龍心学 Kaito
  • 04Jul
    • 龍神シリーズ Vol52  夜明珠の画像

      龍神シリーズ Vol52 夜明珠

      龍神シリーズ Vol52 【夜明珠】☆夜明珠からのメッセージ 希望を持ちましょう。あなたの願いは叶うとメッセージが来ています。困難な状況にあっても、あきらめず真っ直ぐ前を見みつめ進んでいけば、その先には必ず明るい光が見え、良い方向へ導いてくれます。自分本位にならないことが大切です。☆夜明珠について①夜明珠とは 古代中国やモンゴルで、皇帝や支配者だけが持つことを許された大変希少で神秘的な天然石です。英語名もNight Pearl そのままですね。 扱う者に健康・富・幸運をもたらすと言われ、王宮から門外不出とされていたそうです。中国では、夜明珠は最大のミステリー、最高機密、秘宝とされています。中国が共産化して王族たちが追放されてから、天然の石は台湾に渡ったり博物館にあるくらいで、ほとんどは地下に潜んでしまいました。市場に出回っているのは、精巧に作られた偽物ばかりのようです。一旦光に当たると、闇の中で何日間も、あるいは数年間という説もありますが神秘的な光を放ち続けることから、夜明珠は、永遠の生命とパワーを願う王族たちの埋葬にも使われていたらしいです。光っているのは、フローライト(蛍石)に含まれている希少な元素によると言われています。②夜明珠が及ぼす様々な働き 夜明珠が発するエネルギーやスピリチュアルな作用は、数多く伝えられ下記に幾つか記していますが、当時の権力者が欲しがった理由がよく分かる気がしますね。 ・マイナスエネルギーを防ぎ、調和を  取り戻す。 ・魔除け ・体内エネルギーの活性化 ・夢を現実にする強力な力 ・オーラ、経路の流れを整えて身体を  強くする。 ・創造性を高め、パフォーマンスを  強化する。 ・不幸の撃退と幸福の引き寄せ ・疲れた状態を回復させ、情熱と行動  力を復活させる。 ・問題解決の糸口を直感的に伝えて  くれる。 ・絶望を希望に変えてくれる。③夜明珠や、龍の珠にまつわる伝承 龍の珠については、水位を自在に操れる鎮水珠、願いえば叶う如意珠、魚族が陸で暮らすことが出来る離水珠、龍宮の門を開けることのできる開門珠、龍が 誕生することのできる珠、口に含んでいれば死んでも生き返れる宝珠、盲人の目を見えるようにしたりなど、いろいろな伝承があります。 ○特に夜明珠に繋がるものとしては、 チワン族の伝承があげられます。 中国南部のベトナムと国境を接する 広西チワン族自治区に住むチワン族に     は、夜明珠は龍の心臓であり、夜を 明るく照らす龍珠であったという伝説 が伝わっているそうです。 「チワン族自治区桂林市龍珠路」という 住所までありますね。 〇龍の珠に関しては、中国雲南省の 人口わずか七千人強の少数民族である 独龍(トールン)族の伝説も有名です。   河の龍宮に棲む龍女が、珠に呪文を 唱え、水位を自在に操って妖魔を退治 したという話です。 この龍珠は独龍河の水位をコントロー ルする「鎮水珠」と呼ばれる珠であっ たそうです。 トールン族の住む独竜江を流れる川は、    まさに名前の通り、まるで龍がそこに 泳いでいるようにも見えませんか?④歴史上の大人物が所有していた夜明珠・秦の始皇帝が中国を統一でき、また 子孫も繁栄できたのは、夜明珠の計り 知れないパワーがあったからだと言わ れています。・モンゴル帝国の初代皇帝のチンギス・ ハンは、宋と戦い夜明珠を奪ってから 夜明珠を肌身離さず身につけていて、 チンギス・ハンが埋葬される際には 夜明珠も一緒に埋められたと言われて います。 子孫も夜明珠のおかげで栄えたとか。・楊貴妃を寵愛した玄宗皇帝も、夜明珠 を所有していたと言われています。・清王朝末期の権力者の西太后も、夜明 珠を所有し、冠に飾られていたそうで す。 死後、口の中に珠を入れられて埋葬さ れたとか。永遠のパワーを願っていた のかもしれませんね。次回 龍神シリーズ Vol 53は「睚眦(がいし)」です。お楽しみに田口櫂任 龍神カードリーディングご予約は下記、渋谷エンジェルストーンhttp://www.angel-stone.biz/healing_space.htmlまたは下記にご連絡ください。fu.taguchi@ezweb.ne.jp  

  • 14Jun
    • 龍神シリーズ Vol 51 嘲風の画像

      龍神シリーズ Vol 51 嘲風

      龍神シリーズ Vol 51【嘲風】☆ 嘲風(ちょうほうから)のメッセージ 今までとは違う経験したことのない状況に、いるかもしれません。あなたには、立ち向かっていく強い気持ちがあります。自分の心の中の感性を大切に、注意を怠らず視野を拡くして進んでいくのが成功の秘訣です。☆嘲風について①屋根に置かれている嘲風 鳳凰と龍の特徴を併せ持った姿をしています。険しい場所や高い所に登り遠くを眺めることを好みます。妖魔を威圧し災いを消滅させるとも言われ遠くがよく見えるので、北京の紫禁城(故宮の宮殿)の屋根に飾られています。鳳凰に乗った仙人を先頭に、まさに神秘的な神獣たちの一つとして飾られています。この屋根装飾は、明・清時代の宮殿や寺社に見られますが、原型は紀元前の漢にまで遡るようです。  紫禁城 ②負屓は龍生九子(りゅうせいきゅうし)、龍が生んだ九匹の子の一つ 龍が生んだ九匹の子は、それぞれ姿形も性格も異なり、性格に合わせた場所で活躍を見せます。古くから伝説はありましたが、明の時代(14-17世紀)にさまざまな書物に登場するようになりました。嘲風は3番目に生まれ、鳳凰に似た鳥の化身とも言われ、建物の屋根や高い険しい場所を好みます。このことから、日本ではシーサーの起源であるという説があります。書物により龍生九子の九匹はやや異なりますが、李東陽が著した「懐麓堂集」による九匹の説は有名です。1. 囚牛(しゅうぎゅう) 音楽を好む 龍神シリーズVol 322. 睚眦(がいし)勇猛果敢   3. 嘲風(ちょうふう) 遠きを望む 龍神シリーズBol 514. 蒲牢(ほろう)吠えることを好む 龍神シリーズVol 195. 狻猊(さんげい)煙や火を好む 龍神シリーズVol 46. 覇下(はか) 、贔屓(ひき) 重きを好む7. 狴犴(へいかん) 悪人を裁く   龍神シリーズVol 418. 負屓(ふき)文章の読み書きを好む9. 螭吻(ちふん)先を見る③嘲風はシーサーの起源 嘲風とシーサーの性格は似ています。シーサーも、災いをもたら悪霊を祓う魔よけの意味を持ち、屋根の上や、門、村落の入口や高台に設置されることが多いです。獅子の発音がシーサーとなったとも言われていますね。 次回、龍神カードシリーズVol 52は「夜明珠(やめいじゅ)」です。お楽しみに田口櫂任 龍神カードリーディングご予約は下記、渋谷エンジェルストーンhttp://www.angel-stone.biz/healing_space.htmlまたは下記にご連絡ください。fu.taguchi@ezweb.ne.jp

  • 31May
    • 龍神シリーズ Vol 50 応龍の画像

      龍神シリーズ Vol 50 応龍

      龍神シリーズ Vol 50【 応龍 】☆ 応龍からのメッセージ 誰かを支え、励まし助け合う和の心と波動が幸運をもたらします。「サポート」がキーワードです。周囲との信頼関係構築により、大きな進展がみられるでしょう。☆応龍について①応龍の姿 中国古代の地理書「山海経」によると応龍は、コウモリや鷹のような翼を持ち、4本足で、足には3本の指があり、天と地を行き来きし、雨を降らせることができます。飛龍にも姿が似ていて、同じという説もありますが、飛龍については、龍神カードシリーズVol 25に掲載していますから、そちらを読んでくださいね。②伝説上の霊獣の一つ  古代中国では、応龍は、麒麟、鳳凰霊亀と並ぶ伝説の四霊の一つであり、人知では計り知れない神秘的な力と尊厳さを備えており、この世の動物たちの長と認識されていました。良い事の前兆、優れた王者の時代に姿を現すと言われ、瑞獣と呼ばれています。写真では、左上が「山海経」に描かれている応龍、右上が鳳凰、左下が霊亀、右下が麒麟です。この麒麟は、東京日本橋にいる麒麟ですから、記憶に残っている方もいるかもしれませんね。③日本で見られる応龍 国内では江戸時代末期の浮世絵師「歌川国芳」作の応龍が有名です。 また、日本刀の柄つか(刀を使う際に、 握る部分)の頭と縁(鍔つばの部分)に、 赤銅の地金に応龍が彫られていることが あります。 写真の刀では、渦巻く波と応龍が 彫られていますね。④中国古代の帝王「黄帝」を助け 戦の勝利に貢献した 中国の歴史や神話上で大変有名な黄帝という名の帝王(中国医学の始祖とし今も尊敬を集めています)に従っていたと言われています。水を蓄えて雨を降らせる力があり、戦争では嵐を起こし黄帝の軍に加勢しました。蚩尤(しゆう)という邪悪な神が反乱を起こし、魑魅魍魎を駆使して黄帝軍は苦しめられましたが、応龍の活躍で、戦いの勝利に大きく貢献しました。この戦いで、蚩尤などを殺したことから、応龍も邪気を帯び神々の住む天には登ることが出来なくなってしまいました。その後は中国南方の地に棲んだといわれています。応龍がいた南の地は雨が多い一方、他の地方は雨が降らず旱魃に悩まされるようになったそうです。戦いの様子は、山海経(中国古代紀元前4世紀〜3世紀の書物)に記述があるそうです。写真は、黄帝と、反乱を起こした蚩尤(しゆう)です。⑤応龍の成長のしかた 龍の成長については、諸説あり、成長過程の龍の名前も様々ですが、応龍の名前も出てきます。大人の龍になるまで、2000年とか3000年も要すると言われています。水中に棲む蝮(まむし)は500年で蛟龍(幼年期)となり、1000年で成龍となり、500年で角龍となり、さらに500年で翼を持ち応龍となります。歳をとり、老年の龍は黄龍と呼ばれることがあるそうです。述異記(中国南朝6世紀、珍しい地理・動植物の話を集めた小説集)から龍の成長について紹介しました。 終わり次回、龍神カードシリーズVol 51は「嘲風(ちょうほう)」です。お楽しみに田口櫂任 龍神カードリーディングご予約は下記、渋谷エンジェルストーンhttp://www.angel-stone.biz/healing_space.htmlまたは下記にご連絡ください。fu.taguchi@ezweb.ne.jp

  • 21May
    • 龍神シリーズ Vol 49 螭吻の画像

      龍神シリーズ Vol 49 螭吻

      龍神シリーズ Vol 49【螭吻ちふん(鴟尾しび)】☆ 螭吻からのメッセージ 今は自然体で無理をしないこと。ちょっと注意深くすることで災いからあなたは守られます。目の前の小さな心配事に気を取られ過ぎず、長い目で先を見すえて大きな良い流れに乗って行きましょう。☆螭吻について①遠くを見渡し、災いから守る龍 高く危険の及ばない所から、遠くを眺めるのが好きな龍です。雨を降らし、火災を防ぐとも言われています。螭吻は、元々は魚の身体に鷹の尾がつき、龍の頭を持つ姿をしていました。時代が進むにつれ、尾が上に反り返る姿に変化していきました。寺院などの本堂の屋根に設置され、鴟尾(しび)とも呼ばれることが多いです。②建物に飾られ火除けのお守りと して使われた  伝説によると、中国紀元前2世紀、漢の皇帝である武帝が、都の長安に柏梁殿というヒノキを用いた立派な建物を建築しようとしたそうです。その際、螭吻は龍の子であることから雨を降らせ、火災を防ぐ効力があると期待され、建物の梁や屋根の上や角などに螭吻の像を置くことを武帝が決めたそうです。その後、北魏(4〜6世紀)の時代には屋根に置かれた像を鴟尾というように定着していき、多くの大きな建物で、屋根の一番高い棟の両端に鴟尾が飾られるようになっていきました。昔の建物は木造建築であったため、こうしたお守りが必要とされたようです。今でも、北京の紫禁城の屋根に鴟尾の姿を見ることができます。 【⠀紫禁城 】その形は、唐の時代にかけて、魚や鯱(シャチ)などに変化していき、飛鳥時代に、瓦の伝来と共に日本に伝えられたと言われています。 現存する日本最古の螭吻は、奈良時代に創建された唐招提寺金堂の西側の屋根にずっと設置されていました。2000年から始まった平成の大修理が行なわれるまで、実際に屋根に置かれ高い所から、遠くを見渡し火事を防いでくれていました。現在は国宝に指定され、境内の新宝蔵という展示施設で見ることができます。また、東大寺大仏殿の瓦屋根の両端にも置かれていますから、機会があればご覧ください。【⠀唐招提寺 螭吻 】 【⠀東大寺大仏殿 】 ③螭吻は、織田信長によって城の鯱鉾(シャチホコ)にされた 螭吻は鯱(シャチ)の形に変化していきましたが、建物が火事の際は水を吐き出し火を消すという言い伝えは、日本でも、そのまま引き継がれていきます。顔が虎で、体が魚に似ており、字も鯱シャチと書き、読まれるようになりました。日本に伝来して以降、寺院等にしか飾られなかった、この鯱を織田信長は安土城の天守閣の装飾として、屋根につけました。これ以降、日本各地の城に鯱(シャチホコ)が普及していったと言われています。 【⠀安土城 天守閣 】 ④螭吻は龍生九子(りゅうせいきゅうし)、龍が生んだ九匹の子の一つ 龍が生んだ九匹の子は、それぞれ姿形も性格も異なり、性格に合わせた場所で活躍を見せます。古くから伝説はありましたが、明の時代(14-17世紀)にさまざまな書物に登場するようになりました。螭吻は九番目に生まれました。書物により龍生九子の九匹はやや異なりますが、李東陽が著した「懐麓堂集」による九匹の説は有名です。1. 囚牛(しゅうぎゅう) 音楽を好む 龍神カードシリーズVol 322. 睚眦(がいし)勇猛果敢   3. 嘲風(ちょうふう) 遠きを望む4. 蒲牢(ほろう)吠えることを好む 龍神カードシリーズVol 195. 狻猊(さんげい)煙や火を好む   龍神カードシリーズVol 46. 覇下(はか) 、贔屓(ひき) 重きを好む7. 狴犴(へいかん) 悪人を裁く   龍神カードシリーズVol 418. 負屓(ふき)文章の読み書きを好む 龍神カードシリーズVol 48 9. 螭吻(ちふん)先を見る 龍神カードシリーズVol 49次回、龍神カードシリーズVol 50は「応龍(おうりゅう)」です。お楽しみに田口櫂任 龍神カードリーディングご予約は下記、渋谷エンジェルストーンhttp://www.angel-stone.biz/healing_space.htmlまたは下記にご連絡ください。fu.taguchi@ezweb.ne.jp

  • 11May
    • 龍神シリーズ Vol 48 負屓ふきの画像

      龍神シリーズ Vol 48 負屓ふき

      龍神シリーズ Vol 48【負屓ふき】☆ 負屓からのメッセージ この龍は、まじめで勤勉な人を愛します。負屓に愛されると、文章力や読解力がついてきます。本屋に行ってみるのもお勧めです。ネットニュースや新聞の見出しにとらわれず、その背景や文章に隠れている意味を考えるようにしてみましょう。日常生活では目の前の出来事に左右されず、その原因を考え冷静に判断することで、今まで見えてなかった真実が見えてきたり、新たな発見がもたらされるでしょう。☆負屓について①石碑に彫られている負屓  負屓は、胴がとても長く、蛇のように強く締め付ける力を持っています。 聡明で文章の読み書きが好きな龍だそうです。このため、中国では文字が刻まれた石碑の上部に負屓が巻きついたデザインで彫られることが多いそうです。②負屓は龍生九子(りゅうせいきゅうし)龍が生んだ九匹の子の一つ 龍が生んだ九匹の子は、それぞれ姿形も性格も異なり、性格に合わせた場所で活躍を見せます。古くから伝説はありましたが、明の時代(14-17世紀)にさまざまな書物に登場するようになりました。負屓は8番目に生まれ、聡明で文章の読み書きが好きな子です。負屓は兄の贔屓(ひき、ひいき)と仲が良く、負屓が上に絡みついている重い石碑を背負っているものが多く見られます。書物により龍生九子の九匹はやや異なりますが、李東陽が著した「懐麓堂集」による九匹の説は有名です。1. 囚牛(しゅうぎゅう) 音楽を好む 龍神カードシリーズVol 322. 睚眦(がいし)勇猛果敢   3. 嘲風(ちょうふう) 遠きを望む4. 蒲牢(ほろう)吠えることを好む 龍神カードシリーズVol 195. 狻猊(さんげい)煙や火を好む  龍神カードシリーズVol 46. 覇下(はか) 、贔屓(ひき) 重きを好む7. 狴犴(へいかん) 悪人を裁く   龍神カードシリーズVol 418. 負屓(ふき)文章の読み書きを好む9. 螭吻(ちふん)先を見る次回、龍神カードシリーズVol 49は「螭吻ちふん」です。お楽しみに田口櫂任 龍神カードリーディングご予約は下記、渋谷エンジェルストーンhttp://www.angel-stone.biz/healing_space.htmlまたは下記にご連絡ください。fu.taguchi@ezweb.ne.jp

  • 04May
    • 龍神シリーズ Vol 47 娑伽羅龍王の画像

      龍神シリーズ Vol 47 娑伽羅龍王

      龍神カードシリーズ Vol 47【娑伽羅龍王】サンスクリット語でサーガラ 訳は大海、龍宮の王、大海龍王。「沙掲羅」、「沙羯羅」などとも漢語に音訳されています。☆ 娑伽羅からのメッセージ 自分を信じ正々堂々と良心に従って行動すること。自然を畏怖し、自然に対し正面から向き合える生活をしているか、問いかけられています。自己中心的な行動をあらため、視野を 広げ、心を広げて生活していきましょう。  興福寺娑伽羅龍王像(興福寺国宝)と龍神カード娑伽羅龍王☆娑伽羅龍王について①仏教を守護する神、八大龍王 娑伽羅龍王は、仏教を守護する神です。天龍八部衆に所属しており、八部衆とは神様・龍族・鬼・動物神など仏法を守護する八つの存在を総称する言葉で、龍族の代表が八大龍王です。娑伽羅龍王はその八大龍王の一つです。難陀、跋難陀、娑伽羅、和修吉、徳叉迦、阿那婆達多、魔那斯、優鉢羅が八大龍王で、仏教ではとても重要な存在になります。難陀は、シリーズVol 38跋難陀は、シリーズVol 22和修吉は、シリーズVol 26阿那婆達多は、シリーズVol 31魔那斯は、シリーズVol 5優鉢羅は、シリーズVol 35に掲載していますから、そちらも読んでみてください。 三十三間堂娑噶羅龍王像 ②雨乞いで有名な善女龍王は 娑伽羅龍王の第三王女だった 法華経の提婆達多品(だいばだったほん」は仏典の編や章にあたります)に登場する八歳の龍女は、この龍王の第三王女で「善女(如)龍王」と呼ばれました。空海が、新しく名付けだった清瀧権現もこの娑伽羅龍王の同じ娘のことです。 空海が天皇に命じられ、京都の神泉苑で雨乞いを行った際、インドの無熱悩池(むねつのうち)に棲む善女龍王を神泉苑まで招請し、龍の姿で現れた善女龍王は無事雨を降らせてくれたと言われています。善女龍王は、京都神泉苑や高野山に祀られています。(シリーズVol 21に掲載してます)③娑伽羅龍王は龍宮の王 娑伽羅龍王は、大海の王、龍宮の王とも言われています。浦島太郎が龍宮城を訪ねる物語にも影響を与えているらしいですよ。 お釈迦様が八十年の生涯を終えられるにあたり、最期に示された、いわば遺言とも 言うべき経典を「仏遺教経(通称、遺教ゆいきょう)」と言います。沙羅双樹の下に横たわり、多くの弟子達に最後の説教をした涅槃図は、皆さんもよく 目にする機会があると思います。もちろん、龍も説教には参加しています。そして、その時の経典は龍宮にしまわれたと言う説があります。  その後、インドの龍樹と言う僧侶が、龍宮に招かれて、諸々の大乗経典(華厳経、法華経、般若経等)を授けられたという 伝説が、中国や日本の書物にも記されています。この時、龍宮から持ち帰った経典の文字が  梵字(サンスクリット語の文字)の始まりとも言われ、龍宮相承説と言います。龍樹像、大乗経典他④娑伽羅龍王の第三王女は 恵方巻きに関係あり 娑伽羅龍王の第三王女は、②にあるように善女龍王ですが、別名歳徳神(としとくしん、どんどさん)と言われる説があります。歳徳神は、陰陽道でその年の福徳を司り、この神の在する方位を恵方と言います。節分の行事として、恵方を向き太巻きを食べる風習が関西中心に行われてきましたが、最近はコンビニや食品メーカーの戦略で全国規模に展開をしてますね。ということは、節分に日本中で恵方の龍神に向かい、太巻きを食べていることになるのですねー。そして、正月のどんと焼きも、何やら歳徳神が関わっている気配が・・・               以上次回、龍神カードシリーズVol 48は「負屓(ふき)」です。お楽しみに田口櫂任 龍神カードリーディングご予約は下記、渋谷エンジェルストーンhttp://www.angel-stone.biz/healing_space.html*エンジェルストーンは新型コロナウイルス対策のため、暫く臨時休業しております。または下記にご連絡ください。fu.taguchi@ezweb.ne.jp*zoomでの対面セッションを検討中です。暫くお待ちくださいね。

  • 17Apr
    • 龍神シリーズ Vol 46 雷龍の画像

      龍神シリーズ Vol 46 雷龍

      龍神シリーズ Vol 46【雷龍らいりゅう】☆ 雷龍からのメッセージ 雷の光で、今まで見えなかった本来あるべき姿に気づきハッとするかも知れません。自分の姿勢も、社会のあるべき姿も問い直されている可能性があります。自然から様々な現象として、私達に発信されてくる、その意思は何だろうと考える良い機会になっています。運気は回復の兆しを見せていますから、まずは自分のやるべきこと、課題を着実にこなして生活していくことが大切です。☆雷龍について①ブータンの雷龍 幸福度No. 1と言われる国、そう「ブータン」は雷龍の国と言われています。国旗に雷龍が描かれているのも印象的ですね。このように雷龍は、ブータンの象徴にして守護龍なの です。チベット語で「ドゥルック(雷龍)ユル(国)」と言います。ブータン国王は、雷龍王とも呼ばれ、国歌も「雷龍の王国」と言います。昔からチベットではこの地域を龍の地と呼んでいたそうです。雨季に入ると、何日も激しい風雨と雷が鳴り響くことから、そう言われ恐れられ威厳を持つ存在になっていったのでしょうね。②中国の雷龍 中国では、古代より雷イコール龍と連想されてきました。雷鳴や稲妻を伴う雨が強く降る様子が、龍が地中から天につながり上っていく姿に見え雷龍となっていったと言われています。【夔龍きりゅう】 山海経(せんがいきょう、中国最古の地理書で、各地の伝説的生物や妖怪なども記されています)には、夔(き)という龍が登場します。風雨を招く自然神で、一本足なのは、天から地上へ落ちる一本の雷を表すものと言われています。夔は流波山という山の頂上に棲み、牛に似ていて、目は太陽か月のように輝き、体は蒼く角がなく、足が一本という姿をしていました。これが水に出入りする時には、必ず風雨を伴い、その光は太陽のごとく強く、鳴き声は雷のようであったそうです。【夔竜と太鼓】 黄帝(紀元前2700〜2600年頃、中国を最初に統治した皇帝で、その後皇帝を表す色が黄色になっ たのは、黄帝が由来と言われています)が、ある日夔竜を捕らえ、その皮を剥いで太鼓を作り叩いたところ、その音は五百里先まで響き渡ったと言われています。私達が時々目にする雷神様の像が持つ太鼓は、雷鼓と呼ばれますが、中国では「古代の太鼓」という 意味もあるそうです。③日本の雷龍 日本では、雷が鳴ると、雷が蛇の形をして出現すると考えられていましたが、それがだんだん龍神(雷龍)になっていったようです。  中国から渡ってきた雷信仰では龍が天に昇り雷となり、雷鳴を轟かせることから太鼓を持った神だと考えられてきました。これも日本の雷神に大きな影響を与えていったようで、雷神様の像と言えば太鼓が付き物になっていますね。【山梨岡神社と夔竜】 山梨県笛吹市春日居町にある山梨岡神社には、一本足の神像があり、「きのかみ」と呼ばれ、雷除け魔除けの神として人々の信仰を受けてきました。7年に一度、四月四日にご開帳され、 その姿を見ることもできます。江戸時代、第5代将軍の徳川綱吉に重用され大老まで出世した柳沢吉保はかなり有名ですが、甲府藩主でもあった柳沢吉保の家臣に儒学者の荻生徂徠がいました。彼が甲斐を訪れ、山梨岡神社にも立ち寄った際、神社に伝来していた木像をみて、これは山海経に出てくる「夔き」であろうと判断したことから、夔信仰が広まったと言われています。【注連縄しめなわ】 雷は「イナヅマ、イナビカリ」と言われ、稲の豊作をもたらす神とされています。雷が稲田に落雷すると、落ちた田に青竹を立て、注連(しめ)を張ってまつる風習が今も残っているらしいです。落雷が田に落ちると稲が育ち豊作をもたらすと信じられてきました。注連はのちに、神前に張ったり、正月飾りにしたりして、現在の注連縄になっていきました。注連縄に下向きに垂らしてある「紙垂しで」は雷光と稲妻を表していて、邪悪なものを追い払うもの。横に張る太縄は雲を表しているといわれていますが、蛇が交尾で絡み合う姿とも言われていますね。次回、龍神カードシリーズVol 47は「娑伽羅(しゃから)」です。お楽しみに田口櫂任 龍神カードリーディングご予約は下記、渋谷エンジェルストーンhttp://www.angel-stone.biz/healing_space.htmlまたは下記にご連絡ください。fu.taguchi@ezweb.ne.jp

  • 08Apr
    • お釈迦様の産湯は龍からのプレゼントの画像

      お釈迦様の産湯は龍からのプレゼント

      【お釈迦様の産湯は龍からのプレゼント】今日4月8日は灌仏会 お釈迦様の誕生日ですね。去年もこの日に、このお話を投稿しましたが面白いのでまた載せました。是非読んでみてくださいね。①お釈迦様と龍王のつながりお釈迦様の誕生を祝う仏教行事は灌仏会(かんぶつえ)と言われます。日本では一般的に「花祭り」と呼ばれ、小さな釈迦像に甘茶を かける様子を見た方もいらっしゃるでしょうね。実は、お釈迦様と龍とは強い絆で結ばれているのです。お釈迦様はどこで生まれたのか ご存知ですか? お釈迦様は今のネパールのルンビニーという所で産まれました。お釈迦様が誕生した時、阿那婆達多(あなばたった)と言う龍王が、「この水を産湯に使うといい」と自分の住んでいる池の水を届けたのです。この阿那婆達多龍王は、ヒマラヤ北部の高い山の山頂(極楽浄土とも言われている)にある神話上の池(阿耨達池あのくだっちいけ)に住んでいました。池と言っても一辺が350㎞もあり 八功徳水という大変功徳のあるありがたい水で満たされていたそうです。この水をお釈迦様は産湯に使われたのです。お釈迦様の身体にかけ残りの水を 四方の天下に注いだところ、人も動物も草木も土もみんな黄金に光り輝き、草木には花が咲き実がなったと言われています。これが、甘茶をお釈迦様の像にかける風習に繋がったのかもしれませんね。②阿那婆達多龍王と仏教 実はこの阿那婆達多(あなばたった)龍王は、日本では法華経に登場する有名な八大龍王の一つなのです。毎日、お経の中でお坊さんたちからおがまれているのですねー「妙法蓮華経文句」にも記載されている極めて徳の高い龍王で、仏教に関係されたり、興味がある方なら常識の存在なのです。仏教の教えを解説する論書という書物にも登場してきて、仏法を運び伝える者を護り、仏法が 全世界に広がることを助ける修道者の守り神でもあったそうです。次回は雷龍です、お楽しみに❣️

  • 31Mar
    • 龍神シリーズ Vol 45 「龍骨」の画像

      龍神シリーズ Vol 45 「龍骨」

      龍神シリーズ Vol 45【龍骨りゅうこつ】☆ 龍骨からのメッセージ あなたの心と身体が健康な状態にあり、かつそれを促進するよう求められています。やや崩れかけた心身のバランスはできればオーガニックレストランに行ったり、添加物の少ない食物を摂取して改善していきましょう。龍のパワーも応援し健康を取り戻し気力も充実していくでしょう。日頃気付かなかったものから、新たな発見や良いヒントがもたらされるかもしれません。あっと思ったらよく観察し直したりより深く考えてみたりすると良いですね。☆龍骨について 龍骨は、生薬の一種で、象やサイ馬、鹿等大型哺乳類の骨の化石のことを言います。中には恐竜の化石等も含まれていたらしいですね。 1、龍骨は中国の歴史を変えた ①殷王朝の遺跡の発見(殷墟)   殷王朝は、ながらく王の系譜も 架空で伝説上の王朝と見なされてき ました。 清王朝末期の1899年(日本では明治 30年代)のある日、当時の王が持病の 治療薬として龍骨を購入しました。 当時龍骨は薬として既に流通していました。 王の部下の劉鶚(りゅうがく)がその 龍骨に何やら文字らしいものが刻み 込まれていることに気付き、龍骨を 広く買い集めて研究を始めました。 この結果、これが殷王朝時代の文字と 判明したのです。  そして龍骨に書かれていた情報から 河南省安陽市に殷王朝(紀元前16〜 11世期)の遺跡が発掘され、実在して いたことが証明されるに至りました。 この遺跡は殷墟と呼ばれ世界遺産にも なっています。   ②甲骨文字は現在の漢字につながっ ている   龍骨に刻まれていた文字は亀の 甲羅や牛や鹿などの骨に刻まれて いたことから、これを甲骨文字と 呼ぶようになりました。  殷王朝が発明したこの甲骨文字は、 漢字の誕生と言われ、私達が今も 使っている漢字につながっていく ことになりました。  また、甲骨文字で龍骨に書かれた 歴代王の名前は、史記(紀元前90年 代編纂の司馬遷による歴史書)のもの ともほぼ一致し、架空の存在と考え  られてきた王朝が実在する裏付けに もなりました。 古代文字としては、古代エジプト人 による象形文字と、メソポタミアの 櫛形文字がありますが、これらは 既に使われなくなった文字です。 これに対し、漢字は古代から現代 まで使い続けられている世界唯一の 文字なのです。   2、龍骨は漢方にも使われていた ①漢方薬  竜骨は不眠、不安、ストレス等の 改善に効果があるとされており、 代表的なものとして、 柴胡加竜骨牡蛎湯(さいこかりゅうこつ ぼれいとう)や 桂枝加竜骨牡蛎湯(けいしかりゅうこ れいとう) が現在も販売されていますが、 中国でも、これらは古典的な薬で 二千年の歴史があると言われてい ます。  龍は神聖、高貴、幸運、力強さなど  の象徴であり、竜骨には霊的な力が  あるともされ、使うと特別な効力を  得られた気持ちになれたのかもしれ  ませんね。 ②龍骨は正倉院にも納められている  日本で龍骨として最古のものは、 東大寺正倉院に納められています。 「種々薬帳(正倉院薬物奉納リスト)」  の中に、五色龍骨、白龍骨、龍角、  五色龍歯などの記載があります。  この薬帳の最後に奉納に関わった 人物として藤原朝臣仲麻呂の名も ありました。 彼は、大化改新の推進者の藤原鎌足 の孫にあたる人物です)    ③江戸時代の龍骨論争 江戸時代に至るまで、龍骨については中国の教えをそのまま受け入れてきたようです。江戸中期になり漢方の知識が深まって来ると、龍と龍骨について、龍は霊的な生き物であり中国の書物では記載の内容が様々に異なっている。日本には龍は現存しているのか否か?現存しているなら、骨は本当に龍のものなのか? 日本で龍骨として産出する骨は、象や鹿によく似ているぞ、とか、議論が四、五十年も続いたそうです。この騒動では、あの有名な平賀源内も登場し、東インド会社の商館長(江戸時代にポルトガルが日本に置いた商館)に会いに行き、持参した骨を見せてこれは龍の骨かどうか聞いたと言う話も残っていますね(^ ^) この論争はややこしいので、今回はこれでおしまい笑  次回、龍神カードシリーズVol 46は「雷龍(らいりゅう)」です。お楽しみに田口櫂任 龍神カードリーディング3月は、31日(火)18-21時渋谷エンジェルストーンで、お待ちしています。4月のスケジュールはhttp://www.angel-stone.biz/healing_space.html他の日時、場所については、下記にご連絡ください。fu.taguchi@ezweb.ne.jp

  • 09Mar
    • 龍神シリーズ Vol44 「吉弔」の画像

      龍神シリーズ Vol44 「吉弔」

      龍神シリーズ Vol 44【吉弔きっちょう】☆ 吉弔からのメッセージ バラバラだった意見や気持ちや、組織などが、だんだん一つにまとまっていきます。たくさんの個性が、相互に調和がとれ良い方向に向かうと吉弔が言ってます。お互いの違いを理解し合うことが成功の秘訣です。☆吉弔について①吉弔の姿 中国の神話で、広東地方の水中に棲むと言われる龍です。頭は龍、胴は亀で背中は小さなたくさんの鱗が重なり一つの甲羅となっています。長い首と尾、手足も龍そのものです。この背中の甲羅の様子が、個性の統合を意味するとも言われると理解できますね。②書物から「本草綱目」(中国の本草学史上 最も分量の多い薬学書)によると、龍は卵を二つ産み、一つは龍一つは吉弔を産むと言われています。吉弔の血や肉、脂肪を練り合わせた「弔脂」は、腫れ物や耳の薬として重宝されたとされます。 吉弔の姿は、日本の書物では「和漢三才図絵」(江戸中期に、中国の三才図絵をならい、多くの画像を引用し編纂された日本初の百科事典)に見ることができます。③文字(中国での)の意味 「吉」縁起よい、幸い、めでたい 「弔(吊)」   生地を縫い合わせて着物を   作る。つるす。掛ける。   ぶら下げる。  数を数える単位   一弔(吊)・・穴あき銅銭千枚、     銅銭を重ねて紐で束ねる      次回、龍神カードシリーズVol 45は「龍骨(りゅうこつ)」です。お楽しみに田口櫂任 龍神カードリーディング3月は、10日(火)、18日(水)、24日(水)、31日(火)いずれも18-21時に渋谷エンジェルストーンで、お待ちしています。その他のスケジュールはhttp://www.angel-stone.biz/healing_space.html他の日時、場所については、下記にご連絡ください。fu.taguchi@ezweb.ne.jp

  • 26Feb
    • 大鳥神社の空に龍がの画像

      大鳥神社の空に龍が

      目黒区最古の神社 大鳥神社⛩に参拝してきました。先日から、何回か前を通る機会があり、まだお参りしたことがなく気になっていました。ホームページを見たら、私が龍について詳しく知りたくなったきっかけをいただいた国常立尊が祀られていました。きっと導いていただいたのだと、早速ご挨拶に行ってきました。本殿の上に、眩しく輝く太陽☀️とともに龍の🐲大きな顔が現れてきて、そしてその眼の中にも龍がいて国常立尊は金龍であると言われているので、太陽の輝きの中に姿を見せていただいたのなら、幸せなことです。感謝😄の瞬間でした。他にも龍馬🐎をはじめ、いろんな龍が飛んでいて、ずーっと空を眺めていました。隣の蟠竜寺も行く予定でしたが、あまりに心地良く、大鳥神社にずーっといました。感謝😄💕の一日。

  • 23Feb
    • 龍神シリーズ Vol 43「斗牛」の画像

      龍神シリーズ Vol 43「斗牛」

      龍神シリーズ Vol 43【斗牛とぎゅう】☆ 斗牛からのメッセージ 何事も適度が大切です。買い物をするなら無駄遣いせず本当に必要なものかをよく考え、有効な買い物をしましょう。何か決めなければならない時は、判断の基準(尺度)を先に作り明確にして、それに従って適切に決めると、後になっても後悔しなくてすみ、自分にプラスに作用します。☆斗牛について 中国の内海に棲む龍で、風雨をあやつり、 金や玉などの宝物を好む龍と言われて います。 ①皇帝が臣下に下賜(かし)される服にも  龍の文様   かつて中国の皇帝が最も重要な祭事の際に  着る服には、君子の美徳を象徴した文様が  表現されていました。  その中に龍の文様もありました。  これらの文様は、紀元前2200年前後に  君子「舜帝」の時代に定められ、その後、  龍は唐の頃には、権力の象徴として皇帝の  服を飾るようになっていきました。  服全体に五本の爪と二本の角をもつ龍とし  て描かれていきます。   明(14〜16世紀)の時代になると皇帝から  爪を一本減らした四爪の龍の服が臣下に  賜るようになります。その中に斗牛も  ありました。 その斗牛は、爪が四本か三本で、角が  水牛のように外側に曲がっているのか  特徴です。  ②寺院に見られる斗牛  中国の寺院では、柱に巻きついた龍の  姿がよく見られますが、その中に斗牛も  かなりいると言われています。  その姿は、大事な財宝・財産など大切な  ものを守ろうとしています。   ③測りの単位   「斗」は、中国において柄杓(ひしゃく)  の形の意味であり、また体積を測る単位  として用いられてきました。  物を測ることから、「斗牛」の性格も  しっかり、きちんとし、頑固な面も  持ち合わせているという説もあります。  日本でも1959年まで尺貫法という長さ・  重さ・体積等を定める法律があり、  これも中国から来たものでした。その中  の「斗」は体積の単位として使われ、  今でも「一斗缶(18ℓ)いっとかん」と  言って油などを入れる缶として使用され  たりして見かけることがありますね。 ④星座  中国の天文学や占星術で用いられた  星座の中に斗牛は登場してきます。  天の四方を司る霊獣である青龍、玄武  白虎、朱雀の4つを、さらに7つづつに  分けて星宿を配置し、28宿に名を付け  ています。  その中の北方の玄武に、斗宿(ひつき  ぼし)と、牛宿(いなみぼし)が並んでい  ます。  斗宿は6つの明るい星がひしゃくの形を  していることから南斗六星と呼ばれて  います。  英語圏の国ではミルクディッパー(ミルク  さじ)と呼ばれているそう    次回、龍神カードシリーズVol 44は、 「吉弔(きっちょう)」です。お楽しみに田口櫂任 龍神カードリーディングは渋谷エンジェルストーン、または都内か東京周辺への出張承ります。お問い合わせは下記へfu.taguchi@ezweb.ne.jp渋谷エンジェルストンへの予約、日時のご希望についてはエンジェルストーンへお問い合わせください。http://www.angel-stone.biz/healing_space.htm

  • 09Feb
    • 大相撲の多くの力士名には龍がの画像

      大相撲の多くの力士名には龍が

      大相撲初場所も終わり2週間経ちました。幕内番付最下位の特勝龍が優勝したという大相撲史上最大の下克上事件も最近のコロナウイルスで忘れ去られそうになってきましたね。OK 2週間前に時を戻そう、皆さんは、お相撲さんの名前(四股名しこな)で、多くの力士に龍の名前が付いてるのをご存知でしたか?初場所の幕内力士42人をチェックしてみましょう。特勝龍や横綱の鶴竜をはじめ四股名に 龍が付く力士は、幕内で6人いました。【幕内】鶴竜、妙義龍、竜電、千代大龍、東龍、特勝龍鶴竜特勝龍十両・幕下まで調べると、十両2人、幕下5人。力士数120人中1割以上の13人に龍が付いているのです。【十両】水戸龍、豊昇龍【幕下】希善龍、竜勢、琴大龍、海龍、将豊龍歴代の横綱では、雲龍、朝青龍、鶴竜大関では、荒龍、雷龍、龍ケ桐と言った力士がいました。朝青龍他にも強そうな動物の名前とか、あるんじゃないのかなと思うでしょ。幕内を調べた結果は、「鵬」が白鵬、炎鵬、旭秀鵬。「鳳」が千代鳳、あとは、霧馬山、玉鷲くらい。相撲という格闘技では、実際の生き物以上に、より強い、伝説や想像上のスケールの大きな強い生き物というか存在にあやかり強くなりたいと意識してるからなのでしょうね。他には、山・川・海・湖・富士等がよく使われています。人々は、昔から自然界や見えない世界のものに対し、畏怖心とその力強さを認めていたことが想像つきますね。

  • 19Jan
    • 龍神シリーズ Vol 42 「龍馬」の画像

      龍神シリーズ Vol 42 「龍馬」

      龍神シリーズ Vol 42【龍馬】☆ 龍馬からのメッセージ今、自分に求められている最大限のことを素早く行動に移していこう。考えている以上の成果がもたらされる可能性がありますよ。やる時はやる! です。☆ 日本の龍馬伝説  奈良時代の古今著聞集に、龍神の伝説があります。時の権力争いに敗れた藤原広嗣が、九州の太宰府に流されましたが、毎日、馬に乗り、都と太宰府を猛スピードで行き来し、午前は太宰府、午後は都で仕事をしたと言われ、龍馬に乗っていたのだと噂されたという伝説が残されています。☆中国の龍馬伝説 龍馬は、龍の身体に馬の頭を持つ姿をしています。中国の長江上流にある四川省で、河の近くに棲み、水面をとても速く駆けまわる伝説上の生き物と言われ、山の神・川の神として祀られてきたとも伝えられています。山海経(中国の地理書紀元前4〜3世紀)にも龍馬の記述がありますし、また、四川省成都市の郊外には、巨大城壁を持った約4〜5千年前の遺跡が発掘され、その遺跡にも「龍馬古城遺跡」と龍馬の名前が付けられています。世界四大文明の一つ黄河文明よりも 古いとも言われています。龍馬伝説は、その後東に移っていき、漢王朝(紀元前206〜紀元200年頃)では、自然崇拝的な存在から、政治的シンボルの意味を持つようになっていきました。龍馬が出現すると優れた君主の徳が天下に広まり、穏やかな世である「天下泰平」のしるしとされ、瑞祥獣と呼ばれるようになっていきました。☆中国の天地創造伝説と龍馬の関係 中国の古代神話に最初に登場した兄妹の神(伏義と女媧)がいます。共に人頭蛇身の姿で描かれています。その男神が伏義(ふっき)で、天地を開闢(かいびゃく)し、人類を創造した神様です。彼はまた、占い(易)をする八卦を発明し、中国の文化や文明の基礎をもたらしました。そして、その八卦(はっけ)は、龍馬の身体の渦巻きの模様から発見して、天・沢・火・雷・風・水・山・地の易の理論を創造したとされています。龍馬は天地開闢の時から、人間よりも先に神様とも関係していたと言える存在だったということなのですね。☆西遊記の白馬 孫悟空や猪八戒が登場する西遊記は有名ですね。彼らがお供した偉いお坊さん「三蔵法師」が乗っていた馬は白馬ですが、実は龍馬が白馬に変身していたと言われています。龍馬が白馬となり、目的地の天竺(インド)まで、三蔵法師を乗せて行ったのです。ある日、お腹を空かせていた龍馬(名前は玉龍ぎょくりゅう)が、三蔵法師の乗っていた白馬を見つけて、食べてしまいまったのです。お供の孫悟空と戦って敗れた玉龍は心を入れ替え、白馬に姿を変えて 天竺まで白馬として三蔵法師に従い彼を乗せて行ったそうです。そこまでは、なかなか知られていないお話しでしたね。次回、龍神カードシリーズVol 43は「斗牛とぎゅう」です。お楽しみに^_^田口櫂任 龍神カードリーディング渋谷エンジェルストーンまたは東京周辺への出張承ります。お問い合わせは下記へfu.taguchi@ezweb.ne.jp渋谷エンジェルストンへの予約、他の日時のご希望については、エンジェルストーンへお問い合わせください。http://www.angel-stone.biz/healing_space.html

  • 01Jan
    • 紅白歌合戦にも龍が登場の画像

      紅白歌合戦にも龍が登場

      あけましておめでとうございます㊗️ 昨年は大変お世話になりました。今年も宜しくお願いします。紅白歌合戦観てたら、竹内まりやの衣装がエメラルドグリーンで僕の龍のカラーにそっくりでした。氷川きよしの時は、龍🐉が出てきたし、めちゃ嬉しかったです。昨年12月にエメラルドグリーンの青龍が手元に届き、これで昇龍と降龍🐉の完成です。2枚看板で皆様の幸せに役立つようリーディングにつとめてまいります。龍神カードについては、カードというよりいろいろな龍の歴史について、ブログを書いてますから読んでみてくださいねhttps://ameblo.jp/ftft0701 ☆悩み事相談事のある方は龍神カード 田口櫂任まで。http://www.angel-stone.biz/healing_space.html今月は、毎週火曜日18-21時、渋谷エンジェルストーンです。http://www.angel-stone.biz/healing_space.html他の日時、場所をご希望の方は下記にご連絡ください。fu.taguchi@ezweb.ne.jphttps://m.facebook.com/taguchikaito2323/#龍神カード#渋谷エンジェルストーン#龍心学 #龍神カードリーディング#カウンセリング #カラーセラピスト#癒し#セラピスト#心理カウンセラー#渋谷#渋谷センター街#田口櫂任#ヒーリング#ハンドセラピスト#龍#龍心学

  • 07Dec
    • 龍神シリーズVol 41 「狴犴」の画像

      龍神シリーズVol 41 「狴犴」

      龍神シリーズ Vol 41【狴犴へいかん】☆ 狴犴からのメッセージ 今のあなたは、知識欲が旺盛で正義と公平を重んじ、周囲から頼りにされる存在になっています。助言を求められた時は、自信と誠意をもって、対応してあげてください。逆に迷った時も、一人で抱え込まないで誰かに相談しましょう。正しい視点からの良いアドバイスがもらえるはずですよ。☆ 狴犴について中国の伝説上の生物で、龍が産んだ 九匹の子(竜生九子)のうちの一匹と言われています。虎と龍を足したような姿をしていて、特に顔は虎に似ていますね。性格は、正義感が強く頭も良く、悪や犯罪を憎み、威風堂々と悪人を裁いていきます。中国では、通称「憲章」とも呼ばれ、法廷や官庁などの建物にその姿がデザインされ、後の狛犬(こまいぬ)の原型になったという説もあります。狴犴の「犴」という字は、中国では犬、牢・刑務所等といった意味があるようですし、何か繋がりを感じますね。また、監獄では、監獄に通じる門の上に狴犴が彫刻され、囚人を睨みつけています。「虎視眈々(こしたんたん)」という言葉をご存知ですか? 虎がじっと獲物を狙い鋭い目つきで見下ろしている様子をいいます。「狴犴」も監獄の監視役として囚人達をじっと睨みつけている雰囲気は、まさに虎そのものですねー中国では百獣の王といえば虎を指し、勇者や王者のイメージになります。虎を崇拝した氏族もあり魔除けや神として扱われたりもしたそうです。次回、龍神カードシリーズVol 42は「竜馬」です。お楽しみに^_^田口櫂任 龍神カードリーディング渋谷エンジェルストーン、または東京周辺への出張承ります。お問い合わせは下記へfu.taguchi@ezweb.ne.jp渋谷エンジェルストンへの予約、他の日時のご希望についてはエンジェルストーンへお問い合わせください。http://www.angel-stone.biz/healing_space.html

  • 26Nov
    • 雨龍からのメッセージの画像

      雨龍からのメッセージ

      龍神カード 【雨龍】からのメッセージ ローマ教皇が来日されています。浄化と恵みと癒しの雨が降りましたね。祝福の雨です。あなたの心の邪気も払われました。あなたの慈しみ溢れる優しさで周囲を包んであげましょう。素敵な週の始まりです。ローマ教皇からのメッセージを、映像でも文字でも構いませんから、よく聞き読みかみしめてくださいと、雨龍が言っています。日頃から龍が伝えようとしていることと同じですって^_^☆悩み事相談事のある方は龍神カード 田口櫂任まで今週は27日18-21時渋谷エンジェルストーンにいます。その他のスケジュールは下記をご覧ください。http://www.angel-stone.biz/healing_space.html他の日時、場所については、下記にご連絡ください。fu.taguchi@ezweb.ne.jphttps://m.facebook.com/taguchikaito2323/#龍神カード#渋谷エンジェルストーン#龍心学 #龍神カードリーディング#カウンセリング #カラーセラピスト#癒し#セラピスト#心理カウンセラー#渋谷#渋谷センター街#田口櫂任#ヒーリング#ハンドセラピスト

  • 06Nov
    • 龍神シリーズ Vol40「地龍」の画像

      龍神シリーズ Vol40「地龍」

      龍神シリーズ Vol 40【 地龍 】☆地龍からのメッセージ 落ち着きと自信を持って進んでいくこと。しっかりした考えを持ち、あなたに必要な基本や目的は何かよくチェックし、目的達成に向けて努力していきましょう。土台がしっかりすれば、あなたのレベルも、取り巻く環境もグングン良い方向に上昇していきます。☆地龍についてこの地龍が怒り出すと、地震が起きるとも言われたりしますよね。人々の心の不安や怒り、苛立ちといったものが積み重なり、地龍の感情を刺激してしまうことで地震に繋がっていくのかもしれません。私達も日頃から社会や心の安寧を願い祈り、行動にも心掛けて、地龍の感情を鎮めるよう努力することが必要だと思います。ここ重要! 地龍が動き出した後の空には特殊な雲が現れ地震雲などとも称されているようですが、この関連性はよく分かりませんね。 さて、富士山から流れ出たエネルギーは大地を伝わり各地に広がって行きます。この大地深く流れ移動していくエネルギーを「地龍」、エネルギーが流れるルートを「龍脈」と呼びます。そして、このエネルギーが吹き出てくるところは「龍穴」と呼ばれています。その強い気からパワースポットと呼ばれることが多いですね。そして、最強の龍穴は皇居だと言われています。また、都内には明治神宮、愛宕神社をはじめ幾つもの龍穴がありますから、是非訪れてみてくださいね。愛宕神社        貴船神社龍穴国内でみても、多くの龍穴があり、代表的なものとして、奈良の室生龍穴神社、京都の貴船神社、岡山備前の龍穴は日本三大龍穴と言われています。 次回、龍神カードシリーズ Vol 41は「狴犴へいかん」です。お楽しみに。田口櫂任 龍神カードリーディング渋谷エンジェルストーン、または東京周辺への出張承ります。お問い合わせは下記へfu.taguchi@ezweb.ne.jp渋谷エンジェルストンへの予約、他の日時のご希望についてはエンジェルストーンへお問い合わせください。http://www.angel-stone.biz/healing_space.html

  • 09Oct
    • ラグビーワールドカップのキャラクター「 レンジー(連獅子)」は、元を辿れば龍だったの画像

      ラグビーワールドカップのキャラクター「 レンジー(連獅子)」は、元を辿れば龍だった

      ラグビーのワールドカップ、日本の活躍で盛り上がっていますね。ところで今回のメインキャラクターをご存知でしたか?①キャラクターの名前は「レンジー」 レンジーという 赤と白の獅子です。このキャラクターは歌舞伎の人気演目で「連獅子」を元に作られたそうです。我が子を強く育てたいと、谷に落とし這い上がってこいと心を鬼に子を思う親獅子と、期待に応えようと頑張る子獅子との物語です。今は歌舞伎役者の襲名披露で、おめでたい演目として定着している感じですね。今回のワールドカップ開会式でも、市川右団次、市川右近親子による「連獅子」の舞踊が演じられ、ご覧になった方もいらっしゃったかと思います。②連獅子は龍🐉の子 この「連獅子」、元々は能に「 石橋狻猊之式(しゃっきょうさんげいのしき)」という演目があり、それを元に物語も同様に歌舞伎に取り入れられてきたものです。狻(さん)と、猊(げい)という獅子の精が、それぞれ白と赤の長い毛を勇壮に振りながら舞い踊るシーンは一番の見どころですね。その狻猊と獅子は同一とみなされ、日本の漢和辞典などでも、同義語として載っているのです。では、なぜ龍に関係しているの?中国では、龍が生んだ伝説上の九匹の子がいて、その五番目の子が「狻猊」と呼ばれているのです。狻猊と獅子、龍がここで繋がります。九匹の子は、「竜生九子」と呼ばれ大変有名で、それぞれ独特のキャラクターを持ち興味深い存在です。中国最古の辞書「爾雅じが」(紀元前200年)にも記載されているんですよ。③狻猊について  どう猛な性格で、虎や豹をも食べると言われています。火や煙を好むことから香炉の装飾にもよく使われます。また、寺院の本堂前にある大きな香炉の脚部にも使われたりしていますから、探してみてくださいね。仏教では、仏のすわる座、転じて高僧が座を、狻座(さんざ)、猊座(げいざ)あるいは獅子座と称しています。役職や地位的な意味合いもあるようです。四国の切幡寺(きりはたじ)には、猊座文珠画という、文珠菩薩が獅子に乗られている姿の絵が有名です。また、高僧への敬称として「猊下(げいか)」という言葉も使われていますよね。猊下は、宗教・宗派を問わず偉い方に使われ、ローマ教皇猊下、ダライラマ猊下、〇〇上人猊下という使い方になります。高麗から日本に伝わったことから、獅子が狛犬(こまいぬ)と呼ばれるようになったという説もありますね。ここは物語が長くなるから今回は省きますが(^^)伝統芸能の能や歌舞伎、神社でよく見る狛犬まで、私達がなかなか気付かないだけで、龍は昔から生活の中に普通に根付いている存在なのですね。龍は深く静かに、私達を守ってくれているのですね。龍に感謝です。私の使う龍神カードにもこんな姿で入っています。適切で素敵なメッセージを送ってくれますよ。※ 龍神カードリーディング ご希望の方、悩み事などのご相談は 下記までご連絡ください。 田口 櫂任  office_kaito230@yahoo.co.jp 渋谷にも時々来ております http://www.angel-stone.biz/healing_space.html※ Kaito の龍神カードブログhttps://ameblo.jp/ftft0701 

  • 03Oct
    • 鳩森八幡神社参拝と将棋の画像

      鳩森八幡神社参拝と将棋

      今回のお話は、龍は登場しませんが次回 、龍神カードシリーズVol40は「地龍」です。お楽しみに(^ ^)さて、今回は神社参拝の報告。参拝したのは、千駄ヶ谷の鳩森八幡(はとのもり)神社⛩。そばには、羽生善治さんや藤井聡太七段など有名な棋士達がしのぎを削る将棋会館があります。千駄ヶ谷駅前には、来年の東京オリンピックを目指し建築中の新国立競技場🏟もありましたが、今回は全く目もくれずに鳩森神社にまっしぐら。理由は後ほど(^ ^) 鳩森八幡神社は、応神天皇、神功皇后をお祀りしている神社ですが、パワースポットとしても有名です。可愛い鳩のおみくじや絵馬もあり女性にも人気ですね。また、富士塚もあるのでしっかり富士山登頂してきましたよ(^ ^) 登頂時間約3分(^ ^)奥宮をお参りし、パワーをいただきました。 実は将棋会館がすぐそばにあり、将棋のプロ棋士の方達もよく参拝されていますし、日本将棋連盟の行事も開催されているそうです。という私も下手の横好き将棋ファンでして、実力の伴わない弱〜いアマチュア五段でありますf^_^;境内にある将棋堂には、立派な王将がどかんと鎮座されていました。勝負事の必勝祈願に多くの人がお参りに来ているのも理解できます。今回、私が参拝したのも、あるプロ棋士の方の必勝祈願でした。いつも応援している木村一基九段というプロ棋士の方がいます。今回、「王位」というタイトル戦で、タイトル保持者の豊島将之王位に挑戦し参拝の前日まで、七番勝負は3勝3敗のがっぷりよつです。これまで6度タイトルに挑戦しましたが、ことごとく敗れてきて、年齢も46歳。将棋の世界では、40歳を超えると成績も下り坂に入ってきます。だから、木村九段にはタイトルを獲るチャンスはもうないだろうと、周囲は見ていました。そんな木村さんに、なんとしても勝ってほしくて、勝負の最終日、私も朝一で、鳩森八幡神社に参拝してきました。そして、夜になり、とうとう熱戦を制して木村九段が勝ちました。4勝3敗で念願のでタイトルを初めて獲得です。涙涙😹46歳という年齢での初タイトル獲得は、これまでの有吉九段の37歳を大幅に上回る最年長記録です。この記録は本当に素晴らしいですね。https://hochi.news/amp/articles/20190929-OHT1T50267.html将棋界は、藤井聡太七段を始め若手が大活躍中ですが、中年の期待の星⭐️も輝いていました。拍手👏おめでとうございます。

topbanner