慢性的な肩甲骨~背中の痛み-コリと整体治療 | 【大阪】 整体師養成校 ジャパン・ヘルスサイエンス専門学院                      JHSC整体治療室 = 公式ブログ

【大阪】 整体師養成校 ジャパン・ヘルスサイエンス専門学院                      JHSC整体治療室 = 公式ブログ

●当院は「整体治療」と、「2年制整体学校」を運営しています。
●各疾患・症状に対しての研究-治療成果、患者さんとのエピソード、コラムなどを掲載しています。
●当院での治療(左下欄参照)、又は学院への入学希望の方は専用メールか06-6180-6880までお電話下さい。


テーマ:

慢性的な肩甲骨~背中の痛み-コリと整体治療
患者Mさん=41才-女性の症例

 

① Mさんの病歴・・・
患者Mさんは、右の肩甲骨内側に慢性的な痛み-コリがあるそうです。10年以上前から軽度の痛みはあったそうですが、3年前から痛みとコリは徐々に悪化してきているそうです。マッサージをしてもその時だけで、すぐに痛みとコリ感を感じるそうです。マッサージ以外では、整体やカイロプラクテイック、鍼灸や漢方も試されてきたそうです。

 

② Mさんの診察
・右背中の第4胸椎の高さから第9胸椎の高さにかけて縦長に痛むそうです。同部の背筋は著明な緊張と圧痛がありました。特段の胸腰椎のサブラクセーションはありませんでした。
・顔や足のむくみは無く、気管は正中にありました。
・咳や痰、呼吸困難、喘息などはありませんでした。
・顔色は色白でしたが血管腫、黄色腫、酒さびなどはありませんでした。眼瞼の蒼白や黄染などもありませんでした。
・胸部聴診上、呼吸音や血管音・心音に異常はありませんでした。
・胸部打診上、全般的に清音が聴取出来ました。
・胸部触診上、胸骨右縁と左縁(R3,4,5)に著明な緊張と圧痛がありました。
・腹部聴診上、血管雑音はありませんでした。グル音は弱く聴取出来ました。
・腹部触診上、腫瘤感、抵抗感はありませんでした。肝脾腫や胆嚢の腫脹などはありませんでしたが、肝叩打痛はありました。右季肋部下の皮膚が「ピン」と緊張して張っていましたので肝臓の触知は難しかったですが、肝辺縁は鋭・平滑・軟で圧痛はありませんでした。
・乳房に腫瘤感や陥没・発赤などは無いそうです。咳や痰もないそうです。
・以前の飲酒量は多かったそうですが、2-3年程前から飲酒をしていないそうです。その頃、脂肪肝の指摘を受けたことがあるそうです。喫煙歴は元々無いそうです。

 

③ 治療目標と整体治療
     ⑴ 肝臓被膜の癒着と緊張の解放
     ⑵ 横隔膜~心膜の緊張解放

・肝臓被膜解放テクニック
・横隔膜解放テクニック
・心膜解放テクニック

 

④ 経過と結果・・・
・初診治療直後、肩甲骨~背中の痛み-コリ感はほとんどなくなり、スッキリとした清涼感を感じたそうです。

 

⑤  今回の症例の概説、、、
・今回のMさんの右肩甲骨から背中の痛み-コリ感の主因は、肝臓を包んでいる漿膜(腹膜)の横隔膜下面や肋骨内側への癒着(?)ではないか、と考えました。それが横隔膜下面の筋膜を通じて胸腔まで伝播し、心膜の緊張まで至っているのでは、そしてそれらが肩甲骨から背中の痛み-コリ感の原因では、と考えました。


・Mさんは今まで様々な治療を受けていたにもかかわらず、そのほとんどに効果が無かったところから、その肩甲骨~背中痛の原因は、一般的な原因(例-脊椎の側彎・サブラクセーション、猫背などの不良姿勢による筋肉疲労、他)では無いのでは、と考えざるをえませんでした。また、上記Mさんの診察所見から肝炎や心臓疾患などの可能性は低いと思われます。そこで冒頭の様な推定をし、それに関係する情報を確認したところ、(おそらく飲酒過多による)脂肪肝の既往がある事が分かりました。


・脂肪肝は肝臓が「おデブさん」の様に膨張しますから、その膨張傾向にある肝臓周囲の被膜が横隔膜下面や肋骨内側に押し付けられて癒着しやすい状況になる事は、容易に想像できます。Mさんは断酒により脂肪肝を自ら完治させる事に成功し、膨張した肝臓を元の大きさに小さくする事が出来たと思われます。しかしその癒着を解放するまではいかなかった、それが残存し慢性的な右肩甲骨から背中の痛み-コリ感の主因になっていったのでは、と考えられます。


・また、別の側面から考えると、一般的に女性は「腹腔に逆流した月経血」や「膣-子宮-卵管から腹腔内に上行してきたSTD」の影響により、肝周囲炎を起こしやすいことが知られています。その事も、今回の肝臓被膜の癒着の一因となっているかもしれません。


・どちらにしても、これら「肝被膜~横隔膜~心膜~肋骨内側」の癒着を解放する整体テクニックを第一選択肢として施術する事に、迷いはありませんでした。結果的に一度の施術でもMさんは「肩甲骨~背中の痛み-コリ感はほとんどなくなり、スッキリとした清涼感を感じたので、上記推定は「中らずと雖も遠からず」だと思います。

 

 

● 治療のお問い合わせは下記まで

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

付属治療室

JHSC整体治療室

●診療時間 【予約制】
 ・午前診…10時~13時
 ・午後診…15時~18時

●診療日
 ・月曜日~金曜日
 (水曜日=午前診のみ)
 ・第2土曜日、第4土曜日=午前診のみ

●休診日
 ・第1土曜日、第3土曜日、日曜日、祝日

●治療費
 ・初 診 7,500円
 ・2回目以降  5,000円
●住所 大阪市都島区善源寺町1-5-43 アイムワンビル2F

      地下鉄谷町線都島駅 4番出口徒歩2分
●電話 06-6180-6880 
●メールでのご相談・治療予約はこちら まで



※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

 

 

 

● 本学院-入学のお問い合わせは下記まで

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

2年制整体学校

ジャパン・ヘルスサイエンス専門学院


次の二つのコースからどちらかを選んで入学して頂けます。

1 本科2年課程 (一般の方が入学するコース)
2 プロコース (鍼灸師、理学療法士などのプロの方が入学かるコース)

基礎医学科目は「動画配信による通信授業 」が出来る様になりました(勿論通学受講もOK)。

 

●住所 大阪市都島区善源寺町1-5-43 アイムワンビル2F
      地下鉄谷町線都島駅 4番出口徒歩2分
●電話  06-6180-6880
●メールでのご相談資料請求体験入学 受付中


※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

 

患者さんが通院される主な地域
大阪市、淀川区、東淀川区、西淀川区、大淀区、福島区、中央区、北区、旭区、都島区、此花区、大正区、東成区、城東区、住吉区、住之江区、平野区、守口市、門真市、寝屋川市、交野市、枚方市、東大阪市、大東市、八尾市、四条畷市、藤井寺市、柏原市、吹田市、豊中市、摂津市、茨木市、高槻市、箕面市、池田市、川西市、尼崎市、西宮市、芦屋市、神戸市、堺市、岸和田市、和泉市、泉佐野市、奈良市、生駒市、京都市、向日市、長岡京市

 

gie-gieさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス