富裕層戦略・建築コンサルタントのブログ

富裕層戦略・建築コンサルタントのブログ

ランチェスター戦略を通じて全国20ヶ所以上の勉強会を通じて毎月400人以上の経営者を支援指導する。
富裕層戦略・建築コンサルは業界の先駆け的存在。2012年にはNHKクローズアップ現代に特集される。
2020年4月よりコミュニティFMでレギュラー番組が全国配信


孫子曰く。




「上兵は謀を伐つ」




最高の戦い方は、事前に敵の意図を見破って、これを封じることである。




孫子の兵法:孫武





各地の勉強会に参加希望の方はコチラまで。


各地の勉強会に参加希望の方



ランチェスター経営ジムeラーニングはコチラから。


ランチェスター経営ジムeラーニング





ランチェスターセミナー講師養成講座はコチラから。


ランチェスターセミナー講師養成講座



岡ラジオはコチラから。


岡ラジオ



OKALOGはコチラから。


OKALOG



クローズアップ現代に放映されました。


クローズアップ現代





私の経営目的と使命



世の中の会社の8割は万年赤字です。


その原因は社長の知識不足です。


知識不足は外部要因とまったく関係がありません。


社長になったからには「知らない」は許されないのです。


社長の知識不足、それを無責任と言います。


単なる社長の怠慢は会社を赤字にさせ、取引先、仕入先に迷惑を掛け、ひいてはお客様に迷惑を掛けます。



そして怠慢社長の知識不足の一番の被害者は社員です。


その社員には家族がいます。子供たちがいます。


もし倒産などしようものなら、怠慢社長はその子供たちの将来まで奪うことになるのです。


自分の子供なら自業自得ですが、社員の子供には何の責任もありません。



仮に倒産は免れたとしても、社員に十分な給料が払えなければ、その子供たちは将来に対してハンデを背負うことになります。


親が「貧すれば鈍する」になれば、人格も含めた教育環境のハンデを生みます。


所得の低下は、悲しい連鎖を生み出すのです。


私たちの将来を担う子供たちに、経営者たる者がハンデを与えてはなりません。


経営とは勝つことではなく、負けないことを知ることです。


負けない知識を身につければ、いずれ勝つのです。


万年赤字の社長は、この逆をやっているに過ぎません。


巷に溢れている勝つ情報の大半は、精神論と戦術情報です。


その間にある戦略が無いから経営がおかしくなるのです。



私と関わる社長さんには、怠慢社長になってもらいたくないのです。


自分の怠慢から子供たちの将来を奪って欲しくないのです。


日本の未来を奪って欲しくないのです。


「勝つ経営者を育てることではない、負けない経営者を育てること」


これが私の経営目的であり、使命でもあります。



(株)ハードリング
   岡 漱一郎




岡ラジオ

◇ ラジオ関連ブログはコチラ

 

◇ ランチェスター戦略社長塾81期生名古屋募集  定員8名

     12月6日(月)スタートの毎週型5回シリーズ (Zoom)   関連ブログはコチラ

◇ 経営に最も役立つ哲学を学ぶ場はここにあります。 苫野哲学ジム 

◇ 全国各地の勉強会はこちらから☟

各地の勉強会に参加希望の方◇ ランチェスター経営ジムeラーニングはこちらから☟ランチェスター経営ジムeラーニング



先日、49歳までと言う経営者団体からの講演依頼で講師を務めてきた。

 

 

緊急事態宣言時にも関わらず(?)、50名程の参加者がリアルに集まった。

 

当然ながら全員49歳以下。

 

 

経営コンサルタントという経験から見て、経営者で最も大事な時期が40代だと思っている。

 

20代は犯罪以外、何をしてもいいと思っている。

 

30代で仕事を決め、10年間はひたすら現場を知ることに努める。

 

30歳後半辺りで独立し、経営者となる。

 

そこからの10年で、経営者としてのその後が決定づけられる。

 

 

この40代の時に、驕ったり偉ぶったりと、上から目線になった者が50代で試練に会う。

 

本来、50代は経営者として仕上げの準備に入る時。

 

その時に、自ら招いた試練に苦しむようでは先は無い。

 

 

50代は後継者育成を視野に入れ、最終目的地を見定める。

 

そして60代に入ったら自由になって行く。

 

 

 

 

そんなことを考えながら、

 

50人の40代の社長を見ていた。。。
 

 

--------------------------------------------------------

 

読み手に考える余地を残すブログを冊子にしました。

 

OKALOG

岡ラジオ

◇ ラジオ関連ブログはコチラ

 

◇ ランチェスター戦略社長塾81期生名古屋募集  定員8名

     12月6日(月)スタートの毎週型5回シリーズ (Zoom)   関連ブログはコチラ

◇ 経営に最も役立つ哲学を学ぶ場はここにあります。 苫野哲学ジム 

◇ 全国各地の勉強会はこちらから☟

各地の勉強会に参加希望の方

◇ ランチェスター経営ジムeラーニングはこちらから☟ランチェスター経営ジムeラーニング



「他社が安くしてくるので、我社も値段を下げないと契約が取れない」

 

 

これを真顔で言う社長がいる。

 

そんな時、自分はこう答える。

 

 

「あなたの会社の存在価値は無いんですね」

 

 

お客様から、値段しか見られていないということになる。

 

他社との違いやメリットを感じてもらえてない状態とも言える。

 

即ち、存在価値がない。

 

 

 

 

会社の存在価値が無い社長は、

 

自分自身の存在価値も無いと同じ。。。

 

 

 

--------------------------------------------------------

 

読み手に考える余地を残すブログを冊子にしました。

 

OKALOG

岡ラジオ

◇ ラジオ関連ブログはコチラ

 

◇ ランチェスター戦略社長塾81期生名古屋募集  定員8名

     12月6日(月)スタートの毎週型5回シリーズ (Zoom)   関連ブログはコチラ

◇ 経営に最も役立つ哲学を学ぶ場はここにあります。 苫野哲学ジム 

◇ 全国各地の勉強会はこちらから☟

各地の勉強会に参加希望の方

◇ ランチェスター経営ジムeラーニングはこちらから☟ランチェスター経営ジムeラーニング



ある人がこんな言葉を言った。


「〇〇さんは忙しすぎて仕事が頼めない。このままだと他に頼むしかない。」

 

 

零細企業の社長は、現場に出ることが多い。

 

仕事は欲しいのだが、キャパシティがある。

 

 

キャパシティに達した時、次の仕事を請けることが出来なくなる。

 

そんな時、周りは出来るだけ調整をして、その人に仕事を依頼しようとするのだが、予定が合わない。

 

 

これが頻繁に起これば、仕事は他に流れて行く。

 

まさに、戦術=現場の限界。

 

 

皮肉にも、キャパシティに達した時の仕事のクオリティは落ちる。

 

悪循環が始まってしまう。

 

 

この状態を解消するには、重要度の高い仕事を優先すること。

 

スケジュールを組み替えてでも、しなければいけない。

 

 

私の周りにいる成功者と言われる人達は、会社にとって将来、重要だという話が飛び込んできたら、予定をキャンセルして、そこに向かった。

 

 

 

 

 

これをしないと、

 

重要度の高い仕事から離れて行く。。。

 


 

--------------------------------------------------------

 

読み手に考える余地を残すブログを冊子にしました。

 

OKALOG

岡ラジオ

◇ ラジオ関連ブログはコチラ

 

◇ ランチェスター戦略社長塾81期生名古屋募集  定員8名

     12月6日(月)スタートの毎週型5回シリーズ (Zoom)   関連ブログはコチラ

◇ 経営に最も役立つ哲学を学ぶ場はここにあります。 苫野哲学ジム 

◇ 全国各地の勉強会はこちらから☟

各地の勉強会に参加希望の方

◇ ランチェスター経営ジムeラーニングはこちらから☟ランチェスター経営ジムeラーニング



「間違ったやり方を全社挙げて全力で取り組む」

 

 

このフレーズは、ランチェスター戦略の勉強会で度々使う。

 

世の中の多くの赤字企業は、悪気なくこの状態を正に必死でやっている。

 

 

経営するからには誰しも利益を出したいと思う。

 

しかし、80%の赤字の中小企業は、間違ったやり方を全力でやっている。

 

あえて利益の出ないやり方を全力でやっている。

 

 

稲盛和夫氏は、

 

「経常利益が10%も出ないような商売ならやめてしまえ!」

 

と言われた。

 

 

これは至極当然の言葉だと思う。

 

経営とはリスクを取って行う行為、その還元がマイナスということは、やらない方がマシとも言える。

 

ましてや、万年赤字体質なら会社を閉めた方が、世間に迷惑を掛けずに済むというもの。

 

 

 

 

思いや情熱も大事だが、

 

無知ではいずれ、疲弊してしまう。。。

 


 

--------------------------------------------------------

 

読み手に考える余地を残すブログを冊子にしました。

 

OKALOG

岡ラジオ

◇ ラジオ関連ブログはコチラ

 

◇ ランチェスター戦略社長塾80期生名古屋募集  定員8名

     10月4日(月)スタートの毎週型5回シリーズ (Zoom)   関連ブログはコチラ

◇ 経営に最も役立つ哲学を学ぶ場はここにあります。 苫野哲学ジム 

◇ 全国各地の勉強会はこちらから☟

各地の勉強会に参加希望の方

◇ ランチェスター経営ジムeラーニングはこちらから☟ランチェスター経営ジムeラーニング



「利益はお客の作り方の差」

 

最近、この考え方に辿り着いた。

 

 

売上も利益も同額の同業者であっても、経常利益が10%の会社もあれば、△10%の会社もある。

 

△10%の会社の方が、総じて社員数が多い。

 

即ち、社員一人当たりの生産性の違い。

 

 

では、社員一人当たりの生産性の違いは何で生まれるのか。

 

一般的には、業務の効率化や営業力強化という思考になるケースが多い。

 

しかし、これらは全て戦術的対策であり、根本的な対策になっていない。

 

 

この場合、抜本的な対策が必要になる。

 

※抜本的  抜本的の「抜本」は、「抜く」という字が入っているように、根本の原因を抜き去ることで、抜本的は、物事の根本に立ち戻って是正することをいう。

 

 

△10%の会社の営業行為の中身は、移動経費の増加、契約率の悪さから来る値引き、空見積もり、空残業、粗利益より経費が上回る状態。

 

この状態で営業コンサルを入れたり、システムを導入しても、歪(いびつ)が歪になるだけで、問題の解決は更に遠のいて行く。

 

このようなことを繰り返しても、対策コストが逆に増えるだけ。

 

 

抜本的な対策とは、大本の戦略を再構築し、営業行為(販売行為)のコストを下げること。

 

営業エリアを狭め、客層(業種)と商品を絞り、その結果、移動経費を軽減し、客層と商品を絞ることでブランディング効果を上げることで、価格競争を回避し、空見積もり空残業を無くす。

 

実は利益とは、お客の作り方の差で、粗利益をどれだけ残せるかの差なのだ。

 

 

 

 

 

利益を出す=売上を上げる

 

この思考のままでは、永遠に経常利益は生まれない。。。

 


 

--------------------------------------------------------

 

読み手に考える余地を残すブログを冊子にしました。

 

OKALOG

岡ラジオ

◇ ラジオ関連ブログはコチラ

 

◇ ランチェスター戦略社長塾80期生名古屋募集  定員8名

     10月4日(月)スタートの毎週型5回シリーズ (Zoom)   関連ブログはコチラ

◇ 経営に最も役立つ哲学を学ぶ場はここにあります。 苫野哲学ジム 

◇ 全国各地の勉強会はこちらから☟

各地の勉強会に参加希望の方

◇ ランチェスター経営ジムeラーニングはこちらから☟ランチェスター経営ジムeラーニング



ランチェスター経営塾・名古屋早朝勉強会。

 

毎月1回、日曜の朝の開催だが今月で157回目となる。

 

14年目に入った。

 

 

現在はコロナ禍ということで、ZOOM開催となっているが、毎回全国から10名前後の方々が参加をされる。

 

朝7:30から9:00までの1時間半、各自の近況報告から始まり、その後は自分が時流を下にレクチャーをし、ディスカッションへと入って行く。

 

 

ランチェスター戦略を基本にして話しをているが、経済学や哲学、様々な要素も取り入れながら、新たな視点を探っていく。

 

このような定期的な勉強会は20ほどあり、それ以外で研修やセミナー・講演があるので、レクチャー回数は月30回を超えてきた。

 

まさに量稽古。

 

 

ただ、自分の感性が何処まで対応できるのか。

 

思考の柔軟性を保てるのかは常に意識をしている。

 

その為に、仕事以外にも興味を持ち、身体も鍛え続けなければと思っている。

 

 

 

 

必要とされる人間でありたい。。。



 

--------------------------------------------------------

 

読み手に考える余地を残すブログを冊子にしました。

 

OKALOG

岡ラジオ

◇ ラジオ関連ブログはコチラ

 

◇ ランチェスター戦略社長塾80期生名古屋募集  定員8名

     10月4日(月)スタートの毎週型5回シリーズ (Zoom)   関連ブログはコチラ

◇ 経営に最も役立つ哲学を学ぶ場はここにあります。 苫野哲学ジム 

◇ 全国各地の勉強会はこちらから☟

各地の勉強会に参加希望の方

◇ ランチェスター経営ジムeラーニングはこちらから☟ランチェスター経営ジムeラーニング



「究極のマーケティングは販売を無くすことである」

 

これはピーター・ドラッガーの有名な言葉。

 

 

販売を無くすとは、商品を売る行為を無くすこと意味する。

 

勿論、営業行為もない。

 

 

しかし、商品を認知してもらわなければ、存在を知ってもらわなければ商品は売れない。

 

マーケティングとは売る行為であり、それが無い状態とは、ブランディングのみと言うことになる。

 

 

ブランディングは認知活動であり、販売行為ではない。

 

このブランディングの意味を理解していないと、全てがマーケティング活動になってしまう。

 

 

マーケティングは売り込みであり、売り込まなければ売れない状態とも言える。

 

ブランディングは、お客の方からやって来る状態を作ることであり、この二つの構造は全く違う。

 

 

自分は今まで、一貫してブランディングにこだわってきた。

 

だから無意味な露出や、不特定多数への呼びかけなどは一切してこなかった。

 

時間は掛かるが、節操のないマーケティング(NLPなど)に一旦手を染めれば、市場にそのイメージが浸透してしまう。

 

 

この手のイメージが付いてしまうと、客質の低い客層しか集客出来なくなる。

 

節操のないマーケティング手法は、リテラシーの低い客層が集まり、ブランディングで集まった客層はその逆となる。

 

 

 

 

マーケティングしかない経営は、

 

「貧乏暇なし経営」になってしまう。。。

 


 

--------------------------------------------------------

 

読み手に考える余地を残すブログを冊子にしました。

 

OKALOG

岡ラジオ

◇ ラジオ関連ブログはコチラ

 

◇ ランチェスター戦略社長塾80期生名古屋募集  定員8名

     10月4日(月)スタートの毎週型5回シリーズ (Zoom)   関連ブログはコチラ

◇ 経営に最も役立つ哲学を学ぶ場はここにあります。 苫野哲学ジム 

◇ 全国各地の勉強会はこちらから☟

各地の勉強会に参加希望の方

◇ ランチェスター経営ジムeラーニングはこちらから☟ランチェスター経営ジムeラーニング



どうも仕事に追われている。

 

ほぼ仕事がリモート化しているので、隙間に仕事が入って来る。

 

ただ、トレーニングも同時並行でやっているので、致し方ない・・・

 

 

そんな毎日を送っていると、このブログを更新する頻度が益々落ちて行く。

 

そこで、

 

毎日のルーチンワークに取り入れることにした。

 

 

