メンタルヘルス ~希望へ向かって~

メンタルヘルス ~希望へ向かって~

メンタルヘルスナビゲータによるカウンセリングの提供と、「ホリスティック医学」の概念を基盤とした「次世代型 療院構想」について発信しています。

わたしたちにとって生きる意味とは、



死をもまた含む全体としての生きることの意味であって、


「生きること」の意味だけに限定されない、



苦しむことと死ぬことの意味にも裏付けされた、



総体的な生きる意味だった。



この意味を求めて、わたしたちはもがいていた。




                      『夜と霧』―ヴィクトール・E・フランクル





生きとし生けるもの、その心の底にはかなしみを抱いている。



自らのかなしみをいつくしみ、他者のかなしみを敬って生きることが



「養生」というものではないだろうか。



そうした養生を果たしていく人が増えることが、



医療に本来の温もりを取り戻すことになる。




                                      帯津 良一



皆さん、おひさしぶりです!

メンタルヘルスナビゲーターのK・HAMANOです(^^♪


もう1っか月近く、久しぶりのブログ更新となってしまいました。<m(__)m>

 

この間、様々なことがあり、ゆっくりブログを書く時間すら取れずにいました。あせるあせる

11月に入って、少しだけ時間が取れるようになったので、今日、久しぶりにブログを書いてみようと思います。

 

「次世代型 療院構想」の具現化の為の、株式会社設立の進捗状況について、現在、孤軍奮闘で開業前の諸準備に取り掛かっており、現在勤めている会社を退職して起業準備に集中するはずでしたが、会社の上層部から、急な退職は認めないと言われ、退職日の1か月前に退職の意向を申し出ないと業務に支障が出てしまう為、改めて今回「退職届」を提出し、11月末日付で退職するということで上層部と話が折り合いがつきました。

 

確かに私が今の会社から急に抜けてしまうと、シフト管理などの業務に支障が出てしまう為、しっかりと順序を踏んで、「立つ鳥跡を濁さず」で、円満退職することにしました。

 

さて、会社設立の諸準備についてですが、現在「補完代療法士」及び「各種クリエイター」と、クライアント様との橋渡しをおこなう「マッチングサイト」の制作をプログラマーに依頼しており、私が仕事が休みの日にはプログラマーの会社に赴き、サイトの監修をおこなっています。

ある程度、私のイメージ通りのサイトに仕上がりつつあり、AIを駆使したマッチングサイトを公開するまでに、もう少し時間がかかりそうですが、株式会社設立の登記を取って開業すると同時に、このマッチングサイトを公開できるように、制作を進めていっております。

 

さて、今現在、会社設立に必須な事項として、発起人を募っています。

「会社設立支援機構」で、会社設立準備やコンサルを受けていますが、やはり、働きながら片手間で起業準備するにはスケジューリング的にも、諸準備をを進めていく上でも一人では限界があり、一応、今月末には、今の会社を退職することになってますが、それまでの間、私が孤軍奮闘で、「二足の草鞋」で会社設立の準備のための行動をするには、体は一つしかありませんので、なかなか大変なものです。

 

法律上、株式会社を起業するためには1人の発起人がいればいいのですが、実質的には1人では諸準備を進めていくには難しく、最低3人の発起人が必要な状況であります。

 

既に会社の「運営事務局」を置く物件は、仮押さえしてあり、いつでも入居できるのですが、「運営事務局」を稼働させるための諸準備は、今現在のような二足の草鞋では、到底、私一人では厳しいものがあります。

 

なので、私の「次世代型 療院構想」の具現化の為の会社設立に、ご協力いただける方を急募しています。

 

会社の所在地は、東京都八王子市内に「運営事務局を設置しますので、近郊の方で、この事業にご参加いただける方がいらっしゃれば、メッセージか、下記の「次世代型 療院構想」事前申し込みフォームにご記入いただければ幸いです。折り返し、こちらから詳細についてご連絡させていただきます。

 

目標としては、今年中の開業を目指していますので、皆様からのご協力を、何卒、宜しくお願い致します。

 

都内での、新型コロナウイルス感染拡大も終息を迎えつつある今、まだまだ油断は出来ませんが、様々な規制が解除されてきてるので、感染予防対策を入念に行っていけば、「補完代替療法士」及び「各種クリエイター」の皆様とクライアント様が直接お会いして、各々のセッションを受けられるようになってきていることは確かです。

 

今こそ我々、補完代替療法(CAM)の療法士が、クライアント様の「メンタルケア」に特化したセッションを施療し、クライアント様が「自ら癒す力を培う」援助をおこなうことが求められてきている時流にある現在、その波に乗って、西洋医療一辺倒の薬物療法中心の医療ではなく、クライアント様が、数多ある補完代替療法を自ら選択し、西洋医療と併せた「統合医療」の在り方を実現し、身体・精神・霊性の三位一体の健康を享受すべく、真の健康人となる上でのセルフケアを手助けする「補完代替療法」の療法士及び「各種クリエイター」が、クライアント様にしっかり寄り添い、クライアント様ひとりひとりに合ったセッションを総合的に判断し行うことで、「次世代型 療院構想」の具現化が実現できるるものと確信しています。

 

その為には、どうか、皆様のご理解とご協力を、何卒、お願い致します。

 

 

メンタルヘルスナビゲーター

         K・HAMANO★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

 

【おすすめ商品】

・眠れない方に「瞑想サプリ」

睡眠導入剤などの薬物に頼らない、脳をリラックス状態を誘う脳内伝達物質であるセロトニンを誘引させ、心地よい瞑想状態から深い睡眠へ誘う「瞑想サプリ」です。私も愛用しています。

セロトニン誘導体 瞑想サプリ(ハードカプセル) 350mg×90粒

Amazon(アマゾン)

2,198〜3,900円

 

・心療内科医が教える、家庭でできるセルフメンタルケア

薬物治療に偏らない、誰でも簡単にご家庭で出来るセルフメンタルケアを様々、御紹介しています。

 

・メンタルケアのヒーリング音楽

眠りに就く前のひとときに、心を優しく癒してくれる清らかなメロディーが、あなたを良質な眠りに誘います。

 

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

 

【次世代型 療院構想とは?】

 

①西洋医療一辺倒の治療ではなく、「相補・代替・補完・伝統医療」を併せ持った統合医療で、「メンタルヘルス」に特化した、全人的なサポート(身体・精神・社会・スピリチュアル)をおこない、クライアントの「自然治癒力」と「潜在能力」を活かすための援助をし、真の健康人を培う医療の在り方を実現する。

 

②「ホリスティック医学」の定義に基づいて、数多ある「相補・代替・補完・伝統医療」をクライアント自ら選択・統合し、治療側主体の医療体制から、クライアントの主体性を尊重した医療の在り方を実現する。

 

③治病効果の高い、再現性のある「相補・代替・補完・伝統医療」に於いて、健康保険証(共済・国保・社保・船員保険)が使えるように、国に対して法整備を求めていく。また「自立支援受給者制度」に於いても、クライアントの所得に応じて限度額の適用ができるように法改正を求めていく。

 

④「精神疾患患者」「発達障害者」「不登校児童」「触法精神障害者」「ゆとり教育の若者世代・ニートの引きこもり」「DVに悩む家族」「子育てに悩むシングルマザー」「団塊の世代の老後の社会不安」「孤独な独居生活の高齢者」などに対して寄り添うことで、ライフスタイルを改善し「自ら癒す」力を培う姿勢を援助する。

 

⑤行政をはじめ各医療機関や社会福祉協議会、精神保健福祉センターなどと連携を取り「相補・代替・補完・伝統医療」を、受け身ではなく、セラピスト等が各家庭や施設等に赴いて施術やセッションを提供し、全人的なサポート(身体・精神・社会・スピリチュアル)を導入することにより、革新的な「メンタルヘルス」に取り組む。

 

⓺全国各地に「次世代型 療院構想」を推し進め、地方自治体・各医療機関・NPO法人・ボランティア団体などと連携を組み、社会資源の活用と、ホリスティックな「メンタルヘルス」の在り方を拡充する。

 

《ホリスティック医学の定義》

 

1.ホリスティック(全的)な健康観に立脚する

人間を「体・心・気・霊性」等の有機的統合体ととらえ、社会・自然・宇宙との調和にもとづく包括的、全体的な健康観に立脚する。

 

2.自然治癒力を癒しの原点におく

生命が本来、自らのものとしてもっている「自然治癒力」を癒しの原点におき、この自然治癒力を高め、増強することを治療の基本とする。

 

3.患者が自ら癒し、治療者は援助する

病気を癒す中心は患者であり、治療者はあくまでも援助者である。治療よりも 養生、他者療法よりも自己療法が基本であり、ライフスタイルを改善して患者自身が「自ら癒す」姿勢が治療の基本となる。

 

4.様々な治療法を選択・統合し、最も適切な治療を行う

西洋医学の利点を生かしながら中国医学やインド医学など各国の伝統医学、心理療法、自然療法、栄養療法、手技療法、運動療法、などの各種代替療法を総合的、体系的に選択・統合し、最も適切な治療を行う。

 

5.病の深い意味に気づき自己実現をめざす

病気や障害、老い、死といったものを単に否定的にとらえるのでなく、むしろその深い意味に気づき、生と死のプロセスの中で、より深い充足感のある自己実現をたえずめざしていく。  

 

 NPO法人 日本ホリスティック医学協会

           (1987年 制定)

 

 

アメリカの「統合医療」の第一人者である、アンドルー・ワイル博士は「統合医療の定義」を以下のように提唱しています。

 

1.「病気」と「治療」ではなく「健康」と「治癒」に医療の力点を置く。

 

2.患者を「故障した機械」としてではなく、「精神的・感情的・霊的な実在」として、また「コミュニティの一員」として「全人的」に診る。

 

3.検査結果の数値だけではなく、患者のライフスタイル(食習慣・運動習慣・ストレス対処法など)を診る。

 

4.患者と他者との「人間関係」のあり方をはじめ、自然・社会・世界・神などの超越的存在・担当医との関係など、あらゆる「関係性」を重視する。

 

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

   

      ほっこりアンケートほっこり

「いいね!」をつけてくださった方には、下記のリンクをクリックしていただき、アンケートにご回答していただければ幸いです。ご協力お願い致します。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

次世代型 療院構想の関心度アンケート(こちらをクリック!)

(現在のアンケート結果)

 

そして、どのような形で「次世代型 療院構想」にご参加頂けるのかを含めた、「事前参加申し込みフォーム」を御用意しています。

 

「次世代型 療院構想」事前参加申し込みフォームは、こちらをクリック!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

「次世代型 療院構想」事前申し込みフォーム

 

※お名前とメールアドレスを記入し、そしてどのような形で参加したいのかを選択いただければ、住所や電話番号は必須ではありませんので、ご記入いただかなくても構いません。

 

参加種別の内訳を説明しますと、

 

①当社の運営側(役員・社員)として参加したい。

これは当社の運営事務局に於いて、「渉外担当」「会員管理部門」「相談窓口」「総務」「広報担当」の五つの部門で、運営に携わっていただける方を示します。

 

②「専門会員として参加したい」

これは、数多ある「補完代替医療」のセラピスト・カウンセラー・ヒーラー・コーチ等のスキルをお持ちの先生方で、実際現場でクライアント様へのセッションやカウンセリング等を行っていただき、報酬を受け取っていただく方を示します。

 

③「一般会員として参加したい」

これは、上記のスキルをお持ちでない方で、「次世代型 療院構想」に関心がある方を示します。一般会員は、専門会員の行うセッション等を受療したい場合、一般会員価格で割引させていただきます。

 

④「支援者」として参加したい。

これは、当社の発展の為に、寄付や広報などの支援をしていただける方を示します。

また、支援者には専門会員が行うセッション等を支援者割引として受療頂けます。

 

⑤「オブザーバー」として参加したい。

これは、当社の会議等で、議決権を有する権利はないが、第三者として当社の発展の為に相談や人材発掘等をして頂ける方を示します。(医療関係者・補完代替医療の有識者など)

 

⑥「コンサルティング」として参加したい。

これは、起業から運営まで、有料で会社運営を具体的にコンサルタントして頂ける方を示します。

 

⑦「その他」

これは、上記に当てはまらない種別で、当社の発展に貢献していただける方を示します。

 

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★ 

   【無料メルマガご登録者募集中!】

 

この無料メルマガでは、様々な成功哲学や、その原理原則を机上の空論ではなく、確実に実力をつけていただき、笑顔と成功に近づく為に、実践していただくためのマンツーマン方式を採用しています。

 

6日間セミナーと題してますが、実際には以下のような23項目の内容で、23日間、毎日22時に、ご登録者にメルマガが配信されます。

 

たった1週間で「なりたい自分になる」自己改革メソッド  


 ・   「目標達成のピラミッド」   
 ・   「中目標」と「小目標」について  
 ・   「潜在意識」の活性化を図って夢の実現に

   向かうトレーニング   
 ・    成功するための時間管理術  
 ・    「思い切った行動」   
 ・    思い切った行動をとる為の

   【7つのポイント】 

 ・   「加速された学習」   
 ・   「違いをもたらす違い」 
 ・   「比較の対象」と「比喩表現の土台」   
 ・   「モデリングと学習」   
 ・   「アプローチの改善」①  
 ・   「アプローチの改善」②   
 ・   「フィードバック」  
 ・   上手くいっていないときは

   「 違うことをやれ!何でもいいから!」

 ・    「思いっきり自分のアプローチを変える」    

 ・    「リーダーシップ」  
 ・    「ラポール」全ての開かれたコミュニケー             

   ションの土台                                                                                                             

 ・    ラポール形成の具体例  
 ・    相手と同じくらいに相手のことを大切に思

   うということ  
 ・    「相手のニーズに置きかえて、自分のニ

   ーズを説明すること」   
 ・    「次のレベルも勉強をすることで夢実現の

   可能性に、より一層近づける!」  
 ・    「個人コンサルについて」

 

これらの内容を、実際にチャレンジしていただき、全ての項目にQ&Aのフォームをつけていますので、疑問点や質問等がございましたら、私と直接、無料でやりとりをすることができます。

 

私は過去に精神疾患(うつ病)で病んでいて、精神安定剤の「薬物依存症」から完全に断薬に至るまでに、この原理原則に適った成功哲学を愚直に実践し、1年半で完全な克服を果たすことができました。

 

なので、メンタル面でお悩みの方や、真剣に大きな夢を持っていて、実現できる力を体得したい方には、自信を持って、このセミナーを推奨します。

 

~ご登録はこちらをクリック!~

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

 

 

 

(REQU お悩み相談 リニューアル致しました!)

 

~ あなたのお悩みを聴かせてください~

Twitter 連動

 

 

 

応援よろしくお願い致します!音譜照れ 

↓↓↓↓↓↓↓ 

(ポチっといただければ、励みになります!)

 

 


 
 

人気ブログランキング

 

 

友だちになってくださる方は、こちらにご登録お願い致します。(^O^)

↓↓↓↓↓↓↓
友だち追加

ID:@xfj1248j

 

(録画時間 40:47)

 

皆さん、こんにちは!

メンタルヘルスナビゲーターのK・HAMANO

です('◇')ゞ

今日は、ちょっと小難しい「哲学的」な話をします(?_?)

 

まず私が、㈶日本メンタルケア協会の「メンタルケアスペシャリスト」の認定を受けた時に学んだ中で、自分がメンタルヘルスナビゲーターとして中心軸になっている概念をお話致します。

 

結論から先に言いますね。

「魂へのメンタルケアとは、生きるための土台自体の枠組みを構築し、それを育み、支え、癒し、励ますこと。そして、それに意味をもたらすこと」であると言えます。

 

魂は、人間を有機的統合体としての根幹を成すものです。私が考える「魂の医療」とは人生そのものをアクティブに信じることができるように援助することを指します。

現代の多くの人達は魂のエネルギーが不完全燃焼を起こし、精神が疲弊し、傷ついているという状態です。

 

なので、現代の多くの人達は、その魂の癒しを求めていると言えます。

 

現代の社会構造は、非常に複雑化し、異常な環境的要因で、人的環境が正常な人格形成を歪めていると言えます。

 

AIの開発など、物質的には豊かになった反面、人はどこかに満たされないものを持っていると感じます。

現在のコロナ禍をはじめ、社会の将来の行く末は極めて不透明です。

 

家庭環境と家族関係の希薄化・偏った物質的価値観・競争主義・能力主義などが社会的格差を生み、偏った資本主義を中軸とした、歪んだ社会構造が我が国に蔓延しています。

 

なので、特定の人だけが問題を起こすのではなく、その社会・世界に住む人々全員が、否が応でもその影響を受けます。いわば、ネガティブな側面が反比例して、グローバル化していると言えるでしょう。

 

このような社会構造に問題がある上で、個人レベルで考えた時、4つの問題があると考えます。それは、

「孤独」

「愛の欠乏」

「生き甲斐の喪失」

「将来の希望の喪失」です。

 

現代人は豊かなになった経済水準を保つために、必要以上なものを追い求めて無意味な背伸びをしています。

経済的な豊かさを確保するために多くの犠牲を払っています。経済的な安定を得るために時間に追われて、他者とのこころを共有することが少なくなっています。

 

それでも現代人は、孤独感というものに背を向けながら、個人主義的な傾向や自分の欲望を実現しようとしますから、人に対する思いやり、優しさを失っています。傷ついた人や社会的に弱い人への慈しみや労りも少なくなり、人間の理性的なこころが育まれていないと思います。

 

このような孤独感や愛された経験が少ないことが、結局、人間の生きる力を損なっていると思います。

その歪みが、精神的安定を失ったり、こころの傷となり、あるいは自分自身を見失ったりする問題(自己喪失感)を生んでいると考えます。

 

人間が、このような社会構造の中で生きていくには、自分の存在をどの枠組みで捉えるかと言うことが大切になってくると考えます。

それが生きるための土台になると言えます。

 

