裏方ブログ

裏方ブログ

福岡県のリフォーム会社に勤めてます。
シュナウザー、apple、ガジェット、手嶌葵さんなど……。
本業以外のことも、いろんなことを書いてます。


テーマ:

 今、完全ワイヤレスイヤホンが巷で流行っています。

 カナル式イヤホンが苦手で、macとiPadとiPhoneを使っている私にはAirpodsが一番良いのでしょう。供給不足も落ち着いて入手しやすくはなりましたが、税込18,144円ナリ。なかなかの価格です。

 

 

 イヤホンを使うことが多いのですが、最近、久しぶりにヘッドホンで音楽を聴いたら、やっぱりイヤホンより音が豊かなんですね。ただやっぱり有線だとコードの取り回しが気になります。

 ならばワイヤレスのヘッドホンで手ごろなものはないかとAmazonさんを徘徊していたところ、見つけました。激安Bluetoothワイヤレスヘッドホン。

 

「Mpow H7 密閉型 Bluetooth ヘッドホン 15時間再生 40mm HD ドライバーユニット 迫力重低音 ワイヤレス ヘッドセット ブルートゥース ヘッドフォン」

 

価格は2,399円ナリ(購入時)。安っ!

 

 激安なだけのワイヤレスヘッドホンなら、探せばいろいろありますが、これを選んだポイントは以下の通り。

 

・デザインが地味(激安に限って派手なモノが多い)

・マイク付で電話の通話に使える

・有線ヘッドホンとしても使える

 

 さっそくポチって数日後、到着しました。

 

 パッケージはいたってシンプル。贈答品ではないので、外箱がやたらと凝った作りだと、むしろ損した気分になってしまう。どちらにしろ外箱はすぐに廃棄してしまいます。これはこれで良いことです。

 

 

 

 イヤーパッドのサイズは大きめ。耳の上に乗っかるタイプが主流だと思いますが、この商品はすっぽりと耳を覆うようなサイズで、パッドは耳でなく耳のあたりに当たるようになってます。

 角度の自由度が高いので、快適な位置に調整することができます。

 

 

 ボタンはシンプルな3ボタン。ランプは一つで赤青に変化します。

 

 

 操作方法、ランプ表示、音声ガイドはこんな感じ。

 

電話 ボタン

・電源をオンにする……2秒長押し

・電源をオフにする……4秒長押し

・ペアリングする……電源が切れた状態から4秒長押し

(同じ操作で2台マルチポイント接続可能)

・Siriを起動する……Wクリック

・再生/停止/受話/終話……ワンクリック

 

+ボタン

・曲送り……ワンクリック

・音量を上げる……長押し

 

-ボタン

・曲戻し……ワンクリック

・音量を下げる……長押し

 

+-

・リダイヤル……同時押しで最終通話相手にリダイヤル

 

電話-

・初期化……同時3秒以上押しで初期化

 

電源オン ……1秒点灯。「Power On」

接続 ……5秒間隔で点滅。「Connected」

電源オフ ……1秒点灯。「Power Off」

低電量 ……5秒間隔で点滅。「Battery Low」

充電 ……点灯。充電完了で消灯。

ペアリング ……交互に点滅。「Pairing」

 

+-のボタンの、ワンクリックか長押しかの判定が微妙ですが、音量はかなりゆっくりと変わるので、慌てず長く押すといい感じです。

 

 

 

 

二週間ほど使ってみて、良かった点、悪かった点を挙げてみます。

 

 

 

■ 良かった点

 

○(まる) 音質が良い。

 一番大事な部分です。やや低音域が盛っているような感じはしますが、そこらへんのちょっとお高いイヤホンと比べてもリッチな音質。この音はイヤホンではなかなか出せない。外音の遮音性も高いです。

 

○(まる) Bluetoothが安定している。ペアリングが楽。

 安物のBluetooth商品だと電源オンしてもベアリングの復帰を失敗し、再設定をしなければならないものがありますが、この商品は安定していて接続を失敗することがありません。一対で使用する場合は音も全く途切れることがありません。

