5月の連休に開催される各種「フラワーエッセンス講座」の連続参加、編入参加について | フラワーエッセンスの選び方のブログ

フラワーエッセンスの選び方のブログ

このブログは、国産マウントフジフラワーエッセンスの選び方の一つとして、季節ごとに役立つフラワーエッセンスをブログに紹介しています。今の季節や惹かれる花のフラワーエッセンスから紐解いてみて下さい。心に響くフラワーエッセンスのメッセージと出会うかもしれません。

5月の連休に開催される各種「フラワーエッセンス講座」の連続参加、編入参加について

 


今期より改偏され、5月に開催される各種「フラワーエッセンス講座」について、連続で参加した方がよいかどうかのご質問を、初めての方から経験者の方迄、複数件頂いております。


個々の方についてはお答えさせて頂きましたが、ブログでも取り上げさせて頂きます。
微妙に重なるご質問ですので、頂いた複数のご質問をひとつにおまとめして、個人が特定されないよう書かせて頂きますね。
ご質問下さった方々、ありがとうございました (=^・^=)

 


お問い合わせの内容
5月に連続で開催される集中講座から、「フラワーエッセンス基礎講座(パート1)」(マウントフジ&バッチ合同)「バッチ博士のフラワーエッセンス基礎講座(パート2)」を受けたいと思っています。
その後の「バッチ博士のフラワーエッセンスプロ養成講座」に行けるかどうか分からないのですが、続けて受けた方がいいですか?


また、「バッチ博士のフラワーエッセンスプロ養成講座」を、通信講座で受ける事は出来ますか。
「バッチ博士のフラワーエッセンスプロ養成通信講座」の場合、エネルギーのトランスミッションはどうなりますか。
「マウントフジフラワーエッセンス講座」修了生なので、エネルギーのトランスミッションの重要性を体験的にも理解しているので、聞いておきたいと思います。

 



 
  


まず、続けて受ける方がいいかどうかという事ですが、もし可能であれば、今期に連続して受講される事をお勧め致します。
これは、エネルギー的な側面からです。

 

「バッチ博士のフラワーエッセンス基礎講座(パート2)」と「バッチ博士のフラワーエッセンスプロ養成講座」では、エネルギーのトランスミッションという隠れた作業があります。
これは、ある種、エネルギーレベルで積み上げて行く、連続した作業だとも言えるでしょうか。


微細な次元に共振するエネルギーの振動を無理なく上げていき、その状態に自然と慣れて行く過程において、講座の為に創造された特別なスペースに浸り続ける事は、そこで行われる行為(理論や技法の習得等)と同じように大切なのですね。
その作用を効率的に受け取って行く点から見て、連続して受けて頂く方がベターなのです。


エネルギーボディ(サトルボディ)やチャクラの状態を、微細な振動に徐々に慣らしていく上でも、動かしやすいとも言えます。


 

また、グループとしてのエネルギーもあります。
エネルギーのトランスミッションでは、グループのエネルギーも扱います。


ハートサポートシステムの「フラワーエッセンス講座」では、技法と態度の学びだけではなく、エネルギーの「場」というものを扱います。
深く微細に観ていくなら、フラワーエッセンス自体にも、そういった側面がある事に気づかれるでしょう。

 

更に、おひとりだけで試みても難しい事も、そこに複数の方が集っている事で、ある種の状態が創造されやすくもなります。
ご縁のある方々と共に、互いにエネルギーサポートし合いながら進んでいく、という事なのですね。
プロセスのある段階では、同じメンバーのグループエネルギーの中に在る事が、個々の参加者さんのプロセスを深めてくれるのです。


 

これは講師の経験なのですが、海外でのあるトレーニングのお手伝いを外国人ヒーラーの友人から頼まれた際、アシストする予定のトレーニングより早く、初心者段階のトレーニングに参加者として入った事があります。
時間と共にエネルギーの共振性が深くなり、現実面でも参加者さん達の親密度も増していきますので、いきなりプロ仕様段階に入っても浮いてしまうと考えたのですね。
英語圏ではない海外である事、ダイナミックなヒーリングである事も、理由としてありました。
結果的に、最初からその場にいる事が、親密さや集合的なエネルギーを育てて行く上でも、相補的なサポートとなりました。


 

神社仏閣、聖地、修行場といったものにも、そういった集まりの作用が働いています。
例えば、ひとりで自宅で座禅をするよりも、お寺の禅堂のほうが、指導といった現実面以外の目に見えない領域でも、ある種のサポートになりますよね。
そこで頂いたギフトが、ご自身のフィールドに帰った時、役立ってもくれます。


 

以上の点から、連続しての受講が可能なら、その方がベターだと言えましょう。
同時に、ご受講にあたって、スケジュール、それ以外の重要な事、経済的な事といった、様々な現実的な要素もあるでしょう。
様々な側面から検討され、総合的に、ご自身にとってよりよき選択をされるといいかと思います。
間を開けての次段階のご受講も、勿論可能なのですから。



間を開けてご受講される場合は、開いている期間も、出来るだけフラワーエッセンスと日常的に接するようになさって下さい。
特に、いずれ日本フラワーエッセンス協会認定のフラワーエッセンスセラピストとしての活動をされるご予定であるなら、ご自身で使用されたり、近しい方に選んで差し上げたりして、花達のエネルギーとの共振性を保っておかれる事をお勧めします。
また、初級フラワーエッセンスセラピスト、中級フラワーエッセンスセラピストの資格を取られた場合は、可能な活動を、何らかの形でスタートしておかれるのもいいでしょう。


 


 
  


次のご質問、「バッチ博士のフラワーエッセンスプロ養成通信講座」への編入についてですが、「バッチ博士のフラワーエッセンス基礎講座(パート2)」を修了されていれば、いつでも可能です。



ご自宅で自分のペースで出来るという事が、通信講座の長所です。
そういった通信講座の特徴から、自宅学習を前提に機能するよう、通いや集中の講座とはプログラムを少し変えています。


通信講座では、他の受講生さんとお顔を合わせる機会は、スクーリングの時です。
通信講座のスクーリングは、学習段階によってスクーリングの時期を選択出来るので、通常の通いや集中の講座より少人数になります。
少人数ならではのフレンドリーさは、通いや集中の講座では味わえない側面だと言えるでしょう。

また、通信講座の添削を通しても、講師とのつながりを持つ事が出来ます。
ハートサポートシステムの通信講座では、文面を通したマンツーマンの指導を行っています。
距離は遠いですが、別の意味での親密さ、エネルギーサポートがあるでしょう。



エネルギーのトランスミッションは、講師サイドで言うなら、実は、遠隔でも行う事は可能なのです。
ですが、より多次元的な側面から、スクーリングの場で直接お顔を合わせた状態で、エネルギートランスミッションを行う方法をとらせて頂いております。


肉体を持って直に出会うという下位身体の次元の体験が少ない通信講座だからこそ、大切にしたい事なのですね。
下位身体の次元での出会いが伴っている事で、エネルギートランスミッションを意識化しやすいという側面もあります。
意識化出来る出来ないは、実際はそんなには重要ではないのですが、参加者の方サイドに立つなら、役立つ要素となるのです。


また、私達に内在する本質的な特質を伝えていく事も、機能しやすいとも言えるでしょう。
この本質的な特質こそが、バッチフラワーエッセンスで言うところのポジティブサイド、バランスのとれた状態が示す、例えば、愛、勇気、平安といった、普遍的な質だと言えるかもしれません。


❤通信講座の情報は、以下からご覧頂けます。
✿「バッチ博士のフラワーエッセンス通信講座」
(「バッチ博士のフラワーエッセンス基礎通信講座」✿「バッチ博士のフラワーエッセンスプロ養成通信講座」)

 



2013年5月開催の各講座の詳細と全体案内は、以下からご覧頂けます。
◆全体案内
◆フラワーエッセンス基礎講座(パート1)(マウントフジ&バッチ合同)
◆マウントフジフラワーエッセンス基礎講座(パート2) 
◆バッチフラワーエッセンス基礎講座(パート2)
◆マウントフジフラワーエッセンスプロ養成講座
◆バッチフラワーエッセンスプロ養成講座




●運営しているサイト
  フラワーエッセンスのハートサポートシステム
  日本フラワーエッセンス協会
  オンラインショップ(フラワーエッセンスのお店)
  ヒーリングバザール(パワーストーンのお店)

●運営している三つのブログ
  フラワーエッセンスの選び方
  フラワーエッセンスとチャクラ・エネルギーボディ(サトルボディ)・カラー
  ヒーリングバザール店長のブログ 「ラッキーリング」


よろしければ、応援クリックを2回お願いいたします。





いつも応援ありがとうございます。m(_ _)m

フラワーエッセンスの選び方さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります