脚本家/小説家・太田愛のブログ

『天上の葦』(KADOKAWA)



白昼、老人は渋谷の交差点で何もない空を指して絶命した。死の間際、老人はあの空に何を見ていたのか。突き止めれば一千万円の報酬を支払う。興信所を営む鑓水と修司のもとに不可解な依頼が舞い込む。老人が死んだ同じ日、一人の公安警察官が忽然と姿を消した。その捜索を極秘裏に命じられる刑事・相馬。廃屋に残された夥しい血痕、老人のポケットから見つかった大手テレビ局社長の名刺、遠い過去から届いた一枚の葉書、そして闇の中の孔雀。二つの事件がひとつに結ばれた先には、社会を一変させる犯罪が仕組まれていた。鑓水、修司、相馬の三人が最大の謎に挑む。


※1 著者インタビューはこちら→『ダヴィンチ』


※2 刊行直後に、雑誌『世界』に掲載された水島朝穂教授とのインタビューは教授のHPで読めます→『介入と忖度』


 


『幻夏』(KADOKAWA)



毎日が黄金に輝いていた12歳の夏、少年は川辺の流木に奇妙な印を残して忽然と姿を消した。23年後、刑事となった相馬は、少女失踪事件の現場で同じ印を発見する。相馬の胸に消えた親友の言葉が蘇る。「俺の父親、ヒトゴロシなんだ」あの夏、本当は何が起こっていたのか。今、何が起ころうとしているのか。人が犯した罪は、正しく裁かれ、正しく償われるのか?司法の信を問う傑作ミステリ。日本推理作家協会賞候補作。


 


『犯罪者』(KADOKAWA)


criminal


白昼の駅前広場で4人が刺殺される通り魔事件が発生。犯人は逮捕されたが、ただひとり助かった青年・修司は搬送先の病院で奇妙な男から「逃げろ。あと10日生き延びれば助かる」と警告される。その直後、謎の暗殺者に襲撃される修司。なぜ自分は10日以内に殺されなければならないのか。はみだし刑事・相馬によって命を救われた修司は、相馬の友人で博覧強記の男・鑓水と3人で、暗殺者に追われながら事件の真相を追う。鑓水、相馬、修司のクライムサスペンスシリーズ第1弾!


※ 著者インタビューはこちら→『ダヴィンチ』


 

久しぶりの更新になります。

 

本日、未明に映画評論家の町山智浩さんが、ご自身のnoteで、

『太田愛、『ウルトラマンダイナ』から『相棒』、そして『天上の葦』へと貫かれるもの』という評論を掲載してくださっています。長年の友人がすぐに連絡をくれて知りました。→リンクをこちらにも貼っておきます。

 

この文章は『天上の葦』が文庫化された折に、町山さんが解説として書いてくださったものです。最初に読ませていただいた時、『天上の葦』だけでなく、デビュー時の脚本から振り返ってくださっている内容に驚き、とても嬉しかったのを覚えています。

町山さん、あらためてありがとうございます。

 

この評論を読んで、太田の作品に興味をもってくださった方がいらっしゃいましたら、どの作品からでもぜひ手に取ってみてください。

 

ところで、今年は4月より小説『未明の砦』の新聞連載を続けていますが、8月より上越タイムスでも掲載が始まっていますので、現在、陸奥新報、千葉日報、三陸新報、苫小牧民報、上越タイムスの5紙で連載中です。久しぶりの大がかりな群像劇を、楽しみながら、書かせていただいています。

 

実は、小説執筆に並行して、この秋、1本、映像のシナリオを書きました。今はまだ情報をオープンにできないのですが、もうまもなく詳細をお知らせできる機会がやってくる予定です。その時は、このブログとホームページでお伝えしますので、どうぞお楽しみに。

 

 

 

 

 

新作小説『未明の砦』、6月16日(水)より、「苫小牧民報」でも連載が始まりました。「陸奥新報」、「千葉日報」、「三陸新報」に続いて四紙になりました。「千葉日報」「三陸新報」「苫小牧民報」は、電子版でも購読できます。ぜひ、ご一読ください。

       

また、6月15日(火)より角川文庫の夏のフェア・カドフェス2021キャンペーンが始まりました。拙著『幻夏』が「手に汗にぎる!」作品として、夏のおすすめ本のひとつに選ばれています。KADOKAWA本社ビルの玄関にも、こんなふうに飾られています(↓)。

『幻夏』から、鑓水シリーズを読み始めたという読者の方も大勢いらっしゃるようです。25刷になり、帯も新しい装いになりました。書店でお見かけの際には、ぜひお手にとってみてください。

 

 

新作小説『未明の砦』、現在掲載中の「陸奥新報」、「千葉日報」に続いて、6月8日より新たに「三陸新報」での連載が始まりました。

 

物語の始まりは、クリスマスシーズンの吉祥寺駅前。

その日、警視庁組織犯罪対策部は、極秘裏に監視してきた4人の青年グループを逮捕すべく万全の態勢で待機していた。だが、4人が駅前に姿を現した直後、タイ料理店で不審な火災が発生、次の瞬間、捜査員たちの目の前で4人が忽然と姿を消した――。

 

と、こんな感じで始まります。今作は、現代日本で起こるクライム・サスペンスで(鑓水たちのシリーズとは別ですが)、老若男女大勢が登場する群像劇になる予定です。また、イラストレーターの藤岡詩織さんが毎回、素敵な挿画を描いてくださっています。

 

ぜひ、ご一読ください。

 

 

今年1月に受賞した山中賞のトロフィーが届きました。台座に「第4回 山中賞」。書名の『彼らは世界にはなればなれに立っている』も白い文字で刻まれてあってすべてが手作りのトロフィーで、温かい自筆のお手紙も添えられていました。

トロフィーのキャラクターは、TSUTAYA中万々店のフリーペーパー「なかましんぶん」に登場する「ブッくん」とのこと。読書用のバンカーズランプの前で記念に一枚撮りました。TSUTAYA中万々店の山中さん、書店員のみなさん、心のこもったトロフィー、ありがとうございます! 

お知らせです。

新作小説『未明の砦』、新聞連載が来月より始まります。

 

物語の始まりは、クリスマスシーズンの吉祥寺駅前。

その日、警視庁組織犯罪対策部は、極秘裏に監視してきた4人の青年グループを逮捕すべく万全の態勢で待機していた。だが、4人が駅前に姿を現した直後、タイ料理店で不審な火災が発生、次の瞬間、捜査員たちの目の前で4人が忽然と姿を消した――。

 

と、こんな感じで始まります。今作は、現代日本で起こるクライム・サスペンスで(鑓水たちのシリーズとは別ですが)、老若男女大勢が登場する群像劇になる予定です。また、連載中は、イラストレーターの藤岡詩織さんが毎回、挿画を描いてくださいます。

 

『未明の砦』は複数紙に掲載される予定ですが、一番早い連載開始が「陸奥新報」さん、続いて「千葉日報」さんです。日程は、以下のとおりです。

 

陸奥新報 4月4日(日)連載開始予定。

千葉日報 5月5日(水)連載開始予定。

 

他の新聞での連載開始日が決まりましたら、順次ブログにてお知らせいたします。

 

どうぞお楽しみに。

 

昨年12月18日発売の『別冊文藝春秋』に掲載されたインタビューが、文芸春秋のウェブメディア「本の話」サイトに公開されました。『彼らは世界にはなればなれに立っている』を中心にお話ししたものを、まとめてくださっています。

こちらです

 

 

 

 

昨年上梓した新作『彼らは世界にはなればなれに立っている』が、『第4回 山中賞』に選ばれました。山中賞は、TSUTAYA中万々店の書店員・山中由貴さんが、半年に一度、「どうしてもお客さんに読んでもらいたい本」を一冊、選んでくださる賞です。昨年、ニュースでも取り上げられたので、ご存じの方もいらっしゃるかもしれません(→こちらです。)

 

本を深く愛する書店員さんの、人の温もりのある賞をいただき、心から嬉しく、また光栄に思います。『彼らは世界にはなればなれに立っている』は、『天上の葦』の3分の1ほどの枚数ですが、同じくらいのエネルギーを執筆に傾けました。この小説で賞をいただけたことに、一層の喜びを感じています。山中さん、TSUTAYA中万々店のみなさん、ありがとうございました。これを機に、より多くの方がこの本を手に取っていただければと願っています。

 

山中賞発表の動画、山中さんからのコメント、そして、中万々店のみなさんの温かい雰囲気がツイートでご覧になれます。→こちらです

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

        新年あけましておめでとうございます。

        今年もよろしくお願いいたします。

 

昨年は10月に最新刊『彼らは世界にはなればなれに立っている』を上梓いたしました。おかげさまで重版となりました。教育社会学者の本田由紀さん、書評家の関口苑生さん、書評家の金原瑞人さんのお三方からいただいた書評のリンクです。未読の方はぜひ。

本田さんの書評は→こちらです

関口さんの書評は→こちらです

金原さんの書評は→こちらです。(掲載日時順です)

 

鑓水たちのシリーズとは雰囲気の異なる小説ですが、機会がございましたら、お手にとってみてください。

 

今年は、2月頃よりいくつかの新聞で新作小説『未明の砦』の連載が始まります。掲載紙や開始時期など詳細については、後日、ブログやホームページでお知らせいたします。どうぞお楽しみに。

 

本年が皆様にとって幸多き年になりますようお祈り申し上げます。

                               2021年元日

 

 

 

 

 

 

 

本日12月18日発売の電子小説誌・別冊文藝春秋 2021年1月号にインタビューが掲載されています。『彼らは世界にはなればなれに立っている』についてご質問にお答えいたしました。よろしければ、スマートフォンや電子書籍端末などでご覧になってください。

アマゾンでは→こちらです

hontoでは→こちらです

 

 

 

10月30日に刊行した『彼らは世界にはなればなれに立っている』の重版が決まりました。お手にとってくださった読者のみなさま、また、書評やレビューをあげてくださったみなさま、店頭で応援してくださった書店員のみなさま、どうもありがとうございます。

 

年内には2刷が出来する予定とのことです。ひとりでも多くの方に読んでいただければ、うれしいかぎりです。教育社会学者の本田由紀さん、書評家の関口苑生さん、書評家の金原瑞人さんのお三方からいただいた書評のリンクです。未読の方はぜひ。

 

本田さんの書評は→こちらです

関口さんの書評は→こちらです

金原さんの書評は→こちらです。(掲載日時順です)