 また、デバイスを変えるのに手間がかかったり、分かりづらい商品もありますが、これはとてもペアリングが容易なので、気軽にデバイスを替えることができます。

 

○(まる) 通話も問題なく出来る。

 Bluetoothイヤホンだと、通話機能があってもマイク性能が悪く、通話には向かない製品もあります。このヘッドホンを使って通話してみましたが、相手の声もよく聞こえ、相手側も聞き取りづらいようなこともないようでした。

 

○(まる) 遅延が少ない。

 Bluetooth接続で動画を見る限り、遅延はかなり少ない方で、動画視聴には問題ありません。

 

○(まる) 有線でも使える。

 デジタルピアノなど遅延が許されないもの、テレビなどBluetoothのないものは、有線接続出来るので機器を選ばずなんにでも幅広く使えます。これはとても助かる。

 

○(まる) 耳鳴りが気にならない。

 カナル式イヤホンの場合、耳鳴りが気になる人もいると思いますが、それが全くありません。でもイヤーパッドが耳を覆う構造なので遮音性は確保出来てます。

 

 

■ 悪かった点

 

× マルチデバイスだとBluetooth接続が不安定。

 デバイスを2つ登録しておくと、再生をしているときに一定時間をおいてわずかに音が切れる症状が出ることがあります。しゃっくりしているような感じ。映画など会話中心のものを再生している分には支障は少ないですが、音楽を聴くときにはかなり気になります。マルチポイントにしないなら安定します。

 

× 重い。

 イヤホンとの一番の違いはその重さ。長時間使っていると、耳の部分よりも重みがかかる頭頂部に負担がかかってきます。

 計量してみると、普段使いの有線ヘッドホンが約120gだったのに対し、この商品は220gほど。体感に個人差はあると思います。頭を下げたりする作業を繰り返すと、ずれます。

 

× 目立つ。

 試しに外出先で使用してみましたが、とにかく目立つ。買う前から気づいてはいましたが(笑)。人それぞれですが、さりげなくは使えないですね。特に夏は。

 

× 姿勢が限られる。

 イヤホンとサイズが違うので、ゴロンと横になって使うというのには向いていないと思います。真上を向いたままなら使えますが、寝返りが打てません。

 

 

 約一か月ほど使ってみて、もっともよく使っているシチュエーションは、皿洗いなど台所家事をしているとき、そしてパソコンでTVerやYoutubeなどの動画を観るときです。

 

 台所作業にはイヤーマフ替わりとしても便利です。食器のカチャカチャという音が苦手なので、音を再生してなくても、さっと耳に掛けられます。カナル式だとどうしてもひと手間かかってしまうし、家族から話しかけられたとき、濡れた手でも気軽に耳からずらして会話することができます。音楽やradikoを聴きながらの皿洗いは、コードがない分、とても快適に作業出来ます。そのままベランダに洗濯物を取りにいってもラジオ放送を聞き逃すことはありません。家事は毎日やることなので、使用頻度も高めになります。

 

 パソコンの動画を観るのは、ペアリング切替が簡単だから。スマホやタブレットと違って、観るときの姿勢が一定なので、途中で邪魔になることもありません。

 

 見た目を気にしなければ、バッテリーの持ちがいいので電車の中など外出先でも重宝しそうです。ただし遮音性が高いので歩行しながら使うのは危険かも。

 

 

 あと、意外なメリットはなくならないこと。完全ワイヤレスは、よく紛失します。そのたびに探します(笑)。ポケットの中とかバッグの中とか。誤って洗濯してしまうと壊れてしまうので、外すときにとても気を遣うんですね。でもこのヘッドホンはなくなりません。気を遣わなくていい。間違って洗濯する心配がありません。これは意外に便利です。

 

 

 Bluetoohのスピーカーやヘッドホンは万能な商品はないのではないか、と思います。

 高価な完全ワイヤレスイヤホンを買っても、紛失したり、歩行中につかえなかったり。音がいいスピーカーを買っても防水じゃなかったり。

 だから用途にあわせて、それぞれに適したものを使うのが一番だと思います。


テーマ:

 最近、NHK朝の連続テレビ小説「半分、青い」にハマってます。

 

 

 最初から欠かさず観ていましたが、ここに来て、いよいよパワーアップ。思いもよらない展開があり、心に刺さるシチュエーションあり、心に染みるセリフがあり。

 

 先日の放送の中で、特に心に染みるものがありました。

 会って間もない青年の落とし物から出てきた、一編の詩。

 漫画家を目指し、挫折した主人公の鈴愛(すずめ)が、この詩を目にして思わず涙するシーン。とにかく心に沁みる良い詩です。

 

 

 

 いろいろ調べると、この詩を書いたのは、このドラマの脚本化である脚本家・北川悦吏子によるもの。

 もともとは2003年に開催されたGLAYのライブツアー「HIGH COMMUNICATIONS TOUR」の中で、「ゆるぎない者達」という曲を演奏する前に、小泉今日子が朗読をした詩が元になっているそうです。

 15年以上も前に朗読された詩なのに、このドラマを観たとたんに思い出したという声が上がるほど。

 

 ドラマの中で、この詩を書いた便せんが一瞬映るのですが、詩を噛みしめるために自分であらためて便せんに書いてみました。

 

 

 う~ん。すてきな詩。

 

 この画像をツイッターに上げたところ、なんと、脚本の北川悦吏子さん本人から引用リツイートとともに、お褒めの言葉を頂きました。ありがとうございます!

 

 

 

 

 その関係もあって、かなりの数の「いいね」とリツイートを頂きました。やはり自分と同じように、この詩に共感した方が大勢いたのだと思います。

 

 でも、ごめんなさい。誤字が一文字…。恥ずかしいやね。 

 気づいたときは時すでに遅し。いまさら修正も出来ず…。今度から気をつけますにやり

 

 

 ドラマはいよいよ佳境に入ります。どんな展開が待っているのか、楽しみに観ていこうと思います。

 


テーマ:

 2018年6月某日、福岡県太宰府市の九州国立博物館で開催されている「ビュールレ・コレクション 至上の印象派展」に行ってきました。

 

 今回の移動手段は車。あまり早く着きすぎると駐車場代が割高になりそうだし、遅くいくと満車で駐車できないかもしれないし、とりあえず開館15分前着を目指して出発。開館を調べると午前9:30。割と早い時間です。

 

 うっそうとした森の中に忽然と現る近代的な建物。九州国立博物館です。

 

 駐車場は余裕をもって駐車することが出来ました。良心的なのは駐車料金が時間制でなく回数制。500円で時間を気にする必要がありません。

 

 今回はとても人気の高い展覧会なので、人混みを覚悟していましたが、開館間もないおかげで、大丈夫でした。

 

 

ちなみにこの印象派展、印象派の絵画を中心とした個人コレクションで、日本ではなかなか一同に観覧できる機会はほどんどない贅沢なものです。あまり詳しく知らなくても、聞いたことのある名前ばかりが並びます。

 

 

 ドガ、マネ、モネ、ルノワール、ゴッホ、ゴーギャン、セザンヌ、そしてロートレック、ピカソまで。

 

 最近、本屋大賞ノミネートで話題となった原田マハ著「たゆたえども沈まず」を読んだばかりで、印象派について知りたいところでした。

 この小説はゴッホ兄弟と日本人画商を中心として描かれる史実とフィクションを織り交ぜた物語。当時のフランスで印象派や日本の浮世絵がどのような存在だったのかが垣間見える作品です。

 

 

 さて展示室内では、写真撮影も可能な作品がふたつほどあったのでかめら撮ってみました。

 

 

 ひとつはルノワール「可愛いイレーヌ」(1880年)。

 有名な作品ですね。こんな名作を独り占めできるような距離で観ることができました。とっても贅沢。観れば観るほど引き込まれそうな、魂がやとっているかのような作品です。

 

 

 

 そしてもうひとつがモネの晩年の名作「睡蓮の池、緑の反映」(1920-26年)

