たけのこのだらだらブログ TB18-007
  • 03May
    • 4月総括

      こんばんは。4月のふりかえりをします。●新学期実は一回生のころよりも授業のコマ数が減っているんですよね、うちの学科。毎日1限スタートなのはきついですが、3限があいていてゆっくりごはんを食べられたり、5限がないので思う存分新歓いったり平日のミーティングに参加できたりするのでありがたいものです。一回生のうちに、教養科目をたくさんとったのもよかったかなあ。昔の自分に感謝ですね。ただ、やっぱり専門科目は以前よりも難しいです。勉強しなきゃとは思うものの、あんまり難しいと立ち向かう気が起きないというか、サークルで忙しくてゆっくり復習するヒマがないというかー。言い訳ですね、いまも来週提出の課題を放置してこれ書いてます。●サークルの話4月といえばやっぱり新歓ですね。今年は、うちのサークル全体的に厳しい状況なようで、みんなまいっています。僕の行っているセクションも、例年よりかなり力を入れたつもりで、4月中は新入生がちゃんと参加してくれてテンション上がっていましたが、5月からはどうなるかわからないですねえ…。LINEで活動にお誘いはしてみたものの、ぜんぜん返事が来ない。これはかなり怖いです。普段通りの活動に加えて新歓をやっているので、4月は極めて忙しかったです。というか、今もですね。GW中にも新歓イベントや活動はあるのですよ。おかしな話ですね…。まあでも、自分のやるべきことはちゃんとやってますし、愚痴を言い合ってなぜか女子と仲良くなれたり、夜を徹してボードゲームをやったりと充実はしております。サークルに身を捧げるというよりは、サークルを利用して自分のためになるように生きていきたいなあ。なんて。●DDRMagnetic CDP、Anti-Matter EDPをクリアしました。弱いほうとはいえ、足17は足17。とうとうノンバーでここまで来たかと、我ながらスゲエと思います。かかとで踏む感覚が身についたり、BPM300の発狂が踏めるようになったり、足15,16を何度もやる体力が身についたり。4月中はけっこう遊びにいっていて、急速に実力が上がっているのを感じます。うれしいものですね。年内に足18ができるようになったりするのかなぁ…まあ、今は強い足17はまだ無理なので、できそうな足16とかをどんどんやっていきたいと思います。●FGOストーリー進めるのをさぼって、ゲオルギウスさんを育ててみたりクーフーリン(キャスター)さんを育ててみたり。スキルをちゃんと使えば、低レアといっても侮れないですね。そして、天竺を適当に走り、今はアポクリファイベントを走っています。カルナさんとランスロットさんが鬼のように役に立ちます…。相変わらずキャスターの☆4以上がいないので、配布でもらえるジークくんが☆4キャスターなのはありがたいですね。イケメンだし、適当にイベントやるだけでも正式加入&宝具MAX&再臨完了できるっていうのはすごい。リンゴもけっこうもらえるし、大盤振る舞いだな~と思います。

      テーマ:
  • 05Apr
    • 3月総括

      こんにちは、たけのこです。3月のいろいろを振り返りたいと思います。それはもういつも以上に雑多に。●DDR3月はほとんど遊んでいなかったのですが、先日久々に遊びに行きました。ノリでいったおかげでタオルとかたっぷりの水分とか用意できていなかったのに、この日は自分でも不思議なほど脚力が長く続き、この間追加された輪廻転生のCDPをクリアすることができました。高速地団駄とか、16分の3連打・5連打は余裕で対処できるようになってきましたし、長い譜面を踏み抜くための(体力消費を抑えるためのテクニックも含めた)体力が身についてきたようです。まあOut of focusのCDPは無理だったんですけどね。ソフランとか、長い滝には耐性がないです。。そうそう、その日遊びに行ったら、ホームのゲーセンにDANCE RUSHが入ってたんですよ。BEMANIの新機種が出たとは聞いていましたが、実際遊ぶとこれはなかなか面白いですね。ダンス系の音ゲーはいくつもBEMANIから出ていますが、これはちゃんとステップを踏むだけで踊れるゲームになっていると思います。踏み方もかなり自由で、ステージの上でレーンに沿っていれば奥行きはどこで踏んでもいいとか、実は左足・右足の区別はされていないっぽいとか、やろうと思えば好き勝手できそうですね。●FGOセイバーウォーズのセイバーピックアップで(セイバーでアルトリアの)オルタさんが出ないかなーと思って課金までして回しまくってみましたがオルタさんは出ませんでした。現実は厳しいですね。シュヴァリエとか柳生のおじさんとか出ても仕方ないんですよ。間に合ってるんですよ。青王の宝具Lv2になったってそんなにうれしくないんですよ…。まあ、セイバーウォーズのイベント自体は、心臓が手に入ったりピースやモニュメントを大量回収できたりしてかなりありがたかったんですが。今は「クラス別ピックアップで今度こそオルタさんピックアップされないかなー」という淡い期待が打ち砕かれ、ストーリー召喚にも使わず無料石をその日までため込む決意を固めたところです。いつか絶対手に入れてやる。あとは、メインクエストのAP消費が落ちているところでもあるので、今の内にストーリーを進めておこうとアメリカを走っています。この章は長いですが、そのぶんアツいですねえ。ナイチンゲールさん素敵。●学業単位は全て取れていました。4Qは本当にやばかった…。2年目の1Qは授業のコマ数がかなり少ないので、以前より肉体的にも気分的にも楽です。1年目に頑張ったぶん、教養科目を取らないといけない数が少なく、しかも!5限目が!存在しないのです!まあ、気を抜いているとまた大変な目に合うでしょうし、春休みのあいだずっと遊んでいたので、かなり苦しむ予感はしますがね。きっとなんとかなるでしょう。●バイトうちのバイトは3月が繁忙期で、春休み中はかなりの日数働いていました。おかげでなかなかの額を稼げましたね。というか、繁忙期以外が実入り少なすぎるんですよね…。もう今季でやめようかとまで思っています。土曜日出勤とかサークル的に辛すぎるし。あとあれ、この時期はお客さんに物を売る仕事をするので、電話や店頭での接客経験はけっこうつきましたね。失敗も苦痛も多かったし、先輩にダメ出しされていらいらすることもありましたが、やっぱりやらないと慣れないものなので。それはやれてよかったなと。●サークルまた仕事を増やしてしまい、今はその処理に追われているといったところですね。うーん、やっていけるかなあ…。

      2
      テーマ:
  • 11Mar
    • 2月総括

      またまた遅ればせました。2月の振り返りをします。〇人間関係その節に関しては相変わらず病んでいます。諦める、ということではなく、頑張りすぎない、というのが一番お互いにとっていいのかなあ、と思い始めました。最近になってやっと気づいたのですが、僕の親しい人はいつも自然にできているようです。小学校のときも中学校のときも高校のときも。いつでも誰かは近くにいてくれたし、それを疑いもしなかった。今だってそうです。部室に行けばいろんなことを話せる友達はいるし、趣味を共有する仲間もいるんです。悩みを打ち明ける相手もいます。彼らとの関係は、間違いなく「こいつとは友達になっておこう」という打算で出来たものではありませんでした。こいつといると楽しいとか、遊びに行きたいとか、そういう素直な気持ちに突き動かされて近づいてきたのだと思います。打算や思考で自然を捻じ曲げようとしている、今回だけが違うのです。これでも、「それが自然な瞬間」があれば、まともに話したりすることはできるし、それを幸せと思えるのならそれで充分。仲良くなれるならほっとけばそのうち仲良くなれる。ただただ、会いたいときには機会を増やす努力をするし、楽しい話をしたければコミュ力を上げようと思うし、そういう地力上げの努力はいくらでもすればいいけれど、余計なことをしてもお互い傷つくだけ。そんなふうに今は思えていますが、はて来月にはどう考えてどうなっているんでしょうね。自分は信用ならないな。〇最近の出来事・チョコミントにはまりました。ちょっと遠出してチョコミントかき氷を食べに行ったり、京都までWIXOSSオンリーイベントついでにチョコミントパフェを食べに行ったり。今は欠かさず赤城のチョコミントバーを冷蔵庫に入れています。ドトール冬のミントチョコラテ、あれ最高においしかったので春になってしまったのが残念でなりません。・過去最大級の精神崩壊が起きました。一度説明すると、うちのサークルっていろんなとこにボランティア活動をしに行ってるんです。A町でBという活動をするチームもあればC町でDという活動をするチームもあります。僕の参加しているチームに同期はいません。なんなら1個上の先輩もいません。最近他のチームの活動にもよく参加しているので、そっちの飲み会に行ったのですが、まあ同期から4回生までたくさんの人がいること!あまりのむなしさに、家に帰ってから泣きながら暴れていました(朝起きたら部屋がぐちゃぐちゃになっていた)。絶望するしかねえよあんなの見たら。あの人たちが悪いわけじゃあ、決してないんですけど…。どうして自分はこんな状況に立たされているんだろうって思っちゃったんですよね。・ロンドンとオケアノス救いました。次はアメリカだ…。というか、第7特異点行くか騎の修練場行くかしないとうちのランスロットさんが最終再臨できない。他にもいろいろ入用で、素材集めが辛い…。バレンタインで燃え尽きて、空の境界イベントは一切やらずに終わってしまったので、次のイベントはしっかりやりたいところです。それまでに、いろんなクラスのサーヴァントを2人は育てておいて、特定のクラスしか出てこないステージならストレスフリーに回れる状態にしておきたいですね。アーチャーがアーラシュさんしか育ててなかったので、ヘルタースケルターがかなりしんどかった。ライダーもマリーさんしか育てないから本もつらかった…。次の特異点はもっとさくっとやりたいです。

      テーマ:
  • 12Feb
    • 1月総括

      大丈夫です!!!生きてます!!!!僕は死にません!!!たけのこです。1月と2月の今日までのことを振り返ります。たまにはフォント芸しますか。〇学業期末テストですよ期末テスト。後述しますが、テスト期間中にやらないといけないことが他にできてしまって、それはもう大変でした。忙しくて勉強の時間がゆっくりとれませんでしたね。一夜漬けは当たり前、当日の朝に書き取りをして強引になんとかした(できたかどうかはそのうちわかる)ものもいくつか…。まあ、手ごたえはそんなに悪くないので、運と先生が良ければ単位はコンプリートできているはずです。まあ実は、出さないと単位もらえないレポートがまだ終わってなかったりするんですけどね。〇やらないといけなかったことFate/Grand Orderです。情けない話、バレンタインイベントをやるのは我慢できませんでした…。今回のイベントは、拠点であるカルデアのチョコ不足を受け、はぐれサーヴァントであるセミラミスに協力してひたすらチョコを作りまくるというものでした。その最終目標、6000万。ストーリーをエピローグまで終えるだけでも2000万は作らなければいけませんでした。テスト前の貴重な土日を犠牲にし、1000万ぐらいまで作り…その後もテスト勉強とリンゴかじってのガチ周回を並行するありさまでした。まだマスターレベルが2ケタの半端なマスターだったので、ブラック級の経験値効率のおかげでだいぶマスターレベルが上がり、リンゴもあまり使わずに進められましたね。っていうかむしろ増えてる気がする。でもまあ、努力の甲斐あって達成しましたよ。6000万。ちなみに、今は素材交換も完了するために最後のグレー級を走っているところですが、いまだに概念礼装はドロップしていません。どういうことなの…。今回は、チョコ報酬と交換で種火が手に入ったこともあり、周回を効率化するために育成も頑張りました。具体的には、セイバーのランスロットとキャスターのアンデルセンですね。それぞれ☆4、☆2のサーヴァントではありますが、どちらも使い勝手がよく、特にランスロットさんはランサーが出てきた中盤のブラック級で大活躍してくれました。宝具にアーツ強化がついていること、自力でNP増加・スター生産・スター集中が全てできることから、2度3度と宝具を撃って素早く中ボスやサーヴァントを倒すことができるんですね。俺はもうお前が騎士王でいいと思うよ(アルトリアより使いやすい)。また、アンデルセンも全体強化&回復のアーツ宝具、NP増加スキル、クリティカル威力UP、スター生産のスキルがランスロットとのかみ合わせばっちりでした。☆2とはいえ侮れませんね。レベル上げ楽だし。周回の回数を計算して気が遠くなる瞬間が何度もありましたが(素材交換のためにあと20回はグレーやらないと…)、いかに効率的にやるかと考えながらやるのはなかなか楽しかったです。アーラシュさんのステラで1ウェーブ目を流せると気づいたときの感動ったらないですよ。…飼いならされてきてるのかな。なお高難易度はやってません。まだメインストーリーはオケアノスなので…。〇サークル活動無事新年度人事が終わ…っていません。これマジ?(責任を持てる)人手が仕事量に対して少なすぎるだろ…。特にヤバイのが「7月に毎年地元でお祭りをやる」っていうセクションなんですけど、これ新歓担当とか副委員長とかまだ決まってないんですよ。なんなら担当が決まってる仕事のほうが少ない。年度によってはスーパーマンが1人3役でなんとかしたこともあったそうで、今年度もそうなってしまうのかと恐ろしい思いです…。一度経験してからでないとわからないことが多すぎるし、4月時点である程度準備ができていないといけないので、新歓がんばって新入生にいろいろやってもらおう、では済まないんですよね。どうなることやら。あ、ちなみに自分がやる気だった2役職は無事やれることになりました。副リーダーをしてくれるという人も見つかり、なんとかやっていけそうです。うまい具合に手伝ってもらって生きていきたい。〇恋バナサークル活動の一環として「前期、後期の間の長期休暇に、半期を自分の視点で振り返る文章を書く」というものがあります。なに書こうかなーと考え始めて振り返ると、自分が活動で関わる中で酷い仕打ちをしていたんだと思えてきて、「こういうところがクズだったと思う」ということを全て書きました。相も変わらず、一度落ち込むと投げやりになるのが自分です。まあ、当の本人からも他のサークル員からも特別な反響はありませんでしたが…この一か月面白いことがあったとすればこんなところです。〇メモ魔全く関係ないところで、「メンヘラの定義は『くよくよして周りに迷惑をかける人ではないか」という話をしたことがあって、僕はまさにその意味でメンヘラだったし、今もそうなのだと思います。この1か月、そのことを強く意識していて、原因の1つとして「自分を認められない」という点に思い至りました。それは、テストの点が取れるかどうかわからない、といったたぐいの実力的な自信のなさというよりも、むしろ「自分の気持ちを否定している」ということでした。わかりにくいと思いますので具体例を示します。僕には嫌いな人がいますが、僕は人の悪いところばかり見るのはよくないことだと思っています。現に「言葉遣いが悪いな」とか「うるさいな」とか思っているのに、そういうことを考えている自分自身も否定したくなってしまうのです。自分の気持ちを否定したところで、負のエネルギーなんて消えやしません。だから僕はすぐに不機嫌になり、悩みを抱え込み、頭の中を下らないことで埋め尽くしてしまう。解決策として思いついたのが、自分の中の感情や思考をどんどんメモ帳に吐き出すことです。常にポケットにメモ帳とエンピツを忍ばせておき、忘れちゃいけないことがあったらすぐ書き込む、ということは今までもしていました。最近はさらに「あんなやつタヒねばいいのに」と思ったら「タヒねばいいのに」と書き、「返信が遅い」と思ったら「返信が遅いと不安になる」と書き、「ブログ更新めんどくせえ」と思ったら「ブログ更新するのだるい」と書きます。こうすることで、最近の自分は以前よりぐっと健康になっている気がします。読者の方にも超オススメです。

      6
      テーマ:
  • 14Jan
    • あけましておめでとうございます(12月総括)

      あけましておめでとうございます。だいぶ更新が遅れましたが、新年一回目のブログです。〇恋バナ正しい行動を伴わず、自分勝手に考えるばかりでは好感度を上げるどころか下げるだけのようなのでもうなんか難しいことを考えるのはやめたいと思うようになりました。その代わり、自分の活動に出られるときはそのまま向こうのいっている活動にはしごをすることにしました。同じ曜日なのでね。人手があって困るものじゃないし、会う機会を増やす方が僕にとってもいい、多分WinWinです。それ自体をウザがられているとも感じないので、おとなしくしていればお互い幸せになれる気がします。〇年末年始について1月の新年会に合わせて、毎年何かしらの企画をやっているのがうちのサークルの伝統です。僕はその担当になってしまいました。僕が他の活動で忙しかったこともあって、新年会の準備全体の動き出しを遅らせてしまい、他の人も僕も急ピッチで仕事をすることに…。本当に申し訳ない。どれぐらい急ピッチだったかというと、僕は30日と31日、明けて4日、7日、8日は部室にいました。さすがに年越しは自宅でしましたし、3が日は帰省しましたが、なかなかない過ごし方だと思いますね。企画として、サークル内のいろんな活動の始まったきっかけや出来事をたどる、つまり歴史の勉強会をしようということを決めたので、大量の資料を読み漁る必要があったのです。よりによって年末年始、他に詳しい人やヒマな人がいるかもしれなくても安易に頼むのでは自分が許せない。だいたい本当に手伝ってもらえるかもわからない。結局、自分でひたすらやるというシンプルな解決方法をとりました。20年ちょい×4セクションの記録を見るのはなかなか大変でした…。まあ、自分で言い出したぐらいなので、昔のことを知るのは楽しかったですけどね。〇身の振り方僕はサークル内の役職を2つかけもちするつもりでいます。副リーダーをしてくれる人は見つかっていません(そもそも声をかけることができるほど信頼している人間がほとんどいない)ので、一人でやり遂げる覚悟です。いやまあ役職関係なく仕事振れるところはガンガン投げたいですけど。いち学生として、学業をおろそかにしてサークル活動に時間を費やすのが正しいことなのか、熟慮の上で決めたとは言えませんが…僕には今ここでやりたいことがある。後ではできないことがあると思います。もはや趣味と化しています。単位は取ります。周りにも協力させます。自分を潰れさせません。します・させます・させませんの心で一年間頑張っていきたいですね。〇その他の出来事・目玉焼きをきれいに作るために弱火を覚える。・ドミニオンにはまる。初プレーからそのままオール。・乾燥に耐えかねてハンドクリームをキめることに。・アルトリア・ペンドラゴンのセイバーのオルタさんをFGOで入手…できていないので、TCG用のプレイマットを購入して物欲を落ち着かせる。・ガキ使を最後まで普通に見て年を越す。何気に初めての体験。・好きな子とは一切仲が進展してないけど、この女友達とは気兼ねなく二人で飯が食えるっていう楽しいは楽しいけどむかむかする事案が発生。

      4
      テーマ:
  • 06Dec
    • 11月総括

      「戻る」ボタンで確認が出るようになったなんて、アメーバさんは神じゃないでしょうか。相も変わらずひと月更新、11月のことです。11月の目標は「正しい努力をする」なんて書いたと思いますが、振り返ってみると誤った努力をしてしまっていました。異性を口説くのはまだ経験が浅いもので、とりあえず頻繁に連絡を送ってみれば気を引けるかなあ、と思ってやってみたのですが頻度が高すぎて引かれました。とりあえず送っとけ!って感じでいったので、話題の質も低かったし…。相手のLINEの使い方が自分と違っているのを無視していったのも、よくなかった。自分は基本的にメッセージみたら即既読つけるとか即レスするんですが、相手は返信が遅いほう。未読状態で読む方法を使っているかどうかはわかりませんが、サークルの事務連絡でも一晩明けてから返事が来るなんてざらです。そんな人に対して毎日一方的に話しかけまくるなんて。迷惑と思われて当然ですよね…。でも、一番よくなかったのは、相手が引いていることを感じつつもなかなか落ち着くことができなかったこと。結局、既読無視ですごい無言の圧力を感じたのであわてて謝って、連絡は控えると言いました。うーん、あのあとの事務連絡とかで様子を見た感じだと特別嫌われたわけじゃなさそうで、そこは一安心。酷いことをしたのに普通に接してもらえるのは、ほんとにありがたくて幸せなことですね。また迷惑をかけないように気を付けます。自分の頭で考えてもそうそううまくいかないことがわかってきたので、最近はググって出てくる恋愛指南的なページを見てみたり、それっぽい本を読んでみたりとヒントを探そうとしている毎日です。そもそも、会話をつなげる・盛り上げる、人を遊びやごはんに誘ってみる、といったコミュ力が低いことを感じたので、「人の話をさえぎらないようにする」とか話術は普段から意識するようになりました。あとは、新聞を読んだりニュースを読んだり、いろんなことをして話題を増やすことも。直接的には、やっぱり今月中は「LINEをうまく使う」ということを目標にしようかなと思ってます。約束した通り、連絡はしつこくならないように。実のある楽しい話題を提供できるように。あんまり顔を合わせることができない間柄だと、LINEを使いこなせるのは大事だと思うのです。実際会って話すのが一番なんですけど、食事に誘うとかはまだ怖いかなあ。あとは、「暴走しないこと」。本を読んでいて、『見つめる鍋は煮えない』という言葉が出てきて、ああまさにこの言葉が今の自分にぴったりだなと思いました。また、クリスマスも近づいて来るのでね…焦らないようにしないと。

      4
      テーマ:
  • 03Nov
    • 10月総括

      11月になりました。お久しぶりです、たけのこです。10月の目標は、あれ、なんだったっけ?確認しました。忘れてるようだと意味がないですね?「話しかけられるようになる」でしたね。今月も達成できなかったです。というか、ちょっと恋煩いをこじらせました。僕は辛抱のない人間です。嫉妬深い人間です。思い込みの激しい人間です。どうしても、あの人に嫌われているのではないかというふうにしか思えなくなった。僕は10月の終わりに、これ以上は自分が耐えられないし、こんな接し方を続けても逆効果だと思いました。ですから、思い切ってLINEで告白したのです。いっそ、本当に嫌われていることがわかれば楽になれるじゃないですか。諦めるしかないと、はっきりするから。でも、「鬱陶しいって言ってくれたら(サークルから)消えるから」という卑屈な文まで添えたのに、あの人から返ってきた返事は「そんなことを言われても私の気持ちは変わらない」、とただそれだけでした。プラスでもマイナスでもない、奇妙な回答だと思います。実際、顔を合わせてみても、全くもって今まで通り…プラスにもマイナスにも振れていない、そんなことしかありませんでした。ただ1つ変わったのは、僕が誰を好きなのかは知られている、ということ。ネガティブにとらえれば「脈なし」だし、ポジティブにとらえれば「告白をしたことで、少なくとも嫌われてはいない」といえます。こんなんじゃ、諦めがつかないじゃあないですか…。11月の目標は「正しい努力をする」とします。今までの自分は、気持ちばかりがはやって、誤った努力ばかりしていたように思います。近づくべきところで「近づくと警戒されるのではないか」と距離をとり、そうかと思えば脈絡なく近づこうとし…。僕はおかしな人間でした。それで仲良くなれるはずがなかったのです。とはいえ、あの人には自分の気持ちを伝えてしまいました。不思議なことですが、その事実は拒絶されなかった。自分が諦められないというのであれば、今から肯定してもらえるように努力をするほかないのでしょう。うまくいくかどうかはわかりませんが、やってみなくては。ほか、恋バナに終始するのもどうかと思うので、最近のことをつらつら。・初めてづくしの一日部活の一環で、CTFというものを題材にクラッキングの仕方を学びました。一文でまとめると「オーバーフローを起こすと、本来いじれるはずのないメモリをいじることができて、ありえない結果を引き起こすことができる」ということでした。ちょっと興奮しましたね。そういうことだったんだ!っていう。LINUX環境を整えないと問題演習とかは難しいみたいですが、セキュリティの分野に興味がわきました。それから、友達と一緒に2人カラオケをやりました。短い時間でもたくさん歌えるし、お互いにとって相手にしか歌を聞かれない状況であることで、ちゃんと相手の歌を聴こうという気になれた。プレッシャーも少ないから、新しい曲も試すことが出来た。いや、本当に楽しい時間でしたね。打ち上げの二次会とかよりも楽しいかも…。またやってみたいです。で、その帰り道に道端で倒れてる人のために救急車を呼びました。泥酔して腰が抜けてたみたいで、一度は「あーなんか酔っぱらってんな」と思って通り過ぎたのですが、「もしやばい状態だったら見捨てるとまずいな」と考え直し、介抱を試み、結局やむを得ず救急車を呼びました。人生で初めてのことが3つもあった1日ってすごくないですか?あ、振られた相手と1日空けただけで普通に会話するっていうのも加えると4つでした笑・FGOはじめましたさあ、みんな一緒に。ヴィヴ・ラ・フランス!・10月のお祭り1か月あまりの準備を重ねてきましたが、台風で中止になりました。はあ。11月のお祭りはちゃんとできますように。・幸せな道を選ぼう講義の脱線タイム中、先生が「大学生を見てると、自分を苦しめようとしてる人が多くて心配になる」と言い出しました。振り返ってみると、大学に入ってからは、特にサークルの活動に協力するという点において、自分は自らの幸せを放棄する…すなわち、業務を抱えて忙しくなるような選択ばかりしてきたな、と感じます。ほかにも、大学に入ってからに限らず、自分はいつも起こる問題を自分のせいにしてしまうな、とか。自分の素直な気持ちを押し殺してるな、とか。そもそも、その講義で「幸せ」という言葉を久々に聞き、使ったことが異常なことであったように感じます。ずっと、幸せという概念を認識できていなかったわけですから…。心の持ちようには気を付けたいものです。

      1
      テーマ:
  • 01Oct
    • 9月総括

      お久しぶりですたけのこです。9月が終わってしまいました。長かった夏休みも今日で終わり。というわけで振り返りをします。9月の個人的目標は「話しかけられるようになる」でした。達成…できませんでした。LINEにせよリアルにしろこっちから話しかけることはあっても向こうから話しかけられることがないのがちょっと寂しい。話しかけたら大体ちゃんと受け答えしてもらえるので、その点はうれしいのですが、まあ愛されたいと願ってしまったら世界が表情を変えたのでやっぱり進捗がないのはつらいというか興味持たれてないのかなぁと思います。まあ地道にやりますよ。10月の目標は据え置きかな。ほか9月の思い出。・腎生検尿道にカテーテル刺された状態で24時間絶対安静。腕は動かせるし、時間経過とともに、片足を動かすのと体にクッションを入れるのが許可されるものの、まあ身動きとれないっていうのはつらいものでした。病院での、検査前後の生活自体はわりと快適でした。病院食おいしかったし、Wifi使える場所があるのでパソコンでサークルの作業することもできましたし。検査結果は10月にわかります。難病じゃないといいな~。・DDRお医者さんには「腎生検後1か月ぐらいは激しい運動を控えてください。再出血したら最悪死にます」とおどされましたが、久々にやってしまいました。まあ死んでないので運がよかったのでしょう。久々にやるとなんだか楽しくって、他のプレイヤーもいないので10クレ超えて遊んでしまったり。成果としては、初のAAA、足15新規、足16初クリア(Arrabbiata)&2曲目(Come to Life)があります。とうとうここまできてしまったかと感慨深いですね…。まだ成長できそうな気がするので、まだまだノンバーDP頑張ります。・コミュ力を上げようとする上がったとは言ってない。いやでもほんと、あの人のことを気に入ってからこのかた、異様に向上心が大きくなっています。これまでには、こんなことはなくて、ずっとずっと自分に向こうが気づいてくれるのを待ち続けていた感じだったので、特に積極性は増していると強く実感します。まあでも、今までが低レベルだったぶん、意識して改善しようとしている点というのも客観的にみたら大したことではないし、けっこう一般の人間関係にあてはまるものですが。「仲良くなりたかったらこっちから話しかけないと始まらないよな」とか「相手に興味を持つことも大事だし自分のことを伝えるのもどっちも大事だよな」とかそんなことを考えてます。むしろ今までこの程度のことも放棄していた自分がよくこれまで完全に孤立せずに生きてこれたなと感心します。あーこの燃えるハートだけで振り向いてもらえたらラクなのに。低レベルな自分が憎い。・意識高くあろうとする実際高かったと自負しています。主に、サークル内の学習会の影響です。たとえば発達障害に関する書籍を読んでみたりしました。その学習会の場で言えなかったので、ここに書きたいことがあります。「発達障害の人はなぜ生きにくいのか」という疑問です。自問自答すると、それは発達障害であるからではなく、発達障害によって結果的に生じる、(病気の分類により特徴は様々ですが)対人関係の問題や行動面の問題によって自らが不利益を受けているからなのだと思います。そして、その結果的な問題は、必ずしも発達障害の人だけに起きうるものでもありません。人の気持ちを理解できないこと、日常的にやっているはずのことを忘れてしまうこと、それはいわゆる健常者においてもよくあることです。こと対人関係に関しては、コミュ障と自認している人はいくらでもいるでしょう。では、どうしてそういう問題は、問題たりうるのか。どうして思いやりのない行動をすることはいけないのか。何かに偏った興味を向け、それ以外を無視するような行動をするとまずいことが起きるのか。発達障害を患う人々の個性が、健常者と切り離されたものではないだけに、もっと広範囲な「生きにくさ」の原因が気になっています。今のところ答えは出ていません。誰か教えてください。

      6
      テーマ:
  • 27Aug
    • 8月総括

      こんばんは。大学に入ってから、相変わらず月1ペースののろい更新が続いています。理由を申しますと、それは書けるようなネタがあまりにも個人的になりすぎるから、です。僕は特定だの身内バレだのといったリスクが怖いです。だから、できるだけ個人的な情報を使ってものを書きたくないのです。今のところ、どちらもありえないとは思いますが、できれば危険は増やしたくありません。それにしても、ちょっと前まではゲームの話題ばかり書いていたのに、まさか『ネタが個人的なものしかない』という言葉が自分から出てくるようになるとは…。人生とは不思議なものです。夏休みに入り、授業がない今も、僕はサークル活動で忙しくしています。そのサークルに入って、個性的な仲間や先輩と出会いました。大学に入った時こそ勉強を頑張ろうと思っていたのに、今ではサークルに身を捧げそうな勢いです。いちおう、ログインボーナスとかの関係でC21とEveonlineを毎日やってますが、本当にちょろっとやっているだけです。Eveはオメガクローンになったくせにやはり弾薬の生産しかしてないですし、C21はメガガチャの大盤振る舞いやスタック制限の緩和による難易度低下に驚きつつもまだ背伸びした冒険はしていません。フリーゲームやテレビゲーム、アーケードゲームに関しては推して知るべし、です。なお上記のサークルはボードゲームとは別のやつです。ぶっちゃけボードゲームもTRPGも全然してません…。まあとにかく、サークルの話を詳しくすると、爆速で特定につながると思うので、書きたくてもかけない、ということです。というわけで、最大限身バレしないように気を付けながら、ちょっと浮かれた話を書こうと思います。たぶん小学生6年とか中学校2,3年のときにもこういう話をしてたかな。高校のときは何もなかったのでそれ以来。8月の個人的な目標は「女の子と仲良くなろう」でした。うちの学科、女子がほとんどおらず、まあ出会いはないだろうな、と思っていました。サークルでの出会いにしても、ラノベみたく女子だらけのところに放り込まれることなどなく、特に何もなかったのです。7月までは。片思いというものの始まり方は、僕にとってはいつも唐突なものです。今回もそうでした。それまで同じ活動をしていただけで、新歓で会った記憶も飛んでいたような女の子が、偶然雑談をしてみるとなかなか気が合う。2日惚れして、そのうちに他の男子と話しているのを見るとイライラするレベルまでいってしまいました。今ではもう一挙一動全部かわいく見え、話せば話すほど気が合うように感じられ、写りのいい写真を壁紙にしています。無断で。これまでの体験では、ブログにもうじうじうじうじうじうじうじうじお前は悪霊かと思うようなことばかり書いていたと思いますが、今回はちょっと勇気ふり絞りました。毎年8月に行われる、このサークルの関わるイベントでは、みんなが役割を分担してイベントの準備を行っていくことになっています。その中に男女がペアでやるのが慣例になっている役割があり、奇跡的にその子が「これやります!」と立候補していました。その事実を知ったのが、幸いにも立候補の直後。他の男子への警戒心だけは一人前だったので、これは他のやつがやってくる前にいったろうと僕も立候補したのです。おかげで、イベントが終わるまでは準備を口実にその子と会うことができ、理由をつけて一緒に帰ったりもすることができました。これが終わってしまえば個人的な接点はなくなってしまうから、今のうちに仲良くならないとまずい、と張り切った結果、イベントはうまくいったし、ある程度は距離を縮められたと思っています。やってみるもんですね。なんやかんや11月くらいまではさらなるイベントの仕事を同じチームでやることになってたりするんで、ここで蒔いた種にしがみついてもっと仲良くなっていこうと画策中です。なぜ今回はまともに行動を起こせているのか?考えてみると、最近読んだ新書に書いてあったことが大きかった気がします。今はやりのフェイクニュースに関する本なのですが、そこには「ファクトのないオピニオンは捨てよ」という教訓が書かれていました。それを読んで思ったのです。人間関係も、会話や行動をみることで得られるファクトを情報として集めなければうまくいかないと。人にどう接するべきか、自分は人にどう思われているのか、そういうことに関する自分の中の考え、オピニオンは、妄想に基づいたものであっては信用に足りません。僕は、信用に足らないオピニオンに惑わされてこれまでの恋を無駄に終わらせてきたのだと思いました。そして、恐怖を乗り越えて行動しなくては、情報も得られないということにも気づきました。まあ実はこの本、上に書いたイベントが終わるか終わらないかぐらいに買ったので、ほぼ8月中の目標達成に関与していないんですが、実感として、やっぱり恐怖に打ち克つ必要はあるなぁと思います。今後はほんとに上に書いたようなことを意識して生きていきたい所存です。8月、終わってしまいますね。9月は何を書きましょうか。何かあったら何か書きます。

      3
      テーマ:
  • 23Jul
    • 夜回りしてきた。

      お久しぶりです。生存報告を兼ねて、この間参加した「夜回り」について記事を書こうと思います。記事というか、これは本当に日記ですね。僕は今、様々なボランティア活動を行うサークル?に所属しています。その中の活動の一つとして、野宿者(≒ホームレス)の方々に関わるものがあります。その一環として、野宿者支援を行う外部の団体さんがやっている、夜中に野宿者の見回りを行う活動、すなわち「夜回り」に参加してきたのです。なぜそれが大切なことだと思ったのかはうまく説明できません。今まで、同期の間でも(僕が知る限り)ほとんどこの部署は認知されていませんでしたし、紹介されても参加したいという人はごくわずかでした。知り合いや友人に説明しても、「それは立派だね」とか簡単に流されるだけで、誘えはしませんでした。そういうことから、一人でも同期の中でこの部署に関わっていく人間が必要だという謎めきつつ傲慢な使命感が生じたのかもしれません。僕は天邪鬼なんです。正直に言って、他の部署で楽しそうにイベントをやったりする同期のグループが疎ましかったし、そこに組み込まれるくらいなら周りと違うことをしてみたいとも思っていた。そうすることで個を確立したかった。逆に、みんなが夜回りに興味を持ちまくっていたらそこにはいかなかったかもしれない。…このサークル活動のことを詳しく書くとすぐに個人を特定されそうな気がしますね。ある程度ぼやかしますが、やっぱりサークル内の人間が見たらわかる気がする。まあせっかくなので書きます。見つかったらそれまで。野宿者というのは、どこにでもいるわけではなくて、彼らがよく集まる場所というのがあります。今回僕が行ったのは、大阪の西成区です。調べるとすぐにヤベー地区だと情報が出てきますね、西成区。これまで大阪の町中に足を運んだこと自体なかったので、駅に降り立ったときにはものすごいカルチャーショックを受けました。ここには「あいりん労働福祉センター」という施設があって、日雇労働の斡旋などが行われています。野宿者でも生きるためにお金を稼ぐ術は必要ですから、仕事がもらえる場所があればそこにみんなが集まってくるのは当然のことと言えますね。ということで、いったいどれだけの野宿者に出会うものか戦々恐々としていたのですが、集合場所から向かうように指示されたのはセンター周辺ではなくて心斎橋でした。心斎橋はいま、大きく野宿者が減少しているところだそうです。初心者向けですね。内心ほっとしました。それで、実際街を歩き回って、何人かの野宿者の方に会って、一番の気づきは、「野宿者の人たちはそれぞれに生きているんだ」ってことでした。何言ってんだこいつと思われそうなのでもうちょっと説明します。今まで僕のなかで、野宿者っていうのは同じ人間ではなかった。わけがわからない存在だった。そしてそれ以上のことを考えようともしていませんでした。でも実際には、この人たちも仕事をしているし、それぞれに(野宿なりに)住んでいる場所があるし、自分の生活というものを持っていました。彼らはちゃんと人間をやっているんですね。家がないから人間の屑だというわけでもなく、公的な支援が絶対に必要だと勝手に押し付けられるわけでもなく、自分の意思で決められる範囲で、自分がどうするかを決めて生きている。そういう印象を改めて持ちました。過去には大学生が野宿者を襲撃した事件が問題になったこともあったと聞いていますが、今でも、偏見を持っていたり無関心を貫いている人は大勢いる気がします。もっと多くの人に夜回りに参加してほしいと強く思います。自分が今後も再び夜回りに参加するかどうかなんてわからないのですが、とにかく一度行ったら発見があるっていうことは周りにも伝えていこうと思います。今日はそんな感じです。また何かあれば書き殴ります。

      4
      テーマ:
  • 17Jun
    • 【WIXOSS & MTG】買ったぜ。

      お久しぶりです。私は生きています。誘われるがまま、ボードゲームと関係ない別のサークル活動に深入りしてしまったり、バイト探しをしていたり、何よりテストがあったので、あまりWIXOSSを遊ぶことができていませんでした。それでもまあ、買い物だけはしていました。三宮にはたくさんお店がありまして、いろいろ見て回るとこれまでのプロモカードなんかもショーケースで見つけられたんですよね。まあ買っちゃいますよね。DVDBOXなんかもね。ドラマCDがめちゃくちゃ面白くて、終始ハイテンションなナナシちゃんの声が聞けたので買ってよかったです。プロモカードもかっこかわいい&強くて満足です。19弾では、タマやカーニバル、エルドラが急激に強化されるようですが、コラムによればナナシちゃんもアタックフェイズにウイルスを置く手段が出るなどで確実に強化されるようなので、期待と不安が入り混じったような気持ちで待機しています。あと、WIXOSSをあまり遊んでいない理由はもう1つあります。これです。ウィザーズ・オブ・ザ・コーストから絶賛発売中の、マジック:ザ・ギャザリングです。このあいだ、ボードゲーム会の先輩に連れられ、GP神戸の見学&フリースペースでのドラフトをやってきました。マジック2015をやって以来、結局実物のカードに触れたりマジック・デュエルズを遊ぶことはなかったのですが、今回実際に遊んだことでまた遊びたくなってしまい、いきおいデッキビルダーセットとハゾレト神のプレイマットを購入してしまいました。さすがにいきなりガチ環境級のデッキを作るわけにもいかず、今のところはドラフトで持ち帰ったカードやビルダーセットの中身で一応60枚のものを2つ作って遊んでいるような状態ですね。WIXOSSをほっぽって。青黒の組み合わせが面白いと感じているので、プロキシで様子を見つつ安いカードから買い揃えて形にしていくつもりです。今月末にはWIXOSSの新弾、来月にはMTGの新弾…ほしいものが多すぎて財布壊れる^~!

      2
      テーマ:
  • 30May
    • この記事は表示できません

      この記事には一部、Amebaの健全なサイト運営にふさわしくない言葉・表現が含まれている可能性がある為アクセスすることができません。

      テーマ:
  • 14May
    • 【近況】ボードゲームサークルに入りました

      大学に入学してから、一か月あまりが経ちました。かねてから、サークルに入って友達を作ったり楽しい生活を送れるようにしようとは思っていましたが、大学には把握しきれないほど多種多様なサークルがあります。同じスポーツのサークルが複数あったり、名前から活動内容がさっぱり読めないものがあったり…入学してすぐにあった新入生歓迎・サークル紹介イベントでは興味のないサークルに強引に連れて行かれそうになるし、平日でもビラ配りの人が大勢いて渡されそうになるし、なんというか大学の洗礼を受けた気分です。1か月間、けっこう大変でした。で、結局僕は3つのサークルを掛け持ちすることにしました。その1つがボードゲームサークルです。ボードゲームサークルとはいっても、実際の活動では非電源ゲームが幅広く遊ばれています。前回記事にしたように、時間があればTRPGの卓ができることもありますし、人狼をやる集まりやTCGをやる集まりも行われます。ボードゲームをやってみたかったというのが一番大きな動機でしたが、TRPGやWIXOSS以外のTCGにも興味はあるので、積極的にいろいろ手を出してみたいと思っています。そうそう、先週はさっそくクトゥルフ神話TRPGをやりました。一日に一気に「屋根裏の怪物(サンプルシナリオ)」と「夢結ぶ結晶(配布シナリオ)」を遊び、疲れましたがとても楽しかったです。えげつないファンブルラッシュの中、GMがヒントを出してくれたおかげでなんとかクリアにこぎつけ、やっぱりTRPGがどういうゲームになるかってGM次第なんだなぁと実感しました…。というか、GMができる人って本当にすごいですね。尊敬します。基本的には用意したシナリオに沿って展開させるにしても、時にはプレイヤーの思いがけない提案でその場の機転が必要なことがあったり、楽しい卓にするためにPCをほどほどに痛めつけて生還させないといけなかったり…まあ人によって方針は違うのでしょうが、今回GMをやってくれた方がうまくやられていたので、いつか自分も何かTRPGの卓を立てるなら見習いたいと思いました。一応、遊びまくりながら授業にもちゃんとついていってるので、ボードゲームにかまけて留年…とかは心配しなくても大丈夫、だと思います。また何か大きなことがあれば、その時は1つ記事を使って報告するつもりです。今回はこれぐらいで。

