黒留袖、結婚式にお勧めなべっ甲かんざし|べっ甲夫婦鶴老松金蒔絵かんざし2018|吉兆、繁栄、長寿 | べっ甲かんざし・髪飾り・和装小物の専門店|銀座かなめ屋・三代目のブログ
2018年09月10日

黒留袖、結婚式にお勧めなべっ甲かんざし|べっ甲夫婦鶴老松金蒔絵かんざし2018|吉兆、繁栄、長寿

テーマ:├★べっ甲簪 (金蒔絵/螺鈿)

本日は先月ご紹介しましたべっ甲飛鶴老松金蒔絵かんざし2018の第二弾、べっ甲夫婦鶴老松金蒔絵かんざし2018のご紹介です。

 

お子様の結婚式などで黒留袖(既婚女性の第一礼装)をお召しのお母様特におすすめなべっ甲かんざしですが、ご親族の方、また厳かな式典や特別な「ハレの日」などに、留袖や格のある古典柄の訪問着(準礼装)でご参列される場合などにもおすすめです。

 

 




 

」(金蒔絵)、「」(べっ甲)、「」(うら側の老松の金蒔絵)、「末広がり(八の字)」(末広がりに描かれた夫婦鶴とうら面の老松)と、日本古来より”おめでたい”とされているものを1本のかんざしに凝縮した、大変贅沢な礼装用のべっ甲かんざしです。

 

こちらも2014年に銀座かなめ屋80周年記念として10種制作させて頂いたかんざしの内2種を基に、蒔絵を泉元紫紅(しこう)さんに依頼し、新たに制作したものです。

 

 




 

 

2種の違いは上のお写真をご覧頂ければお分かりの通り、峰の高さ(幅)の違いになります。それでは早速、最初のお写真の左側(幅広の峰)から順にご紹介させて頂きます。

 

 


























 


かんざしの裏側には、蒔絵師の落款と、繁栄、長寿の意味を表す老松が描かれております。(2種共通)

 

老松(おいまつ)は長い年月を経た松の木の事で、人物や組織の末永い繁栄を祈念する象徴として親しまれています。 さらに表側の鶴の羽ばたく姿、老松とも”末広がり”(八の字)に描き、末永い繁栄を表しています。

 

 












・べっ甲夫婦鶴老松金蒔絵かんざし【abkbf180910-1】¥148,000+税

(蒔絵:泉元紫紅。大きさ:約縦138㎜、横58㎜、厚み4㎜~3㎜)

 






次に、右側のかんざしです。かんざしの横幅はほぼ同じですが、全長が約1.5cm程短くなります。

 




































・べっ甲夫婦鶴老松金蒔絵かんざし【abkbf180910-2】¥143,000+税

(蒔絵:泉元紫紅。大きさ:約縦122㎜、横58㎜、厚み4㎜~3㎜)

 

 

 

1本1本、べっ甲職人、そして蒔絵師が丹精込めて制作しております。お目に留まりましたらどうぞお早めにお問合せ、ご来店ください。

 

 

どのようなかんざしがおすすめか分からないことなど御座いましたら、どうぞお気軽にご来店の上ご相談ください。色々とお話を伺いながら、ご予算を含め、常時取り揃えております数百種類の中から最もふさわしいかんざしをお勧めさせて頂きます。

 

 

 

▼先月ご紹介させて頂きました”飛鶴”のかんざしは、ご紹介からあまり日が経っていないにも拘らず、嬉しいことにすでに完売品が出ております。(一部追加制作中。お問い合わせください。)



https://ameblo.jp/ginza-kanameya/entry-12398523308.html

 

 

かんざしの装飾にもよりますが、シンプルなべっ甲かんざしを1本制作するのにおよそ1~2か月、形状や彫りなど比較的シンプルな装飾が入ると、3か月程度。そして本日のような螺鈿や金蒔絵の装飾が入ったものになると、半年近く掛かるものも御座います。

 

 

 

には古来より吉兆に関連した様々な言い伝え、俗信が御座います。
鶴は千年」、「長寿を象徴する吉祥の鳥」。夫婦仲が大変よく一生を連れ添うことから「夫婦鶴(めおとづる)」、「仲良きことの象徴」。鳴き声が共鳴して遠方まで届くことから「天に届く(天上界に通ずる鳥)」。鳥類で唯一、ヒマラヤ山脈を飛び越せる能力があることから霊鳥とさたり、また日本各地にも「鶴が降りると降りたところに慶事のある知らせ」、「鶴が舞ってきたときは縁起がよい」などと一般民衆の間でも「めでたい鳥」として尊ばれています。また、「千羽鶴」も「鶴は千年」の言い伝えからきている習慣とも言われています。

にも鶴同様、「亀は万年」の言葉通り、様々な良き言い伝え、俗信が御座います。
浦島太郎の話では龍宮城の使いとされていますが、古い中国では仙人が住む不老長寿の地として信じられた逢莱山の使いとされ、「長寿を象徴する吉祥の動物」とされ、大変めでたい生きものとされています。また、甲羅の六角形は吉兆を表す図形ともされています。さらに、インドやギリシャでは、亀はその硬い甲羅を持つことから、世界を支えているという伝説があり、不動のものの象徴ともされているようです。

 

 

 

 

 

 

▼「白べっ甲鶴麻の葉彫り簪|鶴は千年、亀は万年、吉祥の鶴と亀と麻の葉のおめでたい簪。留袖、結婚式に」ブログ2018年01月05日号

 

11IMG_7709

https://ameblo.jp/ginza-kanameya/day-20180105.html

 

 

▼「べっ甲夫婦鶴富士山螺鈿金蒔絵かんざし2018・2種|黒留袖、結婚式にお勧めなお目出度いかんざし」ブログ2018年01月12日号

 

15IMG_844314IMG_8427

https://ameblo.jp/ginza-kanameya/day-20180112.html

 

 

▼「べっ甲飛鶴老松金蒔絵かんざし。吉兆、繁栄、長寿、御目出度い礼装用のかんざし。黒留袖、結婚式。」ブログ2014年07月10日号【完売】

 

https://ameblo.jp/ginza-kanameya/day-20140710.html

 

 

 

 

 

 

鶴は千年、亀は万年古来より縁起物として、広く祝事に尊ばれてきたべっ甲

一生に一度の晴れの舞台、結婚式などに出席される新郎新婦のお母様ご親族の方、またご列席されるお客様も、是非べっ甲のかんざしをお勧め致します。べっ甲であれば、大切に保存して頂ければ、一生持ちますし、べっ甲職人が磨けば、ほぼご購入当時のべっ甲本来の輝き、美しさが何度でも蘇ります。また万が一、足などが折れてしまっても修復が可能です。そういった意味からも、べっ甲は次の世代へも受け継いで頂ける素晴らしいかんざしです。

 

 

 

 

※天然素材(べっ甲、象牙、珊瑚、真珠等)、貴金属(金、銀、プラチナ等)を用いた手作り品は、製作時に使用する材料費、工賃等により価格が変動する場合が御座います。また、ひとつひとつ大きさや形状、装飾などが若干変わる場合が御座います。予めご了承ください。

 

 

トップページへ戻る最新情報は、ブログトップページをご覧ください。

 

かんざし・帯留商品一覧|サイトマップ商品検索にご活用ください。

 

和装小物商品一覧|サイトマップ商品検索にご活用ください。

 

ブログ内画像一覧月別に各記事のトップ画像が一覧できます。

 

本日はお立ち寄り頂き有難う御座います。またのお越しを心よりお待ちしております。

 

 

 

▼こちらも併せてご覧ください。

 

 

 

 

 

読者登録してね

銀座かなめ屋・三代目のブログの更新情報が届きます。(承認制)

 

 

にほんブログ村 ファッションブログ 和装小物へ
にほんブログ村

★日本ブログ村【和装小物】ランキングに参加中!
上記バナーをクリックして応援して頂けると励みになります。

 

 

かなめ屋お問い合わせフォーム

 

銀座かなめ屋・三代目さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

コメント

[コメントする]

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス