上手く行っていない経営者に注目する | 富裕層戦略・建築コンサルタントのブログ

富裕層戦略・建築コンサルタントのブログ

ランチェスター戦略を通じて全国20ヶ所以上の勉強会を通じて毎月400人以上の経営者を支援指導する。
富裕層戦略・建築コンサルは業界の先駆け的存在。2012年にはNHKクローズアップ現代に特集される。
2020年4月よりコミュニティFMでレギュラー番組が全国配信

岡ラジオ

◇ ラジオ関連ブログはコチラ

 

◇ ランチェスター戦略社長塾82期生名古屋募集  定員8名

     3月14日(月)スタートの毎週型5回シリーズ (Zoom)   関連ブログはコチラ

◇ 経営に最も役立つ哲学を学ぶ場はここにあります。 苫野哲学ジム 

◇ 全国各地の勉強会はこちらから☟

各地の勉強会に参加希望の方

◇ ランチェスター経営ジムeラーニングはこちらから☟ランチェスター経営ジムeラーニング



成功事例から学ぶより、失敗事例から学ぶ。

 

 

成功事例はその人の運や偶然が重なりあって出来上がっているので、再現性は無いに等しい。

 

しかし失敗事例は完全なるパターン化であり、再現性の繰り返しでしかない。

 

 

失敗のパターン情報を数多く知れば、失敗の確率は極めて低くなる。

 

失敗の確率が低いということは、成功の確率が上がって行くことになる。

 

後は成果が出るか出ないかは、本人の才覚と言うことになる。

 

 

自分は経営コンサルタントという職業の基本方針をこう考えている。

 

「勝つ経営者を育てることではない、負けない経営者を育てること」

 

 

何をすれば儲かるかではなく、何をしてはいけないか。

 

多くは、この順番を間違える。

 

だから負ける。

 

 

やってはいけないことを知らぬが為に全力でやってしまう。

 

倒産に至る会社は例外なく、儲かる前に自ら、やってはいけないことをやっていた。

 

 

成功した経営者を注目するのではなく、

 

失敗した経営者、上手く行っていない経営者に注目する。

 

 

 

 

 

再現性のある圧倒的情報量は後者にある。。。

 

 

 

--------------------------------------------------------

 

読み手に考える余地を残すブログを冊子にしました。

 

OKALOG