「らくだば(新宿御苑)」一日店長、第二弾! | 「地球探検隊」中村隊長の公式ブログ【ビタミンT】
2019年04月01日(月)

「らくだば(新宿御苑)」一日店長、第二弾!

テーマ:トークライブ

3/30(土)「らくだば(新宿御苑)」一日店長、第二弾!

2月の1回目は、ほとんど男性だったが、
2回目は女子ばかりだった。


天気は、あいにくの雨。それでも思った以上に来てくれた。
ありがたい。
俺も5年間だけ飲食店をやっていたから、よくわかる。
年度末で雨の日って、ほとんど人が来ないのだ。

 

一番に来てくれたのは、隊員さとめぐ。

10年以上前に多国籍ツアートレックアメリカ、
アメリカ西部21日間に参加後、多国籍ツアーにハマり
卒業旅行は多国籍ツアーG アドベンチャーの中南米だった。
 
さとめぐとの出会いは、2006年8月、
「キラキラ輝く大人の見本市、10代を真剣に考える一日」。
「ホンモノの旅とは」をテーマに歩 高橋 歩 (高橋歩)、こーちゃん 本田 晃一 (Koichi Honda)

俺の3人でトークライブ、ナビゲーターは小田くん 小田 真嘉だった。
13年前かぁ・・・みんな若いな~笑
「高橋歩、本田晃一・・・素敵な仲間」
「キラキラ輝く大人の見本市2006」

 

あの1,000人イベントから、多くの隊員(旅の参加者)が生まれ、
出版したばかりの「感動を売る!」が売れて、講演に呼ばれることが増えた。


トークを終えると俺の本を買った人の長打の行列に驚く娘たち。
本にサインして握手する俺をニコニコしながら見上げて
「パパ、すごーい!」って、眩しそうに見ていたのを
昨日のことのように覚えている。


今から思えば、大きな転機となった大イベントだった。
主催してくれたシンマさん 新間 竹彦 (Takehiko Shimma)、本当にありがとう!

 

俺にとって、人生の目的は、
「どこにいても、自分らしく生きて、最高の仲間たちに囲まれていること」
だから、人生100年時代、孤独なんてなくしたい。
もっと言うなら、この日本から自殺をなくしたい。


この7年、何度も「死」がよぎりながら、前を向いて生きてこられたのは
仲間のおかげだから。

その時々で役割を終えて去っていく仲間もいた。当時「裏切られた」と嘆き悲しんだ仲間さえ、

今の俺には必要だったんだと思える。

ベストなタイミングでいつも素敵な仲間に囲まれていると思う。


出会いは偶然ではなく必然だ。

そんなことを感じた夜だった。


今月の「らくだば」一日店長は、20日(土)と平成最後の土曜日、27日(土)。

ちょっとだけでも顏みせてよ!

中村隊長さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

Ameba人気のブログ