東京広尾 つまみ細工教室「花びら」

東京広尾 つまみ細工教室「花びら」

つまみ細工は、折り紙の鶴が折れれば誰でもできる日本の伝統芸能。作り方やコツなどもご紹介♩通信&東京広尾教室は、
■七五三や成人式のかんざしを作りたい方
■基礎からステップアップしたい方
■つまみ細工を講師や販売などお仕事にしたい方
まで、お気軽にどうぞ。


つまみ細工とは

つまみ細工は、折り紙の鶴を折れる方ならどなたでも楽しめる、日本の伝統工芸です。


江戸時代に始まった小さな端布を使った工芸で、現在は舞妓さんや七五三のかんざしに見ることができます。


一時期はすたれてしまっていた手芸ですが、最近はNHKでも取り上げられたり、書籍もたくさん出版され、教室も増えています♪



花びらのつまみ細工 通信&東京広尾教室


つまみ細工花びらでは、生まれてはじめて!という方から、他のお教室にも通っているけどもっと詳しく教えて欲しい!という方、講師や販売を目指したい方まで、楽しく通って頂いております。


通信講座は、北海道から沖縄、海外の方まで受講頂いています♪


普段着物に合わせられるちょっとした小物から、ドレスアップのアクセントになるコサージュ、七五三や成人式のかんざしまで、幅広い作品を作ることができるのが魅力♪




クリップ場所:東京メトロ日比谷線広尾駅より徒歩10分程度(詳細は参加者の方へご連絡します。)

クリップ開催日:

1毎月第一日曜日(午前初級または講師販売、午後応用) 

2不定期 金曜日(午前)


クリップ→お申し込み手順はこちら


クリップ初めてつまみ細工をされる方、本やワークショップで作ってみたけどなかなかきれいにできないよ~!ステップアップしたいという方 →初級ステップアップコース

クリップもうすっかり基本はマスターしたので応用の技法を知りたい!大物作品にチャレンジしたいという方 →上級コース、応用単発作品



メモ講師はどんなひと?知りたい!という方 →講師のつまみ細工ヒストリー

メモつまみ細工の作り方とコツを無料で!手軽に簡単に楽しみたい方 →つまみ細工のコツ記事リンク集



image

NEW !
テーマ:
第三日曜の午前10時10分〜、第四水曜10時40分〜コースです。
 

 

■冬日曜コース

1月20日、2月17日、3月17日 10時〜

■冬水曜コース

1月23日、2月27日、3月20日 10時〜

 

※各コース、定員は5名までとなります。

春以降の開催日は、未定です。4月より価格改定を予定しています。

 
 

 

全くの初心者で、しっかり基本を習いたい!という方
■独学や書籍でやってみたけどイマイチ綺麗に形作れないので、基本を固めたいという方
■花びらの認定講師を目指す方

はこちらの初級コースからどうぞ♪

 
※丸つまみと剣つまみには自信のある経験者の方で、認定証の必要がない方は、お好きな応用作品を一つから受講可能です。
 
 
 

 

初級コースで制作する作品

 

こちらの作品を3回で順におつくり頂きます♪

 

image

(作品の上部イメージです。金具は下記のものになります。)

 

 

1松竹梅のパッチンピン

 

2重ね梅と鶴のクリップ

 

3丸つまみと剣つまみの花のコサージュ

 

4丸剣半玖珠のコサージュ

 

5桜の下がりつきアメピン

 

6蝶と花のコームかんざし(アネモネとモンシロチョウ、ネモフィラとモンキチョウ)

 

 

 

 

 

初級講座のポイント

 

6つの作品を通して、完成度の高い、美しいつまみ細工のコツを習得して頂きます。
 

 

チェック基本のつまみ方

チェック重ねつまみのつまみ方

チェック桜つまみのつまみ方

チェック丸つまみと剣つまみをキレイに形作るには

チェック美しい作品に仕上げるには

チェックパッチンピンやアメピン、コサージュピン、かんざしコームなど金具の使い方

 

を分かりやすい写真とともに、細かいコツ、美しいつまみの要点まで、すべて明文化して、テキストでご説明いたします。

 

 

 

1の基本のつまみ方だけで、テキスト13ページ!の基本のつまみを美しくするヒミツがぎっしり詰まった、通信講座と同一のテキストをお配り致します。

 

講座内では、ピンセットの持ち方から形の整え方まで、しっかり丁寧に指導します。

まったくの初心者の方から、他の講座で習っていた経験者の方まで、楽しく通って頂いています。

 


日曜、水曜の3回コース、不定期開催の2日集中講座があります。

内容は同じですが、集中講座は体力的にもハードですので、ゆっくりじっくり取り組みたい方は3回コースへどうぞ。

 

image

 

 

 

募集内容

 


クリップ受講料:6作品の材料費、道具代込み 22500円

※お支払方法は、ゆうちょ銀行の振り込みのみ。

 

クリップ場所:東京メトロ日比谷線広尾駅(渋谷区)徒歩5分程度(場所は毎回異なるため、お申し込みの方へお知らせいたします。)

 

クリップ日程:

■冬日曜コース

1月20日、2月17日、3月17日 10時10分〜12時30分

■冬水曜コース

1月23日、2月27日、3月20日 10時40分~13時

 

※欠席の回は、通信講座への振替となります。次回以降の講座への振替は、空き席がある場合のみ一回1000円で承ります。

 

 

クリップご自身で準備頂くもの:作品を入れて持ち帰る箱

 ※ご自宅用のつまみ細工専用ピンセットは、ご希望の方のみ、1000円で受講お申し込み時に販売。

 

クリップ定員:5名(最少催行人数3名)

 

クリップ初級認定証:広尾教室にて受講修了後、講評の後に発行。発行手数料2000円。申請期間は1年以内。

 

規定の基準に至らない場合には、作品の再提出もあり。

初級と同時申し込みの場合、丸つまみと剣つまみの花の資材をプレゼント

(講座開始前であっても、あとからのお申込みでは特典は受け取れません。)

※申し込み時に、ピンセットと認定証の発行を申請した場合には、合計25500円となります。

 

クリップ質問期限:つまみ細工花びらの継続中はいつでも、何度でもどうぞ。

 

クリップ認定証申請期限:受講修了より1年。

 

クリップ担当講師:水曜 安藤、日曜 南保

image
 

材料(ちりめん、ビーズ、金具など一式)の追加は、13各1500円、46各3000円で、初級申し込み時に承ります。(受講後には追加できません。)

※欠席した回は通信講座への振替となります。次回以降の講座への振り替えは、空きがある場合のみ、1回1000円で承ります。



■お色は3つからお選び頂けます。
初級の色見本はこちら→★
 
■不明点やご要望はお申し込み前にご確認下さい。

ご質問、お問い合わせはこちら→★

 

■お申し込みはこちら

 →★初級お申し込み


■キャンセルポリシーや発送、振り込みに関してはこちらをご確認下さい。

受講前の注意点はこちら→★


テーマ:
「細かくて見えない」
「どこを見てるのか分からなくなった」
「目が疲れた」
「メガネを忘れた…」
など、つまみ細工の作業が見えにくいことについての皆様の深いため息を伴った心の呟き、心には留めておけず、お口からもよく漏れ出ています。
 
 
長い間、そんなお声に「すみません。メガネ持って来て下さい」と自己責任にてご対応お願いしておりましたが、ちょっと教室でも対策してみよう!(メガネ忘れるとレッスンにならない、というのも困ってしまいますので)と、いくつかの
「LEDライト付きルーペ」
を発注してみました。
 
 
Amazonで探してみると、ルーペは色々なものが売っています。
 
実は以前、まえしんやさん→★に少し教えてもらい、その体験談から、ここは譲れない!というポイントを3つ掲げて探してみました。
 
 
■ルーペの角度が変えられること(真上からしか見れないと疲れるそうです)
■コンパクトに収納できる(教室に置くのにかさばるとたくさん置けない)
■ライトがついていること(LED付きのみを探しました)
■電池がボタン電池ではないこと(これは必須ではないのですが、一応ボタン電池ではないものがベターと思って探しました)
■教室にいくつか置くので、一個5000円とかの高級品は置けない。予算は1つ1000円〜1500円まで。
 
 
 
 
そして買ったのがこの5つ。
 
 
 
 
まずはこちら。
 
かなり大きめですか、ルーペ部分はプラスチックでかなりちゃちな作りです。
今回買った中で、最も「安物であることを隠そうともしていない」ある意味強気な商品だったと言えます。
ローコストで、使い勝手のいいものを作ったんだから、若干安っぽくても気にしない!
 
首のところが完全に外れるのですが、電池はスタンド下にあるのにライトがなぜつくのか?!
最初は不思議でしたが、その構造もコロンブスの卵的衝撃を与えてくれた、色んな意味で勉強になった逸品でした。
 
ちなみに、足のところに電池が入るのですが、電池がない状態では頭が重いので倒れます。
電池がはいると重さで安定します。
そこまで計算して(?)電池ない時には倒れてもいいという思い切りのいい発想が、チャイニーズクオリティ!!!
日本人は細かいこと気にしすぎなんだよ!!!と言われているようでした。
 
かなり大きいので、視野が広く取れ、角度も自由自在なので使いやすいです。
ただし、本当に作りの安っぽさではダントツで群を抜いていますので、その点はご了承下さい。
安っぽい、というか、本当に安いので仕方ないのです。
(ちなみに中国から国際便で届いた際、ごく薄い紙の箱はベコベコに潰れていて、「…中身も壊れてる?」と思いきや使えましたので、強度はそこそこあると言えるでしょう。そのため、箱の画像はありません)
 
 
 
 
 
 
 
2つ目です。
こちらは打って変わって、オールメタルの重厚な商品です。
角度の調整も思いのまま。かなり小さいのにLED付き、持ち運びも楽々です。
 

とても小さいので、電池はボタン電池です。

 
 
こんな風に、厚さ2センチほどに畳めます。
 
 
ちゃんとしたケース付き。
携帯にも便利!
新幹線の中での作業にも重宝です。
 
 
 
先ほどのものと比べるとこの違い!!!
大きさでいうとかなりのコンパクトぶりですが、結局作業したい時に見るのはかなり定められた小さな範囲に限られますので、大きいことにはあまり意味がないかも…と思い、この差を検証したいと思います。
 
 
 
 
 
 
 
さて、次はこちら。
3つ目です。
腕の角度でかなり自由度の高い角度変化をつけることが可能です。
 
 
 
ちなみに、畳むと普通の手持ちルーペの形になります。
持ち手のところに電池が2つ入ります。
今回購入した中で、(携帯する用途で作られていない)最初のもの以外では、唯一ケースもカバーもなかった商品です。
ケースがないとレンズの傷が気になります。
百均で袋買ってこないと。
 
 
手元を見るとこんな感じ。大きさもちょうど良くて使いやすそうです。
 
 
 
 
そして、4つ目。
 
これが一番、
■高さの調節可能
■角度の調節可能
■コンパクト性よし
■(壊れにくそうな)しっかりした高級感ある作り
■プラスチックなので軽量
■電池が豆電池ではない
と、高得点を叩き出して来た商品です。
 
 
たまご型でかわいいし。
 
 
こんな風に高さの調節と角度の調整ができます。
かなり自由自在!またルーペにカバーがつくため、収納時に傷が付く恐れがありません。
 
 
作業スペースを考えると、このくらいの視野が一番使いやすいかも…
 
 
 
 
 
そして最後。
こちらは薄いビニールケースが付いていました。
こんなに薄くてコンパクトなのに、ライトも付いているという優れものです。
 
角度の調整も、案外広い範囲で出来るので使いやすいです。
 
枠がないので、ルーペで見たり、視野から少し外したりするのに案外楽でした。
そして、このライト、案外明るくて良かったです。
 
 
こんな風に手持ちで使っても軽いのですが、軽いのに安っぽくなく、安定性があって良かったです。
 
 
視野はこんな感じです。
 
 
 
これが一番効果を発揮しそうなのは、初級の鶴の糸巻き!!ではないかと思います。
実際に初級の方にも使って頂いて、使用感を確かめて頂き、ご意見を集めたいと思います。
 
 
一番好評なものを、教室で導入したいと思いますので、試してみたい!という方は、レッスンでお声かけ下さい♡
 
 
 

 

お問い合わせはいつでもお気軽にどうぞ。

受講しようか迷ってる・・・。受けたいけど、受けていいのかなという方は、こちらを→★

 

土日祝日を除く、3営業日以内にお返事しております。

 

 

※こちらを必ずお読み下さい。↓

 受講に関するご注意⇒☆


開催講座日程一覧はこちら→★
初級講座に関しての詳細はこちら→★

講師養成・販売促進講座に関しての詳細はこちら→★


不明点、疑問点は、かならずお申込み前にご確認下さい。

通信講座をお申し込み後にキャンセルされた場合には、今後のお申し込みは頂けなくなります。

広尾教室、ワークショップのキャンセルは、7日前までとなります。ご了承下さい。
 

お問い合わせはこちら ⇒ ☆
 

お申し込みはこちら ⇒ ☆

 

テーマ:
LINE @にて、プレゼントのご応募受付開始しております。
25日まで受け付けております。

いいね!もしくはコメント、もしくは1on1トークからでもご応募頂けます。

今回は受講予定の方もしくは検討中の方に喜んで頂けるようなプレゼント…ということで、かなり豪華な内容となっております。

是非奮ってご参加下さい!


多分参加人数も普段よりもだいぶ少なめですので、確率も高いのではないかと思います。
LINEではスタンプラリーも開始しますので、受講者の皆様は是非ご登録下さい♡



Ameba人気のブログ

Amebaトピックス