健康財団のホームページの改良に取り組んでいることについても紹介されました。

 

 ここからは各県別健生の今年度の取組方針についての発表が行われました。

最初は山口健生からの報告でした。

協議会としての活動は停止せざるを得なくなった今年度についてもなんとか活動を継続する方向性を見出したいとの決意表明が行われました。

 

 続いて、広島健生からの報告です。

今年度の養成講座の開催とAD活動支援講座受講に関する去り組み、総会と定例会磨運営、地域活動の取組、健康のための栄養と運動講座の開催について報告がなされました。

 

 岡山健生からの報告では、AD養成講座の開催、フレイル予防活動、生涯現役いきいき活動としての毎月の講座の開催、月1回の健生茶屋の解説が取り上げられていました。

 

 徳島健生では、会員18名で活動した2023年度の活動報告と、2024年度の活動方針としてのフレイル予防活動、テーマに基づいた企画立案、勉強会、親睦会などについて報告がありました。市の広報の力が大きいとのコメントが印象に残りました。

 

 奈良健生からは市民向け講座の9月開催予定、AD養成講座開催、会員のスキルアップ、いきいきライフ事業、健康づくり事業について報告がありました。

 

 兵庫健生からは財政の立て直しの取組、助成金の獲得の取組、会員増強の取組、講師派遣事業の取組、ディスコン事業の強化、ふれあい広場(例会)の充実の方向性について報告を行いました。

 

 和歌山健生からは、定例会の開催、100歳大学事業と自主企画事業の実施、事業PRなどについて説明があり、活動テーマ別計画の詳細が報告されました。

 

 最後に滋賀健生からリモートで滋賀健生の歩みと100歳大学の始まり、滋賀県が認めた100歳だ学の取組についての報告がなされました。

 

 時間はアっという間に過ぎ、気が付けば17時を回っていました。

参加者全員がチェックインを行い、18時30分から懇親会が開催されました。

花王有田ファミリークラブから海に沈む夕日を見ながら参加者全員が紀州の海の幸、山の幸に舌鼓を打ちながら、交流会の熱い議論は継続していました。

 

 20時過ぎには全員でラウンジに席を移しての2次会では和気あいあいの議論や意見交換、情報交換を続けて一部のメンバーはそのまま3次会に突入したようでした。

 

 翌日は、参加者全員で高野山参拝に赴かれたようですが、兵庫健生の代表として参加した私は午前中の仕事があったため、早朝に湯浅駅から大阪な戻り、残念ながら高野山参拝での交流の程は不明です。  

以上

 6月8日(土)の「ふれあい広場」につきましては、13時30分から「婦人会館4F・つばき」にて若返り体操を学ぼう~リハビリ、若々しい姿勢と健康効果を学びませんか~」の講座を開催しました。23名の方に参加いただきました。

 

講師は一般社団法人日本リハフィット協会会員 理学療法士・看護師 杉原 諭志先生です。

「若返り体操」とは各種の健康体操の長所を組み合わせた体操で、若々しく背筋の伸びた美しい姿勢を作り出すとともに、次のような効果があります。

1.体感筋の筋力増強 2.四肢体幹の柔軟性の向上 3.心肺機能の向上 

4.肩凝り、五十肩、腰痛症の予防と改善

 

この講座では、肩の回線運動、腰の運動、肩甲骨周囲筋のストレッチと筋力増強練習、手足と体幹のストレッチ、呼吸運動、リラクゼーションそれぞれの体操を分かり易く丁寧に教えてもらえました。

 

 

先ずは筋力トレーニングの方法と効果について、動画を見ながら講習いただきました。

*いつから始めても、だれでも効果があることを学びました。

*トレーニングの6原則(意識性の原則・全面性の原則・専門性の原則・個別性の原則・漸進性

 の原則・反復性の原則)について教えていただきました。

*トレーニングの目的・負荷・回数について解説いただきました。

*トレーニングを継続する方法について教えていただきました。

*最後に若返り体操の注意点と効果について解説いただきました。

 

 

次に、若返り体操の指導が実施されました。

参加者全員が椅子から立ち上がって、インストラクター2名の方と杉原先生の指導に従って若返り体操のやり方を学びました。

 

参加者全員が軽く汗をかきながら懸命に体操に取り組みました。
 
続いて、若返り歩行の指導が行われました。
健康的に美しく歩くポイントを杉原先生から教えていただき、全員で実践してみました。
腰のひねり、踵歩き、つま先歩きなどを勉強しました。
そして、一人づづ歩く姿を杉原先生にチェックしてもらって、ワンポイントアドバイスをしてもらいました。
 
最後は、笑いヨガを教えていただきました。
笑うことで健康になる要因を解説いただき、全員で大きな声を出して、先生の指導に従って笑いヨガを実践しました。
参加者全員が身体も気持ちもすっきりとして、元気になって講習会は終了しました。
以上
 
 

 6月8日(土) 午前11時00分~午後0時30分に神戸クリスタルビル6階ひょうごボランタリープラザ「ミーティングスペース」で開催された運営会議についてご報告します。

 

1.2024年度のふれあい広場の開催予定について

 *本日開催の医学療法士杉原先生による「若返り体操を学ぼう~リハビリ、若々しい姿勢と健  

  康効果を学びませんか」の講座については杉原先生がPC動画を交えながら教えていただく

  予定です。若返り体操のテキストと動画再生用のDVDを希望者の方には500円でお分け

  いただけるとのことです。

 

  *7月開催予定の真下先生とも講演内容について打合せを開始しています。

   講演の前に参加者全員から簡単な自己紹介と人生の中で良かったことまたは身内の逝去や

   疾病以外の悪かったことを発表してもらい、講演の最後に感想を記入してもらうアンケー

   トを回収してほしいとの依頼を受けています。 

  

  *9月のディスコン大会についての会場は予約済みです。伊丹南小で毎月練習会に参加して

   いただいているメンバーの参加対応をお願いしました。

 

  *10月の拡大ふれあい広場での健康チェック等については、布谷・平田両氏の了解は取り

   付け済みですので、順次計画を進めていきます。

 

2.5月総会後の対応について

  *総会議案書は40部作成してあります。総会欠席の会員には総会の議案成立状況を添付し

   て郵送対応しました。

 

  *欠席者からの会費の支払い状況について会計担当の村山さんから報告してもらいした。

 

  *総会当日に新規の2名の方が入会いただきましたが、今後の「ふれあい広場」に参加いた

   だく方の中からも入会者がおられるものと考えています。

  

  *ホームページの更新対応は完了しました。

 

3.助成金対応について

 *ひょうごボランタリー基金については審査員からの質問が2件ありましたので、回答を送付

  しました。

  6月中に可否および助成金額の決定がなされて連絡が来る予定です。

 

.健生AD中国・四国・近畿広域ブロック交流会の開催について

 *6月16日~17日の日程で和歌山にて開催されます。

 

 *参加は、財団本部から3名、中国ブロックから岡山、広島、山口、四国ブロックから徳島、

  近畿ブロックから奈良、滋賀、和歌山と兵庫(吉竹が参加)から総勢23名が参加予定で

  す。

 

 *報告書提出については、総会議案書の今年度の活動計画をそのまま提出する予定です。   以上

 

 松本清張は1909年小倉市(現・北九州市小倉北区)生れで給仕、印刷工など種々の職を経て朝日新聞西部本社に入社。41歳で懸賞小説に応募、入選した『西郷札』が直木賞候補となり、1953年、『或る「小倉日記」伝』で芥川賞受賞。1958年の『点と線』は推理小説界に“社会派”の新風を生み、生涯を通じて旺盛な創作活動を展開し、その守備範囲は古代から現代まで多岐に亘っています。1992年没。

その松本清張がユニークな史眼と大胆な発想を活かして、歴史の隠れた真実を鮮やかに発掘しようと学者や作家と大いに語り合っているのが、本書です。

 

「三世紀に存在したヒミコの国 ヤマタイ国」:ヤマタイ国論争の争点、原始国家のあけぼの-倭国の動乱、倭と東アジアのダイナミズム、倭の外交-帯方郡をめぐって、検察官「一大率」の謎、女王ヒミコの謎、ヤマタイ国はどこか、について清張が二人の歴史学者と一人の考古学者と論争し、ヤマタイ国の場所に関して清張は九州説を取っています。


「新国家建設に苦闘した皇太子 聖徳太子」:歴史学者と清張が聖徳太子の実像について論争しています。


「皇位を賭けた古代の大争乱 壬申の乱」梅原猛と清張が古代史上最大の動乱である壬申の乱の意味合いについて語り合っています。天武天皇から神権的な天皇制になったとしています。


「国家的大事業の陰の政治劇 大仏開眼」:歴史学者と清張が東大寺の大仏建立の持つ意味合いを論じています。


「鎌倉期彫刻を完成した仏師 運慶」:歴史学者と清張が運慶の生涯とライバル快慶との関係性を論じています。


「乱世を生きのびた教養人武将 細川幽斎」:清張が明智光秀の娘ガラシャを息子の嫁に持つ細川藤孝(幽斎)についてその生き方を語っています。


「天下取りを狂わせた大事件 本能寺の変」:歴史学者と清張が本能寺の変が起こったことの意味合いについて論じています。


「天下人にまで成り上がった男 豊臣秀吉」海音寺潮五郎と清張が豊臣秀吉の人気の秘密や栄達への道のりなどについて語り合っています。


「黄金をめぐる栄華と悲惨 佐渡金山」津村節子と清張が黄金の花咲く島の佐渡金山の地獄の実像について語り合っています。


「大岡裁きで知られる名奉行 大岡越前守」:歴史学者と清張が大岡越前守の実像と大岡裁きの実績や創作などについて論議しています。


「人と金を動かした政治改革者 田沼意次」:テレビドラマの脚本家と清張が悪徳政治家の烙印を押されている田沼意次の実像について語り合っています。


「全国測量図を作った地理学者 伊能忠敬」:地理学者と清張が五十六歳から測量を初めて四万三千キロを歩いて伊能図を完成させた男について語り合っています。


「天保の改革に挫折した老中 水野忠邦」:歴史学者と清張が優秀な官僚で偏に幕府の財政を救済しようと改革を推し進めて失脚していく老中の姿を語り合っています。

 

歴史好きの方は是非一読ください。

以上
 

 今月の兵庫県健康生きがいづくり協議会の総会終了を受けて、当協議会のホームページを総会で承認された議案を含めて更新しました。

 

「団体概要」においては、新役員体制を掲載するとともに、兵庫県健康生きがいづくり協議会のあゆみについても令和6年度まで追加掲載しています。

 

「活動実績」についても令和6年度の活動までを追加掲載しています。

 

「受託・助成金事業」については、昨年度の事業内を追記しています。

 

「講師派遣事業」においては、講師陣のリニュアルをするとともに、昨年度の講師派遣事業の内容を追記しています。

 

「ディスコン部活動」については、昨年度までの活動内容を追記しています。

 

「お問合わせ」においては、新たなお問合せ先にリニュアルしました。

 

更新された「兵庫県健康生きがいづくり協議会のホームページ」をご確認し、これまでのあゆみや取り組み内容をご理解ください。

 

ホームページはこちらです。→兵庫県健康生きがいづくり協議会 (hyogokenkoikigai.com)

以上

6月8日(土の「ふれあい広場」につきましては、13時30分から「婦人会館4F・つばき」にて若返り体操を学ぼう~リハビリ、若々しい姿勢と健康効果を学びませんか~」の講座を開催します。 

講師は一般社団法人日本リハフィット協会会員 理学療法士・看護師 杉原 諭志先生です。

「若返り体操」とは各種の健康体操の長所を組み合わせた体操で、若々しく背筋の伸びた美しい姿勢を作り出すとともに、次のような効果があります。

 

1.体感筋の筋力増強 2.四肢体幹の柔軟性の向上 3.心肺機能の向上 4.肩凝り、五十肩、腰痛症の予防と改善

 

この講座では、肩の回線運動、腰の運動、肩甲骨周囲筋のストレッチと筋力増強練習、手足と体幹のストレッチ、呼吸運動、リラクゼーションそれぞれの体操を分かり易く丁寧に教えてもらえます。

 

*動きやすい服装でお越しください。 *必要に応じてタオルや飲料水をご持参ください。

きっと参加者のためになり、ライフクオリティーのアップにつながる講座ですので、多くの方の参加をお待ちしております。お知り合いの方を連れての参加も歓迎です。

 

 

6月以降の「ふれあい広場」については、下記のイベントの開催を予定しております。

 7月:真下益(ましもすすむ)先生の「好きに生きる」講演

 8月:お休み

 9月: 子供からお年寄りまで誰もが一緒に参加でき、同じルールで競技できるディスコンを楽しもう

10月: 健康チェックを活用した拡大ふれあい広場

11月: 八田陽子先生による若返り講座 その2 

12月: 第4回演芸大会

2月以降で社会見学も検討中です。

6月以降も楽しくてためになる企画をご用意します。

「ふれあい広場」の開催は毎月の第2土曜日を予定していますので、早めにスケジュールを押さえていただければ幸いと存じます。                               以上

コロナ禍以降中止していた総会終了後の懇親会を久々に開催し、12名の会員が参加しました。

三宮地下街の「ニュートーキョー さがみ」にて16時30分から2000円の会費で開催しました。

 

臼井会長の乾杯の発声で懇親会はスタートしました。

「竹籠ご膳」(お肉、刺身、てんぷら、煮物)に唐揚げがつきさらにワンドリンク付きでとてもお得なプランに参加者も大いに舌鼓を打ちました。

 

 盛り上がった懇親会はこれだけでは終わらず、「生ビール」「日本酒」「焼酎」だけでなく、枝豆やお漬物の追加もあり、呑み助の8人の会員は追加料金1800円を支払いました。

 

 

18時になり、ほろ酔い機嫌で会計を済ませて、久々の懇親会は参加してよかったの声で不破事務局長の挨拶で散会となりました。

5月11日の総会終了後の14時30分から開催されました講演会についてご報告します。

 

 講師に京都府立医科大学の尾崎悦子医学博士を招いてしっかり食べて 健康寿命を延ばそう!~食の情報に惑わされないように~」と題する講演をしていただきました。

 

当日は15名の参加者が熱心に講演を聴き、食と健康長寿の関連についてしっかりと学びました。

 

 最初に「昨日の食事を書いてみよう」と、資料として配布された用紙に朝食、昼食、夕食の献立を書き出すことから講演は始まりました。

 

続いて、「クイズで考えよう」として参加者がどんな努力をしているかを8問出題されたものが該当しているか参加者各自が〇×をつけて、その努力が正しいのかの答え合わせをしました。

*油は脂肪のつきにくいオリーブオイルをよく使っている。

*おやつは一切やめている。

*体脂肪を減らすために健康食品をせっせと食べている。

など8項目について該当しているか考えた後に、先生が答え合わせをされ、すべて×であり、思い込みで食事をすることがいかに多いかを考えることとなりました。

 

次に、肥満度チェックのための「BMI指標」について解説があり、体脂肪は必要であるにもかかわらず、余分な脂肪がつき易いのはなぜかを解説いただきました。

そして、「健康な体を作るために必要なもの」について解説がありました。

運動機能の老化を防ぐためには、「たんぱく質」「ビタミンB6」「ビタミンD」が重要であることを解説いただきました。

年を取ると筋肉量が低下することを防止することが重要であり、そのための食事を心がけなければならないことを学びました。

 

 

続いて、「身近な食品のエネルギーを知ろう」と、80Kcalの卵1個と同じエネルギー量になる「牛乳」「スライスチーズ」「白身の魚」「赤身の肉」「豆腐400g」の量を考えました。豆腐が1/4丁で卵1個と同じエネルギーになることに参加者は驚いていました。ダイエットのために豆腐ばかりを食べていると逆効果であることを知らされました。

そして、「当たり前の食事が活力ある体を作る」として、三度の食事を大切にして、赤・緑・黄の三色をそろえて少しの油をプラスすることの大切さを解説してもらいました。

 

次に、「長続きできる方法を考えよう」として、まとめて作る浅漬けや野菜スープの活用、市販品の利用、電子レンジの活用、調理したもののフリージングの活用について教えていただきました。

さらに、「考えてみよう」として、「おやつは別腹か」「野菜ジュースは野菜の代わりになるか」「広告に惑わされないためには」について解説がありました。おやつとは上手に付き合うことが大切であり、野菜ジュースを飲んでも野菜を食べることの代替にはならず、広告を読み取る知識の重要性を教えていただきました。

 

 

最後に、「たった今から始める骨粗しょう症の予防と対策」について解説がありました。

日本人の50歳以上の女性の3人に1人は骨粗しょう症であり、加齢と閉経と体質が原因であるとの解説を受けました。

予防策として、「獲りたい栄養」としてはカルシュウムとビタミンDとK、気を付けることとしてはリンを含む食品(ウィンナーやちくわやインスタントラーメンなど)を多く摂らないこと、運動面では、適度な運動を毎日続けることが重要である点を解説いただきました。

講演終了後は、参加者から多くの質問がなされ、一つ一つ丁寧に質問に対する回答をしていただき、参加者も大満足で講演を終えることができました。

以上

 

 

 

 

 

当協議会の今年度の総会を13名の会員に参加をいただき開催いたしましたので、以下の通りご報告させていただきます。

臼井会長の挨拶の後、鳥越氏が議長に選出されて総会の議案が審議されました。

 

1.総会開催日時と場所:2024年5月11日(土)13時30分開始

           神戸市立婦人会館 4階 「つばき」

 

2. 議事内容:

第1号議案  令和5年度事業活動報告

1.会員動向 

2.運営会議・ふれあい広場

3.兵庫健生の活動状況については兵庫健生ホームページにおけるブログで定期的に報告を実施

4.講師派遣事業は6回

5. 令和年度通常総会開催

6.近畿ブロック会議

7.全国地域協議会代表者会議等

8.部会活動

 

第2号議案  令和5年度決算報告及び監査報告

 

第3号議案    令和6年度役員改正(案)

会計担当役員の高口民枝は退任する。

顧問の香川 弘は退任し、顧問は空位とする。

広報担当として新たに川元勝也が就任する。

 

第4号議案  令和6年度事業計画(案)

1. 会員増強

2.財政の立て直し

3.講師派遣事業の充実

4.助成金事業の獲得

5.行政との関係強化

6.ディスコン事業の強化

7.例会(ふれあい広場)の充実

8.親睦会

9.部会活動

 

第5号議案  令和6年度予算(案)

 

第1号議案から第5号議案までは全て承認されました。

以上

5月11日(土) 午後10時45分~午後0時00分に神戸クリスタルビル6階ひょうごボランタリープラザ「ミーティングスペース」で開催された5月の運営会議についてご報告します。

 

1.2024年度のふれあい広場の開催予定について

  *6月開催予定の医学療法士杉原先生による「若返り社会の実現に向けて」の講座について

   は杉原先生と打ち合わせを開始しています。杉原先生は会場の下見もかねて本日の総会後  

   の講演会にも参加予定です。

  *7月開催予定の真下先生とも講演内容について打合せを開始しています。

  *9月のディスコン大会についての会場は予約済みです。

  *10月の拡大ふれあい広場での健康チェック等については、布谷・平田両氏の了解は取り

   付け済みです。

 

2.5月総会対応について

  *総会議案書は40部作成してあります。総会欠席の会員には明日以降で総会の議案成立状

   況を添付して郵送対応する予定です。

  *5/1現在での総会・懇親会の出席予定者は総会17名、懇親会15名、欠席予定者は

   11名です。

  *山崎戸始子会員より、先日まで入院しており、退院はしたものの体力的理由で退会の申し  

   出がありました。

 

3.ふれあい広場開催の告知の拡大と入会の働きかけ

 *4月以降のふれあい広場においても参加者のチェックリストを作成して、参加者の傾向を把

  握して、参加者拡大に向けての取り組みを継続していく予定です。               

  また、継続的に参加をいただいている方々12名については入会勧奨を実施し、本年度から

  会員になってもらうように入会勧奨文書作成しまして総会後の講演会への参加案内とともに

  郵送しました。

 

4.助成金対応について

 *ひょうごボランタリー基金の2024年度の助成金申請については、3/30にボランタリ

  ー基金に提出して受領されています。

  この後、審査員からの質問等があれば対応を行い、6月中に可否および助成金額の決定がな

  されて連絡が来る予定です。

 

5.健生AD中国・四国・近畿広域ブロック交流会の開催について

 *6月16日~17日の日程で和歌山にて開催されます。

 *参加は、財団本部から3名、中国ブロックから岡山、広島、山口、四国ブロックから徳島、

  近畿ブロックから奈良、滋賀、和歌山と兵庫(吉竹が参加)から総勢23名が参加予定で7  

  す。

 *報告書提出については、総会議案書の今年度の活動計画をそのまま提出する予定です。   以上