先程更新した記事に、高速道路を走っているとものすごいスピードで割り込み?をされたことを書くのを忘れていました。

 

ニュースなどで見ていた光景を今、目の前でされた!!と、びっくりしました。ウィンカーも出さずに、スピードを保ったまま、急な角度で割り込んできました。

 

高速道路なのでスピードが出ていました。本当にこんなことする人たちっているんだ~~~と、驚きました。

 

レンタカーでしたので、カメラなど付けておらず、当たっていれば、完全に後方車の私が悪くなるところでした。

 

その1回だけかな~と思いきや、その後も運転中、他の車から嫌がらせ行為がありました。そんな暇な人たちっているのですね。

 

集団ストーカー被害にながらく遭っているのですが、そういう嫌がらせで地獄を感じさせようとしても無理です。

 

この国でそんな行為を普通にしてくる、そして、彼ら彼女たちは、国の防犯活動だと言い張るのですから、この国の未来って・・・。

 

すごいですよね。私が、嫌がらせ行為をされている宗教はご存知ですか?創価学会や新興宗教です。割り込みをしてきたのは一体どんな人たちに関係があると推測されますか?

 

・・・・・・。

 

自分たちの集団組織が悪評されるのも仕方がないと思うのは私だけですか?

 

そんな宗教が母体の公明党がこの国の与党って・・・。

 

全ての学会員がそんな人たちではないということは、百も承知しています。しかし、そういった過激なことをする人たちがいることも事実です。

 

その組織の方向性がそういった人を作り出しているのですから、やはり何かがおかしいのではないでしょうか?

 

真面目に信心している方で、そういった行為と無関係な方がいたら先に謝ります。すみません。

 

しかし、ご自身の信心している宗教がどういった方向性なのか、よく調べた方が良いです。ネットには真実がないと言って、調べないようにさせているのではないでしょうか。

 

私を「悪」だとするならば、割り込み行為は「善」になるのでしょうか?そんなおかしな話ってあります笑?!

 

 

 
 
 
 

 

集団ストーカーが表沙汰にならないのは、統合失調症だと思わせて社会問題にしたくないだけです。

 

 

[日本の現状]

先進国: 自殺率 第1位

世界保健機関公表: 自殺率 第6位

年間中絶数: 約20万人(現在 出生数 約94万人)

正規雇用者と非正規雇用者: 約半分の割合になりつつある

日本の人口: 減少しているが外国人労働者数でカバーしている

 

 

↓↓↓集団ストーカーを知らない人に読んでほしい記事です。

 

集団ストーカーについて

 

集団ストーカー被害者を統合失調症と思わせる方法

 

集団ストーカーは国の防犯活動に使われている

 

集団ストーカー被害者になると

 

無宗教の人に知ってもらいたいこと

 

ご無沙汰しています。

8月の更新から日にちが少し経ってしまいました。聞かれていませんが、私は、元気にしております笑

 

電車の中で先日遭遇した事件について書きます。

皆さんは、これを読まれた後、どちらが悪いと思われますか???

 

私は、朝の満員電車で大抵女性専用車両に乗っています。先日もいつもと同じようにイヤホンで音楽を聴いていたのですが、女性の叫び声が聞こえて急いでイヤホンを外しました。

 

すると、すぐ後ろで女性2人が言い合いをしていました。

 

登場人物

Aさん:ドア付近に立っていた女性

Bさん:ドア付近の座席の前に立っていた女性

 

しばらく2人の争いを聞いていると、Aさんの髪の毛を、Bさんが、座席前のポールを握りながら引っ張っていたようで・・・。しかも、何度も・・・。

 

1度目は間違って引っ張っちゃった、とかはあると思います。不意に髪の毛を握っているポールと一緒に握って引っ張ってしまった(ないか・・・)。

 

頭の中で状況を想像しても、他人の髪の毛を何度も引っ張る状況にはならないです・・・。おかしいことが起こっているよな~と、私も聞いていて思いました。そりゃAさん、怒るわ・・・と。

 

で、怒ったAさんがBさんに「なんでそんなことをするの?!?」と、なったわけです。

「どうして何回も他人の髪の毛を引っ張るの?いつもそんなことをしているの?他人の髪の毛を集めているの?!」と、大声でBさんに言っていました。

 

AさんがBさんの手を牽制するように握っていました。その時、ずっとBさんは、「いや~~~~」みたいな言葉しか発しておらず、Aさんがひたすら責めるような状態でした。きつく握りすぎたのか、Bさんの指の間が赤くなっていました。

 

それほど腹が立ったのでしょうね。

 

しばらく、そういう2人の悶着が続いて、駅に到着しました。すると、Bさんがドアの外へ顔を出して駅員さんを呼びました。

 

Bさん「駅員さん、助けてください。暴力行為をされています!」と。

 

私は、「え~~~、Aさんが髪の毛を引っ張る理由を聞いている時は、何も言わなかったのに、駅員さんは普通に呼ぶんだ」と、呆気にとられました。

 

駅員さんが到着して、「何があったんですか?!」と聞き始めました。理由を言いません。Bさんが手を見せるだけでした。

 

駅員さんは、電車を早く発車させないといけないので「2人とも降りてください」と、言いました。

 

Aさん「私は降りません。」

駅員さん「こういった場合は、2人から話を聞かないといけないので、2人とも降りてください」

Bさん「・・・降りません!」

まわりの空気「(え、あなたが駅員呼んだんじゃん!!)

 

駅員さん「このままだと警察を呼ばないといけなくなります。怪我もされているようなので、傷害事件になります。」

Aさん「降りません!!」

Bさん「・・・。」

 

しばらくその悶着が続いていました。

 

まわりの女性も「あなたが呼んだんだからあなたが降りてください。」と、言っていました。そりゃそうですよね。

 

私は、向かい側の電車に乗ったのですが、事件が起こった快速電車が発車しない限りこの電車も発車しないとアナウンスが・・・

 

すると、駅員さんがザワザワと「先程の人、いますか~~~??」と、叫びながら数人で走って誰かを探していました。約30秒後、その快速が発車しました。

 

私は、電車を降りたので事の成り行きがどうなったのか分かりませんでした。

 

でも、嫌がらせ行為をしてきたのはBさんなのに、Aさんが加害者になるのっておかしくないですか?強く相手の手を握ってしまったために手が赤くなった。それで、加害者にされるのってどう思いますか??

 

私がいつも言っている集団ストーカー行為がこういった行為です。相手の感情を乱して、相手が悪い状況にもっていく・・・。みなさんの周りで、こういったことがありましたら、そこには、集団ストーカー行為が発生している可能性があります。

 

なので、私からするとAさんは、集団ストーカー被害者です。何かが理由で嫌がらせ行為をされているのだと思います。

リンク:集団ストーカー対象者になる理由

 

人に嫌がらせを指図したりするような集団や組織を信じていはいけませんよ。人は助けるものであって、人を苦しめるものではないと思っています。

 

その日の夕方、Aさんが傷害事件の加害者にならないように、目撃者情報として、情報提供しようと思い、その駅員室に電話しました笑

 

すると、駅員さんが「一方の方がいなくなられて、すぐ電車を走らせました。」と言っていました。だから、何も事件として起こっていないと。

 

え!!どっちが逃げたんだろう??!だから、すぐ発車したのか~と、納得しました。

 

私の勝手な推測では、駅員さんを呼んだBさんが逃げたのではないかと思っています。もし、Aさんが逃げていたら、一応Bさんは怪我?をしていますし、事件となって大事になるからです。そうならなかったのは、言いだしっぺのBさんががいなくなったから・・・。じゃあ、最初から人の髪の毛を引っ張るなよ!!と言いたいです。

 

