このようにとらえることにより、株式も債券と同じくデュレーションを持つ資産として同じユニバースに加えて確定給付型年金のように確定した負債に対する同一のフレームワークで考えることができる。

 

ただ同じフレームワークで考えるといっても、株式はそのキャッシュフロー(教義には配当)の不確定さがあり、相対的に保守的であればより不確定さが少ない株式を選好することになる。なぜならようやく債券と同じフレームワークでとらえることが可能になったにも関わらす、キャッシュフローの不確定さが相対的に高いあるいは景気変動に伴いキャッシュフローが大きく変動するような株式は、結局のところデュレーションによる負債とのマッチングあるいは差異のマネージメントが主目的であったにもかかわらず、その手前の資産のキャッシュフローの不安定さにより、資産と負債のデュレーション管理が困難になってしまうからである。

 

このように考えると、リタイヤメントにあたり、負債のデュレーションを明示的に意識しようがしまいが、将来に必要とされるキャッシュフローがあるのであれば、そのデュレーションマネジメントが必要であり、その資産サイドの運用として債券と株式をデュレーションという指標で統合することができる。

 

そしてその際の株式としては、保守的であれば、キャッフュフローの不確定さが相対的により少ない銘柄群をユニバースとすることが必要だと思われる。

 

こうして株式を捉えなおしてみた場合、具体的にはどのような銘柄群がユニバースとなると考えられるであろうか。

 

ここでコンソル債券の価格はC/y(Cはクーポン、yは利回り)、DDM理論では、配当一定額の株価はD/r(Dは配当、rは資本コスト)、配当成長モデルの株価はD/(r-g)で表される(gは配当成長率))であることから、保守的であれば、前回までで述べた配当一定モデルに加え、配当成長モデルの期待が強い、つまり配当の増減のボラティリティが相対的に低い公益・通信・鉄道といったユーティリティーストックに加え、日常消費財の内連続増配株がその対象と考えられるのではないか。

 

つまり債券とこうした株式で将来の負債サイドとイミュナイズし、その余剰でより広範囲の株式インデックス投資を行うとする考えがここで登場する。これは平均-分散によるアセットアロケーションとは異なるアプローチによるアロケーションであり、寧ろ最大損失を意識したアロケーションに近いものがある。

 

またこのアプローチを採用する場合、いわゆるFAANG株に代表される高成長株式には債券株式統合ユニバースに入れることは難しいと考えられる。それらはその企業の将来の生み出す利益のボラティリティの高さと、その利益成長性に対する期待そのものが株価を大きく変動させるからである。

 

これは、MM理論や利回り革命以降(1960年代以降)、DDMからPERを基準とした株価理論(従来のDDM理論(D/(r-g))のD(配当)を利益と配当性向の積に置き換え、株価=利益×配当性向/(r-g)とし、ここから株価/利益=配当性向/(r-g)が導かれ、これにより実際の配当額とは無関係に、成長力が高いと認識されれば高いPER及び高い株価を正当化できるとする理論)によりFAANG株に代表される高成長株式の株価が正当化されてきたことと関係する。

 

もともとPERモデルはDDMモデルから発展してきたのであるが、PERモデルではもはや配当を考慮せず、DDMモデルにおける「将来に渡る配当成長」を、「将来に渡る高い利益成長」に読み替えてきたことを忘れ、その株価が将来に渡る永続的な高い利益成長率が配当成長に比べ主観的でかつ不安定であることを認識する必要がある。

 

このように資産サイドの従来の債券に加え配当モデルで評価できる株式のデュレーション及びキャッシュフローと将来時点の予測支出額から計算される負債サイドのデュレーションとキャッシュフローをマネンジメントすることで、そのレジュディアルを把握しそれを自身のリスク許容レベルと捉えることができる。その場合レジュディアル以外の資産価格の変動そのものには捉われる必要はなくなることになる。

 

なお利回り革命によりDDMモデルは古臭い理論と思われがちであるが、現在においてもDDMモデルは米国においてその派生モデル(例えばOJMモデル等)として進化しつづけていることを付言しておく。

このようにして確定給付の年金のように負債サイドに長期のデュレーションを保有する場合におけるイミュナイズの方法として、従来の長期のデュレーションを保有する債券に加え株式のデュレーションという考えを導入することで、イミュナイズの枠内においても株式を保有することができるようになった。

 

さてこれまで「債券」・「株式」と言葉を用いていたが、債券においても一般にイメージするような満期があり一定のタイミングでクーポンが支払われ、その支払いが行わなければデフォルトするものであろう。この範囲でとらえるなら株式を債券のユニバースにふくめる事は難しい。しかし債券にも満期がない債券がある。昔はコンソル債券と呼んでいた永久債である。こうした永久債の理論値は、クーポンを利回りで割ったものとして表される。これは配当が一定額である場合の株式DDMモデルの理論価格と同じである。

 

上記のように債券のイメージを拡張すれば(拡張)DDMモデルの理論価格等で価格形成がされる株式を同じ範疇で捉えることができる。逆からいうとそうした理論価格あるいはそれに類した価格モデルで捉えることのできる株式であれば、確定給付年金等のイミュナイズ運用において債券と同様のユニバースに入れることができるということだ。

 

しかしこの場合「株式」といっても、現在我々がイメージしているものとは投資対象が異なっていること、つまりユニバースが違っていることには注意が必要だ。

 

ただこのユニバースに入れることができる株式というのも、その範囲は運用者の考え方でかなりの幅をもたせることができる。クラシックなDDMモデルだといわゆるユーティリティーストック(公益株)でなおかつ配当額一定としていたが、その場合あてはまるのは電力・鉄道・通信(電話)など規制で守られていた株式であった。またその逆にユニバースを拡げた考え方としては、配当そのものではなく個々の企業が生み出すキャッシュフローに着目し、実際の配当ではなくキャッシュフローの割引モデルで株価を正当化し、ユニバースに加えるとする考えである。こうした場合は無配株もユニバースに入れることができる。

さてなぜエクイティーデュレーションということを考える必要性があったのか。

 

それは年金運用におけるイミュナイゼーションの必要性からだと理解している。

この場合年金運用というのは、漠然とした将来の為に資金を増やすということではなく、確定給付型年金における年金負債に対してイミュナイズするということである。

 

またこの場合ベンチマークは各々の年金負債がベンチマークとなり、そのベンチマークからの乖離がリスクとなる。

なぜなら株式等の各資産がどのようなパフォーマンスを示しても、その支払い債務である確定給付額は不変であるからである。

 

こうした超長期の確定給付型年金負債にイニュナイズするには、基本的には同様の超長期の資産を保有することが必要となってくる。

完全に負債とイミュナイズするには、負債のキャッシュフローと同タイミングのキャッシュフローを同額もつことで達成することができる。しかしこれは実際には非常に困難(物理的に困難なだけではなく、割高な運用となってしまう)であるので、一番簡単な方法として負債のデュレーションと同じ長さのデュレーションを資産として保有する(ただしイミュナイズとしては最も不完全)ことや、キャッシュフローマッチングとデュレーションマッチングを組み合わせた手法を採用する。

 

したがって、超長期の年金負債に対しては超長期の債券を中心した運用を行い、リスク許容範囲に応じて株式等の運用を考えるという運用手法が中心となる。又これが現在の保険会社の運用である。

 

しかしながら債券は、コンソル債券は例外として、満期は30年が限度であり負債サイドのデュレーションに対して圧倒的に短い状態であった。それを解消する為、ひとつは債券そのものを変容させた。たとえば30年債のクーポンと元本を分解し、それぞれを別個の債券とした。こうすることで最長30年のデュレーションを持つ債券を作成した。

また一方、ある一定の株式をあたかも債券のように捉える考え方も唱えられた。つまり株式をある種の永久債に類したものとして捉えたのである。ここに株式のデュレーションという概念が登場する素地ができた。こうして捉えることにより限界的なリスク資産としての株式運用ではなく、イミュナイズ運用の枠内で債券だけでなく株式を捉えることができるとするものであった。

債券の金利変動に対する価格変動性を示す指標にデュレーションがある。

 

簡単にいってしまえばデュレーションが長ければ価格変動性が高く、逆に短ければ価格変動性が低い。また満期までの期間が長ければ長いほどデュレーションが長くなる。そしてクーポンが低ければ低いほどデュレーションは長くなる。

一般に債券のアクティブ運用は金利が低下すると想定すればデュレーションを長くし、金利が上昇すると想定すればデュレーションを短くして、アクティブリターンを狙う。

 

デュレーションといえばこのように債券の価格変動性を示すものと一般的に考えられているが、株式のデュレーションというものも考えられている(エクイティデュレーション)。

 

これは1980年代から米国では論文として発表されている(米国のファイナンシャルアナリストジャーナル等)。

またその後も、データーが揃うに従って、株価の金利変動性として過去の株価と金利の関係性から分析がなされている。

 

しかしながら固定金利であれば発行時にクーポンと満期が決定されている債券であれば、そのデュレーションは数式により一義的に決定されるが、株式のデュレーションの場合は、株式は満期がなく(これ自体は債券にも永久債がある)、期中のッキャッシュフローは不確定であるので債券とは異なり、数式により一義的に決まるものではない。

 

ただクラシックな株式の価格モデルにはDDMモデル(デビデントディスカウントモデル)があるので、このモデルあるいはここから発展した拡張型DDMモデルあるいは配当ではなくキャッシュフローを用いた拡張型キャッシュフローディスカウントモデルを用いれば、さまざまな仮定を置けば金利(この場合ストレートな市中金利というよりも資本調達コストになると考えられるが)変動に対する株価の変動性を計算することができる。

 

さてここまでが株式のデュレーションの一般的な話であるが、この概念を用いて、米国のいわるゆ連続増配株投資とFANNG株に代表されるホットストック株投資について考えてみたいと思う。

確定申告を提出してきた。

 

配当・売買損益等について今回から国税(所得税)は総合課税で、地方税は不申告で申告書を提出してきた。

 

所得税の確定申告については、インターネットの所得税確定申告書作成コーナー (https://www.nta.go.jp/tetsuzuki/shinkoku/shotoku/kakutei.htm )で作成すればほとんど何も考えずに作成できる。

またこのコーナーを利用すればどのような所得がどれだけ増えればあるいはどのような控除がどれだけふえれば所得税がどう変化するか、また課税方法の相違についてもシミュレーションできるので、法律で認められる範囲でどのように申告すれば最も負担が少なくなるかいろいろ試みることができる(例えば配当所得において総合課税にするか申告分離課税にするか等)。

 

一方地方税についてはそうした仕組みは見つけられなかった。

また国税(所得税)と地方税とで今回のように異なる申告をしたい場合具体的にどうすればいいかを説明する役所のホームページも私の所在地では見つけられなかった。

しかたがないので役所のホームページのお問い合わせでメールを送ったところ、返答をいただくことができた。それによれば不申告を申告するということをはっきり明示することが必要で、また最初に国税その後地方税という順番を踏んでほしいとここと。また地方税で不申告を申告する際には、国税受付印押印の国税確定申告書の控えを持ってきてほしいとのことであった。

 

ただ総合課税のメリットは配当において配当控除を受ける為であるが、投資信託でグローバルインデックス投信のような外貨建て資産割合の高い場合(75%以上)は配当控除がなく、またそもそも外国株式投資信託の収益分配金には配当控除の適用がないので(参考:みずほ証券 証券税制早わかり 証券投資信託の税金 https://www.mizuho-sc.com/beginner/toushi_zeikin.html)私の場合ほとんど影響はないと思われる。

 

実際の所、国税(所得税)と地方税で異なる申告でも受け付けるというのを一度行いたかったというのが今回の動機である。

 

(配当控除については、国税庁タックスアンサー No.1250 配当所得があるとき(配当控除)(http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1250.htm)をご参考のこと

ナシーム・ニコラス・タレブ  「反脆弱性」(上・下)を読んだ。

 

 

著者は「ブラックスワン」でサブプライムローン危機でその発生と影響について、事前に警告を発していたとして一気に著名となった人物だ。

 

彼の作品は「まぐれ」「ブラックスワン」「強さと脆さ」について読んできたが、今回の 「反脆弱性」はこれまでの彼の作品と同様難解である。

複雑な数式が用いられているわけではないが、トピックスのユニバースが広くて頭がなかなか追いつかないからだ。

 

「反脆弱性」については、私は、強いものが実は脆く、壊れるときには大きな被害をもたらすものであると解釈している。

 

イメージでは地震に対する現代の建築の耐震の考え方あるいは災害に対する考え方に対する批判ととらえている。

 

現代の建築の耐震の考え方では、地震の揺れに対して耐震基準を高め強固な建築にし揺れを抑えようとしているが、ある一定の値(閾値といってもよいと思うが)を超えると大きな被害が発生してしまう。ところがこれに対してはこうした揺れは想定外としてまたこの揺れに対して基準を高めて対応しようとする。

 

災害に関しては、予想外の災害(洪水・噴火など)が発生すると、このようなことは想定外としてモニター基準を高めて対応しようとする。

 

しかしながらこうした「想定外」が発生しないように想定の幅をひろげても、想定を超える閾値がどこにあるかは事前には測定不能であるので、いくら想定の幅を広げても想定外は発生するのである。

 

いいかえればお題目のように「安全・安心」という言葉を使うが、「安全」のレンジを広げて「安心」を得ようとしても、いくらこのレンジをひろげても無理だといことだ。

 

その点をこころみると、法隆寺の五重塔はすぐれた建築物だ。

決して強固な建物ではなく、揺れに対してもぐらぐらゆれるといわれているが、一説によればこのゆれが地震のゆれを逃がして倒壊しないといわれている。

 

(英文ではあるが参考として、https://gizmodo.com/5846501/how-japans-oldest-wooden-building-is-still-standing

 

 

 

 

 

先日、細見美術館で開催されている「細見コレクションの江戸絵画 はじまりは伊藤若冲」展を訪問した。

 

 

 

同展は正月明け1/3から開催されていたが、年初は京都文化博物館で開催された「至宝をうつす」展で予想より時間をとってしまい行きそびれてしまったのを今回訪問したものだ。

 

この展覧会は細見美術館が京都岡崎の地に開館してから20年経過したのを記念して開催されたもので、細見美術館といえば近年では公立系の美術館では断られていた「春画」展を京都で開催したのが目をひく(東京では永青文庫で開催)。

伊藤若冲といえば、一昨年(2016年)の東京都美術館で開催された「若冲」展であるが、それ以降も2016年~17年にかけて京都では相国寺承天閣美術館や京都国立博物館、ここ細見美術館などで若冲の展覧会が開催されていた。

 

今回の若冲展では、雪中雄鶏図や糸瓜群虫図、伏見人形図といった色鮮やかな作品だけでなく、群鶏図といった水墨画の優品も展示されていた。

 

また今回「細見コレクションの江戸絵画・・・」と銘打っているように、細見美術館所蔵の江戸絵画を、同じ画家(例えば俵屋宗達、尾形光琳・乾山)の著名な作品を紹介しつつ説明していたり、同じ趣旨の著名な作品をを介しつつ説明している(例えば彦根図屏風)点がユニークで、こうしたことで教科書に載っている絵画しか見た経験のない人でも理解が深まるような工夫がなされていた。

 

こうした点は絵画鑑賞の初心者の敷居を下げる試みとして評価されるべきことだ。

 

なおその後晴明神社に立ち寄ったが、境内は、予想通り金メダル効果で大混雑であった。

 

2007年にアーリーリタイヤしてから10年以上経過した。

 

その間にはリーマンショックも経験したが、現状をすこし整理しておこうと思う。

 

まず結論としては、問題なくアーリリタイヤ生活を継続中である。

 

保有資産は途中リーマンショックもあったが、アーリーリタイヤ前とほぼ変わらない額を維持している。

つまり資産からの収益で生活費をまかなったということになる。

 

またこの間の売買は、資産価格の変動により想定アセットアロケーションから乖離が発生した場合に、オーバーウエイトとなった資産を売却し、アンダーウエイトになった資産を購入するだけであった。またその執行は行ったとしても年1回行うだけであった。

 

また基本インデックス運用であったので、銘柄入れ替えや利食い・損切なども行わなかった。

 

一方、資産運用環境は大きく変わった。NISAが始まったり、海外株式(ETF含む)を取り扱うネット証券会社が増えたり、インデックス投信の信託報酬等の引き下げ競争が行われたり、又最近では確定申告を所得税と住民税とで異なる方法で申告することが正式に認められたりした。

 

総じて他人におまかせではなく、個人が自分の判断で資産運用を行いやすい方向になってきていると思っている。

 

生活という面では、アーリーリタイヤ初年度は生活費が想定以上にかかったが、2年目以降は基本的な生活費は思ったほどかからなくなった。

 

アーリーリタイヤ後の生活費を振り返ると、想定どおりではあるが、総支出に占める食費・日常品費といった変動費の占める割合は低く、ここを削ろうとして1円で安いものを探すという行動は効率が悪いということが確認できた。

 

総支出額を削減するには、固定費を削減する必要があり、それには行動様式を変える必要性が高い。

例えば、住居費の削減として現住居にその状況で済み続ける必要があるか?、移動手段が必要か?、何のために保険が必要なのか?、年会費を支払っているものはそれが本当にその対価にみあっているか?、通信費用はそれでいいか?etc...

 

自分の経験では予想より支出が多かったものは、娯楽費と医療費だった。

 

娯楽費はそれこそ人それぞれであるので、どうするのがいいのかは本当に人それぞれであろう。

私の例でいえば、娯楽費の中でもメリハリをつけて支出をしている。

例えば、図書や音楽CD(落語含む)はたいてい図書館で借りることができるし、最近ではDVDやブルーレイまで図書館が対応している。またジムも公立に通っている(プールあり)。そうして娯楽費を抑える一方、年に1回~2回海外旅行をし、二カ月に一度は一週間以内の国内旅行を楽しみ、一ヶ月に一度は観劇(歌舞伎や文楽)に通っており娯楽費を引き上げている。

 

また医療費関係については、ジムに通い人間ドックを年1回お受けてはいるものの、年々人間ドックで引っかかったり、また不調が部分が増加して病院に通う回数が増えてきている。

 

日常生活は想定どおり自分でペースを考えて活動できた。

定期的にジムに通う他は、好きな本や映画を楽しんだり、ボランティア活動に参加したりしている。よくアーリーリタイヤして何をするかと疑問に思う人がいるが、こちらからすれば、仕事以外に何もすることはないの?と問いたくなる。

暇があればブログやツイッターで発信することもあるが、アクセス数で対価を得ようとは考えていないので(それでは単に著述業者になっただけであると思うので)、「更新しなくては」と常にネタを探したりパソコンの前で頭をかかえることもない。

 

こうしてアーリーリタイヤ後10年以上経過したが、ほぼほぼ想定内の生活ができているというのが実感だ。

 

ここから、これからアーリーリタイヤを考えている人に対しては、人・物・カネのマネジメント能力があるならアーリーリタイヤはさほど悩むほど特殊なものではないよ。というアドバイスをしておこうと思う。そうした能力がないのならそれは働いていてもいなくても基礎能力不足であるのであるから資産を増やすよりもその能力を鍛える方が先決だよというアドバイスをしたいと思う。

先日、上野東京都美術館で開催されているブリューゲル展を訪問した。

 

 

ブリューゲルは昨年から「バベルの塔」(東京都美術館)や「ベルギー奇想の系譜」(BUNKAMURAザミュージアム)で展示がされている。

 

今回のブリューゲル展は、時代を広く取り、16世紀のピーターブリューゲル1世から、その息子のピーターブリューゲル2世、ヤンブリューゲル1世、孫にあたるヤンブリューゲル2世、そのヤンブリューゲル2世の子供の世代まで約150年に渡る画家一族の作品が展示されるというものだ。

 

またその作品はプライベートコレクションが中心でほとんど日本初公開という触れ込みである。

 

逆を返せば、著名なブリューゲルの作品はほとんど展示されていないということである。

例えば、ボスの系譜を色濃く反映したピーターブリューゲル1世の作品は、「最後の審判」「金銭の戦い」(どちらもエッチング)位であった。

また農村の風景画も出品されていたが、ピーターブリューゲル1世の作品ではなく、工房で彼の息子達が模倣した作品であろうと思われる。

 

今回インスタグラムでの拡散を狙ってか、一部作品(花等の静物画中心)で写真撮影可としていたが、カシャカシャというシャッター音など絵画をじっくり見たい人にとってはじゃまでしかなかったことを申し添えておく。

 

私はピーターブリューゲル1世のボス風の絵画、あるいは彼の後期の農村画が好みなので、今回の展覧会の評価としてはブリューゲル一族に興味がある人はどうぞというものであった。

国東半島・臼杵へ

テーマ:

関西へ出かける必要があったのだが、ぐるっと遠回りして東京→九州→大阪というルートとした。

 

一日目

LCCのピーチで、成田9:20発福岡11:35着。

そこからJRで宇佐へ。

宇佐からバスに乗り換え宇佐神宮へでかけた。

(宇佐神宮)

 

目的は宇佐神宮参拝と宇佐神宮宝物館にて公開されている国宝 孔雀文磬(くじゃくもんけい)を拝観するためだ。

 

宇佐神宮は全国の八幡宮の総本社で、また神が初めて仏教と融合したのが八幡神でその化身である仁聞菩薩によって国東半島の六郷満山の仏教が開華したといわれている。

 

その後宇佐八幡から大分空港行きのバスにのり、途中ふきのバス停で下車した。

ここから3キロほど歩き富貴寺に到着した。

 

富貴寺に行くには、昔は富貴寺前までバスがあったそうだが、現在では廃止(コミュニティバスがあるかもしれないが不明)されている。

 

富貴寺は、先ほどの仁聞菩薩が開創したと伝えられる六郷満山の一つであり、宇佐神宮がそうであるように、神仏習合の信仰が行われている。現在でも富貴寺の住職が寺内の神社に対して神主の役割をはたしていると聞いている。

(富貴寺)

 

二日目

昨日宿泊した豊後高田からバスで宇佐駅、そこからJRで臼杵に向かった。

臼杵から臼杵石仏にはバス便もあるが、一時間に一本あるかないかなので、レンタサイクルを利用(駅で借りることができる、ちなみに無料)。

自転車(ママチャリ)で約30分程度で臼杵石仏に到着。

 

過去に臼杵石仏を訪問したことはあるが、その時は古園石仏の仏頭が仏体下の台座に置かれたままであった。

その後、平成6年に修復され元の位置に戻された形となった。

 

(現在)

 

(修復前)

 

再度臼杵駅に戻り、JRで別府へ別府市内で公衆温泉に入ったあと別府国際港へ移動。

ここからフェリーさんふらわー(¥で大阪へ。翌日朝には大阪に到着できる。

料金は雑魚寝のツーリストだと7000円。横になれない夜行バスより翌日が楽だ(風呂つきだし)

別府発 18:45又は19:35(曜日により変更)

大阪南港着 6:35又は7:35(曜日により変更)