脚本家/小説家・太田愛のブログ

『天上の葦』(KADOKAWA)



白昼、老人は渋谷の交差点で何もない空を指して絶命した。死の間際、老人はあの空に何を見ていたのか。突き止めれば一千万円の報酬を支払う。興信所を営む鑓水と修司のもとに不可解な依頼が舞い込む。老人が死んだ同じ日、一人の公安警察官が忽然と姿を消した。その捜索を極秘裏に命じられる刑事・相馬。廃屋に残された夥しい血痕、老人のポケットから見つかった大手テレビ局社長の名刺、遠い過去から届いた一枚の葉書、そして闇の中の孔雀。二つの事件がひとつに結ばれた先には、社会を一変させる犯罪が仕組まれていた。鑓水、修司、相馬の三人が最大の謎に挑む。


※1 著者インタビューはこちら→『ダヴィンチ』


※2 刊行直後に、雑誌『世界』に掲載された水島朝穂教授とのインタビューは教授のHPで読めます→『介入と忖度』


 


『幻夏』(KADOKAWA)



毎日が黄金に輝いていた12歳の夏、少年は川辺の流木に奇妙な印を残して忽然と姿を消した。23年後、刑事となった相馬は、少女失踪事件の現場で同じ印を発見する。相馬の胸に消えた親友の言葉が蘇る。「俺の父親、ヒトゴロシなんだ」あの夏、本当は何が起こっていたのか。今、何が起ころうとしているのか。人が犯した罪は、正しく裁かれ、正しく償われるのか?司法の信を問う傑作ミステリ。日本推理作家協会賞候補作。


 


『犯罪者』(KADOKAWA)


criminal


白昼の駅前広場で4人が刺殺される通り魔事件が発生。犯人は逮捕されたが、ただひとり助かった青年・修司は搬送先の病院で奇妙な男から「逃げろ。あと10日生き延びれば助かる」と警告される。その直後、謎の暗殺者に襲撃される修司。なぜ自分は10日以内に殺されなければならないのか。はみだし刑事・相馬によって命を救われた修司は、相馬の友人で博覧強記の男・鑓水と3人で、暗殺者に追われながら事件の真相を追う。鑓水、相馬、修司のクライムサスペンスシリーズ第1弾!


※ 著者インタビューはこちら→『ダヴィンチ』


 

本日、11月23日

朝日新聞1面のコラム「折々のことば」で、

『天上の葦』の一節が紹介されます。

本作の核心ともいえる、ある人物の言葉を選んでくださっています。

 

ご著書をとおして

何度も深い示唆をいただいてきた鷲田清一さんが、

どんな文章を書いてくださるのか、

私もとても楽しみにしています。

ぜひご一読ください。

 

 

TSUTAYA中万々店のなかましんぶん編集長さんが、『彼らは世界にはなればなれに立っている』のために作ってくださった、空前絶後の素晴らしいPOPです。作中の荷馬車のイメージから、移動サーカスのトレーラーをコンセプトに作ってくださったそうです。

町に到着したサーカス団の呼び込みチラシ風。心くすぐるデザイン。

そして、なんとこのトレーラーは動くのです!

       

動画の中の青いセーターの方が、きっとなかましんぶん編集長さんだと思います。素晴らしいPOP、どうもありがとうございます!!

本当に感激いたしました!

11月20日(金)、文化放送の『くにまるジャパン 極』に出演する予定です。午前10時頃からの「極シアター」にゲストとして参加します。CMをはさみながら、11時20分まで登板です。生放送ですので、どんなお話になるかわかりませんが、お時間がございましたら、ぜひ。

 

放送当日は、こちらのページからもお聴きになれます。

 

 

 

 

 

 

 

本日10月30日、新刊『彼らは世界にはなればなれに立っている』発売です。お待たせいたしました。

 

 

四人の語り手による、ひとつの「町」の物語。

新しい物語の世界をぜひ楽しんでください。

10月30日発売の新作『彼らは世界にはなればなれに立っている』、

予約が始まりました。

 

題名の『彼らは世界にはなればなれに立っている』 はパウル・ツェランの詩の一節です。  

カバーの写真はイギリスの若い写真家、Seanen Middletonさんによるもので、デザイナーの國枝達也さんがとても素敵な装幀に仕上げてくださいました。ここではお見せできませんが、表紙をめくった後も、國枝さんの細かく美しいデザインがページの隅々に行きわたっています。ぜひ書店にて、お手にとってお確かめください。

Amazonのサイトは→こちらです

 

帯には、鴻巣友季子さん、町山智浩さんから推薦文をいただきました。鴻巣さん、町山さん、どうもありがとうございます。

 

『彼らは世界にはなればなれに立っている』、まもなく書店に並びます。多くの方に読んでいただければ幸いです。


 

 

新刊のお知らせです。

先月、連載を終了した『彼らは世界にはなればなれに立っている』が、この秋(10月30日発売予定)に、KADOKAWAより上梓されます。 

KADOKAWAの新刊紹介のサイトは→こちらです。

 

これまで書いた鑓水たちのクライム・サスペンスシリーズとも、「小説すばる」に掲載した短編『サイレン』とも趣の異なった作品ですが、「今、これを書かなければ」という思いで書き上げた小説です。

執筆の動機については、昨年12月、連載前の朝日新聞デジタルのインタビューでお話しましたので、よろしければご覧になってみてください。→こちらです。

 

”舞台は〈始まりの町〉と呼ばれる、どこにもない町。一人の男が帰郷し、少年の頃に起きた事件を回想するところから物語は始まります。山の稜線には風力発電のプロペラがまわり、窓からは足踏みミシンの音が聞こえ、揚げ菓子と石の塔と映画館のある町。そこで、いったい何が起こったのか――。四人の人物が語る四つの事件の向こうに、やがて〈町の物語〉が見えてくる。私たちの「現在」につながる痛みと希望の物語になればと思っています。”(連載開始時の著者コメント)

 

それから、もうひとつ。

9月18日発売の「小説TRIPPER(トリッパー)」2020秋号(朝日新聞出版)に短いエッセイが掲載されます。“忘れられない人物”というテーマをいただいて書きました。

 

 

お知らせです。

今年2月、東川賞特別作家賞受賞を受賞された若い写真家・髙橋健太郎さんの初めての写真集『A RED HAT』が8月23日に刊行されます。

 

 

髙橋さんは、ご自身のサイトで「日本という国とこの社会に生きる人々が持つ戦時のような感情をテーマに取材を続けている」と書かれており、2015年には、フランスのルモンド紙の依頼で原爆投下70年の広島を撮影、同紙に掲載されました。

 

※髙橋さんのホームページは→こちらです。

広島の写真も掲載されています。

 

今回、刊行される写真集『A RED HAT』は、治安維持法が言論や思想を弾圧する道具として猛威を振るった戦時下に、北海道で起きた「生活図画事件」を題材にしたものです。1941年、旭川師範学校美術部の学生たちが、ただ絵を描いていたという理由で、先生とともに治安維持法違反で逮捕されました。身近な生活をよく観察し、より良い生き方を模索するという生活図画教育が、「国家に反逆する危険な思想の実践」とみなされたのです。

 

この写真集は、事件の被害者となった当時の学生・菱谷さん、松本さんに髙橋さんが取材を重ね、現在の姿を写真におさめて、当時の資料などとともに一冊の本にまとめたものです。

 

昨秋、髙橋さんと対談した際、「生活図画事件」を取材しよう思ったきっかけは、2017年の「共謀罪」成立だとおっしゃっていました。「共謀罪」が国会で審議されていた際、金田法務大臣(当時)は、「意味のある場所の写真を撮ったり」していれば、犯罪の「実行準備行為と認定できる」という旨の発言をしました。髙橋さんは、その曖昧な逮捕要件を知った時、自分の身に迫るもの、写真家として生きている自分は、何かの契機でいつ逮捕されるかもしれない、と感じたそうです。これをきっかけに戦時中の治安維持法をもっとよく知らなければと思い、「生活図画事件」に行きついたのだとおっしゃっていました。

 

『A RED HAT』は出版元の赤々舎さんのサイトから購入できます。

こちらです。(22日までは予約価格です)

※アマゾンでも購入できます。

 

また、“Dialogue for People”サイトに掲載された、フォトジャーナリストの安田菜津紀による髙橋さんのインタビューは、写真集刊行にあたっての動機も含め、大変、読み応えのある内容になっています。

こちらです。

 

写真集に寄せて、私も短いエッセイを書かせていただきました。

ご興味のある方は、ぜひ上記の各サイトをご覧になってみてください。

本日8月10日(月)配信のカドブンノベル9月号で、1月から連載してきた新作『彼らは世界にはなればなれに立っている』が最終回を迎えます。連載の折々に感想を寄せて下さったみなさま、ありがとうございました。

 

前作『天上の葦』を書くにあたって、先の戦時下の新聞をつぶさに読みながら、今、自分たちが暮らす社会とどこか通底するものを感じていました。そして、次は、この危うい崖っぷちのような現在の、その先を描いてみたいと考えたのが、この小説の始まりでした。

 

実際に執筆を始め、連載がスタートした直後、コロナウイルスによる災禍が世界を覆い、今、まだそのさなかにいます。渦中にあって、架空の町を舞台にしたこの小説を書きながら常に考えていたのは、自分たちの生きている社会の現実と確かに響きあう作品にしたいということでした。

 

いよいよ最終回です。ぜひお楽しみください。

カドブンノベルのサイトは→こちらです。

 

 

明日5月23日(土)13時からのTBSラジオ「久米宏 ラジオなんですけど」で、2018年4月に出演した時の、久米宏さんとの対談が再放送されます。

「日本社会とメディア」をテーマにした特別企画で、久米さんと、映画監督の森達也さん、作家の池澤夏樹さん、私の3人の対談で構成されているそうです。番組案内ページは→こちらです。

radikoでも聴けますので、お時間がございましたら、ぜひ。

 

電子小説誌「カドブンノベル」に連載中の『彼らは世界にはなればなれに立っている』、次回6月10日配信(7月号)は、「第3章 鳥打ち帽の葉巻屋が語る覗き穴と叛乱の物語」が掲載されます。〈始まりの町〉の物語もいよいよ佳境に入り、大きな事件が起こります。こちらもどうぞお楽しみに。カドブンノベルのサイトは→こちらです。

新型コロナウイルスによって、さまざまな困難を抱えている方が大勢いらっしゃる現在、できる範囲で互いを支えようという動きがあちこちで立ち上がっています。その中から、映画館と舞台に関わる2つのクラウドファンディングをお知らせしたいと思います。

 

ミニシアター・エイド(Mini-Theater AID)基金→こちら。(5月14日まで)

コロナ禍から芸術を守りたい“#SaveArts”プロジェクト→こちら

                                 (5月29日まで)

 

また、東京のミニシアター・アップリンクは、アップリンククラウドというオンライン映画館サイトを立ち上げ、2980円で3ヶ月間、60本以上の映画見放題の企画をスタートしています。→こちら

(GWの今なら、たくさん観られます!)

 

同様に、オンラインで新作映画を配信し、その興行収入を劇場と配給で分配する「仮設の映画館」という企画も、映画監督の想田和弘さんらの発案で始まっています。→こちら

 

昨年、観た『共犯者たち』も、『主戦場』も、『記者たち~衝撃と畏怖の真実』もすべてミニシアターで上映された映画でした。あまりに衝撃的だった『ゆきゆきて神軍』も、ローザスの『アクターランド』もミニシアターで観ました。配信はもちろん、まだビデオのレンタルも始まったばかりの若い頃、強く印象に残った映画は、それを観た映画館の風景とともに記憶されています。お芝居となると、それ以上に劇場の空気やテントの匂いなしに思い出すことはできません。かつてパルコ劇場で観た『タンゴ・冬の終わりに』の幕開けは、映画館の客席。大勢の若者が食い入るようにスクリーンを見つめ、一喜一憂する姿から始まりました。あの若者たちと同じように、私自身、映画館や劇場で一喜一憂し、闇の中でスクリーンや舞台を見つめながら、多くのことを知り、多くのものを得てきました。感謝を込めて、応援したいと思います。

 

映画館や舞台を応援したいと思ってくださる方がいらっしゃいましたら、ぜひ、それぞれのサイトを訪問してみてください。