逃げるんだったら最初から人に嫌がらせ行為をするなと。自分がおかしいことをしていると自覚したから、いなくなったんでしょうね。

 

変な組織や宗教には入らない方が良いですよ~~~

 

私なんて、でっちあげのオンパレードで困っています。万引き、窃盗、強盗がなかったのに、何もなかったでは困るから、何でもいいから何かあったようにしろ!!みたいな空気で嫌がらせをされています。

 

もうその時点であなたたち負けでるじゃん。というか、その行為が、何もなかったことを意味してるじゃん笑!!と、一人納得しています。だから、相手にしていないのです。

 

私は、震えてもいませんし、泣いてもいません。

 

これは、テクノロジー犯罪でわかる人にはわかることですが、勝手に感情操作しないでいただきたい。

 

私に地獄?を感じさせたいようなのですが、私の地獄は、「何が起こっているのかわからないけど、不幸の連鎖が止まらない」時が人生で一番の闇期間でした。約10数年前です。

 

そこを生き抜いてきているのだから、今なんて逆に生きやすい人生になっています。

 

私は、どうでもいい嫌がらせで泣くような弱い人間ではありません。映画を見たり、昔の良い思い出を思い出してさみしくなったり、そういった時には感情が動きますが・・・。

 

街を歩けばみんなが暗い顔、怒っているような顔、下を向き続けいる様子・・・そういうのってさみしくないですか?

 

どうしてこの国は明るさを失ったのだろうと思います。

 

やっぱり、宗教の仕業なのかしら・・・

 

 

集団ストーカーが表沙汰にならないのは、統合失調症だと思わせて社会問題にしたくないだけです。

 

 

[日本の現状]

先進国: 自殺率 第1位

世界保健機関公表: 自殺率 第6位

年間中絶数: 約20万人(現在 出生数 約94万人)

正規雇用者と非正規雇用者: 約半分の割合になりつつある

日本の人口: 減少しているが外国人労働者数でカバーしている

 

 

↓↓↓集団ストーカーを知らない人に読んでほしい記事です。

 

集団ストーカーについて

 

集団ストーカー被害者を統合失調症と思わせる方法

 

集団ストーカーは国の防犯活動に使われている

 

集団ストーカー被害者になると

 

無宗教の人に知ってもらいたいこと

 

久しぶりの更新です。

 

今日は、集団ストーカーのことではなく、この国が衰え始めた原因かな~と思うことを書きます。

 

私は、ITシステム開発業界にいるのですが、最近気付いたことで驚いたことがあります。

 

もともとこの業界へは、契約社員、正社員、フリーランスという順を辿っています。

 

ITは、下請け企業が増えるごとに、技術者の手取りが少なくなる業界です。

 

そのことは、以前から発言していたのですが、最近もうひとつのことに気付いて、「何なのだろう・・・」と、悶々としています。

 

この話を他の人にすると、右寄りの話しだねという風に言われましたが、皆さんはどう思われますか。

 

ITで働いている人は、ほぼ常駐派遣です。自社開発をしている企業数は、それほど多くありません。

 

正社員であってもフリーランスであっても、在宅で仕事をするということでなければ、「どこかの企業へ派遣されて常駐する」という働き方になります。

 

かれこれ4年ほどこの業界にいるのですが、私が仕事に就く流れは、「自分の会社の営業が探してきた案件へ面談に行く」、もしくは、「フリーランスのエージェントに登録して案件を紹介してもらう」。このどちらかでした。

 

派遣って結局、マージン(手数料)を取られるのです。

そこには、正社員時代であれば、福利厚生費や賞与などに充てられているようです。もちろん企業間の契約も重要な仕事です。契約書、見積書、発注書、請求書などの書類のやりとりを私に代わって企業とやりとりをしてくれます。

 

そもそも、日本の大手企業は、個人事業主と契約をしないというルールのようなものがあるようで、フリーランス(個人事業主)は、どうしても、エージェント経由でしか案件を得られないような仕組みになっています。

個人で信頼を得て、企業から直接契約を結んでいるフリーランスもいると思いますが、ほぼ、エージェントを介しての参入になります。

 

自分で営業をかけて案件を得ることは出来ないのかと考えました。私は、元々接客業をしていたので、営業をかけるのはそれほど苦ではありません。事務作業も面倒ですが、きっちりと提出する方です。

 

では、私がエージジェントから受けているメリットは、案件の紹介と、事務作業です。それだけで、エージェントによりますが、契約料から約2030%ぐらいの手数料がとられます。

 

以前勤めていた会社の営業が話していたことなどを思い出すと以下のようなことを言っていました。

 

「案件は、日々、100件ぐらいの注文がはいる。」

 

注文があっても、必要とされる技術に精通している技術者でないと紹介することができません。このマッチングがIT業界は、難しいのです。

 

で、ですよ。

違う会社の営業にどうやって案件を獲得しているのですか?と聞いてみました。

 

すると、メールや電話です、と回答がありました。

 

そこで、各会社の案件の獲得方法は、違うのだと気付きました・・・。

私は、Webサイトがあってそこに案件情報を載せて、派遣会社が確認をするという風になっていると思っていたのです。でも、そうしたら企業間競争がなくなりますもんね。

いちいち各会社へ案件情報を流すなんて面倒くさいことをしているとは思わなかったと言って相違ないです。

 

自作したWebサイトから注文を得る会社もあれば、メールで注文を得る会社もあり、もしかするとFAX注文とかもあり得るかもしれません・・・。

 

各企業が、営業をして契約を得るのは企業間競争です。

そこは、すごく理解できるのですが、1つの案件に対して約20の派遣会社へ案件情報を流しても、採用される人数は、1名です。

 

どれだけの会社と人が1つの案件を得るために、労力と時間をつかっているのか・・・。

そして、それは生産されるものではなく、手数料というマージンから利益を得ています。

 

人手不足と言われているこの日本で、いうなれば、なくても良い業界に優秀な人材がドバっと投入されていて、マージンという手数料で売上を生み出していることに驚愕しませんか?

そのマージンは、もともと働く人に支払われる契約料です。

 

日本では、正社員でない限り、派遣会社に登録しないと仕事に就けないというようなルールが出来上がっています。

 

外国では、IT技術者などは単独で仕事探しをします。それは、転職活動と同じことを意味します。正社員でない場合、契約社員雇用であれば、ある一定の期間、契約をするという働き方です。それは、日本の派遣会社と同じですが、日本では何故手数料をとられる必要があるのですか?という話しです。

 

手数料を引かれて働かされる意味は何ですか?

 

人材派遣という業界は、もともと26業種の専門職のために存在していました。それが、今は、どの分野の仕事にも「派遣」OKです。

 

ある年の売上高を見ると、ユニクロ(ファーストリテイリング)より人材派遣業界全体の売上の方が上でした。

 

え、手数料という売上だけでユニクロの売り上げを抜いたwww

 

こんなにたくさんの人材派遣会社が存在しているのは、日本ぐらいです。

 

人材派遣業という手数料で利益を得ている業界に多くの人が充てられている・・・。

ものすごくキツイ言葉でいうと、中抜き業でしょ。

 

もともと、「皆さん自分で仕事をGETしてくださいね~」という空気感であれば、直接企業へ転職活動をしているはずです。

 

だって派遣会社に登録するにも面談があるんですから!!企業面談と同じですよ!

たとえ、正社員ではなく、契約社員やアルバイトでも企業へ直接面接へ行くだけです。人材派遣会社をはさむべき理由ってそんなに重要で必要だと考えますか?

 

今、そういう流れだから何も思わないのかもしれませんが、実際、どうやって各派遣会社が仕事を得ているのかなど考えた時、人と時間が無駄にとられ過ぎている業界だと気付くはずです。

 

例えていうと、1つの案件に、何十もの派遣会社の人手が動く。

そこに生産されるものはなく、売り上げという利益は、従業員へ支払われるべき契約料の一部である手数料です。

 

誰得?と思った時、「企業」としか思えないです。

手数料(マージン)を取られる社会に慣れきっている日本とでもいいましょうか。

 

え、そもそも働いている人へ分配されるべきお金を中抜きする必要ってありますか?人材派遣業界が、きっとおいしすぎるんですよ。

だから、うじゃうじゃ設立されている。

 

皆さんはどう思われますかね?

 

私は、このことに気付いたとき、「モノづくり日本」が衰えた理由は、こういうところにも原因があるのではないかと思いました。

 

何かを生み出せる可能性がある優秀な人材が、もしかしたら人材派遣会社で中抜きをするためだけに働いているのだろうか?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

集団ストーカーが表沙汰にならないのは、みんなの用心を掻き立てることをいう人間を統合失調症だと思わせて社会問題にしたくないだけです。

 

 

[日本の現状]

先進国: 自殺率 第1位

世界保健機関公表: 自殺率 第6位

年間中絶数: 約20万人(現在 出生数 約94万人)

正規雇用者と非正規雇用者: 約半分の割合になりつつある

日本の人口: 減少しているが外国人労働者数でカバーしている

 

 

↓↓↓集団ストーカーを知らない人に読んでほしい記事です。

 

集団ストーカーについて

 

集団ストーカー被害者を統合失調症と思わせる方法

 

集団ストーカーは国の防犯活動に使われている

 

集団ストーカー被害者になると

 

無宗教の人に知ってもらいたいこと

 

ご無沙汰しています。まだ読んでくれている方はいらっしゃるのか・・・

 

今日は、いつも見ないようなテレビ番組をみていた時に感じたことを書きます。

 

芸能人が、詐欺グループに騙されるか騙されないかという内容だったのですが、その内容が集団ストーカー被害者にとってみれば、「え、それ現実です」的な内容でしたので、どういったことかご説明します。

 

どういった詐欺かというと銀行のキャッシングカードと暗証番号を詐欺グループが騙し取るという内容でした。元号詐欺というものですね。

 

まず銀行協会の者から電話が入ります。「元号が変わるのでキャッシングカードも変更しないといけない。引き取りに行きますので用意してください」と、言ってきます。

 

そこで、詐欺の被害者は何か変だなと思うわけです。

 

すると、しばらくして警察から電話が入ります。

 

警察「今、詐欺グループがターゲットにしている人のリストが手元にあり、そこにあなたの名前と電話番号がありました。元号詐欺などに気をつけてください」

 

被害者「え、今銀行協会を名乗る人から電話がありました」

 

警察「それは、詐欺です。騙されないでください。摘発をしたいので、ご協力願えませんか?」

 

すると、被害者は「どう協力すれば良いのですか?」となり、

 

警察「現行犯逮捕をしたいので、実際に詐欺グループにキャッシングカードを手渡してください。その時、場所を指定していただければ、私服警察官が周りを囲んで捕まえます」

 

実際は、銀行協会と警察を名乗る者は、詐欺グループです。

 

しかし、被害者は警察からの電話の方は信じてしまいます。

 

皆さんはどうですか?

 

最初の銀行協会からの電話は、詐欺だと怪しんでも、次にかかってきた警察からの協力要請の電話を詐欺だと思いますか?

