富裕層戦略・建築コンサルタントのブログ

富裕層戦略・建築コンサルタントのブログ

ランチェスター戦略を通じて全国20ヶ所以上の勉強会を通じて毎月400人以上の経営者を支援指導する。
富裕層戦略・建築コンサルは業界の先駆け的存在。2012年にはNHKクローズアップ現代に特集される。
2020年4月よりコミュニティFMでレギュラー番組が全国配信


孫子曰く。




「上兵は謀を伐つ」




最高の戦い方は、事前に敵の意図を見破って、これを封じることである。




孫子の兵法:孫武





各地の勉強会に参加希望の方はコチラまで。


各地の勉強会に参加希望の方



ランチェスター経営ジムeラーニングはコチラから。


ランチェスター経営ジムeラーニング





ランチェスターセミナー講師養成講座はコチラから。


ランチェスターセミナー講師養成講座



岡ラジオはコチラから。


岡ラジオ



OKALOGはコチラから。


OKALOG



クローズアップ現代に放映されました。


クローズアップ現代





私の経営目的と使命



世の中の会社の8割は万年赤字です。


その原因は社長の知識不足です。


知識不足は外部要因とまったく関係がありません。


社長になったからには「知らない」は許されないのです。


社長の知識不足、それを無責任と言います。


単なる社長の怠慢は会社を赤字にさせ、取引先、仕入先に迷惑を掛け、ひいてはお客様に迷惑を掛けます。



そして怠慢社長の知識不足の一番の被害者は社員です。


その社員には家族がいます。子供たちがいます。


もし倒産などしようものなら、怠慢社長はその子供たちの将来まで奪うことになるのです。


自分の子供なら自業自得ですが、社員の子供には何の責任もありません。



仮に倒産は免れたとしても、社員に十分な給料が払えなければ、その子供たちは将来に対してハンデを背負うことになります。


親が「貧すれば鈍する」になれば、人格も含めた教育環境のハンデを生みます。


所得の低下は、悲しい連鎖を生み出すのです。


私たちの将来を担う子供たちに、経営者たる者がハンデを与えてはなりません。


経営とは勝つことではなく、負けないことを知ることです。


負けない知識を身につければ、いずれ勝つのです。


万年赤字の社長は、この逆をやっているに過ぎません。


巷に溢れている勝つ情報の大半は、精神論と戦術情報です。


その間にある戦略が無いから経営がおかしくなるのです。



私と関わる社長さんには、怠慢社長になってもらいたくないのです。


自分の怠慢から子供たちの将来を奪って欲しくないのです。


日本の未来を奪って欲しくないのです。


「勝つ経営者を育てることではない、負けない経営者を育てること」


これが私の経営目的であり、使命でもあります。



(株)ハードリング
   岡 漱一郎




岡ラジオ

◇ ラジオ関連ブログはコチラ

◇ ランチェスター戦略社長塾86期生名古屋募集  定員8名

     1月16日(月)スタートの毎週型7回シリーズ (Zoom)   関連ブログはコチラ

◇ 経営に最も役立つ哲学を学ぶ場はここにあります。 苫野哲学ジム 

◇ 全国各地の勉強会はこちらから☟

各地の勉強会に参加希望の方

◇ ランチェスター経営ジムeラーニングはこちらから☟ランチェスター経営ジムeラーニング



先日、となる経営者団体から講演依頼があり、いつものように経済学・MQ会計・哲学・ランチェスター戦略の話をしてきた。

 

 

これらは全てベーシック理論であり、自分の持論ではない。

 

自分は、岡という媒体を通して表現しているだけ。

 

 

ただ、この4つは大抵、初めて聞く話ばかり。

 

当然、参加者の中には、今まで自分が学んできた、信じてきたやり方と真逆の話に聞こえる人もいる。

 

 

その時、反応が二つに分かれる。

 

 

90%位の人たちは、柔軟に反応をし、思考をリセットする。

 

残りの10%位の人たちが、私に敵意を向けてくる。

 

 

自分の講演スタイルは、考え方を強要するものではない、「そうなりますよね」と自己確認を積み上げて行くパターン。

 

それは話す内容が、ベーシック理論であり、法則性と再現性の話なので、否定のしようがないから。

 

 

だから以前、参加者の方らか、「岡さんの話は、自分で自分の首を真綿で絞めて行くような感覚になります」

 

と言われたことがある(苦笑)

 

 

私に敵意を向ける人は、間違いなく業績が悪い(事後確認済み)

 

理由は簡単、基本に逆らったやり方をしているから。

 

そして、多くは利益が出ていないのに、売上だけ肥大化している。

 

 

 

 

気持ちを柔らかくして、

 

楽になればいいのにと、

 

いつも思う。。。

 

 

------------------------------------------------------

 

読み手に考える余地を残すブログを冊子にしました。

 

OKALOG

岡ラジオ

◇ ラジオ関連ブログはコチラ

◇ ランチェスター戦略社長塾86期生名古屋募集  定員8名

     1月16日(月)スタートの毎週型7回シリーズ (Zoom)   関連ブログはコチラ

◇ 経営に最も役立つ哲学を学ぶ場はここにあります。 苫野哲学ジム 

◇ 全国各地の勉強会はこちらから☟

各地の勉強会に参加希望の方

◇ ランチェスター経営ジムeラーニングはこちらから☟ランチェスター経営ジムeラーニング


 

経営コンサルタントはカリスマになってはいけない。

 

 

これは「経営コンサルタント」と名乗って24年、変わらない信条でもある。

 

理由は簡単。

 

 

経営コンサルタントがカリスマ化すると、クライアントは信者になり、自ら考えることを辞めてしまうから。

 

これでは誰の会社か分からない、社内における社長の求心力は一気に落ちて行く。

 

 

しかし、

 

経営コンサルタントがカリスマ化すると、経営コンサルタントだけが儲かる仕組みが出来上がる。

 

そうなると、独自の理論、独自のメソットに拍車が掛かり、信者相手に神格化へと進んでいく。

 

 

自分は独自の自論は持ち合わせていない。

 

全てベーシック理論からの応用と展開でコンサルティングをしている。

 

以下、応用と展開をしているベーシック理論(重要度順)

 

① 哲学

② 経済学

③ 孫子の兵法

④ 戦略MQ会計

⑤ ランチェスター戦略

 

 

これらは、誰しも学ぶことが出来るベーシック理論。

 

クライアントには、この理論の思考(考え方、導き方)を教えるというスタンス。

 

カリスマ化は望まないし、邪魔な存在。

 

カリスマ化してしまうと、思考が裸の王様になりやすく、自分の立ち位置を見失ってしまう。

 

 

 

 

ただ、

 

カリスマ化を望まない一番の理由は、

 

自由でなくなるから。。。

 

 

------------------------------------------------------

 

読み手に考える余地を残すブログを冊子にしました。

 

OKALOG

岡ラジオ

◇ ラジオ関連ブログはコチラ

◇ ランチェスター戦略社長塾86期生名古屋募集  定員8名

     1月16日(月)スタートの毎週型7回シリーズ (Zoom)   関連ブログはコチラ

◇ 経営に最も役立つ哲学を学ぶ場はここにあります。 苫野哲学ジム 

◇ 全国各地の勉強会はこちらから☟

各地の勉強会に参加希望の方

◇ ランチェスター経営ジムeラーニングはこちらから☟ランチェスター経営ジムeラーニング


 

経営活動で一番難しいのが「お客作り・顧客の創造」

 

 

その前段にあるのが「集客」

 

集客が出来なければ、お客も顧客も生まれない。

 

だから集客に頭を悩ます。

 

 

では、

 

集客とは一体何か?

 

 

客を集めると書いて「集客」

 

そしてそれは、誰がするのか?

 

 

 

 

「集客は自分がやること」

 

 

この固定概念に縛られているうちは、

 

集客は出来ない。。。

 

 

------------------------------------------------------

 

読み手に考える余地を残すブログを冊子にしました。

 

OKALOG

岡ラジオ

◇ ラジオ関連ブログはコチラ

◇ ランチェスター戦略社長塾86期生名古屋募集  定員8名

     1月16日(月)スタートの毎週型7回シリーズ (Zoom)   関連ブログはコチラ

◇ 経営に最も役立つ哲学を学ぶ場はここにあります。 苫野哲学ジム 

◇ 全国各地の勉強会はこちらから☟

各地の勉強会に参加希望の方

◇ ランチェスター経営ジムeラーニングはこちらから☟ランチェスター経営ジムeラーニング


 

経営の勉強をどれだけしても、ランチェスター戦略をどれだけ学んでも、業績が向上しない人達がいる。

 

 

これは間違いなく、思考にバイアスが掛かっている。

 

※バイアス  

 

バイアスは「偏り」を意味する単語。 心理学では物事の判断をこれまでの経験や固定観念にしたがうことで、合理的でない考えをすることを認知バイアスとも言う。

 

 

逆に人と同じ時間、経営の勉強、ランチェスター戦略の勉強をして、短期間に業績向上をする人達がいる。

 

この人達の共通点は、当然だが思考にバイアスが掛かっていない。

 

 

バイアスが掛かっていると、入って来る全ての情報に対して、自分の価値観という固定観念で取捨選択を無意識にしてしまう。

 

だから、何をどれだけ学ぼうが、何一つ変わらない。

 

それにより、物事を一方向からしか見ることが出来づ、全体像を掴むことが出来ないので応用と行動に結び付かない。

 

 

バイアスが掛かっていない人達は、学んだ新たな思考を即座に応用と実行に移して行く。

 

結果、その差は時間と共に益々開いて行くことになる。

 

 

では、

 

どうやってこの認知バイアスを取り払うことが出来るのか?

 

それは、自分の思考の成長に欲望を持つこと。

 

 

思考の成長とは、これまでの思考を建設的に破壊をし、捨てること。

 

そしてそこに、快感を覚えなければ、破壊の恐怖に打ち勝つことは出来ない。

 

 

 

 

これが、自分の思考の成長に欲望を持つということ。。。

 

 

------------------------------------------------------

 

読み手に考える余地を残すブログを冊子にしました。

 

OKALOG

岡ラジオ

◇ ラジオ関連ブログはコチラ

◇ ランチェスター戦略社長塾86期生名古屋募集  定員8名

     1月16日(月)スタートの毎週型7回シリーズ (Zoom)   関連ブログはコチラ

◇ 経営に最も役立つ哲学を学ぶ場はここにあります。 苫野哲学ジム 

◇ 全国各地の勉強会はこちらから☟

各地の勉強会に参加希望の方

◇ ランチェスター経営ジムeラーニングはこちらから☟ランチェスター経営ジムeラーニング



世の中は常にITによって、効率化が進んでいる。

 

 

そしてそれは常に陳腐化を繰り返し、入れ替わって行く。

 

それを提供された市場は、止まることのない効率化を永遠に続けることになる。

 

 

では、

 

そのたゆまぬ効率化で、人は幸せになって行ったのだろうか?

 

便利と幸せの取り違えをしているのではないだろうか?

 

 

新たなソフトやアプリ、システムなどが出てきた時、人は一瞬、こう思う。

 

効率化=楽になる。

 

 

しかし、現実は効率化して生まれた余剰時間に、更なる仕事が強制的に入って来る。

 

何故なら、ライバル他社も同時期に同じ効率化システムを導入すれば、そこに生まれた時間を更なる生産の時間に充てるため、24時間と制約が決まっているので、労働の濃密さは増して行くことになるから。

 

 

効率化=幸せ、は相反の関係になっている。

 

効率化か永遠に進み、人は激務、長時間労働となって行く。

 

 

会社では、折角覚えたソフトやアプリ、システムが短期間でリニューアルしていく。

 

直ぐに順応できるのが益々、若年層社員となり、40代50代の社員はそのスピードに付いて行けなくなっている。

 

今は若年層だから順応できるが、後10年もすれば、付いて行けないグループに確実に入って行くことになる。

 

 

 

 

 

人は、本心から効率化を求めているのだろうか?

 

これを「ニーズ無き効率化の提供」と定義付けたい。。。

 

 

------------------------------------------------------

 

読み手に考える余地を残すブログを冊子にしました。

 

OKALOG

岡ラジオ

◇ ラジオ関連ブログはコチラ

◇ ランチェスター戦略社長塾86期生名古屋募集  定員8名

     1月16日(月)スタートの毎週型7回シリーズ (Zoom)   関連ブログはコチラ

◇ 経営に最も役立つ哲学を学ぶ場はここにあります。 苫野哲学ジム 

◇ 全国各地の勉強会はこちらから☟

各地の勉強会に参加希望の方

◇ ランチェスター経営ジムeラーニングはこちらから☟ランチェスター経営ジムeラーニング



零細企業は属人化しやすい。

 

属人化とは企業などで、ある業務を特定の人が担当しつづけ、それによってさまざまな弊害が出ること。

 

または、ある仕事が「その人」でしか出来ない状況となり、企業として成長発展が望めない状態。

 

特に商品やサービスなどが属人化すると、「その人」のキャパが企業のキャパになってしまう。

 

 

企業を成長発展させるには、再現性のある商品やサービスが必須になる。

 

再現性のある商品やサービスとは、誰がやっても一定の利益を成果を出すことを意味する。

 

 

それが即ち、戦略的仕組み。

 

戦略とは戦わずして勝つ仕組みであり、この仕組みを作るのが社長の本来の仕事。

 

 

最悪なのは、社長自身が属人化してしまうこと。

 

社長以外に誰も出来ないでは、その企業の発展は無い。

 

いずれその企業は、社長の加齢と共に商品の劣化、サービスの低下が始まるのは目に見えている。

 

 

かくいう自分も、典型的な属人的な仕事をしている。

 

教えて出来るものではないと思っている。

 

だから社員は作らない。

 

 

ただし、

 

自分が提供してる商品は、ランチェスター戦略を駆使する思考。

 

その思考を社長が駆使して、成果を上げてもらうことを目的としている。

 

対価は教育費という名のコンサルティング料だと思っている。

 

当然、形は無い。

 

 

この商品は、「あの社長だから出来た」というような属人化した結果を出すものではなく、しっかりと勉強をすれば、誰しも一定の成果を上げることが出来る再現性を重要視している。

 

だから、戦略社長の育成数には限界が来ない。

 

 

 

 

逆に忙しくなればなるほど、

 

属人性社長の不安は募る。。。

 

 

------------------------------------------------------

 

読み手に考える余地を残すブログを冊子にしました。

 

OKALOG

岡ラジオ

◇ ラジオ関連ブログはコチラ

◇ ランチェスター戦略社長塾86期生名古屋募集  定員8名

     1月16日(月)スタートの毎週型7回シリーズ (Zoom)   関連ブログはコチラ

◇ 経営に最も役立つ哲学を学ぶ場はここにあります。 苫野哲学ジム 

◇ 全国各地の勉強会はこちらから☟

各地の勉強会に参加希望の方

◇ ランチェスター経営ジムeラーニングはこちらから☟ランチェスター経営ジムeラーニング


 

ある納品業者とバイヤーの会話、、

 

 

バイヤーが納品業者に、「あと10%値引いてくれたら、発注量を20%増やすが、どうだ?」と言ってきた。

 

納品業者は、「いやいや、我社の商品は他社より品質が高いので、今より10%値上げさせて下さい!」と言い返した。

 

 

するとバイヤーは、「10%の値上げだと、売り切る自信がないので、発注量を20%減らさせてもらう」と言ってきた。

 

 

 

10%の値引きに応じて、発注量が20%増える契約か、(売上増)

 

10%の値上げを通し、発注量が20%減る契約を取るか・・・(売上減)

 

 

 

答えは各地の勉強会で。。。

 

 

------------------------------------------------------

 

読み手に考える余地を残すブログを冊子にしました。

 

OKALOG

岡ラジオ

◇ ラジオ関連ブログはコチラ

◇ ランチェスター戦略社長塾86期生名古屋募集  定員8名

     1月16日(月)スタートの毎週型7回シリーズ (Zoom)   関連ブログはコチラ

◇ 経営に最も役立つ哲学を学ぶ場はここにあります。 苫野哲学ジム 

◇ 全国各地の勉強会はこちらから☟

各地の勉強会に参加希望の方

◇ ランチェスター経営ジムeラーニングはこちらから☟ランチェスター経営ジムeラーニング



先週末、市場の空気が明らかに変わった。

 

 

アメリカのインフレ、中間選挙、ウクライナ情勢、為替、仮想通貨、イーロン・マスク、ツイッター、ラピダス・・・

 

玉石混合だが、市場は落ち着きを取り戻しつつある感じを受けた。

 

※玉石混合 すぐれたものと劣ったものが区別なく入り混じっていることのたとえ

 

 

良くも悪くも、先がある程度見通せる状況に入ってきたと思う。

 

ただ、全てにおいて傷を負った状態であることは確か。

 

 

 

急激な変化の後は、

 

緩やかな変化を市場は求める。。。

 

 

------------------------------------------------------

 

読み手に考える余地を残すブログを冊子にしました。

 

OKALOG

岡ラジオ

◇ ラジオ関連ブログはコチラ

◇ ランチェスター戦略社長塾86期生名古屋募集  定員8名

     1月16日(月)スタートの毎週型7回シリーズ (Zoom)   関連ブログはコチラ

◇ 経営に最も役立つ哲学を学ぶ場はここにあります。 苫野哲学ジム 

◇ 全国各地の勉強会はこちらから☟

各地の勉強会に参加希望の方

◇ ランチェスター経営ジムeラーニングはこちらから☟ランチェスター経営ジムeラーニング



昨日、第11回ランチェスター経営ジム全国大会オンラインが無事成功裏に終わった。

 

 

この大会はコロナの関係上、発表者の方々が事前に名古屋に来て頂き、事前収録する形をとっている。

 

その様子はコチラ

 

 

昨日は事前収録をしたものを編集をし、オンライン配信という形で行われた。

 

勿論、発表内容も良かったのだが、編集作業を行ったクリエイティブチームの存在が大きい。

 

 

このクリエイティブチームは、全員がランチェスター戦略を熟知している。

 

だから、ランチェスター戦略を知っているからこその編集になっていた。

 

 

全国各地の勉強会に参加されている方の多くが、このクリエイティブチームに広告関連の仕事を依頼している。

 

理由は簡単、ランチェスター戦略を熟知した広告制作会社は日本でここだけだから。

 

 

 

 

 

広告は戦術、

 

戦術も徹底した差別化が出来ている。。。


 

------------------------------------------------------

 

読み手に考える余地を残すブログを冊子にしました。

 

OKALOG

岡ラジオ

◇ ラジオ関連ブログはコチラ

◇ ランチェスター戦略社長塾86期生名古屋募集  定員8名

     1月16日(月)スタートの毎週型7回シリーズ (Zoom)   関連ブログはコチラ

◇ 経営に最も役立つ哲学を学ぶ場はここにあります。 苫野哲学ジム 

◇ 全国各地の勉強会はこちらから☟

各地の勉強会に参加希望の方

◇ ランチェスター経営ジムeラーニングはこちらから☟ランチェスター経営ジムeラーニング



人間は期待されなくなったら・・・

 

 

人間は、対人関係があって初めて成立できる生き物だと自分は思っている。

 

 

 

「誰も自分のことを見ていない、関心を寄せていない」

 

 

これほど人にとって、辛い環境は無いと自分は思う。

 

 

 

「そんなのは平気だ」

 

という人達もいいる。

 

 

それは、

 

人間関係を経験したから、言えるのではないかと思う。

 

 

 

 

 

そんな人に今、

 

関心を寄せている。。。

 


 

------------------------------------------------------

 

読み手に考える余地を残すブログを冊子にしました。

 

OKALOG