• 18 Oct
    • 10年ぶりに見えたか?アジアの頂(いただき)

       こんばんは。 今月は季節外れの秋の長雨の影響で天候不順な日が続いていましたが、今日は束の間の晴天でした。明日からは再び雨模様そして台風の動きが心配な週末となりそうですが、溜まった洗濯物を片付ける等、今日の晴れを有効に使う事は出来たでしょうか。 さて、シーズン終盤戦を迎えているプロ野球と、終盤戦に差し掛かろうとしているサッカーのJリーグ。 プロ野球の方はセ・パ両リーグそれぞれレギュラーシーズン上位3チームによるクライマックスシリーズのファイナルステージが始まりました。セ・リーグが広島×DeNA、パ・リーグがソフトバンク×楽天。どちらもレギュラーシーズンで優勝したチーム(広島、ソフトバンク)が10ゲーム以上の差をつけましたが、1勝分のアドバンテージがあるもののほぼリセットされた状態となり果たしてどんな結果になるでしょうか。個人的には地元が本拠地の楽天に頑張って欲しいのですが、もし日本シリーズに進出するような事になると、前にも書いた通りレギュラーシーズンのあの差は一体何だったんだ、って声が大きくなりそうで・・・・。 一方、サッカーの方はJリーグと並行してアジアクラブNo.1決定戦、アジアチャンピオンズリーグが行われています。 ここ数年Jリーグ勢の活躍があまり見られない大会でしたが、今回は10年前にアジアチャンピオンの座に就いた浦和レッズがセミファイナルに残りました。 久々にアジアの頂点に手が届く所まで辿り着き関門はあと2つ。まず最初の関門は上海上港(中国)。昨今、中国のクラブチームは潤沢な資金をバックに大物選手や監督をヨーロッパ等から呼び集めていますが(その割に代表チームに還元されていないのが不思議なのですが・・・)、このクラブも元ブラジル代表の選手が在籍しヨーロッパのビッククラブで監督経験がある人物が指揮を執っています。  アウエーでの第1戦を1-1のドローで切り抜けて迎えたホームでの第2戦。前半11分にラファエル・シルバ選手のゴールで先制すると、その後はディフェンス陣が相手の強力なオフェンス陣を抑えて1-0で勝利を収めました。 10年ぶりのアジアの頂点を目指すべく2月から始まった戦いも残る関門はあと一つ。相手はサウジアラビアのアルヒラル。久々に日本のクラブがアジアを制し、アジア代表として12月にUAEで開催されるクラブW杯で戦う姿を見たいものです。◎アジアチャンピオンズリーグ決勝日程第1戦 : 11月18日(サウジアラビア)第2戦 : 11月25日(日本・埼玉) 浦和が10年ぶり決勝へ=サッカーサッカーのアジア・チャンピオンズリーグは18日、埼玉スタジアムで準決勝第2戦が行われ、浦和が上海上..........≪続きを読む≫[アメーバニュース] 人気ブログランキング→ランキング参加中です。ポチッとクリックして頂けると嬉しいです。

      2
      テーマ:
  • 16 Oct
    • 春夏秋冬の順番が乱れている(ような気がする)最近の天気

       こんばんは。 夏が戻って来たかと思えば肌寒くなり、そして季節を飛び越えて冬枯れの冷雨・・・・。 半月過ぎた2017年10月の気候を端的に表現するとこんな感じでしょうか。 今年は暑くなるべき時期に暑くならず、過ごしやすい気候となるべき時期に気温のアップダウンが激しくしかも長雨と、地球温暖化による異常気象が叫ばれて久しいとは言え、何かおかしな天気が続いている2017年。 日本の四季は春→夏→秋→冬と言う順番になっているのは周知の事実です。ここ最近は春と秋が短いような気がしますが(これも地球温暖化の影響でしょうか。)、特に今年の天気は梅雨から夏、秋にかけてその順番が乱れている感じがします。こう天候不順な日が続くと果たして秋から冬にかけて順序通りに天気が引き継がれるのか心配です。 さて、では昨年の今頃の気圧配置、気温がどうだったのでしょうか。気象庁のHPから検索してみました。 まずは昨年の昨日(15日)、今日(16日)、明日(17日)の気圧配置から・・・。    小さくて分かり辛いかも知れませんが、日本列島を高気圧と低気圧が交互に出入りする秋らしい気圧配置となっています。(気象予報士試験的にはネタにし辛い気圧配置ですかね。) そして東京の最高気温は以下の通りでした。  15日:22.7℃ 16日:22.9℃ 17日:19.5℃ 17日以外は概ね平年並みの気温でした。(17日は天気が雨後曇だった事が影響したと考えられます。)少なくとも今日のような上着&マフラー等は必要ないような気温ですね。 そして今年の15日~17日の各日9時の気圧配置が以下の通りです。(17日は予想図)15日9時 16日9時17日9時(予想図) 日本の南海上に停滞前線が横たわり、中国東北部に寒気を伴っていると思われる高気圧があり、南に目を向けると台風の外側の等圧線と冬の入りと夏の終わりが同居しているような気圧配置になっています。秋らしい天気の訪れはいつになるのでしょうか。 そして日本のはるか南海上に発生した台風21号の動きにも注意をする必要があります。暫くは北上を続ける予想となっていますが、22日の衆議院選挙の頃に日本列島に接近する可能性もあるようで・・・。人気ブログランキング→ランキング参加中です。ポチッとクリックして頂けると嬉しいです。

      2
      テーマ:
  • 12 Oct
    • 事実をニーズに脚色された安手のニュースが賑わってるぜ Everybody!!

      こんばんは。 22日に投開票が行われる衆議院議員選挙が10日公示され世の中、すっかり選挙モードとなっています。選挙を行うに当たって大義がないとか、そもそも選挙に大義が必要なのか云々。そして、その考えは右だ、いや左だ。政党が分裂したり新しく出来たけど顔が見えない集団。様々な選挙模様を我々に見せつけて、と言うか晒して選挙戦が始まりました。  そして大義は無いと言いつつ、選挙が始まれば教育の無償化など聞こえが良い美辞麗句の数々・・・。本当に出来たら喜ばしいのですが、財源があるのか等を考えると実現性にに疑問符が付く公約も目立ちます。 ところで先日、某動画サイトを見ていたら今から約20年前に流行ったこんな歌詞の楽曲を久々に聞きました。当時はあまり考えずに聞いていた、最近の風潮を予言したかのような歌詞で始まります。ちなみに作詞は国民的アイドルグループを何組もプロデュースしているA氏です。 「右から左へ流れるように安手のニュースが賑わってるよ 事実をニーズに脚色されて・・・・・・・ すべてのものには値札が貼られてささいなプライド切り売りすれば愛でも夢でも何でも買える・・・・・♪♪」 そして曲のサビで 「・・・こんなに憂鬱な明日がやってくるなら・・・・♪♪」 最後の方で 「・・・・開けてはいけない扉もあるよ・・・・♪♪」  と 情報化社会となり簡単に情報を入手しやすくなったのは良いと思いますが、興味本位で首を突っ込んで全てを知って果たして幸せになるのかどうか。う~ん、ちょっと考えてしまいます。 ちなみに我が家の飼い猫(♂の方)も世の中の閉塞感を体現しているのか、飲んだくれ酔っ払ってビジネスリュックを降ろして道端で寝込んでいるサラリーマンのようになっています。(違う!!)人気ブログランキング →ランキング参加中です。ポチッとクリックして頂けると嬉しいです。

      5
      テーマ:
  • 10 Oct
    • 今日は銭湯の日だけど、以前は・・・

       こんばんは。 今日は銭湯の日って事で、さて銭湯に行ったのはいつだったかなあと思い起こすと・・・、さていつだったか?それくらい行っていないですね。 独身の時は近所に銭湯があったので、足の伸ばせるお風呂に入りたいと思い時々通っていました。結婚した当初はアパート住まいで、お風呂が小さかった事もあり近所ではありませんでしたが、自転車でスーパー銭湯に行った事もありました。ただ子供も生まれ一軒家に住むようになってからは、近くに無い事もあってすっかり足が遠のいてしまいました。   さて、10月10日は銭湯の日と言う事ですが、我々アラフィフ、アラフォー或いはその上の世代の方にとって10月10日はやはり「体育の日」ではないでしょうか。2000年にハッピーマンデー制度が制定され、若い方にとっては第二月曜日=体育の日で定着していると思いますが、10月10日と言えば1964年に行われた東京オリンピックの開会式が行われたと言うのは有名な話です。(小生はまだ生まれていませんが・・・。) そして10月10日が体育の日だった頃、根拠はないそうなのですが、その日は晴れる確率が高いとも言われていました。 1964年の時と違い夏真っ盛りの中で行われる2020年の東京オリンピックは、見る側にとっても競技する側にとっても過酷な条件で行われる可能性が高いと思われます。果たしてどんな大会になるのでしょうか。 ところで1964年10月10日、オリンピックの開会式が行われた時間帯(昼間)の気温は約20度だったそうです。一方、今日の東京の最高気温が28度で明日も同じくらいの気温になるとの事。夏が戻って来たかのような陽気が続きます。この時期にと首を傾げたくなりますが水分を十分に補給する等、熱中症に気を付けましょう。 天気図(下図は気象庁発表11日9時の予想天気図)を見ると、太平洋高気圧が日本の南海上で踏ん張っているようで、何もこの季節に踏ん張らなくてもと思ってしまうのですが・・・。君が踏ん張るのは     7月終わりから8月だろって・・・ ▼本日限定!ブログスタンプあなたもスタンプをGETしよう人気ブログランキング →ランキング参加中です。ポチッとクリックして頂けると嬉しいです。

      1
      テーマ:
  • 06 Oct
    • 桜の時期じゃないけれど、この時期にも届く「サクラサク」

       こんばんは。   今日は8月に行われた第48回気象予報士試験の合格発表でしたね。合格した皆さん、おめでとうございます。 小生は前回の第47回で「ようやく」合格しましたが、仕事中にこっそり合格者番号一覧のサイトを開いた時のドキドキ感は今でも忘れられません。自分の番号を見つけた時に小躍りしたくなった気持ちを抑えて仕事を続けたあの時の感動が。そして自分以上に合格の知らせを聞いてビックリした家族の表情が。 前に何度か書きましたが、試験の2週間前に仕事休み取って、  「YUZAWAが俺を呼んでいるぜ!!」 と言って家を出て朝一の新幹線に乗って日が沈むまで白銀の世界を満喫しただけに・・・・。  さて今回の試験の合格基準も併せて発表されていましたが、学科試験は一般、専門とも11問以上でした。問題を見ていないので何とも言えませんが、要項の基準通りだったと言う事で簡単でもなく難しくもなかった、過去問題で対策を取っていれば基準点はクリア出来る内容だったと言う事でしょうか。  一方、実技試験の合格点は満点の63%以上。第47回が68%以上でしたからその時よりは下がりました。実技試験はざっと解いていましたが確かに難しいと言うか、手を動かす場面が多い内容だなあと思いました。特に実技2の方でそう感じました。      さて、国家資格だけど使い道が・・・・な「気象予報士」と言うライセンス。この資格を取って実際に気象の世界に飛び込もうと考えている方もいれば、あくまで趣味で取ったと言う方もおり、小生のようにどっちつかずと言う方と様々な方がいらっしゃると思います。何れにせよせっかく勉強して合格した訳ですから、取り敢えず登録して欲しいなあと思います。(ちなみ小生の登録通知書は未だに返信用封筒の中に入ったままですが・・・。)人気ブログランキング →ランキング参加中です。ポチッとクリックして頂けると嬉しいです。

      2
      テーマ:
  • 03 Oct
    • 下剋上が起きたら面白いけれども・・・ レギュラーシーズン優勝の価値って?

       こんばんは。   今シーズンのプロ野球レギュラーシーズンも終わりを迎えようとしており、そして今月半ばからセ・パ両リーグそれぞれ上位3チームによる「クライマックスシリーズ(CS)」が始まります。  今シーズンは、セ・リーグの広島カープ、パ・リーグのソフトバンクがとにかく他球団を圧倒する強さを見せつけて、2位に10ゲーム以上の差をつけて早々とレギュラーシーズン優勝を決めました。優勝争いよりも寧ろ、セ・リーグではジャイアンツとDeNAのそれこそクライマックスシリーズ進出争い、パ・リーグの西武ライオンズと東北楽天ゴールデンイーグルスとの2位争いが終盤戦のハイライトとなりました。(西武と楽天の2位争いはまだ決着はしていませんが、2位は西武でほぼ決まりでしょう。) クライマックスシリーズが導入される前であれば、今シーズンのような展開は多くの試合がいわゆる「消化試合」となり、各球団の収入に大きく響くのですが、この制度が導入されて、そのような試合が減り恩恵を受ける球団が毎年出て来る訳です。更に下位チームが上位チームを撃破して頂点に上り詰める「下剋上」が起きると盛り上がりに拍車がかかります。過去に何度もそのようなシーンがありました。  でもちょっと待って下さい。レギュラーシーズンでは広島もソフトバンクも2位以下に大差をつけて優勝しました。今でも語り継がれている「10.19」や「10.8」のように最後まで縺れたのであれば「敗者復活」の道があっても良いような気がしますが、今シーズンのような展開でCSを開催するのが果たして妥当なのかと問われると、う~んどうなんでしょうかね。(小生の故郷を本拠地とする東北楽天が残っているので大きな声では言えないのですが・・・。) これで仮に3位のチームがリーグ代表として日本シリーズに出場する事になれば物議を醸す事になると思います。 上に書いた通り敗者復活とか、弱き者が強き者を倒して勝ち上がると言うシナリオに弱い我々日本人ですが、特に今シーズンは約140試合戦って勝ち取ったペナントの価値を例年より高く評価しても良いのではないでしょうか。レギュラーシーズン優勝チームにはCSの第2ステージで1勝分のアドバンテージが与えられますが、2勝ぐらいあげてもと思ってしまいます。 優勝チームが2位以下を10ゲーム差以上離して行われるクライマックスシリーズと言う名の「敗者復活戦」。どう思いますか?プロ野球ファンの7割がクライマックスシリーズを「不要」と思っていた 今年、プロ野球セ・リーグは広島東洋カープが2年連続8度目の優勝を決め..........≪続きを読む≫[アメーバニュース]人気ブログランキング→ランキング参加中です。ポチッとクリックして頂けると嬉しいです。

      4
      テーマ:
  • 01 Oct
    • 「早く来い来いスキーシーズン」からの~、第48回気象予報士試験問題を見て感じた事

       こんばんは。 今日から10月。今年もの残すところ後3か月となりました。週間予報を見ると、東京は週の半ばから気温が一段と下がるとの事。そろそろ半袖ともお別れ。長袖は勿論、上着が必要になるでしょうか。今年の夏が天候不順だった分、秋は良い天気が続いて欲しいですね。そして、その後にやって来るスキーシーズンで、今シーズンはどれくらい雪が積もるのか、そろそろ気になりだして来ているのですが・・・。  さて、気象予報士試験(第48回)の実技試験問題を見て感じた事を書くシリーズですが、今回は試験の実技試験オーラスを飾る実技試験2問3について。なお、実技試験に関しては今回が最終回となります。【3】問3 問1、問2で集中力が切れそうな問題が出た所でラストが局地的な内容が出題されると言うのはこれまでもありました。しかもその多くが関東地方。ネタにしやすいのでしょうか。 問題の内容が穴埋め的な、問1(1)で出題されるような構成なので試験が始まったらざっと問題を見て、前の2問と繋がりがあまり感じられないと判断できたら、この問題から手をつけると言うのもアリですね。(1)は図をよく見れば解答に手間取る事は無いのではないでしょうか。確実に得点を稼ぎたい所です。(2)も「落ち着いて」計算すれば解答出来ると言う事を考えると、落としたくない問題ですが、シアーラインの通過時刻を見誤るとその後の計算問題と繋がっているだけに全滅の可能性があります。(最初に手をつけたい問題と言ったのはこの為です。最後に残すと残り時間が少なくなって慌ててしまうので・・・。) なお、図12の見方は過去問でも出題されているので一度見直してみると良いでしょう。◎問3の参考になりそうな過去問題・平成26年度第1回(第42回)実技2問3・平成27年度第1回(第44回)実技1問3・平成25年度第1回(第40回)実技1問3                               と言う訳で、何度かに分けて今回の実技試験の個人的な所感を書いてみました。問題のタイプで得手不得手あるので一概には言えませんが、難易度は解答を求める際の作業量を含めて実技1はまずまず、実技2はやや難しいように感じました。合否のラインは要項に書いてある7割よりは下がるような気がしますが、今まで見た事が無いような図表や解答の仕方を求めるような問題は見受けられなかった事を考えると、極端に低くなるような事は無いのではないでしょうか。あくまで個人的な所感であり、学科試験のボーダーラインにもよると思いますが・・・。  今回も過去問題と似た出題パターンが多く見受けられたので、月並みですが、気象庁のHP等でたくさん天気図を見て過去問を何度も繰り返し解き傾向を掴む事と並行して、解答するスピードをどれだけ高められるかがポイントだと思います。人気ブログランキング →ランキング参加中です。ポチッとクリックして頂けると嬉しいです。

      2
      テーマ:
  • 29 Sep
    • プレミアムフライデーって何だっけ?からの~、第48回気象予報士試験問題を見て感じた事

        こんばんは。 今日29日は9月最後の金曜日。月末の金曜日?何かあったなあと頭の片隅にあった記憶を手繰り寄せ  プレミアムフライデーと言う名の「何か」があった事に気付きました。でも月末と言えば月締めの決算やら会社によっては半期or年決算と言う所もあるでしょうか。違う意味で「プレミアム」なフライデーだった方が多いのではないでしょうか。 そして、当初声高らかに宣言していた永田町の先生方も突如発生した解散と言う風に吹き飛ばされてそれ所ではない様子。予想はしていましたが、やはり定着しないんでしょうね。 さて、先月27日に行われた気象予報士試験(第48回)から約1か月経ちました。来月上旬に合格発表かと思いますが、受験された方で、来年1月に捲土重来を期す方はそろそろ準備を始める頃でしょうか。(もう始めていると言う方も多くいらっしゃるとは思いますが・・・。)  二度三度と受験された経験のある方ならご存知かと思いますが、前の試験と次の試験の準備期間は1月→8月よりもその逆の方が短いです。スタートはお早めに・・・。 その第48回の実技試験を見て感じた事を書くシリーズの続き。今回は実技試験2の問2について書きたいと思います。【2】問2 (1)500hPaトラフの位置と変化  500hPa渦度、高度図や水蒸気画像を見てトラフがどこにある かを描画すると言う設問は過去にも出題された事があります   が、今回は前者を見て初期~48時間後の位置と変化について 解答すると言うパターンでした。  500hPaトラフは、主には等高度線のくぼみ具合(曲率)や風向が示されていれば、くぼみ付近で風向が変化する箇所から位置を特定します。概ね南北に走向するイメージがありますが、今回は東西に走向する所からスタートしているのがミソです。設問②でトラフの様子と移動方向に関するついて問うているので、浅まるか深まるかや周辺の渦度移流を天気図を見ながらイメージすれば良いと思います。ただ、これはあくまで個人的な見解ですが、解答例に出ているような深まりが時間経過と共に明瞭に出ているかと言われると・・・な気もしますが。  実は小生、このトラフの位置特定が苦手でして・・・。時間に余裕があれば別ですが、問題を斜め読みしてハイ次の問題って感じで後回しにすると思います。 この手の問題に限った話ではありませんが、気象庁のHP等で多くの天気図を見てパターンを覚えるしかないのかも知れませんね。  (2)前線の位置と南下する速度 問1(4)で描いた閉塞&温暖&寒冷前線の推移と南下する速度を求める問題です。 設問①で地上の前線の位置を特定するのに必要な天気図は850hPa相当温位図なので、図10の24時間後(10日9時)、48時間後(11日9時)を使って東経140度と交差する緯度を求めます。等相当温位集中帯の南縁付近に地上前線がある事を念頭に置き、緯度10度分を定規で計った長さから緯度1度分の長さを割り出し、北緯30度或いは40度から南縁付近までの長さから交差する緯度を求めます。それと、日本の南海上にある停滞前線に相当する集中帯と間違わないようにするのもポイントです。解答例だと北緯〇度と限定していますが、多少の誤差もNGだとすると設問②にも関わる為、差が出るかも知れません。 設問②は前線の前24時間からの南下速度を求める問題です。初期時刻の前線の位置が北緯40度にあるので、24時間後に約3度分南下した事になります。使う数値は緯度1度≒111km、1ノット≒1.852km/h。緯度3度分動いたので24時間で約333km南下した事になります。時速に換算すると13.875km/h。 1(ノット):X(求めるノット)=1.852:13:875  X=7.49・・・・≒7(ノット)   となります。 「1ノット刻みで答えよ」と言う設問なので、上の数値を端折って計算すると約7.5ノットになる事も考えられますが、8ノットには達していないので7ノットが適切なんでしょうね。(思わず四捨五入しそうですが・・・。)    で、同じように24~48時間で緯度4度≒444km動いた事になるので、18.5km/h。1ノット≒1.85km/hだと綺麗に10ノットと出るのですが、1.852km/hで計算すると僅かながら10ノットに達しません。 う~ん、どう判断すれば良いのでしょうか。個人的には時間を節約したいので1ノット≒1.85km/hで計算すると思いますが・・・。 (3)南海上にある停滞前線の位置と南下する速度  トラフ描画に計算問題と、ここまでで既にヘトヘトの状態になりそうですが、今度は停滞前線に関する問題です。 設問①は(2)と同種の問題です。定規で丁寧に計って長さから緯度を導き出す事となります。  設問②は48時間後の地上天気図から遡って低気圧をトレースして様子を記述するのが良いと思います。 ・初期の状況→低気圧又は低気圧となる可能性のある気圧の         谷などの位置 ・その後の移動方向→具体的に方角を示す。 ・発達or衰弱→低気圧の気圧の変化で判断   設問③   北緯40度から南下する前線と停滞前線の関係性を問う問題です。天気図を丁寧にトレースしても良いのですが、時間が足りない状況だったら、停滞前線=あまり動かない→南下する前線の速度の方が速い→2つの前線の距離が縮まる、と直感で解答しそうな気がします。   トラフの描画に計算問題ときて最後に記述問題と、難易度はともかく作業量の多い問題構成で、この問題の出来不出来が合否の行方を左右しそうな気がしました。  次回は実技試験2問3について書きたいと思います。    人気ブログランキング→ランキング参加中です。ポチッとクリックして頂けると嬉しいです。

      テーマ:
  • 25 Sep
    • お彼岸からの~、第48回気象予報士試験問題を見て感じた事

      こんばんは。 ここ何回か先月行われた気象予報士試験(第48回)の実技試験問題に関して感想と言うか、思った事を書いています。今回は実技試験2について何度かに分けて書きたいと思います。◎実技試験21.ストーリー 時期は某年4月上旬の3日間で、北海道付近にある低気圧の推移、トラフの位置、日本の南海上に位置する停滞前線の推移、関東地方の風や気温の実況と良い言い方をすればバラエティに富んだ、悪く言えば各設問の繋がりが無くストーリーをイメージ出来ない問題構成となっています。 そして個人的には、大問が3問だと難解で苦戦した事が多かったと記憶しています。2.各問題【1】問1(1)穴埋め問題  前半は気象衛星画像から十種雲形を読み取り、地上 天気図から前線の種類や海上警報を埋める問題、後半は高層天気図から気温や強風軸と緯度の関係、更には寒冷渦の鉛直方向(500hPaと300hPa)の気温から圏界面の様子を問う問題となっています。一つ一つの設問は基本的な事を問うており、配点は小さいと思いますが(多分各問1点ですかね。)、出来れば満点を狙いたい所です。(2)気象衛星画像読取り  気象衛星画像から指定されている雲域がどの雲形かを選ぶ問題です。設問は単純ですが、例えば雲域CとかDはどこに属するか画像を見ただけでは迷うのではないかと思いました。そんな時は地上天気図を見るとヒントが隠させている事があります。雲域C付近には上層雲の一種である巻雲の記号があるので、それに気づいた方は解答できたのではないでしょうか。(3)高層天気図読取り 850hPa、700hPa図から各気象要素が読み取れるかを問うた問題です。 見たままを答えれば良い問題が多い中で、高気圧性循環の位置や相当温位の分布と言わずに「湿度」と置き換えた設問があるのが印象的でした。 高気圧性循環は風向が周辺と比べて不規則で時計回りに吹いている箇所ですが、解答例に幅が無いのでこれのみが正解だとすると差が出るかもしれません。 相当温位を湿度に置き換えた設問ですが、相当温位が南側は330K程度、北側が300K程度となっています。「相当温位が高い=湿っている」、「低い=乾いている」、「等相当温位線が混んでいる=勾配が急」と連想出来るかどうかでしょうか。(4)前線描画など 前線を位置を決める根拠となるのは850hPaの等相当温位線又は等温線です。 今回は850hPa相当温位図(図5)が12時間予想図しか提示されていないので等温線の混み具合で決めるのかと思いましたが、よ~く見ると、850hPa相当温位図(図5)は初期時刻8日21時に対する12時間後の予想図、つまり図5は9日9時の様子を示した天気図となりこの時の等相当温位線の混み具合で前線の位置を判断する事が出来ると思います。850hPa等温線が描かれている図4だと寒冷前線は何となく描画出来ますが閉塞している箇所や短い温暖前線を導き出すのは難しいのではないでしょうか。 また最後に湿数の分布の様子を問うていますが、解答例通りに答えるのは気づくかどうかと言う観点から見ると中々難しいかなと思います。  問1で差が付くとしたら解答に時間が取られるであろう事も併せて(4)辺りかなあと、個人的には思います。  今回はここまでです。次回は問2について書きたいと思います。 人気ブログランキング →ランキング参加中です。ポチッとクリックして頂けると嬉しいです。

      2
      テーマ:
  • 24 Sep
    • ワレ、ココヲ占拠シ寝床トスル!!

        こんにちは。  暑さ寒さも彼岸までとは言いますが、晴れれば外を歩いているとまだ昼間は汗ばみますね。でも空が高くなった気がするし、テレビ番組で温泉特集をやっていると行きたいなあと思うようになったり、本格的な「2017年秋」のシーズン到来も間もなくですね。  さて、我が家では2匹のネコ(♂♀の兄妹or姉弟)を飼っています。昨年春に譲り受けた猫なのでハッキリした年齢は分かりませんが、譲り受けた方から聞いた話から察すると恐らくもうすぐ2歳を迎えるネコです。(あくまで推定ですが・・・。)  昨年の夏は♂(オス)の方が死んでいるようにフローリングに仰向けになって寝ると言う、ああネコって暑いとこんな格好して寝るのかと、知らなかったネコの生態を見た気がしましたが、今年も引き続き同じような格好で寝ていました。ちなみにこんな感じです。   まるで警戒感ゼロ!!外にいるネコならあり得ない寝姿ですね。ちなみに♀の方は暑かろうと寒かろうとこんな寝姿です。ネコらしい、いたって模範的な寝姿です。  そんな我が家のネコですが、さすがに朝晩は肌寒くなって来たので温かい寝床にと毛布を出してあげました。昨春、我が家に来たばかりの時にも出したのですがその時の寝姿はこんな感じでした。  2匹くっつくように寝ていましたが、今年は・・・・ ♂の方が早速我が物顔で毛布を占拠していしまいました。この後も寝心地が良いのか、ここが「落ち着く寝床」とばかりに♀(メス)に譲る事無く一匹で寝ています。  昨年の今頃は二匹仲良く遊ぶ事が多かったのですが、今春辺りから互いに一匹で行動する事が多くなり、二匹で行動する時は決まって我が家を縦横無尽に走り回る「大運動会」(追いかけっこ)となります。 人間もそうですが、やはり年齢を重ねると自我が芽生えて単独で行動するようになるのでしょうね。もともと群れを作らない動物ですし・・・。人気ブログランキング →ランキング参加中です。ポチっとクリックして頂けると嬉しいです。

      1
      テーマ:

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。