 

芸能人は、3人中2人はキャッシングカードを手渡していました。残り1人は、警察からの電話には出ていませんでした。

 

警察からの協力要請って聞きなれた言葉じゃないですかね?だから、信じてしまうのだと思います。

 

私は、「うまいこと考えるな~~~」と、ついつい感心してしまいました。日本の防犯のやり方を詐欺に上手く活用している。

 

詐欺の二段階活用として警察を出してきたのは、私たち集団ストーカー被害者からすれば、秀逸。みんな信じてしまいますもんね。

 

集団ストーカー被害者の多くは、何かの間違いで、危険人物(防犯対象者)リストに入れられている人も多いのです。警察(国)から国民へ防犯協力要請の連絡が入れば、嫌がらせをされています。

 

そう、皆さんもご存じの。

 

そういった集団ストーカー被害者たちからすれば、「その詐欺の方法、詐欺になってない。リアル過ぎる」って思うのです。

 

警察から協力要請の連絡が入っているところが巧妙。

 

私たち集団ストーカー被害者は、ウソの情報を流されているから、国(警察)が詐欺をはたいているみたいな図になります爆

 

国(警察)が詐欺をはたらくって、すごいことだと思いませんか?(国というか宗教に帰依している人物が、国家権力を操作しているということになるのですけども。宗教のやりたい放題国家です。)そういうことを、集団ストーカー被害者たちは、ずっと声を挙げて訴えているのですけれど、なかなか国民の皆さんの反応が鈍くて。

 

それってよく考えると因果は巡るというか、何の落ち度(関係)もない人が結局騙されて被害に遭う構図でブーメランになって国民に返っていると思います。

 

私の言いたいこと、伝わっていますかね?

 

日本は、結構大変なことになっているのですけれども、その実感が湧かない人の方が多いのだと思います。日本は、平和な社会ではないのですよ。10代の死因の1位が自殺な日本が、平和なわけがないじゃないですか。

 

先日、川崎市で痛ましい事件がありました。

 

ツイッターでは、予測逮捕のようなことをしてもいいのではないか・・・という声も挙がっていました。映画の「マイノリティリポート」の世界です。

 

映画の内容は、未来で罪を犯すだろうと予測逮捕をしていた側が、追われる側になってしまった。そして、完璧だと思えたその予測逮捕システムは、完璧ではなく、予測逮捕はNGという終わり方でした。

 

マイノリティリポートって2つ意味が込められていると思いませんか?

 

1つ目は、罪を犯すマイノリティ(少数)の情報(リポート)

2つ目は、予測逮捕システムのエラー情報(マイノリティリポート)←映画の主旨

 

映画では、予測逮捕システムを稼働させたかったために少数のエラー(マイノリティリポート)を無視していました。結果、そのエラーが予測逮捕システムの重大な欠陥でした。

 

この映画、映画の中だけの世界だと思いがちですが、今の日本でも同じようなシステムがすでに稼働していると思います。危険人物と認識されてしまうと、マイノリティに入れられるのです。

 

人間は、色々なことを経験すると成長するじゃないですか。その伸び幅を、機械は予測できないのだと思います。それが、機械と人間の境界線というか、機械では測れないものを人間が持ち得ているものなのだと思います。(AIでも成長していくようなアルゴリズムがあるのなら別だと思いますが。)

 

私は、もちろん集団ストーカー被害者の中にいる人間なので予測逮捕には反対です。

 

自分は、予測逮捕される心配がないと思っている人間が、予測逮捕をすすめるのだと思いますが、いつどこで、自分もマイノリティに入れられるか分からないですよ。

 

 

 

 

集団ストーカーが表沙汰にならないのは、みんなの用心を掻き立てる人間を統合失調症だと思わせて社会問題にしたくないだけです。

 

 

[日本の現状]

先進国: 自殺率 第1位

世界保健機関公表: 自殺率 第6位

年間中絶数: 約20万人(現在 出生数 約94万人)

正規雇用者と非正規雇用者: 約半分の割合になりつつある

日本の人口: 減少しているが外国人労働者数でカバーしている

 

 

↓↓↓集団ストーカーを知らない人に読んでほしい記事です。

 

集団ストーカーについて

 

集団ストーカー被害者を統合失調症と思わせる方法

 

集団ストーカーは国の防犯活動に使われている

 

集団ストーカー被害者になると

 

無宗教の人に知ってもらいたいこと

 

年が明けて2か月が経ちますね。

 

私は、去年の年末から色々と事件が起こり、今年に入ってから人生が変わったような気分です。

 

まず、転職した会社ですが、約5ヶ月で退職することになりました笑

 

本当にびっくりすることが世の中には起こるのだとつくづく実感しています。

 

IT業界は、派遣先就業です。その就業先の担当者が、私の勤めている会社に私へのクレームを入れまくり、会社から追い出されるかたちになりました爆

 

5ヶ月でしたが、今思い出しても面白くて笑えます。

 

私自身、会社から反省文を書かせられるようなことはしていません。その提出を促されたので、退職を決意しました。

 

私は、集団ストーカー被害があるために、どうしてもこういったことが起こります。以前のような人生とは全く異なりました。

 

去年は、本当に色々なことが起こって、私の人生にとってなくてはならない一年となりました。

 

今はフリーランスで働いています。フリーランスになったことで、またひとつ自分で気付いたことがあります。

 

確定申告も自分でしないといけないから大変だ!というのをネットの情報や人からも忠告されました。

 

会社員でいると、確定申告は会社が行ってくれるので何もしなくても良いのです。しかし、これからは、自分で申告をしなければいけません。

 

私は、算数数学が苦手で、経理など計算処理には苦手意識が強いのです。

 

確定申告を簡単にしてくれるソフトなどもあってそれを活用するといいですよとアドバイスも受けました。

しかし、もともとの仕組みが知りたくて本屋に行きました。

 

すると、「簿記」という言葉に遭遇しました。簿記のイメージは、「計算」「経理」「会計」という苦手ゾーンです。

 

本で勉強してみると、意外に面白いのですよ。 人生損していたなと思いました。自分で自分の可能性を長く否定していたこと、自分には無理だと最初から決めつけていたこと、たくさんあります。私にとって、その中のひとつが「簿記」でした。

 

決めつけることは良くないことだと心底思いました。何に自分が向いているかなんて分からないものなのだと。苦手なことにも挑戦してみることはとても大切だと。扉を自分から開くということ。本当に大切だと思いました。

 

今回もフリーランスにならなければ、自分が面白みを感じる作業にも出会えませんでした。

 

悪いこともあれば、人生に新鮮味を感じるようなことにも遭遇します。

 

「今が全てではない」

 

辛くしんどい時でもそう思って頑張って生きてきて良かったとつくづく思います。

 

 

 

 

 

皆さんもご存知のように集団ストーカー(警察の防犯含む)とは、分かりやすい嫌がらせではなくて、陰から嫌がらせを仕掛けるので、何が起こっているのか本人には、わからないのです。負の感情だけが常に自分の周りにつきまとうのです。

 

あ、日本の警察は信用しない方がいいですよ。警察の予算配分を決定するのが公明党です。公明党の背後には、どの宗教団体がいるかご存知ですよね。

 

特定の宗教団体が、そういった特権を得ると、国の根幹がゆらぐというのがよく分かります。

 

 

 

集団ストーカーが表沙汰にならないのは、みんなの用心を掻き立てることをいう人間を統合失調症だと思わせて社会問題にしたくないだけです。

 

 

[日本の現状]

先進国: 自殺率 第1位

世界保健機関公表: 自殺率 第6位

年間中絶数: 約20万人(現在 出生数 約94万人)

正規雇用者と非正規雇用者: 約半分の割合になりつつある

日本の人口: 減少しているが外国人労働者数でカバーしている

 

 

↓↓↓集団ストーカーを知らない人に読んでほしい記事です。

 

集団ストーカーについて

 

集団ストーカー被害者を統合失調症と思わせる方法

 

集団ストーカーは国の防犯活動に使われている

 

集団ストーカー被害者になると

 

無宗教の人に知ってもらいたいこと