■べっ甲螺鈿金蒔絵櫛|櫛止め|今では大変希少な日本の伝統的工芸品、古典的なかんざしと補助金具。 | べっ甲かんざし・髪飾り・和装小物の専門店|銀座かなめ屋・三代目のブログ
2017年03月30日

■べっ甲螺鈿金蒔絵櫛|櫛止め|今では大変希少な日本の伝統的工芸品、古典的なかんざしと補助金具。

テーマ:├◆べっ甲櫛・ローマ留め・バレッタ

昨日ご紹介しました古典的なかんざしの一つ「平打ち」の記事が、思いのほか好評の様でしたので、本日も引き続き、今ではほとんど制作もされなくなった日本髪用の櫛をご紹介させて頂きます。

 




 

制作されなくなったと言え、今でも決して作れない訳ではないと思うのですが。やはり需要と供給の問題で、お挿しになる方、お求めになる方が少なくなるにつれ、べっ甲製の櫛を専門に制作していた腕利きのべっ甲職人も今ではほぼ絶えてしまいました。

 

4,50年前ぐらい前かなぁ、まだその頃は成人式でも日本髪を結う方が結構いらっしゃったと思いますが、髪型の変化や価値観、ファッション、トレンドなどの変化により、自ずとお挿しになるかんざしの形状も種類も変わってきています。さて、50年後のかんざしはどうなっているのでしょうか?もしかすると、回りまわって古典的なかんざしが復活しているかもしれませんね。もしくは、かんざしを挿すという習慣自体が無くなっているか...。

 

さて、お話を戻して、本日ご紹介すような大変見事な蒔絵装飾のあるような櫛や、すべて白べっ甲で制作した白無垢姿の花嫁さん芸妓さんがお挿しになるような特上クラスの総白べっ甲櫛の新たな制作は、近年ほとんど聞きません。ある意味、江戸時代から続く日本の素晴らしい伝統工芸の終焉ですね。本日ご紹介致します櫛も、かなり昔に製作されたものになります。螺鈿金蒔絵は、かつて東京の三大蒔絵師のひとりと謳われた広山氏(故人)によるものです。同時期頃に活躍された光山氏(故人)の作品です。【訂正】2018.2.

 

 

螺鈿金蒔絵は、かつて東京の三大蒔絵師のひとりと謳われた広山氏(故人)によるものです。同時期頃に活躍された光山氏(故人)の作品です。【訂正】2018.2.

↓↓↓

螺鈿金蒔絵は、光山(こうざん/ご存命)氏によるものです。光山氏は、かつて東京の三大蒔絵師のひとりと謳われた武山(ぶざん/故人)氏の弟子(実子)で、同じく東京の三大蒔絵師のひとりと謳われた同門の広山(こうざん/故人)氏の兄弟子になります。【訂正】2018.4.

 

※過日、武山氏のご子息で、光山氏の実弟様より直接ご連絡を頂戴いたしました。また光山氏はご存命ですが、近年は作品作りから遠ざかっているとのことです。こちらにて訂正してお詫び申し上げます。(銀座かなめ屋・三代目店主)

 

 













 

 

 

 




 

螺鈿は、ご覧になる角度光の当たり具合により、まぶしいくらいの輝きを発したり、またその逆にほとんど光を発せず金蒔絵と下絵の朱色のみが姿を現したりします。これは螺鈿金蒔絵職人が、貝一片一片の色合い、またその置く角度などを緻密に計算して制作した賜物です。髪に挿したときに一番美しい姿、輝きを見せます。








































べっ甲牡丹文様螺鈿金蒔絵櫛【abkbf170330-1¥286,000+税 【完売】

(螺鈿金蒔絵:光山、大きさ:約縦58㎜、横108㎜)


そして、櫛の需要と共に今ではほとんど店頭で見掛けることの無くなってしまった、櫛の補助金具「櫛止め」(¥1,500+税/各)も、かなめ屋では取り扱っております。詳しくはまた次回ご紹介させて頂きます。














 

 

 

 

※天然素材(べっ甲、象牙、珊瑚、真珠等)、貴金属(金、銀、プラチナ等)を用いた手作り品は、製作時に使用する材料費、工賃等により価格が変動する場合が御座います。また、ひとつひとつ大きさや形状、装飾などが若干変わる場合が御座います。予めご了承ください。

 

 

トップページへ戻る最新情報は、ブログトップページをご覧ください。

 

かんざし・帯留商品一覧|サイトマップ商品検索にご活用ください。

 

和装小物商品一覧|サイトマップ商品検索にご活用ください。

 

ブログ内画像一覧月別に各記事のトップ画像が一覧できます。

 

本日はお立ち寄り頂き有難う御座います。またのお越しを心よりお待ちしております。

 

 

 

▼こちらも併せてご覧ください。

 

 

 

 

 

読者登録してね

銀座かなめ屋・三代目のブログの更新情報が届きます。(承認制)

 

 

にほんブログ村 ファッションブログ 和装小物へ
にほんブログ村

★日本ブログ村【和装小物】ランキングに参加中!
上記バナーをクリックして応援して頂けると励みになります。

 

 

かなめ屋お問い合わせフォーム

 

 

銀座かなめ屋・三代目さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

コメント

[コメントする]

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス