秘伝実践法~瞑想法2

テーマ:

秘伝実践法のもう一つこお教えしましょう。

これは座禅を応用した実践法です。


坐禅の本来の目的は、心を落ち着けて
人間らしい生き方を静かに考えるものですが、

ここでは、願望実現を促す特殊な瞑想法となります。


                ◇


1.用意するもの


座布団2枚、小机(座り机)、ローソクと燭台(ローソク立て)


2.場所


静かでひとりきりになれる場所。


3.服装と体調


・心を落ち着けて坐るには、心身ともに健康であることが大切。
・坐禅の前日は睡眠不足、あるいは取りすぎは避け、満腹や空腹の状態では坐らない。
・服装はゆったりしたものであれば何でもよい。
・坐禅中は素足になり、時計、ネックレスなどの装身具はつけない。


4.坐る準備


・小机の中央にローソクを置き灯をつける。机の正面に座布団を敷く。
・1枚は普通に敷き、もう1枚は2つ折りにしてお尻の下にくるように置く。


5.坐る


・足の組み方には結跏趺坐(けっかふざ)と半伽趺坐(はんかふざ)が

 ある。
 初心者は後者のほうが楽なのでそちらを説明する。

 まずあぐらを組み、その状態から左の足を右の太ももにのせる。
 手の組み方は、法界定印と呼ばれる組み方をする。
 右手を組まれた足の上に置き、左の手の平を右の手の平の上に置く。
 そして左右の親指をかすかに触れさせる。
 できた輪のなかが卵形になるくらいがちょうどよい。
 あごを引き、日は半眼で前方のローソクの灯を見る。
 見つめるというより、ぼんやりと見えているといった状態だ。


6.呼吸法


・数息観。上記の状態で心が落ち着くまで何も考えずに唯ひたすら坐る。
 そうすると、以前の瞑想法と同様に、実に平和な雰囲気があたり一面を
 おおってくる。

・そこで、前回ご紹介したイメージ法を行う。
 坐禅をしていると足の痛みなどがあり、心がなかなか落ち着かないものだ。
 そんなときは、ローソクの灯火の揺れを見るとはなしに見ていると
 自然に落ち着いてくる。

・イメージ法が終了したら、ゆっくりと目を開き、現実に戻る。
・足をくずすときは体を前後左右にゆすってから足をとく。
 そしてゆっくりと手をとく。

・週1回程度の間隔で行っていると、2~3カ月ほどで足の痛みは
 感じなくなるはずだ。
 

前回、今回と実践編で、主としてイメージ法の基本をご紹介した。

瞑想からイメージ法の一連の行法をマスターできれば、

願望の50%は成就されたようなものである。


確実に、正確にマスターできるよう、毎日必ずつづけることをお勧めする。


秘伝実践法~イメージ法

テーマ:


それでは、2回に分けて、

“宇宙が味方する秘伝法”をお伝えしましょう。


          ◇


今回は、瞑想段階から願望を潜在意識に引き渡す

方法のひとつ『イメージ法』の具体的な方法をご紹介する。


これがうまくできれば、あなたの願望の50%は
成就されたと思ってよい。


ただ、イメージ法には何種類もの方法がある。

今回は、基本に沿ったもっともオーソドックスな方法を

紹介するが、これが合わない方もいるだろう。


回を迫ってさまざまなイメージ法を紹介するので

自分にあった方法を選んでいただきたい。


【イメージ法】


1.基本状態


以前ご紹介した瞑想を行い、全身がくつろぎ、

じつに平和な雰囲気があたり一面をおおっている

気持ちに成ったとき。


2.イメージすること


もちろん、あなたの願望である。

ただし、実現が絶対不可能なことをイメージしてはいけない。

たとえば、自身が魚になって大海を泳いだり、鳥になって空を

自由に飛びまわるようなことである。

これらはイメージ法ではなく妄想である。

これが、あなたが潜水艦や飛行機を操縦して自由に大海や大空を

巡っているという、可能性のあることであればイメージ法に値する。

また、その願望が他人を傷つけて得るものであったり、

他人を踏み台にして実現するものはイメージ法に値しない。
(詳しくは、後に明らかにしていく)


3.イメージの仕方


あなたの願望が達成された状況を頭の中で画相(視覚化)

として思い描く。その画相のなかには願望が実現し喜ぶ

あなたの姿も必ず入れる。つまり、成功した自分の姿と状況を

天井から眺めるように俯瞰(ふかん)で見る。

また、その画相からはビデオを見ているように声も聞こえてくる。

もちろん、あなたの喜びの声だ。


〔例〕願望=売上倍増(FCの場合)


「●●店長、おめでとう。今月は全国売上店1位となった。

 次回表彰式の際は、褒賞金も用意されている。

 その調子で、今後も頑張ってほしい」

「ありがとうございます。これも本部の方のご指導のおかげです」
「やはり、君が発案したメニューが相当貢献しているようだ。

 ●●店長の評価は本部でも高い。身を粉にして頑張っているようだが、

 たまには家族サービスも忘れんように。どうだ、家族で骨休みに

 温泉旅行でも行ったら」

「ありがとうございます」


4.実践中の注意


★必ず実現できると確信する
★不安感(たとえば願望実現を阻むこと)は一切イメージから排除する
★達成されたことを思いウキウキし、思わず笑みがこぼれる
★達成したことに没頭し、達成後のことを次々と想像していくものだが、
 まずはひとつの願望達成のみでイメージ法を打ち切る。

 なぜなら、達成後を次々と想像していくと、必ず不安(負)のイメージが

 わいてくる。


5.イメージ法の打切り方


画相に映っている自分を、実際の自分のほうに向かせて、

目を合わせ、実際の自分がイメージの自分に

「おめでとう、よかったね」と祝福の言葉を言ってやる。

そうして、ゆっくりと目を開き、現実に戻る。

こうして、瞑想からイメージ法の一連の実践が終了する。



瞑想のすすめ

テーマ:


前回のKさんの例でもわかりますように、

瞑想など自分だけの時間をつくることも

大切さです。


瞑想というと堅苦しいですが、

目をつぶり、日常の様々な思いから離れる

というだけです。


それこそ電車のなかや公園など、

どこでも行える行為でもあります。


はじめは、ノイズや雑音が気になるかもしれませんが、

慣れてくれば、気にならなくなります。


このような時間をつくることが、特に経営者にとっては

大切だと思います。


ひとりきりになる静かな時間にこそ、

心が平和になる時あり、潜在意識ともっとも容易に

手を結ぶことのできる時間といえます。


意図せずして、商売のアイデアや新メニューが浮かんだり、

あるいは販促方法が浮かんだりするものです。


もちろん目標に達成に向けて、周囲が動き出したり、

運気も上がってくるというのも、潜在意識の不思議な

力です。


これまでの経験則からいいますと、具体的には、

効果の上がりやすいのは、早朝の4時ころから約1時間、

家族や周囲が静まりかえり、電車や新開配達などの

外の雑音もない時間帯が有効です。


瞑想以外にも、読書や書きものなどをしても

よいでしょう。


朝4時とは早いと思われるかもしれませんが、

5時から2時間寝てもかまいません。


ぜひ一度は試してほいしと思います。

こんな素晴らしい時間があったのかと驚くでしょう。


1週間も続けられれば誰でも習慣化できますので。


(続く)


子供の頃の夢が花開く

テーマ:


親から食堂を引き継いだKさん。

悩みもなければ目標もないというのが、

“問題”でした。


そして、瞑想を行うことを勧めました。


後日、Kさんから聞いた話をまとめると、

次のようになります。


彼はひとりの時間と空間をつくるため、

車で近くの河川敷までいき、車の中で、そのまま

リクライニングを倒してゆっくりと瞑想したようです。


そこで私が与えた暗示の言葉を繰り返しました。


「自分は願望達成に向かって

 活き活きと生活している」


願望が決まっていないので、潜在意識へイメージを

送ることができませんので、言葉による暗示効果を

与えたわけです。


やがて、潜在意識が反応しました。


ある日、河原で瞑想を続けていた彼は、瞑想しながら

ウトウトと眠ってしまったようです。


そのときにみた夢にヒントが隠されていました。


その夢は、彼の少年時代の夢でした。

みかん箱の机に向かって一生懸命に漫画を描いている

姿でした。
それを傍らで、幼い妹がみていて「早く早く」とでき上がりを

せがんでいました。


目覚めた彼は、子供のころは漫画家になることが

夢だったをことをを思いだしたのです。


その日以来、彼の生活は変わりました。


家業の傍ら、夜遅く食事をすませると、

黙々と漫画を描きつづけたのです。

もちろん奥さんや子供たちは驚いたようですが、

それでも、別にお金のかかる趣味でもないので、

見守ってくれたそうです。


描いているうちにだんだん欲もでてきたようです。

彼はどこかに作品を投稿し評価を得たいと思うように

なったといいます。


数か月後、ある懸賞で入選し、佳作に選ばれました。


Kさんは、プロの漫画家になろうとは思っていませんが、

趣味として今後も描き続けたいとのことで、

食堂には今月のメニューと共に彼の描いた漫画が

毎月掲げられているとのことです。


それ以来、店の売り上げも上向いているとのことで、

先代の父は息子の豹変ぶりに目を細めて、

私に感謝してきましたが、私は何もしてないのも同然で、

息子さんの潜在能力の高さを褒めたたえてあげました。


私もこんな展開になるとは思いも寄らず、

まさに潜在意識のすごさを思い知らされた例でした。


(続く)


目標も悩みもない・・・

テーマ:

潜在意識の不思議な力の実例を

挙げておきましよう。


食堂を営む高齢のクライアントさんから

店を引き継がせた息子さんについて、

やる気や覇気がないとの相談をうけ、

その息子さんと面談した時の話です。


Kさんは現在の心境について、

次のように吐露しました。


「…私は子供のときからなにをやっても平均点でした。

親の言われるままに家業を手伝い、それなりの生活も

保証されて、店を任せられても、それがはじめから

定められたものとして受け止めていますので・・・」


―― なにか、お悩みのことでもありますか?


「いえ、特に悩みはありません。ただ、なんとなく

惰性といいますか、時折、むなしいなあ、と思いが

あるのはたしかですが、趣味とかも特にあるわけで

もなく、日々同じことの繰り返しで・・・」


Kさんは少々、後ろ向きというより、明確なものがなく、

日々を過ごしているようですが、二代目にありがちな

パターンでもあるようです。


具体的な悩みや目標がないので、具体的にアドバイス

することが難しいのも、このタイプです。


そこで、私は、1日10分間だけでもいいから、

「瞑想」をすることを勧めました。


一人になれる時間に瞑想を行い、願望や夢をみつけるよう

アドバイスしたのでした。


(続く)


深層意識を活用せよ

テーマ:

お客様の心理を捉えることは、

なんの商売でも大切なことですが、

こと飲食店において、無意識レベルまで

重要なポイントなってきます。


特に「味覚」という根元的な問題があります。


また仏教の話で恐縮ですが、

人が認識できる表層意識には、

「眼、耳、鼻、舌、身、意」の六識があります。


さらに、認識できない深層意識は、

「阿頼耶識」(あらやしき)と言われてます。


阿頼耶識は、個人存在の根底をなす意識で、
人間の行いや言うこと、思うことなどが、

すべて経験としてその蔵に残り、個性を形成、

すべての心的活動のよりどころとなるものと

されています。


簡単に言いますと、6つの知覚で得た情報が

深層意識に種のようにまかれ、その人の言動を

決めていくということです。


これが願望の種ならば、将来花開く可能性がある

ことから、願望達成法として応用されているわけです。


そして、「おいしい」という情報を味覚に与え、

深層意識に植え付ければ、その人の足は自然と

貴店へと向かうということにもなるわけです・・・。



(続く)








鰯の頭も信心から

テーマ:


人類の歴史は戦争の歴史ともいわれます。

そして、戦争原因の多くは宗教・宗派の違いに

よるところのものが多いようです。


自分の宗教あるいは宗派のみが正しいと主張し、

その宗教を信じた者だけが救われるというのは

ちょっと考えれば、おかしな話です。


もし、それが本当なら、世界中のすべての人々が

救われ、幸福を得ているはずですが。


まあ、ここでは宗教談義する気はありませんが、

実は宗教というものも、潜在意識を利用したもの

なんですね。


「鰯の頭も信心から」と、よく言われているのも、

その辺を事情を指しています。


たとえ鰯の頭でさえも信じれば、願いごとがかなう

というのは、別にドングリの実でもあってもよいのですが、

とにかく、「信じる」ことがポイントなんです。


万能マシーンである潜在意識の主人は貴方であり、

顕在意識を潜在意識に引き渡すことができ、願いが

叶えたのは、あなた自身であり、鰯でもドングリの実で

もありません。


つまり、あなたは、願望を実現するための手段として

偶像を利用しただけなのです。


この心理を逆手に取り、飲食店にあてはまれば、

「料理がおいしい」と信じ込ませれば、

貴方のお店の“信者”(=リピーター)となるわけです…。


(続く)



無限の能力を引き出す

テーマ:


超能力は文明の発展と共に

退化していったとお話ししましたが、

その力をを再び呼び起こそうとしたのが、

山岳信仰の修験道の行者です。


彼らは山野を駆けまわり、木の実を食べ、

滝に打たれるなどの厳しい修行をつんで、

超能力を誘発させようとしたのです。

つまり、原始的な生活に帰ったわけです。


あの弘法大師として名高い空海も、

山岳修行者のひとりです。


彼は四国の山野で壮絶な修行をし、

「虚空蔵求聞持法」という、頭に入ったことは

すべて理解でき、暗記できるという能力を得て、

唐に渡り、密教の正統を日本に伝えました。


四国八十八カ所霊場の大部分は

空海緑の地ですが、その中のいくつかは

その修行の地と伝えられています。


話が横道にそれましたが、べつに私は、

空海のように厳しい山岳修行によって、

本来人間に備わっている超能力を呼び起こそう、

などといっているわけではありません。


ここであえて超能力の話題を取り上げましたのは、

あなたの潜在意識の中には、必ずこの超能力も

備わっているということを言いたかったのです。


つまり、人間の力ではできないようなことは、

本当はできるのだ、と。

厳しい山岳修行をしなくても、あなたが

「超能力がある」という顕在意識を上手に

潜在意識に送り込むテクニックさえ修得すれば、

簡単に超能力を発揮することも可能となるということです。


もちろん、スプーン曲げや透視、あるいはテレパシーなど

といった狭義の超能力を意味していません。


ただ、超能力という不思議な力さえも、

その源は潜在意識にあるということを理解してほしいのです。


潜在意識を理解することは、自身の無限の能力を

呼び起こすことが可能となるのです。


(続く)



火事場のバカ力

テーマ:

「貴方も超能力をもっている」


これは厳然たる事実です。

その超能力の源が、潜在意識なんです。


たとえば、「火事場の馬鹿力」。


普通ではどんなことがあっても一人では

持てないような金庫を、火事の時にひとりで

運びだした、というようなときに使いますが、

これも実際にある話ですが、

科学的には説明不能とされています。


緊急事態では能力以上の力を発揮できる

事実は誰もが知っています。


また、「第六感」というものもあります。

五感のほかにあるとされる感覚で、

鋭くものごとの本質をつかむ心の働きのことです。


こうした超能力は、動物的本能

いうこともできるでしょう。


船の災害を察知してネズミが数日前に群れを

なして逃げだしてしまったり、カラスが人の死を

予知して激しく鳴くという言い伝えもあります。

また、ナマズの地震予知能力は実際に研究も

進んでいます。

実は人間も現在のように進化する以前は、

こうした超能力を備えていたとも考えもあります。


人間は社会を形成し、文明を築く以前は、

動物と同じように原始的な生活をしていました。

それが文明の発展とともに動物的本能も退化していった、

それとともに、超能力も退化していったと考えても

おかしくありません。


(続く)


超能力で味が変わる!?

テーマ:

「貴方に超能力はありますか?」


とんでもない質問から始まりましたが、

どうも、「超能力」と開くと、まやかしや奇術などを

連想する方が多いようです。


かつて透視やスプーン曲げなどがショーとして

ブームになったことがありますが、l懐疑的に

見られているのが一般的ですね。


ですが、この超能力、あるんです。

これを応用すれば、料理の味も変わるんです!


「そんなバカな」とお思いでしょうが、

事実なんです。


まず、現代科学の世界でも、

もっとも重要な研究分野として注目されているのは

事実です。


【超能力】

=人間の力ではできないようなことをする特別な能力。

と辞書にあります。


科学の世界では、この人間の力ではできないようなことが、

実はできるのではないかと考え始めているのです。


たとえば、テレパシー(遠感現象・精神感応)は

宇宙開発の分野で積極的に研究されています。

なぜ宇宙開発なのかといえば、

光のスピードは秒速30万キロメートルとされてますが、

宇宙で交信するとなると光ですら天文学的な時間が

必要となります。

そうなった場合、現在の科学技術をもってしても

物理的に宇宙との交信は不可能となります。


そこで、テレパシーによる交信はできないものかと、

超心理学という呼び名で研究を進めているのです。


(続く)