メンタルヘルス ~希望へ向かって~

メンタルヘルス ~希望へ向かって~

メンタルヘルスナビゲータによるカウンセリングの提供と、「ホリスティック医学」の概念を基盤とした「次世代型 療院構想」について発信しています。

わたしたちにとって生きる意味とは、



死をもまた含む全体としての生きることの意味であって、


「生きること」の意味だけに限定されない、



苦しむことと死ぬことの意味にも裏付けされた、



総体的な生きる意味だった。



この意味を求めて、わたしたちはもがいていた。




                      『夜と霧』―ヴィクトール・E・フランクル





生きとし生けるもの、その心の底にはかなしみを抱いている。



自らのかなしみをいつくしみ、他者のかなしみを敬って生きることが



「養生」というものではないだろうか。



そうした養生を果たしていく人が増えることが、



医療に本来の温もりを取り戻すことになる。




                                      帯津 良一



皆さん、こんにちは!

メンタルヘルスナビゲーター K・HAMANOです('◇')ゞ

皆さんの「心」元気ですか?

 

「心」は行動の全ての源となるものです。

「心」元気じゃなきゃ、仕事へのモチベーションも高まりませんし、家庭関係も上手くいきません。

 

「心」元気でないメリットは、何一つありません。

元気のない人に、周囲の人は関わろうとしません。

 

接客業をされてる方は、「元気」がないとサービスの質を低下させ、会社やお店のブランドを低下させ、生産性を低下させ、あなたのお給料も減っていきます。

 

そして何より、あなた自身の精神衛生に壊滅的なダメージを与え、うつ病などの精神疾患に罹りやすくなります。

 

「健全な精神は健全な肉体に宿る。」

 

まさに、その通りです。

 

しかし、いくら体の健康管理に気を付けていても、ストレスやトラウマ、そして心の内部で起こる様々なフラストレーションによって、「心」はそのエネルギーを低下させてしまいます。

 

ライフスタイルに、スポーツを取り入れてる方には、「心」に元気がない人はあまりいません。

しかし、それは習慣としてスポーツを日常生活に取り入れてきてることによって、心身のバランスが取れているからです。

 

しかし、過去のトラウマや、自分自身の心の内部に起こるフラストレーションによって引き起こされる精神的なマイナスなエネルギーは、ちょっと気分転換程度にスポーツをしたからといって、たちまち晴れるものではありません。

 

私自身、小学校1年生の時から30歳過ぎまで、ずっと剣道をしていました。

しかし、自閉症スペクトラムという発達障害を生まれながらに抱え、父親の酒乱により臆病な性格になり、性格は暗く、友だちもおらず、学業成績も悪く、学校ではずっとイジメに遭って、登校拒否をしていました。

 

そんな、もともとの発達障害の症状や、凄惨な幼少時でのトラウマは、剣道をずっと続けていたからといって、埋め合せできるような簡単なものではありませんでした。

もちろん、剣道を続けてきたことにより心の鍛錬になり、剣道をやってきたからこそ、もっと深刻な精神疾患に陥らなかったのかもしれません。

 

そう考えると、剣道をやってきて良かったなと思っています。

 

剣道をずっと続けていたから、刑務官にもなれたし、スポーツ少年団で小学生を指導することもでき、馬鹿の一つ覚えで、唯一、自分の得意分野として「芸は身を助ける」ことにつながりました。

 

しかし、「適応障害」という疾患も抱えており、仕事や環境を転々としていくうちに、次第に剣道からも離れるようになっていき、その反動で体重は激増し、19歳の時に刑務官で剣道をバリバリやっていた時に比べ、体重が30kgも増加し、見る影もない姿になってしまいました。

 

剣道から離れるようになって、私に精神状態は次第に荒んでいきました。

一番最悪の時には、精神安定剤の多剤服用による「薬物依存症」になって、3ヶ月、精神病院に入院しました

 

しかしこんな「心の傷」を持っていて、将来を悲観していた私の「心」を変えたのは祖父の死がきっかけでした。

 

祖父は肋骨を骨折して病院に入院し、ギブスを巻いて寝たきりになっていたので、仙骨に褥瘡ができて、そこからMRSA(メチシリン耐性黄色ブドウ球菌)が入り、院内感染に罹ってしまい、どんな薬も効かなくなり、急激に衰弱していって、最期は多臓器不全で65歳の若さで亡くなってしまいました。

 

たった骨折で入院しただけなのに、薬物療法一辺倒な西洋医療のために院内にMRSAが蔓延し、少ない看護体制の中で、こまめに体位変換しなかったために褥瘡ができ、院内感染して、骨折の治療の為に入院したはずが、再び生きて家に帰ることはなかった。

 

この悔しさは怒りに変わり、私の魂に火をつけました。

「祖父は病院に殺された。」

そう思ったのです。

 

そして、西洋医療一辺倒な医療体制を私の手で改革し、「補完・代替医療」も取り入れた「ホリスティック医療」のコンセプトに立った「統合医療」の「療院」をつくり、「補完・代替医療」にも健康保険証が使えるように国に対し法整備を求めていく。

 

祖父のように、病院に殺される人がいなくなるその日まで。

 

それが、私ができる、祖父を殺した病院に対すする仇討だと思いました。

 

しかし、憎しみを根底に世直しをしようとしても、平和的な改革は推し進められません。

 

国を変えるには、行動を起こさなければなりません。

行動を起こすには、「心」を変えなければなりません。

 

国民が総動員で「そうだ!」といってもらえるように、「薬漬けの医療は間違っている」と気づかさなければなりません。

 

そして私は、人の「心」を間違った共同幻想から覚醒させるために、「心」を元気にする「心理カウンセラー」を目指し、国際カウンセリング協会の心理カウンセラーになりました。

そして様々なクライアント様のカウンセリングに携わってきました。

しかし、「心」の悩みの問題は、単にそこだけに焦点をあてるものでは限界があると感じ、「身体」に対しても根底から元気にさせるための手法を探しまくりました。既存の医療ではない、新しい革新的な、且つ、根本から「心身の健康」を実現できる療法はないかと模索していました。

 

そして出会ったのが「気導術」です。

その効果は、どの療法よりも群を抜いており、最速最短、即効で効果を実感できるという驚くべきものでした。

 

私が長年患っていた慢性的な腰痛を、たった一回の施術で治してしまいました。

 

「心」にこびりついていたトラウマやフラストレーションを、たった一回の施術でマイナスな感情から解放させました。

 

 

「よし!これを習得しよう!」

 

そう決断し、当時はバスの運転手をしていましたから、月に一回「気の教室 福岡校」に一ヶ月に一回受講し、受講料は420,000円と高額でしたが、意を決し、一年かけて受講を続け、一年後に、ついに「気導師」の称号を授与されました。

 

こうして「心」と「身体」の両面から「元気」になるためのアプローチができるようになり、

 

そこに

「ヒプノセラピー(催眠療法)」

も掛け合わせた、独自の療術を習得することが出来、これまで個人事業で、6年間で200名以上のクライアント様を、根本から

「元気」にしてきました。

 

そして何より私自身が

「心」から元気になることができました。

 

そして「次世代型 療院構想」という基本理念と行動指針を提唱し、来年4月には、そのパーソナルセンターとなる一般社団法人を設立することにしています。

法人名は

「一般社団法人 日本メンタルシナジー協会」(仮称)とすることに決めました。

 

現在は、デイサービスセンターの生活相談員をする傍ら、経営マーケティングやシステム化の勉強をしたり、「NPO法人 日本ホリスティック医学協会 ホリスティックヘルス塾インストラクター」として「ホリスティック(全人的)医学」の概念を、教える活動をしています。

 

私は祖父に誓った「医療革命」を実現するために、「夢」を実現し続けています。

 

あの幼少時の根暗なイジメられっ子の私は、もう存在しません。

薬物依存症で、ボロボロだった私は、もう存在しません。

怒りに打ちひしがれていた私は、もう存在しません。

 

東京に引越してきて、

ある日、私は不思議な体験をしました。

睡眠から覚める早朝、目は閉じたまま意識はハッキリしていた私に、

眼は閉じているのですが、視界は光で包まれ、私の耳にこうハッキリ聴こえてきました。

 

「使命を成し遂げよ。力を授ける。」

 

男性とも女性とも言えぬ声で、ハッキリ、私にそう告げられました。

 

その瞬間、魂に無限大の力を感得し、実に爽快で、心と体に底知れぬエネルギーが沸きあがり、武者震いがしました。

 

そして目を開けると、体は軽く、鼓動が高鳴り、精神に凄まじい力の意思を感じました。

 

その日以来、私はとてもタフになりました。

一日3時間の睡眠で充分熟睡感が感じられ、集中力が高まり、学習意欲が盛んになり、思ったことが確実に実現し、周囲の人との関わり方も無意識に笑顔から始まり、エネルギーに溢れ、様々なアイデアが浮かび、思い悩んだり、憂鬱な日はなくなりました。

そして、様々な変革をもたらすチャンスが、向こうから引き寄せられるようになりました。

 

信じ難いかと思いますが事実です。

 

「何か『大いなる存在』に守られている。」

 

そう意識するようになりました。

私には「使命」がある。そして「生きる意味」を覚ることができました。

そのことには「感謝」しかありません。

 

あなたも

「夢は叶うと思い込めば必ず叶う」

「心の悩みは高いエネルギーを持つ人と接することで必ず解消される」

 

信じることから始めてみて下さい。

「心」が変わることで、あなたの行動が変わり、行動であなたの生き方が変わり、生き方が変わると人生が変わります。

 

これは宇宙の法則でもあり、人類普遍の原理原則です。

 

私のプロフィールをご覧ください。

これでもかっていうくらい波乱万丈の人生を生きてきました。

でも、こうしてちゃんと生きています。

素晴らしい人生を謳歌しています。

 

どん底から這い上がった人間の、嘘偽りない言葉です。

 

「深い傷を知る者は、希望も深い」

 

きっと、あなたもそのはずです。

 

真剣に人生を変えたいと思ってる方は、

ぜひお申し込み下さい。

 

 

 

 

 

最後まで、ご高覧ありがとうございました。

 

 

        メンタルヘルスナビゲーター 

                     K・HAMANO

応援よろしくお願いします!

↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ

 

 にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ストレスマネジメントへ

 

 にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 精神科・心療内科へ にほんブログ村

 

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 適応障害へ にほんブログ村

 

メンタルヘルスランキング

 

 

友だちになってくださる方は、こちらにご登録お願い致します。(^O^)

↓↓↓↓↓↓↓
友だち追加

ID:@xfj1248j

 

 

 

 

皆さん、こんばんは!

 

メンタルヘルスナビゲーターの

K・HAMANO です('◇')ゞ

昨日のブログで、ヘッダーを大幅にリニューアルしたことをお伝えしました。

 

・・・で、そもそも「気導術」ってなに?

って、思われてる方もいらっしゃると思いますので、下記に「日本気導術学会」のホームページのURLを貼っておきます。

ぜひ、クリックしてみて下さい!

http://www.kidojutu.com/

 

ご覧になられたらお分かりかと思いますが、気のエネルギー療法の中では、群を抜いた驚愕的なものです。

私は平成22年に「気の教室 福岡校」で1年間かけて受講し、「気導師」の認定を受け、当時は地元の山口県で開業しました。

(ちなみに、受講には420,000円かかりました)

 

現在は、東京八王子に住んでおります。

 

静岡県牧之原市にある「日本気導術学会 総本部」で、特別実践セミナーにも参加して、ハイレベルな技術を習得してきました。

 

初心者からでも、ほぼ100%の改善結果が出せる超越的なテクニックを教わり、200名以上の方の施術にあたり、身体的・精神的な症状の改善実績があります。

 

今でも、東京五反田にある「日本気導術学会 東京本部」で、月に一回、研究コースに参加して修練を積み重ねています。

毎回、新しいテクニックを教わり、常に進化し続けています。

 

 

「ヒプノセラピー」については、東京恵比寿にある、TOPセラピスト協会「KYアカデミー」というヒプノセラピスト養成講座に、半年間かけて受講し、初級から始まり、現在はアドバイザーの認定を受けました。

(ヒプノセラピーとは「催眠療法」のことです)

「チャネリング」「退行催眠」「前世療法」などの技法を学び、そして、アドバイザーとして開講することができる資格を取得しました。

現場では、「気導術」とコラボさせて、よりプレミアムな相乗効果を出すことができました。

 

バイラル(口コミ)で、1年間の間に200名以上のクライアント様を顧客として得させていただき、保険証が効かないので料金は高めでしたが、それでもお客様がどんどん増えていきました。

 

ところが私はバカ正直なので、ある日、とあるフランチャイズ詐欺に遭い、個人事業としての集客は順調でしたが、偽フランチャイズの加盟料等で莫大な負債を抱え、廃業を余儀なくされました。

 

しかし、この手に付けた「気導術」「ヒプノセラピー」のテクニックとスキルは失われていませんので、今でも技術には確かなものがあります。

 

「国際カウンセリング協会」で「心理カウンセラー」のスキルを取得してまして、「日本メンタルケア協会」では「メンタルケアスペシャリスト」の称号も付与されていますので、メンタルヘルスにおけるカウンセリング技法には心得があります。

 

「必ず治す!」をモットーとしてきましたので、そのスタンスは今でも変わりありません。

 

柔道整復師や臨床心理士のような国家資格ではありませんが、最短・最速で治す上に於いては、国家資格より優れている技法であると自負しています。

 

来年の「一般社団法人設立」のための参考材料としての経験として、現在、本業は、デイサービスセンターの「生活相談員」をしていますので、副業という形にはなりますが、お申し込みいただければ、ちゃんとアポを取って、まずはオンラインでのカウンセリングから始めさせていただき、しっかりお悩みを聴かせていただいたうえで、各々の「心の問題」を共有して、それぞれにあった施療をさせていただきます。

 

私の専売特許は「メンタルヘルス」ですので、そのスタンスは変わることはありません。

 

昔から日本の武士道の精神に「守・破・離」というものがあります。

まずは、基本を守り、そしてそれを破って、離れていき、自分独自の流儀を作り上げます。

 

私は自分にしかできない、他の追随を許さない「メンタルヘルス」に於ける流儀があります。

 

マニュアルなんてものはありません。様々な研究を重ねて、この体で体得した技法です。

 

こうして、このブログにつながれたのもご縁だと思います。

 

「心の悩み」の問題を抱えてる方には、自分を変えるチャンスです!

 

ぜひ、この機会にお申し込みいただき、積極的に、それまでのマイナスな「生き方」から卒業しましょう!

 

「考え方が変われば行動が変わる!」

「行動が変われば生き方が変わる!」

「生き方が変われば人生が変わる!」

最後まで、ご高覧いただき、ありがとうございました。

 

                 

  メンタルヘルスナビゲーター K・HAMANO

 

 

応援よろしくお願いします!

↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ

 

 にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ストレスマネジメントへ

 

 にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 精神科・心療内科へ にほんブログ村

 

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 適応障害へ にほんブログ村

 

メンタルヘルスランキング

 

 

友だちになってくださる方は、こちらにご登録お願い致します。(^O^)

↓↓↓↓↓↓↓
友だち追加

ID:@xfj1248j

 

 

 

 

皆さん、こんにちは!メンタルヘルスナビゲーター K・HAMANOです('◇')ゞ

 

これまで、何か月にもわたってブログタイトルとして使ってきた

「メンタルヘルス ~希望へ向かって~」

のヘッダーを、先日、予告してました通り、大幅リニューアル致しました!(*´▽`*)

 

私の具体的なミッションはこれだ!という誓いを新たに改正しました。

 

私は、自己紹介にも書かせていただいてます通り「適応障害」という診断名を受けられています。

 

職場での仕事が長続きしない。物事に臨機応変に対応できない。人間関係が苦手。などなど、通常の方と違い、社会適応能力が劣っているというのが「適応障害」です。

 

私が「自分の使命」を明確にし、それを実践に移し、自己啓発や思考の転換を図り、心のレジリエンス(耐久力)を向上させていくにつれ、この社会適応能力の劣りというのは「自分らしさ」や「自分の強み」として転化することができました。

 

また、生まれながらに、発達障害(自閉症スペクトラム)というのも持っており、父親の酒乱によるトラウマで臆病な性格になり、幼少期はずっとイジメに遭っていました。

 

それまでは、「自分が悪いんだ。自分なんていなければいいんだ。」って自己嫌悪に陥り、社会に出ても常にコンプレックスを抱え、孤独を感じて生きてきました、

 

でも、これまでブログでずっと書かせていただいてるように、色々な人との出会いや、自分を変えなきゃならない事象が起きてきて、環境が変わり、仕事が変わり、出会う人も変わっていく中で、自分というものを「客観的」に観れる視点を養う事ができました。

 

自分が変わらなきゃ、どこに行っても周りの状況は変わらないことが分かり、とにかく「自己否定」をしない「自分の人間力」を養うための努力の方法を考え、幾度の苦難と失敗を繰り返し、試行錯誤しながら、自分の社会に於けるポジショニングを決め、「直接、自らの手で人の役に立つ職業」が適職であるという結果を覚り「セラピスト」としての道を歩み始めました。

 

そして、個人事業を起業し、「気導術」という外気功を使ったエネルギー療法、「心理カウンセリング」「ヒプノセラピー」を三本柱として生業を営んでいました。

 

また、介護福祉士として、福祉の現場で高齢者の方に自らの手で介護することによって、人の役に立つ喜びと充実感を味わてきました。

 

そのように、色々な人を癒し、また御世話させていただく中で「感謝」されるようになり、その「感謝」によって自分が社会の役に立ってる実感が沸き、尚且つ、自己承認にもつながり、これが私の天職であると決断しました。

 

それが自信につながり、「より、グローバルな視点で社会貢献がしたい。」と思うようになり、現代の西洋医療一辺倒な医療の在り方の誤謬を改革すべく「ホリスティック医学」について学び、「補完・代替医療」との「統合医療」の複合型施設の建設を、モデル事業として立ち上げることを自らに誓い、「次世代型 療院構想」という基本理念を提唱し、来年4月には一般社団法人の設立を目標として、目下、活動中です。

 

現在、職業はデイサービスデンターの「生活相談員」をしていて、その傍ら、来年の一般社団法人設立に向けた準備を進めながら、「ホリスティックヘルス塾インストラクター」として「ホリスティック医学」について普及拡大する活動にも取り組むことができるようになりました。

 

併せて、これまでの「気導術」「心理カウンセリング」「ヒプノセラピー」のスキルを、私と同じように「適応障害」などの精神疾患や、心の悩みに苦しむ方への問題解決に向けて、支援させていただきたく、この度、このようにヘッダーの内容をリニューアル致しました。

 

これまでの「適応障害」を始めとして「自閉症スペクトラム」「うつ病」「双極性障害Ⅱ型」「薬物依存症」「広汎性不安障害」の精神疾患からの克服や、それを達成するまでに自ら歩んできた私の経験をもとに、その具体的な「思考の転換」「目標設定」「行動」について、その「順序」と「方法」を、個人個人の悩みの内容に応じて、現在、悩まれておられる方へ、問題解決に向けてカウンセリングを施療させていただき、「気導術」と「ヒプノセラピー」を取り入れた独自の技法をコミットしていきたいと思います。

 

具体的にはREQUのプログラムにて提供させていただきますので、下記のサービスをご利用いただきますようご案内致します。

 

最後まで、ご高覧ありがとうございました。

 

                                             メンタルヘルスナビゲーター K・HAMANO

注目!!【一般社団法人の法人名(仮称)について発表いたします】

 

皆さん、こんにちは!

 

メンタルヘルスナビゲーターのK・HAMANOです('◇')ゞ

 

今日は、かねてから申し上げ続けている「次世代型 療院構想」

 

の実現の為の組織づくりをしていくために、来年4月を目標に

 

「一般社団法人」の設立を目指し、「ホリスティック医学」の定義を

 

基盤に「統合医療」の施設を建設する為に、目下、準備を進めて

 

います。

 

まず「次世代型 療院構想」とは?

https://www.kouexist.com/pages/2735288/page_201903302137

 

①西洋医療一辺倒の治療ではなく、「相補・代替・補完・伝統医

 

療」を併せ持った統合医療で、クライアントに全人的なサポート

 

(身体・精神・社会・スピリチュアル)をし、クライアントの「自然治

 

癒力」を活かすための援助をし、真の健康人を培う医療の在り方

 

を実現する。

 

②「ホリスティック医学」の定義に基づいた、数多ある「相補・代

 

替・補完・伝統医療」をクライアント自ら選択・統合し、治療側主体

 

の医療の体制から、クライアントの主体性を尊重した医療の在り

 

方を実現する。

 

③「相補・代替・補完・伝統医療」に於いても、健康保険証(共済・

 

国保・社保・船員保険)が使えるように、国に対して法整備を求め

 

ていく。

 

④「発達障害者」「不登校児童」「触法精神障害者」「若者世代・ニ

 

ートの引きこもり」「子育てに悩む主婦」「団塊の世代の社会不安」

 

「孤独な独居生活の高齢者」に対して、「西洋医療」と「相補・代

 

替・補完・伝統医療」を併せ持った「ホリスティック医療」で、全人

 

的なサポート(身体・精神・社会・スピリチュアル)を導入し、革新

 

的な「メンタルヘルス」に取り組む。

 

⑤全国各地に「次世代型 療院構想」を推し進め、地方自治体・

 

各医療機関・社会福祉法人・財団法人・NPO法人・ボランティア団

 

体などど連携を組み、社会資源等の活用により、ホリスティック

 

(全人的)な「メンタルヘルス」を拡充する。

 

 

以上のことを「次世代型 療院構想」の基本理念・活動方針として

 

明記しています。

 

 

私は、人間の精神的問題「に於いて「メンタルヘルス」に特化した

 

アプローチをしていく為に「ホリスティック医学」の概念を基盤とし

 

て、「西洋医療」と「補完・代替医療」が合わさった「統合医療」の

 

複合型施設の建設を「療院」として位置づけ、多くの精神疾患に

 

悩む方や、心の悩みを抱えておられる方を受け入れる、モデル事

 

業を展開していくことを使命としています。

 

 

多くの「補完・代替医療」のセラピスト等が、その優れた技能を、

 

利潤の追求だけに留めるのではなく、広く社会に貢献していく取り

 

組みができるシステムを構築していく為に、非営利団体の

 

「一般社団法人」を、パーソナルセンターとして立ち上げます。

 

 

その法人名を

 

「一般社団法人 日本メンタルシナジー協会」

(仮称)

 

と命名し、登記したいと思います。

 

『シナジーとは、部分の総和+αのプレミアムが産み出される

 

乗効果のこと』を意味し、ホリスティック医学の定義にある

 

「身体」「精神」「スピリチュアル」の全人的医療の取り組みと、社

 

会資源等の活用による総和によって、+αのプレミアムが産み出

 

される相乗効果で、多面的に「メンタルヘルス」に取り組む思想が

 

込められています。

 

 

各々が、その専門性を十二分に発揮し、我が国の「少子高齢化

 

問題」や「精神疾患患者の増加」、「触法精神障害者」や「依存症

 

患者」の増加などに対応するために、国を挙げてこれらの問題に

 

取り組み、精神疾患によって働けない方々に、自立に向けた援助

 

を行い、生産性を高めていかなければ、我が国の近未来の経済

 

は破綻に追い込まれてしまう恐れが十分に有り得ます。

 

 

我が国の人口は、将来、確実に減少していきます。その上で限ら

 

れた労働人口の中で、精神疾患等により就労できない人口が増

 

加すると、我が国は先進国の「独立国家」として成り立たなくなっ

 

てしまう恐れがあります。

 

 

一部の富裕層と、公務員、中低所得者、非労働者の経済格差の

 

社会構造になってしまい、第一次産業、第二次産業、第三次産業

 

など企業や個人事業が減少し、物価が高騰し、国民のQOL(生

 

の質)の低下につながりかねません。

 

そればかりか、犯罪者が増加し、反社会勢力の数も増加してしま

 

うことが懸念されます。

 

現在、全国の刑務所などの矯正施設は、どこも飽和状態です。

 

8人定員の雑居房に、12名程度収容され、キツキツの状態です。

 

舎房を増築している刑務所が増加していますが、このままでは、

 

それもいつか埋まってしまいます。舎房の増築には、当然、国民

 

の税金が使われています。

 

 

それらを回避するためには、「補完・代替医療」にも「健康保険証」

 

が適用できるように法整備を行わないと、「医師不足」の問題に

 

併せ、「病院」や「施設」は飽和状態になり、後見・補佐・補助の対

 

象者が増加し、生活保護受給者も増加の一途を辿ることになると

 

思います。

 

 

そうなれば、課税対象者が減少し、国の財政は窮地を迎えること

 

になってしまうのは火を見るより明らかです。

 

まさに現在、我が国は分水嶺に立たされていると思います。

 

今は、来年の「東京オリンピック・パラリンピック」開催ムードで、一

 

時的な経済効果は維持できていますが、それが終わってしまった

 

後の反動は危機迫るものが予見できます。

 

 

身体的な医療技術や新薬の開発は目まぐるしいものがあります

 

が、精神的なそれらについては、我が国は非常に発展途上にあ

 

ると言わざるを得ません。

 

「メンタルヘルス」の在り方について、今一度、国を挙げて、真剣

 

に見つめ直す時に来ていると思います。

 

 

「一般社団法人 日本メンタルシナジー協会」(仮称)

 

設立後は、これらの問題に対して、多くの志ある「医療関係者」や

 

「補完・代替医療」のセラピスト等が会員になっていただき、真っ

 

向から、これらの問題に立ち向かっていかれることを切に願って

 

やみません。

 

この取り組みに関して、様々な方からのコメントをお待ちしており

 

ます。

 

最後まで、ご高覧ありがとうございました。

 

             メンタルヘルスナビゲーター K・HAMANO

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

(参考記事)

 

メンタルシナジー(防犯と再犯防止におけるセラピストの役割と展望)

 

NO.1

https://ameblo.jp/hamano0708/entry-12453041962.html

NO.2

https://ameblo.jp/hamano0708/entry-12453796183.html

NO.3

https://ameblo.jp/hamano0708/entry-12456162613.html

 

 

代替療法等にも保険適用すべきです

https://ameblo.jp/hamano0708/entry-12457536889.html

 

 

応援よろしくお願いします!

↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ

 

 にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ストレスマネジメントへ

 

 にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 精神科・心療内科へ にほんブログ村

 

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 適応障害へ にほんブログ村

 

メンタルヘルスランキング

 

 

友だちになってくださる方は、こちらにご登録お願い致します。(^O^)

↓↓↓↓↓↓↓
友だち追加

ID:@xfj1248j

 

皆さん、こんばんは!

メンタルヘルスナビゲーターのK・HAMANO

です('◇')ゞ

 

今日は、

「夢」は叶うと思い込んでいれば「必ず叶う」

ということをお話してみたいと思います。

 

「夢実現」には、それに必要な資産や人脈、知識やスキル、バックアップをしてくれる仲間や協力者、モデリングとなる成功者、それに費やせる時間など、確かに夢を実現するためには様々なファクターが必要ではあります。

 

ですが、これらは「必要ではあります」が、その根底には、自分は絶対この夢を叶えると決断し、それを信じ続け、自ら行動していくことが必須の条件となります。

 

誰も

「はい!私があなたの夢を叶える決断をし、行動します!」

って言ってくれる人など存在しません。

 

あなた以外にあなたの夢を叶えてくれる人はいません。

当り前ですよね?

 

自分の夢は自分でしか叶えられないものです。

 

これは、今迄様々な場面でお話してきたことです。

 

しかし、このモチベーションとなるエネルギーはどこから得ればよいのでしょうか。

 

答えはシンプルです。

それは、あなたの潜在意識の中にある

「根拠のない自信」

「根拠のない確信」

「根拠のない必然性」

にあると言えます。

 

子供の頃、誰もが皆、(私は男性ですから)特に男の子は、ヒーローやスポーツ選手になりたいなどの「夢」を持っていたことでしょう。

 

そこに「根拠」などありましたか?

 

「私は世界平和を脅かす悪人どもから地球を守らなければならない為、ヒーローにならなければならない」って、そんな小難しい「根拠」を持っていましたか?

 

「私は多くの人にスポーツによって感動と勇気を与える為、スポーツ選手にならなければならない」」って、「根拠」を定義して「夢」を持っていましたか?

 

そんなことはなかったですよね?www

 

単純に

「カッコイイ!」

「凄い!」

っていう憧れが、子どもの頃のあなたに感動と興奮を与えたので、

「僕はヒーローになる!」

「僕は、スポーツ選手になる!」

って決断した子がほとんどでしょう。

 

そこに「根拠」なんてものはなかったはずです。

 

それが大人になっていくにつれ、様々な教育や環境、社会システムの中に組み込まれ、人間関係や経済状態などに影響されて、理想と現実のギャップを知り、「夢」を追い求めることは非現実な事だと諦めていく方がほとんどだと思います。

 

そこで自分のキャパシティに妥協し、「自己承認」の枠組みを設け、変化を恐れ安定を得るために、誰に言われるでもなく、自分で勝手に「夢」を諦めるための「根拠」を作り、それを正当化し、それを由として、社会の中で働き始め、世の中のシステムの中で暮らしにまみれた生活を送り、年齢を重ね、あるいは病気や事故に遭って、そしてこの世から去っていきます。

 

それで、あなたは

「いい人生だった」

と満足して、この世を去れますか?

 

「あの夢を、もっと本気で叶えておけばよかった」

 

「自分にしかできないはずだった、あの夢を果たしたかった」

 

「次世代の子供たちの為に、希望となるものを残したかった」

 

そうやって、人生を後悔しながら死んでいくんですよ?

違いますか?

