東京広尾 つまみ細工教室「花びら」

東京広尾 つまみ細工教室「花びら」

つまみ細工は、折り紙の鶴が折れれば誰でもできる日本の伝統芸能。作り方やコツなどもご紹介♩通信&東京広尾教室は、
■七五三や成人式のかんざしを作りたい方
■基礎からステップアップしたい方
■つまみ細工を講師や販売などお仕事にしたい方
まで、お気軽にどうぞ。


つまみ細工とは

つまみ細工は、折り紙の鶴を折れる方ならどなたでも楽しめる、日本の伝統工芸です。


江戸時代に始まった小さな端布を使った工芸で、現在は舞妓さんや七五三のかんざしに見ることができます。


一時期はすたれてしまっていた手芸ですが、最近はNHKでも取り上げられたり、書籍もたくさん出版され、教室も増えています♪



花びらのつまみ細工 通信&東京広尾教室


つまみ細工花びらでは、生まれてはじめて!という方から、他のお教室にも通っているけどもっと詳しく教えて欲しい!という方、講師や販売を目指したい方まで、楽しく通って頂いております。


通信講座は、北海道から沖縄、海外の方まで受講頂いています♪


普段着物に合わせられるちょっとした小物から、ドレスアップのアクセントになるコサージュ、七五三や成人式のかんざしまで、幅広い作品を作ることができるのが魅力♪




クリップ場所:東京メトロ日比谷線広尾駅より徒歩10分程度(詳細は参加者の方へご連絡します。)

クリップ開催日:

1毎月第一日曜日(午前初級または講師販売、午後応用) 

2不定期 金曜日(午前)


クリップ→お申し込み手順はこちら


クリップ初めてつまみ細工をされる方、本やワークショップで作ってみたけどなかなかきれいにできないよ~!ステップアップしたいという方 →初級ステップアップコース

クリップもうすっかり基本はマスターしたので応用の技法を知りたい!大物作品にチャレンジしたいという方 →上級コース、応用単発作品



メモ講師はどんなひと?知りたい!という方 →講師のつまみ細工ヒストリー

メモつまみ細工の作り方とコツを無料で!手軽に簡単に楽しみたい方 →つまみ細工のコツ記事リンク集



image

NEW !
テーマ:

10月より「つまみ細工の可憐な花々」ブティック社 を教科書とした継続コースを開催致します。

一部、オリジナル教材や準備講座の内容が入ります。

また、デザインに関しては、書籍を基本としますが、講座用に一部アレンジを加えています。

image

 

※応用講座は、丸つまみと剣つまみが問題なく作成できる方であれば、どなたでもご参加頂けます。

初級講座の修了は必須ではございません。

 

 

12月はこちらの伊勢海老鏡餅と雪うさぎです。

※左下の松竹梅鏡餅は含まれません。

 

 

 
 

1月はこちらの左下にあるボタンのかんざしです。

ピンクと白を作ります。


2月には早めの桜を作ります。


3向きは水仙のヘアピンです。
 

 

 

 

 

チケット制で、1回、6回、12回分から購入可能です。

それぞれ有効期限が異なりますのでご注意下さい。」

チケットは現物を当日お渡しいただくことで有効となりますので、必ず当日お持ち頂き、お忘れの際は受講料を現金にてお支払い頂きます。

 

また、チケットの再発行、払い戻しは致しませんので、ご注意下さい。

 

 

毎月水曜、日曜どちらの講座でも選択可能です。

基本的には、第四水曜日と第三日曜日の開催ですが、祝日などにより、前後の水曜、日曜になる可能性がございます。

 

■チケット制

1回 6000円

6回(1年有効) 30000円

12回(1年半有効) 54000円

チケットは、中級、上級コース作品の受講時に、2500円+材料費3000円としての転用が可能です。予約時に差額をお振込頂きます。

現物が必要となり、チケットを紛失、お忘れの際は正規の料金がかかります。

 

 

(レ) レーヨンちりめん

(羽) 羽二重四匁

 

【作品予定】

2018年

10月21日もしくは24日 (レ) 椿のヘアピン(ちりめんへの彩色、紅白斑入り3種類のうち、時間内いくつでも)

11月18日もしくは28日 (羽) 庚申バラのネックレス、ピアス、リングのセット

12月16日もしくは19日 (レ)(オリジナル) 雪うさぎのコサージュとイセエビ鏡餅のコサージュ

2019年

1月20日もしくは23日 (羽) 牡丹のかんざし(紅白二つセット)

2月 (レ) 桜のコサージュ

3月 (羽) 水仙のヘアピン

4月 (レ)(オリジナル) 菫のかんざしコーム

5月 (羽) アジサイのコサージュ

6月 (レ) ひまわりのかんざし

7月 (羽) ラベンダーとローズのコサージュ

8月 (レ) 紅葉とトンボの帯留め

9月 (羽) 4種類のバラ(金具なし)

 

 

※開催日の一週間前までキャンセル料はかかりません。

それを過ぎてのキャンセルは、資材の送付を持って対応させて頂きます。

 

 

 

 

お問い合わせはこちらからお気軽にどうぞ→★

 

お申し込み前に規約をご確認下さい→★

 

 

お申し込みはこちら→★

 

 

 

 

 

 


テーマ:
来週の二子玉川での講座は、普段は開催できない盛りだくさんの内容をとても参加しやすい受講料で開催します♡

■当日枠あり♡■
当日枠があるようで、2席ほどでしたら飛び入り参加可能とのことです。
もしお近くでお時間あればどうぞ♡

ただ、本当に流動性が高くて、少し変動することもあるようです。
検討しているうちに満席になってた!と言う方、当日時間ができたという方は、お席ご確認頂ければと思います♡





二子玉川のPanasonic様ショールーム、FUTAKOにて、午前午後二回開催予定です。


作品は2つ。
松竹梅と椿のコサージュをセットで作製頂きます。



お色は見本以外にもこんなお色をお選び頂けます。


お正月のおめでたい雲をイメージした
「瑞雲」


お寺などにかかっている五色幕をイメージした
「祝いの五色」


この他に、見本の赤のみのバージョンが選べます♡

紅白だけでなく、手作りならではのなかなか見つけられない色合わせの作品もオススメです。









テーマ:

皆様、目はいいほうですか????

 

私は視力は2.0で、遠方を見るには何も困らないのですが、40台になったらどんな美魔女でも必ず忍び寄ってくるのが老眼!!!と眼科の授業で習ってから、毎日怖くて夜も眠れません。


あ、私は「美」でも「魔女」でもなく、年相応に年取ってますけど、気持ちはなかなか成長しませんね…

30も越したら、すごい落ち着いた大人の女性(キャッツアイの泪さんみたいな)になると思ってたのに、もう瞳さんどころか、泪さんもとっくに追い越してるのに、この落ち着きのなさはどうしたものかと思います。




 

そんな私は今のところ大丈夫ですが、つまみ細工の講座では

「先生!見えません!!!!」

のお声は毎回のように聞いていました。



 

でも、それって。。。。「各自、老眼鏡持ってきてもらう以外に、私のほうではどうしようもないことだな」と諦めていたんです。


すみません、皆さん。勝手に諦めていて。



 

皆さんは皆さんで「ハヅキルーペはどうなの?」とかで盛り上がっていたのでいいのかなって。


でも、そうではありませんでした!!!

 



私のほうでも工夫できることがあるのかも。と思ったのは、ある方の投稿で、こんな便利グッズを見て。

つまみ細工 まえしんや さん→「強い味方」☆

 

 

へー。

すてき!!!

置いておけばいいのね!!!

 

そんなわけで、まえしんやさんに使い勝手を伺ったところ、いくつかの問題点もあるよ~ということを教えて頂き、それを改善できそうな商品をいくつか買ってみました。

 

この5つ!!!

これを比べてどれが一番いいかをチェックしたいと思います。

 

image

image

image

image

image

 

講座にご参加の皆さんにもお使いいただけますので、試したい方はお声がけ下さい!

 

 

 

私に忍び寄ってくる老眼の魔の手から逃れられるよう、これから研究してみたいと思います!

(ほんとは最終的には拡大鏡付きの眼鏡→こういうやつ★買おうと思ってたんですけど、置き型のほうが使いやすそう)

 

 

 

つまみ細工を基本の基本からしっかり学びたい方は初級講座へどうぞ→★

応用の技術は中級、上級コースへどうぞ♪1回からでも参加できます→★

上級、中級の1日集中講座はこちら→★

 

講師講座体験はこちらへどうぞ→★

 

お問い合わせ、お申し込みには、土日祝日を除く3営業日以内にお答えしております。

 

お問い合わせはこちら→★

 

お申し込みはこちら→★

 


テーマ:

 

 

初級ステップアップコースとは?


 

このような6作品を3回に分けて、もしくは1日集中で作ります。

 

素材はすべてレーヨンちりめんです。

 

 

ボンドでも糊でも接着が容易で、形を作りやすい素材であるレーヨンちりめんで基本を身につけます。

 

(正絹ちりめんや羽二重などの他の素材は、応用講座で扱います。)

image
 

基本的には、初級は、3回×2時間半で、6作品をお作り頂いています。

また、遠方の方や土日は出られない!という方向けの、平日一日集中講座も開催しております。

 

 

 

 

 

どんな流れで進んでいくの?


どのような流れで作品を作っていくか、またチェックポイントについて解説します。

(進行具合によって、先に予定よりも先に進むことがあります。)

 

 

【第一回目】

 

 

 

初回では、

 

 
松竹梅のパッチンピン
鶴のクリップ(首や足、土台の作り方)
半玖珠の土台
 
の製作を行います。
 
 
メモチェックポイントは、
 
ピンセットの持ち方
糊の硬さとボンドの使用方法
丸つまみと剣つまみの手順
土台の作り方の基本
 
です。
初回は解説する内容が盛りだくさんですが、まずはつまみ方を身につけること。
そして、台紙の表裏!については何度もお話させて頂きます。
 
 
 
【第二回目】
 
重ね梅のクリップ
丸つまみと剣つまみの花のコサージュ
半玖珠
 
の製作を行います。
 
 
メモチェックポイントは
 
初回にお伝えしたつまみを美しく作るための技法のブラッシュアップ
重ね丸つまみの技法
二段に重ねて葺く丸つまみ
半玖珠の葺き方(3段目宿題)
 
です。
 
2回目では、ただつまむだけではなく、美しくつまむポイントをしっかり身につけて頂きます。
初回でもお伝えしますが、より身に着くように、半玖珠でたくさんのつまみをして頂きます。
また、鶴の羽の動きのある葺き方、重ねの技法、立体的な葺き方などで、作品の幅を広げます。
 
 
【第三回目】
 
総復習と応用の回。
これで初級は卒業です♪
 
しだれ桜のアメピン
蝶とお花のかんざしコーム
 
を製作します。
 
 
チェックポイントは
 
基本の二つのつまみの手順、美しく作るポイントができているか
下がりの作り方
桜や丸つまみの応用のつまみ方、葺き方
蝶のように円形ではないつまみの葺き方
かんざしコームへの組み方
 
下がり部分のくみ上げは宿題となります。
 
 

 

 


基本をしっかり、土台を固めます。
 
 
より手の込んだ応用の技法を盛り込んでいくとともに、さらにたくさんのつまみを作って、精度を上げていきます。
ここまで作れれば、基本のつまみはマスター♪
 
そして、ご自身の作品を作る土台も完成します。
 
 
そのあとは、応用に進んで頂く方も、上級で認定証を目指す方もいらっしゃいます。
初級だけで終了してももちろん大丈夫です♪
また、初級修了後、同じデザインでお教室の開講や販売をされても問題ありませんが、テキストは当教室のものですので、ご使用はお控え下さい。
 
 

 


テーマ:
第三日曜の午前10時10分〜、第四水曜10時40分〜コースです。
 

 

■冬日曜コース

1月20日、2月17日、3月17日 10時〜

■冬水曜コース

1月23日、2月27日、3月20日 10時〜

 

※各コース、定員は5名までとなります。

春以降の開催日は、未定です。

 
 

 

全くの初心者で、しっかり基本を習いたい!という方
■独学や書籍でやってみたけどイマイチ綺麗に形作れないので、基本を固めたいという方
■花びらの認定講師を目指す方

はこちらの初級コースからどうぞ♪

 
※丸つまみと剣つまみには自信のある経験者の方で、認定証の必要がない方は、お好きな応用作品を一つから受講可能です。
 
 
 

 

初級コースで制作する作品

 

こちらの作品を3回で順におつくり頂きます♪

 

photo:01

 

 

 

1松竹梅のパッチンピン

 

2重ね梅と鶴のクリップ

 

3丸つまみと剣つまみの花のコサージュ

 

4丸剣半玖珠のコサージュ

 

5桜の下がりつきアメピン

 

6蝶と花のコームかんざし(アネモネとモンシロチョウ、ネモフィラとモンキチョウ)

 

 

 

 

 

初級講座のポイント

 

6つの作品を通して、完成度の高い、美しいつまみ細工のコツを習得して頂きます。
 

 

チェック基本のつまみ方

チェック重ねつまみのつまみ方

チェック桜つまみのつまみ方

チェック丸つまみと剣つまみをキレイに形作るには

チェック美しい作品に仕上げるには

チェックパッチンピンやアメピン、コサージュピン、かんざしコームなど金具の使い方

 

を分かりやすい写真とともに、細かいコツ、美しいつまみの要点まで、すべて明文化して、テキストでご説明いたします。

 

 

 

1の基本のつまみ方だけで、テキスト13ページ!の基本のつまみを美しくするヒミツがぎっしり詰まった、通信講座と同一のテキストをお配り致します。

 

講座内では、ピンセットの持ち方から形の整え方まで、しっかり丁寧に指導します。

まったくの初心者の方から、他の講座で習っていた経験者の方まで、楽しく通って頂いています。

 


日曜、水曜の3回コース、不定期開催の2日集中講座があります。

内容は同じですが、集中講座は体力的にもハードですので、ゆっくりじっくり取り組みたい方は3回コースへどうぞ。

 

 

 

 

募集内容

 


クリップ受講料:6作品の材料費、道具代込み 22500円

※お支払方法は、ゆうちょ銀行の振り込みのみ。

 

クリップ場所:東京メトロ日比谷線広尾駅(渋谷区)徒歩5分程度(場所は毎回異なるため、お申し込みの方へお知らせいたします。)

 

クリップ日程:

■秋日曜コース

10月21、11月18日、12月16日  10時〜

■冬日曜コース

1月20日、2月17日、3月17日 10時〜

 

※欠席の回は、通信講座への振替となります。次回以降の講座への振替は、空き席がある場合のみ一回1000円で承ります。

 

クリップご自身で準備頂くもの:作品を入れて持ち帰る箱

 ※ご自宅用のつまみ細工専用ピンセットは、ご希望の方のみ、1000円で受講お申し込み時に販売。

 

クリップ定員:5名(最少催行人数3名)

 

クリップ初級認定証:広尾教室にて受講修了後、講評の後に発行。発行手数料2000円。申請期間は1年以内。

 

規定の基準に至らない場合には、作品の再提出もあり。

初級と同時申し込みの場合、丸つまみと剣つまみの花の資材をプレゼント

(講座開始前であっても、あとからのお申込みでは特典は受け取れません。)

※申し込み時に、ピンセットと認定証の発行を申請した場合には、合計25500円となります。

 

クリップ質問期限:つまみ細工花びらの継続中はいつでも、何度でもどうぞ。

 

クリップ認定証申請期限:受講修了より1年。

 

クリップ担当講師:南保

 

材料(ちりめん、ビーズ、金具など一式)の追加は、13各1500円、46各3000円で、初級申し込み時に承ります。(受講後には追加できません。)

※欠席した回は通信講座への振替となります。次回以降の講座への振り替えは、空きがある場合のみ、1回1000円で承ります。



■お色は3つからお選び頂けます。
初級の色見本はこちら→★
 
■不明点やご要望はお申し込み前にご確認下さい。

ご質問、お問い合わせはこちら→★

 

■お申し込みはこちら

 →★初級お申し込み


■キャンセルポリシーや発送、振り込みに関してはこちらをご確認下さい。

受講前の注意点はこちら→★

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス