不安探しをやめて生きる勇気を育む心理学〜命のちから心理セラピー講座〜インナーチャイルドセラピー

不安探しをやめて生きる勇気を育む心理学〜命のちから心理セラピー講座〜インナーチャイルドセラピー

東京のインナーチャイルドカード講座。カウンセリングで、自分の望む生き方にシフトするお手伝いをします。実践型心理セラピー講座、インナーチャイルドカード、カウンセリング力重視のセラピスト養成講座が人気。会社にしがみつかない女性の生き方実践提唱中♪

心のことで困った時に活用していただけるように

お悩み別に過去の記事をまとめました。

気になった記事を読んでみてくださいね。

 

 

まず、最初に読んで欲しい記事があります。

 

それは私のことですか?

 

このブログは、特定の誰かのことを書くことはありません。

読んでくださった方の役に立てばいいな、と思うことを書いています。

安心してお読みください。

 

それでは、テーマ別の記事一覧になります。

あなたのお悩みに合った記事をご覧になってください。

 

テーマ別記事一覧

 

人間関係で傷つきやすい時

 

   ■おススメ記事!

 

 人の言葉に傷つきやすいあなたへ


 人と意見が違うと心が波立つ人へ

 

 

 他にもコチラ↓からご覧ください。
 人間関係で傷つきやすい時

 

 

人間関係で悩んでいる時

 

   ■おススメ記事!

 

 大嫌いなまま大好きでいい

 

 

 他にもコチラ↓からご覧ください。

 人間関係で悩んでいる時

 

 

批判したくなる時

 

   ■おススメ記事!

 

 正しさという鎧

 

 

 他にもコチラ↓からご覧ください。

 批判したくなる時

 

 

イライラして苦しい時

 

   ■おススメ記事!

 

 イライラするのはなぜ?

 

 SNS にモヤモヤするときは

 

 

 他にもコチラ↓からご覧ください。

 イライラして苦しい時

 

 

癒しが進まない時

 

   ■おススメ記事!

 

 嫌いな人がいなくなるという誤解

 

 

 他にもコチラ↓からご覧ください。

 癒しが進まない時

 

 

自分を大切にするということ

 

   ■おススメ記事!

 

 しあわせはいつも

 

 「自分を愛する」ってどんなこと?

 

 

 他にもコチラ↓からご覧ください。

 自分を大切にするということ

 

 

優しくなりたい時

 

   ■おススメ記事!

 

 等身大になるということ

 

 

 他にもコチラ↓からご覧ください。

 優しくなりたい時

 

 

自信がない時

 

   ■おススメ記事!

 

 自信がなくてもやっていいと言われても・・・

 

 

 他にもコチラ↓からご覧ください。

 自信がない時

 

 

行動できない時

 

   ■おススメ記事!

 

 『決意する』ってどういうことですか?

 

 本当の私はどこにいますか?

 

 

 他にもコチラ↓からご覧ください。

 行動できない時

 

 

テーマ別にわけてはいませんが、

お悩みに沿った記事になります。 

 

■頑張れない時

 

 やりたいのにやる気が出ないときの対処法

 

 

■頑張りすぎて疲れた時

 

 登るのではなく降りる

 

 

■不安になった時

 

 不安に振り回されない方法

 

 

■自由になりたい時

 

 自由になりたいと願う時に知っておきたいこと

 

 

■自分を知りたい時

 

 人生の幸福感について考えてみた

 

 声高に叫ぶとき

 

 

■自分を表現できない時

 

 何を表現する自分でありたいのか

 

 嫌なお客様が来たらどうしよう?という不安

 

 

■自分を好きになれない時

 

 自分を好きとか嫌いとか

 

 

■自分の感覚がわかない時

 

 どうしたら自分の感覚を信頼できますか?

 

 

■ブログが書けない時

 

 ブログが書けない理由

 

 

■セラピストマインド

 

 私が心がけていること

 

 共感ってそういうことだと思うんだ

 

 

■講座を受ける時の心得

 

 脱!もったいないセミナーの受け方

 

 素直さと鵜呑みの違い

 

 

 

 

 

こんにちは、【不安探しをやめて生きる勇気を育てる心理学「命のちから心理セラピー講座」】主宰 心理療法家・講師のふるたてひろこです。

ある方との会話の中で感じたこと。

その方は1年に一度くらいしかお会いしないのだが、

気づけばその都度、贈り物をくださる。

何百円のお菓子とかよりはもう少し高価な、お花とか果物とか。

頂いたらもちろん嬉しいけれど、よく考えてみたら、そんな、毎度申し訳ないなあ、と思う気持ちも。

それで率直にその気持ちを口にした。
「ありがとうございます。でもそんな、いつも申し訳ないみたいです。」

そうしたらその方から返ってきた答えは意外なものだった。

「いや、だって。ふるたてさんは覚えてないかもしれないけれど、あの時私はとても助けてもらったんですよ。」

あの時って?

