曇りなき眼見て極める § アジンガーの猛者

曇りなき眼見て極める § アジンガーの猛者

アジングは単調な釣りである。

だからこそそこには、考えと理論が存在する。

『アジングを誰よりも上手くなりたい。』

そんなブログです。

ちょっと日がたったらついついブログがサボり気味に


なかなか北九州は梅雨入りできてなかったですが、


梅雨入り前の6月までは時間を見つけて釣りに行ってたプリンスです。









というか7月入ってから全く釣りに行ける状態ではないほど天候もそうですが忙しかったね。





梅雨入りといえば、この時期に入ると雨が予報とは関係ないほど突然降ることもあり、タックルバックだと撥水処理を行わない限り、メンテに多少気を使わなければいけない時期である。




っということで、周りの影響をうけてしばらくこのタックルボックスを使ってみたけど










使いづらい



ならばということで、せっかく購入したロッドホルダーも使って作ってみた。




さぁ、大人の図工の時間だよ~


いらっしゃいませ




タックルボックスのメイン素材となるのは



工具メーカ🔧ストレート


プラスチックボックス  スモール   930円










ロッドホルダーはタックルボックスについてたやつね










取り付ける素材として色々買ってみたけど



さら小ネジ  M4×10  150円


さら小ネジ  M4×10  150円


アルミアングルSL  厚みが0.8ミリ   300円


アルミストレートプレート  厚みが一ミリあるくらいの物  300円



これと厚みが1.2ミリ、幅が12ミリの両面テープがあればだいたいイケる




ただこれだけではタックルボックスとしては物足りないということで




更にフロートキャロやエギやメタルジグなど、ライトソルトルアーで使いたい物を分かりやすく、とにかくサッとブチ込みたい収納物でこんな物を選択してみた。










UM-ES2051  バーチャルエギストッカー  950円
(だったかな?)



のエギが3.5号まで入るヤツですが、小さいエギを入れるモデルでも全然OK



まぁここは好みだね。










アルミストレートプレートでの取り付け方としては、ロッドスタンドの左右の距離を決めて長さを計って1センチほどボックスから高さを決めて取り付けると










仮付けでこんな感じに、ボックスを開けても邪魔にならずいい感じの面にもってこれます



仮付けで決まればロッドスタンド側をさらネジで固定













ただこれだけではまだ物足りない











テトラ帯をの釣りも考えるとちょっとクッションを付けてテトラ帯などのスベりを抑えたい



というか安いタックルボックスなので底をちょっと守りたいところ










一応両面テープが付いた状態の物ですが、不安な方は追加で両面テープを貼りましょう。


これはちょっと気持ち的なものかな




ロッドホルダーの加工について


さらネジの穴の加工はできれば3.5ミリのドリルで加工してから取り付けると


防水加工にもなるし両面テープと追加で加工すれば防水加工はほぼできています。




次!




追加で取り付けるバーチャルエギストッカーは











アルミL字のS字加工はさらネジで、固定は強化両面テープで



できる限りアルミプレートにピッタリくらいの幅の両面テープを選びましょう。




アルミプレートの加工のところが一番の難があるところ



















サクッ簡単に誰でもできます。




ロッドスタンドを抜きにしたら、タックルボックス買った金額で材料費にお釣りがきます






やっぱ作ると



安い(笑)










チャンチャン。








さて、最近は時間があれば









新たなロッドの左手キャストによるド表層攻略の練習




近場のアジングはそろそろ春から春のアジングが終わりを迎えてる感じ









春のエギングもだんだんサイズが下がってきた感じだが、ここでちょっとした事件が起こった。









二杯目のミズイカを掛けてから、「美味いヤツがまたゲットできる」とシメシメとミズイカの引きを堪能していた時




ティップからか何かにぶつかったような、違和感のある感触を受けた直後、


程度の水深から今まで下へと引いていた感触から急に上とラインが上がっていき



明らかなイカの体から今まで見たことがない海面からへの姿を見せた後、




ピョン、ドボン!         (この瞬間にバレた。)




あまりの突然に『マジか。』のあとぼー然に




ここから先は気持ちの整理


あれは間違いなくミズイカだった。


引きも間違いない。


ミズイカってまず飛ぶんかいな?


いやまてよ


トビイカなんていうイカもおるよな?


トビエイってヤツもおるよな?


トビウオも飛ぶしな



それにオレは間違いなく掛けた時点で完全にとった気でいた。


という事は間違いなくアイツを完全にナメていた


これは完全にオレの油断だな。


『次やったら絶対に絶っ対に仕留めてやる。』と次のイカに燃えて




撃沈した。






次!





最近このタックルボックスがどうも重たいでしょうがない







なので自分の業種から探してみてこんな物を買ってみた。












工具メーカストレートで売られてるボックス


このザイズ感が結構扱い易そうだし、
金額もそんなに高くなくアジングにはもってこい的なサイズでかなり良い。



これからこれを少しずつ改造していってみるか



それと季節が梅雨に入り本格的な夏になる前に、釣り用の夏のデニムを買ってみた




ワークマンで売ってる3000円でお釣りがくるほどのコスパのスリムストレッチデニム









コイツをオシャレに模様替え









位置決めしたらマスキングテープで印をつけて










ちょっと荒めのサンドペーパーで好みのダメージをつけたら










好みにペイントして










完成












自分で作るとなると


やっぱりセンスが問われるね






そろそろ梅雨の関門


やりますか











チャンチャン。




記事を載せたつもりが、記事にした後で公開ボタンを押さずにそのまま爆睡してしまい、『載せた』と一週間思っていたプリンスです(笑)




ブログではたまたまですが、よくやるヤツです。

はい。





いつだったかな?





K氏からまたロッドを頂き、メーカの本来のロッドの性能を釣り場でジックリしっかり確認してから











ぶった切ってから



あ~でもない、こ~?でもないと




オレのアジングロッドも7作目…じゃなかった8作目





【  剣  BLADE  57 titanium 】









2フィンガーグリップでのキャストが必須の、1ハンドキャスティングモデルである。



このロッドの詳細の前に、

コイツをこんな形でビルドをやった一番の理由。





ブランクスの中身までは、まだ未だに説明できない事も多くザックリな事しか言えませんが



このジャッカルというメーカの

このブランクス










既製品として付いていたダークフレームSicガイドを、全て取り外した段階でのこのブランクスだけの状態で











ブランクスの厚み具合が違うものの、パリッとした振った感じ、ティップの追加に対して変化しやすいしなり具合、そして細身という設計のブランクスが









自分の作った [ 沈黙の魔術師 511 titanium ] に、Magnum KraftのAJX5917にかなり感じがよく似ている。



だったらこのブランクスでこの感じでちょっとやってみたいロッドを作ってみようと考えた。





メーカロッド    JACKALL (ジャッカル)


ソルトウォーターショアキャスティングロッドシリーズ


BRS (BAY,RIVER,SURF) - S64UL    2ピース




長さ    5フィート7インチ  ( チタン120ミリ使用 )



重量     28グラム ( フードナット非装着時 )

             35グラム ( メタルフードナット装着時 )

                45グラム ( 装飾ダブルロックナット装着時)



ティップ    チタンティップ ( オリジナルテーパ加工 )

         長さ    120ミリ(埋め込み8ミリ) 0.5 - 1.0
 
         使用チタン      0.7 - 1.0  120





1ハンドキャスティングにおいて最もアジングにおいて考えなければいけないことは
キャスティングフィールと飛距離である。


ジグヘッド単体ロッドは全てのロッドに対してまずこの飛距離を考えなければならない



ティップでもバッドガイドでもその飛距離とのバランスは、アジングロッドには操作感度の次にでも必要になりえる要素だからである。



しかし少ない力でも飛ばす飛距離を考える上で
、リールからのガイドの距離を近づけても、少なくともバッドガイドはATガイドの12番の高さが少なくとも必要だし、だけど12番では径がどうしても小さくなってしまう。



だったらコイツをブッた切っちゃおう








という事でATトルザイトガイドの16番をブッた切り、ガイドをよりリールに近づけるセッティングとともに高さはATトルザイトガイドの12番と同じ高さにセッティング。



それだけじゃぁねぇ




KTガイドだど高さとセッティングがとてもやりにくく、できればLガイドのSic-Sが欲しいところ、



なのでついでにATトルザイトガイドの8番を、Lガイドに改造してLトルザイトガイドの8番に、飛距離向上を狙ってみた。



それだけじゃぁねぇ









グリップにも色々と考える視野が増えるものを使用してみた。



スクリューナットである程度の自由度の幅を作ることにより、

リールシートから位置をある程度変える事ができ

それによりロッドバランス等の考えもあった上で

自由自在にナットの形状変更やフードの軽量化への中身を知るためである。





そしてこのロッドにはその為の、一つのテーマがある。


このロッドのテーマとして考えたのが








『遊び心』である。





釣りが大好きで


アジングが大好きだから


そんなロッドビルダーとしての遊び心




しかしその中には経験からでてくるそのアングラーの



『本気』を引き出してくれる



そんなグリップである。







(ちょっと盛ってみた(笑))




このグリップの考えは、色々でてくるけれど、似ていると言えば既製品の宵姫って感じかな。









ウロコ付けの芦屋にはこの一本しか釣れなかったけど



ショートチタンによりキャスト性も右手でキャストし、左手で操作する事に違和感はないし


左手でキャストしても良い感じだが、ちょっと練習する必要があるかな




そもそも左手片手でキャストする事は、根本的に左手の意味としてできない事もある。


ロッドが軽いから分からない事でもある。




ロッドバランスもリールシートから1センチ弱な事もあって操作性がかなり良いし、


なによりパリッと感を残しつつダルくないのが良い


というか前に作ったショートチタンのAJX5917アンサンドにかなり似ているのがすごく良い





がまかつの宵姫がなぜこういう思考でグリップを作ったかの理由はある程度は読めたし



そしてチタンとカーボンでどれだけ軽量化に対してメリットとデメリットの働き方もある程度は読めたけど



これはとても分かりずらく、とても重要じゃないかと感じたね。



近場でキャスト練習のアジングには浅い場所で、

ヒットレンジはド表層でジグヘッドのテンションを感じる事がとても重要な場所


ただこの日はそれ以外に








キャスト練習のついでにこのリッチなジグヘッドの操作性も確認したかった








色々グラムのはばがあってもコイツ以外あまり使わない気がするけど、ワンコイン並みに3個とはキャスト切れしたら…



例えるなら、Mキャロでパチンと切れたくらいのレベルだね



なぜなら状況によってはそれだけで、そこでのアジングはもう終わったも同然ということにもなりかねないから








ちなみに今ついているダブルロックナットはLOS16ナット







群れがパラパラだったのでそんなには取れなかったけど


性能確認には充分な風だった。





ただこのロッドを作って改めて感じたのは、


MagnumKraftのブランクスは思った以上に扱いやすく、価格もそれほど高くなく良いブランクスなんだと改めて感じた




ビルドやってる釣具店が言う意味がやっと分かってきた感じかな













チャンチャン。