弟子は師の言葉を聞いているふりをする(弟子の思いやりの心)

 

 絵を描いていて、毎回同じようにM先生から指摘を受けます。

10数年も習っていると、先生が口を出そうとした瞬間に、先生が何を言われるかほぼ分かります。

口を出そうとされるまではわかりません。

そして何を指摘されるかは分かっても、どのようにそれを直せばいいかわかりません。

 

何かを集中してやっている時には、周りが見えていないことは多いです。

ゲームやSNSにはまっている人たちも、どこかで抜け出した方がいいと分かっていると思います。

他人がそれを言いそうになると身構えると思います。

自分でどうやって抜け出したらいいのか分かりません。

「わかっちゃいるけどやめられない」

 

わかっているのですから、もう一歩です。

自分で抜け出すか、誰かの力を借りるか。

絵はM先生の口ぶりを察した時に、少しは良くなるように筆が動く時があります。

 

      私たちDoCanふれあいねっとのFacebook pageのアドレスです

https://www.facebook.com/DoCan.org/   よかったらご覧ください。

 

耳に届いた噂は虚偽と悪意に満ちている。(噂は意地悪な生き物)

 

 昔から噂話は当てにならないと言われています。

途中で、聞いた人たちが自分の都合のいいように、あるいは面白おかしく歪曲をしているからです。

 

最近は、SNSで、最初から悪意を持って、あるいは、たた単に自分を高めたり注目を浴びようとして、話題をねつ造することが見かけられるようになりました。

 

できるだけ情報源に近い所で情報を得たり、信頼できる人から情報を仕入れることが大事です。

発信源の人を知ることがますます大事になってきています。

信頼をするためには、文字の上だけではなく面談して判断する力を養成することが大切です。

 

      私たちDoCanふれあいねっとのFacebook pageのアドレスです

https://www.facebook.com/DoCan.org/   よかったらご覧ください。

 

申し分の無いコトを言う人は胡散臭い。

 

 世の中に、「完璧」とか「絶対」とかは、そうそうあるものではない。

まったく無いに等しい。

 

そうなのに「絶対」とか「完璧」という言葉を使っている人は、自分や相手を誤魔化している。

 

物事を処理する時に、「完璧」になるように努力はするけれど、「完璧」にはなり得ないと思っていた方がいい。

だから、もし「完璧」でなかったとしても、それほど落ち込まなくてもいい。

生き方としては腹八分目くらいの生き方が楽です。

私は8割もできたら十分だと思っています。

 

      私たちDoCanふれあいねっとのFacebook pageのアドレスです

https://www.facebook.com/DoCan.org/   よかったらご覧ください。

 

トゲは気にするとますます痛い。禿は気にしだすと進行が早くなる。(トゲと禿の法則)

 

 トゲや歯の間に挟まった食べかすはとれるまでずっと気になります。

私も自慢の髪がだんだんと少なくなってとても気になっています。

散髪に行って短くなるとよく目立ちます。

周りの人以上に自分が気にしています。

 

 髪が少なくなるのは、なかなか止められませんが、トゲや歯の間に入った食べかすのように、ちょっとしたことで気になることは、後回しにせずすぐに排除した方がいいです。

気持ちがずんと前向きになります。

心の小さな傷も小さなうちに修復しましょう。

 

      私たちDoCanふれあいねっとのFacebook pageのアドレスです

https://www.facebook.com/DoCan.org/   よかったらご覧ください。

 

よい絵は90パーセントの感覚と10パーセントの手作業でできる(絵の公理)

 

夏が過ぎてから、高齢者サロンでお絵かき講座をやることになりそうです。

私は⒑数年絵を習っていますが、上手な絵も描けませんし、先生に「今日のはいいね」と言われるのはまれです。

それでも楽しく描くことは伝えられます。

 

高齢者サロンなどでは、美しい絵を描ければそれはそれでいいことですが、それよりもっと絵を描く時に楽しかったと感じることが大切だと思っています。

だから大胆に速く描くことをお勧めしています。

 

 上手に描こうとする気持ちを忘れて描いていると楽しくなります。結果として楽しい絵ができあがります。

 

      私たちDoCanふれあいねっとのFacebook pageのアドレスです

https://www.facebook.com/DoCan.org/   よかったらご覧ください。

 

聖人は夢を見ない。才人は夢を現実にする。凡人は夢のなかで溺れる(夢の法則)

 

 聖人の夢見の具合はわかりませんが、凡人が夢の中で溺れず、夢を現実にして才人になる方法は少しわかります。

夢を夢だけに終わらせず現実にするためには、具体的な設計図が要るのです。

詳細に設計図を描ければ、実現がぐっと近くなります。

詳細まで見つめて、時間管理をしていけば実現します。

大事なことはあきらめないことです。

 

      私たちDoCanふれあいねっとのFacebook pageのアドレスです

https://www.facebook.com/DoCan.org/   よかったらご覧ください。

 

描いている筆がなかなか置けないのは、自分に自信が無いからだ(唯我独尊の精神の不足)

 

何にでも自信を持って取り組めばいいけど、実社会ではそうばかりはいきません。

 

芸術ではまず自分の作品に自己満足をすればいいのですから(何かの賞を目指すとか、褒めて貰おうとか思わなければ)、余り他人に迷惑をかけることはありません。

だから芸術に浸って、心を自由にすることができるのです。

心の癒しになるのです。

 

絵では自由奔放に描いて、自己満足に描いた時に心が解放されます。

「これが自分の絵だ」と自信を持っていえばいいのです。

何にでもいい所を見つけてくれる人以外には見せない方がいいです。

 

      私たちDoCanふれあいねっとのFacebook pageのアドレスです

https://www.facebook.com/DoCan.org/   よかったらご覧ください。

 

天気予報をする人は当たれば先見の明を誇り、外れれば天気のせいにする。(天気予報の法則)

 

 最近の天気予報は以前に比べてよく当たります。(宝くじみたいに「当たる」なんて言葉を使ったら失礼ですね)信じて行動をすることが多いです。

 

多くの人もそうだと思うのですが、それでも災害に遭ってしまいます。

家を建てる時に、自然災害に対する立地条件をよく考えた方がいいのですが、現在の便利さや価格の方に目が行きがちです。

 

自然は人間の勝手な行いに、猛威を奮って警告を与えています。

 

   私たちDoCanふれあいねっとのFacebook pageのアドレスです

https://www.facebook.com/DoCan.org/   よかったらご覧ください。

 

来るぞ来るぞと大騒ぎすると、台風は来ない。(予報の定理)

 

台風などの自然災害は人智を超えた所にあるものだと思っていましたが、最近の台風や暴風雨の発生には、人の力が加わっているのではないかと思うようになりました。

自然環境に悪影響を与えています。

「観測史上最大の」という表現の多いこと!

じわじわと地球環境を悪くして、そのしっぺ返しを時々受けています。

 

      私たちDoCanふれあいねっとのFacebook pageのアドレスです

https://www.facebook.com/DoCan.org/   よかったらご覧ください。

 

欠点と長所は同じものだと言うことを賢者は知っており、愚者は欠点と長所は別なものだと思っている。(欠点の法則2)

 

 心理の勉強をしてきて、この「欠点と長所は同じものだ」ということが、私の中にしっかり根付いたことがとっても良かったことの1つです。

 

得たもので、あといくつか「とてもよかった」と思えるものがあります。

そのいずれも簡単なことです。

 

私にとって、得たものの価値は大きなお金を使う価値があったのですが、その内容は簡単すぎて、得てしまえばそんなに大金をかけるほどのものではないとも言えます。

私はそんな簡単で、とても大事なことを、わずかな費用だけでたくさんの人に伝えたいと思っています。

      私たちDoCanふれあいねっとのFacebook pageのアドレスです

https://www.facebook.com/DoCan.org/   よかったらご覧ください。