【 任意売却事例 関西 】 | 関西(大阪・堺・東大阪)任意売却・ホライズンインベストメント

関西(大阪・堺・東大阪)任意売却・ホライズンインベストメント

関西(大阪・堺・東大阪)不動産の任意売却・住宅ローンコンサルタント「ホライズン インベストメント」大阪を中心に年間でも数千件のお客様に対しコンサルタントとしてのサポート業務をおこなっております。ご相談は無料!秘密厳守で対応!

おはようございます。

不動産、任意売却、
住宅ローンコンサルタント、
ホライズンインベストメントのMURAです。




★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

任意売却とは…


任意売却とは・・・

ご自宅の相場価格よりも、
住宅ローンの債権の方が多い状態、

いわゆるオーバーローンの状態で
不動産を売却する方法です。


任意売却 大阪 兵庫 村角壮士


上記に加えて、

任意売却】とは、

最悪の事態【競売】を避けるために、
債権者】が、譲歩した不動産売却のスキームです。






★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

任意売却 事例①



41歳の男性 A様。

13年前に、ご自宅購入。

その後

1年前に、
会社をリストラされ、

ダブルワークして、
貯金をとり崩しながら生活。

しかし、限界で、
住宅ローンの支払いが困難になった。


借入先及び債権者



住宅ローンは、
住宅金融支援機構で借入。

関西市役所の固定資産税も滞納中。


任意売却の下準備 ~ 売却活動 ~ 債権交渉



(1)住宅ローン残債 2,800万円


任意売却をすすめるにあたり、

住宅金融支援機構から連絡があり、

(株)住宅債権管理回収機構が、
債権者の事務窓口になることが通知される。

住宅債権管理回収機構へ

A様のご自宅の周辺の写真と、
室内写真等を提出、協議の上

売出金額を1,980万円とした。


(2)売出価格 1,980万円

A様のご自宅の売却活動と

債権者(住宅債権管理回収機構と関西市役所)と
債権交渉を進める。

3か月後

購入希望者が見つかり、

弊社が調整役となり、

債権者と購入希望者、

そして

売主A様で、諸条件をすり合わせ、

1,900万で任意売却が成立する。


任意売却成立



(3)任意売却成立 1,900万
 
引越費用は、100万円確保

住宅ローン残債 2,800万円

任意売却成立 1,900万

※住宅ローン残債 - 任意売却金額 = 任意売却後の残債

2,800万 - 1,900万 = 900

ゆえに、
任意売却後の残債は、
900万
となります。


任意売却後の残債の900万は、

月々5,000円~15,000円を
支払っていくこととなりました。



※任意売却後の残債の支払いですが、

任意売却後、

任意売却されたご自宅以外に
大きな資産を所有されていなければ、

債権者としては、
基本的にとれる手段が少なく、

少額の支払い金額で
了承するケースが多いです。



とりあえず、

現段階で、A様は、
自己破産や法的整理を検討されず、
様子をみていく、とのことでした。

月々の支払が、困難なれば、
法的手続きを検討されることを

アドバイスさせて頂きました。

(良心的で融通のきく先生をご紹介可能です)

  
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

任意売却 事例②



65歳男性 建築関係 自営業 B様

サラ金のローンと
関西市役所の固定資産税、住民税を滞納。

ケガで入院後、仕事が激減して、
サラ金のローンを返済できなくなる。

奥様も病気を患っており、
近くの病院へ通院されていので、

現在のご自宅に住み続けたいとのこと。

借入先及び債権者



(1)サラ金ローン残債:1,500万円


(2)サラ金会社 UFCローンに
任意売却の意向を伝え、
B様のご自宅の調査を開始。



任意売却の下準備 ~ 売却活動 ~ 債権交渉






築30年の連棟式住宅で

前面道路が4m未満であることを報告する。


(3)債権者である UFCローンと協議、
交渉のすえ売出価格が500万に決定。


( 任意売却して、
しかも、ご自宅に住み続けられる・・・
そんな虫のいい話があるの? )


↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

そんな虫のいい話があります。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

(4)現在のご自宅に住み続ける方法
→ リースバックプラン方式



リースバックプラン方式



リースバック方式とは・・・

現在のご自宅を、
投資家に買い取って(大家さんになってもらう)、

投資家(大家さん)と
建物賃貸借契約を結び、

賃貸として、
現在のご自宅に住み続ける方法です。



任意売却の成立 ~ 決済



任意売却が、450万円で成立する。


リースバック方式にて         

家賃52、000円で
引き続き現在のご自宅に居住中。

その後、

B様は、奥様の病気の件もあり、
生活保護を受けることとなりました。

生活保護を受けるにあたり、
自己破産等の法的手続きの検討中。

自己破産が成立すれば、
民間の債務の支払いは免責となり、

支払いは、免除されます。


それでは、また!

今後とも宜しくお願い致します。

お気軽にご相談下さいませ。



↓住み続ける方法・リースバック方式について↓





↓リメイク版・本当は怖い税金の滞納↓




★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

⇒ 任意売却の流れ

⇒ 任意売却の事例

⇒ 任意売却後の住宅ローン残債

⇒ 住み続ける方法




⇒本当は怖い税金の話

⇒トランプ大統領に学ぶ、生き残り戦略


⇒任意売却事例サイト




⇒任意売却後、連帯保証人はブラックになるの?


⇒離婚した元嫁が、連帯保証人の場合


⇒任意売却とは ( 詳しく )

⇒任意売却のメリット ( 詳しく )



⇒個人的なブログ(職業感について)

⇒個人的なブログ①

⇒個人的なブログ②

⇒個人的なブログ③




★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

⇒お問合せフォーム




関西(大阪・兵庫・京都)の任意売却 住宅ローンコンサルタント
公認宅建業 大阪府知事(2) 第55725号 『ホライズンインベストメント』


◆ホームページ↓
http://www.horizonosaka.com/

◆任意場売却事例サイト↓
https://naniwatakkenn.com/

◆動画↓
・任意売却 ホライズンインベストメント チャンネル

◆公式facebook↓
http://goo.gl/2HWAi8

◆公式Twitter ↓
https://twitter.com/horizon_osaka







担当 村角壮士(むらずみ まさし)、
    宅地建物取引士

『大阪府堺市出身。町のお医者さんのような、不動産総合クリニックを目指します』