ROAR VALKYRIE〜exist†trace〜

テーマ:
exist†trace主催イベントROAR VALKYRIE。

渋谷CYCLONEに集まった全ての人へ、ありがとうございました!!






出演してくれたTELECiDE、LAST MAY JAGUAR、AILIS、MARKET SHOP STORE

本当にそれぞれが素敵なステージでした。

出来るなら全バンドフロアでのんびり見たかった!

多分これからこの4バンドと時間を重ねていったら、もっともっと大きい化学反応が見れると思うんだ。

その日をとても楽しみにしながら、掻き立てられたこの気持ちを次へとぶつけていきたいと思います!






ROAR GRAVITY、惹きつける。

ROAR IMPACT、放出する。

ROAR VALKYRIE、女性ならではの力で。

前はジャンルで語っていたものが、表現する術に変わっていき、

3つが重なり合ったものがexist†traceになる。



2019年1月19日、渋谷TUTAYA O-WESTワンマンライブ「EXIST†TRACE」。

存在の痕跡。生きる証。

10/6からO-WESTに向けてのライブを全て「Connect to EXIST†TRACE」と呼び、

その全てに私達の存在を刻んでいきます。

迷い悩んでも、勇気に満ちて突っ走っても、どんな想いも連れて1/19に向かいたい。

みんなの手を、引っ張って行っても構わないかな?

もう全部ぶちまけるつもりで、私もいきます!

一緒に、いこうね。






…最後に

{0DEB5228-873D-4F33-AB78-BE5D831E5F2A}

ツイッターで流れてしまうのが勿体ないので、

ユリミコ保存保存と。

永遠に戦おう。


ROAR VALKYRIE 〜AILIS〜

テーマ:
ROAR VALKYRIEまであと2日…!

みんな準備は出来たかな?

どんな準備かって?

そりゃあイグTにイグタオルに、動きやすい靴に…

それから体調管理でしょ、交通手段の確認でしょ、

そしてそれからそれから、出演バンドのチェック!だよね?






この土日でみんながしっかり予習出来るように、

本日も出演者紹介をしちゃおうと思います!

ラストに紹介するのはこのバンドです…!








AILIS






AILISは今年の主催イベントシリーズ第一夜目の「ROAR GRAVITY」にも出演してくれた、

女性ボーカル×男性楽器陣の4ピースバンド。

ん?あれ?

なんだか前回と何かが違うような…?

そう。

つい先日からなんと新ボーカリストSuchちゃんが加入し、新体制となりました!






私も早速新生AILISを観に行ってきたんだけど、

キュートだけどどこか憂いのあるSuchちゃんの声と存在が、

AILISのイメージをとことん前向きにぶち壊していたんだ。

あの曲も、あの楽器隊も、ボーカリストが変わるとこんなにも色味を変えて聴こえてくるものかと、

とても驚いたし、私凄く好きかも、いや好きだ!と確信しちゃった。

{93748802-1C11-4481-A519-7CC386E820FD}








とても大変だと思う。ボーカリストが変わるって。

ほとんど新しいバンドを結成するくらいの苦労があると思う。

でも彼らはやってのけて、堂々と新しい自分達を見せつけてくる。

きっとこれからもっともっと洗練されていくんだと思うけれど、

今この瞬間の、生まれ落ちたばかりの熱量でのステージは、ここにしかない。





ライブはどんな瞬間も写真や映像には到底収まりきれないものがあるよね。

この日はAILISの様に新しい扉をくぐったばかりのバンドから、

色んなものを戦い抜いてきたバンドまで、皆が本当に皆それぞれの瞬間を生きている。

戦う女達のリアルな激情をダイレクトに受け取ってほしい、そして、

その先には全部を取っ払っても、ただただカッコいい、胸に迫る、

そんな感情がみんなの心に灯る一夜を目指すよ。






だからAILISにも、とんでもないステージを私達からも期待してます!

勿論全バンドにも、そしてexist†traceも魅せてやります。

AILISは新体制になる前の映像しかないから、それを観ながら、

「一体どんな化け方をしているんだ…?!」と期待していてね。








さぁ紹介ブログも全バンド済みました。

リハーサルも終え、もうあとは本番を待つのみ。

自分達のイベントということで気合いは勿論入りまくっていますが、

exist†traceが描く理想を正面に据え、ど直球で行きます。

叫ぶ"ROAR"準備は、出来ているか。

image
先日は新宿ANTIKNOCKでの異種格闘技なイベント、

集まったみんなも凄いパワーでした。ありがとう!



久し振りの絶叫ちゃん、ずっとご一緒したかったベッド・インさん、

印藤さんのギターに酔いしれたマシリトさん。

バンドはみんな個性バラバラなのにどの音も気持ちよくて、

634・マンガリッツアさんは愛情たっぷりのDJで盛り上げて。

なんて最高なイベントなんだ〜とフロアを見渡すと、

みんなも常に笑顔で楽しそう。

そんな一夜のトップバッターに、exist†traceもマイペースに、したたかに、

初っぱなからガツンとお魅せしました。



8/19のワンマンから、なんだかバンドが変わったねと言われたのですが、

そう、まさにワンマンちょっと前から。

変えたのは考え方だけなんだけど、

より楽曲の世界や訴えているものを、色濃く表現するようになった。

それがステージに音に表れているならしめたものだとニヤニヤしつつ、

もっともっと深く、自分達を探っていこうと思うんだ。






絶叫の魁ちゃん、ベッド・インさん、マンガリッツァさんと。

{D6114105-ABFC-41FE-AE4A-859384EEBC9B}


{6E92F558-069A-4900-9747-2A20FFDB3D09}


image






そしてそして、あと一週間を切りました!

exist†trace主催イベントシリーズ第3弾、

「ROAR VALKYRIE」がいよいよ来週月曜祝日、渋谷CYCLONEで開催!

今日はこの日の出演者の中から彼女達をご紹介したいと思います。








TELECiDE



可憐な見た目からは想像がつかない、しっかりメタルコアなクリーン&デスボイスのツインボーカル女性バンド、TELECiDE。

exist†traceとは今回初対バンとなりますが、

彼女達のことは他のバンドからも噂を伝え聞いていて、

「TELECiDEめっちゃイイ」と。

私も映像で見て、「めっちゃイイ」と。

ご一緒したいリストの上位に一気に食込んだ彼女達と、今回遂に手合わせ!








一度話は彼女達から離れるけれど、exist†traceが今回この4バンドを集めて女性ボーカルイベントを作ったのには勿論理由があって、

今まで沢山の女性ボーカルバンドさんとご一緒してきて、

沢山の繋がりができ、女性ロックシーンを共に盛り上げたいと思った。

その気持ちは今も全く変わらないんだけど、

exist†traceが自分達で理想のイベントを組むなら…

普通に女性という括りだけじゃ面白くない。

自分達の音楽をとことん追求して、媚びずにクールに、

でも女性の魅力が溢れ出している、

そんな、私達にとっても理想と思える道を辿っているバンド達とやりたい。

かわいいなんてイグには無縁ですし…笑



そんな想いがありつつも、カッコイイに特化した女性ボーカルバンドってそんなに多くない。

今回は良い意味で女性って事を忘れさせるくらい振り切ったイベントにしたかったから、

スケジュールの都合もあるし好きなバンドを集めるのに苦労するかな?と思ったんだけど、

今回もなんとさくっと皆さんOKくださって。

特にTELECiDEは私達とも初めてだけど、気合い十分で乗り込む気満々のようで、

恐ろしい子達!と思いつつもそれがとっても嬉しかったりしています。








Relieve me from an old era
Relieve me from inner lies
Relieve me from tied up music
Telecide, why conform?

Rebelling from the basic stereotypes and trends; heading towards a society not bound by gender, and devices. Not defined to one single genre of rock, TELECiDE chooses to play music that is true, while brushing off the public ideal and ripping away from out dated ideals. TELECiDE, “liberators from birth”

トレンドやストリームに縛られず、あらゆる固定概念から解き放れるべく結成された5人組み“TELECiDE”。自らの感性を信じ、メタルもラウドもパンクもボーダレスにポップへ昇華、ジャンルもジェンダーもデバイスも飛び越えてワイヤレスに活動するナチュラルボーンリリーバー。“Relieve you from an old era”




これは彼女達のプロフィールに沿えられている文章なんだけど、

これを読んでから彼女達の音楽を聴くと、あぁそうか、って頷いてしまう。

「女性」を音楽でも商品化することに私は違和感を感じ続けていて、

このジャンルだから好きでしょ?このノリだからアガるでしょ?

そういう事にも疑問があった。

彼女達の音楽がなんだかすっきりと胸に入ってくるのは、

どこか同じような気持ちを持っているのかもしれない。

そしてなにより根底が、自分の音楽が好き、これを聴いて欲しい、

シンプルにそれだからなのかなって思う。








とにかくとにかくまずは聴いてみて!見てみて!

Eggsという音楽配信サイトの彼女達の公式ページでも色々聴けるので是非。

https://eggs.mu/artist/telecide

11月には初の海外公演としてアメリカテキサス州でコンベンションに出演するとか。

テキサスいいよテキサス。ついて行きたい。笑

そんな乗りに乗っている彼女達を見られるのは9/17、渋谷CYCLONE!

LMJ、MSS、AILIS、そして私達exist†trace

この強気なバンド勢揃いの中、どんな化学反応が起こるのか、

絶対にお見逃しなく!!

{926B8515-08F3-4B5B-AA43-958600568669}


image