ふれあいと癒しの交響曲(名古屋/京都/気功/教室/講習/和気信一郎)

ふれあいと癒しの交響曲(名古屋/京都/気功/教室/講習/和気信一郎)

気功の理論や教室のこと、日々のことなどを書いています

キーワード→名古屋・気功、教室・講座・ストレス・緊張・自律神経・健康・改善・回復・坐禅・太極拳・放鬆・ふぁんそん・元気・つどい・癒し・リフレッシュ・整体・気・大雁気功・太極気功18式・香功・スワイショウ・ほぐし・ゆるみ・ゆがみ・ゆらぎ


【より早く到達するために】

(一)
 気功をするということは、健康の回復、維持、増進を図ることだ。
 そのために大切なキーワード、それはα波と副交感神経と体性感覚、そして、脳からのフィードバックである。

 中でも〔脳からのフィードバック〕の能力を身につけることは決定的に重要な課題なのだ。

 僕たちは日常生活での体を使った動き、即ち、筋肉を使った手足の運動などの殆どは無意識に行なっている。
 よし、足を出すぞ!と思い、意志を持って歩いている訳ではない。
 茶碗や箸をもつ手の動きも、コーヒーカップを口に運ぶのも、強い意志などは要らない。
 その殆どの体の動きは脳が記憶し、無意識的に動いているのだ。

 この体の動きと同じくらいに、コーヒーを飲むという思いが出るだけで、独りでに手が動き、コーヒーカップを口に運ぶように、ちょっとした思いを体の中に持つだけで、体内をゆるめ、温かくし、その感覚が体感できるようになることなのだ。
 その為には体性感覚の開発が不可欠になる。


(二)
 桑田真澄さんが巨人軍のコーチのような役割をもつ任務に就いた。
 彼は、これまでの練習法を高めた科学的な練習法を取り入れるらしい。
 理論化の桑田君らしい話だ。
 彼の目標は、より早く最高点(一流)に到達するための技術を伝えることらしいのだ。
 この「より早く身につける」という点においては僕の思いも同じである。
 如何に早く、この脳からのフィードバックによって自分を気功状態であるα波と副交感神経優位にし、園体内の状態を体感するというための技を身につけて欲しいし、その技を伝えたいのだ。
 そして、僕はいま、そのための技の開発に挑んでいるノだ。

 テーマは、「如何に早く体性感覚を開発するか」である。

【養生気功アドバイザー養成講座《二日目》2


、気の訓練/足の裏呼吸・2

《実習》


 両手を誘導に用いて、大地から脚を通して丹田まで気を吸い上げ、丹田から大地まで吐き降ろす呼吸をし、それを数回繰り返します。
*いま何処を通しているか、何処を通っているかをよく感じながら丁寧に行ないましょう。


 ①に引き続き、胸の中まで吸い上げてから降ろし、しばらく続けます。
*鎖骨の上、肩甲骨の上のライン、肩の皮膚に当たるくらいに吸い上げて下さい。


 ②の動きを続けながら、胴体と脚で出来ている円柱を、中心軸と周りの部分に分け、その周りを前側、横側(左右)、後ろ側に分割し、まず、前側の皮膚と皮下で動かし、数回繰り返します。


*3に引き続き、外踝側から肩関節の中まで、円柱の左右で気を吸い上げ吐き降ろし、その動きを繰り返します。
*脚では土踏まずの外側の赤い皮膚の範囲くらいで、胴体では乳頭ラインより外側の体の中くらいの感覚になります。


 ④に続いて、感覚を後ろに回し、踵から脚の後ろ側、臀部、腰、背中の間で気を吸い上げ吐き降ろし、しばらく続けます。


 最後は、内踝側から脚の内側を通り、体の中をえり首辺りまで吸い上げてから吐き降ろす呼吸をし、その動きを続けます。
*両足の間の空間も一緒にし、円柱の芯(中心軸)という感じで練習して下さい。

*この後ですが、③から⑥の練習の中で、二つまでしか感覚の獲れなかった人は、感覚の強かったところを、三つ以上感覚のあった人は、感覚の弱かったところを練習してみて下さい。


 最後は両手を丹田に向け、丹田感覚を味わってから終わりましょう。

【寒い一日になりそうだから…】


おはようございます!

 今日の名古屋は最高気温が5℃という真冬の寒さ。
 数日前に3月下旬の温かさだったから、今日の寒さはこたえるだろうな。

 貼り付ける写真や動画が無くなったから、何処かに行きたいんだけど…、困ったなぁ。

 今日は大人しくしていようかな。
 今のところは未定。

 でも、歩かないと頭が回ってこないから、歩きには出掛けたいな。

ということで、みなさん、今日の一日、温かくしてお過ごし下さいませ!

