英語保育のラーナロット代表

英語保育のラーナロット代表

的場衣織 のページ

今朝、2人の保護者から立て続けに感謝の声を頂きました。1人は「ラーナロットでしか褒めてもらえない。ほんとに有難い」と。もう1人は、「ラーナロットで褒めて育ててもらっているから、自己肯定感が育っている」と。

↑いっぱい褒められて育つ子どもたち


ラーナロットの価値は、英語を学べるだけじゃない、ということがお客様に伝わってるんだな、と朝から嬉しい気持ちになりました。現場のスタッフの子どもへのポジティブなアプローチに感謝です。




私が大好きなこの本の最後に、ビリギャルの坪田先生が人を評価する方法は、3通りあると言っていました。

①Doing(行為)を評価する。

②Having(地位や持ってるもの)で評価する。

③Being(あなたが何をしようが、どんな状態であろうが、ただ生まれてくれて、ここにいてくれることが、嬉しい)という評価。


小さい頃はBeingで褒めていたのに、だんだん成長するにつれ、「厳しくしつけなければ」「他人に迷惑かけないように」「褒めると調子に乗る」と、DoingやHavingだけで評価しBeingで評価することを忘れてしまう。実際、親に褒められることがない、と言う高学年の生徒は多数いる。



坪田先生は、子どもに対してポジティブな声がけとBeingでの評価を実際に伝えていき、子どもとの信頼関係を築くことで自信安心感を育てるべきだと言っています。どうせ世間に出ればDoingとHavingでしか評価されないんだから。



私たちがラーナロットでやっている海外流のポジティブな声かけを見て、保護者の方がそれを家庭でも実践し、1人でも多くの子どもが自分に自信を持ち、自己肯定感を育くんで欲しいと思う。



そういう自信と安心感を持った子が、世界に羽ばたきチャレンジしていける人材に育つと信じています❗️




**

 

 

私、的場衣織について

 

娘との英語子育て・親子留学で出会ったアメリカの幼児教育を実践する道東初のインターナショナルプリスクール「ラーナロット帯広・釧路」代表。
 
”I am special.”と言える子どもを増やす!をモットーに、自信を育むグローバルな視点での子育てを広めるためのスクール運営と情報発信をしています。
 

0歳から通えるインターナショナルプリスクール・ラーナロットについて】

 

ホームページはこちら

Facebookはこちら

Instagramはこちら

 

 

*プリスクールの日常を更新中!




うちの娘は、


留学したり、




イベント主催したり、




スピーチしたり、




音楽やったり、




個性的で目立つ活動が多いからか、



私の個性を伸ばす子育てとか、教育に共感してくれる人は多い。



子どもの個性を伸ばすには、まずその子のことをよく知ることが大事と思ってる。



いつも一緒にいる親でも子どものことって、意外に知らない。



子どもを知るには、子どもをよく観察して、話を聞いて、知る努力をする必要がある。



子どもを観察する。



子どもが何かしてる時、何も言わず観察する。



これ、意識してないと結構難しいのだ。



子どもが実験めいたことをしてると、


「あー、危ない!」とか、


汚いことしてると、


「あー、汚れるー」とか、


くだらないことしてると、


「そんなことより、これしたら?」とか、


見てると、とにかく口も出したくなるのが親。


でも、子どもが自分の意思で始めたことに熱中してる、その瞬間が、子どもの個性が一番育ってる時で、親であっても、その子の内側から出る「個性」のエネルギーを止める権利は無いと思っている。


子どもの話を聞く。


これも、難しい。


経験豊富な親は、未熟者の子どもに色々助言をしたくなる。


でも、いいじゃないか。


失敗したって。


私たちが考える「枠」から外れてたって。


それが個性を育てる、ってこと。


他の子と比べたり、


大人の狭い価値観の中で否定すると、


個性は育たない。


どの子にも、ありのままの姿で、


その子が最大限輝ける舞台があると信じてる。


大人がその子の個性を知り、受け入れ、認めることで、その子自身も自分自身の個性を知り、受け入れ、認めることが出来る。


そうなったら、怖いものはない。


個性を武器に生きて行けるんだ。




**

 

 

私、的場衣織について

 

娘との英語子育て・親子留学で出会ったアメリカの幼児教育を実践する道東初のインターナショナルプリスクール「ラーナロット帯広・釧路」代表。
 
”I am special.”と言える子どもを増やす!をモットーに、自信を育むグローバルな視点での子育てを広めるためのスクール運営と情報発信をしています。
 

0歳から通えるインターナショナルプリスクール・ラーナロットについて】

 

ホームページはこちら

Facebookはこちら

Instagramはこちら

 

 

*プリスクールの日常を更新中!




プリスクールのオーナー会議に出席するため東京にきました。

前日夜は娘と渋谷へ。


久しぶりに先輩オーナーたちの話を聞いて、どのスクールも同じ悩みを持っているんだなぁ、と気持ちが楽になったり、グローバル化にA.I.時代、益々英語力とクリエイティビティーが大事!って改めて熱くなったり、有意義な会議でした。


やっぱり仲間がいるっていいなぁ。


一緒に来た娘は一人で電車に乗って志望校の入試体験会へ。娘が取り組んだ入試問題(社会科)は、裁判員になったつもりで、この事件の被告人が有罪か無罪か理由とともに述べよ。裁判員制度についての自分の意見を述べよ。というもの。



小さい頃から、「自分の意見を言える」ということを常に意識して子育て・教育してきた甲斐あって⁉️、こういう系が大得意な娘は、とにかく楽しかったーー!とニコニコ笑顔で帰って来ました。


入試を楽しむ人って、そう居ないよね(笑)


幸せな子だなー、って思うけど、


それは、


内申点で学校を選ぶんじゃなくて、この子に合った学校は?この子が輝ける学校は?という視点で学校選びをしてきたからだと思う。


2人で色んな学校を見て回って、その学校の理念や校長先生の考えを聞いて、共感する、自分に合ってる、と思える学校を選んだから。


だから入試すら楽しめる。



合格するといいね😊



**

 

 

私、的場衣織について

 

娘との英語子育て・親子留学で出会ったアメリカの幼児教育を実践する道東初のインターナショナルプリスクール「ラーナロット帯広・釧路」代表。
 
”I am special.”と言える子どもを増やす!をモットーに、自信を育むグローバルな視点での子育てを広めるためのスクール運営と情報発信をしています。
 

0歳から通えるインターナショナルプリスクール・ラーナロットについて】

 

ホームページはこちら

Facebookはこちら

Instagramはこちら

 

 

*プリスクールの日常を更新中!







娘が通うボーカル教室の先生がクラウドファンディングで資金を集め、大きなライブイベントを開催しました。



そして、なんと娘にも、プロの歌手Rihwaさんと同じステージに立てるチャンスを与えていただきました。




中学生でそんなチャンス有り得ない!ということで、なんとしても自分のオリジナル曲で頑張りたいということで、娘は曲作りに励み、当日、この日のために作った全編英詞の新曲を披露しました。英詞のオリジナルソングは2曲目。英語の先生の私でもすごいなぁ、と思います。




私に一切聞かないで作るから、分からない英語とか無かったの?って聞いたら、「とどめを刺す」が分からなくてGoogleで調べたって。さすが思春期K☺︎N☺︎ワールド🙀


まぁ、でも、好きな歌と英語を掛け合わせて使ってくれてるのが嬉しいし、こんな風に自らやりたくてやる勉強が一番身になると思う。



ライブ後、Rihwaさんと記念撮影❤️


ちゃっかりサインをもらってきちゃいました。


先生、Rihwaさん、素晴らしい機会をありがとうございました😊



**

 

 

私、的場衣織について

 

娘との英語子育て・親子留学で出会ったアメリカの幼児教育を実践する道東初のインターナショナルプリスクール「ラーナロット帯広・釧路」代表。
 
”I am special.”と言える子どもを増やす!をモットーに、自信を育むグローバルな視点での子育てを広めるためのスクール運営と情報発信をしています。
 

0歳から通えるインターナショナルプリスクール・ラーナロットについて】

 

ホームページはこちら

Facebookはこちら

Instagramはこちら

 

 

*プリスクールの日常を更新中!


所属している十勝キャリアデザインネットワークの仲間と一緒に、毎年子どものキャリア教育講座を行っています。


保護者向けシンポジウムと、


子ども向けワークショップ。


ワークショップを担当するのは、2人とも教育関係の仕事を持つママ友です。

いつものコンビ❤️

私たちがやってる講座は、学校の授業のような先生の話を聞く授業ではありません。考えたことを発表したり、意見を交換したり、アイデアを出し合ったりして、自分と相手の違いを認識したり、自分の意見を言う楽しさ、自由な発想が認められる喜びを体験し、従来の偏差値や学校の成績評価とは別の、これからの学力を育てようとしています。


今回、私の講座では、テレビ番組「北海道独立宣言」に出ていたさとるサンバさんに来てもらいました。

トレードカラーのオレンジ🧡


小学生たちがブレストゲームや商品開発会議に挑戦し、アイデアを出しまくって頭をフル回転させましたが、サンバさんのユーモア溢れるリアクションや子どもたちとの交流のお陰で、大人も子どもも終始笑いが絶えない時間になりました。





みんな本当に楽しそうでした😆


「先生」と呼ばれる人だけじゃなくて、色んな大人に出会い、自由に夢を語れる場をつくりたい。そんな思いを実現できました。


サンバさん、ありがとうございました!



**

 

 

私、的場衣織について

 

娘との英語子育て・親子留学で出会ったアメリカの幼児教育を実践する道東初のインターナショナルプリスクール「ラーナロット帯広・釧路」代表。
 
”I am special.”と言える子どもを増やす!をモットーに、自信を育むグローバルな視点での子育てを広めるためのスクール運営と情報発信をしています。
 

0歳から通えるインターナショナルプリスクール・ラーナロットについて】

 

ホームページはこちら

Facebookはこちら

Instagramはこちら

 

 

*プリスクールの日常を更新中!





先週は担当してる高学年クラスの参観日でした。

ラーナロットの参観日は、私のこだわりで保護者に授業を"観覧"してもらうんじゃなくて、"参加"してもらっています。観覧って子どもにプレッシャー与えるだけで、子どもが一番嬉しくて楽しいのって、親が一緒に参加してくれることだと思う。外国人の先生の話を理解しようと一生懸命耳を傾けて、一緒に活動してみる。すると親と子が同じレベルに並んで一緒に学びを楽しむ同志になれると思うのです。

↑親子一緒に座る参観日


今年は、親子でブレスト(ブレインストーミング)してもらいました。ブレストのいい所は、自分の意見には正解・不正解がないということ。「出てきたアイデアを絶対に否定しない」というルールを伝え、パパの参加も多く色んなアイデアが沢山出てきた。




今回はたった3分間のブレストだったけど、こういうことを家庭では毎日やって欲しいと思う。最初は簡単なことから。徐々に"対話"が出来るようになってくる。自由に発言する楽しさ、意見を交換する楽しさ、絶対に否定されない安心感。毎日それを実体験することで、自分の考えを持ち、自分の意見を言える子が育つと思う。

**

 

 

私、的場衣織について

 

娘との英語子育て・親子留学で出会ったアメリカの幼児教育を実践する道東初のインターナショナルプリスクール「ラーナロット帯広・釧路」代表。
 
”I am special.”と言える子どもを増やす!をモットーに、自信を育むグローバルな視点での子育てを広めるためのスクール運営と情報発信をしています。
 

0歳から通えるインターナショナルプリスクール・ラーナロットについて】

 

ホームページはこちら

Facebookはこちら

Instagramはこちら

 

 

*プリスクールの日常を更新中!

東京最終日。
娘がアメリカ大使館・開発教育協会主催のGirls Unlimited Programに参加。



その間、私は貸しスタジオでグランドピアノを弾いてきました。東京には便利な場所があるなぁ(笑)




今回の旅の中で、娘と色々対話が出来た。思春期には貴重な母娘2人だけの時間。改めて、すごく自分を持ってる子だな、と感じる。自分の意見を言うだけでなく、なぜそう思うのか理由を述べて、そこから話を広げる事が出来る。驚いたのは、相手や場所によって言葉選びや声の大きさ、トーンまで考えて話してると言う。大人でもなかなか出来てる人はいない。経験値、そしてインプットしたら必ずアウトプットする習慣の賜物。


私は子育ての中で「対話」をものすごく大事にしてる。会話じゃなくて対話。出くわした人や出来事からの気づきや感じたこと、考え方や生き方まで。頭の中から自分の考えを取り出し、言葉にして、それをお互いに交換し合う作業。多分日本人は一番苦手な分野。日常生活から離れる時は対話の絶好の機会。だから母娘旅を何よりも優先している。


親子の対話は、親の方から子どもと対等な立場に降りていかないと出来ない。親だからと上から目線で話したり、親の常識から外れた子どもの意見を否定していたら絶対その子の心は開かない。考え方が違っていても、それを受け入れ一人の人間として認める。


そして、親自身も心を開いて自分の価値観を伝える必要がある。そのためには、私自身が自分の内側にぶれない軸や信念を持って自分の考えを持ち人生を生きていなければならない。娘との時間から学べることがハンパない。





**

 

 

私、的場衣織について

 

娘との英語子育て・親子留学で出会ったアメリカの幼児教育を実践する道東初のインターナショナルプリスクール「ラーナロット帯広・釧路」代表。
 
”I am special.”と言える子どもを増やす!をモットーに、自信を育むグローバルな視点での子育てを広めるためのスクール運営と情報発信をしています。
 

0歳から通えるインターナショナルプリスクール・ラーナロットについて】

 

ホームページはこちら

Facebookはこちら

Instagramはこちら

 

 

*プリスクールの日常を更新中!

東京3日目。
娘が大好きな増田セバスチャンの個展を観に六本木ヒルズの美術館へ。



ガラクタがこんなに可愛いアートになるなんて!


↑なんと誕生日プレゼントにこちらをゲット



そして同じく開催していた塩田千春展もすごかった。作品と一緒に書いてある文章も含めて、タイトル通り「魂がふるえる」作品ばかりで、とにかく圧倒されました!








夜は、関東のプリスクールオーナー達と一緒に東京ドームでアメリカンフットボールの試合観戦。



試合後、カッコいい外国人選手達とも交流出来て娘は大満足😍





帰り道、英語話せて良かったねーって娘に話してたら、「もっと上手になりたいから練習する」ってホテルに戻ってもずっと英語で喋ってる。こういう原体験が人を動かすんなぁ、、と思う。


**

 

 

私、的場衣織について

 

娘との英語子育て・親子留学で出会ったアメリカの幼児教育を実践する道東初のインターナショナルプリスクール「ラーナロット帯広・釧路」代表。
 
”I am special.”と言える子どもを増やす!をモットーに、自信を育むグローバルな視点での子育てを広めるためのスクール運営と情報発信をしています。
 

0歳から通えるインターナショナルプリスクール・ラーナロットについて】

 

ホームページはこちら

Facebookはこちら

Instagramはこちら

 

 

*プリスクールの日常を更新中!




東京に来ています。
1日目は、留学に興味がある娘と生徒を連れてアメリカ留学EXPO🇺🇸へ。



沢山の大学のブースが立ち並ぶ中、私が18歳から2年間通ったLewis-Clark State Collegeのブースを発見!途中で別の大学に編入したので卒業生ではないけど、懐かしさいっぱいで写真撮影🤳




2日目は、中3の娘の進学のため高校のオープンキャンパスへ。



ここは、今まで沢山見てきた中から、娘がもう一度訪れたいと絞った学校の中の1つ。個性を伸ばす教育理念と21世紀の生きる力をつけるプロジェクトベースの学びを実践しているユニークな学校で星野源さんの母校でもあります。体験授業では英語の詩を作ってきた。題名はやっぱりmusic。



どの科目も普段の授業は作品作りがメインらしく、自分を表現することが好きな娘は、こういう学びがしたい!と喜んでいた。個別相談で、校長先生に北海道から来た理由を「お母さんがやってる教育と同じ」と言ったらしい😆


アメリカの大学も、この高校も、学ぶ目的を学生自身がじっくり考えられるような仕組みになっている。全員が同じテストを受けて点数で序列される「受験」が目的になっている今の日本の学校教育以外にも、色んな教育、学びがあることを知り、自分に合うものを自分で選択して欲しいと思います。



**

 

 

私、的場衣織について

 

娘との英語子育て・親子留学で出会ったアメリカの幼児教育を実践する道東初のインターナショナルプリスクール「ラーナロット帯広・釧路」代表。
 
”I am special.”と言える子どもを増やす!をモットーに、自信を育むグローバルな視点での子育てを広めるためのスクール運営と情報発信をしています。
 

0歳から通えるインターナショナルプリスクール・ラーナロットについて】

 

ホームページはこちら

Facebookはこちら

Instagramはこちら

 

 

*プリスクールの日常を更新中!

最近、東京から十勝に移住または訪ねてくる若い人たちが増えています。彼らは、堀江貴文イノベーション大学校(ホリエモンのオンラインサロン)の仲間たち。


ホリエモンが十勝・大樹町からロケット🚀を打ち上げていることから、これから大樹町がすごい街になる!移住するなら今だよ!と常々言ってるから。地元民としては、注目され活性化するのは大歓迎です!



ホリエモンがプロデュースしたレストラン「蝦夷マルシェ」で、東京大学の先生のプレゼンを3本も聞き、新規事業に使うドローンに触れさせて頂く貴重な体験をしたり、、、



大樹町でパン屋オープンを目指したり、大規模フェスを企画する若者グループが視察に来たり、、


そのたびに声をかけてもらえる幸せ❤️


オンラインで作った人脈をオフラインで深める。そういう時代だな〜と思うと、実際に「会いたい」と思ってもらうために、自分は相手に何が提供できてるんだろう?と内省せずにはいられません。


自分の魅力とは?(もちろん外見じゃなくて中身の話です) 会ってガッカリされないように、自分を磨き続けなきゃ!


**

 

 

私、的場衣織について

 

娘との英語子育て・親子留学で出会ったアメリカの幼児教育を実践する道東初のインターナショナルプリスクール「ラーナロット帯広・釧路」代表。
 
”I am special.”と言える子どもを増やす!をモットーに、自信を育むグローバルな視点での子育てを広めるためのスクール運営と情報発信をしています。
 

0歳から通えるインターナショナルプリスクール・ラーナロットについて】

 

ホームページはこちら

Facebookはこちら

Instagramはこちら

 

 

*プリスクールの日常を更新中!