その要素には人によって考え方が違うと思いますが、少なくとも3つあると思います。

それは、

「自己」

「社会」

「自然」です。

 

私たちが生きていく上での「生活の枠組み」です。

 

人はこの3つの要因によって健康的な関係を構築し、バランスを取りながら生きているのです。この3つの関係が上手くいくと、人は充実感を持って「健康」でいられ、将来に「希望」が持てると考えます。

 

しかし、私はこれだけでは不足だと考えます。

私はこれに、もうひとつ大切な要素が必要だと考えます。

それは、人間を超越した「神」(※)というものを加えて、4つの要素で「生活の枠組み」を構成しているという概念を持っています。

 

つまり、

「自己」

「社会」

「自然」

「神」です。

 

(※)但し、ここでひとつ注意しておきたいのは、私は「神」という存在を、宗教的な概念での「神格化」されたカリスマ的な存在や、絶対帰依の対象とは考えていないのです。宇宙、森羅万象を司る、普遍的、且つ、本質的なものの「象徴」として捉えています。

 

私個人の話になりますが、以前私は、ある新興宗教を信仰していました。しかし今になって思うと、信仰心というより、「神とは何ぞや」「神の正体とは何か」という「好奇心」であったのだと思います。「尊敬」や「畏怖」や「崇拝」としての対象ではありませんでした。

 

その時、熱心に教義を学び、献金奉仕や入信者の勧誘をしていました。教義自体は私の考えとウマが合っていたので受け入れやすく、その教祖(故人)のことを徹底的に追究しようと思い、その宗教法人の専従者(職員)になりました。

 

専従者になって、一信徒ではなく教団の運営をしていかなければならない立場になり、たくさんの信者さんへの指導や叱咤激励、祭祀での儀式、信者さんへの献金奉仕や入信者獲得のモチベーションアップのための実践などなど。

結局は、普通の会社と何ら変わりのない「人・物・金」集めに翻弄する毎日でした。

教団を維持していく為にはそれが専従者としての仕事ですから、割り切って一生懸命やっていました。

 

しかし専従者として、教義を説いた教祖のことをもっと知ろうと奥座敷を追究していくうちに、教祖も一人間であり、決して神と呼ばれる存在の化身ではなく、ひとりの思想家であり哲学者でもあり、崇拝する対象の象徴としての偶像的な御神体はありましたが、私の望む「神とは何ぞや」「神の正体とは何か」というもの。つまり、それまで思い描いていた「神」というものは存在しないということが分かったのです。

 

それで、その宗教法人の専従者を辞め、信仰自体からも離れ、「神」というものを、人間を超えた、宇宙、森羅万象を司る「大いなる存在」として捉えるようになり、実在はしないが実存する「原理原則・法則・摂理・真理・実相」それそのものであり、あらゆる全ての「力への意思」として捉えるようになりました。

 

その上で、これらの要素が人の生活の中で調和がとれているとき、肉体的にも精神的にも霊的にも健康に過ごすことができると考えます。

 

人は自分の生きることの意味や死を考える時、この地上の生命だけが全部だとは考えられない、根拠のない期待感を持っています。

だから、まるで宙をつかむように宇宙を科学する研究が行われているのだと考えます。

 

どんなに一生懸命に働いても死んでしまえば全て終わりだとなると、人生は虚しくなってきます。

ですから人は、全てのものを司る、全知全能で、我々を統治して、救世主としての「Who(誰)」かを切望しています。

私はそれを「大いなる存在」だと言っています。

 

どの民族でも古い遺跡から宗教的装飾品や祭壇、あるいは神の像が発掘されています。人間のこころの深層部に魂の渇きがあって、神を必要としていたのだと思います。それを名づけるなら「魂の渇き」あるいは「魂に絶対必要な何か(What)」と呼べるでしょう。

 

魂はこころの深層部(いわゆる潜在意識の領域を含む)にあって、人間を身体的・精神的・霊的に根底から支えている土台であると考えます。それはまた、人生に意味や価値観を与えるもので、「人生を歓喜に満たせてくれるエネルギー源」ともいうべきものです。

 

ここで魂(soul)とメンタルヘルス(心の健康)について、どのように関わっているのかを考えてみたいと思います。

 

人はみんな何かを頭脳で合理的に計算したり、言語化したりします。そしてそれを合理性、科学性と言った枠組みで構築し、それを重視して基準としています。

しかし、この世界とか、あるいは、世界の出来事は、合理的に説明できるものだけで出来ているとは考えられません。

つまり、もっと神秘的な世界、人間の能力では到底、理解できない「しかけ」「意思」があると考えます。

その神秘的な世界は、しばしば人間の能力を超えていますから、超科学的、超合理的な世界です。

 

人間は健康な時には合理性を頼りにしていますが、挫折や死に直面した時に、それを合理性で片づけて、それで全て終わりであると言って納得できるものではありません。

もっと別の世界があるのではないかと考えます。つまり、死後の世界、神秘的な世界があることを人間は希望します。

 

そのスピリチュアルな世界を、医療の世界においてメンタルヘルスの一助として目を向ける必要があると考えます。

 

つまり治療者は、危機に直面している人と接しているときには、人間を超えた世界を認める世界観に立ってカウンセリングする必要があるのです。

 

それを信じようとすることで、自分の存在意義が安定化していきます。例えば、偶然に生命を得たというような考え方から変わって、自分の人生には目には見えない存在からの意思や目的があるのではないかと考えることができます。

また、想像豊かに未知の世界が広がっていきますから、大きな広がりの中で自分を捉えることができます。そしてそこから人に対する謙虚さや、自分の生命に対する畏敬を学ぶのです。

 

私が過去にカウンセリングしてきた方々の問題の一つに、視野の狭窄というのがあると考えました。視野の狭さ、客観性の欠如、広義的な視点の喪失があると考えます。広い視野を据えると、自分を客観的に見ることができます。

すると自分ひとりよがりの価値観や、自分の過去に縛られている自分がよく見えてきます。

すると、行き詰った時でも、広い視野から眺め直すことによって、新たな道が見えてきます。

 

スピリチュアリティとは、人間には超人間的なものを掴みたいとか、あるいは万物の本質は何かを知りたいという欲求があることです。

スピリチュアルな側面に目を向ける時、人はもっと自由で解放された人生観を持つことが可能になるのです。

 

私はクライアント様にカウンセリングする時、スピリチュアルな要素が必要な方には、そのような面からアプローチします。

 

そういった意味で『人・社会・自然・神』の4つで、「生活の枠組み」を作ることで、人はあらゆる危機を乗り越え、生きることができると考えます。

生きる意味とか、赦し合いとか、本当の意味で自分を受け入れる「自己受容」とか死後の問題について疑問を持つとき、この4つの要素で考える必要があります。

 

もちろん、このような考え方を教唆するのではありません。カウンセラーは、自分が信じる枠組みを持っていることで、ぐらつかずに、何者にも恐れずに対応できるのです。同じ考え方を持っていない方でも、一緒に新たな可能性を探索できる余裕ができるのです。

 

このような対応をして行くと、クライアント自身が模索を繰り返し乍ら、自分なりの解答を見つけて、納得して、その結果として生き方が変わっていきます。

生き方が変わるという事は、自分の人生への受け止め方が変わるという事です。自分の人生を無意味とか辛いとか思っていたのが変わって、自分の人生を積極的に受け止められるように変わるという事です。

 

「大いなる存在」が私の人生を知っていて下さり、私の存在を承認し、私にも人間としての使命を与えて下さると信じられるようになります。

 

それまで悩み苦しんでいたことも、自分にとって有益なことになっていくのです。つまり、無益なことなど何もないと思えるようになってきます。

自分が「大いなる存在」とつながっていると知って、初めて自分が自分を受け入れるようになっていくのです。

言い換えると、自分に「OK!」と言えるようになるのです。無条件な赦しのこころです。

 

それは、生きてるうちに新しく生まれ変わるというとです。

自分の人生との積極的受容関係と言えます。

 

ホリスティック医学の定義では「身体・精神・魂」の全人的なケアが明記されています。

 

これからは「魂の医療」の時代に入ります。

人間の本質を診なければ、ただの対処療法に過ぎません。

本当に人を癒すと言うならば、「身体」「精神」そして「いのち(魂)」に対して、ダイナミックな生命の躍動がある状態が「健康」であることを意識することが大切であると考えます。

言い換えれば「いのち」のときめき、人間、初々しい心を保ちつつ、終わりなき自己実現の道を歩んでこそ、「いのち」がときめくことを忘れないで生きていきたいものです。

 

メンタルケアやストレスマネジメントに携わるカウンセラー、セラピスト、ヒーラー、コーチの方々にも、大切なクライアント様に対し、本当の癒しを提供する上において、ぜひ、この考え方を共有していきたいというのが私の願いです。

 

最後まで、ご高覧ありがとうございました。

 

     メンタルヘルスナビゲーター

               K・HAMANO

 

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

【おすすめ商品】

・ホリステックから観た「新型コロナウイルス」

・眠れない方に「瞑想サプリ」

 

新型コロナウイルスへの霊性と統合 (青林堂ビジュアル)

Amazon(アマゾン)

950円

 

セロトニン誘導体 瞑想サプリ(ハードカプセル) 350mg×90粒

Amazon(アマゾン)

2,198〜3,900円

 

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

 

【次世代型 療院構想とは?】

 

①西洋医療一辺倒の治療ではなく、「相補・代替・補完・伝統医療」を併せ持った統合医療で、「メンタルヘルス」に特化した、全人的なサポート(身体・精神・社会・スピリチュアル)をおこない、クライアントの「自然治癒力」と「潜在能力」を活かすための援助をし、真の健康人を培う医療の在り方を実現する。

 

②「ホリスティック医学」の定義に基づいて、数多ある「相補・代替・補完・伝統医療」をクライアント自ら選択・統合し、治療側主体の医療体制から、クライアントの主体性を尊重した医療の在り方を実現する。

 

③治病効果の高い、再現性のある「相補・代替・補完・伝統医療」に於いて、健康保険証(共済・国保・社保・船員保険)が使えるように、国に対して法整備を求めていく。また「自立支援受給者制度」に於いても、クライアントの所得に応じて限度額の適用ができるように法改正を求めていく。

 

④「精神疾患患者」「発達障害者」「不登校児童」「触法精神障害者」「ゆとり教育の若者世代・ニートの引きこもり」「DVに悩む家族」「子育てに悩むシングルマザー」「団塊の世代の老後の社会不安」「孤独な独居生活の高齢者」などに対して寄り添うことで、ライフスタイルを改善し「自ら癒す」力を培う姿勢を援助する。

 

⑤行政をはじめ各医療機関や社会福祉協議会、精神保健福祉センターなどと連携を取り「相補・代替・補完・伝統医療」を、受け身ではなく、セラピスト等が各家庭や施設等に赴いて施術やセッションを提供し、全人的なサポート(身体・精神・社会・スピリチュアル)を導入することにより、革新的な「メンタルヘルス」に取り組む。

 

⓺全国各地に「次世代型 療院構想」を推し進め、地方自治体・各医療機関・NPO法人・ボランティア団体などと連携を組み、社会資源の活用と、ホリスティックな「メンタルヘルス」の在り方を拡充する。

 

《ホリスティック医学の定義》

 

1.ホリスティック(全的)な健康観に立脚する

人間を「体・心・気・霊性」等の有機的統合体ととらえ、社会・自然・宇宙との調和にもとづく包括的、全体的な健康観に立脚する。

 

2.自然治癒力を癒しの原点におく

生命が本来、自らのものとしてもっている「自然治癒力」を癒しの原点におき、この自然治癒力を高め、増強することを治療の基本とする。

 

3.患者が自ら癒し、治療者は援助する

病気を癒す中心は患者であり、治療者はあくまでも援助者である。治療よりも 養生、他者療法よりも自己療法が基本であり、ライフスタイルを改善して患者自身が「自ら癒す」姿勢が治療の基本となる。

 

4.様々な治療法を選択・統合し、最も適切な治療を行う

西洋医学の利点を生かしながら中国医学やインド医学など各国の伝統医学、心理療法、自然療法、栄養療法、手技療法、運動療法、などの各種代替療法を総合的、体系的に選択・統合し、最も適切な治療を行う。

 

5.病の深い意味に気づき自己実現をめざす

病気や障害、老い、死といったものを単に否定的にとらえるのでなく、むしろその深い意味に気づき、生と死のプロセスの中で、より深い充足感のある自己実現をたえずめざしていく。  

 

 NPO法人 日本ホリスティック医学協会

           (1987年 制定)

 

 

アメリカの「統合医療」の第一人者である、アンドルー・ワイル博士は「統合医療の定義」を以下のように提唱しています。

 

1.「病気」と「治療」ではなく「健康」と「治癒」に医療の力点を置く。

 

2.患者を「故障した機械」としてではなく、「精神的・感情的・霊的な実在」として、また「コミュニティの一員」として「全人的」に診る。

 

3.検査結果の数値だけではなく、患者のライフスタイル(食習慣・運動習慣・ストレス対処法など)を診る。

 

4.患者と他者との「人間関係」のあり方をはじめ、自然・社会・世界・神などの超越的存在・担当医との関係など、あらゆる「関係性」を重視する。

 

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

   

      ほっこりアンケートほっこり

「いいね!」をつけてくださった方には、下記のリンクをクリックしていただき、アンケートにご回答していただければ幸いです。ご協力お願い致します。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

次世代型 療院構想の関心度アンケート(こちらをクリック!)

(現在のアンケート結果)

 

そして、どのような形で「次世代型 療院構想」にご参加頂けるのかを含めた、「事前参加申し込みフォーム」を御用意しています。

 

「次世代型 療院構想」事前参加申し込みフォームは、こちらをクリック!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

「次世代型 療院構想」事前申し込みフォーム

 

※お名前とメールアドレスを記入し、そしてどのような形で参加したいのかを選択いただければ、住所や電話番号は必須ではありませんので、ご記入いただかなくても構いません。

 

参加種別の内訳を説明しますと、

 

①当社の運営側(役員・社員)として参加したい。

これは当社の運営事務局に於いて、「渉外担当」「会員管理部門」「相談窓口」「総務」「広報担当」の五つの部門で、運営に携わっていただける方を示します。

 

②「専門会員として参加したい」

これは、数多ある「補完代替医療」のセラピスト・カウンセラー・ヒーラー・コーチ等のスキルをお持ちの先生方で、実際現場でクライアント様へのセッションやカウンセリング等を行っていただき、報酬を受け取っていただく方を示します。

 

③「一般会員として参加したい」

これは、上記のスキルをお持ちでない方で、「次世代型 療院構想」に関心がある方を示します。一般会員は、専門会員の行うセッション等を受療したい場合、一般会員価格で割引させていただきます。

 

④「支援者」として参加したい。

これは、当社の発展の為に、寄付や広報などの支援をしていただける方を示します。

また、支援者には専門会員が行うセッション等を支援者割引として受療頂けます。

 

⑤「オブザーバー」として参加したい。

これは、当社の会議等で、議決権を有する権利はないが、第三者として当社の発展の為に相談や人材発掘等をして頂ける方を示します。(医療関係者・補完代替医療の有識者など)

 

⑥「コンサルティング」として参加したい。

これは、起業から運営まで、有料で会社運営を具体的にコンサルタントして頂ける方を示します。

 

⑦「その他」

これは、上記に当てはまらない種別で、当社の発展に貢献していただける方を示します。

 

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★ 

   【無料メルマガご登録者募集中!】

 

この無料メルマガでは、様々な成功哲学や、その原理原則を机上の空論ではなく、確実に実力をつけていただき、笑顔と成功に近づく為に、実践していただくためのマンツーマン方式を採用しています。

 

6日間セミナーと題してますが、実際には以下のような23項目の内容で、23日間、毎日22時に、ご登録者にメルマガが配信されます。

 

たった1週間で「なりたい自分になる」自己改革メソッド  


 ・   「目標達成のピラミッド」   
 ・   「中目標」と「小目標」について  
 ・   「潜在意識」の活性化を図って夢の実現に

   向かうトレーニング   
 ・    成功するための時間管理術  
 ・    「思い切った行動」   
 ・    思い切った行動をとる為の

   【7つのポイント】 

 ・   「加速された学習」   
 ・   「違いをもたらす違い」 
 ・   「比較の対象」と「比喩表現の土台」   
 ・   「モデリングと学習」   
 ・   「アプローチの改善」①  
 ・   「アプローチの改善」②   
 ・   「フィードバック」  
 ・   上手くいっていないときは

   「 違うことをやれ!何でもいいから!」

 ・    「思いっきり自分のアプローチを変える」    

 ・    「リーダーシップ」  
 ・    「ラポール」全ての開かれたコミュニケー             

   ションの土台                                                                                                             

 ・    ラポール形成の具体例  
 ・    相手と同じくらいに相手のことを大切に思

   うということ  
 ・    「相手のニーズに置きかえて、自分のニ

   ーズを説明すること」   
 ・    「次のレベルも勉強をすることで夢実現の

   可能性に、より一層近づける!」  
 ・    「個人コンサルについて」

 

これらの内容を、実際にチャレンジしていただき、全ての項目にQ&Aのフォームをつけていますので、疑問点や質問等がございましたら、私と直接、無料でやりとりをすることができます。

 

私は過去に精神疾患(うつ病)で病んでいて、精神安定剤の「薬物依存症」から完全に断薬に至るまでに、この原理原則に適った成功哲学を愚直に実践し、1年半で完全な克服を果たすことができました。

 

なので、メンタル面でお悩みの方や、真剣に大きな夢を持っていて、実現できる力を体得したい方には、自信を持って、このセミナーを推奨します。

 

~ご登録はこちらをクリック!~

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

 

 

 

(REQU お悩み相談 リニューアル致しました!)

 

~ あなたのお悩みを聴かせてください~

Twitter 連動

 

 

 

応援よろしくお願い致します!音譜照れ 

↓↓↓↓↓↓↓ 

(ポチっといただければ、励みになります!)

 

 


 
 

人気ブログランキング

 

 

友だちになってくださる方は、こちらにご登録お願い致します。(^O^)

↓↓↓↓↓↓↓
友だち追加

ID:@xfj1248j

【次世代型 療院構想】構想実現の真のねらいとはチャンネル登録宜しくお願い致しますリンクyoutu.be

メンタルヘルスナビゲーターチャンネル

※補足動画(録画時間 20分56秒)

 

皆さん、こんにちは!

メンタルヘルスナビゲーターのK・HAMANOです!(^^♪

今日のお話は、まずは先般行われた自民党の総裁選挙についてですが、残念ながら私が党員として一票を投じた、高市早苗候補は3位に終わり、勝つことが出来ませんでした。

 

しかし、岸田新総裁のもと、自民党の政調会長の要職に決まり、党員を始め党友、一般者から多くの政策案や提言に耳を傾け、法案を立案する重要なポストに就任されました。

 

以前、私の選挙区の支部から党員に対して、何か政策案や意見があったら提出してほしいという手紙が送られてきたことがあり、私は、予てから政府に提言したいこととして温めていた、「補完代替医療にも健康保険証を適用できるようにしてほしい」という提案を文章にまとめ、選挙区の支部を通して自民党本部の政務調査会長室へ、その提言を提出されたことがありました。

 

その時は、審議対象にはならなかったのですが、今回、高市政調会長が就任されたことによって、高市政調会長は総裁選での公約で述べておられた、ベビーシッターや家政士の国家資格化を実現したいという提案を述べておられたくらいですから、再現性を備え、これまで多数の症例改善実績がある「補完代替療法の療法士の国家資格化」について、再度提案したら、彼女の器量で具体的な法案作りに取り組んでいただける期待が持てますので、衆議院解散総選挙が始まる前に、改めてこの提案を政策として審議いただけるように、私の選挙区の支部を通して、自民党本部の政務調査会長室へ再提出したいと思います。

 

さて、現在は新型コロナウイルスの緊急事態宣言が解除され、東京都での新規感染者は、今日は161人で、終息に向かっている状況にあり、酒類を提供する飲食業界や、これまでテレワークを強いられていた企業も、営業や出社が元通りに回復されつつあります。

 

しかし、これはまだ一時的な減少結果で、再び第6波や変異株のまん延が再び増加しないとも限りません。これから冬に向かっていくにつれて、毎年訪れるインフルエンザの流行も相まって、気を抜かず警戒感は持ち続け、うがい・手洗い・消毒・マスクの着用などの予防対策や、ワクチンの予防接種は必須であることには変わりありません。

 

ところで、現在取り組んでいる、補完代替療法士及び各種クリエイターとクライアント様とのマッチングサイトを運営する会社の設立準備についてですが、緊急事態宣言が解除されたこともあり、これまで頓挫していた計画も徐々に進んでおり、必ず今年中には開業したいと思います。

 

現在はマッチングサイトをプログラマーに依頼して、私の監修のもとで製作中であり、併せて、「次世代型 療院構想」のホームページ(開業する予定の会社の公式HP)を製作中です。サイトとホームページが完成間近になったら、会社設立の登記を取得します。

同時に、現在も募集中ですが、登記が取れたらハローワーク等で会社のスタッフの募集も行う計画でいます。開業当初は、とりあえず最低3名のスタッフを必要としています。

運営事務局の物件は、一応仮押さえしており、開業準備が完了したら賃貸契約致します。

 

新型コロナ感染者が減少傾向にあり、ワクチン接種者の普及によって、3密を避ける警戒も緩和していくと思いますので、補完代替療法の療法士とクライアント様との対面での様々な補完代替療法のセッションも可能になってきます。

 

しかし、いくらコロナ感染者が減少していると言えども、このコロナ禍の影響により、通称「コロナ鬱」と呼ばれるうつ病など、精神的にダメージを受けた方は数知れません。

また、コロナ禍の為に自殺された方も数多く、精神疾患を患っていた方が重症化または障害者となってしまった事実からは目を背けられません。

コロナ感染対策で感染予防はできますが、心に負った傷というものは、そう簡単に回復できるものではありません。

未だに、水面下では多くの精神疾患に苛まれている方や、生活していく上に於いて重い悩みを抱えていらっしゃる方は大勢いらっしゃいます。

 

そのような方々を救済するには、薬物療法中心の西洋医療一辺倒での治療や、社会資源の制度の活用だけでは限界があり、クライアント様が「自ら癒す力を培う」(セルフケア)援助を行える存在が不可欠であり、そのため、「メンタルケア」に特化した補完代替療法士及び各種クリエイターによる活躍のニーズが大きく求められています。

 

これからの医療、とりわけメンタルヘルスに於いては「ホリスティック医学」の定義に基づいた医療の提供が普及される時流に入っていくことは確実で、身体・精神・スピリチュアル(霊性)を兼ね備えた「全人的医療」が医療の中核を成し、医療者側優位の医療体制から、患者の主体性を尊重した患者中心の医療に変遷していくでしょう。

 

補完代替医療は、これまでは西洋医療を「補うもの」「代わりになるもの」として優劣の壁が存在していましたが、これから次世代の医療では、補完代替医療も、確固たる医療のひとつとして世間に周知されていくことが間違いなく期待できます。それは、補完代替医療における治病効果の実績がそれを物語っています。

これまでは、西洋医療一辺倒の医者や製薬会社の既得権益で、その壁を崩すことが出来ませんでしたが、このコロナ禍によって、現在の医療体制の限界と、開業医がコロナ感染患者を診ないという不条理さが明らかになったことによって、補完代替医療に対しての国民の見方が変わりつつあります。

 

私が提唱する「次世代型 療院構想」は、その時流に乗って、まさに次世代の医療体制の中核を成す概念であり、この度の会社設立を決断したのも、それを具現化させるための第一歩であり、最終的に目指すところは、西洋医療と補完代替医療とが、それらの利点を活かしながら「統合医療」という形で、患者の治療にあたることによって、よりクオリティの高い、よりナチュラルな医療を提供できることであります。

 

その雛形として「療院」というものを建設し、急性期には療院に駐在する医師から、西洋医療の治療を受けながら、併せて、患者ひとり一人に合った、再現性が備わった、多くの症例改善実績のある補完代替医療を「健康保険証」が適用できるよう制度化し、これまでは補完代替療法は全額自己負担であったものが、「健康保険証」が適用できるよう、診療報酬制度を改革し、貧富の格差なく受療したい医療を、患者自ら選択できる複合型施設を建設し、それを全国に展開していくことが、私の夢であり、且つ、私の人生最期の集大成であります。

 

いくら医療技術が発達し、次々と新薬が開発されようとも、それを受けるのは生身の人間であり、患者は故障した機械ではないのですから、病の治療と言うものは、本来、生物としての自然療能力(自然治癒力)を高めることや潜在能力の開花によって、免疫力を高め、疾病にかかったとしても重症化せずに回復に向かうことが出来、予防医学の観点や残存機能維持の観点からも、自然の摂理に則った方法で治療を受けることが理想であると考えます。

 

それが「統合医療」の目指すところであり、中庸を保ってどっちにも偏らず、自然人として真の健康人たるに相応しいライフスタイルを生涯に渡って全うすることが、本来の癒しと言うものではないでしょうか。

私にとって、それを実現させることが「次世代型 療院構想」の真のねらいなのです。

 

最後までご高覧ありがとうございました。

 

メンタルヘルスナビゲーター

           K・HAMANO 

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

 

 

《次世代型 療院構想とは?》

 

①西洋医療一辺倒の治療ではなく、「相補・代替・補完・伝統医療」を併せ持った統合医療で、「メンタルヘルス」に特化した、全人的なサポート(身体・精神・社会・スピリチュアル)をおこない、クライアントの「自然治癒力」と「潜在能力」を活かすための援助をし、真の健康人を培う医療の在り方を実現する。

 

②「ホリスティック医学」の定義に基づいて、数多ある「相補・代替・補完・伝統医療」をクライアント自ら選択・統合し、治療側主体の医療体制から、クライアントの主体性を尊重した医療の在り方を実現する。

 

③治病効果の高い、再現性のある「相補・代替・補完・伝統医療」に於いて、健康保険証(共済・国保・社保・船員保険)が使えるように、国に対して法整備を求めていく。また「自立支援受給者制度」に於いても、クライアントの所得に応じて限度額の適用ができるように法改正を求めていく。

 

④「精神疾患患者」「発達障害者」「不登校児童」「触法精神障害者」「ゆとり教育の若者世代・ニートの引きこもり」「DVに悩む家族」「自殺者・孤独死の撲滅」「子育てに悩むシングルマザー」「団塊の世代の老後の社会不安」「孤独な独居生活の高齢者」などに対して寄り添うことで、ライフスタイルを改善し「自ら癒す」姿勢を援助をする。

 

⑤行政をはじめ各医療機関や社会福祉協議会、精神保健福祉センターなどと連携を取り「相補・代替・補完・伝統医療」を、受け身ではなく、セラピスト等が各家庭や施設等に赴いて施術やセッションを提供し、全人的なサポート(身体・精神・社会・スピリチュアル)を導入することにより、革新的な「メンタルヘルス」に取り組む。

 

⓺全国各地に「次世代型 療院構想」を推し進め、地方自治体・各医療機関・NPO法人・ボランティア団体などと連携を組み、社会資源の活用と、ホリスティックな「メンタルヘルス」の在り方を拡充する。

 

《ホリスティック医学の定義》

 

1.ホリスティック(全的)な健康観に立脚する

人間を「体・心・気・霊性」等の有機的統合体ととらえ、社会・自然・宇宙との調和にもとづく包括的、全体的な健康観に立脚する。

 

2.自然治癒力を癒しの原点におく

生命が本来、自らのものとしてもっている「自然治癒力」を癒しの原点におき、この自然治癒力を高め、増強することを治療の基本とする。

 

3.患者が自ら癒し、治療者は援助する

病気を癒す中心は患者であり、治療者はあくまでも援助者である。治療よりも 養生、他者療法よりも自己療法が基本であり、ライフスタイルを改善して患者自身が「自ら癒す」姿勢が治療の基本となる。

 

4.様々な治療法を選択・統合し、最も適切な治療を行う

西洋医学の利点を生かしながら中国医学やインド医学など各国の伝統医学、心理療法、自然療法、栄養療法、手技療法、運動療法、などの各種代替療法を総合的、体系的に選択・統合し、最も適切な治療を行う。

 

5.病の深い意味に気づき自己実現をめざす

病気や障害、老い、死といったものを単に否定的にとらえるのでなく、むしろその深い意味に気づき、生と死のプロセスの中で、より深い充足感のある自己実現をたえずめざしていく。

     

「NPO法人 日本ホリスティック医学協会

(1987年 制定)」

 

 

 

アメリカの「統合医療」の第一人者である、アンドルー・ワイル博士は「統合医療の定義」を以下のように提唱しています。

 

1.「病気」と「治療」ではなく「健康」と「治癒」に医療の力点を置く。

 

2.患者を「故障した機械」としてではなく、「精神的・感情的・霊的な実在」として、また「コミュニティの一員」として「全人的」に診る。

 

3.検査結果の数値だけではなく、患者のライフスタイル(食習慣・運動習慣・ストレス対処法など)を診る。

 

4.患者と他者との「人間関係」のあり方をはじめ、自然・社会・世界・神などの超越的存在・担当医との関係など、あらゆる「関係性」を重視する。

 

 

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

   

      !?アンケート!?

 

「いいね!」をつけてくださった方には、下記のリンクをクリックしていただき、アンケートにご回答していただければ幸いです。

ご協力お願い致します。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

次世代型 療院構想の関心度アンケート(こちらをクリック!)

 

マッチングアプリ是非についてのアンケート

マッチングアプリ導入についてのアンケート

 

そして、どのような形で「次世代型 療院構想」にご参加頂けるのかを含めた、「事前参加申し込みフォーム」を御用意しています

 

「次世代型 療院構想」事前参加申し込みフォームは、こちらをクリック!↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

「次世代型 療院構想」事前申し込みフォーム

 

※お名前とメールアドレスを記入し、そしてどのような形で参加したいのかを選択いただければ、住所や電話番号は必須ではありませんので、ご記入いただかなくても構いません。

 

参加種別の内訳を説明しますと、

 

①会社の運営側「発起人」(取締役・役員・社員)として参加したい。

これは会社の「取締役(代表取締役社長・専務取締役・常務取締役)」「渉外担当」「会員管理部門」「広報・イベント・企画部門」「相談窓口」「総務」「法務部門」の七つの部門で、会社運営に携わっていただける方を示します。(兼務有り)

 

②「専門会員として参加したい」

これは、数多ある「補完代替医療」のセラピスト・カウンセラー・ヒーラー・コーチ・各種療術家等のスキルをお持ちの先生方で、実際現場でクライアント様へのセッションやカウンセリング等を行っていただき、報酬を受け取っていただく方を示します。

 

③「一般会員として参加したい」

これは、上記のスキルをお持ちでない方で、「次世代型 療院構想」に関心がある方を示します。一般会員は、専門会員の行うセッション等を受療したい場合、一般会員価格で割引させていただきます。

 

④「支援者」として参加したい。

これは、当社の発展の為に、寄付や広報などの支援をしていただける方を示します。

また、支援者には専門会員が行うセッション等を支援者割引として受療頂けます。

 

⑤「オブザーバー」として参加したい。

これは、当社の会議等で、議決権を有する権利はないが、第三者として当社の発展の為に相談や人材発掘等をして頂ける方を示します。(医療関係者・補完代替医療の有識者など)

 

⑥「コンサルティング」として参加したい。

これは、「会社」としての起業に精通した方で、起業から運営まで、有料で当社の起業と運営を具体的にコンサルタントして頂ける方を示します。

 

⑦「その他」

これは、上記に当てはまらない種別で、当社の発展に貢献していただける方を示します。

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

  【おすすめ商品】

 

セロトニン誘導体 瞑想サプリ(ハードカプセル) 350mg×90粒

Amazon(アマゾン)

2,198〜3,900円

(リラックスできて心地よく眠れます!私も飲んでいます)

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

 

(REQU お悩み相談 リニューアル致しました!)

 

~ あなたのお悩みを聴かせてください~

Twitter 連動

 

 

 

 

 

 

応援よろしくお願い致します!音譜照れ ↓↓↓↓↓↓↓ 

(ポチっといただければ、励みになります!)

 

カテゴリー別はこちら!

 
 

 

 
代替療法ランキング

 
精神科・心療内科ランキング

 

 

 

友だちになってくださる方は、こちらのLINEにご登録お願い致します。(^O^)

ブログでは明かさない秘匿性の高い、有益な情報などを発信していきます。

↓↓↓↓↓↓↓
友だち追加

ID:@xfj1248j

 

皆様のご参加を、心よりお待ちしています。おねがい

 

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

本年8月を目標に、会社の設立を目指しています。

事業内容は、主に多くの「補完代替医療」従事者の方々(セラピスト・ヒーラー・カウンセラー・コーチ・各種療術家)が、メンタルヘルスに特化したセッション等を、その対象となるクライアント様に有償で各セッションを行っていただき、当社から各「補完代替医療」従事者様に報酬をお支払いするシステムです。

参加ご希望の方は「次世代型 療院構想」事前申し込みフォーム

にクリックしてお申し込みをしていただきますようお願い致します。折り返し、こちらから具体的なご案内をさせていただきます。

 

メンタルヘルスナビゲーター

         K・HAMANO

 

 

「次世代型 療院構想」事前申し込みフォーム

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【次世代型 療院構想】近況報告と補完代替医療の健康保険証適用化についてチャンネル登録宜しくお願い致しますリンクyoutu.be

 

 

皆さん、こんにちは!

メンタルヘルスナビゲーターのK・HAMANOです!(^^♪

久しぶりのブログ更新となりました。

皆さん、いかがお過ごしでしょうか?

 

現在、私は「次世代型 療院構想」の具現化の為の会社設立に向けて、着々と準備を進めておりますが、先般申し上げた、10月1日の開業には、ちょっと準備に手間取っていて間に合いそうになく、開業がまた延期になってしまうことになりそうです。

 

理由としては、補完代替療法の療法士及び各種クリエイターと、クライアント様とを結ぶマッチングサイトの製作が、発注した製作会社がプログラマーをテレワークにしているため遅延しており、また公式ホームページ作成の準備も滞っています。

 

また会社を立ち上げるに於いて、最低限必要なスタッフが確保出来ておらず、孤軍奮闘で寝食を忘れて、私一人で開業準備に取り組んでいるので、開業準備のためにやらなければならないことがたくさんあり、費用面において、高額にかけるべきところはかけ、低コストに抑えるところは抑えるための判断が、まだまだ勉強不足の為に思った以上に難しく、どの部分に力点を置くかを、全体のバランスを見極めながら、事業計画書に則って準備をしているため、見誤った選択をしないようにするために、想定以上に時間がかかってしまってます。

 

さて、私が住む東京都では、まだ緊急事態宣言の解除はされてませんが、新規感染者の数が1,000人台から100人台に減ってきており、今月の30日までの延長期限には、緊急事態宣言が解除されることが期待されます。ですが、まだまだ油断はできないので、予防対策は入念におこなっています。

 

ところで現在、自民党の総裁選挙が行われており、高市早苗候補が、総裁になった暁には、女性に何を求めたいかと言う質問に対し、

 

「介護でも色々苦労したが、家政士やベビーシッターを(介護で)活用した場合、代金のうち税額を軽減する措置(が必要だ)。家政士は国家資格じゃないので、(国の予算で)支援する体制にならなかった。でも、よく調べたら(家政士やベビーシッターを認定する)団体は各1つしかない。(国家資格にして)応援したい。」

 

と述べており、ベビーシッターや家政士の国家資格化について言及しています。また、菅首相は「不妊治療の健康保険適用化」に向けて法整備を公約しています。

このことに鑑み、私が現在「次世代型 療院構想」の中で掲げている「補完代替療法士」が行う、専門的なセッションやセラピー、コーチングなどについて、治癒力(治病効果)あるいは予防医学・残存機能維持の観点から、再現性が高い療法については、「健康保険証」が適用できるようにしていただきたいと謳っており、現在は民間療法として全額自己負担になっている各種療法を、治癒力(治病効果)に於いて再現性が高いものについては、『国家資格化』し、「健康保険証」が適用できる法整備をおこなっていただきたと思っています。

 

高市早苗候補は、このような画期的な政策を打ち出しているので、その時流に乗って、現在の医療体制において、西洋医療一辺倒ではなく、西洋医療の利点を活かしつつ、補完代替医療を取り入れていく「統合医療」の観点から、厳選された再現性の高い「補完代替療法」について『国家資格化』の期待を込めていきたいと思います。

その為、私は自民党員なので総裁選挙の選挙権があるので、今回の自民党総裁選挙に於いては、高市早苗候補に一票を投じました。

 

次期、衆議院解散総選挙に於いては、私の選挙区から立候補する候補者に対し、補完代替療法の一部の『国家資格化』と「健康保険証」適用化を求め、「健康保険適用化」が必要な根拠と、世相のニーズ、選りすぐった症例改善実績等を提示し、政権公約として掲げていただくよう働きかけて参ります。

 

もちろん、西洋医療で既得権益を得ている医師会や製薬会社などからは猛反対を喰らうことは分かっています。ですが、薬物療法を中心とした西洋医療だけでの治療には治癒力(治病効果)に限界があることは、各診療科目の医師たちも、当然、気付いているはずです。

 

それに

日本補完代替医療学会 (jcam-net.jp)

では、莫大な量の補完代替療法で、様々な疾病に対しての改善効果を立証しているので、これらのデータによって、これを国民に周知することに力を入れて、普く多くの方々が、貧富の格差なく、高い治癒力(治病効果)が再現化されている補完代替医療によって、心身の疾病等の治療や予防医学・残存機能維持のための療法を受けられるように、働きかけていくための法整備につながる起爆剤になることが期待できます。

 

なので、補完代替医療の「健康保険証」適用化を法整備することによって、既得権益に溺れている西洋医療一辺倒の医師たちや製薬会社に対して一矢を報い、医療者側優位の体制を打ち壊し、患者の主体性を尊重した医療の在り方に改革すべく、ホリスティック医学の定義 | NPO法人 日本ホリスティック医学協会 (holistic-medicine.or.jp)に根差した医療を提供できるようにしていくことこそが、次世代の医療の在り方だと信じています。

 

最後までご高覧ありがとうございました。

 

メンタルヘルスナビゲーター

         K・HAMANO

 

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

【おすすめ商品】

・ホリステックから観た「新型コロナウイルス」

・眠れない方に「瞑想サプリ」

 

新型コロナウイルスへの霊性と統合 (青林堂ビジュアル)

Amazon(アマゾン)

950円

 

セロトニン誘導体 瞑想サプリ(ハードカプセル) 350mg×90粒

Amazon(アマゾン)

2,198〜3,900円

 

 

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

 

【次世代型 療院構想とは?】

 

①西洋医療一辺倒の治療ではなく、「相補・代替・補完・伝統医療」を併せ持った統合医療で、「メンタルヘルス」に特化した、全人的なサポート(身体・精神・社会・スピリチュアル)をおこない、クライアントの「自然治癒力」と「潜在能力」を活かすための援助をし、真の健康人を培う医療の在り方を実現する。

 

②「ホリスティック医学」の定義に基づいて、数多ある「相補・代替・補完。伝統医療」をクライアント自ら選択・統合し、治療側主体の医療体制から、クライアントの主体性を尊重した医療の在り方を実現する。

 

③治病効果の高い、再現性のある「相補・代替・補完・伝統医療」に於いて、健康保険証(共済・国保・社保・船員保険)が使えるように、国に対して法整備を求めていく。また「自立支援受給者制度」に於いても、クライアントの所得に応じて限度額の適用ができるように法改正を求めていく。

 

④「精神疾患患者」「発達障害者」「不登校児童」「触法精神障害者」「ゆとり教育の若者世代・ニートの引きこもり」「DVに悩む家族」「子育てに悩むシングルマザー」「団塊の世代の老後の社会不安」「孤独な独居生活の高齢者」などに対して寄り添うことで、ライフスタイルを改善し「自ら癒す」力を培う姿勢を援助する。

 

⑤行政をはじめ各医療機機関や社会福祉協議会、精神保健福祉センターなどと連携を取り「相補・代替・補完・伝統医療」を、受け身ではなく、セラピスト等が各家庭や施設等に赴いて施術やセッションを提供し、全人的なサポート(身体・精神・社会・スピリチュアル)を導入することにより、革新的な「メンタルヘルス」に取り組む。

 

⓺全国各地に「次世代型 療院構想」を推し進め、地方自治体・各医療機関・NPO法人・ボランティア団体などと連携を組み、社会資源の活用と、ホリスティックな「メンタルヘルス」の在り方を拡充する

 

《ホリスティック医学の定義》

 

1.ホリスティック(全的)な健康観に立脚する

人間を「体・心・気・霊性」等の有機的統合体ととらえ、社会・自然・宇宙との調和にもとづく包括的、全体的な健康観に立脚する。

 

2.自然治癒力を癒しの原点におく

生命が本来、自らのものとしてもっている「自然治癒力」を癒しの原点におき、この自然治癒力を高め、増強することを治療の基本とする。

 

3.患者が自ら癒し、治療者は援助する

病気を癒す中心は患者であり、治療者はあくまでも援助者である。治療よりも 養生、他者療法よりも自己療法が基本であり、ライフスタイルを改善して患者自身が「自ら癒す」姿勢が治療の基本となる。

 

4.様々な治療法を選択・統合し、最も適切な治療を行う

西洋医学の利点を生かしながら中国医学やインド医学など各国の伝統医学、心理療法、自然療法、栄養療法、手技療法、運動療法、などの各種代替療法を総合的、体系的に選択・統合し、最も適切な治療を行う。

 

5.病の深い意味に気づき自己実現をめざす

病気や障害、老い、死といったものを単に否定的にとらえるのでなく、むしろその深い意味に気づき、生と死のプロセスの中で、より深い充足感のある自己実現をたえずめざしていく。  

 NPO法人 日本ホリスティック医学協会

           (1987年 制定)

 

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★                

「いいね!」をつけてくださった方には、下記のリンクをクリックしていただき、アンケートにご回答していただければ幸いです。ご協力お願い致します。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

次世代型 療院構想の関心度アンケート(こちらをクリック!)

(現在のアンケート結果)

 

そして、どのような形で「次世代型 療院構想」にご参加頂けるのかを含めた、「事前参加申し込みフォーム」を御用意しています。

 

「次世代型 療院構想」事前参加申し込みフォームは、こちらをクリック!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

「次世代型 療院構想」事前申し込みフォーム

 

※お名前とメールアドレスを記入し、そしてどのような形で参加したいのかを選択いただければ、住所や電話番号は必須ではありませんので、ご記入いただかなくても構いません。

 

参加種別の内訳を説明しますと、

 

①「株式会社」の運営側(理事・役員・社員)として参加したい。

これは法人の事務局に於いて、「渉外担当」「会員管理部門」「相談窓口」「総務」「広報担当」の五つの部門で、運営に携わっていただける方を示します。

 

②「専門会員として参加したい」

これは、数多ある「補完代替医療」のセラピスト・カウンセラー・ヒーラー・コーチ等のスキルをお持ちの先生方で、実際現場でクライアント様へのセッションやカウンセリング等を行っていただき、報酬を受け取っていただく方を示します。

 

③「一般会員として参加したい」

これは、上記のスキルをお持ちでない方で、「次世代型 療院構想」に関心がある方を示します。一般会員は、専門会員の行うセッション等を受療したい場合、一般会員価格で割引させていただきます。

 

④「支援者」として参加したい。

これは、当社の発展の為に、寄付や広報などの支援をしていただける方を示します。

また、支援者には専門会員が行うセッション等を支援者割引として受療頂けます。

 

⑤「オブザーバー」として参加したい。

これは、当社の会議等で、議決権を有する権利はないが、第三者として協会の発展の為に相談や人材発掘等をして頂ける方を示します。(医療関係者・補完代替医療の有識者など)

 

⑥「コンサルティング」として参加したい。

これは、起業から運営まで、有料で会社運営を具体的にコンサルタントして頂ける方を示します。

 

⑦「その他」

これは、上記に当てはまらない種別で、当社の発展に貢献していただける方を示します。

 

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

 

 

 

(REQU お悩み相談 リニューアル致しました!)

 

~ あなたのお悩みを聴かせてください~

Twitter 連動

 

 

 

応援よろしくお願い致します!照れ 


 

 


 
 

人気ブログランキングへ

 

 

(録画時間 23:39)

 

皆さん、こんにちは!

メンタルヘルスナビゲーターのK・HAMANOです!(^^♪

 

本日のお話は、昨年の今日投稿したブログの複製を省みて、掲載させていただきました。

 

補完代替療法の療法士として、あるいは各種クリエイターが「心が折れやすい」クライアント様のカウンセリングにあたるときに必要な技法を、ひとつの参考とて受け取っていただけたら幸いです。

 

今日は、様々なクライアント様のタイプの中でも「心が折れやすい人の特徴と、その対処法」について、述べさせていただきたいと思います。

私は初めてのクライアント様に接するとき、そのクライアント様のストレス耐性やレジリエンスがどの程度なのか観察し、どのような分類の行動心理のパターンを持つタイプなのかを、相談を受ける前の雑談の中で、どの「心が折れやすいタイプ」の人か否かを見極めます

それによって、クライアント様の相談内容に対する質問の仕方や言葉を選び、また、アプローチの仕方を判断し、ラポール関係を築く上での指針を見出します。
 
その観察方法として、自己心理学を応用した、「心が折れやすい人」のパターンの分類とケアのポイントについて考察します。
 
・・・まあ、「心が折れやすい」って言っても、誰もがどこか折れやすいわけですし。私自身も、今でこそ相当なストレスやショックな出来事がない限り「心が折れる」ことはなくなりましたが、一昔前は、実に脆弱な挫折しやすいタイプでした(;^ω^)
 
では、「心が折れやすいタイプ」について、以下のパターンを基準に、「もし、折れるとしたらどのパターンにあてはまりそうか」という観点で読んでいただいても構いません。

【心が折れやすい人の行動】
 
【折れやすい人の行動1】
①謙虚ないい人
ミラーリング欲求が満足されていない。
 
 ②いい人を演じてしまう人
人からの頼みごとを断らない。結局自分の仕事が増え、オーバーロードになることが多い。

 
③ 人を喜ばせようとする人
自分は楽しまなくても、周りを楽しませよう、相手を楽しませようとする傾向が強い。

 
④ 自分の話はつまらないと思っている人
どうせ自分の話はつまらないし、自分の思いつきなんてとるにたらないと思っているので、引っ込み思案になりがちである。

 
【折れやすい人の行動2】
①動けない人
理想化欲求が満足されていない。
 
②決められない人
自分の希望を表明せず、いつも他人の意見に従う。決断が遅れる、あるいはできないことが多く、このためチャンスを逃してしまうことがある。

 
③失敗を恐れて動かない人
行動して失敗するよりも、なにもしないことを選ぶ傾向がある。

 
④比べる人
自分と他者を常に比べ、劣等感を持ちがちである。卑屈になったり、特定の人を簡単に崇拝しすぎることがある。

【折れやすい人の行動3】
①なじめない人
ツインシップ欲求が満足されていない。
 
②頑張りすぎる人
頑張りすぎてバーンアウトしてしまう。頑張らなければ、自分は認められないと思っている。そして、「頑張っていないのは、いけないことだ」、と思っている。

 
③隠れる人
どうしてもグループになじめないと感じている。人づきあいは最小限にして、目立たないように努力する。ただし、目立たないようにしていても、かえって行動が目立ってしまうことがある。

 
④違う人
自分は人と違っていると思い込んでいる。集団になじめない、あるいは、なじむことを諦めている。


 
概ね、以上の12のタイプに大別できると言われています。
それぞれのタイプに於けるサポートのポイントを説明します。、


<サポートのポイント>
行動パターン1→よいところを見つけ伝える。リフレーミング。ポジティブなフィードバック。良いこと日記をつける。

行動パターン2→目標となる人を見つけ、その考え方や行動を学ぶ。モデリング。目標達成のための行動計画を作る。

行動パターン3→所属意識を高めるために、集団のアクティビティーに参加する。他者と同じ所を見つける。
 
しかし、どのサポートに於いても、そのクライアント様が明確な目的意識を持っていただかないと、どのようなサポートを提案しようにも自己分析、自己受容、ラポール形成は図れません。
 
そこで、カウンセリング技法の基本に返って、クライアント様との「共感」とラポール形成を築くために、以下のことに心掛けます。
 

クライアント様にペーシングして、イメージを浮かべながら話を聞いているとき、カウンセラーは、非常に敏感な状態になってきます。

相手を全身で感じていると言ってよいでしょう。

 

そうした状態で話を聞いていると、身体に微妙な反応が出てきます。例えば、胃が痛くなったり、心臓がどきどきしたりといった、ちょっとした反応です。

こうした身体反応は、その人の感情の身体的な表れです。そうした身体的な反応は、実は、非常に深い感覚を表している場合があります。 

また、話し手と聴き手が、両方とも同じような身体感覚を持つこともあります。そういうときには、ふたりの身体が共振しているような感じになっています。

 

このような状態は、身体的に共感が起こっていると言えるでしょう。 なので、話を聴いているとき、自分自身の身体に起こる反応に注意をしていると、相手の気持ちをより深く理解する手掛かりになります。

自分の身体の反応が訴えようとしている感情が、相手の感情と同じだったりします。まるで、自分の全身が、アンテナになったみたいなものです。

 

カウンセラー自らクライアント様の言動に全神経を集中し、話を聴いていく中でミラーリングしていくと、クライアント様の感情や欲求が伝わってきます。
そのプロセスの中で、クライアント様の「行動パターン」を洞察し、どの「心が折れやすい」タイプかを見極めることが自然とできてきます。
クライアント様と、イメージングの中で一体化することで、その「心が折れやすい」タイプを、克服するための導引が可能になってきます。
 
それぞれの「行動パターン」で生じるコンプレックスやストレスを、ネガティブなものと認識させるのではなく、それらの行動パターンは無意識に自分で作り出している癖であり、特徴であることを、目を逸らさせることなく受容する「赦し」の境地に誘う様に、カウンセラーと共に二人三脚で導いていくことが肝心です。
 
その際、どのタイプであろうとも、カウンセラーは決して指導したり、安易に自立を妨げるようなアドバイスはしてはなりません。
 
クライアント様が、自ら納得して決意し、自己の行動に意識を向け、客観的に自分を捉えられ、自分に自信を持っていただけるよう、適切な言葉で誉め、勇気づけてあげます。
 
これにより、クライアント様が客観的に、それまでの自らの行動パターンに気づきを得て、心が折れやすいタイプであることを自覚できたら、克服するモチベーションが高まり、躊躇なく、それぞれのタイプに応じたサポートを受け入れて下さるようになり、自己改革に大きく前進できるものと考えます。
 
最後までご高覧ありがとうございました。
 
  メンタルヘルスナビゲーター
            K・HAMANO

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

【おすすめ商品】

・ホリステックから観た「新型コロナウイルス」

・眠れない方に「瞑想サプリ」

 

新型コロナウイルスへの霊性と統合 (青林堂ビジュアル)

Amazon(アマゾン)

950円

 

セロトニン誘導体 瞑想サプリ(ハードカプセル) 350mg×90粒

Amazon(アマゾン)

2,198〜3,900円

 

 

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

 

【次世代型 療院構想とは?】

 

①西洋医療一辺倒の治療ではなく、「相補・代替・補完・伝統医療」を併せ持った統合医療で、「メンタルヘルス」に特化した、全人的なサポート(身体・精神・社会・スピリチュアル)をおこない、クライアントの「自然治癒力」と「潜在能力」を活かすための援助をし、真の健康人を培う医療の在り方を実現する。

 

②「ホリスティック医学」の定義に基づいて、数多ある「相補・代替・補完。伝統医療」をクライアント自ら選択・統合し、治療側主体の医療体制から、クライアントの主体性を尊重した医療の在り方を実現する。

 

③治病効果の高い、再現性のある「相補・代替・補完・伝統医療」に於いて、健康保険証(共済・国保・社保・船員保険)が使えるように、国に対して法整備を求めていく。また「自立支援受給者制度」に於いても、クライアントの所得に応じて限度額の適用ができるように法改正を求めていく。

 

④「精神疾患患者」「発達障害者」「不登校児童」「触法精神障害者」「ゆとり教育の若者世代・ニートの引きこもり」「DVに悩む家族」「子育てに悩むシングルマザー」「団塊の世代の老後の社会不安」「孤独な独居生活の高齢者」などに対して寄り添うことで、ライフスタイルを改善し「自ら癒す」力を培う姿勢を援助する。

 

⑤行政をはじめ各医療機機関や社会福祉協議会、精神保健福祉センターなどと連携を取り「相補・代替・補完・伝統医療」を、受け身ではなく、セラピスト等が各家庭や施設等に赴いて施術やセッションを提供し、全人的なサポート(身体・精神・社会・スピリチュアル)を導入することにより、革新的な「メンタルヘルス」に取り組む。

 

⓺全国各地に「次世代型 療院構想」を推し進め、地方自治体・各医療機関・NPO法人・ボランティア団体などと連携を組み、社会資源の活用と、ホリスティックな「メンタルヘルス」の在り方を拡充する。

 

《ホリスティック医学の定義》

 

1.ホリスティック(全的)な健康観に立脚する

人間を「体・心・気・霊性」等の有機的統合体ととらえ、社会・自然・宇宙との調和にもとづく包括的、全体的な健康観に立脚する。

 

2.自然治癒力を癒しの原点におく

生命が本来、自らのものとしてもっている「自然治癒力」を癒しの原点におき、この自然治癒力を高め、増強することを治療の基本とする。

 

3.患者が自ら癒し、治療者は援助する

病気を癒す中心は患者であり、治療者はあくまでも援助者である。治療よりも 養生、他者療法よりも自己療法が基本であり、ライフスタイルを改善して患者自身が「自ら癒す」姿勢が治療の基本となる。

 

4.様々な治療法を選択・統合し、最も適切な治療を行う

西洋医学の利点を生かしながら中国医学やインド医学など各国の伝統医学、心理療法、自然療法、栄養療法、手技療法、運動療法、などの各種代替療法を総合的、体系的に選択・統合し、最も適切な治療を行う。

 

5.病の深い意味に気づき自己実現をめざす

病気や障害、老い、死といったものを単に否定的にとらえるのでなく、むしろその深い意味に気づき、生と死のプロセスの中で、より深い充足感のある自己実現をたえずめざしていく。  

 NPO法人 日本ホリスティック医学協会

           (1987年 制定)

 

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★                

「いいね!」をつけてくださった方には、下記のリンクをクリックしていただき、アンケートにご回答していただければ幸いです。ご協力お願い致します。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

次世代型 療院構想の関心度アンケート(こちらをクリック!)

(現在のアンケート結果)

 

そして、どのような形で「次世代型 療院構想」にご参加頂けるのかを含めた、「事前参加申し込みフォーム」を御用意しています。

 

「次世代型 療院構想」事前参加申し込みフォームは、こちらをクリック!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

「次世代型 療院構想」事前申し込みフォーム

 

※お名前とメールアドレスを記入し、そしてどのような形で参加したいのかを選択いただければ、住所や電話番号は必須ではありませんので、ご記入いただかなくても構いません。

 

参加種別の内訳を説明しますと、

 

①「株式会社」の運営側(理事・役員)として参加したい。

これは法人の事務局に於いて、「渉外担当」「会員管理部門」「相談窓口」「総務」「広報担当」の五つの部門で、運営に携わっていただける方を示します。

 

②「専門会員として参加したい」

これは、数多ある「補完代替医療」のセラピスト・カウンセラー・ヒーラー・コーチ等のスキルをお持ちの先生方で、実際現場でクライアント様へのセッションやカウンセリング等を行っていただき、報酬を受け取っていただく方を示します。

 

③「一般会員として参加したい」

これは、上記のスキルをお持ちでない方で、「次世代型 療院構想」に関心がある方を示します。一般会員は、専門会員の行うセッション等を受療したい場合、一般会員価格で割引させていただきます。

 

④「支援者」として参加したい。

これは、当社の発展の為に、寄付や広報などの支援をしていただける方を示します。

また、支援者には専門会員が行うセッション等を支援者割引として受療頂けます。

 

⑤「オブザーバー」として参加したい。

これは、当社の会議等で、議決権を有する権利はないが、第三者として協会の発展の為に相談や人材発掘等をして頂ける方を示します。(医療関係者・補完代替医療の有識者など)

 

⑥「コンサルティング」として参加したい。

これは、起業から運営まで、有料で会社運営を具体的にコンサルタントして頂ける方を示します。

 

⑦「その他」

これは、上記に当てはまらない種別で、当社の発展に貢献していただける方を示します。

 

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

 

 

 

(REQU お悩み相談 リニューアル致しました!)

 

~ あなたのお悩みを聴かせてください~

Twitter 連動

 

 

 

応援よろしくお願い致します!照れ 


 

 


 
 

人気ブログランキングへ

 

(録画時間 30:40)

 

皆さん、こんにちは!

メンタルヘルスナビゲーターのK・HAMANOです!(^^♪

昨年の今日、書かせていただいたブログの複製版を掲載させていただきます。カウンセリングの技法で、クライアント様の特質を洞察する際、必要な技法なので、共有を図りたく、掲載させていただきました。

 

今日は、「防衛的感情表現」について、書かせていただきます。

 

あらゆる感情は、良い悪いで判断されるべきではありません。

 

喜怒哀楽全ての感情は、生きるエネルギーだと、私は考えています。

 

だから、泣きたいときは泣けば、怒りたいときは怒れば、嬉しいときは喜べばいいと思います。

しかし、「表現」の中には好ましくないものもあります。

それが防衛的に使われる場合です。

奥底にある本当に表現したい感情を変形させ防衛的に表出させてしまう「表現」です。

例えば、境界性人格の人は激しい怒りを示し、演技性人格の人はドラマチックな出来事の中に自分をおき、自己愛性人格の人は他者を執拗にコントロールし、依存性人格は徹底的に他者に依存し、妄想性人格は他者から攻撃されているという思いに固執するという表現をします。

 

これらの「表現」は、「防衛的感情表現」と呼べば当てはまると思います。


これらの「防衛的感情表現」の奥底には、デリケートで脆く、これまでほとんど表現されてこなかった、別の角度からの言い方をすれば、守られてきた感情があるように思います。

これが、私たち補完代替医療(CAM)のセラピストとしての経験から得た、ひとつの基盤になります。

抑圧された感情が表現されたのなら、私は基本的にそのプロセスを見守ります。

 

それは、プロセスがその人を最も良いところに連れて行ってくれると思うからです。

これは古代中国の、老子の考え方に沿うものです。


・人に干渉するのをやめれば、彼らは自分で自分の面倒をみる。
・人に命令するのをやめれば、彼らは自分で行動する。
・人に説教するのをやめれば、彼らは向上する。
・人に押しつけるのをやめれば、彼らは自分自身になる。

というわけです。

これは「ホリスティック医学の定義」にも書かれてあるように、「患者が自ら癒し、治療者はその援助をする」に唱えられているように「病気を癒す中心は患者であり、治療者はあくまでも援助者である。治療よりも養生、他者療法よりも自主療法が基本であり、ライフスタイルを改善して患者自身が『自ら癒す』姿勢が治療の基本となる」にも、当てはまるものです。

それは、セラピストがクライアント様に「共感している状態」と言えます。

 

しかし、「防衛的感情表現」がなされているとき、私は、その「表現」に対して、一定の距離をおきます。

それは、オットー・F・カーンバーグ(米国 精神科医 精神分析家)が主張した、直面化につながります。

「防衛的感情表現」には共感はしないかもしれませんが、その奥底にある、何らかの理由で表現することが困難な感情を見つけ、その感情に共感していきます。

「防衛的感情表現」そのものには共感はしないのですが、そうした表現をせざるを得なかった状況は洞察し、理解はできるわけです。

 

「防衛的感情表現」は、自分の心が生き残るための必死な試みなのだと言えます。
 

なので、その「必死さ」については、共感するところがあると思うのです。
 

オーセンティック(正統・本物であるさま、信頼できるようす・純粋さ)感情が表現された後、それがルーティン化し「防衛的感情表現」になってしまう場合もあります。

境界性パーソナリティの激しい憤怒も、演技性パーソナリティのドラマチックな絶望的悲嘆も、最初はもっと深く、しかし静かなオーセンティックな感情表現だったかもしれないのです。

 

しかし、たとえばそうした表現が理解されることも受け入れられることもない状態が続くと、怒りはより激しい怒りへ、哀しみはドラマチックな絶望的悲嘆へと反復強迫的にエスカレートし、「防衛的感情表現」に変化していくのではないかと考えています。


そして、そうしたエスカレートと並行して「利得」の要素が強くなるということもあるでしょう。

 

激しい怒りをぶつけたり、絶望的悲嘆を見せれば、相手が刹那的にその人の要求をかなえてくれるという「利得」もあり得るのです。

また、セラピーの中で表現されたオーセンティックな感情表現が、防衛的なものに変質していくことすらあります。

 

こうなると、クライアント様が「防衛的感情表現」をすれば、セラピストが共感してくれるという状況になりがちです。

 

このような場合、実は、セラピストの共感は真の意味での共感ではなく、その場しのぎの「共感のフリ」、つまり、「防衛的共感」になってしまっているのです。

 

これでは、もはやセラピーにはなりません。

なので、セラピストには、「防衛的感情表現」と、オーセンティックな感情表現とを見分ける眼が必要と言えるでしょう。

しかし、「防衛的感情表現」と、オーセンティックな感情表現とを見分けるのは簡単ではありません。

 

様々な要素が複雑に絡み合っている場合が多く、一概には言えないのですが、「防衛的感情表現」の場合、何らかの焦燥感、押し付け感、執拗さが見られ、その結果としてのなんらかの見返りを求めますが、オーセンティックな感情表現の場合、そうしたことはありません。

「防衛的感情表現」は、柔らかなレベルでは、誰もがやったことがあるでしょう。

たとえば、うそ泣きとか愛想笑いなどは、柔らかな「防衛的感情表現」だと言えます。

 

私の得意な笑ってごまかすなんていうのも、立派な「防衛的感情表現」です(笑)。

 

パーソナリティ障害の場合、それが極端になってしまうわけですが、本質は変わりないのです。

 

本質が変わらないから、例えそれがパーソナリティ障害の人の表現であっても、理解することは可能なわけです。

 

最後までご高覧ありがとうございました。

 

メンタルヘルスナビゲーター

               K・HAMANO

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

【おすすめ商品】

・ホリステックから観た「新型コロナウイルス」

・眠れない方に「瞑想サプリ」

 

新型コロナウイルスへの霊性と統合 (青林堂ビジュアル)

Amazon(アマゾン)

950円

 

セロトニン誘導体 瞑想サプリ(ハードカプセル) 350mg×90粒

Amazon(アマゾン)

2,198〜3,900円

 

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

【次世代型 療院構想とは?】

 

①西洋医療一辺倒の治療ではなく、「相補・代替・補完・伝統医療」を併せ持った統合医療で、「メンタルヘルス」に特化した、全人的なサポート(身体・精神・社会・スピリチュアル)をおこない、クライアントの「自然治癒力」と「潜在能力」を活かすための援助をし、真の健康人を培う医療の在り方を実現する。

 

②「ホリスティック医学」の定義に基づいて、数多ある「相補・代替・補完。伝統医療」をクライアント自ら選択・統合し、治療側主体の医療体制から、クライアントの主体性を尊重した医療の在り方を実現する。

 

③治病効果の高い、再現性のある「相補・代替・補完・伝統医療」に於いて、健康保険証(共済・国保・社保・船員保険)が使えるように、国に対して法整備を求めていく。また「自立支援受給者制度」に於いても、クライアントの所得に応じて限度額の適用ができるように法改正を求めていく。

 

④「精神疾患患者」「発達障害者」「不登校児童」「触法精神障害者」「ゆとり教育の若者世代・ニートの引きこもり」「DVに悩む家族」「子育てに悩むシングルマザー」「団塊の世代の老後の社会不安」「孤独な独居生活の高齢者」などに対して寄り添うことで、ライフスタイルを改善し「自ら癒す」力を培う姿勢を援助する。

 

⑤行政をはじめ各医療機機関や社会福祉協議会、精神保健福祉センターなどと連携を取り「相補・代替・補完・伝統医療」を、受け身ではなく、セラピスト等が各家庭や施設等に赴いて施術やセッションを提供し、全人的なサポート(身体・精神・社会・スピリチュアル)を導入することにより、革新的な「メンタルヘルス」に取り組む。

 

⓺全国各地に「次世代型 療院構想」を推し進め、地方自治体・各医療機関・NPO法人・ボランティア団体などと連携を組み、社会資源の活用と、ホリスティックな「メンタルヘルス」の在り方を拡充する。

 

《ホリスティック医学の定義》

 

1.ホリスティック(全的)な健康観に立脚する

人間を「体・心・気・霊性」等の有機的統合体ととらえ、社会・自然・宇宙との調和にもとづく包括的、全体的な健康観に立脚する。

 

2.自然治癒力を癒しの原点におく

生命が本来、自らのものとしてもっている「自然治癒力」を癒しの原点におき、この自然治癒力を高め、増強することを治療の基本とする。

 

3.患者が自ら癒し、治療者は援助する

病気を癒す中心は患者であり、治療者はあくまでも援助者である。治療よりも 養生、他者療法よりも自己療法が基本であり、ライフスタイルを改善して患者自身が「自ら癒す」姿勢が治療の基本となる。

 

4.様々な治療法を選択・統合し、最も適切な治療を行う

西洋医学の利点を生かしながら中国医学やインド医学など各国の伝統医学、心理療法、自然療法、栄養療法、手技療法、運動療法、などの各種代替療法を総合的、体系的に選択・統合し、最も適切な治療を行う。

 

5.病の深い意味に気づき自己実現をめざす

病気や障害、老い、死といったものを単に否定的にとらえるのでなく、むしろその深い意味に気づき、生と死のプロセスの中で、より深い充足感のある自己実現をたえずめざしていく。  

 NPO法人 日本ホリスティック医学協会

           (1987年 制定)

 

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

   

         ほっこりアンケートほっこり

「いいね!」をつけてくださった方には、下記のリンクをクリックしていただき、アンケートにご回答していただければ幸いです。ご協力お願い致します。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

次世代型 療院構想の関心度アンケート(こちらをクリック!)

(現在のアンケート結果)

 

そして、どのような形で「次世代型 療院構想」にご参加頂けるのかを含めた、「事前参加申し込みフォーム」を御用意しています。

 

「次世代型 療院構想」事前参加申し込みフォームは、こちらをクリック!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

「次世代型 療院構想」事前申し込みフォーム

 

※お名前とメールアドレスを記入し、そしてどのような形で参加したいのかを選択いただければ、住所や電話番号は必須ではありませんので、ご記入いただかなくても構いません。

 

参加種別の内訳を説明しますと、

 

①「会社」の運営側(理事・役員)として参加したい。

これは当社の事務局に於いて、「渉外担当」「会員管理部門」「相談窓口」「総務」「広報担当」の五つの部門で、運営に携わっていただける方を示します。

 

②「専門会員として参加したい」

これは、数多ある「補完代替医療」のセラピスト・カウンセラー・ヒーラー・コーチ等のスキルをお持ちの先生方で、実際現場でクライアント様へのセッションやカウンセリング等を行っていただき、報酬を受け取っていただく方を示します。

 

③「一般会員として参加したい」

これは、上記のスキルをお持ちでない方で、「次世代型 療院構想」に関心がある方を示します。一般会員は、専門会員の行うセッション等を受療したい場合、一般会員価格で割引させていただきます。

 

④「支援者」として参加したい。

これは、当協会の発展の為に、寄付や広報などの支援をしていただける方を示します。

また、支援者には専門会員が行うセッション等を支援者割引として受療頂けます。

 

⑤「オブザーバー」として参加したい。

これは、社内の会議等で、議決権を有する権利はないが、第三者として当社の発展の為に相談や人材発掘等をして頂ける方を示します。(医療関係者・補完代替医療の有識者など)

 

⑥「コンサルティング」として参加したい。

これは、起業から運営まで、有料で会社運営を具体的にコンサルタントして頂ける方を示します。

 

⑦「その他」

これは、上記に当てはまらない種別で、当社の発展に貢献していただける方を示します。

 

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

 

(REQU お悩み相談 リニューアル致しました!)

 

~ あなたのお悩みを聴かせてください~

Twitter 連動

 

 

 

応援よろしくお願い致します!照れ 乙女のトキメキ


 

 


 
 

人気ブログランキングへ

 

(メンタルヘルスナビゲーターチャンネル)

【次世代型 療院構想】コロナ対策の遅れの本当の理由と、患者様に対してのメンタルケアについてチャンネル登録宜しくお願い致します!リンクyoutu.be

※補足動画(録画時間 17分26秒)

 

皆さん、こんにちは!

メンタルヘルスナビゲーターのK・HAMANOです!(^^♪

久しぶりのブログ更新です。

 

この間、お盆の帰省で実家に帰ったり、会社設立のために諸準備を行っていました。

 

今尚、東京都での新規コロナ感染者は、4,000人よりも少なくなって1,000人くらいに収まりつつありますが、変異種の増加、重傷者・死亡者の増加は相も変わらず増え続けています。

 

その為に、精神的ダメージを受けてる方は軒並み増加傾向にあり、精神科・心療内科での薬物治療だけでは、患者様の回復が追い付いていないのが現状です。

 

また、コロナ対策に関しても、医療体制の逼迫がニュースで取り上げられていますが、病床の確保は徐々に増えており、大きな病院では患者様の受け入れ体制は整いつつあります。

 

しかし、ワクチン接種をしても患者数が減少しないのはなぜでしょうか?

 

その原因は、開業医がコロナ感染者の受け入れを拒否していることにあります。開業医はコロナ感染者を受け入れると、感染していない他の患者様が「あの病院は、コロナ感染者を受け入れているらしいわよ。」「あの病院に行くのはやめましょう。」という、風評被害をもたらし、一般の患者様の受診数が減少してしまい、医院の経営に大きなダメージを与えてしまうことになるため、開業医の院長は、それを怖れてコロナ感染者の受け入れを拒否しているとのことです。

 

この問題に対しては「日本医師会」が改善対策を打ち出し、開業医でもコロナ感染者の受け入れを推進していくための、感染対策のハード面での整備と、コロナ患者を受け入れる開業医に対して、補助金・助成金を給付するなどの対策を、国に対して要望していくべきです。

 

この対応が遅れているため、医療崩壊だのなんだの言われてますが、実際は開業医が感染者の受け入れを行えば、充分に対応できるというものです。

 

要は、開業医の院長は自分の医院を潰したくないので、自己保身と既得権益を守るために、敢えて、コロナ感染者を意図的に受け入れていないのです。

実際、開業医でコロナ感染者を受け入れていた病院がありましたが、やはり風評被害の為に一般の患者様の来院が減少し、倒産したという事例があります。

医師会が、早急に対応をしていれば、この病院は倒産せずに済んだはずです。

 

「日本医師会」も、その既得権益を失いたくないので、国に対して開業医へのコロナ感染者受け入れに関する対策を提言しないという、不条理な背景がそこにあるのです。

 

なので、ワクチン接種が進んでも新規患者数・重症者数・死亡者が減らないのです。

 

このことに関しては、精神科・心療内科も同様です。精神科の開業医は、初診の患者様に対しコロナに感染してないかどうか問診を行います。そして、もし感染していたならば、その患者様の受け入れを拒否するケースが非常に多くなっています。

再診の患者様に於いても同様です。コロナに感染した患者様の受け入れを中止している医院がたくさんあります。

 

病院に見捨てられた患者様の受け入れ先は、総合病院など大規模医療機関に限られてきます。

そこでは、患者様を隔離してコロナの治療は行われはいますが、精神疾患者に対してのフォローまで手間が取れないのが現実です。

 

精神疾患の患者様の治療を、例えば薬物療法を続けている患者様は、コロナに感染して総合病院に入院し、かかりつけ医で処方された薬がきれたら、通常はかかりつけの精神科・心療内科に再診して薬を処方してもらえますが、入院中はそうもいきません。

 

薬を処方してもらうには、かかりつけの精神科・心療内科の医師から診療情報提供書(紹介状)を、その入院先の病院に送付してもらい、改めて薬を処方してもらうという、無駄な手間暇がかかってしまい、その間に患者様は精神疾患の症状が悪化したり、離脱症状によって苦しい思いをしなければなりません。

 

そこで、役にたてるのが「補完代替療法」の療法士様です。あらかじめ、当社でマッチングが成立し、カウンセリング・ヒーリング・セラピー・コーチングが図られる入院先または自宅療養等の環境があれば、当社が貸与する専用のタブレットを使って、「補完代替療法」の療法士とコンタクトが取れ、メンタルケアを受けることが可能です。

 

患者様は、入院先で隔離され、孤独と不安に苛まれています。隔離されてるからメンタルケアは何もできないと決めつけるのではなく、どうすればメンタルケアを提供できるのか、出来る方法を考えることが大切です。

 

そうすることによって、患者様の不安感は払拭し、心の活性化につながり、免疫力が向上し、コロナの症状の回復も早まることが期待できると思います。

 

コロナに対する有効な治療薬もほとんど開発されていない現状で、このコロナの症状に打ち勝つには自然療能力の強化を図ることが求められます。

 

自然療能力の強化を図るには、精神的にストレスフリーな環境に身を置くことと、笑いや希望が持てる、ポジティブなコミュニケーションと、受容と共感によって癒しを図ることが有効です。そうすることで精神的なレジリエンスの強化につながり、心身一如で、コロナによる身体的な症状も早期に回復に向かうことが期待できると考えます。

 

「精神的に苦しんでいる人を、一人でも多く救いたい!」

 

この志がある人は、現在のコロナ禍に於いても様々な方法で、クライアント様の施療に取り組んでおられます。

 

私は、近日中にメンタルヘルスに纏わるマッチングサイトを立ち上げ、それを運営する会社を立ち上げますが、これをきっかけとして、今尚、水面下で精神的に苦しんでおられる方への懇ろなケアを実施していただきたく、その橋渡しを提供いたしますので、どうか積極的にご参加くださいますようお願いいたします。

 

最後までご高覧ありがとうございました。

 

メンタルヘルスナビゲーター

          K・HAMANO

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

   

      !?アンケート!?

 

「いいね!」をつけてくださった方には、下記のリンクをクリックしていただき、アンケートにご回答していただければ幸いです。

ご協力お願い致します。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

次世代型 療院構想の関心度アンケート(こちらをクリック!)

 

マッチングアプリ是非についてのアンケート

マッチングアプリ導入についてのアンケート

 

そして、どのような形で「次世代型 療院構想」にご参加頂けるのかを含めた、「事前参加申し込みフォーム」を御用意しています

 

「次世代型 療院構想」事前参加申し込みフォームは、こちらをクリック!↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

「次世代型 療院構想」事前申し込みフォーム

 

※お名前とメールアドレスを記入し、そしてどのような形で参加したいのかを選択いただければ、住所や電話番号は必須ではありませんので、ご記入いただかなくても構いません。

 

参加種別の内訳を説明しますと、

 

①会社の運営側「発起人」(取締役・役員・社員)として参加したい。

これは会社の「取締役(代表取締役社長・専務取締役・常務取締役)」「渉外担当」「会員管理部門」「広報・イベント・企画部門」「相談窓口」「総務」「法務部門」の七つの部門で、会社運営に携わっていただける方を示します。(兼務有り)

 

②「専門会員として参加したい」

これは、数多ある「補完代替医療」のセラピスト・カウンセラー・ヒーラー・コーチ・各種療術家等のスキルをお持ちの先生方で、実際現場でクライアント様へのセッションやカウンセリング等を行っていただき、報酬を受け取っていただく方を示します。

 

③「一般会員として参加したい」

これは、上記のスキルをお持ちでない方で、「次世代型 療院構想」に関心がある方を示します。一般会員は、専門会員の行うセッション等を受療したい場合、一般会員価格で割引させていただきます。

 

④「支援者」として参加したい。

これは、当社の発展の為に、寄付や広報などの支援をしていただける方を示します。

また、支援者には専門会員が行うセッション等を支援者割引として受療頂けます。

 

⑤「オブザーバー」として参加したい。

これは、当社の会議等で、議決権を有する権利はないが、第三者として当社の発展の為に相談や人材発掘等をして頂ける方を示します。(医療関係者・補完代替医療の有識者など)

 

⑥「コンサルティング」として参加したい。

これは、「会社」としての起業に精通した方で、起業から運営まで、有料で当社の起業と運営を具体的にコンサルタントして頂ける方を示します。

 

⑦「その他」

これは、上記に当てはまらない種別で、当社の発展に貢献していただける方を示します。

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

  【おすすめ商品】

 

セロトニン誘導体 瞑想サプリ(ハードカプセル) 350mg×90粒

Amazon(アマゾン)

2,198〜3,900円

(リラックスできて心地よく眠れます!私も飲んでいます)

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

 

(REQU お悩み相談 リニューアル致しました!)

 

~ あなたのお悩みを聴かせてください~

Twitter 連動

 

 

 

 

 

 

応援よろしくお願い致します!音譜照れ ↓↓↓↓↓↓↓ 

(ポチっといただければ、励みになります!)

 

カテゴリー別はこちら!

 
 

 

 
代替療法ランキング

 
精神科・心療内科ランキング

 

 

 

友だちになってくださる方は、こちらのLINEにご登録お願い致します。(^O^)

ブログでは明かさない秘匿性の高い、有益な情報などを発信していきます。

↓↓↓↓↓↓↓
友だち追加

ID:@xfj1248j

 

皆様のご参加を、心よりお待ちしています。おねがい

 

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

本年8月を目標に、会社の設立を目指しています。

事業内容は、主に多くの「補完代替医療」従事者の方々(セラピスト・ヒーラー・カウンセラー・コーチ・各種療術家)が、メンタルヘルスに特化したセッション等を、その対象となるクライアント様に有償で各セッションを行っていただき、当社から各「補完代替医療」従事者様に報酬をお支払いするシステムです。

参加ご希望の方は「次世代型 療院構想」事前申し込みフォーム

にクリックしてお申し込みをしていただきますようお願い致します。折り返し、こちらから具体的なご案内をさせていただきます。

 

メンタルヘルスナビゲーター

         K・HAMANO

 

 

「次世代型 療院構想」事前申し込みフォーム

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

皆さん、こんにちはメンタルヘルスナビゲーターのK・HAMANOです!(^^♪

現在、計画通り「次世代型 療院構想」の具現間に向けた会社設立の為の準備を進めています。

まずは、今月末で今の会社を退職し、10月1日に、メンタルケアに特化した「補完代替療法の療法士様」及び「各種クリエイター様」と、精神疾患患者及び心に重い悩みを抱えてらっしゃる方との橋渡し(マッチング)を主たる業務とする株式会社設立までの一か月の間に、これまで二足の草鞋で水面下で準備してきたことを、いよいよ公開に向けて始動します。

 

実際に公に会社設立準備を開始したら、近日中に、このブログの現在のヘッダーをリニューアルし、「次世代型 療院構想」のオフィシャルブログとして公開します。

 

そこから、このアメブロの中では、現在の私のフォロワー様(約1,450名)に向けて、スタッフ募集と専門会員様の募集を改めて行います。

 

同時に、会社のホームページ作成を依頼し、

10月1日開業の1週間前までに、公開できるよう進めてまいります。

 

会社の事務局の物件は、既に目星をつけているものがありますので、9月に入ったら賃貸契約を締結します。

 

そして、一番肝心な、マッチングサイト(またはアプリ)の製作には、エンジェル投資家から投資契約した10,000,000円を使って、プログラマーに依頼し、開業と同時期に公開できるように、私が監修を行って、公開できるようにします。

このサイトに新規入会してくださる「補完代替療法の療法士様」及び「各種クリエイター様」方を「専門会員」として位置づけ、サイトの入会金は無料で参加できるようにし、ある程度「専門会員」が集まってきたら、クライアント様の募集を行います。

 

そして、「専門会員」とクライアント様がマッチング出来た時に、「専門会員」は年会費10,000円をお支払いいただきます。

「専門会員」は、何名でもクライアント様とのマッチングが可能です。セッション等のスケジューリングについては、自己責任でお願い致します。

 

システムの流れについては、これまでに何度もお伝えしていますので割愛させていただきますが、マッチング開始については、最初の頃は、私を始めとするスタッフがマッチング審議を行い、実際に「専門会員」とクライアント様のマッチングを成立させて、実際にセッションやコーチング等を行っていただき、「専門会員」には、あらかじめ決めていただく料金にマージン(30%)を差し引いた金額を報酬として受け取っていただきます。

 

会員が増え始めましたら、AI(人工知能)にマッチング条件を学習させで自動でマッチングを図っていきます。

 

現在のコロナ禍で、実際にお会いしてセッションやコーチングが難しい方には、「専門会員」とクライアント様に専用のタッブレットを貸与いたしますので、そこでセッションやコーチング等を行っていただきます。

 

利用規約については、これから起業コンサルタントの指導のもとで作成致します。

 

現在、取り急ぎ必要なのは、スタッフの募集です。会社が10月1日付で開業の登記を取りますので、今からでもスタッフの事前募集を行わせていただきます。

こちらをクリック↓↓↓↓↓↓↓↓↓

次世代型 療院構想 事前参加申し込みフォーム

 

社名については、正式に株式会社の登記を取ってから、公表致します。

 

賃金等も、登記を取って、起業コンサルタントの指導の下、公表いたします。

 

会社事務局の所在地は、東京都八王子市に置きます。

 

10月1日以降は、ハローワークでもスタッフ募集を致します。

 

 

いよいよ、まさにスタートに向けて次なる一歩へ進むことになります。

 

この、コロナ禍においても、メンタルケアを必要とされてる方々に対し、それぞれのスキルをもって、クライアント様に「癒し」を提供し、クライアント様が「自ら癒す力を培う」ための援助をおこないたいと、この会社運営の主旨にご賛同いただける方で、このコロナ禍の中でも救済の覚悟を持った、誠の志をもった方からの応募をお待ちしています。

 

最後までご高覧ありがとうございました。

 

メンタルヘルスナビゲーター

        K・HAMANO

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

 

 

《次世代型 療院構想とは?》

 

①西洋医療一辺倒の治療ではなく、「相補・代替・補完・伝統医療」を併せ持った統合医療で、「メンタルヘルス」に特化した、全人的なサポート(身体・精神・社会・スピリチュアル)をおこない、クライアントの「自然治癒力」と「潜在能力」を活かすための援助をし、真の健康人を培う医療の在り方を実現する。

 

②「ホリスティック医学」の定義に基づいて、数多ある「相補・代替・補完・伝統医療」をクライアント自ら選択・統合し、治療側主体の医療体制から、クライアントの主体性を尊重した医療の在り方を実現する。

 

③治病効果の高い、再現性のある「相補・代替・補完・伝統医療」に於いて、健康保険証(共済・国保・社保・船員保険)が使えるように、国に対して法整備を求めていく。また「自立支援受給者制度」に於いても、クライアントの所得に応じて限度額の適用ができるように法改正を求めていく。

 

④「精神疾患患者」「発達障害者」「不登校児童」「触法精神障害者」「ゆとり教育の若者世代・ニートの引きこもり」「DVに悩む家族」「自殺者・孤独死の撲滅」「子育てに悩むシングルマザー」「団塊の世代の老後の社会不安」「孤独な独居生活の高齢者」などに対して寄り添うことで、ライフスタイルを改善し「自ら癒す」姿勢を援助をする。

 

⑤行政をはじめ各医療機関や社会福祉協議会、精神保健福祉センターなどと連携を取り「相補・代替・補完・伝統医療」を、受け身ではなく、セラピスト等が各家庭や施設等に赴いて施術やセッションを提供し、全人的なサポート(身体・精神・社会・スピリチュアル)を導入することにより、革新的な「メンタルヘルス」に取り組む。

 

⓺全国各地に「次世代型 療院構想」を推し進め、地方自治体・各医療機関・NPO法人・ボランティア団体などと連携を組み、社会資源の活用と、ホリスティックな「メンタルヘルス」の在り方を拡充する。

 

《ホリスティック医学の定義》

 

1.ホリスティック(全的)な健康観に立脚する

人間を「体・心・気・霊性」等の有機的統合体ととらえ、社会・自然・宇宙との調和にもとづく包括的、全体的な健康観に立脚する。

 

2.自然治癒力を癒しの原点におく

生命が本来、自らのものとしてもっている「自然治癒力」を癒しの原点におき、この自然治癒力を高め、増強することを治療の基本とする。

 

3.患者が自ら癒し、治療者は援助する

病気を癒す中心は患者であり、治療者はあくまでも援助者である。治療よりも 養生、他者療法よりも自己療法が基本であり、ライフスタイルを改善して患者自身が「自ら癒す」姿勢が治療の基本となる。

 

4.様々な治療法を選択・統合し、最も適切な治療を行う

西洋医学の利点を生かしながら中国医学やインド医学など各国の伝統医学、心理療法、自然療法、栄養療法、手技療法、運動療法、などの各種代替療法を総合的、体系的に選択・統合し、最も適切な治療を行う。

 

5.病の深い意味に気づき自己実現をめざす

病気や障害、老い、死といったものを単に否定的にとらえるのでなく、むしろその深い意味に気づき、生と死のプロセスの中で、より深い充足感のある自己実現をたえずめざしていく。

     

「NPO法人 日本ホリスティック医学協会

(1987年 制定)」

 

 

 

アメリカの「統合医療」の第一人者である、アンドルー・ワイル博士は「統合医療の定義」を以下のように提唱しています。

 

1.「病気」と「治療」ではなく「健康」と「治癒」に医療の力点を置く。

 

2.患者を「故障した機械」としてではなく、「精神的・感情的・霊的な実在」として、また「コミュニティの一員」として「全人的」に診る。

 

3.検査結果の数値だけではなく、患者のライフスタイル(食習慣・運動習慣・ストレス対処法など)を診る。

 

4.患者と他者との「人間関係」のあり方をはじめ、自然・社会・世界・神などの超越的存在・担当医との関係など、あらゆる「関係性」を重視する。

 

 

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

   

      !?アンケート!?

 

「いいね!」をつけてくださった方には、下記のリンクをクリックしていただき、アンケートにご回答していただければ幸いです。

ご協力お願い致します。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

次世代型 療院構想の関心度アンケート(こちらをクリック!)

 

マッチングアプリ是非についてのアンケート

マッチングアプリ導入についてのアンケート

 

そして、どのような形で「次世代型 療院構想」にご参加頂けるのかを含めた、「事前参加申し込みフォーム」を御用意しています

 

「次世代型 療院構想」事前参加申し込みフォームは、こちらをクリック!↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

「次世代型 療院構想」事前申し込みフォーム

 

※お名前とメールアドレスを記入し、そしてどのような形で参加したいのかを選択いただければ、住所や電話番号は必須ではありませんので、ご記入いただかなくても構いません。

 

参加種別の内訳を説明しますと、

 

①会社の運営側「発起人」(取締役・役員・社員)として参加したい。

これは会社の「取締役(代表取締役社長・専務取締役・常務取締役)」「渉外担当」「会員管理部門」「広報・イベント・企画部門」「相談窓口」「総務」「法務部門」の七つの部門で、会社運営に携わっていただける方を示します。(兼務有り)

 

②「専門会員として参加したい」

これは、数多ある「補完代替医療」のセラピスト・カウンセラー・ヒーラー・コーチ・各種療術家等のスキルをお持ちの先生方で、実際現場でクライアント様へのセッションやカウンセリング等を行っていただき、報酬を受け取っていただく方を示します。

 

③「一般会員として参加したい」

これは、上記のスキルをお持ちでない方で、「次世代型 療院構想」に関心がある方を示します。一般会員は、専門会員の行うセッション等を受療したい場合、一般会員価格で割引させていただきます。

 

④「支援者」として参加したい。

これは、当社の発展の為に、寄付や広報などの支援をしていただける方を示します。

また、支援者には専門会員が行うセッション等を支援者割引として受療頂けます。

 

⑤「オブザーバー」として参加したい。

これは、当社の会議等で、議決権を有する権利はないが、第三者として当社の発展の為に相談や人材発掘等をして頂ける方を示します。(医療関係者・補完代替医療の有識者など)

 

⑥「コンサルティング」として参加したい。

これは、「会社」としての起業に精通した方で、起業から運営まで、有料で当社の起業と運営を具体的にコンサルタントして頂ける方を示します。

 

⑦「その他」

これは、上記に当てはまらない種別で、当社の発展に貢献していただける方を示します。

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

  【おすすめ商品】

 

セロトニン誘導体 瞑想サプリ(ハードカプセル) 350mg×90粒

Amazon(アマゾン)

2,198〜3,900円

(リラックスできて心地よく眠れます!私も飲んでいます)

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

 

(REQU お悩み相談 リニューアル致しました!)

 

~ あなたのお悩みを聴かせてください~

Twitter 連動

 

 

 

 

 

 

応援よろしくお願い致します!音譜照れ ↓↓↓↓↓↓↓ 

(ポチっといただければ、励みになります!)

 

カテゴリー別はこちら!

 
 

 

 
代替療法ランキング

 
精神科・心療内科ランキング

 

 

 

友だちになってくださる方は、こちらのLINEにご登録お願い致します。(^O^)

ブログでは明かさない秘匿性の高い、有益な情報などを発信していきます。

↓↓↓↓↓↓↓
友だち追加

ID:@xfj1248j

 

皆様のご参加を、心よりお待ちしています。おねがい

 

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

本年8月を目標に、会社の設立を目指しています。

事業内容は、主に多くの「補完代替医療」従事者の方々(セラピスト・ヒーラー・カウンセラー・コーチ・各種療術家)が、メンタルヘルスに特化したセッション等を、その対象となるクライアント様に有償で各セッションを行っていただき、当社から各「補完代替医療」従事者様に報酬をお支払いするシステムです。

参加ご希望の方は「次世代型 療院構想」事前申し込みフォーム

にクリックしてお申し込みをしていただきますようお願い致します。折り返し、こちらから具体的なご案内をさせていただきます。

 

メンタルヘルスナビゲーター

         K・HAMANO

 

 

「次世代型 療院構想」事前申し込みフォーム

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

皆さん、こんにちは!

メンタルヘルスナビゲーターのK・HAMANOです(^^♪

本日のお話は、このコロナ禍に於いて、我々、「補完代替療法」の療法士が持つべき志を、私が生涯の師として仰ぐ、「吉田松陰」先生の名言を織り交ぜながら、私の思うところと、皆さんにお伝えしたいことを書き殴ってみました。

何かしら、皆様の心に届けば幸いです。

 

その前に、私は「吉田松陰」先生のご当地である山口県萩市の出身で、松陰神社のすぐ隣にある椿東小学校を卒業しました。

この小学校では道徳の授業で、吉田松陰先生の教えを学ぶ「松陰読本」という本を、担任の先生の熱弁で教わったことを今でも鮮明に思いだせます。なので、私の魂には、吉田松陰先生の魂が今でも息づいていると思っています。

 

みだりに人の師となるべからず。
みだりに人を師とすべからず。

- 吉田松陰 -

 

さて、世間では、未だ新型コロナウイルスの感染拡大は留まるところを知らず、新しい変異株も現われ、ワクチン接種者でも死亡するという状態になっています。

 

私が住む東京都では、毎日新規感染者が4,000~5,000人程度確認され、次第に感染していない人の数の方が少なくなってきてるような有様で、私も、いつ感染するか分からないところであります。

 

コロナの終息を待っていては、私の人生最期の集大成である「次世代型 療院構想」の実行が頓挫したままで、今現在の私の心境は、正に狂気の沙汰とでも言うべき、魂の炎が不完全燃焼を起こしている状態であります。

 

人間には精気というものがあり、人それぞれに精気の量は決まっている。
この精気なるものは抑制すべきである。
抑制すればやがて溢出する力が大きく、ついに人間、狂にいたる。
しかし、おのれの欲望を解放することによって、固有の気が衰え、ついに惰になり、物事を常識で考える人間になってしまう。

- 吉田松陰 -

 

なので、以前に発表させていただいた通り、

10月1日に「次世代型 療院構想」の具現化の為の会社を設立する決断をしました。

 

例え、私がコロナに感染して亡くなろうが、生きている今のうちに、この構想の土台作りは済ませておき、具体的なプロジェクトの内容は誰に託してもいいように、私の魂の結晶である雛形は、すでに事業計画書にまとめてあります。

 

世の中には体は生きているが、心が死んでいる者がいる。
反対に、体が滅んでも魂が残っている者もいる。
心が死んでしまえば生きていても、仕方がない。
魂が残っていれば、たとえ体が滅んでも意味がある。

- 吉田松陰 -

 

 

先日のネットニュースで、40代男性で糖尿病の基礎疾患を持っていた方が、コロナに感染して死亡したと報道されていました。

私も現在48歳で、軽度ではありますが糖尿病を患っており、HbA1c(NGSP)の値は、6.5と、基準値よりやや高めであるため、糖尿病の投薬治療を受けています。

なので、もし新型コロナウイルスに感染したら重症化して死に至る可能性の否定できません。

 

なので、殊更、このコロナ禍に抑圧されて起業できていない現状に狂と化しそうで、我慢できなくなって、例えこのような、コロナ禍の真っ只中であろうとも、起業に踏み切る覚悟を決めました。

 

思想を維持する精神は、狂気でなければならない。

- 吉田松陰 

 

悔いるよりも今日直ちに決意して、仕事を始め技術をためすべきである。
何も着手に年齢の早い晩いは問題にならない。

- 吉田松陰 -

 

私欲を捨て、この構想が実現するためには、いつでも死ねる覚悟は出来ていますし、使命全うの為に、生きろというならば、死ぬまで死にません。

 

死して不朽の見込みあらばいつでも死すべし、生きて大業の見込みあらばいつでも生くべし。

- 吉田松陰 

 

成功するか失敗するかなど、それは結果なので今に於いてはどうでもいいことで、まずは「救いたい」というこの志が一番大切なのであり、その志の力から湧き出るように産出されるアイデアや閃き、関連する学びとのご縁などの引き寄せによって、ダイナミックな躍動感が、私の心を突き動かしています。

 

奪うことができないものは志である。
滅びないのはその働きである。

- 吉田松陰 -

 

決心して断行すれば、何ものもそれを妨げることはできない。
大事なことを思い切って行おうとすれば、まずできるかできないかということを忘れなさい。

- 吉田松陰 

 

大事なことを任された者は、才能を頼みとするようでは駄目である。
知識を頼みとするようでも駄目である。
必ず志を立てて、やる気を出し努力することによって上手くいくのである。

- 吉田松陰 -

 

この、我が国では未曽有の厄介なご時世に、精神的に苦痛に苛まれている方々を、「補完代替療法」によって「ライフスタイル」を改善し、西洋医療の利点を活かしながら、「統合医療」を推し進め「自ら癒す力を培う」努力を援助するために、補完代替療法の療法士様や、各種クリエイターの方々に、私の「次世代型 療院構想」に参加していただき、その各々の秀でた技能を病める方の救済のために発揮していただき、普く多くの国民の心の病の回復と治癒の為に、「メンタルケア」に携わっていただく「人材派遣」及び「遠隔セッション」による、より効率的で、より効果的な次世代型の「癒し」のシステム化を図ってまいります。

これが、社会に受け入れられるかどうか、称賛されるか非難されるかは、毛頭、問うことはありません。

 

だいたいにおいて世間の毀誉(悪口と称賛)というものは、あてにならぬものである。

- 吉田松陰 -

 

それは、これが私にとっての、生涯にわたる「自己実現」なのですから。

いい時代に産まれたと、逆に感謝の気持ちです。

 

成功するせぬは、もとより問うところではない。
それによって世から謗されようと褒められようと、自分に関することではない。
自分は志を持つ。
志士の尊ぶところは何であろう。
心を高く清らかにそびえさせて、自ら成すことではないか。

- 吉田松陰 -

 

英雄はその目的が達成されないときには悪党や盗人とみなされるものだ。
世の中の人から馬鹿にされ、虐げられたときにこそ、真の英雄かどうかがわかる。

- 吉田松陰 -

 

 

そのイメージや絵面は私の中では既にできており、これまで紆余曲折がありながら築き上げた構想を、国民の多くが救済を求めている時機である今こそ世に知らしめ、私にとって「魂の医療」として、「ホリスティック医学の定義」に根差した施術の在り方を具現化するのです。

 

道を志した者が不幸や罪になることを恐れ、将来につけを残すようなことを黙ってただ受け入れるなどは、君子の学問を学ぶ者がすることではない。

- 吉田松陰 -

 

コロナ感染は確かに危険なのでリスクをなくす為に、人と接触する際には最大限の警戒と予防を払わなければなりませんが、だからといって自己保身のために、身体と精神、生命の危機に瀕した救済を求めてる人に対して、出来る事を出来る範囲で援助することすらできない臆病な考え方の方は、厳しいことを言うようですが療法士を名乗る資格などないと思います。

 

法律をやぶったことについてのつぐないは、死罪になるにせよ、罪に服することによってできるが、もし人間道徳の根本義をやぶれば、誰に向かってつぐないえるか、つぐないようがないではありませぬか。

- 吉田松陰 -


人間が生まれつき持っているところの良心の命令、道理上かくせねばならぬという当為当然の道、それはすべて実行するのである。

- 吉田松陰 -

 

また、他人の目を気にしているようでは、本当の療法士とは呼べないと考えます。

 

小人が恥じるのは自分の外面である、君子が恥じるのは自分の内面である。
人間たる者、自分への約束をやぶる者がもっともくだらぬ。
死生は度外に置くべし。
世人がどう是非を論じようと、迷う必要は無い。
武士の心懐は、いかに逆境に遭おうとも、爽快でなければならぬ。
心懐爽快ならば人間やつれることはない。

- 吉田松陰 -

 

臨床の医療現場で、自らが感染してしまうリスクと隣り合わせの医療従事者は、命がけで懸命に患者様に対して、患者様を助けたい一心で身を粉にして尽くしてくださっています。

この医療従事者の方々に対し、尊敬と感謝の意を持って、自らも出来る事はないかということを真剣に考えていただきたいと思います。

 

何の志もなく、ただ、トレンドな目先の利益や収入を得る為だけに習得した技能など、どんなに優れた技法であっても、宝の持ち腐れで何の役にも立たない屑同然と言えるでしょう。

 

君子は何事に臨んでも、それが道理に合っているか否かと考えて、その上で行動する。
小人は何事に臨んでも、それが利益になるか否かと考えて、その上で行動する。

- 吉田松陰 -

 

「癒し」を与える側の人間として、今一度、胸に手を当てて、正直に自分と会話してみてはいかがでしょうか。それでも役に立ちたい心が芽生えなければ、厳しいことを言うようですが、所詮、あなたは偽善者であり、それまでの人だということです。

 

人を観察するのは、目によってする。
胸の中が正しいか、正しくないかは、瞳が明るいか、暗いかによって分かる。

- 吉田松陰 -

 

私は、この起業に命をかける決断と覚悟は、とうの昔にできています。私自身が、過去に地獄のような苦しみが伴う精神疾患に罹った経験があり、その苦しみを痛いほど理解しているので、私のように苦しんでいる人間を一人でも多く救いたいがための枠組みづくりをしようと決断し、綱領化したものが「次世代型 療院構想」なのです。

 

多くの、補完代替療法の療法士及び各種クリエイターの皆様同士が互いに助け合い、手を取って、この救済プロジェクトに参加して下さることを心から願っています。

 

至誠にして動かざる者は未だこれ有らざるなり。 

- 吉田松陰 -

 

最後までご高覧ありがとうございました。

 

メンタルヘルスナビゲーター

         K・HAMANO

 

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

 

 

《次世代型 療院構想とは?》

 

①西洋医療一辺倒の治療ではなく、「相補・代替・補完・伝統医療」を併せ持った統合医療で、「メンタルヘルス」に特化した、全人的なサポート(身体・精神・社会・スピリチュアル)をおこない、クライアントの「自然治癒力」と「潜在能力」を活かすための援助をし、真の健康人を培う医療の在り方を実現する。

 

②「ホリスティック医学」の定義に基づいて、数多ある「相補・代替・補完・伝統医療」をクライアント自ら選択・統合し、治療側主体の医療体制から、クライアントの主体性を尊重した医療の在り方を実現する。

 

③治病効果の高い、再現性のある「相補・代替・補完・伝統医療」に於いて、健康保険証(共済・国保・社保・船員保険)が使えるように、国に対して法整備を求めていく。また「自立支援受給者制度」に於いても、クライアントの所得に応じて限度額の適用ができるように法改正を求めていく。

 

④「精神疾患患者」「発達障害者」「不登校児童」「触法精神障害者」「ゆとり教育の若者世代・ニートの引きこもり」「DVに悩む家族」「自殺者・孤独死の撲滅」「子育てに悩むシングルマザー」「団塊の世代の老後の社会不安」「孤独な独居生活の高齢者」などに対して寄り添うことで、ライフスタイルを改善し「自ら癒す」姿勢を援助をする。

 

⑤行政をはじめ各医療機関や社会福祉協議会、精神保健福祉センターなどと連携を取り「相補・代替・補完・伝統医療」を、受け身ではなく、セラピスト等が各家庭や施設等に赴いて施術やセッションを提供し、全人的なサポート(身体・精神・社会・スピリチュアル)を導入することにより、革新的な「メンタルヘルス」に取り組む。

 

⓺全国各地に「次世代型 療院構想」を推し進め、地方自治体・各医療機関・NPO法人・ボランティア団体などと連携を組み、社会資源の活用と、ホリスティックな「メンタルヘルス」の在り方を拡充する。

 

《ホリスティック医学の定義》

 

1.ホリスティック(全的)な健康観に立脚する

人間を「体・心・気・霊性」等の有機的統合体ととらえ、社会・自然・宇宙との調和にもとづく包括的、全体的な健康観に立脚する。

 

2.自然治癒力を癒しの原点におく

生命が本来、自らのものとしてもっている「自然治癒力」を癒しの原点におき、この自然治癒力を高め、増強することを治療の基本とする。

 

3.患者が自ら癒し、治療者は援助する

病気を癒す中心は患者であり、治療者はあくまでも援助者である。治療よりも 養生、他者療法よりも自己療法が基本であり、ライフスタイルを改善して患者自身が「自ら癒す」姿勢が治療の基本となる。

 

4.様々な治療法を選択・統合し、最も適切な治療を行う

西洋医学の利点を生かしながら中国医学やインド医学など各国の伝統医学、心理療法、自然療法、栄養療法、手技療法、運動療法、などの各種代替療法を総合的、体系的に選択・統合し、最も適切な治療を行う。

 

5.病の深い意味に気づき自己実現をめざす

病気や障害、老い、死といったものを単に否定的にとらえるのでなく、むしろその深い意味に気づき、生と死のプロセスの中で、より深い充足感のある自己実現をたえずめざしていく。

     

「NPO法人 日本ホリスティック医学協会

(1987年 制定)」

 

 

 

アメリカの「統合医療」の第一人者である、アンドルー・ワイル博士は「統合医療の定義」を以下のように提唱しています。

 

1.「病気」と「治療」ではなく「健康」と「治癒」に医療の力点を置く。

 

2.患者を「故障した機械」としてではなく、「精神的・感情的・霊的な実在」として、また「コミュニティの一員」として「全人的」に診る。

 

3.検査結果の数値だけではなく、患者のライフスタイル(食習慣・運動習慣・ストレス対処法など)を診る。

 

4.患者と他者との「人間関係」のあり方をはじめ、自然・社会・世界・神などの超越的存在・担当医との関係など、あらゆる「関係性」を重視する。

 

 

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

   

      !?アンケート!?

 

「いいね!」をつけてくださった方には、下記のリンクをクリックしていただき、アンケートにご回答していただければ幸いです。

ご協力お願い致します。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

次世代型 療院構想の関心度アンケート(こちらをクリック!)

 

マッチングアプリ是非についてのアンケート

マッチングアプリ導入についてのアンケート

 

そして、どのような形で「次世代型 療院構想」にご参加頂けるのかを含めた、「事前参加申し込みフォーム」を御用意しています

 

「次世代型 療院構想」事前参加申し込みフォームは、こちらをクリック!↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

「次世代型 療院構想」事前申し込みフォーム

 

※お名前とメールアドレスを記入し、そしてどのような形で参加したいのかを選択いただければ、住所や電話番号は必須ではありませんので、ご記入いただかなくても構いません。

 

参加種別の内訳を説明しますと、

 

①会社の運営側「発起人」(取締役・役員・社員)として参加したい。

これは会社の「取締役(代表取締役社長・専務取締役・常務取締役)」「渉外担当」「会員管理部門」「広報・イベント・企画部門」「相談窓口」「総務」「法務部門」の七つの部門で、会社運営に携わっていただける方を示します。(兼務有り)

 

②「専門会員として参加したい」

これは、数多ある「補完代替医療」のセラピスト・カウンセラー・ヒーラー・コーチ・各種療術家等のスキルをお持ちの先生方で、実際現場でクライアント様へのセッションやカウンセリング等を行っていただき、報酬を受け取っていただく方を示します。

 

③「一般会員として参加したい」

これは、上記のスキルをお持ちでない方で、「次世代型 療院構想」に関心がある方を示します。一般会員は、専門会員の行うセッション等を受療したい場合、一般会員価格で割引させていただきます。

 

④「支援者」として参加したい。

これは、当社の発展の為に、寄付や広報などの支援をしていただける方を示します。

また、支援者には専門会員が行うセッション等を支援者割引として受療頂けます。

 

⑤「オブザーバー」として参加したい。

これは、当社の会議等で、議決権を有する権利はないが、第三者として当社の発展の為に相談や人材発掘等をして頂ける方を示します。(医療関係者・補完代替医療の有識者など)

 

⑥「コンサルティング」として参加したい。

これは、「会社」としての起業に精通した方で、起業から運営まで、有料で当社の起業と運営を具体的にコンサルタントして頂ける方を示します。

 

⑦「その他」

これは、上記に当てはまらない種別で、当社の発展に貢献していただける方を示します。

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

  【おすすめ商品】

 

セロトニン誘導体 瞑想サプリ(ハードカプセル) 350mg×90粒

Amazon(アマゾン)

2,198〜3,900円

(リラックスできて心地よく眠れます!私も飲んでいます)

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

 

(REQU お悩み相談 リニューアル致しました!)

 

~ あなたのお悩みを聴かせてください~

Twitter 連動

 

 

 

 

 

 

応援よろしくお願い致します!音譜照れ ↓↓↓↓↓↓↓ 

(ポチっといただければ、励みになります!)

 

カテゴリー別はこちら!

 
 

 

 
代替療法ランキング

 
精神科・心療内科ランキング

 

 

 

友だちになってくださる方は、こちらのLINEにご登録お願い致します。(^O^)

ブログでは明かさない秘匿性の高い、有益な情報などを発信していきます。

↓↓↓↓↓↓↓
友だち追加

ID:@xfj1248j

 

皆様のご参加を、心よりお待ちしています。おねがい

 

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

本年8月を目標に、会社の設立を目指しています。

事業内容は、主に多くの「補完代替医療」従事者の方々(セラピスト・ヒーラー・カウンセラー・コーチ・各種療術家)が、メンタルヘルスに特化したセッション等を、その対象となるクライアント様に有償で各セッションを行っていただき、当社から各「補完代替医療」従事者様に報酬をお支払いするシステムです。

参加ご希望の方は「次世代型 療院構想」事前申し込みフォーム

にクリックしてお申し込みをしていただきますようお願い致します。折り返し、こちらから具体的なご案内をさせていただきます。

 

メンタルヘルスナビゲーター

         K・HAMANO

 

 

「次世代型 療院構想」事前申し込みフォーム

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【次世代型 療院構想】普く多くの方に「補完代替療法」を受療していただくためにチャンネル登録宜しくお願い致しますリンクyoutu.be

 

※補足動画(録画時間 18分17秒  )

 

皆さん、こんにちは!

メンタルヘルスナビゲーターのK・HAMANOです!(^^♪

本日のお話は、補完代替医療の健康保険適用化の為のアプローチについて述べさせていただきます。

 

これまで、かねてからお伝えしております通り、ほとんどの代替医療は民間療法として扱われ「健康保険証(国保・社保・共済・船員)」が適応されず、受療者の全額自己負担です。一回のセッション等が最低平均でも3,000円以上はします。

 

特に、治病・改善効果が高い療法ほど料金が高く、1回のセッション等につき、何万円もするものもあります。

 

富裕層の方にとっては、何万円もする質の高い療法を受療することについては、躊躇いは少ないと思いますが、中低所得者の方については、敷居が高く手の届かないものとして、セッション等を受けたくても受けられないというのが現状です。

 

また「病気の治療は病院で行うもの」という西洋医療一辺倒の既成概念が根強く、「補完代替療法」の認知度は未だ低いものです。

 

特に「補完代替療法」はメンタルヘルスや、ライフスタイルの改善、自己療能力を活性化させるもの、あるいは、予防医学の観点でご利用される方が多く、心身に対しての健康志向が高い方がほとんどで、「補完代替療法」に関心がない方は「病気」と「治療」に力点をおいている方が多く、健康志向が高い方は「健康」と「治癒」にその力点をおいている方が多いですが、我が国ではまだまだ、その概念が浸透しておらず少ないのが現状です。

 

西洋医療には西洋医療の利点があり、急性期の患者への治療や、怪我の処置、手術など、専門的な医療技能を持って病気の治療と回復などを行う役割を担っており、非常に重要で欠かせないものです。

 

ただし、精神科・心療内科に於いては、患者様に対し特別な処置や手術などを行うことはなく、精神科医の精神科専門療法による聞き取りによって、抗うつ剤や抗不安剤などの精神安定剤、睡眠導入剤等を処方し、ほとんど薬物療法が中心の治療であります。

中には臨床心理士による心理カウンセリングや、精神科専門看護師、作業療法士、精神保健福祉士による回復や寛解に向けた取り組みを行っています。

 

しかしながら、患者様の精神疾患については、より多面的に関わり、あらゆる関係性を重視し、疾患に罹った根本原因にアプローチし、西洋医療にはない「霊性」(spiritual)の概念からも診ていき、「ホリスティック(全人的)医学の定義」に則り、精神疾患を根本的、且つ、効果的に診ていくということが、本来の癒しにつながるものだと考えます。

 

「霊性」(spiritual)の観点からアプローチする補完代替療法には、「ヒプノセラピー」「チャネリング」「スピリチュアルヒーリング」「レイキ」「心霊療法(遠隔ヒーリング)」「セラピューティックタッチ」「カウンセリング」「イメージ療法」「エネルギー療法(導引・気功・鍼灸)」「瞑想」「ヨガ」などがあります。

 

その他、伝統医療には「チベット医学」「中国医学」「ギリシャローマ医学」「イスラム医学(ユナニ医学)」「インド医学(アーユルヴェーダ)」があります。

 

これら、様々な「補完・代替・相補・伝統医療」を、患者様に合った、セラピスト・カウンセラー・ヒーラー・コーチ・各種療術家とマッチングさせることによって、西洋医療の利点を活かしながら、これらの医療を組み合わせて「統合医療」としてご提供することで、数値化できない精神疾患を、より的確、且つ、効果的に受療していただき、克服できるものだと確信しています。

 

私自身も、過去にうつ病や適応障害を患っていた時は、精神科での処方薬のみの治療ではなく、「補完代替療法」との統合で、精神疾患を克服できた、その一人ですから。

 

この「補完代替療法」の中で、特に治病効果が高く、普遍性・再現性・客観性が整っており、これまで多くの疾患を治癒してきた実績がある療法については、「健康保険証」が適応できるように、国に対して法案を提出するように求め、法整備を訴えていくという「次世代型 療院構想」のひとつを実現していきたいと思います。

 

私は自民党員なのですが、以前、私の選挙区から国に対し、施策の意見や提案があれば出してほしいとの手紙が送られてきたことがあり、私は、この「補完代替療法」の健康保険適用化について要望を出しました。その提案は、私の選挙区を通して、自民党本部の政務調査会長室に提出されました。

 

この「補完代替療法」の健康保険適用化について、今年中には行われるであろう「衆議院解散総選挙」で、私の選挙区からの立候補者に、この件について公約していただくよう手配を進めており、自民党本部に正式に「マニュフェスト」として掲げていただくよう求めています。

 

そして選挙が始まったら、その候補を全力で応援し、必ず当選していただき、国会で「補完代替医療」の健康保険適応化について、専門家会議を開いていただき、厳選された「補完代替療法」については、健康保険が適用できるよう法案の提出を行っていただきます。

 

もちろん、医師会や製薬会社からの反発は想定しており、補完代替医療が保険適応されれば、既得権益を得ている、西洋医療一辺倒の医師や

製薬会社にとっては収益が減ることになるので動揺を隠しきれないことでしょう。

 

なので、国会議員と癒着している医師会や製薬会社からの反発があると思いますが、世情のニーズと、現在の精神科・心療内科の現場の実情を患者目線で観た時、開業医の精神科・心療内科は再診の患者で飽和状態にあり、初診の患者はすぐに診てもらえないのが実情で、放っておくと症状の重篤化や二次障害を罹患してしまう恐れが有る為、そこの部分で「補完代替療法」によって患者の受け皿を設けることが必要であると思います。

 

その「国民の声」を、より多く取集し、自民党党員として、私の選挙区の支部長の代議士を通じて、厚生労働省に上申を継続的に行うことで、時機が来れば、必ず、「補完代替療法」の保険適用化は実現すると信じています。

それには、皆様のご協力が必要なのです。

 

現存の、診療報酬保険点数制度にこれを加えていただき、クライアント様の所得に応じて、自己負担額を調整し、非課税のクライアント様については、自立支援受給者証を適応し無料で受療できるようにしていただくよう具体的な提案を示していきたいと思います。

 

そのためのモデリング措置つぃて、この度、会社を立ち上げて補完代替療法の療法士及び各種クリエイターの「専門会員」とのクライアント様とのマッチングを行い、クライアント様の所得に応じて、30%のマージンを最高5%まで値引きすることと考えています、

また、「低所得者」の方をセッションしていただく「専門会員」で、低所得者の方へはセッション料を、任意で値引きしていただける方については、会員ランクをアップする評価のポイントとして優遇し、より多くのクライアント様を優先的に紹介します。

 

一人でも多くの精神疾患に罹患してる方や、こころに大きな悩みを抱えている方を救済すべく、出来る限りのことはして行こうと考えています。

 

現在のコロナ禍に於いて、精神的にダメージを受け、「心的外傷後ストレス障害」や、通称「コロナ鬱」と呼ばれる精神疾患患者が急増しています。そして緊急事態宣言が出ているため会社勤めの方はテレワークを余儀なくされ、出社制限をかけられている企業も少なくありません。

 

この状態では、ひとりひとりの所得が減少し、生産性の低下につながり、不況を更に加速してしまうのは当然でしょう。

 

そうなれば「補完代替療法」の療法士や「各種クリエイター」の収入も減少し、経済的に困窮してしまうのは火を見るより明らかです。

 

その為、この度、この時機だからこそ、起業に踏み切る決断をしました。いつになるか分からないコロナ禍の終息を待っていては不況はますます深刻化し、最悪、恐慌に陥ってしまうことにもなりかねません。

 

その為、我々が「メンタルケア」の面において、出来る事を惜しみなく発揮し、補完代替療法及び各種クリエイターの活動を活性化しなければならないと思っています。

 

西洋医療の医療関係者は自らが感染のリスクを抱えながらも、懸命に患者様の治療の為に従事している中で、我々、補完代替医療の療法士が、ただ保身のために何もしないのでは、世の中に対して示しがつきません。

 

今だからこそ、出来る事があるのではないかと考えています。クライアント様への奉仕の心と救いの信念のケジメを全うするために、今回の起業に、何卒、ご協力をお願いしたいと思っています。

 

この起業に参加していただける方は、以下のフォームにクリックしていただき、必要事項をご記入いただきたいと思います。後程、ご記入いただいたメールアドレスにご返信をさせていただきます。

何卒、宜しくお願い致します。

 

次世代型 療院構想 事前参加申し込みフォーム

 

最後まで、ご高覧ありがとうございました。

 

メンタルヘルスナビゲーター

         K・HAMANO

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

 

 

《次世代型 療院構想とは?》

 

①西洋医療一辺倒の治療ではなく、「相補・代替・補完・伝統医療」を併せ持った統合医療で、「メンタルヘルス」に特化した、全人的なサポート(身体・精神・社会・スピリチュアル)をおこない、クライアントの「自然治癒力」と「潜在能力」を活かすための援助をし、真の健康人を培う医療の在り方を実現する。

 

②「ホリスティック医学」の定義に基づいて、数多ある「相補・代替・補完・伝統医療」をクライアント自ら選択・統合し、治療側主体の医療体制から、クライアントの主体性を尊重した医療の在り方を実現する。

 

③治病効果の高い、再現性のある「相補・代替・補完・伝統医療」に於いて、健康保険証(共済・国保・社保・船員保険)が使えるように、国に対して法整備を求めていく。また「自立支援受給者制度」に於いても、クライアントの所得に応じて限度額の適用ができるように法改正を求めていく。

 

④「精神疾患患者」「発達障害者」「不登校児童」「触法精神障害者」「ゆとり教育の若者世代・ニートの引きこもり」「DVに悩む家族」「自殺者・孤独死の撲滅」「子育てに悩むシングルマザー」「団塊の世代の老後の社会不安」「孤独な独居生活の高齢者」などに対して寄り添うことで、ライフスタイルを改善し「自ら癒す」姿勢を援助をする。

 

⑤行政をはじめ各医療機関や社会福祉協議会、精神保健福祉センターなどと連携を取り「相補・代替・補完・伝統医療」を、受け身ではなく、セラピスト等が各家庭や施設等に赴いて施術やセッションを提供し、全人的なサポート(身体・精神・社会・スピリチュアル)を導入することにより、革新的な「メンタルヘルス」に取り組む。

 

⓺全国各地に「次世代型 療院構想」を推し進め、地方自治体・各医療機関・NPO法人・ボランティア団体などと連携を組み、社会資源の活用と、ホリスティックな「メンタルヘルス」の在り方を拡充する。

 

《ホリスティック医学の定義》

 

1.ホリスティック(全的)な健康観に立脚する

人間を「体・心・気・霊性」等の有機的統合体ととらえ、社会・自然・宇宙との調和にもとづく包括的、全体的な健康観に立脚する。

 

2.自然治癒力を癒しの原点におく

生命が本来、自らのものとしてもっている「自然治癒力」を癒しの原点におき、この自然治癒力を高め、増強することを治療の基本とする。

 

3.患者が自ら癒し、治療者は援助する

病気を癒す中心は患者であり、治療者はあくまでも援助者である。治療よりも 養生、他者療法よりも自己療法が基本であり、ライフスタイルを改善して患者自身が「自ら癒す」姿勢が治療の基本となる。

 

4.様々な治療法を選択・統合し、最も適切な治療を行う

西洋医学の利点を生かしながら中国医学やインド医学など各国の伝統医学、心理療法、自然療法、栄養療法、手技療法、運動療法、などの各種代替療法を総合的、体系的に選択・統合し、最も適切な治療を行う。

 

5.病の深い意味に気づき自己実現をめざす

病気や障害、老い、死といったものを単に否定的にとらえるのでなく、むしろその深い意味に気づき、生と死のプロセスの中で、より深い充足感のある自己実現をたえずめざしていく。

     

「NPO法人 日本ホリスティック医学協会

(1987年 制定)」

 

 

 

アメリカの「統合医療」の第一人者である、アンドルー・ワイル博士は「統合医療の定義」を以下のように提唱しています。

 

1.「病気」と「治療」ではなく「健康」と「治癒」に医療の力点を置く。

 

2.患者を「故障した機械」としてではなく、「精神的・感情的・霊的な実在」として、また「コミュニティの一員」として「全人的」に診る。

 

3.検査結果の数値だけではなく、患者のライフスタイル(食習慣・運動習慣・ストレス対処法など)を診る。

 

4.患者と他者との「人間関係」のあり方をはじめ、自然・社会・世界・神などの超越的存在・担当医との関係など、あらゆる「関係性」を重視する。

 

 

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

   

      !?アンケート!?

 

「いいね!」をつけてくださった方には、下記のリンクをクリックしていただき、アンケートにご回答していただければ幸いです。

ご協力お願い致します。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

次世代型 療院構想の関心度アンケート(こちらをクリック!)

 

マッチングアプリ是非についてのアンケート

マッチングアプリ導入についてのアンケート

 

そして、どのような形で「次世代型 療院構想」にご参加頂けるのかを含めた、「事前参加申し込みフォーム」を御用意しています

 

「次世代型 療院構想」事前参加申し込みフォームは、こちらをクリック!↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

「次世代型 療院構想」事前申し込みフォーム

 

※お名前とメールアドレスを記入し、そしてどのような形で参加したいのかを選択いただければ、住所や電話番号は必須ではありませんので、ご記入いただかなくても構いません。

 

参加種別の内訳を説明しますと、

 

①会社の運営側「発起人」(取締役・役員・社員)として参加したい。

これは会社の「取締役(代表取締役社長・専務取締役・常務取締役)」「渉外担当」「会員管理部門」「広報・イベント・企画部門」「相談窓口」「総務」「法務部門」の七つの部門で、会社運営に携わっていただける方を示します。(兼務有り)

 

②「専門会員として参加したい」

これは、数多ある「補完代替医療」のセラピスト・カウンセラー・ヒーラー・コーチ・各種療術家等のスキルをお持ちの先生方で、実際現場でクライアント様へのセッションやカウンセリング等を行っていただき、報酬を受け取っていただく方を示します。

 

③「一般会員として参加したい」

これは、上記のスキルをお持ちでない方で、「次世代型 療院構想」に関心がある方を示します。一般会員は、専門会員の行うセッション等を受療したい場合、一般会員価格で割引させていただきます。

 

④「支援者」として参加したい。

これは、当社の発展の為に、寄付や広報などの支援をしていただける方を示します。

また、支援者には専門会員が行うセッション等を支援者割引として受療頂けます。

 

⑤「オブザーバー」として参加したい。

これは、当社の会議等で、議決権を有する権利はないが、第三者として当社の発展の為に相談や人材発掘等をして頂ける方を示します。(医療関係者・補完代替医療の有識者など)

 

⑥「コンサルティング」として参加したい。

これは、「会社」としての起業に精通した方で、起業から運営まで、有料で当社の起業と運営を具体的にコンサルタントして頂ける方を示します。

 

⑦「その他」

これは、上記に当てはまらない種別で、当社の発展に貢献していただける方を示します。

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

  【おすすめ商品】

 

セロトニン誘導体 瞑想サプリ(ハードカプセル) 350mg×90粒

Amazon(アマゾン)

2,198〜3,900円

(リラックスできて心地よく眠れます!私も飲んでいます)

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

 

(REQU お悩み相談 リニューアル致しました!)

 

~ あなたのお悩みを聴かせてください~

Twitter 連動

 

 

 

 

 

 

応援よろしくお願い致します!音譜照れ ↓↓↓↓↓↓↓ 

(ポチっといただければ、励みになります!)

 

カテゴリー別はこちら!

 
 

 

 
代替療法ランキング

 
精神科・心療内科ランキング

 

 

 

友だちになってくださる方は、こちらのLINEにご登録お願い致します。(^O^)

ブログでは明かさない秘匿性の高い、有益な情報などを発信していきます。

↓↓↓↓↓↓↓
友だち追加

ID:@xfj1248j

 

皆様のご参加を、心よりお待ちしています。おねがい

 

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

本年8月を目標に、会社の設立を目指しています。

事業内容は、主に多くの「補完代替医療」従事者の方々(セラピスト・ヒーラー・カウンセラー・コーチ・各種療術家)が、メンタルヘルスに特化したセッション等を、その対象となるクライアント様に有償で各セッションを行っていただき、当社から各「補完代替医療」従事者様に報酬をお支払いするシステムです。

参加ご希望の方は「次世代型 療院構想」事前申し込みフォーム

にクリックしてお申し込みをしていただきますようお願い致します。折り返し、こちらから具体的なご案内をさせていただきます。

 

メンタルヘルスナビゲーター

         K・HAMANO

 

 

「次世代型 療院構想」事前申し込みフォーム