ハロプロから学ぶ!個性を引き出す女性社員の育て方・活かし方(適材適所)|女性スタッフの人材育成・接客研修ならキズカスカンパニー

ハロプロから学ぶ!個性を引き出す女性社員の育て方・活かし方(適材適所)|女性スタッフの人材育成・接客研修ならキズカスカンパニー

モーニング娘。をはじめ数々のグループを輩出してきたハロプロ。女性だけで構成されたグループ(組織)の能力をどのように伸ばすか? 人材育成25年の経営コンサルタントが、ハロプロの各グループやメンバーを取り上げ、マネジメント方法についてお伝えしていきます。

女性社員・スタッフさんの育て方がわからない
経営者・リーダーは「ハロプロから学びなさい!」

女性だけの組織づくりと人材育成の専門家
キズカスカンパニーの加藤です。

*****************************************

明けましておめでとうございます。
本年も引き続きよろしくお願いいたします。

コロナの影響で、昨年4月に新卒で入社された方の中には、
新人研修から現在まで、ほとんど出社することなく、
リモートでいらっしゃるかも知れませんね。

先輩や上司から仕事を直接教わる。

これまで当たり前だったことが、激変した2020年。

2021年に入り、今後どのように変わっていくか?

と言いつつ、まずは資本であるご自身の身体を
守ることを最優先に考えることが大切ですね。

さて今日は・・・
『【リーダーとしての評価は、後で決まる】
モーニング娘。譜久村聖さん。高橋愛さん。』

と題してお送りいたします。

更新頻度が多くないため、長文になりますが、
お時間のある方は、お付き合いいただければ幸いです。

では、続けます。

「最高のリーダー」と「最悪のリーダー」

初めて出会った瞬間だけでは、決められません。

人によっては、単に容姿だけで好き好きを
判断される方もいらっしゃいますが・・・(笑)

リーダーの評価は、時間や人と人が接する時間が
多くなるほど【良い】【悪い】のどちらかに
判断されます。

すべて結果で評価されるのが【リーダーの仕事】
でもあり【リーダーの責務】です。


モーニング娘にも、注目度(人気)が低迷し、
売上が落ちてしまった【不遇の時代(期間)】が
ありました。

今でこそ、スキル集団だった【プラチナ期】と言われ、
その期間、リーダーを任されていたのが、現在
タレントとしても活躍されている【高橋愛】さんです。



右側が、元リーダーの【高橋愛】さん。
左側が、元リーダーの【譜久村聖】さんです。

1997年9月14日のグループ結成から、23年以上続いています。

会社やお店、もちろんモーニング娘さんも、長く続けば
【栄枯盛衰】を経験することになります。

これまでのモーニング娘の系譜の
関連記事はコチラ(出典:rockinon.com)

https://rockinon.com/news/detail/187864

モーニング娘が低迷期していた時。

メンバーが、手を抜いていたのが原因なのか?

グループのリーダーである高橋愛さんの実力不足が
原因だったのか?

上記の記事にあるように、低迷していた時、
【腐らず】【やるべき事をやってきた】からこそ、
現在がある。

「頑張っていれば、いつか結果が出る」

それを信じて・・・。


コロナ禍の今。

会社でリーダーを任されている方の中には、
「頑張っていれば、いつか・・・」
この言葉を口にした方もいらっしゃるかも
しれませんね。

しかし、部下からしてみれば・・・

「じゃあ、それって(結果が出るのは)いつなの?」

と言われても、明確な答えなどありません。

きっと当時の高橋さんも、そんな気持ちを日々抱えながら
各メンバーを説得し、引っ張っていたのではないか?

そう感じます。

明確な結果が出ないのに、部下(メンバー)を
引っ張り続けることって、本当に辛いんです。

これまで仕事を通して、特に20代の方には・・・

「一度でいいから、リーダー職を経験してください」

とお伝えしています。

・自分が頑張っているのに、結果が出ない。

・部下の何倍も頑張っているのに、部下がついてこない。

・最後には「部下の出来が悪いから結果が出ない」と
 口にしてしまい、部下の誰からも信頼されなくなる。

そんな【むずがゆさ】を経験してみると、
リーダーの抱えるプレッシャーが分かると
思うからです。

自分で経験しないと、リーダーののしかかるプレシャーなど
理解はできません。

高橋愛さんは、グループを引っ張るリーダーとして、
また、グループのセンターとして・・・

【最高のリーダー】

ではないでしょうか?


「高橋愛さん」が先日更新されたブログには・・・



譜久村さんに対して・・・

「ほんまに、偉大なリーダーです」と書かれていました。

これを読んで・・・

「いやいや。高橋愛さんこそ、偉大なるリーダーです!」

と突っ込みを入れてしまいました。

20年以上続くグループを支えてきた
【偉大なるリーダー】の一人でもある、
高橋さんのスピリッツを受け継いだのが、
現リーダーの譜久村聖さん。

直接、先輩の背中を見て育った後輩は、
良い面も悪い面も鏡として目に映ります。

【良いリーダー】について教わった人は、
【良いリーダー】になる素質があります。

反対に・・・

【出来の悪いリーダー】についていた方は、
【悪い手本】をそのまま受け継いでしまいます。


ある日、部下(メンバー)から・・・

「リーダーが、◎◎さんでよかったです!」

と言ってもらえたら、それがリーダーとしての
本当の評価です。


高橋愛さんは、最高のリーダー。

譜久村聖さんさんも、最高のリーダー。

モーニング娘の次のリーダーは
誰になるか?

ついつい期待してします。

会社やお店が長く続くのも、
そこに【良いリーダー】が居るからこそ。

皆さんの会社やお店に・・・
「〇〇さんでよかった」

そんな言葉が出てくるリーダーは
いますか?


今日はここまで。

最後までお読みいただきありがとうございます。

*************************************

■事業内容のご案内■


















女性社員・スタッフさんの育て方がわからない
経営者・リーダーは「ハロプロから学びなさい!」

女性だけの組織づくりと人材育成の専門家
キズカスカンパニーの加藤です。

このブログは、長年採用面接の責任者として【1万人以上】、
人材育成トレーナーとして【5000人以上】のスタッフを
育ててきた【人材育成のプロ目線】で綴っております。

ハロプロファンの皆様とは、違った目線でメンバーを考察し、
将来を予測した内容になっています。

*****************************************

前回の更新から少し時間を空けさせていただきました。

その理由は・・・

船木結さんが卒業され、身近にいたメンバーに
どんな心境の変化が起きているか?

ずっと一緒に過ごしてきた時間が長かったからこそ
離れてみて気づくことも多いからです。

ということで今日は・・・
『【離れてみて気づく大切な存在】
アンジュルム 船木結さん伊勢鈴蘭さん上國料萌衣さん』

と題してお送りいたします。

私が、女性の職場づくりを指導する時。

「誰と誰が仲の良い(社員同士)か?」

をまずチェックします。

お店のSNSをチェックすれば・・・

【一緒に2泊三日の旅行へ行ってきた】
【一緒に食事をしている画像が多い】

など、仲の良し悪しを知ることができます。

ハロプロであれば、よく食事やお出かけを
しているメンバー同士が◎

それは同時に・・・

「相手が辞めたら、一緒に辞めてしまうことが(危険性も)ある」

からです。

皆さんも学生時代を思い出してみてください。

トイレに友達を誘って一緒に行くのは
大体女性同士の方が多かったと思いませんか?

またプライベートで嫌なことがあっても
学校へ行くのは
「○○ちゃんが(クラスに)居るから」
という理由も少なくありません。

女性に方であれば、共感いただける方が
多いと思いますが、男性の方ですと
あまりご理解いただけないことかも知れません。

これは、女性と男性の思考が真逆だといえる
一つだと思います。

話を戻します。

船木さんが卒業から2週間以上経過した
12月23日に【上國料萌衣さん】が更新
されたブログには・・・

「今日はね、ももな(笠原桃菜さん)とかわむー(川村文乃さん)と
話してたんですけど、この2人と話すと頑張ろうと思えるし、
やっぱり安心感があります!

前はここにふなもいたのか〜と考えるとなんか不思議!笑

また今度ふなと会う約束をしてるのでそれを楽しみに
明日も頑張ろうと思います!!


と書かれていました。

プロの世界でもあり、同じメンバー。

だからこそ、仲間が頑張っているから
自分も頑張れる!

この4人(通称:ゆめ組)は、夢の国へ遊びに行くほどの仲。

度々、画像がアップされています。





一般的な会社やお店ですと、女性同士4人で
動くことはありませんが、ハロプロに限らず
芸能人の方でも、女性同士で旅行に行っている
インスタなどを見ると、大抵「2人」で写っている
画像が多いと感じませんか?

仲が良い者同士だからこそ、そのうちの1人が
退職してしまうと・・・

「会社に行っても○○さんは、もう居ないし~」
「(職場で)会話できる仲間も居ないから~」

という理由で、結局2人とも退職してしまうことが
少なくありません。

上記は女性だけの職場ですが、男女がいる職場を
例に挙げると・・・

職場内で交際しているカップルがいる場合も
どちらかが辞めると、2人同時に辞めてしまう
ケースも少なくありません。

アンジュルムさんの場合、リーダーの竹内朱莉さんも
佐々木莉佳子さんも、各同期3名で加入し、すでに2人が
卒業している点では、同じ境遇でありそれを
経験されているだけに、将来の居場所を少しづつ
模索されていると思います。

同期(仲の良い仲間)って・・・

・何でも話せる
・何でも言える(たまに喧嘩もあり)
・なんだかんだお互いが支えられている

そんな人が同じ場所にいるから頑張れる!


アンジュルムメンバーの【伊勢鈴蘭さん】

船木さんの卒業コンサートでは・・・

「(船木さんと)性格が正反対な部分が多く、
もし違うグループだったとしたら
 関わることのない方なんだと・・・」

そんな伊勢さんは、船木さんが作ってくれた
「ナイトルーティーン」のお蔭で、仲良くなれたと。

と話されていました。




「れらぴ系女子」とイジられていた伊勢さん。

当時は、ブログでもバチバチの関係でしたが・・・


船木さんが卒業されてから1週間も経たないうちに、
すでに【2回】も会っている仲に。

ブログはコチラ



後半には・・・

「次、船木さんとはいつ会うかわかりませんが
また近いうちには会うんじゃないかと思いますww

それを楽しみに明日からも頑張ります」

と。

離れてみて改めて気づく【存在】


そんな仲間が、グループ内にも
グループの外にもいる安心感。

アンジュルムさんは、さらに強固なグループに
なっていくと感じます。

愉しみです。

最後に・・・

船木さんにとって、すでに昨年3月に卒業された
【梁川菜々美さん】は、よきライバル。

同じグループにいた時は、バチバチの関係でも
卒業から時間が経った今。

きっと良い【友達】であり【かけがえのない存在】に
なっているのではないでしょうか?



梁川菜々美さんも、さらに素敵な女性に
なっているのではないでしょうか?

最後までお読みいただきありがとうございます。

*************************************

■事業内容のご案内■







女性社員・スタッフさんの育て方がわからない
経営者・リーダーは「ハロプロから学びなさい!」

女性だけの組織づくりと人材育成の専門家
キズカスカンパニーの加藤です。

このブログは、長年採用面接の責任者として【1万人以上】、
人材育成トレーナーとして【5000人以上】のスタッフを
育ててきた【人材育成のプロ目線】で綴っております。

ハロプロファンの皆様とは、違った目線でメンバーを考察し、
将来を予測した内容になっています。

*****************************************

昨日、アンジュルムの【船木結】さんの
卒業コンサートが、武道館で開催されました。

実は当社のスタッフチームの名称は【チーム結(むすぶ)】

そうです。

船木結さんの【結】からいただきました。


ということで今日は・・・
『【周りから愛される人】
アンジュルム・カントリーガールズ 船木結さん』

と題してお送りいたします。

船木さんのアンジュルムでの
ラストブログはコチラ。





では続けます。

私が感じたアンジュルムでの
船木結さんのイメージは・・・

【THE大阪人の明るい性格】
【相手を立てるのが上手い(強みを引き出すのが上手い)】
【相手をリスペクトする】
【涙もろい】
【頑固】
【自分に厳しい】




アンジュルム加入前の【カントリーガールズ】
加入決定当時の動画はコチラ



【明るい性格でありながら、どこか一歩下がって控えめ】
でも同じメンバーの
【梁川菜々美さんに対してはライバル視】

2年前、カントリーガールズとアンジュルムを
兼任した始めた頃の動画はコチラ



先日公開された動画がコチラ




色々と書きたいことがありますが、
今日はここまで。


当方のツイッターはコチラ
https://twitter.com/HelloprojectB



画像出典:日刊スポーツさんより

*************************************

■事業内容のご案内■







女性社員・スタッフさんの育て方がわからない
経営者・リーダーは「ハロプロから学びなさい!」

女性だけの組織づくりと人材育成の専門家
キズカスカンパニーの加藤です。

*****************************************

昨日、アップフロントから・・・

「つばきファクトリーの小片リサさん。活動休止」

との発表がありました。



そこで今日は・・・
『【組織のマンネリ化は、個人の不満につながる】
つばきファクトリー 小片リサさん活動休止』

と題してお送りいたします。

今回の件。
「起こるべきして、起きたこと」
だと思っています。

昨年8月~10月にかけて、つばきファクトリー関して、
3つの記事を書かせていただきました。

【女性の職場(組織)の活性化】
組織は鮮度を保つことが大切です


【組織は活性化しないと"慣れ合い”による衰退が起きやすい】つばきファクトリーの活性化計画

【女性だけの組織改革】つばきファクトリーの2グループ分割による活性化計画

上記の記事を書いてから1年が経過し、
今回の活動休止。


そのキッカケとなったのは・・・
「SNS(裏アカ)が露呈し、その内容(言動)に問題あり」
とのことでした。


みつリン食堂さんのブログに、その内容がまとめらていました。

ブログ内の【まとめ部分】を抜粋(転記)させていただきます。




仕事(職場)に対して、不満が出るのは、
ハロプロに限らず、どこでも起きることです。

女性だけの職場であれば【マウンティグ問題】など
日常茶飯事です。

口をついて出てくるものには・・・

「〇〇さんは、◇◇だけど、私は低い扱い(評価)を受けている」

といったものも多いです。

上記のまとめの中にも、その点はいくつか挙がっています。

職場(グループ内)の個人から不満が出ても、
それを早く察知し、上手く処理ができれば、
大きな問題にはなりません。

それを察知するのが早ければ、退職者を出ない。

私がクライアント先に訪問した際に気にするのは
【個人の変化】です。

それに瞬時に気づき、個別面談をして、
不満を軽減させることが私の強みであり、
当社が信頼される部分でもあります。


個々のスキルを上げるため、人を育てることは、
もちろん重要です。

それと同じように、個人の不満が大きくなる前に
早めに不満や不平を潰していくことが大切です。

ここに気づけない会社(経営者)ほど、
離職率が多いと、言い切らせていただきます。

今回の活動休止について、他のメンバーさんも
日頃の接し方や距離感から、いつか起きるかは、
薄々気づいていたのではないでしょうか?


1年前に書いた通り・・・

今後、つばきファクトリーを存続させるために
「2つのグループに分ける」
「小野瑞歩さんを新グループのリーダーにする」


こぶしファクトリーのような結末は
二度と起きて欲しくないですし、避けて欲しい! 

未練がましいですが、いまだに・・・
「こぶしファクトリーは、解散すべきではなかった」
と思っています。

井上玲音さんは、やはり「こぶし」の歌(音)が合っていますし、
こぶしの歌が歌えなくなる今後の環境は、苦しいように感じます。

まあ私の勝手な想像ですが・・・。


話を戻します。つばきファクトリーの各メンバーをこの1年
見てきて、今後、リーダーにふさわしいのは・・・

「小野瑞歩(おのみず)さん」

です。

それは、つばきファクトリーではなく、
新たなグループのリーダーという意味です。

この1年で、ますます魅力も出てきていますし、
リーダーとして適任だと感じます。

先にお話しした、井上玲音さんが所属していた
こぶしファクトリーを復活させるのは難しいと思いますので、
すでに解散してしまったグループの過去の名曲を歌う
新グループが、もし作れるとするなら・・・

【5~7人(奇数)】のメンバーをそろえる。

・井上玲音さん【センター】


・小野瑞歩さん【リーダー】


・秋山眞緒さん【サブリーダー(ダンスリーダー)】


・米村姫良々さん【研修期間4年9ヶ月。限界になる前に】


研修生から昇格メンバーを揃える。

2014年までは、つんく♂さんが新しいグループを作り、
そこに新しい曲を提供しすることで、
それぞれのグループの違った色を出すことで、
組織を活性することが出来ていました。

10年以上続いているグループがあるのは、
ハロプロぐらいではないでしょうか?

しかし、今はそれが出来ません。

これは、お店を新しく作るケースと同じです。

お店のイメージは違っても、同じ料理を提供していては
すぐにお客様に飽きられてしまいます。

お店のイメージを変えたら、新しいメニューを提供する。


さて今後、つばきファクトリーがどのような形に
なっていくのか?


長くなってしまいましたので今日はここまで。

最後までお読みいただきありがとうございます。

*************************************

■事業内容のご案内■







女性社員・スタッフさんの育て方がわからない
経営者・リーダーは「ハロプロから学びなさい!」

女性だけの組織づくりと人材育成の専門家
キズカスカンパニーの加藤です。

*****************************************

今日の内容は、昨日放送された「今夜くらべてみました」
モーニング娘(特集)についてです。

期間限定で無料配信されていますので、まだご覧になられて
いらっしゃらない方は、コチラをどうぞ。

民放テレビ無料配信サービス「TVer」
https://tver.jp/episode/76224617

ということで今日は・・・
『なぜ女性の組織づくりに、モーニング娘(ハロプロ)が参考になるのか?』
と題してお送りいたします。



モーニング娘。

結成から23年が経過していますので、
現役のメンバーを知らなくても、
元モーニング娘のメンバーさんなら
知っている方も多いかも知れません。

このブログは、女性スタッフを抱える経営者さんや
管理職、店長(マネージャー)職の方が読まれるため、
ファンの方は「モーニング」と呼びますが、
このブログでは「モー娘。」「モーニング娘」と
表記させていただいております。

ご了承ください。

お話を戻します。

なぜ人材育成をしている当社が、ハロプロについて
このブログを発信しているのか?

上記の動画をご覧になられたら、ご理解
いただけるのではないでしょうか?


組織でも会社でも、長く生き残らせためには、
その時代(流行)に合致した試行錯誤が必要なのは、
皆さんも知識としてお持ちだと思います。

しかし、実際にご自身が【渦の中】にいると、
今やっていることが【本当に正解なのか?】
自信がなくなることも少なくないと思います。

モーニング娘の現在メンバー14名を含め
これまで選ばれてきた人数は【44名】

そのメンバーの中には、グループに勢いを
つけてくれた【変化を及ぼしてくれた人】が
必ず現れています。

もちろん、メンバー全員の力を結集するからこそ
グループ(組織)として成立しますが、新たな
エッセンスを吹き込んでくれる人が、実は
会社の発展を下支えしてくれたことを
ぜひ覚えておいてください。

例えば・・・

10年に1人言われた「後藤真希さん」

人気が低迷していた時。
グループのリーダーとして
スキル向上で乗り越えてくれた
「高橋愛さん」

EDMという新たなジャンルの音楽を
取り入れた時、グループのセンターを
背負った「鞘師里保さん」

プロデューサーであった「つんく♂さん」自身、
鞘師さんに信頼を置いていたのは、ファンの方なら
周知のとおりですね。

私自身「鞘師推し」ですし、もし彼女のような
メンバーが当社にいたら、心強いです。


同じ場所、同じメンバー、といつもと同じ
風景が長く続くと、必ず【マンネリ化】が起きます。

勤務年数の長い古参の社員が、幅を利かせ、
自分の気に入らない社員が入ってくると
嫌がらせをしたり・・・

最初は、仕事が全く覚えられなかった
手のかかる社員だった人が、仕事に慣れてくると、
先輩面をして、自分がやりたくない仕事を
後輩にやらせたり・・・


女性だけの組織ほど【個人に対してのイビリ】が
強い傾向にあります。

その理由は明確ですが、今回は触れません。

私が組織づくりの指導に入る際。

注意しているのは・・・
【裏のキーマン】を早めに特定し
組織が悪い方向へ進まないよう
コントロールすることです。

裏のキーマンが原因で、組織の雰囲気(売上)が
悪くなっていると感じた場合、場所(職場)を
移っていただくこともします。

全員が【右】を向いて歩いていこうとする中、
一人だけが【左】を向いて歩いていくと、
間違ってその人に合わせてしまう人を
作らないためでもあります。

話を番組の内容に戻します。

現リーダーの譜久村聖さんに対して
つんく♂さんが・・・

「あと1~2年で(リーダー)を譲って、
 40歳くらいまでいてくれて
 いいんとちゃうかな・・・」


と言われていました。

同じリーダーが長く君臨し続けると
(部)下が育たないことも
この言葉に含まれていると感じます。

このブログで以前、つばきファクトリーを
「2つのグループに分けては?」という
記事を書きました。

メンバーの入れ替え(加入)がなければ、
後輩(年下)メンバーは、何年経っても「後輩」から
抜け出すことができず、成長も止まってしまいます。

つばきファクトリー内で年下の【秋山眞緒(まお)さん】

グループの新曲「イマナンジ?」では
おっとりしたダンスですが・・・



ダンス経験者として加入した彼女は・・・



ハロプロには「ダンス部」がありますが、
新グループとして、彼女の個性や実力を
もっと発揮して欲しいとずっと願っています。

「立場(役職)が人を変える」という言葉が
あるように・・・

【組織は活性化しないと衰退する】


ということでもあります。


組織を活性化する手段として・・・

同じタイプのスタッフを採用するのではなく、
時には【異分子】を採用するのも◎

上手くいかなかったら、それは経験として
蓄積すれば良いこと。

皆さんに置き換えてみれば、理想の恋人や結婚相手と
出会えた人が100%ということはまずありません。

たくさんの人と出会ってきた中で
【理想に近い人(スタッフ)】に出会えればラッキー。


モーニング娘のメンバーを選ぶのに、
いったい何万人の方が面接(オーディション)を
受けに来られたのか?

その中からたった【44人】だけが選ばれた。

良い先輩の背中を見てきた人が、
次にリーダーとして組織を引っ張る。

逆を言えば・・・

「手本となるリーダーがいなかった組織は、
簡単に潰れやすい」

ということでもあります。

憧れられるようなリーダーを、ただ演じていれば
良いということ(意味)ではありません。

日頃の行動や言動を見てきた後輩が、
それによって良い影響を与えてきたか?

「親を見れば、子が分かる。その逆もしかり」


上手く行っている組織には、
良いリーダーが必ずいます。

次にリーダーをつくるためには、
まずは手本となるリーダーを育てること。

にわとりが先か?
卵が先か?

リーダーは、現場を引っ張る力だけではなく、
日頃の勉強(本を読むなど)も重要です。

ただ頭でっかちなリーダーには、
誰も付いてこないことを
最後にお伝えしておきます。

今日はここまで。


追伸

元メンバーの鞘師里保さんが・・・

篠原涼子さんや加藤綾子さんが所属している
【ジャパン・ミュージックエンターテインメント】
とマネジメント契約されたことが発表されました。

つんく♂さんも、ツイッターで応援メッセージを
贈っていられました。
https://twitter.com/tsunkuboy

活躍の場がさらに広がり、今後も楽しみです。

おめでとうございます。





*************************************

■事業内容のご案内■