設計事務所の中の人のブログ@岐阜

岐阜で働く設計士のブログ。ローコストやシンプルな建物が得意です。設計の事、構造計算の事、遊びの事、グルメの事などマイペースで色々ブログります。

HPはこちら 【岩田建築事務所】

1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>

次世代住宅ポイントについて

最近は、住宅性能評価や次世代住宅ポイント対象住宅証明など、申請の仕事が続きました。
コロナ禍の中でも仕事があるのが有り難いです。

次世代住宅ポイントは、消費税率引上げ前後の需要変動の平準化を図ることを目的とし、税率10%で一定の性能を有する住宅の新築やリフォームに対して、様々な商品と交換できるポイントを発行する制度です。
新型コロナウイルスの影響で期間が延長し、令和2年8月31日までに契約を行った場合にポイント発行申請が可能となりました。

松井

まちにまった

梅雨明けです!

今週は、確認申請準備の作業でした。
事務所増築の物件と、一戸建て住宅の改築の物件です。

現場の測量へ行かせていただき、協力して配置図のたたき台を書き込みました。
午前中の測量でしたが、気持ちよく汗が流せました。
順調に申請準備がすすめられ、一安心。

暑い暑いと文句をいいながら、
スイカだ線香花火だ。やっぱり夏っていいなとステイホーム夏を楽しむ週末です。

今利

手力の家 気密測定C値、省エネUA値

手力の家。

こちらも最終段階です。

耐震診断、耐震補強計画、バリアフリー、省エネ改修などなど、各種性能を向上させてより良く、長く住んで頂く為の改修です。

 

耐震診断では現況の評点が0.1とかなり低く出ました。北側にインナーガレージがあったことと、南側の耐力壁が有効ではなかった事が大きな原因です。今回はその辺りを集中的に補強し、評点の向上を試みました。耐震補強計画では評点が1.0を超えて、満足な数値となりました。

 

そしてこちらの写真。気密測定を行っています。

まだ施工途中での気密測定となりましたので数値が若干下がっています。

岐阜の場合、C値=5.0以下であれば良いのですが、今回は平均値で3.8でした。

工事途中である事と、今回のリフォーム範囲ではない和室が既設のままである事、基礎の換気口が既存のままで、比較的密閉をしにくい部分が残ってしまう事を考慮すると、最終的なC値は3.0を切って、2.5~2.8辺りをカウントしてくると推測しています。工事完了後の再測定は行わない事になったので、最終値は明確には分かりませんが、2.5~2.8が予想されるところです。

 

省エネUA値については、基準値0.87の所、0.59というスコアを出しています。

今回採用されたサッシが、トリプルガラスで断熱性能が一般の住宅に比べて格段に上がっています。また、充填断熱をしっかりと施工して頂いたことで0.59という評価になりました。

 

今後、省エネに関する説明義務が発生すると言われていますので、気密測定C値、省エネUA値については全棟でしっかりと採用してご報告が出来る様にしていきたいと思います。

 

イワタ。

既存住宅性能評価について

先週から、既存住宅性能評価の申請準備をしています。
住宅性能評価制度とは、品確法に基づき、評価機関が、住宅の性能を客観的に等級で表す制度です。
既存住宅の場合、評価員が、外壁などのひび割れや床の傾き、壁・天井の漏れ等のあと、などについて現況調査を行い、さらにオプションとして、新築住宅の性能表示制度と同様の評価も受けることができます。
住宅の現況、性能が分かるので、住宅を売買するときにも安心です。

高井

引き渡し前クリーニング

今週は、引き渡し前のクリーニングに行きました。

図面では携わらせてもらっていましたが、実際に完成した住宅は想像以上に素敵でした。
勾配天井の明るいリビングや黒を基調としたシックなキッチン、使い勝手を考えた玄関等、施主様のこだわりが細部まで詰まっています。
気持ちよく住んで頂けるように、掃除も丁寧に行いました。
外では左官屋さんが雨の中、一生懸命作業されてみえました。
完成まであと少しです。

松井

図面化。

今週は、主に構造計算したものを図面化する作業でした。
基礎、土台、梁、図面化していく作業は慎重に、見やすい図面をと心がけています。
安心して住んでいただけるお家になりますように。


週末、ゆっくり楽しくすごしたいと思います。


今利

既存住宅状況調査技術者

先日、既存住宅状況調査技術者という長い名前の講習を受けてきました。最後に試験があり、その試験に合格すると、資格が付与されます。

 

既存住宅状況調査技術者って?

これは、既存住宅の状況(例えば劣化の具合や、雨漏り、傾きや割れ等)を調べるお仕事です。関連する色々な制度があり、この既存住宅状況調査技術者が調査を行った場合は、税制面で優遇措置が受けられるなど、施主にとってのメリットが色々ある様です。この資格がちゃんと生かせるかはまだ分かりませんが頑張ります。

 

そして先日、構造設計一級建築士の受験申し込みを済ませました。こちらは11月1日が試験日。いくつになっても勉強勉強です。

 

イワタ。

模様替え

今日、事務所の模様替えをしました。
カタログがたくさん入った重たい棚を移動するのに役に立ったのが、、座布団。
棚を少し持ち上げて、棚と床の間に座布団を挟むことで、棚が滑りやすくなり、スムーズに移動ができました。段ボールでも代用可。
今日中に終わるのか?と心配していた模様替えも、午前中で終了。
とても素敵な空間になりました。
仕事も捗りそうです!

高井

黒い外壁の家

黒い外壁の家。渋くて良いですね。

白い外壁の家を設計する事が多いのですが一番の悩みは雨汚れです。軒を深くして、雨をしのぐようにしても、避けられない汚れ。5,6年と言った短めのスパンで外壁改修を考えないといけません。それに比べて濃い目の外壁なら汚れを目立ちにくく出来ます。

軒を深めにしたこちらの住宅。

和モダンな感じで好きです。

南に面する部分、開口部が多めですが耐震等級3を目指します。

イワタ。

 

梅雨の晴れ間

梅雨の中、久しぶりに良いお天気で気持ちがいいですね。
今日も元気にスタートしたいと思います!


私は電気設備図を担当させてもらう事が多いのですが、この作業、やりがいがあります。

ここにコンセントを付ければ良かったな。
照明はこうすればすれば良かったな。

生活してみて後から気が付く事が多い電気設備。
施主様が後から後悔することのないよう、生活スタイルに合ったご提案ができるよう心掛けています。



松井
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>