 

あなたにとって、夢とは人生そのものでなければならない。

 

夢とは決して「幻想」や「理想」のまま、思い描くだけのものであってはならない。

 

少なくとも、私はそう思っていますし、夢を叶える為に、こうやってブログに公然と「夢」を旗揚げし、それに向かって日々、突き進んでいます。

 

プロフィールにも書いてますが、私には

「次世代型 療院構想」

の実現という「夢」を明確に確立しています。

 

「夢は絶対叶える!」

 

「夢を叶えられない自分は想像できない!」

 

「夢を叶えられない自分は有り得ない!」

 

「私の夢は、私の人生そのものだ!」

 

「この夢実現によって、社会に大きく貢献することが私の使命だ!」

 

これくらいのモチベーションで、取り組んでいます。

 

これには、潜在意識の

「根拠のない自信」

「根拠のない確信」

「根拠のない必然性」

が根底にあるからです。

 

そして、着々と夢実現に向かってのプロセスを歩んでいます。

 

歩んでいるというより「夢」を引き寄せています。

 

無駄な時間や行動は何一つありません。

 

ちなみに、今の私のお仕事は「認知症対応型デイサービスセンター」の「生活相談員」をしています。

 

自分の「次世代型 療院構想」という夢実現の為に必要な経験だと思い、自ら選んで就きました。

 

我が国の社会問題となっている、超高齢化社会の現実を「参考材料」として学んでおかなければならないと思ったからです。

 

毎日が学びの連続です。

実に充実しています。

 

一応、プロの心理カウンセラーのスキルと経験はありますから、相談業務に於いては、そのノウハウを活かされています。

 

これまでは、整体師・心理カウンセラー・ヒプノセラピストの自営業を営んだり、高校を卒業して今日まで、公務員を始め、実に様々な職業を経験してきました。

 

全てが自分の「夢実現」の為の「参考材料」になっています。

無駄な経験は何一つありません。

 

精神科医いわく、「君は適応障害だ」と診断を下されてますが、

今となっては「適応障害」様様です。

 

「精神疾患」を、自分の強みに転化しています。

 

そんなもん、自分の捉え方次第で、いくらでも武器に出来ます。

 

「病気」だと思い込めば「病気」になるんです。

 

「自分の強み」と思い込めば、自然に「自分の強み」になるんです。

 

人間は思考の動物です。

思考によって行動をします。

だから「思い通りの自分」になれるんです。

間違いありません。

私自身が、そのモデルですから。

 

だから「適応障害」だと診断をつけられてる方、卑下する必要は全くありませんよ。

人には出来ないたくさんの経験ができていると自信を持ちましょう。

凡人は変化を恐れるんで、違う職業に就くことに躊躇します。

ひとつの会社に長く勤めてる方が偉い?

そんなのは一昔前の考え方です。

「働き方改革」がどうのこうの言われてますが、リストラが当たり前の昨今、サラリーマンで長く勤められることすら保証されない時代になってきてますから。

転職は、ひとつの才能ですよ。

アメリカでは、たくさんの職歴を持つ人が「経験豊富」ということで高く評価されます。

「価値観の違い」

それだけなんですよ。

たった、それだけのことなんですよ。

 

話は逸れましたが、私先日、

「日本ホリスティック医学協会 ホリスティックヘルス塾 インストラクター」

の認定を受けましたから、休みの日を利用して、10月から、月に1~2回程度の講座を開講していく予定です。

 

この「ホリスティック医学」の定義が、「次世代型 療院構想」の基盤となる概念ですから、インストラクターとして、多くの方々に、この素晴らしい概念を推し広めていくことが、人間本来の医学の在り方を取り戻すことにつながると信じています。

 

製薬業界が左団扇な、西洋医療一辺倒な現代の医療体制をぶっ壊し、「補完・代替医療」との「統合医療」を日本全国各地に展開し、健康保険証で、様々な「補完・代替医療」を患者様が選択・統合し、治療者側主体の医療の在り方ではなく、患者様の主体性を尊重した医療の在り方を推進していくことを「次世代型 療院構想」の目的のひとつに掲げています。

 

全国の医療機関の近所に処方箋調剤薬局があるように、全国の医療機関の近所に「アロマテラピー」や「ヒプノセラピー」「気功」「ホメオパシー」などの「補完・代替医療」のサロンがあったっていいじゃないですか!

それを患者様が自ら選んで、健康保険証を使ってセッションが受けられるシステムって素敵だと思いません?

 

私は、私がそれを必ず実現できると確信しています。

 

実現できないなんてことは甘んじてもあり得ない!

 

そのモデル事業としての「療院」を、まず私が先導をきって実現するんです。

私には、その責任と使命がある!

 

多くの方は気づいているはずです。薬だけじゃ病気は治らないと。

 

「自然治癒力」という天恵の能力を活性化する必要があるんです。

 

急性期の医療には薬は確かに必要です。

ですが慢性期あるいは安定期に入った病気に薬だけの治療が効きますか?

薬の多剤服用で免疫力が低下し癌の原因にもなり、薬物依存にもなり、遺伝子にも影響を与えてしまいます。

薬物耐性ができてMRSAなどの院内感染に罹患する恐れもある。

それだけ薬って怖いものなんです。

副作用も半端じゃない薬もあります。

結局は、薬というのは人間の体にとっては異物なんです。

本来、人間の体内で作られたものではないからです。

意味のない服薬は毒にしかなりません。

 

私は過去に「薬物依存症(処方薬)」になったことがあります。

その為、精神病院に3ヵ月入院しました。

離脱症状(禁断症状)で、地獄のような体験をしました。

 

私自ら、実験台になった経験から言えることです。

だからこそ、その怖さがリアルに分かるのです。

 

私の祖父もMRSA(メチシリン耐性黄色ブドウ球菌)という院内感染に罹り、65歳という若さで他界しました。

 

そのことが、唯一、私にとって「夢」を実現しなければならない「根拠」と言えるものです。

 

次世代の医療は、今の子供たち。そして、これから生まれ来る新しい命の為にも、安心・安全でなければなりません。

これからの日本の人口は確実に減少します。

そのうち何人が、健康でたくさんの子孫を残し、長寿を全うすると思いますか?

 

日本の医療のシステムを変えなきゃ、生産人口が激減して、国として成り立たなくなり、破綻しますよ。

国防が脆弱化し、戦争しなくても植民地になるかもしれないのですよ?

 

そのために「ホリスティック医学」の普及拡大と、現代の西洋医療一辺倒な医療体制を改革しなければなりません。

 

「健康保険証」は、保険料を納めている私たちが、安心・安全な医療を受けるための権利書です。

単に自己負担分を軽減するためのものではありません。

もともとは私たちの税金と保険料で構成されてます。

もっと、本質に目を向けましょうよ!

 

 

というわけで、今日は、「夢」は叶うと思い込んでいれば「必ず叶う」ということをお話しをしたつもりですが、「夢」を実現することは自己実現の欲求の追及でもありますが、どんな「夢」であれ、社会に貢献することができる「夢」であれば、人間には「愛」という本能が備わっているので、その潜在意識が開花されて、より強力なモチベーションで「夢実現」に邁進できるものだと思います。

 

「夢」は考えて作るものではありません。

「夢」は感じて生み出されるものです。

 

 

今日は、私と同じようなハイテンションなスピリットを持つ、「夢」を叶え続ける「講演家」のYOUTUBEを見つけましたので、ぜひ、ご覧になって見てください。

 

知ってる人は知っている、YOUTUBE講演家 鴨頭嘉人(かもがしら よしひと)さんの講演の動画をアップします。

どうか「夢」へのモチベーションアップのエネルギーを受け取ってください!私も刺激になり、チャンネル登録しちゃいました。

 

 

どうでしたか?

かなり自信持てたでしょう?

彼は「成功の秘訣!」つまり「成功哲学」を語られています。

 

 

私は、それを成し遂げるための「原理原則」に基づいた「方法」と「順序」を伝授します!

 

私自身が、これの実践者です。

夢を叶えられる自分になってます。

「夢を叶えられる自分」になりたい方は、ぜひ、読まれてみてください!

 

最後まで、ご高覧ありがとうございました。

 

         メンタルヘルスナビゲーター 

                     K・HAMANO

皆さん、こんにちは! 

 

メンタルヘルスナビゲーターのK・HAMANOで

 

す('◇')ゞ

 

 

心の悩みをお聴きいたします 「メンタルヘルスナビゲーター」によるカウンセリングです。 

                                

    ↑↑↑↑↑↑(こちらをクリック!)↑↑↑↑↑↑

 

              

      

本日は、「ココナラ」に公開したプログラムをご

 

紹介させていただきます。

 

 「心の悩みをお聴きします」 

 

私、プロの心理カウンセラーが提供する、心の

 

お悩みのカウンセリングです。 

 

メンタルヘルスの関するスキルを複数持ち、約

 

6年に渡って、200名以上の様々なご相談者様

 

の 心の悩みに対応し、解決に導いてきた実績

 

があります。 

 

 

通常、臨床心理士などが行うカウンセリングは

 

1回30分につき、5000円くらいの料金がかかり

 

ます。

 

 ココナラでは、1ヶ月5000円で、週に一回のオ

 

ンライン(ビデオチャットβ版)カウンセリング

 

(約1時間)をご提供します。 

 

 

私は、21歳の時に心の悩みを持っていて、医

 

師の指示により臨床心理士のカウンセリングを

 

受けたのですが、 臨床心理士は、医師に相談

 

者の悩みの情報提供を行うのが仕事ですか

 

ら、相談者に対しいくつかの質問をし、 カルテ

 

にそれを記入し、ありきたりなアドバイスしかし

 

ないし、やたら説教が多い、心がこもってない

 

ものでした。

 

 

 臨床心理士の言葉に対し、私は

 

「そんなのは、わかっとる。」

 

と思いながらイライラしていました。

 

 時間間際になると時計をチラチラ見始め、ま

 

だこちらが喋っている最中なのに、

 

 「はい、じゃあお時間になりましたから

 

、今日はこれで終りますね。」 

 

って言われて、あっさり打ち切られました。 

 

実に事務的で、返って腹立たしく感じ、もうそれ

 

からは、その臨床心理士のカウンセリングを受

 

けることをやめました。

 

 私は、そんなカウンセラーを反面教師に、自分

 

が心理カウンセラーになった時に、 相談者様

 

に対して、軽はずみなアドバイスや説教はしな

 

いと決めていました。

 

 

 とにかく聴く。

 

そして、その悩みを受け止め共感をする。 

 

アドバイスや説教はせずに、相談者様から質

 

問をかけられたときは、その言葉を反復して、 

 

「そうですね。私はこう思いますが、それについ

 

て、あなたはどうお考えですか?」

 

と、ご自身で答えを導き出せるよう、また、こち

 

らは違った角度から質問をします。 

 

その方が、相談者様は、心に鬱積していた精

 

神の汚物を浄化し、無意識に、自分の言葉か

 

ら解決策を案じるようになります。

 

 

 大切なのは、悩んでいる問題自体にスポット

 

をあてるのは二の次で、それに伴う感情を、如

 

何にしてフラットな状態にするかが、まずは最

 

優先になります。

 

 冷静な感情になれると、周囲への視野が広が

 

り、客観的に自分自身を捉えることが出来てき

 

ます。

 

 不安な状態の時や、怒っている時、悲しい感

 

情の状態の時には、最後まで話を傾聴するこ

 

とに重点を置きます。

 

 

 一通り最後まで話し終えられた状態から、今

 

度は、こちらから的を射た質問を投げかけま

 

す。

 

 どうなることが、その問題を解決できるのか

 

は、相談者様自身が既に知っていることがほと

 

んどです。

 

 ただ、その方法が分らない。

 

そういったケースが大半を占めています。

 

 そのためカウンセラーは、ありきたりなアドバ

 

イスや説教などをすることはご法度で、その相

 

談者様に必要な情報を 「参考材料」としてご提

 

案するのです。

 

「こうしたらいい。こうしなさい。」

 

という言い方は、相談者様の主体性を損なわ

 

せてしまいます。

 

 

 カウンセリングは「人生相談」とは違います。 

 

宗教や、お寺の説法ではないのですから、相

 

談者様自身で、情報の「参考材料」を選択して

 

いただくのです。

 

 

 相談者様は、ご自身の話したいこと、受け止

 

めてもらいたいこと、共感してもらいたいことは

 

一通り話したので、 今度は、人の話を聞こうと

 

いう準備ができています。

 

 

 相談者様は、問題解決の方法が知りたいので

 

すから、そのために「行動」をとってもらうため

 

のプランを一緒に考えていきます。 

 

 

人間関係の問題に於いては特に言えることな

 

のですが、いきなり問題の相手の考え方や行

 

動を変えるということは、まず不可能です。 

 

相手の考え方や行動について悩んでいるので

 

あれば、それに動じない相談者様自身の考え

 

方や行動の在り方を改めることが必要です。 

 

 

例えば、これは私が実際におこなった方法な

 

のですが、

 

 「ご主人が、なぜあなたに対して、そのような

 

発言や行動を取るのかをあなた自身が知って

 

もらい、ご主人のことをしっかり観察し て、ご主

 

人の発言や行動に動揺したり感情的にならな

 

いようにするために、ご主人の行動や発言を

 

日記にして、そして自分が感じたことを書き 留

 

めることを1週間続けてもらい、次にいらした時

 

に私に見せてもらいたいのですが、できます

 

か?」

 

 というふうに「参考材料」を、それをする

 

「目的」

 

「方法」

 

「期間」

 

「一緒になって考える姿勢」

 

「行動できるか否か」

 

を相談者様に示し、課 題を提案します。

 

 

 相談者様は、問題解決の方法を知りたいわけ

 

ですから、最初から難しい課題は与えず、よっ

 

ぽどの不利益になる理由がない限り断わるこ

 

とはし ません。

 

行動するための決断をする時間を与えること

 

が必要になってくる場合はありますが、その場

 

合は具体的な手順を詳細にお伝えします。 

 

そうすれば、大抵の方は引き受けてくださいま

 

す。

 

 

 そして、次にいらした時に、実際に日記を見せ

 

てもらい、問題点を客観的に分析します。 

 

そして、実際に日記を書き留める行動をしたこ

 

とを誉め、これによる相談者様の心境の変化

 

や、気づきを確認します。 

 

そして、その期間内にあったことを、日記を参

 

考にしながら聞き取りを行います。

 

つまり、フィードバックを図るのです。

 

 

 それから、必要なアプローチの改善や、より、

 

どういう視点で観察すれば良いかなどを提案し

 

ます。

 

 例えば、相談者様がどういう言動をした時に、

 

ご主人が問題の発言や行動を取るのかなどを

 

振り返っていただきます。

 

 「参考材料」としての日記をかかれているの

 

で、振り返りで気づかないことがあったときは、

 

そこを再度確認します。

 

 

 大抵は、相談者と問題の対象となってる相手

 

双方に、きっかけや原因となる出来事がありま

 

す。

 

 ですが、カウンセリング初期の段階では、相談

 

者様にも原因があることが分かっていても、敢

 

て、そこには触れません。 

 

自分に原因があると分かってる方もいらっしゃ

 

いますが、そこを掘り下げることは自己否定を

 

助長するので、問いただしません。

 

 

 このようにして、アプローチの改善を図り、視

 

点を変えて同じ課題を継続させるか、次のステ

 

ップの課題を提案するのかを判断します。

 

 

 これは、ほんの一例で、しかも基本的なカウン

 

セリング技法です。 

 

相談者様にとって問題となってる出来事の原

 

因を分からせることは、ラ・ポール(信頼関係)

 

が築けてからの手段です。

 

 これができてない、カウンセラーが実在してい

 

ることも事実です。

 

また、マニュアル通りにしか実行しないカウン

 

セラーもいます。

 

 相談者様のケースは、千差万別です。マニュ

 

アル通りの技法が通用しない場合も、当然あり

 

ます。 

 

そこはカウンセラーの経験と、さらなる研究の

 

努力によって差異が出てきます。

 

 

 私は国家資格を持った臨床心理士ではありま

 

せんが、資格云々関係なく、求められているの

 

は、如何に相談者様の視点に立って、 問題解

 

決を図っていくかという、利他愛の精神です。

 

カウンセラーとしての心構えに、利他愛の精神

 

がなければ、テクニックに走り、 好ましい結果

 

を生み出すことが難しいのは当然だと思いま

 

す。

 

 そのような利他愛の精神がないカウンセラー

 

の言動を、相談者様はじっくり洞察し見抜いて

 

います。

 

 せっかく時間を作って相談に来たのに、求め

 

てる対応が得られらなかったら、その方は二度

 

と来ることはありません。

 

 相談者様とのラ・ポール(信頼関係)が構築で

 

きなければ、カウンセリングは成立しません。 

 

 

問題解決方法を指導するのではなく、相談者

 

様のニーズに応える対応や提案をしなけれ

 

ば、プロのカウンセラーとは言えません。 

 

そこを勘違いしているカウンセラーは少なくあり

 

ません。

 

机上の勉強だけしかしてこなかったカウンセラ

 

ーは、口八丁手八丁の技術で 相談者様に暗

 

示をかけ、説得を図ろうとします。

 

これでは問題解決にはつながらず、ただの対

 

処療法に終始してしまいます。 

 

 

私は、そういった部類のカウンセラーから見れ

 

ば、バカ真面目だなと思われることも少なくあり

 

ません。

 

 口八丁手八丁の利他愛のないカウンセラーに

 

あたってしまったら、うまく説得されてしまい、

 

洗脳されてしまう恐れがあります。

 

 そうなってしまうと、いつまでたっても相談者様

 

は自立できず、そのカウンセラーに依存してし

 

まい、無駄なカウンセリング料を吸い取られ続 

 

けてしまいます。

 

詐欺師同然の卑怯なやり方です。

 

なので、相談者様は、相談したいカウンセラー

 

を慎重に選ばなくてはなりません。

 

 

 今日は、ココナラの新プログラムのご紹介と、

 

カウンセリング技法について書かせていただき

 

ました。

 

 もし、何かでお悩みの方がいらっしゃいました

 

ら、ぜひ、お申し込みいただければと思いま

 

す。

 

 最後まで、ご高覧ありがとうございました。

 

 

          メンタルヘルスナビゲーター K・HAMANO 

 

 

 

 

 

応援よろしくお願いします!

↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ

 

 にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ストレスマネジメントへ

 

 にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 精神科・心療内科へ にほんブログ村

 

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 適応障害へ にほんブログ村

 

メンタルヘルスランキング

 

 

 

 

こんばんは、!メンタルヘルスナビゲーターのK・HAMANOと申します。ニコニコキラキラ

 

これまでのhamao0708から、名前を改名致しました!

 

自己プロフィールの内容も、変更を加えました。

 

より具体的に、私の人物像がお分かりいただけるかと思います。

 

かなりヘビーな経歴を体験してきていますので、驚かれる方もいらっしゃるかと思います。

 

しかし、これらの過酷な試練を乗り越えてこれたからこそ、こうして「夢」実現に邁進していけてるのもだと自負しています。

 

これらの経験がなっかたら、一生「幻想」だけを見て、不平不満を愚痴りながら、決して実行していなかったと思います。

 

これまでの試練は、今となっては経験してきて良かったなと思えます。

 

何かの大きな使命を成し遂げなければならない者には「大いなる存在」は、その者に使命を達成させるための試練を「ギフト」として与えてくれます。

 

試練の真っただ中にいるときは、なぜ、自分だけこんな苦悩に苛まれなければならないのかと挫折を何度も経験してきましたが、幼少時からのハングリー精神が人格の基盤にあるので、その試練を耐え忍び、克服するために、人並み以上の努力ができる自分がいることを知っているので、臆することなく試練に立ち向かってきました。

 

そうしていく中で、心のレジリエンスを向上することが出来、少々のことではビクともしなくなりました。

 

世の中には「成功」する経験と「学ぶ」経験しかない。「失敗」は存在しないということを、自分の経験から体現化できました。

 

「学び」が多ければ多いほど、それは「成功」が将来に用意されている証である事だと言えるでしょう。そう考えれば、「大いなる存在」からの「ギフト」から逃げるというのは、非常に勿体ないことだと思います。

 

人生で「幸福」を享受するためには、大きく2つの原理原則があると思います。

その一つは「人が自分の幸福を願っている以上に、その人の幸福を願うこと。」

もうひとつは「自分が生かされていることに、感謝すること。」

 

この2つに尽きると思います。

 

原理原則に根差した生き方をすれば、運命は自分で作ることができるという確信ができました。

 

これは、人類普遍の原理原則であると言えるでしょう。

 

 

自撮り動画でもお伝えしていますが、この度、ブログを大幅にリニューアル致します!

 

まず、ブログタイトルとキャッチコピーを、大胆に変更いたします。

 

これまでの

「メンタルヘルス~希望へ向かって~」

から、新名称のブログタイトルに生まれ変わります。

 

新タイトルは、現在、コンサルタントの方に試案を作っていただいてますので、近日中には発表できるかと思います。

 

ヘッダーも、今のシンプルな青色ではなくて、太陽と大自然をモチーフにした写真を背景に、作り直します。

 

これまで延び延びになっていた、メルマガも近日中に配信していきます。(現在作成中です)

 

 

私、この度

「ホリスティックヘルス塾インストラクター」

研修会の試験に、お陰様で「合格」することができました!お祝い(^O^)/

 

これで、基礎講座のインストラクターとして、「ホリスティック医学」の概念を、多くの方にお伝えすることができるようになります。

 

10月から、毎月1~2回のペースで講座を開講いたします。

 

開講日が決まりましたら

 

「NPO法人 日本ホリスティック医学協会」

http://www.holistic-medicine.or.jp/

 

のホームぺージに、詳しい日時や場所について掲載させていただきます。

 

このamebaブログの、私のコンセプトである「療院構想」も、これからの時代に即した内容にするため「次世代型 療院構想」というふうに、名称を改めました!

 

構想内容も、今迄のものに、新たに新プロジェクトを導入することに致しました。(詳細は、ヘッダー上部にある「療院構想とは」から、ご覧いただけます。また、フリースペースにも記載しています。)

基本理念と、具体的な活動指針を明記しました。

 

「次世代型 療院構想」とは、具体的には、いったい何をしていくのかを明確にしています。

 

この構想実現によって、社会に大きく貢献できることを、私の「夢」としています。

 

 

余談ですが、「ココナラ」にも自分のスキルを用いた商品を公開いたしました。

https://coconala.com/services/953212

 

REQUの、「あなたの悩みを聴かせてください」のプログラム同様の、オンラインによる「カウンセリング」のプログラムです。

 

よかったら、見に来てくださいね上差し

 

では、ブログ新タイトルとキャッチコピーが発表できる日を、楽しみにお待ちくださいませ!

 

         メンタルヘルスナビゲーター

                     K・HAMANO

 

 

応援よろしくお願いします!

↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ

 

 にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ストレスマネジメントへ

 

 にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 精神科・心療内科へ にほんブログ村

 

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 適応障害へ にほんブログ村

 

メンタルヘルスランキング

 

たった1週間で「夢を叶えられる自分になる」自己改革メソッドとは!?








こんばんは!hamano0708です('◇')ゞ
前回に引き続き、今回は【たった1週間で「夢を叶えられる自分になる」自己改革メソッドとは!?】を公表させていただきました。

私が、こうして自分の夢実現に向けて、真っ直ぐに取り組んでいられるのも、このメソッドが参考材料として、自分の潜在意識に確立しているからです!

私が長年努力して、様々な文献やセミナーを通して学んだ、夢実現のためのスキルを、このメソッド「1週間で夢を叶えられる自分になる」に集約しました。

自分の「夢」を必ず実現したい方には、必見のプログラムです。




前回の
■あなたのお悩みを聴かせてください




Supported by REQU公認バッジ
を付与を授与しました。


ameblo REQUの保証つき商品です。


この「たった1週間で「夢を叶えられる自分になる」自己改革メソッドとは!? 」
も、明日辺りには
Supported by REQU公認バッジ
を付与される予定です。



これまでの数々の実績とノウハウを、こうして皆さんに紹介できることは、本当にうれしく思います。心から、感謝しています。

ぜひ「くわしく見る」をクリックしていただき、どのような内容なのかを、その目で確かめていただきたいと思います。

多くの「成功者」が、この普遍の順序と方法で、それぞれの夢を叶えてこられました。
そのノウハウを、最小公倍数に凝縮して、こうして皆さんにご提供させていただきます。

ぜひ、多くの方からのお申し込みをお待ちしています。

                                hamano0708



応援よろしくお願いします!


↓↓↓↓↓↓↓


にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ


 


 にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ストレスマネジメントへ


 


 にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 精神科・心療内科へ にほんブログ村


 


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 適応障害へ にほんブログ村


 


メンタルヘルスランキング


 


『夢は空想なんかじゃない!叶えるものだ!!』

こんにちは!【たった1週間で「夢を叶えられる自分になる」自己改革メ

ソッド】ナビゲーターのhamanoです。宜しくお願い致します!


あなたは、成功するために生まれてきました。

何が成功になるかは、人によって違います。

あなたにとって「成功」とは何だろうか。

たとえそれが、どのようなものであれ、

その成功は手に入れる価値があり、

私はそのお手伝いをさせていただきたいと思います。


世の中には、多くの成功者が「夢」を実現し、幸福を手にしています。

なぜ、彼らたちは「夢」を叶えることができたのでしょう?

知識や才能に長けているから?運がいいから?人脈が豊富だから?


いやいや…実は、そんな格差なんて、全く理由にはなりません!

「夢」を叶える。つまり「大目標」を成功するためには、ちゃんとした

「科学的根拠」や「法則」に基づいた、誰にでも簡単にできる「方法」と

「順序」があり、それを基本通りに行えば、「夢」を叶えられる自分にな

ることは、とても容易いことなのです。


多くの成功者が「夢」を実現できたのは、この「方法」と「順序」を基本

通りに実行して、当たり前に「夢」を叶えることが出来たのです。

世の中には、たくさんの「成功哲学」が存在します。考え方や行動の仕方

は千差万別ですが、どの「成功哲学」にも共通する、「科学的根拠」や

「法則」が根底にあり、それに則った「成功哲学」なので、どれも正解で

あることには違いありません。


ただし、それが「普遍性・再現性・客観性」という面で、全てに当てはま

るものであるかどうかは一概には言い切れません。

なぜなら彼らは、彼らは彼らの学びと方法でオリジナルな「成功哲学」を

確立させたものであって、それが誰にでもできるかものなのかどうかは確

実ではないからです。


たとえば、ジグソーパズルを思い描いてみてください。

ジグソーパズルは、それを完成させるための答えは「台紙」に既に用意さ

れています。しかし、それに当てはまるピースは、山の様にあるたくさん

のピースの中から、どれか一個を探し出さなければなりません。


これも違う、あれも違うと一個一個重ね合わせ、当てはまるピースを見つ

け出すには、相当の時間と労力と根気強さが必要です。

これでは、難易過ぎて途中であきらめてしまい、パズルを完成させるこ

と。つまり、「夢」をあきらめてしまう人も出てきてしまいます。


確かに、答えの枠に当てはまる正しいピースを重ねればピッタリ合うとい

う点では、「科学的根拠」や「法則」には沿っていますが、「方法」と

「順序」という点では、「普遍性・再現性・客観性」という面では、必ず

しも誰にでも合うものではないと言えるでしょう。


そこで、私が編み出したのが【たった1週間で「夢を叶えられる自分にな

る」自己改革メソッド】です!


これは、誰にでも簡単にできる、「夢」を叶えるための「科学的根拠」や

「法則」に沿った「方法」と「順序」を、「最小公倍数」に凝縮して、コ

ンパクトにマニュアル化したものなのです。

人は何かをやろうと思っても、いざそれを行動に移すことができないこと

がよくあります。行動に移さなければ、いくら素敵な「夢」があっても空

想に終わってしまいます。


しかしこの、行動に移せないことには、れっきとした理由があります。簡

単に言えば、潜在意識で何らかのマイナスなイメージが働き「心のブレー

キ」をかけてしまうことがあると言われています。


その「心のブレーキ」を生じさせる、潜在意識でのマイナスなイメージを

働かさせない為のコツが、このメソッドにはあります!

ぜひ、誰にでも簡単にできる、「普遍性・再現性・客観性」の条件をクリ

アした【たった1週間で「夢を叶えられる自分になる」自己改革メソッ

ド】を、手に入れてみてはいかがでしょうか!!(^O^)/

❝目次❞

【第一日目】「夢を明確にする」

【第二日目】「目標達成のピラミッド」

【第三日目】「本当の時間管理」

【第四日目】「思い切った行動」

【第五日目】「加速された学習」

【第六日目】「アプローチの改善」

【第七日目】「リーダーシップ」

【個人コンサルティング】のご案内




 

こんばんは!hamano0708です('◇')ゞ

 

今回、REQU商品の新商品をリニューアル致しました。

 

これは、私の総力を挙げて作成したもので、自分の知識・経験・スキルを、あなたのお役に立たせたいとの願いで作り上げた、「魂の結晶」でもあります。

 

私は、いまだ水面下で悩んでおられる精神疾患患者様を中心に「ホリスティック(全人的)」にケアしていきたいという「療院構想」というものを、スローガンに掲げています。

 

そこでは、どういうケアを行っていくのかというのを、まず、この商品を「雛型」にして、クライアント様にご提供していきたいと思います。

 

実際に療院が完成したら、様々なセラピスト・ヒーラー・カウンセラー様などを採用して、セッションにあたっていただくわけですが、これは、そのモデルとして、このアメブロ内で提供できる、最初のプログラムです。

 

基本的はオンラインを中心にサポートさせていただきますが、対面相談など、実際にお会いして、クライアント様の「身体」「精神」「スピリチュアル」に対して、アプローチを図っていくプログラムになっています。

 

まずは、商品説明をご覧いただいて、実際どのようにクライアント様をケアしていくのかを、ご紹介させていただいてますので、ぜひ、ご覧ください。

 

そして、これは良いプログラムだなと思われた方は、ぜひ、ご購入をお待ちしております。

 

皆様と、直にやりとりしながら「お悩み」の解決に取り組んで参ります。

それでは、宜しくお願い致します。

 

                                          hamano0708

 

 

応援よろしくお願いします!

↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ

 

 にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ストレスマネジメントへ

 

 にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 精神科・心療内科へ にほんブログ村

 

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 適応障害へ にほんブログ村

 

メンタルヘルスランキング