 展示室の角を曲がったとたんに目に飛び込んでくる巨大な作品。池の圧倒的な透明感。ちょうど良い位置に椅子があって、しばし時を忘れて眺めていました。

 

  睡蓮の絵をしばらく見た後、展示室を退出する前にもう一度「イレーヌ」を観ようと戻ってみたところ…

 

 

 さっきまでと打って変わって、たくさんの人。

 とめどなく人が入室してきて、みるみる人が増えていくのがわかります。

 博物館の外に出ると、駐車場には長距離大型観光バスがたくさん停まっていました。すでに満車になっているようでした。

 

 帰りは少し足を延ばして太宰府天満宮まで。通路を使って徒歩で天満宮に行くことができます。

 

 

 天満宮から博物館側につながるところ。こちらの雰囲気はあくまで天満宮です。歴史ある風情と近未来的な建物が隣接していて、なかなか面白いところです。

 お茶と梅ヶ枝餅を頂いて、お参りしてから帰路につきました。

 

 結論。

 印象派展はおすすめ。ただし行くなら平日の朝一で!

 期間は2018年5月19日から7月16日まで。

 御見逃しなく!

 


テーマ:

 先日の記事に引き続き、屋久島の話題です。

 お仕事の関係先との旅行で、詳しく調べもせずに屋久島に上陸してしまいました、というお話。

 
 今回は「ヤクスギランド」です。
 名前からすると、なんだかユルい観光めいたような…やや安易さが漂うネーミング。旅行のしおりに書いてあったのを見たときはあんまり印象に残らない感じでしたが…行ってみると、すごいところでした。
 
 山道を観光バスで登ること約1時間ほど。突如あらわれたカントリー風の入り口。
 

 

 案内図を見てわかるのですが、短いコースから長くて本格的なコースまで、さまざまです。今回歩いたのは、最短のコース。参加者の年齢層が高いので、無理をしない範囲内でという配慮です。少し残念。

 

 

 コースは山の中に敷かれた遊歩道のような順路をたどります。順路を辿るなら、まったく安全な道ですが、道を外れて入ってしまうと、きっと遭難するレベルの密林ですアセアセ

 

 

 

 

 案内板には名前が付けられた杉も掲載されていましたが、シャッターを押したくなる景色が多すぎて、名前を控えないまま撮影したので、後から見るとなんという杉かわかりません。

 

 

 ちなみに屋久島の杉は、大きく3種類に分けられるそうです。

 

 一番目。人間の手によって植林された杉を「地杉(じすぎ)」と呼びます。海抜の低い場所にあり、さほど珍しくありません。見た目も人間の手が入って枝を落とされているので、すっきりしたスタイル。一般的な杉です。

 

 二番目。標高を500m超える場所に自生した杉で千年を超えない杉を「小杉(こすぎ)」と呼びます。

 

 そして三番目。小杉が成長して千年を超える大木になったものを「屋久杉(やくすぎ)」と呼ぶそうです。 一般的に屋久杉と呼ばれる杉の幹は直径約1mほどを超えるんだとか。

 

 江戸時代には形の整った屋久杉が重宝され、年貢として島津藩に収めることを強いられていたため、現存している屋久杉のほとんどが木材としては加工しづらい形(つまりは個性的な雰囲気のある形)をしているものが多いそうです。

 

 

  屋久杉の中でももっとも大きい杉が「縄文杉」です。残念ながら縄文杉はヤクスギランド内にはありません。

 縄文杉を見学するためには、朝5時に出発する専用直行バスに乗り、専用の登り口から往復で徒歩10時間、距離ににして22kmを歩く必要があります。かなり体力勝負ですね。

 

 「紀元杉」は屋久杉の中でも見やすい場所に位置しています。ヤクスギランドからさらに山道を6kmほどのぼって、車道から遊歩道が伸びてすぐです。

 

 

 道路沿いに木製の看板が上がっているのでわかりやすい。ここから遊歩道を少し下ったところにあります。

 

 

 かなりの巨木。推定樹齢はおよそ3000年。

 高さはおよそ20m、幹周りは8mにもなります。

 ちなみに縄文杉だと幹周りは16mにもなるそうです。

 

 

 縄文杉までの道のりは遠いのですが、その大きさを体感できる場所が、ホテルのすぐそばにありました。

 「ウィルソン株(うぃるそんかぶ)」のレプリカです。

 ウィルソン株とは、1586年に豊臣秀吉の命により大阪城築城(京都の方広寺建立という説もあり)のために切られたという屋久杉のこと。1914年にアメリカの植物学者アーネスト・ヘンリー・ウィルソン博士が調査し世界に発表したことがこの株の名前の由来となったもの。株は切られてから400年以上たった今でも残っていますが、ホテルのすぐ近くにレプリカが建てられており、その大きさが体感できます。

 

 

 幹回り(胸高周囲)は13.8m。縄文杉に負けない大木です。

 

 

 鳥居は一般的な神社のそれと同じサイズですから、かなり大きいことが分かると思います。

 

 

 中に入ると、天井はなく、ぽっかりと穴が。実際の株もこれと同じように開いています。見上げる立ち位置によっては穴全体がハート形に見えるポイントもあるんだとか。

 

 

 

 

 詳しく調べないままに訪れた屋久島でしたが、調べなかったのが申し訳ないくらい、遠方から観光客が多かったのが印象的でした。中でも欧米人が多かったですね。生命エネルギーみなぎるパワースポット。

 ちなみに夜の宴会で飲んだ焼酎もとても美味しかったです。「三岳」といいます。日本全国どこでも買える銘柄です。ぜひお試しをにやり

 

 

 時間にもっと余裕ができたら、もう一度行ってみたい。

 今度はキチンと下調べして、登山靴を履いて音譜

 そう思うような島でした。

 


テーマ:

 先日の記事に引き続き、屋久島の話題です。

 お仕事の関係先との旅行で、詳しく調べもせずに屋久島に上陸してしまいました、というお話。

 

 

 次に訪れたのは「白谷雲水峡」。山道をバスで相当のぼったところにあります。それにしても道路が狭い。バスが落ちやしないかとヒヤヒヤするような山道です。


 

 現地に到着してバスを降りたあたりから雨足が強まり、傘をはじく雨音で声も通らないくらいの豪雨に…。これは中止か?と思いきや、まさかの決行。ただし自信のない方はバスにて待機、道順はできるだけ支障がない範囲内だけで、という内容に変更しました。

 

 

 全体的にキチンと舗装され手摺がついた通路を通っていきます。ただし舗装されているのは道順の前半だけで、奥に行けば行くほど本格的な登山になるんだとか。

 

 

  バスガイドさんから「なかなかスーツ姿でここにいらっしゃる方はいないんですよ。登山靴を履いてくるような場所ですから。びっくりしました」と言われました。

 途中、大きな岩の間を通る順路もありました。




 雨は強くなったり弱くなったりしますが、川の流れはずっと激しいままで、場所によっては消防車の放水並みの鉄砲水がシュンシュンと吹き出しています。


 

 それでも木々の緑の美しさ、川の流れの澄みやかさに目を奪われます。…美しい。

 

 

 川の流れを縫うようにして歩いていきますが、途中に幾つもの橋があります。吊り橋を渡る場所もあります。

 

 

 橋の真ん中から上流側を見上げると、美しい景色が広がっています。

 霧深く霞む景色に吸い込まれそう。

 

 

 ジブリ映画「もののけ姫」を制作するときに、宮崎駿監督が何度も足を運んだという景色。たしかにもののけ姫の森です。

 普通にシカサルが島の人間よりも多く生息しているそうです。旅行中、なんども見かけました。

 

 

 苔むした感じがなんとも言えませんにやり

 幹の影から、こだまこだまがコロコロと音をたてて現れそうな感じです。

 

 もう少し天気が良ければもっと写真も撮れたのでしょうが、iPhoneが壊れるかと思うような大粒の雨が、降ったりやんだりの中での写真撮影でした…。

 

 続きは次回で紹介します。

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス