脚本家/小説家・太田愛のブログ

『天上の葦』KADOKAWA刊(17年2月18日発売)

日常を静かに破壊する犯罪。気づいたのは たった二人だけだった。
白昼、老人が渋谷のスクランブル交差点で何もない空を指さして絶命した。死の間際、老人はあの空に何を見ていたのか。それを突き止めれば一千万円の報酬を支払う。興信所を営む鑓水と修司のもとに不可解な依頼が舞い込む。そして老人が死んだ同じ日、ひとりの公安警察官が忽然と姿を消した。その捜索を極秘裏に命じられる刑事・相馬。遠い過去から届いた一枚の葉書と、闇の中の孔雀…。二つの事件を繋ぐ劇的なトリックが暴かれた時、七十年の時を越えて社会を一変させる犯罪がその全貌を現す。鑓水、修司、相馬の三人が最大の敵に挑む。感動のクライムサスペンス巨編!


※1 本作についての著者インタビューはこちら→ 『ダヴィンチ

※2 雑誌『世界』掲載の水島朝穂教授との対談は水島教授のHPで読めます「介入と忖度
 

幻夏』KADOKAWA刊

「俺の父親、ヒトゴロシなんだ」
毎日が黄金に輝いていたあの夏、ランドセルを岸辺に残し、一人の少年が姿を消した。人が犯した罪は正しく裁かれ、正しく償われるのか。残酷な「世界」に決死で挑んだ少年の、驚くべき秘密とは…。すべてが終わったとき、胸震える感動が待ち受ける! 『犯罪者』に続く、鑓水、相馬、修司のクライム・サスペンスシリーズ第2弾(日本推理作家協会賞候補)。

※2017年8月に文庫になりました。


『犯罪者』KADOKAWA刊

なぜ、俺は殺されなければならないのか。しかも10日以内に。
白昼の駅前広場で四人が刺殺される通り魔事件が発生。犯人は逮捕されたが、ただ一人生き残った青年・修司は奇妙な男から「逃げろ、あと10日生き延びろ」と警告される。修司は、刑事の相馬(そうま)とその友人・鑓水(やりみず)の協力を得て、暗殺者に追われつつ事件の真相を追う。やがて彼らの前に浮かび上がってきたのは、巨大企業タイタスと幼児の奇病。そして、ひとりの男の未曾有の犯罪計画だった。一気呵成のクライム・サスペンス

※2017年1月に文庫になりました。
 criminal  
※『ダヴィンチ』著者インタビューはこちら→ 『ダヴィンチ』

 

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス