元広島ではたらく社長のblog

六本木ヒルズや、ITベンチャーのカッコイイ社長とはいきませんが、人生半ばにして、広島で起業し、がんばっている社長の日記。日々の仕事、プライベート、本、映画、世の中の出来事についての思いをつづります。そろそろ自分の人生とは何かを考え始めた人間の等身大の毎日。


テーマ:
 クローズアップ現代、昨日のテーマは、「広がる”読書ゼロ”~日本人に何が~」文化庁の調査で1ヶ月に本を一冊も読まない大学生が47.5%というショッキングなデータを紹介し、一体日本人はどうなってしまうだろう?というイメージを前提に番組は始まった。
 活字離れが言われて久しい。更には、マンガも売れなくなっている。若い人の多くの時間がスマホに取って代わっている。帝京大学の図書館では毎年1万冊づつ本の貸し出し数が減っているという。
 筑波大学の教授による実験で、複数の学生に小論文を書かせたところ。本を読まない生徒は、ネットでテーマに関するキーワードを検索し、多くの情報から取捨選択し、あっという間に論文を書き上げた。論文のテーマに対する幅広い賛否両論を取り上げ、今後の課題をいくつか提起したもの、それは既にネットにある意見で自身の意見が無かった。一方、本を読む生徒は、最初こそ、ネットで検索するが、ネットにあった参考文献を図書館に捜しに行き、プラス自分で役立ちそうと思った評論集を持って来て、本を元に調べて行った。その生徒は、資料を読み進めるうちに、1つの考えに至り、彼は、その考えを突破口に与えられた論文を仕上げて行く。
 教授は、最近の学生の論文の傾向として、ネットから得た多くの情報を羅列するものの自論を述べる能力が落ちていると言う。しかし、実験には学生の目の動きをトレースできる装置を使われており、本を読まない学生のネットで検索している時の目の動きは、次々スクロールし、瞬時に必要な情報とそうでないものを見分けていた。そういう情報の扱いは格段に進歩しているという。

 次に、読書と脳の動きを研究する東大の教授の意見が紹介されていた。川端康成の「雪国」の冒頭の一文のイメージを映像と文字で理解する際の脳の動き(?)を比べると、視覚野、言語野、前頭葉の関係が、読書の方が論理的な思考力が高まるということだったと思う。

 スマホに代表される電子デバイスを使うことは、情報の収集、取捨選択、分析と言う能力は上がるが、論理的に考えたり、自分の意見を持つ能力がおろそかになる。日本人これでいいのか?二宮金次郎を忘れていないのか?と言うのが前半の展開。後半は、立花隆さんがスタジオに呼ばれ対談する。

 立花さんと言えば、読書の鬼、筑紫さんが亡くなった後、またがん手術の後、めっきりTVで見ることもなく、久しぶりに元気な姿を見れてうれしかった。立花さんは、果たして読書離れの日本の若者に何と言うのだろうか?
 あれっ!拍子抜けした。今の現状を、特に否定していないのである。ネットを古代のアレキサンドリア図書館と捉え、それに瞬時にアクセスできるようになった現状を肯定的に捉えている。現代人の情報との関わり方が変わって来ているのだ、と。キャスターの国谷さんは、それでも最初の論に戻そうと、読書しないと、に持って行こうとするが、立花さんは至って普通に、情報収集と、読書は違うもの、川端康成の文章を呼んで、自分は,それまで無かった文体に衝撃を受けたと、読書はあくまでも、個人の受け止め方と言わんばかりに、読書量とネットと若者、日本の将来を分けて話している。
 二人の対談が噛み合ない。NHKは立花さんと予め打ち合わせしていなかったのだろうか?
 最期の最期に、立花さんは、「思考力を鍛えたかったら書くこと」と終了数十秒前に結論一言。え~、そんなこと今まで一言もいってないじゃん!とTVにむかって突っ込んでみる。ネットでの情報収集能力と、読書と、理解力と思考力とと日本の将来とごちゃ混ぜになったようだ。意外と番組が想定しているのは、スマホでゲームやSNSで時間を浪費している若者への小言だったのかもしれない。

 考えてみると、この「クローズアップ現代」と言う番組が、まさに、読書しない生徒の論文のような番組。広範な社会問題を1テーマで紹介して来た。まず、その問題が顕在化している現場の状況を2、3紹介。そして、その問題の背景,原因をゲストに話させる。まさに、情報を検索して取捨選択し、課題を浮き彫りにする作業そのもの。そして、それだけで終わらず、その社会問題に取り組んでいる人たちを2、3紹介する。問題を提起だけに終わらせずに、その解決の糸口も紹介する。
 最初に「シナリオありき」の番組作りは、批判も多いが、この番組が社会に果たした役割は大きく、日本人が社会問題にどう対峙して行くか?多くのものを示唆して来たと思う。ただし、その問題をどう理解し、どう取り組んで行くか、は視聴者の問題。全ての問題に取り組めるはずも無く、否応無く関わらざるを得ないものもある。そこに始めて論理的に思考し、自分の意見を持ち,自分でコミットメントして行かなくてはいけない。
 
 今回のクローズアップ現代は、「この番組を見るだけでなく、自分で考えて行動しなさい!」というのがテーマだったのかもしれない。
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

伊坂幸太郎さんの「オー! ファーザー」新潮文庫を読んだ.


おー

うまいなあ。ため息が出るほど面白い。

今 回も、冒頭から最後まで、伏線、伏線、伏線。登場人物が語るちょっとしたエピソードにも、物語の最後であっと言わす仕掛けがあるのではないかと、見逃さな いよう、忘れないよう、意識を集中して読む。そしてクライマックスに行くにつれて、見事にその伏線が紡ぎ上がっていく様は、もはや芸術の域。そして、いつ もながら飄々とした主人公と、ちょっぴりハートウォーミングなところも垣間見させて無事読了。ごちそうさまでした。

 

  主人公は高校生。お母さんと、無職のギャンブル好きな、居酒屋をしている女たらしな、大学の先生で頭のいい、中学校の先生をしているマッチョな4人?の父 親と一緒に住んでいる。母親が出張中にはトラブルが起こるという不吉な予感が的中し、事件に巻き込まれる。偶然見たカバンすり替え事件、県知事選、地下賭 場の親分、心中事件、不登校のクラスメート、チンピラに追われる友人、そして殺し屋。いかにも伊坂ワールドの住人という人々が織り成すどたばた劇と、どこ か冷めた主人公の飄々としたやりとりが楽しい。

 

  設定や、伏線の織り交ぜ方もそうだが、登場人物に語らす何気ない言葉がグサリとくる。親は、将来、自分の子が、「いじめっ子」か「いじめられっ子」どちら か一方になるとしたら、どっちを望むか?「いじめられる」よりは「いじめる」方がいいだろう。嫌な思いはさせたくないという親心がある限り、いじめは無く ならないかもしれない、と言わすところはなるほどと思わせる。

 

  そんなエピソードもあるのだが、巻末、著者は、この本が伊坂小説の第1期の最後の作品という位置づけだと言っている。その後の「ゴールデンスランバー」が 第2期1号だそうで、著者の中では明確に意識が変わっているらしい。ただ、私は、その段差のようなものは感じられず、相変わらず楽しかった。伊坂さんが、 突然SFや時代小説を書いたりしたら、はっきりわかるけど、私にはちょっとわからなかった。

 

 でも、伊坂さんが書くSFや、時代小説も面白いかもしれない。レーザー銃や火縄銃を持ってる殺し屋が出てくるはず。

 一つ言えるのは、伊坂さんの描く伏線が、宇宙にも大昔にも、時空を超えて張り巡らされることは確かだろう。

 

 5月あたりに映画化もされるらしい
http://oh-father.com/

AD
いいね!した人  |  コメント(17)  |  リブログ(0)

テーマ:

司馬遼太郎さんとドナルドキーンさんの対談「世界の中の日本」を読んでいる。



元広島ではたらく社長のblog-sekai

二人はともに日本の歴史と文学に造詣が深い、さらにそれを面白く、そして愛情をちりばめて語る能力を持ち合わせた稀有な存在だ。残念ながら、司馬さん亡き後は、この二人が繰り出す芳醇な日本語に接することはできないけど、私たちは活字で楽しむことができる。

 この対談は、近世の日本文学、演劇、美術、日本語、他国の言語、明治の文学者、絶対神、宗教と様々なテーマにわたる。「お父さん」「お母さん」という言葉は、明治30年代に作られた(それまで使われなかった)。神式の結婚式は大正時代に始まった。英語の80%はフランス語由来。次々に新しい事実を知り、そこそこ読書量が多いと思ってきた私でも、改めて「無知」であることを思い知らされる。

