LIVE STREAMING SHOW
The Only Garden 〜end of summer〜

新宿ANTIKNOCKからの生配信ライブ第2弾、いかがでしたか?

image



ANTIKNOCKのみなさんと話し合い、

この特異な夏の終わりにみんなと笑顔になれる、

そんなライブを目指しました。



『The Only Garden』の6曲と『DREAM RIDER』以外は、

前回の配信ライブと楽曲を総入れ替え。

あの曲もこの曲も届けたくって。

今回は次回の告知はしなかったけれど、

次は何がくるか、楽しみにしていてね。



慣れないことだって、やっていけばどんどん新しい武器になる。

そんな初心に返ったような気持ちが気持ちいいな。






そしてexist†traceからはお知らせ、お届け物が沢山あった夏の終わり。

まずはNEW MINI ALBUM『The Only Garden』の楽曲配信が開始しました!

https://exist-trace.com/news/3078



ダウンロードとサブスクで聴くことができるようになったので、

まだ聴けていない人はもちろん、もうCDを持っている人は

布教活動に役立てちゃうとかどうでしょう?






そしてそして、『EXISTENCE』のフルバージョンのMVが公開!



7/30の配信ライブの映像プラス、MV用に設置していたカメラの映像も合わせて

より色々な角度からこの曲を楽しめる映像になっています。

見所は?もちろん私のギターヘッドについたカメラからの視点!






そしてさらには、OFFICIAL F.C『VANGUARD』を新しく立ち上げました!

https://exist-trace.com/news/3056

今まであったオフィシャルコミュニティ『VANGUARD』がレベルアップしたと思ってくれればOK。

新しいVANGUARDは専用アプリ内で楽しんでもらえる仕様になっていて、

メンバーもまだ使い慣れておりません。笑



メンバーそれぞれの企画も今まさに初回に向けて準備をしているので、

是非楽しみにしていてほしいな。

マニアックに振り切ります。

現在はオフィシャルコミュニティ『VANGUARD』の会員のみが入会できるプレオープン中だけど、

会員でないみんなも9/5の19時から正式にオープンするので、

一緒に楽しむ場所を育てていきましょ!

それではまた。
NEW MINI ALBUM「The Only Garden」リリース記念
LIVE STREAMING SHOW
『The Only Garden』

初の配信ライブ、初の無観客ライブ。

視聴してくれた全国のみんな、ありがとう!






『The Only Garden』のリリース、そして配信ライブ、と

どちらも存分に楽しんでもらえたかな。

exist†traceとしては2/14、バレンタインデーにこのANTIKNOCKのステージに立って以来5ヶ月半もライブがなかったから、

ステージに戻ってこれた、これだけで胸いっぱいでもありました。

みんなの表情はこちらからは見えはしないけれど、

みんなの笑顔がまるで目の前に広がっているような錯覚に陥るくらい、みんなの想いも私たちまで届いていたよ。

なかなか日常が戻らないもどかしさもあるけれど、こうやって色々な方法を探りながらみんなと笑顔になれる時間を作っていきたい。






それに今回配信ライブをやってみて、これはまだまだ色々できるぞと。

exist†traceらしさを全開に、色んな楽しませ方があるぞと。

そう感じてしまったから、今月8/28にも再びANTIKNOCKから生配信でライブをお届けすることにしました!

今回は『The Only Garden』を中心にお届けしたけれど、

次回は持ち曲全曲に登場の可能性がある。

配信だからこそ映えるようなギミックがどこまでできるのか挑戦したいと思うので、

みんなはおうちライブの環境をしっかり準備して待っていてね。

さぁメンバーと大会議を始めなくちゃ!






ところでお気付きの方もいるかしら。

ギターのヘッドから私を撮り続けていたカメラがあったことに…

ミニアルバム「The Only Garden」、

ついに明日7/29に発売となります!

先行予約をした人の元には早ければもう到着しているかも?!

聞いたらブログのコメントでも、ツイートでも、お手紙でも、

あなたの感想を是非きかせてね!

もう本当、その瞬間が一番幸せ。。笑



さぁそれでは楽曲解説ブログシリーズも本日の「Garden」で終了。

最終日の今日も、ここで注意書きです。

「曲をちゃんと聞くまでは何も情報入れたくない!」派のあなたはネタバレ防止のためここで読むのをストップ!

CDを聴いたあと、ゆっくりこのブログを読みに戻ってきてね。



それでは、



今回最後の。



楽曲解説スタート!






「Garden」

「The Only Garden」で唯一の、書き下ろしの新曲です。

ここまで新曲が少ないのは今回が初めてで、なんだか新鮮。

この曲は他の曲とバランスをみて作った、のでは全然なく、

むしろ頭を無にして、今届けたいこと、だけをシンプルに形にしたんだ。



曲作りはまさに3月末。

コロナウイルスの蔓延。ライブの中止。不透明な未来。

バンドからの視点だけでも不安なことが山積みでした。

きっとみんなそれぞれ不安や困難に立ち向かっている。

そんな中、みんなに音を通して届けたいことはこれだよね、と

サウンドより歌詞をメインに作っていきました。

「POWER OF "ONE"」の一歩先から、目の前のキミの目を見て歌う。

exist†traceの作るGardenを象徴する曲になったと思うんだ。






曲調だけでいうと、あらまた不思議な方向性ねと思うかもしれないけれど、

案外バンドで演奏すると自分たちのものになっちゃう不思議。

今までと毛色の違う四つ打ちビートで、自分たちなりのシティポップ。

各自この曲には時間をかけて、丁寧に作りこみました。



私のギターはお借りしたストラトのフロントで、アンプをクリーン、プラスコンプをかけて全編録っています。

サビやBメロはクリーンブースターでちょっと前に出したりしつつ。

って書いていて思い出したけれど、この曲構成がとても独特なんだよね。

私たち的には「教えてMy Lady〜」をサビとしているので、

イントロ→Aメロ→サビ→間奏→
Aメロ→Bメロ→間奏(ソロ)→
Aメロ→サビ→アウトロ→Aメロ

という謎構成で、覚えるまで演奏もわちゃわちゃしていました。笑

私的にはAメロを推したかったのでやたら登場回数が多いのです。

こんな自由な感じも面白いでしょ。






image

レコーディングの一番最後に、イントロのWow〜をメンバーだけでなくマネージャーASAKOやスタッフ陣も一緒に歌いました。3密を避けて。笑

ライブではみんなと歌って、クラップしたいな。






ライブといえば。

7/30には生配信ライブを行うから、まずはそこで「The Only Garden」の世界を堪能してね!

そして、いつか直接みんなとライブを楽しめる日がきたら、

一緒に声を届かせ合おうね。

その時がきたらきっと私泣いちゃう。笑



「The Only Garden」リリース前楽曲解説ブログ、これにて完結。

ここからは私たちとあなたでこのGardenを大切に育てていこうね。

まずはじっくりと、なんどでも聴いてくれたら嬉しいです。

「The Only Garden」、明日から通常販売もスタートです!

http://exist-trace.shop/