【教うるは学ぶの半ば/生き方を学ぶ】


《今日の言葉》

●教うるは学ぶの半ば


 僕が「気功の先生」と呼ばれるようになって30年が過ぎた。

 この間、気功を如何に理解してもらおうか、気功の技をどう伝えようかなど、自分自身も気功の理論と技に対して、暗中模索しながら、右往左往しながら、七転八倒しながら探究し、深めてきた。
(知ってる四字熟語を総動員してみました。)
 おかげで、今の僕の気功理論や技である「ふぁんそんテクニック」や「体感テクニック」、「緩感貫採練」、「体感(内観)しながらのスワイショウ」、「樹木の呼吸」、「経穴採気功」、「養生気功」、「菩薩静功」などの技が出来上がってきている。

 若し、僕が生徒のままでいたとしたならば、今のような気功の理論や技には到達していなかっただろうと思う。

 昔から「教えることは学ぶこと」と言われているが、それは伝える側に立ってみれば解るだろうと思う。

 生徒の立場より、解ろう、解ってもらおうとする意欲に違いが出て来るからだ。

 僕は盲学校で未来の鍼灸師たちに、よく、こんな話をした。

 「母親は、お母さんになってから子どもを産む訳では無い。
 子どもを産んで、育てていく中で母親になっていくんだ。
 それと同じように、腕を磨いてから鍼灸師になる訳では無く、鍼灸治療に取り組んでいく中で初めて鍼灸師になっていくんだ。、」

 そう、「先生」も同じだ。

 伝える側に回って、実際に伝えていくという取り組みをしていく中で、初めて「先生」になっていくんだよな。

 どんな先生になっていくかは、自分に対する甘えを振り切り、厳しく向かい合っていくという姿勢はいると思うんだけどね(自戒を込めて)。

【立春からにしようかな】


 今年の立春は2月3日だったよな。

 〔思い立ったが吉日〕をモットーにしているオイラではあるが、やはりなかなか思い立っても足が出ない。

 気力が出ない訳ではないのだが、ほかの誘惑に負けてしまうのだ。

 だから、今年は立春から歩き出すことにしよう。

 オイラの友人Mは、今年に入って毎日一万歩以上歩いている。
 仕事の都合で一万歩に満たない場合は、夜、帰宅後に歩いているらしい。

 オイラは夜は歩けないからなぁ。

 やっぱり、名古屋市内で歩く場所を幾つか決めて、歩きに出なけりゃー普段の生活では、せいぜい八千歩止まりだからなぁ。

 もう少し朝が早くなると善いんだけどな。

 目標は〔腹筋割れ〕?ってな訳ないか!

【悩んだままで、結論はまだ出てません】


 かなり悩んでいます。

 何かと言うと、どんな種類の生命保険に入るかということなんです。

 保険会社の人は〔入院保障〕を主にした保険を勧めてきます。
 しかし、それは満期もなく、死亡時の保険金が○十万程度なんです。
 保険料を計算すると、十年間で150万円程度になるんですが、23才の時に一週間の検査入院をした時と、60才の時に三日ほど緑内障の手術で入院した以外は入院の経験がない僕にとっては〔入院保険〕は乗り気になれないんですよね。
 何か勿体ないという感じなんです。
 貧乏性なんだろうなぁ。

 僕の心配事は、交通事故、災害事故などで、どちらかと言えば損害保険みたいな感じになるんです。

 それと、そんな保障はなくても善いから、死亡時にある程度(○百万円くらい)があって、十年以下の短期の満期の積み立て式の方が有り難いんだけどな…。
 やっぱり貧乏性なんだろうなぁ。

 年齢的に病気入院も考えないといけないのかなぁ?

 水曜日に保険会社の人が来るよー!

【養生気功アドバイザー養成講座《二日目》1】

練習内容
・養生気功フルヴァージョン(説明済み)

・足の裏呼吸

・ふぁんそんテクニックから〔すわりイルカ〕+〔蝶の羽ばたき・羽回し〕

・菩薩静功(説明済み)


Ⅱ、気の訓練/足の裏呼吸

 足の裏呼吸は、気を大地から丹田(下腹の中)まで吸い上げ、大地に吐き降ろしていく呼吸です。
 〔湧泉呼吸〕、〔湧泉丹田貫気法〕などとも呼ばれていますが、湧泉という言葉を用いると、本当は足の裏全体を用いているのに、その湧泉というツボの一点を用いた呼吸とか貫気法などと誤解されてしまいますので、僕は〔足の裏〕という表現にしています。
 この〔足の裏呼吸〕は、胴体丸ごとと合わせて練習した方が解りやすいし、今後の〔気功流軟酥の法(洗い流し)〕などの練習にも役立つと思います。
 つまり、両足と胴体を合わせて一つの円柱として練習するんです。
 両足の間の空間も円柱の一部として、円柱の中に入れて下さい。
 そして、その円柱を太い色鉛筆のように、真ん中の芯の部分と周りの木の部分に分けます。
 勿論、イメージではありませんが、硬い芯や木ではなく、全て気が通る軟らかなスポンジや綿や和紙で出来ている円柱ですからね。
 そして、その周りの木の部分を、前側、横側(左右)、後ろ側に四分割します。
 専門的な言葉を遣えば、前側を〔陽明〕、横側を〔少陽〕、後ろ側を〔太陽〕と表します。
 これが三陽ということになります。
 それに対して陰の部分は一つとして練習します。
 勿論、陰も三陰に分けられるのですが、それは、特に胴体部分の中心軸の感覚が出て来てから、中心軸を、前、左右、後ろと分けて練習していくと良いと思いますので、ここでは陰を一つの中心軸として練習してみます。


《準備》

 両足を足の付け根の幅で左右平行になるくらいにして立って下さい。

《実習》

(つづく)

【脚本は原作を越えた】


おはようございます!

 昨夜、日曜邦画劇場にて〔砂の器〕を観た。
 多分、もう何回も観ている映画だ。
 昔から松本清張の小節は好きだったが、この本は読んだことはない。
 〔砂の器〕の原作が松本清張であるということは知っていたが、脚本が橋本忍と山田洋次であることは知らなかった。
 原作では、親子の旅の様子に関しての記事は無く「どんな旅を続けたのか、どんな経路を辿って来たかは不明である」というような内容の分が一行あるだけらしいが、その部分を、最後の〔宿命〕という曲に載せた40分もの放浪生活の場面に仕上げた脚本によって、単なる推理小説ではない壮大な人間ドラマに仕上げたのだから、その二人の脚本家の才能に驚いた。
(何か上手く書けない)。

 やはり、映画は面白い。

ということで、みなさん、今日の一日、温かくしてお過ごし下さいませ!

【使い方、解るよね】


 昨年末に、勉強しようとダイソーで買った〔ことわざ/四字熟語カレンダー〕。

 何となく遣っていたり、知っているものも沢山有る。
 1月のなかばを過ぎたところで、ここに載せてみます。

 みんな解りますよね?

●疾風怒濤

●三寒四温

■勝てば官軍/負ければ賊軍

■鰯の頭も信心から

■思い立ったが吉日

●善男善女

■情けは人のためならず

●緊褌一番

●前途洋洋

■箸にも棒にも掛からぬ

■破竹の勢い

●四海兄弟

■腐っても鯛

■梅に鶯

■山の芋/鰻になる

●実践躬行

■一富士二鷹三茄子

●雪中松柏

■狭き門より入れ

■盆と正月が一緒に来たよう

■播かぬ種は生えぬ

■仏ほっとけ/神構うな

■月に叢雲/花に風

■待つ間が花

■時は金なり

以上です。

 僕が知らなかった言葉などは〔生き方に学ぶ〕というテーマで、またキジにしますね。

【気を体感する意守法の極意】


(一)
 気功には多種多様な練習方法や楽しみ方がある。
 中でも僕が楽しんでいる練習は、意守法と言って、体内の気の感覚を体感する練習だ。

 意守し体感する場所にも幾つかある。

(二)
 まず一つが丹田感覚だ。
 丹田に気を吐き降ろすと、下腹(骨盤内)の中が温かくというより熱くなってくる感覚だ。
 丹田は生命力を養う場所だ。
 東洋医学的な鍼灸の診察法の中の腹診において、この部は腎に相当し、ここの力が弱くなっている状態を〔腎虚〕と言い、体力の消耗、精力不足、免疫力の低下、老化の進行などと診断する。
 丹田を温かくする、熱くするということは、この腎の力で有る体力、精力、免疫力、若さなどを維持することにつながるのだ。

(三)
 二つ目は腕や脚全体の感覚だ。
 腕で言えば、胸や肩から掌の間で気を動かしていく貫気法ではなく、腕全体を(イメージではなく)温かい空気や液体を染みこませた軟らかなスポンジでできた円柱のように体感するのだ。
 そして、その気で満たされた腕を陰陽(掌側と手の甲側)に分けて別々に体感する。
 つまり、二本のカマボコ状(ドーム状)のスポンジになる訳だ。
 更に、その陰陽に分けたものをそれぞれに三分割する。
 起立した形で言えば、前側、真ん中、後ろ側となり、そのそれぞれで気の感覚を体感する。
 東洋医学では、腕も脚も三陰三陽に分割し、それぞれの部での気の乱れを診察するのだが、それを僕は意守法として、腕を六分割し、その細い管状の立体的な感覚をそれぞれに体感し、気の状態を把握していく訳だ。
 脚も同様に行なっている。
 手足で計十二ほんの立体的な気の感覚を体感し、温かくないところや気の感覚の途絶えているところに気を巡らせ、或いは届け、気を調えていく。
 そして、この作業は主に布団の中で寝っ転がってしているのだ。

(四)
 部分部分での意守法、体感法ではなく、丹田を熱くし、腕や脚の長い全体的な円柱的な感覚を体感できるようになれば、意守法も優れた診察法、治療法になり得るのだと思う。


*あなたも気功の学校に来て、体感を伴う学びを深めて下さい。

◆気功の学校/気功の基礎から応用までを学ぶ気功のワークショップ
*毎週土曜13時半~15時半
*名古屋市市政資料館
*入会費(二千円)受講料(五回分五千円のチケット)体験(二千円)

#健康 #回復 #ストレス #緊張 #疲労 #脱力 #ゆるめる #武術 #ヨガ #太極拳 #ダンス #自律神経 #腹式呼吸