 さてこの本の中で、芭蕉について、こんなくだりがある。芭蕉が宮城県の多賀城の「壺碑」をみて、「自然こそむなしいが、手で書いたものは永遠のものだ」と感動する話が出てくる。教科書に出てくる「奥の細道」で、芭蕉自身、中国の唐代の詩人、杜甫の「国破れて山河あり・・・・」の詩を引用し、自然の永続性、人の世の無常ているが、実はまったく逆のことを言っているという。

 震災で巨大な津波が大地を根こそぎ削り取り、多くの人の命のみか、その人が生きていた痕跡まで洗い流していった。震災後、亡くなった人についての手記を書いている遺族のことがたびたびTVで取り上げられることがある。亡き人への言葉がノート数冊びっしり書いているのもある。

 自然が永遠で、人の生が無常とすればそれは、むなしい。芭蕉は、「奥の細道」でそう表現しながらも、本音は「自然こそむなしいが、手で書いたものは永遠のものだ」とすれば、今日も手記をつづる人には、心強いものがある。

 芭蕉のそんな言葉を拾い上げてくれた二人、本の中から、東北にエールを送っていてくれているようで、ちょっぴりうれしかった。

AD
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

テーマ:

夜寝ていると、外から、何やら匂いがしてくる。


一つは、タバコ。


 隣りか上階か、下の階からかわからないが、室内でできないから、ベランダで喫煙しているのだろう。不快なのと、自分ちの洗濯物に匂いがつくのでは、と思ってしまう。自分の家族を気遣い、こっそりタバコを吸っているんだろうけど、申し訳ないが、喫煙者の人が、安心してタバコを吸う場所は、もうどこにもないのかもしれない。


もう一つは、香り付き柔軟剤。


 化粧品や香水に使う、ムスク(麝香)という匂いが昔から嫌い。ムスクは、ジャコウジカの雄が、メスをひきつけるために出す特有の物質。(もちろん、香料としてつかっているのは人工的に作り出したもの。)ムスクの匂いは、鹿ではない私でも、オスの本能で、嫌いになるのは当たり前。同じように、この匂いが苦手という人も多いのでは。

 このムスクの匂いの発生源、隣の家の洗濯物の柔軟剤か?


 最近香り付き柔軟剤がCMで多く宣伝されている。電車の中でいいにおいがすることもあるが、オスにとってのNG香料、ムスクを使う柔軟剤があるなんて?ネットで 「柔軟剤」「ムスク」と検索すると、どうやら、1種類ムスクの香りがする柔軟剤がヒットする。これかな?

 さらに、私と同じように、この柔軟剤が苦手な人の書き込みが散見する。


 香りというものは、自分の思っている以上に他人に影響を与えている。悪いほうも、いいほうも。


昨日、ネットで国民生活センター発表の『香り付き柔軟剤に寄せられる苦情の増加』 というニュースがあった。


同じことを感じている人がいるもんだなあ、と笑ってしまった。

ただ、ここには吐き気や咳といった健康障害も報告されている。笑っている場合ではない。


あまり極端なことは言うつもりはないけど、せめて、柔軟剤や香水にムスクは使わないでくれるとありがたい!

いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

テーマ:


15日深夜のNHK教育の「サイエンスゼロ」

197:30NHKの「クローズアップ現代」

いずれも、テーマは「ガン幹細胞」


ただ、番組内容は微妙に違う。


「サイエンスゼロ」は、

放射線も抗がん剤も効かない、驚異の生存能力を持った「ガン幹細胞」が、ここ10年次々に見つかった。しかし日本の研究者が次々に新しい治療法を生み出している。

「ガン幹細胞」には種類によって、様々なたんぱく質が細胞に付着している。そのタンパク質のうちCD44という種類のたんぱく質には次のような働きがあることが分かった。

 通常、細胞内の、ミトコンドリアは、栄養と酸素を反応させエネルギーを生む際、活性酸素を生み出す。活性酸素は細胞のたんぱく質やDNAを傷つける。細胞の老化の原因にもなる。「ガン細胞」にとっても活性酸素は敵。このCD44を周りにまとった「ガン幹細胞」には活性酸素が付着しない。このメカニズムが解き明かされた。CD44にはくぼみがあり、ここにxCTという物質がぴったりおさまる。xCTはシスチンという物質を細胞内に取り込み働きがある。シスチンは細胞内に入るとグルタチオンになり活性酸素を破壊する。xCTは、CD44がなければ安定せずシスチンを取り込めない。さらに、CD44は長短の個体があり、長いものがxCTを固定することがわかった。

 また、同じ「ガン幹細胞」でも、この長いCD44を持つ「ガン幹細胞」のみ転移することが分かった。長いCD44を持つ「ガン幹細胞」は、細胞内にグルタチオンをため込み活性酸素の影響を受けない。このため半冬眠状態で長生きし再び活性化する時が来る。

 このメカニズムのうちxCTを塞ぐ薬が見つかった。慶応大学の佐谷教授が過去の膨大な論文より既存のリウマチ治療薬スルファサラジンを見つけた。しかも、すでに認可の下りた薬なので臨床試験も始まっている。

 次に別の画期的な方法で脳腫瘍の「ガン幹細胞」を治療する方法を考えた東京大学の藤堂教授。それはヘルペスウイルスでがん細胞を破壊するというもの。ただし正常の細胞がヘルペスに感染すると意味がないので次の3つの遺伝子を改変させた。

 ガンマ34.5という遺伝子が作るたんぱく質を除去:ヘルペスのこのたんぱく質は正常な細胞が外敵とともに自滅する機能をオフにし、感染を拡大させる。これを除くことで正常な細胞に入ると自滅する。ガン細胞に対してはがん細胞に自滅スイッチがもともと機能しないことからこの「改変ヘルペス」は増殖できる。

 ICP6というたんぱく質を除去:ヘルペスウイルスにとっては増殖に必要な栄養のようなもの、それを除去した「改変ヘルペス」は普通の細胞では増殖できない。しかし、たんぱく質を無限に複製するがん細胞ではどんどん増殖する。

 アルファ47という遺伝子が作るたんぱく質を除去:通常細胞にウイルスが入るとウイルス特有のたんぱく質が細胞の表面に出て、免疫細胞の攻撃を受ける。「ヘルペスウイルス」には免疫細胞に見つからないような働きをするアルファ47があるが、これを除いた「改変ヘルペス」ががん細胞に入ると、たんぱく質の目印をだし、免疫細胞の攻撃の的となる。

この「改変ヘルペス」はG47デルタと名付けられ、脳腫瘍の「ガン幹細胞」をどんどん攻撃し効果が証明されている。現在臨床実験中だそうだ。



一方「クローズアップ現代」は

ここ10年、様々な部位のがんで、特有のガン幹細胞が見つかっている。

「ガン幹細胞」が、「ガン細胞」を生み出し、またこの「ガン幹細胞」が転移することで、さらに増殖が増える。単なる「ガン細胞」はある程度増殖するとそれ以上は増えないが「ガン幹細胞」はしぶとく生きて再度活動する。

まとめると以下の特徴

 がん細胞を作る

 分裂が遅い。

 抗がん剤が効きにくい

 いつ活動を始めるかわからない。

 ガン組織中1%以下が「ガン幹細胞」

治療法として、①がん細胞は分裂する瞬間、DNAの二重らせんがほどけ不安定になる。そこをとらえて抗がん剤を効かせるが、「ガン幹細胞」はなかなか分裂しない。これは細胞の分裂を抑制させるFbx7という遺伝子が活性化していることがわかった。この遺伝子を弱めたマウスの実験では再発が5分の一まで減らせた。②胃がん治療者にリウマチの治療薬を投与、ガン幹細胞の周りにある栄養の吸い取り口であるポンプの入り口を塞ぐことができる。臨床実験ではここでも慶応大学の佐谷教授が出た。


同じ30分番組で同じテーマだけど、「クローズアップ現代」は少し雑な感じがする。「サイエンスゼロ」は、シリーズ化しているし、科学に興味のある層が視聴者なので結構詳しい内容。「クローズアップ現代」は、ニュースの後の番組ということで、普段あまり科学に詳しくない、興味もない人が視るかのうせいがあるので、難しい専門用語はあまり使わない、内容も浅いのだろう。スタッフも制作部門も違うのだろう。

ただ、「クローズアップ現代」では、脳腫瘍の患者が登場する。視聴者の中には、同じ脳腫瘍の人もいるはず、家族を含め何らかの期待をしてみた人もいただろう。「サイエンスゼロ」で紹介された脳腫瘍の「ガン幹細胞」に効果があったG47デルタは紹介されなかった。


私の身内にもガンで亡くなったものがいる。ガンをテレビで扱うときは「希望」とともに扱ってほしいと、思う。







いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。