1.はじまりは、とよさんでした。 ― 異聞 源九郎稲荷神社 ~ 大和郡山市洞泉寺町15 | 奈良ふしぎ歴史徹底攻略! 学校・教科書では教えてくれない奈良を親子でも100倍楽しめる観光ガイドブックブログ
2011年06月15日

1.はじまりは、とよさんでした。 ― 異聞 源九郎稲荷神社 ~ 大和郡山市洞泉寺町15

テーマ:奈良 大和郡山市
序・幸運論と奇蹟 」のつづきです。

源九郎稲荷神社についてのメールをくださったのは、とよさんという方です。

とよさんは、本業で過酷な経験をされてきました。

そして神仏とはまるで縁のない
リアリストでした。

おそろしくシリアスな世界に身をおかれていました。

とよさんは、あるとき、不思議な夢をみました。

夢の中で、とある島に訪れます。

そこで見た神社が、鮮明で心をうちます。

目が覚めても、ひどくひどく気になりだしました。

機会あるごとに探すようになり、果して、それは見つかりました。

広島の宮島 の裏に浮かぶ小島、小黒神島でした。


奈良ふしぎ歴史徹底攻略! 学校・教科書では教えてくれない奈良を親子でも100倍楽しめる観光ガイドブックブログ-広島 宮島 弥山 小国神島

(宮島・弥山の山頂より。沖合に見えるのが小黒神島です。)
・・・

それから、とよさんは、神様という存在を意識し始めたそうです。

そんなとよさんが、3年前、大和郡山に来られました。

ある日のことです。

ご友人が重い病にかかり、食事すらうけつけなくなってしまいます。

心配のあまり、とよさんは、すがる神様をもとめふらふらと彷徨います。

すると―

住宅街の行き止まりの、うち捨てられたかのような神社に迷い込みます。

鳥居や燈篭はかつては朱色であった名残だけがのこっています。

剪定されることなく、
あれるのにまかせてのびた木々。

木材や、無意味な岩がそこらじゅうに山と積まれています。

そうです。

そこが源九郎稲荷神社 だったのですね。

そんなことおかまいなくザックザックと踏みわけいり、吸い込まれるように祠へと進みます。


そして―

翌日。

驚いたことに、ご友人は食べ物を口にしたのでした。

とよさんは、よほどうれしかったのでしょうね。

その日から、お礼にと境内の掃除をするようになりました。


これがはじまりでした。

・・・

2.大和郡山の町中に響く法螺貝の声 」へつづきます。



きつね異聞 源九郎稲荷神社
1.はじまりは、とよさんでした。
2.大和郡山の町中に響く法螺貝の声
3.闇の中からいずるものたち
4.ひろがるキセキ。 還るべきところ
5.源九郎さんのヒミツ


狐お面関連記事
奈良のスーパーきつねさま。
戦国のきつねさま
>「宇迦之御霊って神様の名前なの?
>「源九郎さん出番ですよ!―日本三大稲荷の「源九郎稲荷神社」

二代目(沖田総梧)さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントする]

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス