勝手に映画紹介!?

1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>

アルティメット・ソルジャー(2019年)

アルティメット・ソルジャー [DVD]

 

WOWOWでエアチェックしておいた「アルティメット・ソルジャー」を鑑賞…日本では劇場未公開扱いではあったものの、アクション映画としてはそれなりに及第点をクリアしていた「ルール[無法都市]」や「デイライツ・エンド」で主演を務めたアクション俳優のジョニー・ストロングが…自身で脚本(共同)や音楽までこなしてるSF風味のアクション。いつものように、そこまでメジャー感はなく、結局はB級だと思うんだけど、貶すほどチープでもなく…今回もなんとなく見ちゃえる映画にはなっている。AmazonでDVDジャケ画像を見て、見たかったヤツだったと思い出した。

 

バイオテクノロジーを使った義肢などで注目を集める軍需企業の社長レオ…彼は軍人のテイラー大佐らと共に、さらに進化したプロジェクトに取り組んでいた。それは最新のナノマシンを使って不死身の兵士を生み出すというものだった。そして作戦中に負傷した兵士ブロックが被験者として選ばれ、実験は成功したかのように見えたのだが…意識を取り戻したブロックは暴走をはじめ、施設から逃げ出してしまった!レオの身辺警護を担当するボディガードのキャムは、事態を収束させるため知人の地元刑事と協力し、ブロックの行方を追うことにしたのだが…。

 

「ターミネーター」(強いて言うなら2かな?)をはじめ「ロボコップ」や「ユニバーサル・ソルジャー」「レプリカント」といったSFアクションの設定や展開を色々といいとこ取りしたような内容…負傷した兵士を最新のテクノロジーで蘇生させるという基本的なところは「ロボコップ」や「ユニバーサル・ソルジャー」を彷彿。その性能を確かめるため、あえて被験者に傷を与えると(その後の戦闘で、撃たれたりしても傷がふさがる)、瞬時に再生してしまうという描写が「ターミネーター2」のT-1000っぽかった。暴走した被験者がちょっとアホっぽいところは「レプリカント」。

 

ジョニー・ストロングが演じる主人公は…暴走する被験者ではなく、軍需企業の社長のボディガードの方。社長のことはそれなりに信頼してるんだけど、共同でプロジェクトを進めている大佐とはソリが合わないようだ。自分のボスがこんな非人道的な研究に加担してしまった…ヤバイから俺が後始末をつけるぜってことで、主人公が暴走した被験者を追いかけるんだけれども、思いのほか弱い。っていうか冒頭…社長の警護中に撃たれて負傷し、そして仕事に復帰したばかりだったのに、今度は怪しげな実験体と戦って、あっけなく戦闘不能状態に追い込まれる。

 

でも大丈夫…こっちには瀕死の状態でも蘇生できる技術があるじゃないか!そうなんです…主人公も、本人の同意なしに勝手にナノマシンを注入され、不死身にされちゃうんです。ただし…最初の被験者よりも適応力があったみたいで、特に問題は起きない。そして、本人は実験のことを嫌ってたので、周りの人間もあえて内緒にしてたんだけど、途中で…気づいてしまい、俺はもう普通の人間じゃないんだとへこ(笑)もともと、プライベートでは嫁さんとの別れ話がこじれてて、主人公は一方的にヨリを戻したいんだけど、うまくいかず…ウジウジしてたのよ。

 

不死身になる前の主人公…弱いし、女々しいし、意外とかっこ悪いぞ。別れ話の理由なんだけど、旦那がボディガードという危険な仕事に就いていることに起因。嫁さんの方は“アナタのことが好きなんだけど、一緒にはいれない”とか…女子特有の身勝手な言い訳を持ち出して離婚したがっているという状況。一緒に暴走被験者を探している親友の刑事なんかからも“もう諦めろ”って言われてるんだけど…それでも諦めない。確かに嫁さんは若くて美人なんだ…しかも歌手で歌もうまい。身体の変異と夫婦の事情というものを抱えながら、とりあえず仕事もこなす。

 

自分は死んだと思ったのに、勝手に生き返らされた、しかも半永久的に不死身(弱点もある)…現実的に考えると、なんて羨ましいって思ったりもするんだけど、こういう映画の主人公はそういうことで思い悩むわけですよ。まぁ、得体のしれないテ技術で自分が無理やり生かされていると思うと、それはそれでやっぱり微妙な気持ちになるのかな?ただね「ロボコップ」よりはぜんぜんまともだと思うぞ…見た目の容姿だって今までのままだったし、なにより大好きな嫁さんとヨリを戻そうとして、そしてちゃんと抱いてましたからね。あっちの機能も大丈夫みたいよ(爆)

 

って…また感想が下ネタかよ!主人公が信頼している軍事産業の社長なんだけど、視聴者側から見ると、かなり胡散臭いのよ。だってさ、主人公が死にかかり、例のナノマシンの技術を使わないと助からないという状況になってて、相棒の刑事が死神博士みたいな連中から選択を迫られた時…電話で社長に相談するんだけど、主人公のことを愛してるとか、電話越しに“主人公を助けろ”ともっともらしく説得しながら、おまえ…愛人らしき女とお風呂に入ってワインを飲んどるやんけ。絶対に他人ごとだろ…いや、主人公がそうなることも承知済みだった疑惑浮上。

 

もしそうだったら、主人公は本当に可愛そうだな。そして…被験者にされた方の兵士にも色々と切ないドラマもあって…。ああそうだ、社長の愛人…もちろん入浴時にはオッパイが見えてました(主人公と奥さんの濡れ場は、抱き合ってる途中でフェイドのウトしてしまい、主人公が上半身裸になってる事後の様子からきっとヤっただろうという想像)。だから、どうして下ネタを蒸し返す!そんなことばかり書いてると、また急にブログのフォロワー数が減るだろ(これはけっこう、マジです)。別にエッチな映画ではなく、ちゃんとしたアクション映画なので間違えないでね!

 

 

監督:ダニエル・ジリーリ

出演:ジョニー・ストロング マルコ・サロール マイケル・パレ ロン・スムーレンバーグ ウラジミール・クリッチ

 

 

【DVDソフトの購入】

DVD アルティメット・ソルジャー






 

人気blogランキング 参加中 -クリック- ご協力ください!










 

シライサン(2020年)

シライサン [DVD]


WOWOWでエアチェックしておいた「シライサン」を鑑賞…主演の若手女優のファンというわけでもないし、最初は特に見たいとは思わなかったんだけど、あのホラー作家の乙一が、本名で脚本、監督を担当した作品だと知り、俄然、興味がわいてきた。乙一ってことはですよ…あれですよね、押井守の義理の息子(乙一は押井守の娘と結婚している)だよね?もしかして、映画の中でダラダラと長ゼリフで蘊蓄を語ったりするのだろうか?まぁ、所詮、義理の息子、娘の旦那なんで…押井守のDNAを直接受け付いてるわけじゃないんだけど、ちょっと気になった。

 

女子大生の山村瑞紀は親友の加藤香奈と一緒に食事をしていたのだが、その最中に香奈が突然発狂し、その後、眼球を破裂させて死亡するのを目の当たりにしてしまう。一方、突然死亡した弟の死の真相を探っていた鈴木春男は、弟が親しくしていた香奈も同時期に死んでいたという事実を知り、詳しい話を聞こうと瑞紀の元へとやって来た。2人の死に不自然さを感じた瑞紀と春男は…香奈たちが親しくしていたもう1人の友人・宮田という女性の元を訪ね、一連の不審死が旅先で聞いた“怖い話”に関係していると突き止めるが、その宮田も自殺未遂を図り…。

 

ははは、ぜんぜん押井守の影響とか受けてませんでした…オイラの考えすぎだったよ。映画のストーリーは、“シライサン”という謎の女の化け物にまつわる怪談話を聞いた人たちが次々と不審死するというもので、その話を聞いた周りにも、どんどんと“呪い”が伝播していって、最終的には死を迎えてしまうという感じ。どうしたら“呪い”を解くことができるのか?最初に死んだ2人の犠牲者の友人と身内の若い男女が真相究明に奔走する一方で、この怪現象の噂をしったフリーライターの男性も最初は別方向で、途中から前述の2人とも協力して、謎に迫っていく。

 

ぶっちゃけ…「リング」のアレンジ、進化系って感じですかね?いや、むしろ退化してるのか?「リング」はビデオを介して、呪いが伝播していったけど…こちらはもっとアナログ、怪談話を聞いただけで呪われてしまうという(一応、“シライサン”という固有名詞がトリガーになってる的な解釈は本編内で語られていたが、それも実際のところは定かじゃないよね)、さらに理不尽感は強かったかな。場面によってはショッカー音を使った定番の脅かし演出などもあるが、BGMやSEに頼らない…さりげない脅かしを効果的に使っていて、ホラーな雰囲気はよくでている。

 

乙一あらため安達寛高の監督としての演出力は充分にセンスを感じるものがある…映画と称しながらも、テレビ的、バラエティ的な騒がしい演出しかできない“映画監督もどき”の人たちの作品よりも、よっぽど見る価値はあると思う。ただ、気になる点がなかったわけじゃない。弟の死を調べる春男とか、一連の“呪い”に巻き込まれてしまった旅館従業員のおにいちゃんとか…一部の登場人物に関しては、ちゃんと“親”が出てくるんだけれども、女性主人公の瑞紀、他の不審死した人たちから“家族の存在”がまったく感じ取れないのが…不自然だなと思った。

 

特に…瑞紀と春男が最初に2人で事情を聞きに行った、香奈と春男の弟(名前忘れちゃったのでこういう呼び方で許してね)の共通の友人の宮田さんっていう女の子なんか…すげー大きな一軒家に住んでるんだけど、家族が出てこない。あんな若い(死んだ学生たちの友達だからね、同年代だと思う)女の子が、あんなでかい家に一人暮らしなわけがないと思う。いくら、瑞紀たちの目の前で自殺未遂を図ったとしても、病院には家族が駆け付けるのは当たり前なんじゃないか。目を覚ますまで、知り合ったばかりの赤の他人が付きそうというのが変だよね。

 

同じような理由で…物語の後半、瑞紀が大怪我を負ってしまう展開があるんだけど、気が付いた時の病院からの連絡が春男のスマホなんだよ。いくら知り合い…一緒に“真相究明の旅行”までしてるけど、それ以上の関係にはなってるわけでもなく、なりかけてたんだけど、そういう艶っぽい展開にならなかったのも、ある意味…拍子抜け、物足りない。これがアメリカのホラーだったら真っ先にヤっとるだろ、あの2人。日本らしい奥ゆかしさだ(爆)って、そういう話じゃなくて…やっぱりあれだけの大怪我、病院が連絡すべきは知人ではなく、身内だと思うんだよな。

 

普通に考えて…両方とも、他人から見れば事件性を疑われるような状況なので、警察が介入しているはず(春男の弟の時には、ちゃんと警察が調べて、事件性がないという判断を下している)…ってことは、当事者がたとえ相手の家族の連絡先を知らなかったとしても、警察が介入していれば問題なく親の連絡先くらい調べられるわけじゃん(大学生だし、大学に問い合わせてもいい)。ホラー映画なので、テンポも重要なのはわかるけど…オイラはこの部分が気になっちゃったな。片方だけだったら、まぁ、見逃してもいいかなって思ったけど、複数あるとな…。

 

 

監督:安達寛高(乙一)

出演:飯豊まりえ 稲葉友 忍成修吾 谷村美月 江野沢愛美 染谷将太 諏訪太朗

 

 

【DVDソフトの購入】

DVD シライサン

シライサン [DVD]






 

人気blogランキング 参加中 -クリック- ご協力ください!










 

フッド:ザ・ビギニング(2018年)

フッド:ザ・ビギニング [DVD]


WOWOWでエアチェックしておいた「フッド:ザ・ビギニング」を鑑賞…お馴染みのロビンフッド伝説に新解釈を加えたアクション大作であり、主役のロビン役に「キングスマン」のタロン・エガートン、パートナーとなるアラブ人役にジェイミー・フォックス。余談だが…ただいま開催中のAmazonのサイバーマンデーにて、本作のブルーレイ(フッド:ザ・ビギニング [Blu-ray])が定価の46%OFFで安売りされているのを確認!ただし現段階では在庫が切れてしまったようで…“2020年12月15日に入荷予定”という表示になっている。気になる方はセール終了前にチェック!

 

イングランド、若き首領ロビン・ロクスリーは…マリアンという娘と出会い、恋に落ちるも、その直後に徴兵命令が届く!十字軍として遠征することになったロビン…激しい戦場の中で、なんとか生き延びていたのだが、捕虜を蔑ろにする上官に盾突き、本国に帰されてしまう。出征から4年…ようやく故郷に戻ってきたロビンだったが、既に戦死したことになっており、かつての領地と財産は没収、恋人のマリアンも他の男と一緒になっていた!絶望を味わうロビン…そんな彼の前に、かつての戦地で戦ったアラブ人戦士ジョンが現れ、政府への反撃を持ち掛ける。

 

一応、「ロビンフッド」の誕生秘話、エピソード0的な物語を紐解くということになっているが、オイラなんかの世代で一番お世話になったケビン・コスナー主演の「ロビンフッド」(WOWOWでも本作の放送に合わせて一緒にやってたな)なんかともだいぶ設定なんかが異なっていて、似たシュチエーションもあるが、確かに新しい要素もいっぱい入っていた。特に、主人公のロビンが十字軍に遠征しているシーンのアクションなどは…銃から弓矢に持ち替えた戦争映画状態であり、敵は矢を連射できるガトリング砲のような重装備で襲いかかってきたりもするのだ。

 

実際にそこまでの威力があるのかちょっと疑問だけど、逸れた矢が…石壁にバンバンと直撃し、派手に石片や土煙をまき散らすような描写も、近代の戦争映画でよく見るようなビジュアル。投石機による味方の援護などは…さしずめナパーム弾といったところか?冒険活劇として爽快さもあった過去の「ロビンフッド」なんかと比べると、かなりバイオレンスな印象を受ける。このまんまミリタリー映画と化したストーリーが続くのかと思いきや、上官への反逆行為で、帰国を命じられる主人公。そして国に帰ったはいいが、死んだことにされ、居場所がなくなっていたと…。

 

そんな主人公の前に…遠征中に敵として刃を交えたアラブ人戦士ジェイミー・フォックスが現れ、一緒に復讐しようと持ち掛ける。戦争を理由に、圧制を敷き、庶民から金品を巻き上げ、私腹を肥やしている悪代官(州長官や枢機卿)に一矢報いるため、主人公はフードを被った義賊“ロビンフッド”として、巷を騒がせていく…とようやく、それっぽい展開にはなっていくんだけれども、変装して義賊行為を繰り返す一方で、綺麗な“おべべ(服)”を着て正体を隠し、敵の懐に潜り込んで、情報収集や攪乱を行うという…まるで007のようなスパイ活動も行っちゃうのうのよ。

 

いや、演じているのがタロン・エガートンだけに…ここは「キングスマン」というべきところか?そういえば、ジェイミー・フォックスが指導役となり、主人公に戦い方を伝授していくところなんては「キングスマン」のエグジーとハリーの関係を彷彿とさせるか?主人公が成長してからは、パートナーとしても、参謀役としても優秀さを見せつけるアラブ人戦士のジェイミー・フォックス。こういうところも、なんだか「キングスマン」のハリーみたいな存在だったよね。戦術的なものなんかもしっかり描写されていた序盤とはだいぶ違うが、帰国後のアクションも相当に派手だ。

 

ただし…過去の「ロビンフッド」作品といえば、弓矢と合わせて、もうちょっと西洋チャンバラ的な見せ場もあったと思うんだけど…本作ではそのあたりがちょっとばかり希薄で、物足りなさがあったか?こういう世界観で新しいことをやろうというチャレンジ精神は伝わってくるのだが…逆に、アクション映画としての目新しさがなくなってしまっているかなとも思う。あと…誕生編だけあり、続編とかできそうな感じの中途半端な終わり方。ストーリーはケビン・コスナーの「ロビン・フッド」の方が“起承転結”もしっかりしていて面白かった。難点もあるが普通に楽しめる作品。

 

 

監督:オットー・バサースト

出演:タロン・エガートン ジェイミー・フォックス ベン・メンデルソーン イヴ・ヒューソン ティム・ミンチン

 

 

【DVDソフトの購入】

DVD フッド:ザ・ビギニング

フッド:ザ・ビギニング [DVD]






 

人気blogランキング 参加中 -クリック- ご協力ください!










 

ウォーズ・オブ・ギャラクシー(2019年)

ウォーズ・オブ・ギャラクシー [DVD]

 

WOWOWでエアチェックしておいた「ウォーズ・オブ・ギャラクシー」を鑑賞。このなんだか「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」っぽいタイトルを見れば一目瞭然、レンタルする時に“騙された”“間違えた”などと言われるけど、大抵の奴はそういう言葉を使いたくて、承知して借りてるに違いない…このSNS時代には最高のネタ映画として重宝される“みんな大好き”アサイラムのパチもの映画です。それにしても…便乗が得意なアサイラムにしては「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」だと今さら感があるし、改めてDVDジャケを見ると映画の雰囲気もちょっと違う?

 

1300年以上先の未来…銀河は“惑星連合”が統治!かつては平和的だったが、現在の指導者マラストー卿は権力だけを追求。コーブリン船長率いる反乱軍は惑星“ヘイヴン”への脱出を計画。“惑星連合”から奪った宇宙船で仲間と共に“ヘイヴン”へと向かっていたのだが…そこに“惑星連合”から命を受けてやって来たパラディンのデンズが現れ、反逆行為をやめるようにと言う。コーブリンは“惑星連合”こそが悪だと説き伏せる。一方、マラストー卿の娘アステラが父親に反旗を翻し、宇宙船を脱出。コーブリン船長と合流して行動を共にしようとするが…。

 

さすがにCG作成が面倒なのか、喋るアライグマ(ロケット)や木の化け物(グルート)は出てこないものの、男性主人公の周りに…ファンキーでパンクなおねーさんもいるし(ガモーラのポジション?)、がさつでマッチョな男もいる(ドラックスのポジションか?)。ただし…主人公のコスチュームがどちらかというと「スター・ウォーズ」のハン・ソロみたいであり、設定も反乱軍のリーダーになっている。そうなんです、一見「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」のパチものかと思ったんだけど…原題の“Battle Star Wars”を見ると、むしろ「スター・ウォーズ」寄りなんだなと。

 

