「一日限定 地球探検隊オフィスは大盛況!」 | 「地球探検隊」中村隊長の公式ブログ【ビタミンT】

「一日限定 地球探検隊オフィスは大盛況!」

昨日は隊員もりくんが主催してくれた、
一日限定の「地球探検隊」オフィス。


日曜日、彼の経営する会社のオフィスを
隊員と俺のために開放してくれたのだ。


Facebookのイベントぺージには、予約不要と書いてあったが、
参加ボタンを押しているのは、もりくんと俺の2人だけ。笑


本当に誰も来なかったら、どうしようって思ってた。
ところが、蓋を開けたら、会社設立当時のスタッフや隊員から
「はじめまして」の人までが外苑前まで足を運んでくれて大盛況。
滋賀県や兵庫県からも来てくれた。


喧嘩して疎遠になっていた隊員とも、一瞬で和解、奥さんと子供連れて参加してくれた。

昨年10月の会社倒産を知らなかったらしい。


「来てよかったです!」そう言ってくれた。


彼が、「隊長、今回の旅が人生ベストでした!」
そう言ってくれたのを思い出した。


もりくんが、隊員たち、ひとり一人にメッセージを送っていたのだ。
やっぱり一斉メールより、ひとり一人が基本だね。
それに応えるように、隊員やガイドが拡散してくれた。
この横の繋がりが「地球探検隊だ。


10年の付き合いになる新潟の現地ガイド、うめちゃんの投稿を読んだら
ウルっときて、電車の中で泣いてしまった。シェアしたい。


 地球探検隊を通じて知り合った皆様へ。

 

 1日限定 地球探検隊オフィス開放
 2019年6月23日(日)10:00~16:00

 もう既にご存知の方も多いと思いますが、
 昨年、突然幕を閉じた地球探検隊のオフィスが
 今週末、1日限定でオープンします。

 

 地球探検隊は旅行会社でありながら、
 旅行ではなく「旅」を売る、
 そして「旅」を売ることで、
 「人との出会い」を売りにしていた会社でした。

 自分もそんなところに共感するところが多く、
 それまでの仕事を辞めるきっかけにもなり、
 そして、今の魚沼での生活が始まり、
 地球探検隊のツアーを引き受けることで、
 妻美子をはじめ、たくさんの人と出会った。

 

 地球探検隊には言葉に出来ない思い、
 感謝の念がある。

 

 でも、自分には、今の隊長、
 そして今では隊長の伴侶となったみかさんを
 ただただ、見守ることしかできなかった。

 会社を閉じるまでの経緯を近くで感じながら、
 もう何もできなかった。

 自分をはじめ、隊長に縁のある隊員の力が
 今の隊長に必要なんだとの思いがありながら、
 それを促すことはできなかった。

 

 そんな思いを引きずっていたなか、
 隊員の一人もりくんが、隊員と隊長をつなぎあわせる場作りをしてくれた。

 自分がやりたくてもできなかったこと。

 今の隊長、そしてみかさん、おなかのなかのあかちゃんに、
 隊員の思いをぶつけること。

 

 一人でも多くの隊員に、
 足を運んでもらえたらと思います。

 同窓会みたいな気分で、
 隊長に会いに、隊員に会いに、
 少しの時間でもいいので、
 ぜひ遊びに行ってください!
 梅井雅行


ここ最近、失敗も含めて自分を自己受容できて
肯定感でいっぱいになっていたが、集まった懐かしい面々を見て,

本当に会社をつくって良かったと思えた。


カップルまたは子連れの隊員がいっぱいきてくれたが、
そのほとんどが、隊員同士のカップルだった。


一様に「子連れで参加できるイベントがなかったから、これはと思って来ました!」


それにしても子供の男子率が高い!
これは、未来の姿を見せてくれていると思えた。
女の子と違って、パワーあるな、男の子。
娘2人を育て上げたが、息子は「はじめて」。
まだまだ俺にも「はじめて」がいっぱいあるんだろうな。

「体力つけておかねば」と気合が入った。


そして、いつものことながら、
「はじめまして」で集まったメンバー同士で仲良くなっていく。
俺の半生をインタビューしたアツシ 小林 敦 (Atsushi Kobayashi) の目の前で
「My Life Story」がどんどん売れていった。


「My Life Story」、新刊も売れて、さらにご祝儀までもらった。
もりくん、本当に良い機会を提供してくれてありがとう!


やっぱり俺は人と人を繋げるのが好き。
人と話すのが好き。
「旅も好きだが、旅以上に、人が好きなんだな」って思えた。


「16時までが18時になって、2時間も予定時間をオーバーしてごめんなさい」
というと、
「最初から想定内でした。」
そして、最後に、もりくんが言った。
「次は4年後で 笑」
 

今日の「らくだば」一日店長は、初めてキャンセルが入った。

一人ずつ2名。現時点5人。もう少し増えると嬉しいな。