いつもありがとうございます。子宮筋腫撲滅LABO主宰の吉岡愛弓です。



今まで自宅サロンをやっておりました。


サロン名は「にじゆら」


とても気に入ってる名前でしたが、

この状況下で、サロン再開の目処が立たないので、


オンライン主導の講座を作るために、

新しい名前「子宮筋腫撲滅LABO」に改名。。。


しようと思ってたんだけど滝汗


お世話になってる占いの先生に

「破綻しやすい凶格」って言われた滝汗


それ困るー!!


破綻しちゃ困るー笑い泣き


と言うことで、考え直します(笑)


とりあえず、子宮筋腫撲滅LABOは却下だ。(アドバイスに忠実w)


さらに、占いの先生に愛と調和の大吉数を教えてもらって、


子宮美人LABOに決定しましたー!


これからヘッダーとかアイコンとか変えなきゃデレデレ

 

 

【21日間無料メール講座】

40歳からの毒出しで子宮筋腫を改善した人がやったこと

 

 

 

40歳からの毒出しで子宮筋腫を改善するためのサロン
子宮筋腫撲滅LABO


リボン 営業時間 10:00~15:00
リボン 定休日 日曜・祝日
リボン アクセス 大阪府豊中市新千里南町(桃山台駅より徒歩10分)
   ※自宅サロンのため、詳細はご予約時にご案内致します。
リボン 駐車場 1台あり(但し、時期によっては使用不可)
リボン ※準備中ご来店できない方:オンラインメニュー
リボン ※準備中ご来店できる方:リアル受講メニュー
リボン お申込み前に必ずお読みいただきたい事
リボン ※準備中ご予約フォーム・空き状況
リボン 21日間無料メール講座
リボン お問い合わせ 携帯050-5579-3405  

             手紙ashitsubo@nijiyura.info

 

 

いつもありがとうございます。子宮筋腫撲滅LABO主宰の吉岡愛弓です。

 

このシリーズは子宮筋腫があると分かってから、子宮筋腫が成長して苦しんだこと、その後5cmある子宮筋腫を1.5cmまで小さくし、小さい筋腫でしかできないと言われている子宮鏡手術(無傷で筋腫を除去する手術)を行った私の闘病記です。

 

 

 

子宮筋腫を小さくするために

 

前回は「辞めたこと」をお話したので、今回は「やったこと」を書きます。

 

「これをやれば改善する!」とか、そういうものじゃないですが、

 

私の心の平穏は以前より格段に環境が良くなった。

 

以前から思ってましたが、子宮筋腫って、生活習慣だけが原因ではないなと。

 

「心の負荷」が、いかに子宮筋腫に影響するか。よく分かりました。

 

だから、「自分のワクワクしないもの」を取り除いてやる。ワクワクすることを率先してやる。それが大切だと思います。

 

子宮筋腫云々に限らず、私の人生我慢の連続とか、もう時代遅れだと思う。

 

 

3食規則正しい時間に摂る

 

今までは、朝は抜いていたし、

 

昼は仕事の合間の14時頃、時間が無いから5分以内でパパっと食べて、

 

昼が遅いから、夕食の時間にはお腹が減らず、家族が夕食を食べているのを眺めながらお酒を飲んでいました。

 

そして21時頃にお腹が空いて、軽く食べるような不規則な食生活。

 

これを変えてからは、朝はフルーツとお白湯を。

 

昼は12時~13時の間にご飯一膳と味噌汁をゆっくりよく噛んでいただき、

 

夜は家族と一緒にちゃんと食事を摂る生活になりました。

 

そして20時以降は絶対食べない。

 

この生活を始めてから、今までいかにちゃんと食べてなかったか、よく分かりました。

 

それに、食事ってこんなに楽しいなんて知りもしなかったな。

 

 

今日中に寝るようになった

 

仕事に追われまくってた毎日だったので、寝る時間は夜中の2時とか当たり前でした。

 

「仕事なんだから仕方ない」と言い訳して、自分は悪くないと思うようにしてた。

 

で、結果として体壊した。

 

今思えば、夜中まで終わらない仕事量を抱えている事自体が問題だったんですよ。

 

それもこれも、「止まったら追い越される」とかいう、ワケの分からない脅迫観念を自分で勝手に植え付けてたから(笑)

 