WOWOWの解説でもDVDメーカーが付けたタイトルに倣ったのか…“あえて名を伏すあの壮大なSFサーガ完結に合わせ、愛すべきB級映画会社アサイラムが制作したスペースファンタジー”と紹介されていたが…実際は「スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け」を意識して作られた映画のようだ。ただし、邦題の方も決して嘘八百ってわけではなく(ちゃんと“ウォーズ”という言葉も入ってるし)…それなりに両方のエッセンスを凝縮。「スターウォーズ」っぽいストーリーと人物相関図で展開しつつ、明らかに毛色の違う助っ人が登場するのはMCUっぽい。

 

劇中でパラディンと呼ばれていた種族(?)のキャラクター…それと同等の能力を有するライバルキャラは、「マイティ・ソー」のソーとロキに近い関係だった(兄弟ではなかった)。他にも、何かと都合よく“転送”を使う…たぶんアンドロイドだろう敵の姫様が連れているサポート役の手下。ヘルパーって名前で、見た目はかなりセクシーなパツキン美女なんだけど、明らかに「スター・トレックス」のデータあたりを意識してるんじゃないかなと勘繰る。アサイラムの映画を見てガチツッコミするほど大人げなくかっこ悪い行為はない…元ネタ探しを大いに楽しむべし!

 

 

監督:ジェームズ・トーマス

出演:アリソン・ゴルスク ルーク・ファットルッソ エイミー・ストルティ キャニオン・プリンス アリッサ・フィロラモ

 

 

【DVDソフトの購入】

DVD ウォーズ・オブ・ギャラクシー

ウォーズ・オブ・ギャラクシー [DVD]






 

人気blogランキング 参加中 -クリック- ご協力ください!










 

古宅 THE LINGERING(2018年)

The Lingering

 

この間、Amazonでポチった…輸入盤の香港ホラー映画「古宅 The Lingering」が届いたのでさっそく鑑賞する。えーと、もう一度、おさらいすると…この映画は2018年に香港で劇場公開された作品らしく、今現在は日本で公開、ソフト化された形跡はない。オイラの知らないところで、配信とかしてる可能性もあるけど…とりあえずタイトルでググっても、本国を中心とした海外サイトしかヒットしないので、たぶん…日本では正式に入ってきていない作品だと思われる。そして、このソフトは…そんな香港映画の、2019年にアメリカでリリースされたブルーレイになります。

 

音声は広東語の5.1chと2chの2種類を収録…字幕は英語のみ、日本語は一切入ってません。リージョンはAなので日本製プレイヤーで問題なく再生可。まぁ、なんでこんなソフトを購入したかというと…どうやらAmazon(マケプレではなく出荷や販売も日本のモノホンのAmazon)で在庫処分中だったみたいで、366円というバカ安で売ってたので、ちょっと気になったので…他の品物を買うついでに勢いもあって購入してしまったと。オイラは366円で購入したんだけれども…オイラの注文が確定した直後に、さらに値下がりしまして、今現在は355円になってます。

 

いつもは感想をアップする時に、自分なりに作品を解釈して、極力ネタバレをしないように“あらすじ”なんかも書いてるんですけど…さすがに言語音声、英語字幕で見てると、大まかなストーリーは問題なく追えたんですけど、キャラクターの名前や細かい設定、登場人物同士の関係性などの細かい情報までぜんぶ理解できているかというと、あまり自信がないので、“あらすじっぽい文章”をかみ砕いて記しながら、補足情報や感想も同時に書いていく方向で文章をまとめようと思う。いつも以上に解釈を間違えてる場合があるので、その時はご容赦くださいね。

 


まず…物語は田舎にあるわりとボロっちい、でもそれなりに大きな家が出てきまして、そこで母親と幼い息子が、夫・父親の帰りを待っていて…昼間は近所のオバチャンがやって来て、いろいろと世間話なんかもしているんだよ。そして夜になって、夕食が始まっても父親が帰ってこない。やたらと心配する母親…そうこうしてるうちに外は雨が降ってくるし、息子は家の中で変なオジサンを見たと騒ぎ出す。母親はどんどんと不安が募っていく。田舎だから家には電話もなく、他の家に借りにいかなければならず、息子の面倒をオバチャンに頼んで家を出る母親。

 

そしてようやく借りれた電話で夫の勤め先に連絡を取ると…なんと事故が起きたという。その頃…自宅では息子がまた変なオジサンの気配を察知。そして留守番していた近所のオバサンも…何か得体のしれないものの気配を感じる。夫の事故を知って動揺する母親…しかし、家にいる息子が心配になって、直ぐに引き返す。するとやはり息子は変なオジサンがいると。母親はもしや夫ではと家の中を確認するが…。恐怖に脅えながら一晩過ごした母親と息子は、翌日になって夫の勤め先、事故現場へ…そこで変わり果てた夫と再会。そして息子が見たのは…。
 
ここまでが序盤の20~30分くらいですかね?セリフも少なく、展開が単調なので…特に難しい英語字幕もなく、余裕でストーリーに追いつける。でもって、これ以降…時間が30年ほど経ちまして、幼かった息子が成長し、たぶん結婚したんだと思います。嫁さんらしき女と暮らしてまして、仕事はどうやら料理人のようだ。そして、ちょうど新しい勤め先を探している様子。そんな時に、疎遠になっていた母親が死亡(嫁と母親について話してる時に、意味深にスマホが発火したり)、警察の遺体安置所で、夫婦そろって対面することに…息子はけっこうショックみたい。
 
そんな状態で、今度は不動産屋が近寄ってきて、しつこく母親の家を売れと言ってくる。ちょうど金にも困ってたし…とりあえず母親が住んでいた実家を嫁と2人で見に行くんだけれども…それ以降、2人の身の回りで奇妙なことが起きだす。もしかして、母親が家を売るのに反対してるのでは?実は、幽霊騒動の影に不動産屋の陰謀もあったりするんだけど…その不動産屋も、家の中で怪現象に遭遇する!母親の幽霊(?)はいったい息子にどんなメッセージを残そうとしてるのか?親孝行と家族団らんは出来る時にしておかないと後で後悔するぞって話やね。
 
単調で、よくあるパターンの話ではあったけど、序盤の過去シーンの方がホラー映画らしい薄気味の悪さはよく出ていた。息子が成長してからは…セリフ量も増え、会話も早口になるので、英語字幕も複雑な長文とかが増えるのよ。そして文字の切り替わりもちょっと早い。だから、何度か一時停止しながら、見ないといけなかったよ。主人公夫婦が怪現象に襲われるところは、それなりにホラー的な見せ場もある。嫁さんは風呂に入ってる時にネズミに襲われたり、病院のトイレでも“お化け”っぽいものに襲われたり、けっこう大変。息子もゴキブリに襲われてたな。
 
わりと食い物のシーンが数多く描写されていて、特にお母ちゃんが作ってる肉料理(息子の好物)がやたらと美味そうだった…なるほど息子はいつまでたっても“おふくろの味”を求めたくなるものだな。英語が得意じゃないオイラでも充分に物語を追いかけられたので、ホラー慣れしている人なら、日本語字幕、音声がなくても全く問題はないだろう。ブルーレイが366円(今は値下がって355円)で見れるなら、充分…まだ周りの人が見てない映画で、ちょっと先取り感、優越感に浸りたい人にはちょうどいいのでは?Amazonの在庫数は少なかったのでお早めに!
 
 
監督:ホウ・ポング・マク ダーリック・タオ
出演:アテナ・チュウ ボブ・チャン ルイス・チャン トン・ヤオ テリー・ズー
 
 
【Blu-rayソフトの購入】
Blu-ray The Lingering ※輸入盤、日本語収録なし
The Lingering

何が当たった?映画「100日間のシンプルライフ」キャンペーンの当選賞品到着!

 

先日、当選を報告していた映画「100日間のシンプルライフ」の公式Twitter(@100_simplelife)実施、“100人が選ぶ人生を豊かにする100のモノ 70日目キャンペーン”の賞品が本日到着。当選連絡のDMには12月上旬の発送予定と書かれていたのですが…11月中に到着!コロナ禍で大変な中…発送のご担当者さんには感謝しかない。映画公式さん、しっかりプレゼントの方、受領させてもらいました。さすが“人生を豊かにする”がテーマのプレゼントだっただけに、感染拡大という嫌なニュースが多い中で、こういう些細な配慮も、なんだかほっこりさせられる。

 

当選した今回のプレゼントキャンペーンは…映画の鑑賞券(ムビチケ)などの賞品が総計50名に当たるというものだったんだけど、応募時に希望商品を選べるわけでもなく、そして当選通知にも“賞品はお選び頂けません”の注意書き…すなわり、何が当たったかは届いてからのお楽しみだった。金額面で見ると当選人数1名、1万円分のトラベルギフト券が大当たりなんだろうけど…ぶっちゃけオイラはあまり旅行へ行かないし、時節柄、ちょっとな…もし当たっても、けっこう持て余してしまっただろう。映画ファン的にはムビチケが当たるのが一番、無難だよね。

 

それにしても…ブログ記事の構成がオイラはやっぱ下手だよね。タイトルで“何が当たった?”と煽りながら…トップに“図書カード”の写真をのっけてれば一目瞭然だよね。そうなんです、オイラが当たったのは当選人数13名の図書カードNEXT 500円分でした。賞品の中には家具・雑貨屋(KAREオンラインストア)の3,000円割引クーポンなんてのもあって、額面で見ると、図書カードNEXTよりも上位の賞品なのかなって感じでもあるが…これも当たってたら、オイラは使い道に困ってたかも。図書カードかムビチケどちらかがいいなって思ってたら、希望が叶った♪

 

 

そんなわけで、映画公式さんにお礼を込め…布教活動として、YouTubeにあがっていた映画の予告編を貼っておきます。オイラは見たことないんだけど、同名のドキュメンタリーが既にあり、それをもとにしたドイツのコメディ映画だそうです。元ネタのドキュメンタリーなんかはAmazonのプライムビデオでも扱ってる、プライム会員は無料で見れるそうなので(こちらが元ネタドキュメンタリー→365日のシンプルライフ(字幕版))、気になる方は、再び各都道府県から外出自粛の要請も出てるみたいですし、この土日は家でおとなしく映画鑑賞でもしてくださいな。

 

映画「100日間のシンプルライフ」は、12月4日から全国で順次公開予定だそうで…オイラが通っている地元のシネプレックスなんかでは、約1か月遅れ、年を越して1月15日からである。1か月以上先だと…このコロナの感染の状況がどうなってるかわからないけど、もし何事もなく年を越してれば、同時期に公開される映画との兼ね合いもあるけど、もしかしたらオイラも見に行くかもしれないと…鑑賞候補には入れておくことにします。あくまで候補よ…実際に見に行かなかったらゴメンなさい。もし劇場に行けなかったら、将来の配信やWOWOW放送で必ず見ます!

 

えーと、話は変わってこのブログのランキングについて…いつもは映画の総合ランキングで2~10位あたりをいったりきたりしてるんですけど、昨日のランキングが一気に1931位にまで落ちた。全体ブログも正確な数字は忘れちゃったんだけど6ケタだったのは確かなんだ。でもね、アクセス数自体は特に平均から大きく外れることはなく…なんだかなぁ~って思ってたんだけど…公式から不具合の報告も出てなかったし、なんか記事内容がマズかったかなとか(時々、色々な事をディスったりしてるからな)、自問自答しながら…仕方がないなぁって納得もしてた。

 

 

 

で、1日経ったら…なんだか知らないけど、ランキングが戻ってた。っていうか1位になってた。これは素直に喜んでいいのか、どうしたものだろう?確かに、昨日…ランキングから消えた時は、特に頻繁に記事を更新したというわけでもないのに、やたらとアクセス数の方が増えてまして…きっと、“あいつ、いきなりランキングから消えたけど、いったい何したん?”という同情で、アクセス人数が急増してたのではないかと考える。もしくは…アメブロ運営側の罪滅ぼし?不具合の確認のために、単に関係者が何人も、何度もアクセスした結果なのではないかと(笑)

 

そんなわけで…今日のアクセス数は、いまのところランキング旧下落前のいつものアクセス数と同じくらいに落ち着いてるので、明日あたりには、このままランキングもいつもの定位置に戻るだろう。いや、もしかして…この1位が“最後の雄姿”となる可能性も無きにしも非ず。コロナ感染と同じくらい、戦々恐々とした気持ちにもなる。まぁ、いいや…1位の時に、映画「100日間のシンプルライフ」の宣伝もできたし、プレゼントを当ててくれた、映画公式さんへの恩返しもこれでできただろう。さて、ブラックフライデー開催中のAmazonでも物色するかなぁ~。


 

【公式じゃないので買う必要ないよ…Ameba Pickにあったので貼っただけ】

映画チラシ『100日間のシンプルライフ』5枚セット+おまけ最新映画チラシ3枚

映画チラシ『100日間のシンプルライフ』5枚セット+おまけ最新映画チラシ3枚






 

人気blogランキング 参加中 -クリック- ご協力ください!










 

ミリオンダラー・スティーラー 史上最大の作戦(2019年)

 

日本初登場作品をソフトリリース、または劇場公開前に放送するWOWOWのジャパンプレミアてエアチェックしておいた「ミリオンダラー・スティーラー 史上最大の作戦(原題:El robo del siglo)」を鑑賞…本国で実際に起きた銀行強盗事件の顛末を描く、アルゼンチン映画ということで…監督さんも役者さんも知らない人が多め。出演者のうちの何人かは、フィルモグラフィを調べるとオイラが過去に見た数少ないアルゼンチン映画「瞳の奥の秘密」や「ゲット・アライブ」あたりに出てたらしいんだけど顔と名前が一致せず…ぜんぜん覚えていなかったですね。

 

2005年、ある雨の晩…フェルナンド・アラウオはアルゼンチンの街中を歩いている時に、リオ銀行の目の前にあるマンホールを見ていて、何かを思いつく。さっそく行動に起こしたフェルナンドは…銀行のちょうど真下に下水道が通っていることを確かめ、そこから穴を掘って、銀行の地下室に侵入できないかと考える。さっそく友人のマルシアーノらを誘って計画を練りだすのだが、フェルナンドの計画を実行するにはある程度の資金も必要だという。そこでフェルナンドは、伝手を頼り、一匹狼の元泥棒マリオと接触…彼の援助を受けながら、着実に計画を進めていく。

 

奇想天外な方法で、実際に強盗を働いた犯罪者グループの話…とはいうものの、下見して、準備して、いざ本番!案の定、すぐに警察に通報されるも…そこまで見越して、ちゃんと脱出までの計画を練ってましたという展開は、警察を欺く方法なんかも含めて、過去の銀行強盗もののクライムサスペンスと…そんなにかけ離れた内容ではなかった。雰囲気的にも、やっぱり過去にWOWOWのジャパンプレミアで見たことがるスペイン映画の「バンクラッシュ」あたりとも似てる。実話であるが、主人公ら犯人一味のキャラクター像はわりとコミカルに描かれていた。

 

メンバーの中にはちょっと間抜けっぽいヤツなんかもいたりして…余裕ぶっこいて警察と交渉なんかしてるけど、計画通りに事が運ぶのか?警官隊の突入と、犯人一味の脱出が同時進行で描かれる中盤の見せ場はかなりハラハラした。人質を取って銀行内に立てこもる一方で、盗んだ金品を運び出す準備をするあたりまでは…前述の通り、なんかよくあるパターンなんだけど、実際の脱出方法あたりは、なかなか凝ってて、警察がしてやられるわけだと感じた。足のつきにくい貸金庫を狙い、万が一捕まった時の逃げ道も用意するなど意外と賢さもあった。

 

ただ、やっぱり危惧してた通り…間抜けなヤツが足を引っ張ったりするのも事実なのよ。強盗後の尺が余ってたので…これは犯行が発覚するのも時間の問題だなって思ってたら…。ほとぼりが冷めるまで金は隠せといってたのに、やっぱり大金を目の前にすると、パーっと派手に使いたくなるのが普通の人間の心情だよな。特に…女にだらしないヤツは、要注意だよ。警察に正体がバレてからの展開がややあっさりな感じもするし…捕まった後のことをもうちょっと詳しく知りたいなって感じだったけど、そこは最後にテロップで補足説明。あの逃げ道は有効だった!

 

 

監督:アリエル・ウィノグラッド

出演:ディエゴ・ペレッティ ギレルモ・フランセーヤ パブロ・ラゴ ルイス・ルケ

 

 

【DVD化未定…似たタイプの銀行強盗映画のお薦めはこちら】

DVD バンクラッシュ




 

YouTubeに予告がありました!

 







人気blogランキング 参加中 -クリック- ご協力ください!




 

 

 

 

 

カンフーリーグ(2018年)

カンフーリーグ [DVD]

 

来年の1月でチャンネル終了がアナウンスされているFOXムービー…確かに、以前と比べてエアチェックする作品が減ってるかななんて思ったが、久しぶりに放送ラインナップを確認してみたら、こんなのがあったので慌てて予約…まだ他の映画チャンネルでは放送されたことがないんじゃないかな?日本では昨年の11月に劇場公開、その後…今年の1月にDVDもリリースされた香港映画の「カンフーリーグ」。ジェット・リーに代わり、「ワンス・アポン・ア・タイム・イン・チャイナ」シリーズでウォン・フェイホンを演じたチウ・マンチェクがなんと同じ役で出演している。

 

漫画家志望のインションは、同じ職場のバオアーに恋をしていたが、なかなか告白することができなかった。意を決して、ラブレターを渡そうと画策するも、その行為が…泥棒と間違われ、会社を追い出されてしまう羽目に!実は会社の社長でバオアーの従兄だというチャンもバオアーに好意を寄せており、何かとインションの邪魔をしていたのだ。会社を追い出されたインションは、自分が漫画の主人公として描いたウォン・フェイホン、フォ・ユェンジャア、チェン・ジェン、イップ・マンに助けてほしいと願うのだが、すると本当に4人がタイムスリップして現代へ!

 

漫画家志望のオタクなにーちゃんが…金持ちのお嬢様に告白しようとするんだけれども失敗、なんとか恋を成就させるため、恋敵の金持ち社長(お嬢様の従兄?)と武術大会で戦う…ために、現代にタイムスリップしてきた武術家たちに、強くなるための秘訣を伝授してもらうという…なんでもありなアクションファンタジーラブコメ(当てはまりそうなジャンルをオイラが勝手につなげてみた)。パロディやオマージュも満載…冒頭から「グランド・マスター」の雨のシーンにそっくりだけど(主人公の妄想?)、微妙にギャグとかかましてきて、なんとなく方向性が見えた。

 

よくカンフー映画に出てくる“主人公キャラ”が一堂に会するということで、過去の代表作と同じ役で出演しているのはチウ・マンチェクだけではなく、ドニー・イェンの「イップ・マン」シリーズの後に、「イップ・マン 誕生」という別作品でイップ・マンを演じたデニス・トーもイップ・マンらしき役(私はニセモノだという自虐ギャグもなかなか)で出てるし、「少林サッカー」などでブルース・リーのソックリさんを演じたチャン・クォックワンが、「ドラゴン 怒りの鉄拳」でブルース・リーが演じたチェン・ジェンを演じる。あと「スピリット」でジェット・リーが演じたフォ・ユェンジャアもいる。

 

フォ・ユェンジャアの役はアンディ・オンが演じていたけど、何か過去に縁のある役を演じたことがあるのかは、オイラは不勉強でわからなかった。ちなみにWikipedia情報だとウォン・フェイホン役のチウ・マンチェクが「中華英雄伝」というドラマ作品でフォ・ユェンジャアの役を演じていたそうだ(見たことないからわからない)…さすがに両方の役を1人でやるわけにはいかないよな(笑)4人の武術家以外にも…大御所のブルース・リャンなんかが悪役でひょっこりと出てきたりして、あなどれないんだけど、コメディ、パロディ色が強いので、硬派な内容を求めすぎると…。

 

過去の人間が未来にやって来るわけで…お約束のカルチャーギャップネタで笑いをとりにくるんだけれども、ぶっちゃけ、このあたりはさして面白いとは感じない。それに加えて、複数の時間軸の話が交差するし、中途半端なラブコメもダラダラと続くし…途中で“浪花節だよ人生は(香港版?)”のイントロが流れてくるし、話を盛り込み過ぎで、肝心のストーリーが入ってこないんだけれども、基本は…ガチでアクションをやれる人たちが、本気でパロディやコメディをやっているというのを楽しむ作品。ジェット・リーの「ドラゴン・コップス」あたりに近いノリかなと思った。

 

合成やCGバレバレのチープな映像も…コメディとして割り切るために必要な演出、むしろそこが本作の味として楽しめるくらいの余裕をもって接っするべし。主人公が恋焦がれるヒロインを演じているマイ・ディナが確かに可愛らしい…オイラはちょっと満島ひかりに似てるなって思ったんだけど、ってことは…前にキアヌの「ノックノック」を見た時に満島ひかりに似てると感じたアナ・デ・アルマス(公開が待たれる007最新作のボンドガール!)にも似てるってことかな?最初からそこまで期待はしてなかったが、テレビ放送でタダで見たのもあるからか、意外と楽しめた。

 

 

監督:ジェフ・ラウ

出演:チウ・マンチェク アンディ・オン チャン・クォックワン デニス・トー シュー・ヤーシン マイ・ディナ

 

 

【DVDソフトの購入】

DVD カンフーリーグ

カンフーリーグ [DVD]






 

人気blogランキング 参加中 -クリック- ご協力ください!










 

Amazonで366円、香港ホラー「古宅 The Lingering」の輸入盤BDをポチってみた

 

まずは、本題に入る前に…いつもの懸賞当選自慢!というのも、後々、この当選報告が、少なからず関わってきたりもする話なので、我慢してお付き合いを!えーとですね、Amazonで2020年10月15日(木)から2020年11月4日(水)の期間に“Amazon Musicで音楽を聴いて抽選でBOSEヘッドホンほかが当たる”キャンペーンというものを実施してまして…期間中にPrime musicなどAmazonの音楽関連サービスを利用すると、BOSEのヘッドホンが当たるというものだったんですけど、さすがにヘッドホンははずれまして、残念賞的な500円分クーポンの方に当選。

 

これがですね…Amazonのマケプレ以外の商品ならなんにでも使える割引クーポンではあったんだけれども、ただし“2,500円以上ご購入”という条件がつくものだったのよ。ちょうどね…エアチェックの保存用にいつも常備している“Verbatim バーベイタム 1回録画用 ブルーレイディスク BD-R 25GB 50枚”のストックが底をつきかけてまして、注文しようと思ってたところなので、これは助かるって感じだったんだけど…この“BD-R”がですね、だいたいいつも2200円台から2400円台を推移してまして…オイラが注文した時点では2231円、クーポンの条件に達せず。

 

だからといって、明日から始まるブラックフライデー&サイバーマンデー前に、他に急ぎで買いたいものもないし、散財はしたくない。なんか、2500円の条件をクリアするための“ちょい足しアイテム”はないだろうかと、いろいろと考えてたところ、こんなのを思いついた。というわけで表題にもなっている「The Lingering」という香港のホラー映画の輸入盤ブルーレイの存在。前にAmazonを物色してて、406円で売ってたのでちょっと気になって、ちょくちょくチェックしてたんですけど、それがなんとオイラが購入した時点で366円にまで値下がりしてたので、思わずポチり。

 

オイラがポチった直後、さらに値下がりして355円になったんだけど…まぁ差額は11円ほどなので、これくらいなら、許せるかなと。ああ忘れてたけど、輸入盤だけどマケプレ業者じゃなくて、ちゃんとAmazonの取扱・出荷商品なのよ、これが。それでですね、このポチった「The Lingering」のブルーレイですが、ネット情報によると2018年の香港のホラー映画、現段階で日本では公開も、ソフトリリースもされてない模様。この輸入盤ソフト自体は2019年にアメリカでリリースされたもので、リージョンはAだけど、当然日本語は字幕、音声共に収録されていない。

 

 

一応、英語字幕は収録されてるらしいが…そこまで英語が得意ってわけじゃないから、オイラの頭じゃチンンプンカンプで、ついていけないと思うけど…作品内容を理解する手助けくらいにはなるだろう。そもそも、なんでこんなもんをポチったかというと…最近はめっきり劇場で映画を見る回数も減ってしまったし、他の人が見てない作品を見て、マニアっぽく優越感に浸りたいなって(笑)まぁ、ホラー映画なんで、ビジュアルと雰囲気だけ楽しむつもりでも、ブルーレイがたった366円なら御の字だ(今はさらに値下がりして355円だけど、在庫数は残り2点だった)。

 

詳しい映画の内容紹介、感想などは実際に商品到着、鑑賞後にアップしますね。たぶん、日本ではリリースされてないと思いますが、タイトルなどが変更されて、既に日本でも見れる状態だったら、オイラの誤情報ということでご理解いただきたいです。自力でググった限りじゃ、日本では未公開、未リリースだと思うんだよな。でも、普段利用してない配信サイトとかでひょっこり配信されていたりすることもあるよね。監督は共同らしく…ホウ・ポング・マク(Ho Pong Mak)、ダーリック・タオ(Derrick Tao)って人たちなんだけど、聞いたことがない名前、若手監督かな?

 

出演者は…チャウ・シンチーや金城武の映画に出ていたベテラン女優のアテナ・チュウ(Athena Chu)のほか、ボブ・チャン(Bob Yin-Pok Cheung)、ルイス・チャン(Louis Cheung)、トン・ヤオ(Tong Yao)、テリー・ズー(Terry Zou)。すべてネット情報の、英語もしくは中国語を直訳したものなので…これまた誤情報がありました場合はご理解ください。知らない役者さんが多いけど…ルイス・チャンは日本語のフィルモグラフィーもけっこうあって、オイラは顔と名前が一致しないんだけど「イップ・マン 継承」「サンダーストーム 特殊捜査班」あたりにも出てたらしい。

 

Amazonって大きなセールはよく注目されるけど、こういう格安の処分品を探すのもけっこう楽しい。他にも、在庫処分で値段が日に日に安くなってるブルーレイとか書籍とかがいくつかあって、定価の半額でも安かったのに、1000円以下、500円以下になってたりするんだけど、ここまでくると、もっと欲をかいてしまい、もうちょっと安くならないかなって、思わず値段とにらめっこばかりしちゃうんだよな。そうすると…ある時点を境に、急に定価販売に戻っちゃったり、早くポチればよかったと後悔する。値段が上がった時は、“買うな”というお告げだと思って諦めよう。

 

 

【オイラがポチった後にさらに値下げ!】

Blu-ray The Lingering ※輸入盤 日本語収録なし






 

人気blogランキング 参加中 -クリック- ご協力ください!










 

「HAWAII FIVE-0」×「私立探偵マグナム」クロスオーバーエピソード鑑賞の雑感!

 

海外ドラマ専門チャンネル“AXN"で絶賛放送中…「HAWAII FIVE-0」のシーズン10(ファイナル)を毎週、吹き替え版で追いかけているのだが、本日は…日本ではまだ未放送の「私立探偵マグナム」のシーズン2とのクロスオーバーエピソードということで、通常の「HAWAII FIVE-0」シーズン10の第12話に加えて、「私立探偵マグナム」のシーズン2の第12話も特別に連続放送された。まず両チームが合同で捜査を行う発端が「HAWAII FIVE-0」で描かれ、一応の事件解決まで見せつつも…事件は終わっていなかったという事で「私立探偵マグナム」に繋がっていく。

 

「HAWAII FIVE-0」の前エピソードでは、過去シーズンで倒したスティーヴの宿敵ウォーファットの嫁を名乗るオバチャンが登場しており、それに絡んだ捜査をしていたんだけれども、関係者を捕らえにホテルへと向かったところ、抵抗されて、銃撃戦に!その場に居合わせたマグナムとヒギンズがFIVE-0に加勢する。結果的に容疑者の1人を取り逃がしてしまうんだけれども、銃撃戦で死んだ男が、不倫調査のターゲットである依頼人の夫であったこと、そして逃げた男の顔を目撃していたということもあり、マグナムたちが捜査に協力させろと主張するという流れ。

 

「FIVE-0」、「マグナム」…どちらもスペシャル感を漂わせながらも、基本はレギュラーエピソードとそんなに変わらない安定感で普通に楽しめる。強いて残念な点を挙げるとするなら…せっかくのクロスオーバーエピソードなのに「FIVE-0」ではスコット・カーン演じるダノ(ダニー)がいつものように不在である。いつの頃からか、ダノの不在ももう慣れっこで、いなくてもそんなに気にはならなくなったが、こういう特別な時くらいは、いてほしい。ただ、スティーヴとマグナムの即席コンビがかなり賑やかであり、ここにダノがいたら、ひっちゃかめっちゃかだった可能性も?

 

予告ではスティーヴとダノの掛け合いが聴ける!
 

 

お互い“シールズ出身”という経歴を持つスティーヴとマグナム…体型などの見た目も、性格もだいぶ違うように見えるんだけれども、けっこう似てるところもあるのかも?劇中ではヒギンズがスティーヴのことを大人、マグナムを子供と評していたけれども、きっと不在のダノがいたら、スティーヴもお子ちゃま扱いしてからかったに違いない(笑)そういうシーンを見たかったな。即席コンビでいけば…タニとヒギンズの相性もよく(だからこそ、「マグナム」の方のエピソードでピンチになった時に真っ先に助けを求める)、2人のガールズトークは見どころ、聞きどころだ。

 

一応、最初の「FIVE-0」エピソードで、事件は一件落着かのように見えたんだけれども、エピソードの最後にある出来事が起き、まだ事件は続いていたという流れ。「マグナム」のエピソードでは、スティーヴ、ダノ、グローヴァーは“CIAに拘束されてしまった”という設定で名前だけの登場…マグナムチームと合同で行動するのは、タニとクイン。ジュニアはとある理由で行動不能になっているものの、出番はあります。あと…「FIVE-0」の順レギュラーであり、「マグナム」の通常エピソードにも登場経験があるカマコナ(シュリンプ屋)も重要な役どころで登場していた。

 

「マグナム」の本編終了後…吹替のキャスト表に、“スティーブ:綱島郷太郎”の表記があるが、本編開始前に入る“これまでの「HAWAII FIVE-0」は…”っていうあらすじ(「FIVE-0」第12話のダイジェスト)部分のナレーションのみ。本編では電話越しでスティーヴの声が聴こえるとか、そういうシーンもなかったと思うよ。っていうか、実際に始まるのは「マグナム」のエピソードなんだけどな。将来的に「マグナム」のシーズン2が放送された時に、このエピソードを放送する際は、ナレーション部分は変わってるのかな?「マグナム」シーズン2も早く正式に放送してくれ!

 

 

【ソフト化は共に前シーズンまで】

Hawaii Five-0 シーズン9 DVD-BOX Part1(7枚組)

私立探偵マグナム DVD-BOX(5枚組)

Hawaii Five-0 シーズン9 DVD-BOX Part1(7枚組)私立探偵マグナム DVD-BOX(5枚組)






 

人気blogランキング 参加中 -クリック- ご協力ください!










 

1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>