毎朝5時半に起きて風呂に入り、その後、犬との散歩に出かけている。

 

散歩から帰って来るのが7時15分頃。

 

朝食(コーヒーとプロテインのみ)が7時50分なので、それまでの約30分ほどでブログを更新することにした。

 

 

 

 

あくまで強制ルールではない(笑)

 

ゆるく始めてみたいと思う。。。


 

--------------------------------------------------------

 

読み手に考える余地を残すブログを冊子にしました。

 

OKALOG

岡ラジオ

◇ ラジオ関連ブログはコチラ

 

◇ ランチェスター戦略社長塾80期生名古屋募集  定員8名

     10月4日(月)スタートの毎週型5回シリーズ (Zoom)   関連ブログはコチラ

◇ 経営に最も役立つ哲学を学ぶ場はここにあります。 苫野哲学ジム 

◇ 全国各地の勉強会はこちらから☟

各地の勉強会に参加希望の方

◇ ランチェスター経営ジムeラーニングはこちらから☟ランチェスター経営ジムeラーニング



経営には基礎知識が必須。

 

だが、基礎知識を身に着ける人格が出来ていないと、その知識すら善に使われづ、悪に使われてしまう。

 

 

以前、ある経営者から、

 

「社員に道徳を教えてもらえませんか」

 

と言われたことがある。

 

 

道徳とは正に、人としての人格形成に必要な知識そのもの。

 

会社のトップとして、リーダーとして、一社会人としての道徳はなくてはならない。

 

 

では、道徳とは一体何か?

 

 

「世の中に絶対の真理など無い」

 

この哲学的絶対判断基準に当てはめると、「絶対の道徳など無い」となる。

 

これも否定しようのない事実。

 

 

経営活動の中には「商道徳」という言葉がある。

 

これは道徳観に基づいたビジネスの紳士協定のようなもの。

 

 

例えば、

 

ある二つの国、A国とB国が戦争状態にあったとする。

 

その戦争に関係のないC国が、A国に自国の武器を売っていたとする。

 

しかし、そのC国は、B国にも同じ武器を売っていた。

 

 

そもそも武器商人に、道徳観は有るのかと言う疑問もあるが、この場合は鬼畜レベルと言える。

 

※鬼畜  

 

鬼と畜生。転じて、残酷な行ないをする者。恩義を知らない者。人を人とも思わないような残酷な行為。

 

 

道徳観を失うと人とは、ここまで落ちて行く「カネの亡者」となってしまう。

 

 

 

 

道徳が無いと、

 

経営者は悪気なくカネに走る。。。

 

 

 

--------------------------------------------------------

 

読み手に考える余地を残すブログを冊子にしました。

 

OKALOG

岡ラジオ

◇ ラジオ関連ブログはコチラ

 

◇ ランチェスター戦略社長塾80期生名古屋募集  定員8名

     10月4日(月)スタートの毎週型5回シリーズ (Zoom)   関連ブログはコチラ

◇ 経営に最も役立つ哲学を学ぶ場はここにあります。 苫野哲学ジム 

◇ 全国各地の勉強会はこちらから☟

各地の勉強会に参加希望の方

◇ ランチェスター経営ジムeラーニングはこちらから☟ランチェスター経営ジムeラーニング


 

市場が動き出した。

 

 

約半年間の調整と様子見が終わり、金融市場も政治も国内外で動き出した。

 

コロナも収束の兆しが見えてきた。

 

終息までには、まだ時間を要するがアフターコロナが見えてきた。

 

 

この時点でコロナ論争や政府批判をしているようではアウト。

 

そんなものは「環境変化」と捉え、さっさと次なる手を考えなければならない。

 

 

動いてはいけない時期というものはある。

 

しかし、動かなければいけない時期が必ず来る。

 

 

 

 

今まさに、動かなければいけない時期に来た。

 

年末までの4ヵ月弱、

 

先を読んで仕掛ける時期。。。

 

 

 

 

--------------------------------------------------------

 

読み手に考える余地を残すブログを冊子にしました。

 

OKALOG