1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2017-09-24 09:08:35

起きましたぁ~

テーマ:ブログ

昨日(というか、もう今日だが)は、結局、4時過ぎに寝て、8時には、もう起きたので、睡眠時間は4時間弱・・というところです。

何かをつくる気力が、まったく、おきなかったので、近くの製造工場で、定期的に買って来る、1箱530円なりのだし巻き玉子2切れを食べて、昨日の残りの「ソルティライチ」を飲んで、それが朝ご飯???

パンも、パック入りのご飯も、野菜ジュースも、ストックがなくて、あるのは、そうめんのみ。うううう、ゆでる気がおこらん、ゆで時間、たった2分だけど・・。スーパーはまだ開いていないし、コンビニに行く気にも、ならん。とりあえず、気力が戻り次第、遅めの朝食兼早めの昼食を、買いに行くことにしよう・・っと。

昨日の夜は、肉じゃがをつくって、ご飯にだし巻き玉子とみそ汁の夕食。肉じゃがには、肉とじゃがいもの他、タマネギに絹さや、シラタキを入れた。ニンジンは嫌いなので、入れない。

朝飯は、マック(イヤ、マクド)だった気がするが、よく覚えていない。た、多分、十中八九、マック(イヤ、マクド)だったと思うが、セブンイレブンで、サンドイッチを買ったような気も・・う~ん、認知症の初期症状か、オレ。

 

 

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2017-09-24 03:25:38

スイマセン

テーマ:ブログ

スイマセン、体調が悪く、ブログの更新、出来ておりませんでしたぁ~(涙)。

でも、「あさひなぐ」は、初日に観に行きましたが、平日の午後だったせいか、人の入りはイマイチでした。う~ん。土日に挽回で、是非是非、興行成績トップ10上位入り・・と、行きたいですね。よし、頑張ろうッ・・っと、でも、一体、何を頑張るの???

スイマセン、本当に、体調悪いので、もう、寝ます(涙)。

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2017-09-24 02:43:31

「あさひなぐ」

テーマ:映画

乃木坂46の西野七瀬が主演し、白石麻衣に伊藤万理華、松村沙友理、桜井玲香、生田絵梨花といった乃木坂46の面々が脇を固め、主題歌も乃木坂46の「いつかできるから今日できる」という、文字通り、乃木坂ファン御用達の、青春エンターテイメント映画である。もちろん、私も乃木坂46のファンなので、観ましたぁ~。ハイ、終わりッ。

・・と、まぁ、基本的にはそういうことですが、原作はこざき亜衣の人気コミックで、監督は「ヒロイン失格」等、数多く青春エンターテイメント映画を手掛ける英勉。また、「あさひなぐ」は、同じ乃木坂46の斎藤飛鳥主演で、舞台化され、映画とは異なる乃木坂メンバーが出演し、要は、乃木坂メンバーによる、映画と演劇の競作ともなって、おりまするぅ~。

えっと、一口でいうと、西野演じる、元美術部で、運動音痴の、ドジで、オドオド系の主人公・東島旭が、ほとんど勢いで入ってしまった二ツ坂高校のなぎなた部で、外見とは裏腹など根性で、過酷な稽古に耐え、次第にその本領を発揮していく様を、涙と笑いで描いた作品。原作を読んだわけではないが、文字通り、西野七瀬にドンピシャな主人公像なので、演技的な難もなく、また、その他の乃木坂メンバーも、適材適所の配置で、それぞれ、いい味を出しておりまするぅ~。

面白い。是非是非、その後の旭たちを描いた続編を、つくって欲しいと、マジ、そう思いました。そのくらいの出来。合格点。

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2017-09-21 23:58:49

ヨコハマトリエンナーレ(その5) 黄金町バザール VOL.2

テーマ:アート

今日は、前回とは逆に、京急黄金町駅で降りて、日ノ出町方向へ向かうが、ちょうど昼飯時なので、まずは「洗濯船」にて、腹ごしらえ。ここはごくフツーな、いわゆる、街の洋食屋さん。前回、入った時はホークソテーを食べたが、正直、ソコソコというか、フツーな味。その時、客の大半が、ハンバーグを食べていたのを覚えていたので、今日はその、ハンバーグ定食を、頼んでみる。う~ん、やはり、ポークソテー同様、ごくフツーの味だ。肉には、つなぎがタップリ。よく、亡母がつくってくれた、我が家のハンバーグの味だ。まぁ、懐かしいといえば、懐かしい。街の洋食屋さんだから、洋食なのに、これまた、ごくフツーに、ご飯にみそ汁、お漬け物がついて来る。800円。

VOl.2で初展示された作品を中心に、前回、観て、これはと思った作品も再訪し、すべての展示を観た(と、その時は思っていた)ので、スタンプラリーも無事終了となり、高架下スタジオSite-Aにて、景品と引き換える。景品は、な、何と、ジェイビー・デル=ロザリオと西井夕紀子による「黄金町クレイジーラブ」と題した、音楽のカセットテープ。この時代遅れぶりが何ともいえないが、生憎、我が家にはラジカセはなく、要は、ラジカセを買わないと、聴くことが出来ないテープである。う、うれしい・・かな???

でも、展示はすべて観たと思っていたが、家に帰ってから、バザールのパスポートを再チェックしていたら、松田直樹と河村るみのユニットによる、滞在型の展示「マツダホーム」を、まぁ~だ、訪れていなかったことに、気づいてしまった。会期は11月5日までだし、パスポートは何度でも使用可・・なので、後日、もう1度、再訪するか、どうするか、考え中。

 

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2017-09-21 09:45:17

「エル・ミラドール」20冊、仕入れました&・・

テーマ:ブログ

手持ち在庫がほとんどなくなっていた、2014年に出した拙著「エル・ミラドールへ、そのさらに彼方へ メソアメリカ遺跡紀行」(社会評論社、2600円+税)を20冊、版元から仕入れました。

「ラテンアメリカ探訪」等のイベントにも、持って行きますので、もしよかったら、買って下さい。

この本で扱うエリアの大半を占めているのが、メキシコで、周知の通り、彼の地では、2度におよぶ大地震の直撃を受け、多くの死傷者や被災者が出ています。復興支援を大声で訴えるのは、私のスタイルではないので、被災者になるべくダイレクトで、支援金なり支援物資が届く方法を、今、いろいろ、調べています。その支援金の一部に、この20冊の売り上げも、そっくりそのまま、加算するつもりです。

でも、支援のために本を買って下さいというのは、絶対イヤなので、もし、たまたま、拙著をまだ読んでいなくて、読んでやってもいいと思っている方がいたら、買って下さい。その際、アマゾンや書店で買うのではなく、私からダイレクトに買って下されば、その代金はそっくりそのまま、カンパに回します・・ということです。もちろん、消費税や本の送料は、私が負担します。

以下の個人のメルアドに、送付先等をお知らせ下されば、レターパックにて、随時、発送します。お代(2600円)は、本が届いてからの後払いで、結構です。どうぞ、よろしく。

土方美雄 hijikata@kt.rim.or.jp

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2017-09-20 01:37:45

売るのなら、書き込みはすんなよッ(怒)

テーマ:ブログ

夕方、所用があって、大森へ行った。その帰りに、駅前の西友の3階に移転したブック・オフへ。

ブック・オフは以前から、同じ大森駅前に、3フロアーの、結構、大型店舗をかまえていたが、ある日、突然、すぐ近くの西友に移って、本やCD・DVD以外に、フィギュアやおもちゃ、家電商品、古着に中古バック等も、幅広く、扱うようになったのだ。

欅坂46のファースト・アルバム「真っ白なものは汚したくなる」の2CDにDVD付きの初回限定生産盤(タイプA)が、定価のおおよそ1000円引きで置いてあったので、購入したが、近くのドトールで開けてみたら、歌詞のブックレットの最終頁に、購入者によるサインペンによる書き込みがあって、ちょっと、ガッカリ。まぁ、CDやDVD自体には何の問題もないのだが、売る気ならば、出来れば、書き込みはしないで欲しいなぁ・・と。

私は、何を隠そう(ブログ等で、そう公言しているので、何も隠してなどいないが)乃木坂46のファンで、彼女たちのCDやDVD、写真集等は、その、ほぼすべてを持っているが、欅坂46のCDを買うのは、これがはじめて。いえいえ、決して、断じて、浮気などではありませぬ(汗)。

ハイハイ、御年66歳のジジイです。気持ちワル・・ってか。

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2017-09-18 09:21:22

雑感

テーマ:ブログ

友人のTが、10.8山崎博昭プロジェクトの出す記念誌に原稿を書いたというので、このバカ高い本を、早速、申し込んだ。でも、記念碑(だったっけ???)をつくるというプロジェクト自体には、正直、あまり積極的に賛同する気が起こらないので、ゴメンナサイ。

あのころ、私はまだ高校に入りたてで、ベトナム反戦の志だけは、一応、持ってはいたが、運動に関わるようになったのは、もっと、ずっと後、一浪して、大学に入ってからのことだ。

今日の政治・社会状況や、この「国」の行く末を考えると、暗澹たる気分にならざるを得ないが、もう手遅れかも???と思いつつも、それに抗していくことと、記念碑を建てることが、私の中では、どうしても、結びつかないのだ。

そういえば、何でも、もうすぐ、巷では総選挙とかが、あるらしい。もちろん、安倍は、十分、勝てると思って、解散・総選挙にうって出るのだろうが、あれだけの悪逆非道をやっておいて、「国民」も、まったく、バカにされたものだ。でも、反対票の受け皿がない以上、本当に、そうなってしまう公算もあるのが、現状だ。この「国」は、本当に、もうダメなのかもしれないが、でも、あきらめたくはない。

だから、あくまで、闘い続ける。碑は、ひとりひとりの心の中に建てれば、それでいい。

 

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2017-09-18 06:36:04

「アンコール・ワットと癒やしの旅 カンボジアへ」

テーマ:ブログ

最近のガイドブックや紀行本は、たいてい、その主要なターゲットを、若い女性に絞っている。だから、美しいカラー写真をふんだんに使い、居心地のよいホテルやレストラン、カフェ、そして、お洒落なショップやスパ等の紹介は、その必須アイテム。しかし、私はそれらのいずれとも、ほとんど無縁なので、要は私の紀行本は、時代遅れなのだ。それは以前から感じていたが、最近、特に、強く、そう感じる。

カンボジアに関しても、私は「アンコールへの長い道」(新評論)と「アンコールに惹かれて」(社会評論社)という2冊の本を書いたが、いずれもたいして、売れていない。

昨日、ネットで検索し、中身を見ることなく購入した、矢羽野晶子さんの「アンコール・ワットと癒やしの旅 カンボジアへ」(イカロス出版、1600円+税)という本を読んでいて、彼女が紹介する遺跡以外の場所に、私はほとんど行ったことがないことに、愕然とした。大病をして、3度の手術をしてからは、行っていないが、ほぼ毎年のように通い続けてきたカンボジアにして、そうなのである。

この本で紹介するホテルやレストラン、ショップ等は、私のよく知っているシェムリアプやカンボジアとは、まるで、別世界だ。もちろん、シェムリアプなどの、発展途上の観光地は、1、2年行っていないだけで、ガラリと変わる。しかし、それだけでなく、たとえ今年行ったとしても、私は彼女が紹介するような場所には、まず、行かないだろう。相も変わらず、かつては老舗だった、老朽化して水回りに難のある、時代遅れのタ・プロームホテルに泊まり、オールド・マーケット周辺の、小汚いレストランで、雑踏を眺めながら、飯を食っているに、違いない。それが、所詮、私という人間に染みついてしまった、旅のスタイルであり、今さらそれを変えようとも思わないのだ。

しっかし、そんな私が評するのもおかしな話だが、同書はよく出来た旅のガイドブックである。矢羽野さんは、長く、現地に在住し、「クローマーマガジン」の編集長をつとめてきた人である。そうした人が書くガイドブックだから、駆け出しの女性ライターが書く類書とは、ものが違う。お薦めです。

しかし、私は、相も変わらず、たいして売れない時代遅れの紀行本を、これからも、きっと、書いていくことになるのかなぁ・・。何だか、悲しい。

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2017-09-17 09:50:14

「満月チーズ月見」と「チーズ月見」の違いがわからないッ

テーマ:ブログ

台風が近づいてくるらしいとのことで、3連休は、休養を兼ねて、家籠もり。明日は「敬老の日」とかで、私もせめて、娘には、「敬老」されたいなぁ・・と。

昨日は、夕食にマック(ハイハイ、総選挙で敗れたので、公式略称はマクド・・でした)で、月見バーガーを食べたが、「満月チーズ月見」とフツーの「チーズ月見」の違いがわからないので、店員に質問したら、主にパンとベーコンが違うと、あまり自信なさそうに、ゴニョゴニョ、いわれた。でも、フツーの「チーズ月見」にもベーコンは入っているので、要は、パンの違いか???なら、安い方がいいじゃんと思って、フツーの「チーズ月見」のセットにしたが、誰か、「満月チーズ月見」と「チーズ月見」の違いを、ご存じの方がいたら、私に教えて・・。えッ、違いが知りたかったら、「満月チーズ月見」を食べてみろ・・ってか。

ハイハイ、自主休養中で、特段、これといって、書くことがなくて、どーでもいい話で、ゴメンナサイ。

ちなみに、私は、大昔から、マック(イヤ、マクド)じゃなくて、バリバリのモス党なんですが、家の近くには、生憎、モスバーガーがない。わざわざ、バスか電車に乗って、モスに行く気もしないので、マック(イヤ、マクド)に行く。マック(イヤ、マクド)の隣にはケンタもあるが、私は、食べられないわけではないが、チキンが苦手。グアテマラでは、ホテルのレストランの今日の定食が、毎日、チキンで、気が狂いそうになった。

ハイハイ、これもまた、どーでもいい話ですねッ。

台風は、まぁ~だ、九州らしいので、午前中に、近くのスーパーに買い出しにでもいくか・・。

 

 

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2017-09-16 13:28:09

10月の「ラテンアメリカ探訪」

テーマ:ブログ

第153回ラテンアメリカ探訪のお知らせ

「『沈黙は破られた:16人のニッケイ』を日本で見る」

『沈黙は破られた:16人のニッケイ』はアルゼンチン史上最後の軍事政権期に「失踪者」 となった日系コミュニティ出身の16人とその家族を追ったドキュメンタリー。1983年の民政移管以降、とりわけ2003年の左派政権下において、「強制失踪」問題のさまざまな意味での「解決」を目指す動きが進展し、当事者や関係者、次世代の間での語りや議論が広がり、「二度と繰り返すな」「記憶・真実・正義」といったスローガンもひろく共有されてきた。その一方で、民主政権下でも強制失踪は発生しており、1976年3月24日のクーデターから41年を経た今年、また1人が新たに強制失踪の犠牲者となった(8月)。これがアルゼンチン内外で非常に大きな論争を呼んでいることが示すように、「失踪者」は現在の問題であり続けている。本作品はこの最もメジャーな争点のなかの「マイノリティ」に着目し、「日系失踪者」の存在がなぜ長らく知られず、語られずにきたのか、「沈黙 」していたのは誰なのか、その「沈黙が破られた」とはどういうことなのか、といった挑戦的な問いを、アルゼンチン社会やさらにその外に向けて投げかける。

発題=石田智恵(早稲田大学)
日時=2017年10月30日(月)午後7時~9時
会場=千代田区和泉橋区民館5階洋室D
JR秋葉原駅昭和通り口下車、駅前の昭和通りを岩本町方向に歩き、最初の信号を渡って右折。書泉ブックタワー隣り。駅から徒歩3分くらいの距離。
会場費=400円

予約等は不要です。9月25日開催の「9月のラテンアメリカ探訪」ともども、どうぞよろしく。

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。