ゴルフをアップデートする

ゴルフをアップデートする

非力で身長が低くて体重軽くて、運動音痴のアマチュアゴルファーが、ゴルフレッスンを受けながら、筋トレしてパワーアップして、飛距離アップとスコアアップ目指して頑張るブログです。ちなみに半月板損傷の疑いも出てきました(笑) 笑えません・・・

非力で身長が低くて体重軽くて、運動音痴のアマチュアゴルファーが、ゴルフレッスンを受けながら、筋トレしてパワーアップして、飛距離アップとスコアアップ目指して頑張るブログです。ちなみに半月板損傷の疑いも出てきました(笑) 笑えません・・・

お天気は微妙な曇天でしたが、娘ちゃんを連れてゴルフでした。
スイング動画を見ていたただくと判るのですが、こんな感じなので、色々と大変です。

 

スコアの方は、150くらい?





腰のところに、クマの縫いぐるみのポシェット?ボール入れみたいなのぶら下げてるし(笑)

これが、可愛いのかな~?

 

若くて可愛いのですが・・・いや、若いというだけで可愛く見えるというのが正解かもしれませんが。可愛いだけでは、なかなかゴルフの方はまとまってこないので・・・何といえばよいのか、けっこう疲れますね。


一日中、曇天で助かったかもしれない。
快晴だったら、本当に干からびるくらいに焼けちゃう

 

なんだか、このゴルフ場に来場してる人の中で、もっとも運動量が多いんじゃないかってくらいに、走らされたので、いつものラウンドよりも5倍くらい疲れました。
 

 

 

愛知県豊田市浄水町にあるカフェ、コーヒー ライクスに行ってきました。
豊田市といえば、トヨタ自動車の豊田市です。

 

 



コーヒー ライクス
愛知県豊田市浄水町伊保原248−2

この辺り、昔は何もなかったというか、かなり田舎というか、浄水駅がポツンとあるだけの街だったのですが、最近は急激に開発が進んでおり、駅周辺には高級マンションが立ち並んでいます。

ちなみに愛知県では名門ゴルフ場で知られてる三好カントリーとか、貞宝カントリー、南山カントリーも近かったりして、地価も高くなってるだろうなと思います。

ということで、カフェの方は、もともと雑貨屋さんがあった場所だったので、店内はナチュラルにお洒落で空間が広いです。
窮屈感がありませんので、良い感じです。

 



コーヒー ライクスでは、自家焙煎の珈琲が飲めます。それも、かなりのこだわりがあるみたいで、GIESEN(ギーセン)というオランダ製の焙煎機を使ってます。よく分かりませんが、焙煎をハーモニーなアートになるそうです。

 



外資系の大手コーヒーチェーン店よりは、明らかに美味しいですし、落ち着く空間です。カウンターにはコンセントも用意されてるので、スマホやパソコンの充電もできます。

 

また、行きたいな~

ゴルフしていて日焼けする場所といえば、頬の部分です。頬骨というか、頬の部分がもっとも日焼けします。頬の部分に日焼け止めクリームをたくさん塗るのですが、テープみたいに張るUVカットがあるみたいですね。


ということで調べてみたらありました。

 

紫外線防止日焼け止めテープゴルフパッチ

 

 

これですね。とても良さそうな商品なのですが、発送が海外、韓国となっており、「新型コロナウイルスの影響により海外発送商品の配送に遅延が発生しております」とのことで、ちょっと不安で注文できてません。



FILMOR(フィルモア)
そして、似たような商品って無いのかなって調べてみたら、ありました。

 

 

だけど、これは、直径が23ミリということで、かなり小さいです。これでは、日焼けを防ぐことは難しいです。しかも、めちゃくちゃ薄いみたいなので、張るときに失敗しそうな感じがします。

 


ということで、さらに色々と調べていたら、ありました



skinix(スキニックス) エアウォール

 

 

 

大きさは50ミリらしいです。50ミリ四方なのかどうかわかりません。
テープのサイズが判らないのは微妙ですね。

うーーーん、どれも微妙だけど

やっぱり、はじめに紹介した韓国のUVカットテープが良いのかな~

悩んでます

 

 

昨日、ゴルフを終えてから、蛍を見に行ったのですが、夕焼けと水田のコラボにより刹那の風景がひろがってました。
蛍よりも夕焼けの方が綺麗でした。

夕焼けを見るとトムとジェリーを思い出します(笑)
つまり子供の頃を思い出したりして、とても懐かしい気持ちになります。

土と水、そして夕焼け、夏の田舎、故郷とかを連想させてくれます。

 

夕焼けをみると故郷を思い出したり、子供の頃を思い出したり、昔を思い出させてくれたりして、疑似的に故郷に戻ってきたような錯覚になるから不思議ですよね。

サケも産卵を終えると故郷の川に戻るといいますし、ウミガメですら故郷に戻ります。
人間も同じように戻ろうとするのかもしれませんね。
 

 

 

グリーンヒル瑞浪ゴルフ倶楽部にて、のんびり社長ゴルフでした。

スタート時間が遅いので、終わるのも遅いし、長丁場で疲れます。

私、意外全員喫煙者という社会の流れとは全く逆風で、やること全てがアゲンストな社長たちです。

 

ゴルフの結果は以下の通りです。

 

 

以前もグリーンヒル瑞浪ゴルフ倶楽部でラウンドしたのですが、同じスコアだった記憶があります。とにかくグリーンが速いし、アンジュレーション効いてるし、速いし、とても難しいです。

 

写真の人物は私ではありません。

 

 

やっぱり長時間だと疲れますね。いつもスルーで、さっさと終わるので、あまり疲労が無いのですが、前半2時間半、後半3時間、休憩を入れるとトータルで7時間くらいの拘束となるので、疲れますね。


ダラダラ、イライラして、90切れずに普通の社長接待ゴルフみたいになりました。

 

こちらのゴルフ場は、ネーミング通りでグリーンが難しいです。アンジュレーションが効いてるグリーンが多くて、かなり手こずります。殆どグリーンでやられました。それほど距離が長い感じではないのですが、カップインできずに悩まされました。

 



今回は、少し古いモデルのドライバーですが、M6 D-TYPE ドライバーのロフト角10.5度、ロフト角12度を試しました。ロフト角12度の方が、高弾道で低スピンな棒球が打てて、飛ばせてました。あとはシャフトを組み合わせを考えれば、もう少し飛ばせるのかもしれません。

というよりも、今日はパターが悪すぎました。
というか、ここのゴルフ場はグリーンが難しすぎます。

また、がんばります

 

 

 

 

スーパースピードゴルフで速く振れるようになってきたので軽いドライバー無いかな~と探してたところ、もともと所有してたM6 D-TYPE ドライバーがありました。これが、まーまー軽いです。

 

 



ただ、このM6 D-TYPE ドライバーは、SLK5という短尺用のシャフトが装着されており、シャフトが短めであまりヘッドスピードが速くならないんです。

もう少し長めのシャフトがの方が速く振れそうです。となると、市販されてるドライバーの長さが45.75インチというのは、それなりに飛ばせる長さなのかもしれないと思いました。なんとなく微妙に PING G425 MAX ドライバーよりも、M6 D-TYPE ドライバーの方が飛ばせてる気がします。これは、きっと、スピン量が少ないので、ドロップするかしないかギリギリな感じの棒球で飛ばせるからなのかもしれません。

PING G425 MAX ドライバーは、コースで使ったときには、打ったボールを見にいくと、フェアウェイにボールが落下した跡があり、そこから少し後ろにボールが置かれてる場合があります。スピン量が多くて、ボールが戻るんだと思います。これでは飛ばせないですね。

やっぱりボールは前に転がってほしいですから。

その点、M6 D-TYPE ドライバーはスピン量が少ないのでボールが前に転がってくれてることが多いです。実際、ゴルフ場で打ち比べてみないとなんとも言えませんが。

最近、いろいろと試したり、調べたりしてるなかでは、軽くて、長くて、適度に撓るシャフトが良いみたいですね。ヘッドはウェイトとか取ったりして、重心を浅しくして、軽いのが良いみたいですね。

それか、ヘッドスピード速くするためにシャフトを長くすると、ヘッドが効いてくるので、ウェイトを外す?

また、新しいの買ったりすると、悶々として悩んでしまうので、とりあえず手持ちのクラブで試してみながら、飛ばせるシャフトとヘッドの組み合わせを考えていこうと思います。

軽量ドライバー探し中ということで、タイトリスト TSi1 ドライバー また打ってみました。

 



以前にもTSi1ドライバーを打たせてもらったのですが、もういちど打たせてもらいました。というのも、以前のドラコンプロの安楽さんに影響を受けましたので、軽くて速く振れるドライバーの方が良いのかな~とか思いながら、軽量ドライバーを使おうかと考えてました。

TSi1ドライバーは、軽くて、振りやすいし、弾くし、良いんじゃないかなと思ってます。

 

 


というのも、スーパースピードゴルフを使って速く振る練習をしてると、軽いスティックの方が速く振れます。当たり前のことながら、軽いから速く振れるわけなので、ドライバーも軽くしたら、速く振れるんじゃないのかなという安易な考えです。

ただ、実際のゴルフクラブになると、軽い=柔らかい(トルク大)となり、シャフトの撓りが大きくなってしまって、スイングエネルギーが吸収されてしまうような気がします。

となると、軽くて硬いシャフト(カルカタ)が良いのかなと思ったりします。

 



タイトリスト TSi1 ドライバーに装着されていたシャフトが、オリジナルの TSP013 45 (フレックスR)です。トルクが6.0と大きいのですが、もともとヘッドが軽いので、めちゃくちゃ撓る感じではありません。といっても、今使ってるシャフトと比較すると、ドライバーヘッドがグラグラ動く感じがして違和感があるのは事実ですが。

TSi1ドライバーも良いけど、他のドライバーを模索していたら、タイトリスト TS1 ドライバー AirSpeeder 装着というのがありました。
AirSpeederのフレックスSRで、シャフト重さ45グラム、トルク4.8 総重量270グラムという超軽量ドライバーです。

これは、良さそうですね。

でも、ゼクシオよりも軽いですね~
というよりも、AirSpeeder 装着というのは、レディース用なのかも?

また、直ぐに買っちゃうといけないので、あまり考えないようにします(笑)

 

 

 

 

 

ウッドフレンズ森林公園ゴルフ場にてラウンドでした。
結果は、以下の通りで、やっと90切れました!

 

 

使用ドライバーは、PING G425 MAX です。

キャップ、ウェアは、ルコックです。

シューズは、キャロウェイです。

いつも、最終ホールで大叩きして、なかなか90切れなかったことが多かったのですが、やっと90切れました。
かなり嬉しいです!目標達成です! そろそろ森林公園の競技に参加しようかと考えてます。

しかし、今回はバーディ2個もとっておきながらハーフ46とか、ちょっとヤバイですね。
バーディ2個だったら、スコア84とか、86くらいにしたかったですね。

やってることは、いつも同じなんですけどね、気持ちの微妙な揺れ動きがスコアを左右させてるのかもしれません。今回は、いつもよりもバンカーにつかまる回数が多かったですね。バンカーに入らなかったら、もっとスコアが良かったかもしれない?と考えるとそうでもなかったりします。

天気良いし、風もないし、グリーンも良い状態でした。

 

 

大先輩のティーショット

あいかわらず、ボール叩けてるな~と思います



私のティーショット

 

飛んでる感じではありませんが、安定したスライスでフェアウェイキープできてました。本当は、もっと飛ばしたいんですけどね~

実際にラウンドで感じることは、スライスボールは飛ばないということですね。飛ばそうとしてなくても、低スピンなボールが打てるドライバーの方がランが出てトータル飛距離は出る気がします。

 

今回、お姉さまと一緒だったのですが、不調だったらしく、ブーブー言いながらラウンドしてました

 

 

また、がんばります

 

 

 

 

 

 

 

ルコックの帽子ですが、代替品が届いたのですが、やっぱりというか、思った通りというか、今現在手元にある黒帽子と同じプラスチックの留め具が使用されてました。

これだとベルトがキツイ!
だけど、ベルトの長さ調整が全くできないわけではないので、これで納得するしか、仕方が無いですよね

したがって、黒色帽子には、小さめのプラスチックの留め具が使用されてるということになりますね。
白色帽子とは異なる形状の留め具です。



 

スムーズにベルト調整できる白帽子

力を入れずにスムーズにベルト長さ調整ができます。

別に緩いわけでもなく、緩んでくる感じでもないです。




ベルト調整できない黒帽子(返品交換予定)

動かない!指先が疲れます。そもそもレディース用の帽子なので、女性がこれを行うのは無理だと思う。




今回届いた代替品

今回届いた代替品ですが、やっぱりキツイし固い!だけど、一応ベルト長さ調整ができます。

これで、納得するしかないですね。

 

別に文句言うとか騒ぐつもりはないですが、こんなことがありましたっていう備忘録。

 

アマゾンで買うときにレビューが無かったんですよね、それがちょっと不安だったんですけど。レビューある商品の方が安心できますね。レビューの大切さを感じました。

 

アマゾンで注文すれば明日には品物が届くという便利な世の中になりましたが、手元に届くスピードと便利さだけが重要されていて、ちょっとした不具合があってもダンマリなのかな? 他の人とかも使えれば良いかって感じなのかな? とか思ったりしました。

 

ちょっと勉強になりました!

 

 

 

 

 

 

ゴルフ場では、練習場のようにノンストレスで振れるわけじゃないです。

 

緊張しながらも、良いところにボールを置きたいなと考えながら打つことが多いです。そういったときに、どんな打ち方をしてるのか、打ち方が変わってるのかなどを自分なりに自分のスイングを分析していた結果、腕主体のスイングになってる、腕だけで打ってるということが多かったです。

腕主体で打つことが悪いとかではなくて、現場で(ゴルフ場で)どんな打ち方になってるのかを知ることも大切かなと考えて分析してます。


 

腕主体のスイング

 

たくさん練習していても、ゴルフ場では、自分が打ちやすいスイングで打ってしまいます。
ありがちなのが、腕主体になってしまうスイング。あおり打ちと言うのでしょうか。

身体の捻じれのパワーを使う感じではないので、楽なスイングと言えるかもしれません。
楽な方を選ぶとやっぱり飛ばせないし、ミスしやすいなとは思います。

腕力に頼って振ってるので、カット軌道で入ってきて、ボールが捕まって、やや左方向に飛んでいきます。チーピンになりやすいかもしれません。でも、意外と転がってくれてることが多かったりもします。

腕主体のスイングでも狙ったところにボールを置ければ、それで良いのではないだろうかと考えてます。



下半身主体のスイング

 

下半身主体というか、上半身よりも下半身が使えてるスイングと言った方が良いかもしれませんね。下半身の動きに上半身、腕、ゴルフクラブがついてくる感じなので、自然とフィニッシュがとれます。無駄な力が入ってないので全体的にスムーズな動作です。といっても、やっぱり硬いな~、どうしてもボールを直接打とうとしてるので、合わせてる感じ。

スーパースピードゴルフの成果が出てきてるのか、速く振れるようになってきてるので、そこそこ飛ばせてます。

 

ぶっちゃけ、自分くらいのヘッドスピードと飛距離で、ボールを置きにいくというのが間違いなのかもしれません。
もともと飛ぶ人が置きにいくなら分かるのですが。

飛ばないのに置きにいくって、どんだけビビってるだと思われるかもしれません。

また、がんばります!