*******************************

「ねこぜの東京⇔青森」は…

青森大好きアオモラーの「ねこぜ」が、月イチで青森を旅して、
地味にすてきな青森の魅力をお伝えするブログです。

ブタネコはじめての人はこちらを。
*******************************


先日、青森県立美術館で現在開催中の
企画展「ラブラブショー2」にいってきました。
 
 

今回も、とびない旅館の飛内源一郎さんと、ぬまりさんと3人で。

前回は生卵を持ってきた飛内さんが、
今回はまるごしで来たのでホッとしました。
 
でも、ひさしぶりに県美にくるからと、はりきってモデルガンを持ってこようと思ってたらしく、おいおい…と思いましたが、

まあ、持ってても全然おかしくないような、男臭い展示でしたよ。
 

※飛内さんがモデルガンを持ってこようとしたのは、県美でよくお仕事していて理解ある学芸員さんがいるからのようです。飛内さんと県美の関わりは、この記事の最後のリンクをご覧ください。
 
 

ここに来る前に、青森駅前のA-FACTORYによって、
 

ランチにガレット食べてきました。

↓ぬまさんのツイート



そのときに気づいたんですが、
 
 

メニューを見つめる飛内さんのメガネが…!
 
本人はオリジナルフレームと言っていたけど、「CAUTION(注意)」と書かれたテープ、レンズに度数のシールがべったり貼られていたカスタムメガネだった。
 
 
だから、美術館についても、CAUTION野郎のままなので怪しすぎてしかたないじゃないか。 
まあ…細かいことを気にするのはやめよう。
 
今回のラブラブショー2は、ほとんどが撮影OK。
 
この絵のライフルは「AK47」だけど、今は「AK74」が主流らしい。なんでAKを持っているのか、監視員さんに質問する飛内さん。
 
そのほかにも、
 
この作品をみて、むつ市で妖怪ごみ袋つくろうとしたときの話で熱くなったり…
  
空気を入れている作品をぷにぷに触って、監視さんに叱られ、「これが羽毛布団だったらいいなーとおもって。ね?ね?そしたら楽しいと思わない?」と逆に攻めてみたり。
 
 
プラモのパーツだけでできた仏像をみて、
「このパーツがあれだったらもっとメッセージ性が強くなったのに…」と悲しげになったり…
 
 
車窓を再現した作品の前で
「この作品のまえで駅弁食べよう」と盛り上がったり。


展示作家さんがいたのでつかまえて、
とびない旅館にいざなったり…


相変わらず忙しそうだったので、
ちょっと休憩。
 
 

そしたら…!


 

もう、展示をみにきたのか、飛内さんをみにきたのかわからなくなってきたけど、いつもどおりの強引な展示と、強引な飛内さんの解釈がおもしろかった。


展示は7月2日(日)まで!

ぜひ展示をみて、飛内さんの誤字脱字だかけの暗号ブログを解読してください!!

 

 飛内さんの感想ブログ

ラブラブ省 /らぶらぶしょーー、2 | わたしのブログ by ゲンゲン44 - 楽天ブログ


飛内さんと一緒に行った県美の展覧会の記事
■工藤哲巳展
■箱男展
■日本の民家展

■成田亨展

 

飛内さんが今まで県美でやったお仕事

 


☆青森県立美術館 企画展「ラブラブショー2」
期間:2017年4月28日(金)- 7月2日(日)

休館日:6月12日(月)、6月26日(月)

開館時間:6月1日 – 7月2日 9:00 – 18:00(入館は17:30まで)

料金:一般1,300円(1,100円)、高大生800円(600円)、小中学生無料


 


 

 =================================


月イチ青森 ねこぜ

 Twitter /  Facebook やってます。

よろしければご登録ください!



1日1回ポチッとお願いいたします。
 
にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 青森県情報へ
にほんブログ村
 

人気ブログランキング
 
=================================

 

AD

コメント(2)