私にはそれが何を指しているのかわからない。

聞けば、それはもう11年も前のことだった。

それも私からしたら何も特別なことはしていない。
多分その場に一緒にいて、自然な流れでそれを何の気なしにしただけのこと。

でもきっと、それはその方にとっては特別なことだったのだ。

自分がこれまで何度も、嬉しく受け取った贈り物の秘密を初めて知って、私が思ったこと。

律儀なその方への尊敬と感謝。

そして、人はみんな、自分では知らず知らずのうちに人に影響を与えているんだろうな、ということ。

知らず知らずのうちに、誰かを傷つけているかもしれない。

知らず知らずのうちに、誰かを助けているかもしれない。

知らず知らずのうちに、互いに。

それが人と共に生きるということ。

それは自分のコントロールを超えている。

私が私としてただ生きているだけで、誰かに影響を与えている。

それが生きるということ。



今日も最後までお読みくださってありがとうございました。


こんにちは、【不安探しをやめて生きる勇気を育てる心理学「命のちから心理セラピー講座」】主宰 心理療法家・講師のふるたてひろこです。




昨年から始めた「命のちから心理セラピー講座」。


当初の私の予想を超えるたくさんの方々が、その1期、2期に参加して くださいました。2021年2月現在、3期、4期まで開講中です。


講座は二部構成になっています。

まずはベーシック(基礎)クラス全8回。その後にアドバンス(応用)クラス全8回。


この2月末で、1期、2期のベーシッククラスが終了します。


始まる前、8回はとても長丁場に思えました。でも、いざはじまってみると、それはかなりあっという間に感じられました。その感覚はご参加の方々にとっても近しいものがあるようです。


ベーシッククラスの目的は「自己理解と癒し」です。


でももし、「もっと簡単に一言で」と言われたら、私は


「自分を知ること」


と言い切ります。


なぜなら、自分を知れば、自然と癒されてしまうから。

私は「癒されていない状態」とは、「自分に対する理解が足りない状態」と考えています。


「いやいや、私は自分のことはよく知っている。だけど自分のことが嫌いです」


という人はいるかもしれませんね。


でもそれなら、多分「自分のことを知っているつもり」なだけで、自分を誤解しています。

きっと何かを見落としています。


私たちが「知っているつもりの自分」とは、


人からそう言われて来た自分だったり、


人から求められる姿を演じている自分だったり、


何かの目的のために偏った選択ばかりして来た自分だったり、


と、自然な自分ではない可能性が高いからです。


そして例外なく、「そんな今の自分にダメ出し」をしたり、「今とは違う理想の自分に今すぐ変身する」を望むことに必死で、


今の自分への理解を寄せようとすることはありません。


それが、「癒されない状態」です。

だって考えてもみてください。


「誰からも理解されない状態」って、切なくありませんか?


自分が自分に理解を寄せないのって、その状態なわけです。


それで自分に「癒されろ」というのは、無理な相談なんじゃないかなあ、と素朴に思います。

ベーシッククラスでは、徹底して、様々な角度から、いろんな方法で「今の自分を知る」ことに取り組みます。


そしてその背景にあるものを、理解する一歩を踏み出します。


ベーシックをあと1回残して、1期、2期の皆さまが今どうなっているか?というと・・・。



どなた様も、「自分を知る」ことが出来ています。


そして、その背景にあるものの理解へ踏み出されています。


もちろん理解がどこまで進んでいるか?には個人差があります。


それはそうです。出発点が皆違います。

・すでに別の手法で何年も自己理解に努めてきた人


・講座の前に私のセラピーを受けて、自分を理解する道に初めて足を踏み入れたばかりの人


・この講座が自己理解への初めの一歩の人


・自分を理解し、癒したいという意欲満々で来た人


・自分を見るのはすごく怖いし、見たくないけど、でももう今のままではいられない、と参加した人


・自分を理解する必要性は感じてないけど、セラピーの勉強をしたくて参加した人


などなど、様々です。


だから、もちろん、同じ8回を経ても、今立っている場所は当然同じではありません。


でも確かなことは、その人の状況に応じて、「自己理解が確かに深まっていること」なのです。


その変化を、ご自身の言葉で語ってくださる方々もいらっしゃいます。


・気持ちが楽になった


・初めて自分を見つけた気がする


・これまでずっと行動に移せなかったことが行動出来た


・自分の偏りグセに気づいた


・ずっと硬く、割れることのなかった自分の殻が、破れた気がする


・一度も踏み込んだことのない場所にやって来た気がする


・人生に希望を持とうという気持ちになった


などがそれです。


また、ご本人が語らなくても、私が明らかに感じる変化もあります。

それは「声」です。


私は元々「声」に敏感です。現在、視覚障害があることも多少は影響あるかもしれませんが、人の声にいろんな非言語の情報が乗っているのを感じます。


で、ご参加の方々の何人かは、講座が始まった頃とは顕著に声が違います。


具体的には、喉でなく腹に近いところから声が出るようになっている感じです。


これは自分ではなかなか自覚しづらいかもしれませんが、癒しの過程でよく起こることです。



「命のちから心理セラピー講座ベーシック」を通じて、ご参加の方々のこのような変化を、一緒に感じられたこと、私もとても嬉しいです。


ご参加くださり、取り組んで下さり、気づいてくださり、聞かせてくださり、ありがとうございます。

アドバンスでは更に、その先に進んでゆきます。

その方の今いる場所に応じたその先へ。

ある方々には、更に自己理解を深めることが先行して必要かもしれません。


ある方々には、癒しの先の新しい人生に向き合ってゆくことかもしれません。


いずれにせよ、共通しているのは、

これまでに理解した自分と癒しの基本姿勢を土台に、


自分の望むように人生を生きられるように、自分をアップデートすることです。



4月からのアドバンス(応用)コースでは、そこに向かってゆきます。


ご参加の皆さま、どうぞ楽しみになさっていてください。

私もとても楽しみです。



10年間のセラピスト活動で私がずっと思っていること、

それは、「癒しは通過点に過ぎない」ということ。

人は「傷を癒やすために生きている」のではなく、「自分の人生を創造的に生きるために生きている」のだ。

この10年間、その思いは変わっていません。

アドバンスでは「癒しを超えたその先へ」行きます。



その辺り、まだまだ語りたいことがたくさんあります。

長くなったので、また次の記事でお伝えしたいと思います。

「命のちから心理セラピー講座ベーシック」5期、6期募集開始しました。
よくある質問・講座詳細はこちら



今日も最後までお読みくださってありがとうございました。