ひげこうじの気ままなブログ。

人生楽しむことに決めました・・・。

日常の出来事、美味しい食べ物のこと等、
気ままに紹介していきます。
 (評価は★×9個以上が個人的なオススメです)

姉妹ブログ「ひげこうじの映画鑑賞録」もよろしく。
 (http://ameblo.jp/higekouji-english/)


テーマ:
「燻製屋ひげこうじ」

今回は、この食材を燻製にしてみました。

「ミックスナッツ」(+ピスタチオ増量)


{9481AB3C-D5A2-4868-9A24-9764F1B0C2A4}


”Emilyさん”

メモの用意は大丈夫でしょうか?(笑)



さて、ミックスナッツを燻製する場合、

面倒な下処理が不要なのが良いですね。


ナッツが下に落ちないように、

アルミホイルでお皿を作って、

その上にミックスナッツを並べていきます。


ピスタチオを燻製にすると美味しい、

と聞いたので、別途購入し増量しました。

{7AEBD5B2-3B04-4479-93F7-660E8A66511C}


スモークチップには、
”リンゴのチップ”が合うようですが、
用意が無かったので、”ヒッコリー”に、
少しの”ウィスキーオーク”を加えました。

今回は、”熱燻”という燻製方法で、
10分間で仕上げました。


{1BD3371D-89D2-4666-B8BC-91560559F04B}


出来上がりは、こんな感じ。

{5ACD3581-55BD-489C-B30D-DB3D553BAD4C}


注意すべきは、
出来立てを直ぐに食べないこと。
 
冷ましてからの方が、燻製が馴染んで
カリッと感がグッと増します。

{D36AD169-6B61-4155-9E0C-8DE4E56A7004}


ミックスナッツ自体が美味しいので、
燻製効果は本当にあるのか?

と思ってしますが、燻製により、
味わい深くなった気がします。


{7D36EBEC-B45F-46D5-8E46-86E343562D94}


[ミックスナッツの燻製]

 ■チップ:さくら+ウィスキーオーク少々

 ■燻製方法:熱燻

 ■燻製時間:12分(10分+2分)

 ■使用器材:スモークポット

 ■自己評価:8点




AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:
「燻製屋ひげこうじ」
 

今回は、この食材を燻製にしてみました。


「ハタハタの一夜干し」


{1300593F-452C-4F6D-9F11-F5E00A2F3381}

 


ハタハタは、頭の部分を切り落とし、

お腹の部分の掃除も兼ねて、

キッチンペーパーを使って

しっかり水分を取り除きます。


{81DA97F6-9262-427B-8989-1318DEDCAF6F}


スモークチップには、
まず”ヒッコリー”を使ってみました。

{9B42E590-63E4-4CA0-B58F-540AFB28EFCB}


しっかり水分を取り除いたハタハタを
きれいに並べて、燻煙の開始です。

{4F5153E1-2C2E-4408-AE6A-7AD5A05A306B}


今回は、”熱燻”という燻製方法で、
100度程度の熱めの温度設定にし、
10分間で仕上げるようにしました。

{2ABE2546-8F42-4914-9831-DEB133B4C415}


ハタハタは脂の多い魚なので、
燻煙中にその脂が下に滴り落ち、
一部のチップが焦げ付きましたが、
このように何とか仕上がりました。

{143D8991-B04D-40E3-AD0F-D191DD706CF9}


ちなみに、燻煙時に下面にした方は、
このようになっており、
上面とスモーク加減が異なります。

{79699763-78DA-493D-BD51-8AA45B9A343A}


今回は、前回の反省を踏まえて、
出来上がりから少し時間をおいてから
いただいてみました。

{391CEDC4-D72C-4A43-94BB-C4D06C187196}


噛みしめるとジュワっと脂が出てきて
なかなかの出来でした。

ハタハタ独特の匂いも、
燻製と合うように私は感じました。

普段は殆ど飲まない日本酒が飲みたくなり
「獺祭(50)」をいただきました。

{222FA020-F4CD-479D-AEE8-905178869982}


燻製とお酒って、凄く相性が良いので、
私でもお酒が愉しめる気がします。

{F53C3F1A-E5AE-43AE-86B7-E247FEB2A284}


残り半分のハタハタは、
"さくらチップ"でも作ってみました。

{E3336ED4-7E02-4C25-ADD9-86345DC62298}


こちらもええ感じにできました。

{0AF89BA7-67F4-4933-AD9B-8BDD5884E699}


2種類のチップを使いましたが、
どちらも大差なく良かったです。

{9C081923-84A6-405D-91BC-874EA00F6F41}


 

[ハタハタ一夜干しの燻製]

 ■チップ:ヒッコリー/さくら

 ■燻製方法:熱燻

 ■燻製時間:15分(10分+5分)

 ■使用器材:スモークポット

 ■自己評価:8点







AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:
いろいろな食材を燻す「燻製屋ひげこうじ」

その初回となる今回は、

比較的簡単で、燻製の良さを引き出せそうな

「味付け玉子の燻製」に挑戦しました。

{0A355160-0AB2-4BF0-BA58-C582EC5BE586}


卵は、ゆでたまごにした後、

丁寧に殻をむき、市販の”めんつゆ”に

2時間程浸しておきました。


{5494A050-9931-4199-9B9B-08CB8884118C}


燻製には、水分は”NG”のため、
キッチンペーパーでしっかりと

表面の水分を拭き取りました。


{C42CAD03-0D43-4F82-9077-7B0C7377CF22}


今回が初めての”燻製作り”なので、

”スモークチップ”の種類によって

どのような違いがあるのか比べるため、

2種類のチップを使い分けてみました。


まずは、代表的なスモークチップスである

「さくら」を使ってみました。


{3D5D875E-71E2-4B7A-8FE7-A33DD46F1398}


その”さくらチップ”は、このような感じです。


{9B112AE3-A84F-44DF-B561-974D514F9ED6}


使うチップの量は約10gにし、

それを”スモークポット”に敷き詰めます。


{00F261F5-F4EB-4CE3-99A9-07F2F781431E}


網の上に、味付けした玉子を

並べていきます。


{5C7B3FDB-9B5B-4C8E-8597-AD8056B8705B}


蓋をして、中火で7分ほど

温度管理(約60度)をしながら加熱し、

その後、火を止め、

約3分間そのまま燻しました。


{E3B7F667-5A6E-4C96-9588-DAB27485B041}


そして上蓋を開けると、

このように仕上がっていました。


{90484366-E473-4A53-85B1-0BB2990997F8}


まだ燻製していない右下にある

1個の味付け玉子と見比べると、

燻製した後の色合いの変化が分かります。


{F104A930-548F-4AD3-AA71-AC2D86298E80}


出来上がった”味付け玉子の燻製”は、

このようにできました。


{F2522BAF-E2EB-4B55-B5F6-C549285A3C2E}



半分に割ると、こんな感じです。

初めてにしては、まぁまぁの出来で

結構美味しくいただけました。


{29C0FD1A-D8E6-4D6C-B714-E7EC12C16D87}


 

残りの5個は、
様々な食材との相性が良く、
オールマイティーに利用することができる
”ヒッコリー”のチップを使ってみました。

{FF0C5BB2-A816-43A1-AE3F-3C6D417A5F2F}


見た目と香りでは、”さくら”との違いが
分かり難かったです。

{FEB7FF36-341F-44A1-AEBA-D44140BF5A6C}


今回は、試しに少しだけ時間を長めに
燻してみました。

{58DD60C2-5071-49B4-A314-784AF57ABB7B}


奥にある2個の玉子が初回のもので、
2回目のものが若干、表面がパリッと
少し固めに仕上がっていました。

{834B9580-4759-4CE6-BE5D-C010C60DCD0B}


出来上がりは、こんな感じでした。

{35FD74B8-A57F-4623-8A85-4BA46D9DC513}


”さくら”と”ヒッコリー”のそれぞれで
食べ比べましたが、”味付け玉子”には
”ヒッコリー”の方が合うように感じました。

{DE0364CD-C909-483E-88A6-DB87EE7A1E76}


家族も美味しい、と言ってくれましたが、
反省点や課題事項も色々出てきました。

その一つが、この焼き残ったチップです。

火加減や温度調整・管理が難しいです。

{675DF6CA-0598-494D-AB78-C70AE7F2F144}


それ以外にも、

食材の水分をしっかり取らないと、
煙の沈着が悪くなり、仕上がりにも
”ムラ”が出てしまいました。

卵を食材にする場合、
ゆでたまごの茹で加減も大事で、
黄身が半熟になるようにしたいですね。

あと、出来上がってから、どうしても
直ぐに食べたくなりますが、

燻製は少し時間が経ってからいただく方が、
熟成するというか、味と風味が馴染んで
美味しくいただけると感じました。

やはり”燻製”は、奥が深そうです。



[味付け玉子の燻製]

 ■チップ:ヒッコリー/(さくら)

 ■燻製方法:温燻

 ■燻製時間:10分(7分+3分)

 ■使用器材:スモークポット

 ■自己評価:7点






AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:
今日から10月の始まりですね。

早いもので、今年も残すところ3か月、
2017年が有意義な1年であったと思えるよう
私も、毎日を大切に過ごしていきたいです。

だから、という訳ではありませんが、
ずっと前から興味があり、やってみたかった
”燻製づくり”を始めてみることにしました。


{E426DE9E-25EF-4494-B88E-D3B0A10EAF41}


近所のホームセンターに行ってみると
このような”燻製コーナー”があったので、

{6C0C78B2-9A6F-4FED-950A-7AD54FC3012C}


まずは、

基本的な道具と材料を購入しました。


{E0D84DD8-8B6F-4732-8397-F711AED15669}


燻製の道具については、
中華鍋と網と蓋があれば、
それでも十分燻製ができるようですが、
折角なので、
この”スモークポット”を購入しました。
(購入価格:3,080円(税別))

{B9153E2A-93BD-4F59-B65F-E8AE943191AA}


燻煙材には、”スモークチップ”と、
”スモークウッド”があるのですが、

まずは、”熱燻”や”温燻”から始めるため
”スモークチップ”を購入することにしました。

燻煙材は、燻製する食材の種類や、
好みで色々な種類があるようですが、

まずは、代表的なチップである”サクラ”、

様々な食材との相性が良い”ヒッコリー”、

そして、ウイスキーが浸み込んだ香り高い
ホワイトオークの樽材から作ったチップで、
そのまま使うだけでなく、他のチップと
ブレンドすることで香りづけにも使えそうな
”ウイスキーオーク”、

の3種類の”スモークチップ”を購入しました。

{FBC15116-2661-4F86-A1EA-52E9EE18F1AD}


さあ、これから色々な食材を使って、
美味しい燻製を作っていきたいと思います。

でも、燻製はとても奥が深そうなので、
失敗することも多いでしょうが、その失敗も
楽しみに変えていきたいと思います。

{134DC800-10A2-4660-A383-2DD747659392}

 
そして、このブログでも、
新しいテーマ、「燻製屋ひげこうじ」を設け、
 
私の顔が燻製色に染まるほどの奮闘記を
発信していきますので、
宜しければ見てやってください。





いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。