      3
      テーマ:
  • 23Apr
    • 【クトゥルフ神話TRPG】人生初のTRPG

      あるオカルト作家が、新作のネタ探しに頭を悩ませていた。気晴らしになるかとチェックした旅行社の広告に載っている、新企画のツアー紹介に目を奪われる。「****島 未知の文化と海鮮グルメの旅」彼はいてもたってもいられず、同郷の友である狩人と脚本家を誘ってツアーに参加した。だが現地に到着したその夜、3人は謎の美女に衝撃的な話を告げられる。「この島の住人たちの正体は、”深きものども”という怪物なの…」果たして、3人は無事に島から帰れるのか…!?とそんな感じのシナリオでした。ボードゲームサークルの新入生歓迎会で遊ばせてもらったのですが、とてもおもしろかったです。今まで、TRPGというのはニコニコ動画でリプレイを見るばかりでしたが、実際にやるとその何倍も楽しかった!自分のキャラクターの技能を活かそうと頭を悩ませ、仲間と協力して情報を集め、敵を倒し、時には無慈悲なファンブルに爆笑し…。たっぷりTRPGの醍醐味を味あわせてもらいました。新歓で特別に優しくしてもらったのかもしれませんが、経験者もいる中総じてまったりとロールプレイを楽しめたのは、GMさんのシナリオの練り込みや余裕のある運営スタイルによるところが大きかったと思います。これは幸運ロールクリティカルしてたかもしれません。この場を借りて感謝申し上げたいです。ちなみに僕は作家キャラを作り、考えるのが面倒くさくなって「オカルト」に極振りしたのですが、舞台が舞台だけにこの技能はロクに役に立ちませんでした。どんな怪しいものを見ても「これは全く未知の不思議な物品だ…!」って実質無能じゃねぇか!シナリオやこちらの発想によって技能が役に立つかどうかが決まるというのは、毎シナリオ一期一会になる都合上ゲームの面白さに一役買っていると思います。リアリティもありますね。実を言うと、「新歓でTRPGやります!」と聞いたとき、僕は「プレイするなら最初はわかりやすそうなファンタジーものがええな」と思ってソードワールド2.0のルールブックを買ってきていました。ルールの説明はしてもらえるにせよ、勉強しておこうとは思ったんです。蓋を開けてみると、当日にクトゥルフ希望者が多すぎてソードワールドなんて立たないっていう有様でしたけどね!相手がいないとできないってのもTRPGの醍醐味なんですかね!?クトゥルフ楽しかったんで結果オーライですかね!!機会があれば(ルルブ読んじゃったし)ソードワールドもできたらいいなぁって思ってます。ボードゲームサークル入らなきゃ(使命感)

      3
      テーマ:
  • 06Apr
    • 【替え歌】もうWIXOSSやらない

      4/8(土)、WBC(Wixoss Battle Chocolate)東京大会開幕!!1ヶ月にわたって続いたWBCも、いよいよ最後の大会です。この東京大会では、制限・禁止カードのルール『繭の部屋』が更新されることが告知されています。2chのスレッドなどでは、「ユーザーの意見や初心者のことを意識する」という予告から推測して、超パワーカードとして知られる「幻水姫 ダイホウイカ」や「コード・ピルルク APEX」が規制されるのではないかという発言がみられています。個人的にはナナシちゃんが規制の煽りを食らうことはないと思うし、環境の変化に敏感になるほど大会に出てないのでどうでもいいです。どうでもいいですが、びびっと電波が降りてきたのでここに替え歌の歌詞を書きます。原曲は槇原敬之/もう恋なんてしない、です。誰か歌ってください。イカがいないと何にも できないわけじゃないとデッキレシピを変えたけど ドロソのありかがわからないほら 盤面も作れたもんね だけどあまりおいしくない君が作ったのなら文句も 思いきり聞けたのに一緒にいるときは きゅうくつに思えるけどやっと自由を手に入れたぼくはもっと勝てなくなったさよならと抜いた君の代わりはわからないけどいつもよりながめがいい左に少しとまどってるよもし君に1つだけ 強がりを言えるのならもうWIXOSSやらないなんて 言わないよ 絶対2枚並んだエニグマも 1枚抜いてしまおう君の趣味で買った水天 もったいないけど捨ててしまおう"男らしく いさぎよく"と デッキをかかえる僕は他の誰から見ても一番 センチメンタルだろうこんなにいっぱいの 君のぬけがら集めてムダなものに囲まれて 回すのも幸せと知った君あての引札が 手札に届いているうちはかたすみで眠っているパーツを思って 心配だけど2人で出せなかった 結果は今度出会える君の知らない誰かと見つけてみせるから本当に 本当に イカが大好きだったからもうWIXOSSやらないなんて 言わないよ 絶対

      3
      テーマ:
    • 一人暮らし始めました

      だんだんと春らしくなってきましたが、読者の方はどのように過ごされているでしょうか。僕は大学進学をするにあたって、とうとう一人暮らしを始めました。一人暮らしは大変だろうなー、というイメージだけはありましたが、実際やってみると想像以上にきついものですね。必要なものは全部、自分で買わないといけない。朝に弱くても、自力で起きるしかない。自分が汚したところは自分で掃除しないといけない。何もかも自分で…。今までどれだけ親に甘えていたのかということを痛感させられます。準備不足だったのも、失敗だったなあと思います。引っ越しをして、家具を組み立ててもらって、それでなんとかなると思っていたんですね。これは甘い考えでした。掃除グッズとか収納とか、いろいろと足りないものが多すぎて。幸い歩ける距離に100均があるので、ちょっとずつモノを揃えていくつもりですが、やっぱり先に用意しておけばよかったと後悔しているところです。あと、肉体的・精神的に辛いとき、そばに誰もいないっていうのも、なかなかしんどいです。今日は時間があったので、軽い気持ちで大学まで歩いて行ってみたんですけど…これがまあ、山の上にありまして。普通はバスとか原付で通うところなんです。辿りついた時には、もう足がぱんぱんになってました。しばらく休んでも痛みが抜けなくて、これはやってしまったと思いましたが、家に帰っても、誰にも大学の立地の悪さを愚痴ったり、買い物に行ってもらったりできないんだということを同時に実感しました。結局、その後は100均に出向いていろいろ買ってくるつもりだったのに、諦めて家にこもらないといけなくなりました。バカですね。でも、一人暮らしを始めると、ラクになる面もあるんですよね。好きなものを食べられるし、好きなテレビ番組を見られるし、エロサイト見るときにびくびくしなくていいし。自由には責任がつきものという言葉がありますが、逆に、自分に責任があることは自由にできるということも言えるのかもしれません。どうせ一人暮らしするなら、楽しんでやろうと思います。

      テーマ:
  • 11Mar
    • 大学受かってました

      やったぜ。で早速、入学に必要な書類の準備をしたり、大学生協の仲介で引っ越し先決めたり、新しいパソコン買ってもらったりといろいろやってます。なんだかんだ前期試験終わってから、後期試験の準備するぐらいでひたすら遊びまくってたので、急に現実に引き戻された感じがしてます。あーめんどくせマジで。勢いで決めた引越し先も、立地やサポートは悪くないと思うのですが無意味なドアがあるなどじゃじゃ馬な間取りで、家具の配置なんかに困りそうです。もっと早くに確保しに行ってたらお部屋も見つけやすかったんでしょうけどね。しょうがないね。○ウィクロスパーティに参加してきましたこの間ブログに書いていた「2止めナナシ」で行ってきました。あのデッキは、一人回しをするうちに、フェイタルパニッシュがインベストチャージングになったりLBだけのためにニホコカビを入れたりとおかしなことになっていました。それもこれもウイルスを3つ出してラストフェアエルをドーン!って叩きつけるためだったんですが、実際やってみるとラストフェアエルを使いまくりながらも殺し切れず、アーツを自分のデッキ回すために使ってるのでいざというときに防御することもできず、結局全敗で帰ってきました。うーん情けない。プレイングの問題もあったと思うので、諦めずにいろいろ試してみようと思います。…欲を言えば、今後の新カードには、ウイルスを置けるアーツ・スペルや別の条件でウイルスを置けるLv1・2のシグニを期待したいですね。バニッシュされたときに置くのって結構使いにくいです。シンプルに、ダウンをコストにする起動能力で1つ置くとかもらえないですかね…。○今日は3月11日去年いろいろ書いたんですけど、あれから特に何もしてないですね。っていうか多分一週間ぐらいで忘れてました。今年の3月11日も、つい最近になってやっと思い出しました。今日は特番とか見たんで神妙な気分になってますけど、どうせすぐ忘れるんです。それで、今日だけお祈りとかしたところで何も「復興」の役には立たないでしょう。まあでも、1回ぐらい様子を見に行きたいな、ぐらいのことは思ってます。ニュースとかを見ていて、インタビューに答える街角の人たちが「復興」という言葉をどういう意図で使ってるのか、すごく疑問に感じてました。原発事故とかがあったいま、元の生活に戻るって不可能だと思うんです。それは目標にはならない。じゃあ実際、被災した人や地域は、もっと広げると日本という国は、何を目標にするべきなのか。当の被災者の人たちはどう考えているのか。今、現地が何が起こっているのか。一度見に行かないと、自分には上っ面のことしかわからないんじゃないかって気がします。つべこべ言わずに来いホイ(幻聴)

      6
      テーマ:
  • 05Mar
    • 絶望系RPG「END ROLL」

      久々にたっぷりと、フリーゲームを遊ぶことができました。今回ご紹介するのは、「END ROLL」というゲームです。ダウンロードはhttp://www.freem.ne.jp/win/game/11967公式サイトはhttps://nantekotodesyoune.wixsite.com/endrollあと、フリーソフト超激辛ゲームレビューさんに記事があります。http://gekikarareview.com/review_rpg/1702endroll.html本作は、RPGツクール2000で制作された「絶望系RPG」です。戦闘難易度は低め。属性やバフを丁寧に扱えば、そうそうボスでも詰まりません。全体的に、テキスト重視の内容になっています。内容や描写にエグイ面があるため、本作は「プレイ推奨年齢15歳以上」です。プレイヤーは、何人もの人々を殺害したイカレ野郎『ラッセル』となり、自らの記憶によって構成された特殊な夢『HAPPY DREAM』で生活していくことになります。不思議なくらい、この夢の世界は平和です。住人たちは皆、ラッセルを新しい仲間として迎えてくれます。彼らはラッセルが殺人者であることなど知りません。いつでも優しく、親身に接してくれます。ラッセルは、彼らの手助けをしながら、徐々に町に馴染んでいきます。ですが、夢の世界には次第に歪みが生じてきます。一番目立つのは、ラッセル自身の罪の記憶によるものです。所々で、『バケモノ』がラッセルたちに襲い掛かってきます。彼らと戦う中で、プレイヤーは彼が体験してきたことを知ることになります。また、夢の世界を探索すればするほど、ラッセルは『罪悪感』を覚えるようになります。後悔の念が増せば増すほど、彼に与えられた幸せな夢の世界は、醜く歪んでいくのです。夢の世界は、ラッセルは、どうなってしまうのか…。私は、ゲームを始めて最初のほうは「こいつヤバすぎるだろ」とラッセルを冷たい目で見ていました。やってきたことは無茶苦茶なんです。でも、やればやるほど、彼に同情するようになっていきました。やってきたことは本当にイカレていますが、実は彼の置かれた環境もまた、イカレたものだったということが明らかになっていくからです。彼はサイコパスというより、ソシオパスではないかと思うのです。私は、「今更誰も救えない」という言葉に強く心を揺さぶられました。夢の世界でどんなに後悔しても、死んだ人々は蘇らないのです。ラッセル自身も、犯してしまった罪からは逃れられない。単なるRPGやホラーゲームである以上に、いろいろ考えさせられる内容になっていると思います。まあちょっと、心に余裕のない人にはおすすめできません。胸糞悪い描写や、グロテスクなものが大丈夫であれば楽しめると思います。↑様々なバケモノが襲い掛かってくる。         ↑だんだん優しさが痛くなってくる。○キャラクターについて内容はかなり重くて辛いのですが、それを補って余りあるのが登場人物たちの魅力です。かいつまんで、仲間たちの紹介をします。・タバサ頼れる優しいお兄さん。町では動物や家畜の世話をしている。サルなんて見せなきゃよかったのに。・ガーデニアラッセルとは同い年。素直で元気な女の子。一言で言うと天使。町では料理屋さんをしている。どうせならラッセルの誕生日も祝ってくれ・コーディツンデレっぽい女の子。ドグマの妹。町では植物の採取・販売をしている。神様は助けてくれなかった。・ドグマ信仰に生きる生真面目な青年。コーディの兄。町では教会の管理をしている。神様なんていないってば。・閑照(カンテラ)妙にじじくさい、落ち着いた青年。町では漢方薬局を営んでいる。おじいちゃん子だったとは言うが…・ミレイユ心優しいお姉さん。町では町長の使用人として働いている。本心は…・ユーミ男勝りなお姉さん。町では保安官をしている。ラッセルに関わらなければあんなことには…ちなみに、彼らに話しかけた時のセリフは、プレイ中頻繁に変化します。お気に入りのキャラができたら、ぜひ何度も会いに行ってみてください。キャラクターを気に入れば気に入るほど絶望も大きくなりますしね。○攻略いくつか重要だと思うことを箇条書きで書いておきます。・装備や技が手に入って進行も有利になる。積極的に寄り道しよう。・序盤はダンジョン突入前に防具を多めに買っておけると楽になるかも。・三日目に行けるようになるダンジョンは、特に隅々まで調べるとよい。・五日目のダンジョンに落ちているアイテムは、わかりにくーいところにあるものも。・夜の森を動き回っているシンボルには絶対ぶつからないように。実は頑張れば勝てるらしいが…・TRUE ENDのキャラ別分岐は六日目に決まる。・最終日に隠しダンジョンを攻略できれば、ちょっとは救いが得られるかも。料理と入浴でドーピングしまくるのが吉。

      2
      2
      テーマ:
  • 28Feb
    • 2月の更新

      2月の更新です。今月25日は、国公立大学の前期入学試験がありました。正直、自分の答案が合格に足るものであるかどうか、さっぱり自信がありません。自信はありませんが、何はともあれ、筆記試験はこれでおしまいです。後期試験はあっても面接だけなので、もう今までのようにあくせく勉強する意味はありません。ゆっくり面接の準備をしつつ、今まで(一応少しは)我慢していたゲームやネットサーフィンをどばーっと楽しみたいと思います。さて、今回はせっかくなので、これまでの受験勉強を振り返り、この場を使って後輩に伝えたいことを書いておきます。○勧めたいこと○勉強は習慣にする特に1・2年生のうちは、勉強を習慣にするということが本格的な受験勉強に向けた第一歩になると思います。「3年生になったら本気出す」とはいくらでも言えます。でも、実際やるとなるとめちゃくちゃしんどいです。宿題や授業の予習・復習もままならないような状態から、いきなり一日6時間勉強しまくるなんてことが出来るでしょうか?余裕があるうちこそ、長時間の勉強に慣れる絶好の時期なんです。自分の高校では、勉強時間は「学年+3時間」が目標とされていました。あくまで目標ですし、人によっては物理的に不可能だとも思いますが、1つの基準としては妥当かと思います。○間違った問題はやり直す問題集を使って勉強する際は、間違った問題の解き直しをぜひともやるべきです。自分がミスをしたということを直視するのは、とても辛いことです。また、同じ問題をやり直すのは、面倒くさいことでもあります。僕も2年生までは、失敗した問題は解説を読んで納得して、それで次に進んでいました。しかし今は、今度また同じミスを繰り返さないために、解説を本当に理解しているのか確かめるために、これは非常に有効なことだと思います。また、一度は解けなかった問題を解けるようになることで、自分は成長しているということを実感でき、自信につながります。おすすめは、間違った問題を即座にやり直すのではなく、単元などで問題集に区切りをつけ、その区切りごとに間違った問題をまとめて解き直すことです。程よく時間を空けることで、自分は解説を読んで理解したはずのことを忘れてしまっていないかどうか、知識の定着を確かめやすくなります。○自分専用の「参考書」を作るまず、文房具屋などでルーズリーフとルーズリーフ用のバインダーを買ってきます。早速、自分が勉強しないといけない科目の数だけルーズリーフをとじます。そして、科目ごとに紙を分けて、気になって調べたことや、最近忘れていることに気づいた公式、間違えた問題のポイントなど、後々役に立ちそうなことを何でもかんでも箇条書きにして書いていくのです。問題を直接解くのはスペースを取るのでおすすめしません。紙が両面いっぱいになったら新しいルーズリーフを追加します。同じ科目のものが何枚もたまってきたら、古いものを取り出して自分の書いたことを読み直し、今後も大事にしたい知識だけ新しいものに書き直してから破り捨てます。で、定期テストや模試の直前になったら、厳選してきた知識の数々をバーッと読み直して確認します。これは3年生になって初めてやり出したことなのですが、かなり役に立ちました。それまで授業とかで書き込むのは普通のノートだけで、必要な時に本当に必要なことをすぐ確認しにくいし、かさばりやすいという難点がありました。ルーズリーフで自分の知識を管理すれば、アクセスしやすく、かさばりにくく、「覚えた!」と思ったら思い切って捨てやすい(ケジメをつけやすい)。それがこの勉強法の利点だと思っています。あ、スマホがあればスマホのメモ帳でもいいですが、やはりルーズリーフがおすすめです。ペンで書くほうが図表や変換しにくい記号がすぐ書けますし、学校の規則にも引っかからないでしょうからいつでも取り出せます。○してはいけないこと○スマホを手元に置いて勉強する勉強中、スマホは受験生の手の届かない所に安置されなければなりません。僕は1年生の頃から、勉強がだるいのを紛らわそうと常にスマホで音楽を聴きながら勉強していました。Nicoboxが勉強の友と言っても過言ではないくらいです。まあそれは、リラックスできたのでよかったと思うのですが、手元にスマホがあるとどうしても他のことにも使っちゃうんですよね。僕はパズドラにハマってる時はスタミナが回復するたびに遊んでいたし、ちょっと古いゲームのことを思い出すと懐かしくなってググってしまったし…数え切れないほど、スマホで勉強を中断したことがあります。よくないと思っても、なんか使っちゃうんですよね。もちろん、アプリやYahoo!知恵袋を利用するといったことで、スマホを勉強に活用することもできないわけではありません。ありませんが、意思が弱いとまず確実にそれ以外のことで時間を浪費してしまうというわけです。今時は小中学生でもスマホを持っているのが当たり前、とか聞きますが、使い方には気をつけなくてはならないと思います。○健康を壊す身体は資本と言います。勉強においてもそれは当てはまります。受験本番やテストのときはもちろんですが、普段から自分の健康を万全にすることが大切です。特に気をつけないといけないのは、運動不足でしょうか。部活動などでスポーツをしていれば別ですが、勉強一色の生活をしているとどうしても運動する機会が減りますからね。僕の場合は、足を組むクセもあってか骨盤が歪んでしまい、椅子に座っているだけで足に激痛が走るところまでいってしまいました。それからは整骨院に行くなどして回復しましたが、このときは本当に勉強どころではなかったです。あと、寝不足も要注意です。勉強時間を捻出するために一番手っ取り早いのは、夜遅くまで勉強して朝無理矢理起きること…と僕は考えていましたが、無理な生活をしていると日中眠気が激しくなったり、寝起きにすごくイライラしてしまったりと悪いことずくめです。お風呂や歯磨き込みで、遅くとも12時前には寝るようにすべきだと思います。物理的に勉強できないほどの重病や重傷でなくても、身体の調子が悪いと気分も悪くなり、やる気がなくなってしまうものです。重ね重ね、健康に気を使うことをおすすめします。今回はこれまでです。次回は、合格発表日を待って結果の報告をすることになると思います。あるいは久々に、遊んだゲームとかの記事を書くかもしれません。

      3
      テーマ:
  • 19Jan
    • 1月の更新

      あけましておめでとうございます。みなさんは新年をどう過ごされたでしょうか。我が家は1日だけ祖母の家に帰省して、初詣にお墓参りにおせちとそれらしく過ごしました。親には「帰省より勉強が大事じゃないか」と言われましたが、結局は正月にかこつけて休ませてもらう形になりました。今年度は、長い間センター試験のために勉強してきました。1月14、15日は、まさにその本番の日でした。試験日は大雪になるという予報で、ふざけんなやめろバカと思いましたが、岡山市ではそれほどひどい雪にならなくて助かりました。「晴れの国」岡山、ちょっと見直しました。結果的には、1日がっつり息抜きできたのはよかったかもしれません。試験を終えたときは成績のことが不安で仕方がなかったですが、幸い志望大学に困るような点ではありませんでした。というか、失敗したのは数ⅡBだけで、あとは普段の模試よりも調子がいいくらいでした。今のほほんとブログを書いていられるのも、点数がよくて気が抜けているからですね。さて、結果にかかわらず、センターが終わったら1日は遊び倒してやろうと心に決めていたので、思いきって散財しました。まずはCDですね。オーストラリア出身のアーティスト、Gotyeさんのアルバム「Making Mirrors」です。2011年に大ヒットした「Somebody that I used to knowを偶然聞いてから、ずっとCDを買おう買おうと思っていましたが、今の今までYoutubeでタダ聞きするばかりでした。ようやく罪悪感なく曲を聴けます。今アルバムをざっと聴いた感じでは、「Somebody that I used to know」もいいですが「Eyes Wide Open」が特に気に入りました。これは大量消費による環境破壊を扱った曲で、『いけないとわかってはいるけど、やめられない』という気持ちが正直に歌われています。伴奏やリズム感に中毒性があって、いくらでも聞いていられる一方、歌詞はものすごく"耳に痛い"内容だと思います。/TCGも紙資源のムダ遣いだったりしません?\それから、カードショップに行ってWIXOSSのカードを買ってきました。ナナシ其の四のデッキを強化するのに加えて、ツイッターで見かけた「二止めナナシ」デッキについても自分で考えてみたかったので、使えそうなカードを選びました。あと、ガチャガチャで出たカードとレッドオーネスト用のが少々。そうそう、16弾のSRで「ラスト・フェアエル」というスペルがあるんですが、これを活用したくていろいろ考えています。見てくださいこの顔!いい顔じゃないですか!そしてこの効果!ロマンを感じませんか!現状ナナシちゃんの除去手段はパワーダウンだけなんですけど、これだと純粋にパワー高いやつとかパワーダウン無効に弱いんですよね。それに、パワーダウンによるバニッシュで盤面を開けると、相手にたくさんエナを与えてしまう。でもこのカードなら、エナを与えず、問答無用で盤面を開けられる!名前の通り、最後の詰めに非常に使えそうなカードだと思います。2止めを考えているのも、このカードを使いたいがためだったりします。スペルの枠を広く取れるし、どうせ2止めだとパワーダウン効果が貧弱なので必然的にこれを使うことになると思うのです。っていうか、シングルの価格がSRにしては安すぎるんですよね。僕の行った店では200円でした。値段以上の価値がこのカードには眠ってると思います。引き出したいです。…まあ、やっぱり今はデッキのことばかり考えてられる状況ではありません。しばらくしたら、また私立や国公立の、本番の本番の試験がありますからね。この間のWIXOSSビンゴも参加は我慢しましたし、今後もWIXOSS PARTYにはそうそう行けないと思います。今はできるだけ勉強して、前期でビシッと行き先を決めて、チョコレート争奪戦にでも行きたいですね…。次回の更新は2月の末を予定しています。国公立大学の前期試験が終わって、また1つ、受験の山を越えたタイミングになるからです。頑張ります。

      テーマ:

プロフィール

たけのこ

性別:
男性
血液型:
O型
お住まいの地域:
岡山県
自己紹介:
今年が正念場

続きを見る >

読者になる

「お母さん、今日のおやつどこ?」
「台所の四隅にあるわよ」

「沼がwwwww鳴いてるwwwww」
オーンwwwオーンwww

ブックマーク

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。