誰も追ってきやしないし、そもそも誰もライバルじゃないのに。

 

今思えば、睡眠不足が慢性化しすぎて、精神状態がおかしかったんじゃないか!?とすら思います。

 

今は、必ず今日中に(23時59分まで)寝てます。

 

本当の目標は22時に寝ることだけど、まだまだ出来てません(笑)

 

 

朝日を浴びるようになった

 

・朝日を浴びると体内時計がリセットされる

・エネルギーをチャージできる

 

・・・とか、色々聞きます。

 

でも朝からサンサンと降り注ぐ光は、とても苦手でした。

 

でも、早く寝るようになって、苦手意識が少しマシになったのと、

 

私の場合「目を閉じて」朝日を浴びるようにしてからは調子がいい。

 

朝日は目で感じるものじゃなくて、

 

体の細胞にエネルギーを注ぐものなんだな~って、やってみて分かりました。

 

朝日を浴びてから活動を始めると、サクサク作業が進むような気がします。

 

体調もすごく良くなった。

 

根拠とかうまく語れませんが、是非やってもらいたいことです。

 

 

瞑想をするようになった

 

アーユルヴェーダドクターには瞑想いいよ~って勧められてたし、

 

実際に治療院に通ってる時は瞑想やってたけど、

 

なんか「怪しい」とか「スピっぽい」とか(笑)そんなこと思って集中できなかった(笑)

 

で、ドクターに正直に「なんか怪しい奴だと思われそうだしイヤだ」と告白すると

 

ドクター「自分から逃げてる証拠だ」と言われてショックだった。

 

でもそうだよな。と納得しました。

 

自分から逃げてる自覚をしたうえで瞑想してみると、自分と向き合うってこういう事かとよく分かった。

 

そうすると、瞑想がスムーズにできるようになった。というか、今では瞑想無くして生活できないほどの依存ぶりですが(笑)

 

こんな私が言うのもなんですが、瞑想はかなりオススメ。

 

子宮筋腫持ってる人は自分を責めたり、自分から逃げたりするのが得意だから(全部私のこと)

 

瞑想するとリセットできていいですよ。

 

 

仕事量を減らした

 

お勤めだと、自分の裁量で仕事量を減らすって事は難しいと思う。

 

私も大学卒業してから15年お勤めだったからよく知ってますが、

 

でもよくよく考えると、全部自分で抱えて仕事してたな。って

 

そもそも人を信用してなかったからなんだけど、

 

誰にも仕事ふらずどんどん抱えまくってるのは自分の問題かもしれませんよ。

 

そこ考えなおすだけでも違うかもしれませんね。

 

私は現在、自営だから自分の裁量で仕事できますが、

 

それはそれで、常に先頭を走りたいとかワケの分からない思い込みから

 

全速力で走ってましたが、一人で「自分劇場」の悲劇のヒロインを演じてただけだったというアホらしい思い込みに気付いてから、仕事量をガッサリ減らしました。

 

自分が全力でできる量を、無理せずこなす!!

 

働きすぎの自分を「まだまだ!」とか思わず、

 

よくやったと褒めてあげてくださいね。自分の細胞が喜びますよ。

 

 

ここで書いたことは精神論が多かったかもしれないけど、

 

これ無くして、子宮筋腫は小さくならなかったと思っています。

 

根拠とかエビデンスとかありませんが、私は「自分らしい」ってどういう事かを追求し、正しく生きるキッカケを見つけることが本当の体質改善だと思うんだよね。

 

 

***

 

 

【21日間無料メール講座】

40歳からの毒出しで子宮筋腫を改善した人がやったこと

 

 

 

40歳からの毒出しで子宮筋腫を改善するためのサロン
子宮筋腫撲滅LABO


リボン 営業時間 10:00~15:00
リボン 定休日 日曜・祝日
リボン アクセス 大阪府豊中市新千里南町(桃山台駅より徒歩10分)
   ※自宅サロンのため、詳細はご予約時にご案内致します。
リボン 駐車場 1台あり(但し、時期によっては使用不可)
リボン ※準備中ご来店できない方:オンラインメニュー
リボン ※準備中ご来店できる方:リアル受講メニュー
リボン お申込み前に必ずお読みいただきたい事
リボン ※準備中ご予約フォーム・空き状況
リボン 21日間無料メール講座
リボン お問い合わせ 携帯050-5579-3405  

             手紙ashitsubo@nijiyura.info

 

 

いつもありがとうございます。子宮筋腫撲滅LABO主宰の吉岡愛弓です。

 

このシリーズは子宮筋腫があると分かってから、子宮筋腫が成長して苦しんだこと、その後5cmある子宮筋腫を1.5cmまで小さくし、小さい筋腫でしかできないと言われている子宮鏡手術(無傷で筋腫を除去する手術)を行った私の闘病記です。

 

 

 

私は、前にもお話しました通り、ゴリゴリのストイックな体質改善生活をして、子宮筋腫を悪化させた前科があります。

 

なので、真反対の事をすればいいと、軽い口調でドクターに言われました。

 

5年もやってる生活習慣をそんな簡単に変えられるはずがないじゃないか(汗)

 

でも、今度は真面目な顔でドクターは続けた。

 

「それが原因で体を壊したとしても?」・・・ごもっともです。

 

「これは体にイイ」という固定概念を崩さねばならない。

 

今までイイと思って実践していたけど、「辞めたこと」について書いてみます。

 

 

朝断食をやめた

 

以前の体質改善の一環として、朝食を抜いてました。

 

白湯だけ飲んでた。それが普通だったのだけど、

 

私の場合、お昼までの空腹時間を耐えるのがストレスだったと自覚しました。

 

私は極度のHSP体質(よく、繊細さんとか言われているアレです)で、

 

空腹にとても過敏でストレスを感じてしまう人間だという事を教えてもらいました。

 

言われるまで自覚が無かったのは、「朝断食は体にイイ!」という思い込みが刷り込まれていたから。

 

少量の朝食を摂るようになってから、なんだかホッコリできる幸せ時間を持てたように思います。

 

これが私にとって至福の時間でした。

 

 

玄米食をやめた

 

玄米もとっても体にいいのです。いいのは知ってます!知ってますとも!!

 

5年も食べ続けてましたから。

 

よく噛んで、100回噛んで、教科書通り!優等生のように食べてましたよ。

 

でも、これも知らぬ間に負担になっていたのでしょう。

 

「玄米を食べなければならない」「100回以上噛まなければならない」

 

そんな「ねばならない」に、いつの間にか自分が支配されていた。

 

本来、体にいい物も、「ねばならない」の呪いが私を追い込んでいったのです。

 

だから、辞めました。

 

白米をよく噛んで食べて、消化に良い玄米発酵食品を食べるようになりました。

 

玄米食を辞めて気付いたのですが、

 

これまで毎食のご飯を楽しんで食べてなかった。「ねばならない」に支配されていたから。

 

でも、今は食事が本当に楽しい!

 

 

ジャンクフードNGをやめた

 

これまで「良くない」とされる食品を、避けてけなして罵倒して生きてきたけど、

 

「本当は食べてみたい」と体が言っているような気がして、久々にマクドのポテトを食べてみた。

 

それはそれは、なんて美味しいんだ!!って感動した。

 

この感動はとても伝えづらいんだけど、体が喜んでんじゃないかと思うほど美味しかった(笑)

 

で、思ったことがある。

 

良いと思って渋々食べる健康的な食品と、

 

良くないと分かっていても、めちゃくちゃ美味しい食品を心から喜んで食べるの、

 

どっちが体に悪いかって、前者に決まってる。

 

だから、しょっちゅうは食べないけど、心から食べたいと思った食品を思うがまま、

 

味わって喜んで食べるようになりました。

 

 

セルフケアを完璧にやるのをやめた

 

足つぼサロンをやっているのでね、セルフケアも完璧な足つぼをやってました。

 

時間をかけてね、丁寧に。

 

「これやらなきゃ、筋腫が大きくなっちゃうよー」って自分を脅迫しながら。

 

それで追い込んでたら意味ないですよ。ほんと。

 

だから、セルフケアやりたくない時はやらないことを許可したし、

 

何より丁寧なセルフケアをやめた。

 

すっごい雑でもスッキリするケア方法を思いついたので、それをやっています。

 

何でも完璧にしようとする自分の悪いクセを取っ払うと、

 

とても生きやすくなれました。

 

とても雑すぎるセルフケアだけど、とてもオススメなので、やり方をメニュー化する予定です。

 

 

他にも辞めたことはたくさんありますが、代表的なのはこんな感じです。

 

