実録、小学生の通知表。

テーマ:

皆さんこんばんは。

超絶ご無沙汰してます神戸市灘区の塾、

WinStar個別ONEの北浦です。

 

ご機嫌麗しゅう。

 

 

そろそろ新入生の入塾ラッシュも落ち着いてきましたしブログ更新の時期かと思いまして。

ホントは塾探してる人が多い時期こそブログ更新すべきなんですけど、

そういう分かってるけど出来てないこと言われると仕事が嫌になるんで言わないでください。

 

 

今日小学生の自考力kids'って講座を受講してる生徒の保護者さんが前学年の通知表を塾に持って来てくれました。

こないだ「ウチの子国語大丈夫ですかねぇ…」なんて相談されたりしてたので、

通知表もさぞやマズいことになってんじゃねぇかなぁと思ってドキドキしながら見ました。

 

 

まず1学期。

 

まぁ、決して悪くはないですよね。

算数も国語もそれぞれ1つずつ“よくできる”がありますしね。

 

 

次に2学期。

 

算数がだいぶ上がってますね。

国語はまぁ、

“よくできる”の数だけで見ると現状維持。

図工のような実技科目の評価が上がってるのは嬉しいですね。

 

 

そして3学期。

 

お前急に何があってん。

と聞きたくなる上昇具合ですね。

少なくとも通知表見る限りは国語も心配いらんやないか。笑

 

 

でもこういう成長見るのはとても嬉しいですね。

正直小学生の通知表なんてどういう基準でつけてんのか全く分からんブラックボックスみたいなモンやと思うんで、

単純に“よくできる”の数とかに振り回されて欲しくなんですけどね。

つかぶっちゃけ「ウチの塾来てるから」とかあんま関係ないよね。

とか言わんでいいこと言っちゃった。

 

 

でもまぁ、

ウチに来ることによって「俺できる!」って自信持ってくれて、

その流れで自信持ったまま学校の授業で手上げて答えたりして、

「おっこいつ最近積極的やな!」とか先生に思われて通知表につながったりしてるんだとすれば、

それこそウチの目指したい理想の教育ですからね。

この子に関しても少しはそういうところがあってくれたら嬉しいところです。

 

 

てか小学校の学習内容や成績なんて本人の自信次第でいくらでも変わりますよね。

なのについつい悪気なく子供の自信を削いじゃうこと言っちゃったりするんですよね。

何ででしょうね。

 

 

出来ることなら家庭も学校も塾も、

子供の自信を刈り取っちゃうような発言じゃなくて子供たちが自信を持てる発言で満たしたいモンですね。

 

といったところで、

今日はこの辺で。

ごきげんよう。

不完全な塾。

テーマ:

皆さんこんにちは。

神戸市灘区の学習塾、

WinStar個別ONEの北浦です。

 

ご機嫌麗しゅう。

 

 

今日は少しブルーな気持ちでブログを書いています。

というのも、

久しぶりに大きな失敗をしてしまいました。

(小さな失敗は日常茶飯事ですが。)

 

ある生徒を結果的に救うことが出来ず、

それどころか自分に対して不信感を抱かせてしまいました。

その子は塾を辞めてしまい、

今後もきっともう自分を信頼してくれることはないだろうと思います。

 

これまで何度も何度も担当の講師と話し合って、

その子にとってベストな道を探りながら、

言葉を選んで接してきたつもりでしたが、

「早く何とかしないと」という焦りから誤った接し方をしてしまっていたようです。

 

お母様からお話を聞いた時ものすごくヘコみました。

これまでこの仕事に対して誇りと自信を持ってやってたつもりでしたが、

今回のことはその誇りと自信を打ち砕くに十分な衝撃でした。

 

 

帰り道トボトボと歩きながら、

本当に相手の気持ちに立って考えていたか?

その子の状況や性格を考慮していたか?

「自分の考えが一番正しい」と思って押しつけになってしまっていなかったか?

色んなことに思いを巡らせながら、

改めてまだまだ道の途中だと気付かされました。

自分もこの塾もまだまだ全然不完全だと痛感しました。

 

そもそも僕は

言葉遣いも汚くて乱暴だし、

字は超絶汚いし、

生徒との距離の詰め方は下手だし、

整理整頓は下手だし、

データとか分析とかマジで苦手だし、

追い詰められないと頑張れないし、

そんな時でも目の前に漫画があったら先に読んじゃうし、

38歳にもなって生徒達に全然偉そうに言えないじゃん。

このまま塾をやっててもホントに大丈夫なの??

なんて考えてしまったりもしました。

 

てかよく考えたら前回のブログで超調子に乗ったこと書いてるし!!

うわーすぐ削除したい!!

と思いながらも自戒の意味も込めて置いときますけど。

 

 

普段から意識的に「調子に乗った時が落ちる時」とか「幾つになっても謙虚」とか頭では考えていましたが、

こういう出来事がないとそういった言葉も本当の意味で実感できないですね。

当たり前ですが【理解】と【実感】は別のところにあって、

その2つがそろって初めて本当の意味で身に付くワケで。


 

ただ、

ヘコんで色々自虐的になってまたヘコんでお酒に溺れてもやっぱり最後にたどり着くのは、

「もっと良い塾になりたい」です。

 

こんだけ毎日毎日大手の塾のチラシとかがポストに入ってる中で、

こんな小さな塾を選んでくださる保護者様、

笑顔で通ってくれる子供達、

よく考えたらちょうど今まさにこの塾が出来て6周年なんですが、

最初の頃から6年もの間ず~っと通ってくれてる生徒達もたくさんいて、

そんな子たちが本当に心から「この塾に来てよかった」と思ってくれるような、

「え?お前あの塾通ってんの?ええな~あそこ人気でなかなか入られへんのに、どうやって入ったん?」

とか周りに言われて少し誇らしげになれるような、

そんな塾でありたいと改めて強く思いました。

 

 

まだまだ不完全な塾で不完全な塾長ですが、

常に足りないことを自覚しながら、

でも常に「もっと良い塾」を目指しながら、

日々頑張っていきたいと思います。

 

 

不束者ですが今後とも末永くよろしくお願いします。

なんて考えてたワケではないですが、

一応そういうことにしておこうと思った今日この頃のWinStar個別ONEの北浦です。

 

ご無沙汰しております&ご機嫌麗しゅう。

 

 

 

そうなんです。

本日ようやく全員の受験が終わりました。

毎年のことですが今年も長かったです。

 

実は高校生の大学受験はとっくに終わってまして、

ちゃっかり全員第一志望に合格しておりました。

 

そして私立専願・公立高校前期選抜もまぁまぁな実績を残しつつ、

(え?マジで?お前受かったん?みたいな合格も多数 ←失礼)

残るは公立高校一般選抜で7人。

 

7人の受験生たちが今日戦場へと赴いたワケですが、

まぁあの子達は大丈夫でしょう。

全員合格します。

心配してません。

 

 

そしてその受験が終わった今日の午後、

とても嬉しい訪問がありまして。

 

2名のお母様がご挨拶に来てくださったんですが、

実はその2名とも前期選抜で既に合格が決まってた子のお母様なんですね。

お越しになられておっしゃったのが「ようやく今日でおしまいですね、先生もお疲れ様でした。まだ終わっていない子もいると思って挨拶に来るのを今日まで控えてました」と。

 

どうこれ!?

僕こんなん全然思い付かんタイプなんでちょっと感動しまして。

 

いや昨日までに来ていただいた方(または別の塾に挨拶に行かれた方)に対してイヤミ言ってるんじゃないですよ!?笑

いやホンマに!

そんなつもり一切ないですからね!!ホンマにホンマにホンマに!!

 

 

その配慮に感動しつつ、

そのうちの1名の子のお母様は「高校こそがスタートですから、ぜひ高校でもお世話になりたいです」と仰ってくださり、

もう1名の子のお母様は「今家でスゴい頑張ってます」と。

「兄は進学塾に行ってたから合格したらもうパーっと勉強しなくなっちゃったんですけど、あの子は入学までに高校から出された宿題を3周は進める!と意気込んでて、ホントに勉強の仕方が身に付いて、あの塾行って良かったってしみじみ言ってたんです」と。

 

これはもうホントに嬉しい。

 

その子にはもう合格が決まった時点で「お前は多分高校入っても自分で勉強頑張れると思うから、塾通わんでも大丈夫やと思う。でももしどうしても厳しいなと思ったら高校入っても頼っておいで」って伝えてました。

(加えて「でも来なくなったら寂しいから出来れば続けてくれたら嬉しいな~」とも言いましたけど。)

 

その言葉通りに、

合格してからもこの塾で学んだ通りしっかり勉強頑張ってるとお母様から話が聞けて、

心から「自慢の教え子!」と思えました。

 

 

 

この塾は「来たら劇的に成績が上がる!!」なんていう塾じゃないですし、

「合格は私たちにお任せください!!」なんて口が裂けても言えませんが、

こういう風に「勉強の仕方が身に付いて自分で勉強できるようになった」っていう子がホントに多いと思います。

ようやく理想の塾の形に近づいてまいりました。

 

そして不思議なモンで、

私たちがこうやって自塾に自信を持てるようになってくると、

問い合わせもジャンジャン増えてくるんですよ。

 

今の時点でもう去年の4月スタート人数を超えてしまいまして、

空席もホントに少ししかありません。

例年より早くてちょっと嬉しいながらも少し戸惑ってますが、

これも色んな人に支持していただけるようになった証。

ウハウハですね。

 

 

というのはジョークで、

これで天狗になることなく、

本気で「ウチは六甲道で一番良い塾です!」と胸張って言えるような塾を目指して、

まだまだ頑張りたいと思います。

 

 

今来てくれてる子達もこれから来てくれる子達も、

ステキな先輩たちに負けないよう共に上を目指して頑張りましょう。

 

 

これからもヨロシク!!

テスト対策実施中~

テーマ:

皆さんこんにちは。

神戸市灘区の自称ナンバーワン個別指導塾、

WinStar個別ONEの北浦です。

 

ご機嫌麗しゅう。

 

 

さてさて、

今日と明日・来週と再来週の土日はテスト対策実施中です。

ウチのテスト対策は“テストに出る!対策授業実施!”とかではなくて、

普段から皆が自分で考えて進めてる勉強の中の分からないところを質問したりとか、

学校の提出物のワークをやり込んだ次にやるプリントをもらいにきたりとか、

各々が今自分に必要だと考えて勉強してる内容の手助けをする感じですかね。

 

普段の自習とあんま変わらないんですけど、笑

まぁこれこそが本当の自立学習ですからヨシとしましょう。

勉強の仕方がズレてる子はちゃんと修正しますから安心してくださいね。

 

1年半前に今の体制になった当初はやっぱりざわついたりとかしてたんですけど、

今はびっくりするくらい静かな環境の中で各々黙々と頑張ってくれてます。

 

子供は成長するもんです。

今という瞬間だけを切り取って「ウチの子ダメ」ってのはもう何十万回と言ってきましたけどホントやめましょう。

その言葉が余計に子供の成長を阻害しちゃいますから。

 

といったところで、

気が付いたら今日もあと30分!

早く帰りたい!

おっと。

 

あとひとふんばり頑張ろね~

 

 

皆さんこんにちは。
神戸市灘区で一番良いと自ら信じて疑わない塾、
WinStar個別ONEの北浦です。

 

ご機嫌麗しゅう。

 

 

さて、
随分前にブログを書いて「続く」としてしまったにもかかわらず気が付けばもうすぐ1ヵ月が経ちますが、
ブログの更新頻度と塾の良し悪しは関係ないと信じて疑わない塾、
WinStar個別ONEの北浦です。

 

ご機嫌麗しゅう。

 


ああやって「こう書いたら更新せざるを得ない」と自分を追い込んでおきながらも結局1ヵ月放置してしまうなんて、
改めて自分はブログを書くのが心底キライなんだなぁとしみじみ実感しております。
キライな人間がイヤイヤ書いたブログなんて誰が読んでくれるんだ、
何より読んでくれてる人に失礼じゃないか、
いや実はそもそも読んでくれてる人なんて一人もいないんじゃないか、
俺は今壮大な勘違いの上、
とても無駄な時間を過ごしてるんじゃないか、
そんなことを考えることなく今日も更新頑張りたいと思います。

 

 

さて、
前回のブログがこちらです。
今回は具体的にお世話になってる店を書こうと思ったのですが、
これがまた困ったことに書き出したら全然止まらないのです。

それぞれの店の店主、特長、オススメ、家族構成等々、
書きたいことが山ほど。
(家族構成はウソです。)


そして書きながらフと思ったのですが、
そういうの書いてくれてる立派なサイトが既にあるじゃん。

六甲道どっとこむ、お友達の六甲道不動産の西さんが毎度素敵な記事を書いてくれてます。)

今さら俺の中途半端なリコメンドを改めてここに書く意味あんの?
という根本的なことに気付いてしまったので今回は結局違うことを書くことになりました。
人生とは思い通りにいかないものですね。
えへへ。

 

 

さてさて、
中学生のテストのことや大学受験のことなど色々書きたいことはあるのですが、
当塾で近頃力を入れ始めたのが検定。

・数検
・思考力検定
・漢検
・語彙読解力検定
・英検
といったラインナップでお送りしておりますが、
特に英検は今回が初の実施です。

 

憂鬱になりながらドキドキしながら右往左往しながらの危険な実施でしたが、
なんと長峰中3年の男の子が4級で満点を取ってくれました。
苦労も報われるモンです。

 

「いやいや中3生が4級って~」と思われるかもしれないですが、
その子は初めて来た時が小学4年生で、

通知表は【もうすこし】がいっぱいの勉強がとても苦手な(と本人もお母さんも思ってる)子でした。

 

少しずつ少しずつ勉強する姿勢がついてきたものの、

中学1年の一番最初の平均点が80点を超える中間テストでは英語50点。

英語に対する苦手意識がまぁ~ヒドかったんです。

(他もたいがいでしたけど。笑)

 

ホントにコツコツと、

諦めることなく自習に来てくれて勉強を続けてくれて、

今回人生で初めて英検を受けました。

 

今の成績ならまぁ大丈夫だろ!と3級と4級のダブル受験して、
3級に余裕で合格した上に4級はなんとReadingもListeningも満点!!

確かに4級は中2内容なので中3生にとってみればそこまで高いハードルではありませんが、
リスニングも満点というのは非常に素晴らしい。

 

 

↑別に誰も疑ってないと思うけど証拠写真

 

この生徒は塾が出来た当初(当時小4)からず~っと当塾に通ってくれてますが、

小4くらいの頃って成長に個人差がありますよね。
男の子は特に。

 

ホントに色々とお母様から相談を受けてましたが、
その度に「いやいやコイツは全然大丈夫ですよ!ええ頭持ってるから何の心配もいらないです!スイッチが入ったら絶対に伸びます!」と言い続けてきました。
点数だけみたら今や立派な優等生です(内申点は置いといて)。

 


この子を見てると、
人の成長というものはある瞬間瞬間で判断していたらダメなんだと痛感します。
その時その時でどうしても「他の子と比べて...」とか「ウチの子は落ち着きが...」など色々感じてしまいがちなんですが、
(私も子の親なのでついうっかり口に出しそうになるのを堪える日々です。)
自分自身が人と比べられたらどう思うのかを考えて言いそうになるのをグッと堪えてます。

実際「俺、○○君とこのお父さんが良かったなぁ...」とか息子らに言われたら泣いちゃいます。

 


人それぞれの目標があって、
人それぞれのペースがあります。

 

何をしても注意することなくただ単に甘やかすというのはどうかと思いますが、
注意するにしても叱るにしても褒めるにしても、
誰かと比べることなく、
その子だけの声掛けを考えて接していきたいと常々思います。

 


幾つになっても難しいことですが、
それこそが「個別指導」を標榜している当塾の、
そして北浦の永遠の課題です。

 

 

それではまた。