恒例となっている来年の予想 | 富裕層戦略・建築コンサルタントのブログ
新型コロナウイルスに関する情報について

富裕層戦略・建築コンサルタントのブログ

ランチェスター戦略を通じて全国20ヶ所以上の勉強会を通じて毎月400人以上の経営者を支援指導する。
富裕層戦略・建築コンサルは業界の先駆け的存在。2012年にはNHKクローズアップ現代に特集される。
2020年4月よりコミュニティFMでレギュラー番組が全国配信

岡ラジオ

◇ ラジオ関連ブログはコチラ

 

◇ ランチェスター戦略社長塾82期生名古屋募集  定員8名

     3月14日(月)スタートの毎週型5回シリーズ (Zoom)   関連ブログはコチラ

◇ 経営に最も役立つ哲学を学ぶ場はここにあります。 苫野哲学ジム 

◇ 全国各地の勉強会はこちらから☟

各地の勉強会に参加希望の方◇ ランチェスター経営ジムeラーニングはこちらから☟ランチェスター経営ジムeラーニング



今日で2021年が終わる。

 

 

この時期、恒例となっている来年の予想。

 

2022年は年末に急速に広まったオミクロン株の影響で、微妙な年になりそうだ。

 

 

新型コロナによって、世界の景気サイクルの足並みが揃った。

 

これにより、日本は大きなダメージを受けた。

 

コロナリバウンド景気で購買力の弱さを世界に露呈した。

 

 

しかし、このダメージは長年続いたデフレからの脱却起爆剤となったのも事実。

 

2022年は世界の物価基準から、これ以上離されないためにも物価を正常値に戻す必要がある。

 

今の物価高は修正物価高であって、インフレと言えるものではない。

 

 

しかし、物価高は更なる格差を生み出す要因でもある。

 

末端価格の消費者物価指数が上がると、企業業績にも格差が生まれる。

 

 

何事も二者択一論では片づけられない。

 

産みの苦しさ、肉を切らせて骨を切る施策と覚悟が必要になる。

 

過去の負の遺産を断ち切れるかどうか。

 

 

それらを断ち切ったうえで、

 

2022年は社会性と文化を求められる年になるように思う。

 

 

 

 

但しそれは、

 

業績不振の逃げ口実に使ってはならない。。。

 

 

 

--------------------------------------------------------

 

読み手に考える余地を残すブログを冊子にしました。

 

OKALOG