私のように、何でも完璧にしようと思っている人がいたら、めっちゃ雑に生きてみることをオススメします。

 

もしかしたら、それで子宮筋腫が改善するかもしれないじゃないですか。

 

人がそれぞれ違うように、子宮もそれぞれ違うんだと思います。

 

だから、「これが体にイイ」という思い込みは、とりあえず横に置いてみてはいかがでしょうか。

 

 

 

***

 

 

【21日間無料メール講座】

40歳からの毒出しで子宮筋腫を改善した人がやったこと

 

 

 

40歳からの毒出しで子宮筋腫を改善するためのサロン
子宮筋腫撲滅LABO


リボン 営業時間 10:00~15:00
リボン 定休日 日曜・祝日
リボン アクセス 大阪府豊中市新千里南町(桃山台駅より徒歩10分)
   ※自宅サロンのため、詳細はご予約時にご案内致します。
リボン 駐車場 1台あり(但し、時期によっては使用不可)
リボン ※準備中ご来店できない方:オンラインメニュー
リボン ※準備中ご来店できる方:リアル受講メニュー
リボン お申込み前に必ずお読みいただきたい事
リボン ※準備中ご予約フォーム・空き状況
リボン 21日間無料メール講座
リボン お問い合わせ 携帯050-5579-3405  

             手紙ashitsubo@nijiyura.info

 

 

いつもありがとうございます。子宮筋腫撲滅LABO主宰の吉岡愛弓です。

 

40代のみなさま、こんなお悩みはありませんか?

 

ダウン最近疲れが抜けない

ダウン何をするにも億劫

ダウン体形がいつの間にか変わってしまった

ダウン白髪が増えた

ダウン膝、肩の痛みが取れない

ダウン人間ドックで再検査になることが増えた

 

「自分はもう年だ。これからの人生は衰えていくだけだ」とか思ってません?

 

それ、40代特有の大きな間違いですから!!
 
アーユルヴェーダでは人生の本番は50歳からと言われています。
 
なので40代は「人として成熟を控えた準備段階」なのです。
 
【人生の内訳】

①誕生~成人期 心と体の基礎作り時期
②成人期~壮年期 社会で自己実現を果たし、成長を重ね、幸福を味わう時期
③壮年期~中年期 成熟した心をもって本格的に社会貢献を行う左矢印40代はココ
④中年期~熟年期 平和な心と豊かな知恵をもって社会のリーダーとして存在する

 

アーユルヴェーダでは、人生の本番は50歳からと言われています。

 

40代が感じる老化現象、じつは「ニセの老化」なのです。

 

単なる健康不良の現れなんですよ。

 

こんな症状ありませんか?

 

ガーンシミ、シワが増える

ガーン白髪が出てきた

ガーン髪の毛が薄くなった

ガーン関節の動きが悪い

ガーン近くが見えづらい

ガーン血圧が上がる

ガーン高温が聞こえづらい

ガーン時々物忘れする

 

「もう年だから、しょうがない」と諦める項目ばかりと思われがちですが

 

これらは「統計的にこうなる人が多い」というだけ。

 

自然な老化のスピードを示したものではないのです。

 

むしろ、不健康ならそうなるというサンプルの象徴

 

健康な人が自然に老け始めるのは50歳から。それもとても自然な老け方なので、かえって美しく感じたりします。

 

もし、早くに老化現象が現れ始めた方は、今から健康を取り戻せば老化を治癒できるかもしれません。

 

実際にアーユルヴェーダを実践すると、若返りが見られます。

 

バツレッド具合が悪いのは年齢のせい

丸レッド健康を取り戻すと若返る

 

40歳からの毒出しで、あなたも若返るかもしれませんよ。

 

 

【21日間無料メール講座】

40歳からの毒出しで子宮筋腫を改善した人がやったこと

 

 

 

40歳からの毒出しで子宮筋腫を改善するためのサロン
子宮筋腫撲滅LABO


リボン 営業時間 10:00~15:00
リボン 定休日 日曜・祝日
リボン アクセス 大阪府豊中市新千里南町(桃山台駅より徒歩10分)
   ※自宅サロンのため、詳細はご予約時にご案内致します。
リボン 駐車場 1台あり(但し、時期によっては使用不可)
リボン ※準備中ご来店できない方:オンラインメニュー
リボン ※準備中ご来店できる方:リアル受講メニュー
リボン お申込み前に必ずお読みいただきたい事
リボン ※準備中ご予約フォーム・空き状況
リボン 21日間無料メール講座
リボン お問い合わせ 携帯050-5579-3405  

             手紙ashitsubo@nijiyura.info

 

 

いつもありがとうございます。子宮筋腫撲滅LABO主宰の吉岡愛弓です。

 

このシリーズは子宮筋腫があると分かってから、子宮筋腫が成長して苦しんだこと、その後5cmある子宮筋腫を1.5cmまで小さくし、小さい筋腫でしかできないと言われている子宮鏡手術(無傷で筋腫を除去する手術)を行った私の闘病記です。

 

 

 

半年間、イヤってほどアーユルヴェーダ漬けだったので、卒業してからも勝手に習慣化されて

 

私はどんどん体調が整っていくのが分かりました。

 

挙げればキリがないのですが、体調が良くなった代表格を書いてみます。

 

PMS、生理痛がまったく無くなった

 

筋腫が大きくなってからは、生理2~3日目は使い物にならないほど動けなかった私が

 

生理前のイライラやモヤモヤが全く無い状態で気が付けば生理が始まり、

 

生理中も全く痛みが無くお薬も飲まなかったです。

 

生理痛はお薬で紛らわせても、PMSは逃げようがなかったので、何より嬉しかった!

 

 

経血量が安定した

 

以前のどうしようもなく多い時は、トイレから出られないほど。

 

ナプキンを何度替えても追いつかないほどだった経血量が、そこまでではなくなった。

 

でも、依然として量は多かったけど。トイレに閉じこもらなくていいのは助かりました。

 

 

不眠症レベルの寝つきの悪さが解消した

 

今まで、色んな心配があってか、どんなに疲れていても、なかなか眠りにつけなかったのに

 

お布団に入って秒で寝落ち(笑)

 

こんな事、数年ぶりでしたが、アーユルヴェーダで心を安定させる方法を学んだからだと思います。

 

 

朝の目覚めが断然違う!

 

深く眠れるようになったおかげか、朝の目覚めが最高にいい!

 

今までは目覚ましが鳴ってもなかなか起きられず、30分はお布団の上で格闘していたのが、

 

今となっては目覚ましより早く起きれます^^

 

 

執着を手放した、自信がついた

 

私はかなりの不安症なので、色々なところにアンテナを張り過ぎてしんどくなるタイプだったのですが、

 

いい意味で諦めたり手放せたりできるようになりました。

 

そのおかげで、すごく生きやすくなったように思う!

 

***

 

他にも、周りの人から「若返った」とか「肌がきれいになった」とか言われたり。

 

老け込んでたのって、そうとう抱え込んでたからだろうな。

 

それに今までの生活を客観的に見直せるようになった。

 

 

どう考えても働きすぎだった。

 

この深層にあったのは「誰にも負けたくない」「追い越されたくない」という

 

どうでもいい執着からでした。

 

今となっては、何と戦ってたのかも分かりませんけど(笑)

 

その時に分かった。本来の私に戻れたんだって。

 

アーユルヴェーダは「本当の自分に戻る医学」なので、

 

私はそれを実践できたって事かな。

 

こんな風になるために、私がアーユルヴェーダを使ってどんなことをしたのか、

 

またお話しますね。

 

***

 

 

【21日間無料メール講座】

40歳からの毒出しで子宮筋腫を改善した人がやったこと

 

 

 

40歳からの毒出しで子宮筋腫を改善するためのサロン
子宮筋腫撲滅LABO


リボン 営業時間 10:00~15:00
リボン 定休日 日曜・祝日
リボン アクセス 大阪府豊中市新千里南町(桃山台駅より徒歩10分)
   ※自宅サロンのため、詳細はご予約時にご案内致します。
リボン 駐車場 1台あり(但し、時期によっては使用不可)
リボン ※準備中ご来店できない方:オンラインメニュー
リボン ※準備中ご来店できる方:リアル受講メニュー
リボン お申込み前に必ずお読みいただきたい事
リボン ※準備中ご予約フォーム・空き状況
リボン 21日間無料メール講座
リボン お問い合わせ 携帯050-5579-3405  

             手紙ashitsubo@nijiyura.info