知育玩具インストラクター よいおもちゃの与え方のメソッドで、日本中を幸せに

知育玩具インストラクター よいおもちゃの与え方のメソッドで、日本中を幸せに

一般社団法人 日本知育玩具協会 代表理事 藤田篤のブログです。


テーマ:

こんにちは。

事務局スタッフの岩間です。

 

今回は子育てに忙しいお父さん・お母さんへ

2級講座のエッセンスに触れられる

日本知育玩具協会の「初級講座」をご紹介します。

 

インストラクター養成講座には

3つのコースがあり

ーーーーーーーーーーーーーーー

・ベビートイコース(0.1歳児)

・キッズトイコース(2.3歳児)

・知育玩具コース(4歳児~99歳)

ーーーーーーーーーーーーーーー

上記の各2級講座を受講できます。

 

これらの講座は

対象の年齢に合わせて

子どもの成長とおもちゃの関係を

発達心理の視点から学ぶことができます。

また、確かな学びの時間を提供するため

1日を通して、6時間の講座となっています。

 

ですが

お母さんやお父さんにとって

丸1日、時間を作ることはなかなか大変だと思います。

 

「講座に興味はあるのに、6時間の受講はまだ難しい。」

 

そんなお悩みに応え、日本知育玩具協会では

「初級講座」を開催しています。

 

 

 

初級講座は2時間の開催です。

2級講座のエッセンスに2時間で触れられるのがポイントです。

 

この講座を受講すると

我が子とじっくり、ゆとりを持って

向き合えるようになれます。

 

また、

同じ理念を抱く仲間に出会い、

知育玩具や子育てに対しての想いを共有できるのも

この講座の魅力です。

 

子育て中の悩みや

他に気になっている講座について講師に相談もできます。

 

 



 

初級講座を受講されたい方は

開講している各講師のブログをぜひチェックしてください!

 

・沖縄県を中心に開講している

 島袋 智子 (しまぶくろ ともこ)先生

 http://ameblo.jp/niconiconico-rainbow/

 

・東京都を中心に開講している

 中村 桃子 (なかむら ももこ) 先生

 http://s.ameblo.jp/aroma-babylaboratory

 

・愛知県を中心に開講している

 蟹江 真理江 (かにえ まりえ) 先生

 http://ameblo.jp/hiroiro1103/

 

・愛知県を中心に開講している

 和田 晶子 (わだ しょうこ)先生

 http://ameblo.jp/moe20060807/

 

 

※初級講座の修了では1級の受講資格は得られません。

※1級講座の受講資格を得るためには、2級講座の修了認定が必要です。

※初級講座はカルチャースクールや文化センターでも開講をお受けできる講座です。

 カルチャースクール、文化センター様で本講座の開講をご希望の際は

 事務局までご連絡ください。


日本知育玩具協会理事長 藤田です。

 

天才将棋棋士 藤井七段が

三歳から遊んでいたと注目のスイス製立体パズル・キュボロ

を学ぶ

初めての玉の道「キュボロ」に挑戦 3~7歳親子 @NHKカルチャー青山教室

が明日いよいよ開講します。

 

クラスは二つ。

3~7歳親子 向けクラス と

8歳~大人までクラス

 

 

本場スイスでは、3歳向けのキュボロ教室は開講されていません。

「えっ?」と思われるかもしれませんが

そもそもキュボロは、小学生向けの知育玩具。

 

 

スイスやロシアでは

小学校での授業に「プログラミング」を学ぶための教材として

導入されている玩具なのです。

 

 

スイスの小学校を訪問し

 

プログラミング教育としてのキュボロ指導法をマスターし

日本人向けにアレンジした独自の指導法で

 

 

人気のキュボロ教室を

NHKカルチャーと協力し

 

NHKカルチャー青山教室で開講。

今回

3~7歳親子 向けクラス は満席

約50組のキャンセル待ち

 

8歳~大人までクラス はご確認ください。

 

順次東京、その周辺でも開講を調整中。

 

【三重県・四日市】7月16日(月)直感脳を育てるキュボロ教室

は、残席1名

 

ところで

「 キュボロは3歳で与えないと手遅れ 」という誤解が一部にあるようです。

 

 

「3歳でキュボロを遊んでいた」のは事実ですが

藤井棋士がキュボロをもっとも楽しんでいたのは

3歳ではなく

中学校2年生のプロになる直前のこと。

 

s__11411568

名古屋のNHK記者がプロになる直前の藤井棋士に

自宅取材を行った際

 

リビングのテーブルに詰将棋のテキストと一緒に

並べてあったキュボロ(なんと3セット!)に注目したことが

 

藤井棋士がキュボロに親しんでいたことを

日本中に知らせることになるきっかけだったのです。

 

下記のブログで紹介した、理化学研究所での

脳科学による科学的検証は

大変興味深いものがあります。

 

詳しくは

⇒藤井聡太さん(将棋史上最年少プロ棋士 )の直感力を育てた立体パズルの秘密とは

 

天才藤井少年は

小学生時代も 中学に入ってからも キュボロで遊び続けたことで

将来、将棋で勝ち続けるために必要な

空間認知能力、直観力を磨き続けていたのです。

 

キュボロは、大脳基底核と、けつぜん部の連携性、連動性に

強く働きかける知育玩具。

 

遊ばせることで、子どもの空間認知能力と直観力を大きく伸ばすことが出来ます。

 

 

藤井七段の本領発揮はまだまだこれから

記録が楽しみですね。

 

 

↓知育玩具協会公式メルマガはコチラ

 

 

 

 

 

 


テーマ:

毎月大人気!の【カルテット幼児教室】

ご好評いただき、モデル教室は満席での開講です!

 

今月の、おもちゃのカリキュラムは 発達のおもちゃ 

 

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

 

【 カルテット幼児教室 】 とは…

子どもの今に『じっくり』向き合う

子どもも お母さんも たのしい!幼児教室です。

毎月1回、幼児教室に参加し、お子さんの成長を定点観測、「時間をあけて、同じ場所で、観察をし続ける」ことで、日々の成長がはっきりと目に見えます。

先生は、おもちゃ・絵本・わらべうたの専門家。(社)日本知育玩具協会の認定資格「ベビートイ・インストラクター®・マイスター資格」を所有!E.H.エリクソンのライフサイクル理論に基づく0・1歳児の発達段階を理解し、よいおもちゃと絵本の与え方を伝えています。

>>> 詳しくはコチラ(公式サイト)

 

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

 

前半 : よちよちクラス

 

180608_yoji_kariya_y

 

▼ 参加者の声を少しご紹介します

K.Nさん

カラームカデとジャンピングカートレインはお店でもずっと遊んでいるので、誕生日プレゼントにしようかなと思いました。

-----------

M.Nさん

先生やママが遊ぶのをみて、ノックアウトボールの遊び方を学習していてびっくり。すぐに満足してしまっていたけど(笑)
まだできない時がおもちゃのあたえどき

-----------

K.Sさん

手押し・メリーゴーランドで楽しそうに遊んでいました。
うちの子は、少しひっこみじあんな為、もう少し強くなってもらえたらなと思いました。

-----------

M.Hさん

絵本を喜んでみていました。この教室の、与えたいと思える絵本を読んでもらえるところが好きです

-----------

O.Kさん

子育ての心配について、先生の話をきいてとても安心しました。安全に気をつけながら見ていきたいと思います

-----------

Y.Rさん

ジャンピングカートレインがお気に入りの様子。おもちゃはできるようになる前にあたるがコツ!が印象的です


 

後半 : とことこクラス

180608_yoji_kariya_t

 

▼ 参加者の声を少しご紹介します

I.Yさん

絵本の細かいところをよく見るようになりました。1つのものに取り組む集中力がついてきたように思います。

普段のお友達とは違う子達に囲まれて、いつもと振る舞いが違い、新鮮でした。たくさんの友達と関わる機会をつくろうと思いました

----------

I.Tさん

前回に比べ、興味を持ち続けて参加することができていました。メンバーや環境に慣れてきたようで、娘らしく過ごせる時間になってきたのが嬉しいです。娘がどんなことが好きなのかをしるきっかけになります。

----------

Y.Kさん

子供がおもちゃや歌に興味をもって楽しんでいる姿がみれて嬉しかったです

----------

F.Mさん

おもちゃの選び方を教えていただいて参考になりました。少人数でのんびりしているところが好きです!

 

>>>>>>

 

月に1度の定点観測を続けることで、お子さんの成長がぐっと目に見えてきます。

 

発達にあわせた、おもちゃ・絵本・わらべうたで、お子さんの成長を見守っていきましょう。

 

 


テーマ:

こんにちは。
事務局新人スタッフの岩間です。

今回はインストラクターを支えるための、
「日本知育玩具協会の会員」についてお話します。


会員になると...
 

・履歴書、名刺、各自のホームページなどでの取得資格の記載

・協会監修のもと、正しいメソッドの発信

・各種ミニ講座開講のための実技試験の受験

・協会主催の会員交流SNSグループに参加


これらが可能になります。

※履歴書に取得資格の記載をするには入会が必須です。


グループに参加することで
木のおもちゃや絵本、子どもたちへ
同じ理念を抱く仲間と交流し、
先輩インストラクターからサポートを受けることができます。




会員限定講座への参加や
知育玩具や講座に関する動画の視聴、
会員サポートサイトで講師活動に必要なグッズの購入も
ご利用頂けるようになります。

このように、講座や動画など様々なコンテンツを活用して
資格取得者のインストラクター活動を支えています。


インストラクター同士の
活動を共有することで刺激を受け、
講座や動画などの学ぶ機会を増やすことで
自信を持って活動ができるようになります。







▼ ご入会の条件 ▼ーーーーーーーーーーー

・ベビートイインストラクター®養成講座
・キッズトイインストラクター®養成講座
・知育玩具インストラクター®養成講座

上記いずれかの1級を修了していることです。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
※年会費は12,960円です。


おもちゃのインストラクターとして活動したい方は
 ⇒こちらをクリック!

日本知育玩具協会代表理事

藤田篤です。

 

生涯にわたって

仕事の成果、人生の成功を手に入れるために

必要とされ注目されつつある

 

非認知能力

 

非認知能力とは

「目標に向かって頑張る力」

「感情をコントロールする力」

「人と上手く関わる力」

などがあげられます

 

保育園での

保育環境の指導の際は、

これら非認知能力が最大限に伸ばされるための

知育玩具を活用した環境づくり

 

つまり

非認知能力を伸ばす

物的環境

人的環境が整っているか

を中心に助言を行います。

 

この日は、

カルテット保育事業部からの依頼で

保育環境についての助言を

静岡県の保育園で行いました。

 

保育室での助言

 

たとえば

マンダラ塗絵の作品評価においては

 

子どもたちのマンダラを感じる力

集中力、手先の力の育ち

色や形に対する感受性の育ちの分析法を知ってもらい

 

子どもたちの内面を理解しながら、成長を援助する方法を身につけてもらいます。

 

これら平面構成玩具は、

「非認知能力」を育てるのに最適な知育玩具の一つ

 

美しいモザイク模様を遊びの中で完成させ

小さな出来た!=スモールゴールを日々達成し意欲を育てます。

ですから、いかに子どもたちの作品が美しく飾られるか、

またその作品を循環させ新しい作品を生み出していくか、

 

そのプロセスを通じて

いかにして「非認知能力」の育ちを促すか

を助言します。

 

 

 

担当者ミーティングでは

 

個々の保育士の課題を共有し

子どもたちが遊びに集中し

遊びの中で、多くの「できた!」という体験

発達に応じた知育玩具の与え方をブラッシュアップします。

 

 

 

この日は、集合研修もありました

 

テーマは、「ドイツゲーム」の保育における与え方。

クラスに必要なドイツゲームはいくつ?

どんなゲームを選べばいいの?

どうやってクラスの子どもたちみんなが遊べるようになるの?

何が育つの?

 

保育環境コーディネーター®理論から学びます。

 

そして

それは

遊べば実感します。

 

体験すること × 知識・情報を学ぶ と 実践できる力が身につきます。

 

心で感じ、五感を目覚めさせ、知性を注ぎ込む

すると明日から楽しく実践できるのです。

 

大人こそ、知育玩具で

大いに遊ばなければいけません。

 

なぜなら、大人の心の中にも、

子どもの心があるからです。

 

 

 


テーマ:

日本知育玩具協会代表理事

藤田篤です

 

中村桃子先生による連載「教育を考える」

こどもまなび☆ラボ

が大変講評です。

 

第1回は

「遊べば遊ぶほど能力が伸びてゆく。「知育玩具」が実現する “子どもたちの成長” とは?」

と題して

 

これからの時代の

幼児期から学童期にかけての子どもたちが身につけるべきこと

 

をお伝えしています。

 

コラム 遊べば遊ぶほど能力が伸びてゆく。「知育玩具」が実現する “子どもたちの成長” とは?

 

 

コラムを担当する中村先生は

ベビートイ・マイスター

キッズトイ・マイスター

知育玩具マイスターを資格を取得し

 

東京都内を中心に講師活動をしています。

→知育玩具協会認定講師

 

↓知育玩具協会公式メルマガはコチラ

 

 

日本知育玩具協会 理事長 藤田です

 

 

豊橋市の中学校からのご依頼で

 

知育玩具インストラクターの仕事について

 

職業講話に参加しました

 

 

 

マイスター、インストラクターの皆さんとともに

講話に立つ 

和田先生を応援

 

 

中学生の皆さんに

知育玩具の遊び方を教える仕事についてお伝えしました

この新しい職業に中学生は興味津々

 

積木や

キュボロ

ドイツゲームを体験

 

最後に今回の豊橋市ビジネスパークに参加した

企業、法人の皆様と記念写真

お疲れ様でした

 

↓知育玩具協会公式メルマガはコチラ

 

 

沖縄県

第1号のトリプルマイスター

※ベビートイ・マイスター、キッズトイ・マイスター、知育玩具マイスターの

  三つのマイスター資格取得者

 

島袋先生が、ベビートイ初級講座、ベビートイ2級講座と

順次認定講座を開講します。

 

 

沖縄県での講座開講をお待ちだった皆様。

お待たせしました。


島袋先生は、「よいおもちゃの選び方・与え方講座」などの講座も

お受けできますので、詳しくは直接お問い合わせください。

 

→日本知育玩具協会講師一覧

 

↓知育玩具協会公式メルマガはコチラ

日本知育玩具協会

代表理事藤田です。

 

沖縄石垣島、松山、岡山、大阪、愛知と各地から

ベビートイ2級養成講座を修了したメンバーが集まり開講した

 

ベビートイ・1級インストラクター養成講座

 

0・1歳という対象年齢のあらゆる子どもに

ぴったりのおもちゃの選び方、与え方をマスターする講座です。

 

午後は実技中心

 

 

しっかり積木遊びをマスター。

 

子どものときに積木遊びを経験していなくても

誰でも

いつからでも 「育ち直し」ができるのです。

 

 

今回は 7名のネフスピールを並べて

 

112ピースのドミノ

 

ベビートイ・1級講座を合格、修了すると

「ミニ積み木講座」の開講資格を得られ、

最短で講師活動のデビューができます。

 

また、ホームスタディを受講することで

「よいおもちゃの選び方・与え方講座」の開講資格

 

進級してマイスター養成講座、認定講座を修了すると

ベビートイ・2級インストラクター養成講座の開講資格を得られ

 

また、絵本とおもちゃ、わらべうたで生きる根っこを育てる「カルテット幼児教室」

を開講できるようになります。

 

 

★1 ベビートイ、キッズトイ、知育玩具インストラクター1級講座は、

   受講料に下記の教材が含まれています。

   ※ベビートイは、ネフスピール、リグノ

   ※キッズトイは、キュボロ・ベーシス、スカリーノ3

   ※知育玩具は、LaQ ベーシック 2400 カラーズ、ココタキ、果樹園ゲーム、ソックスモンスター、スティッキー、子やぎのかくれんぼ、ねことねずみの大レース、バルーンズ、いないいない動物、ハリガリ〈ドイツ語パッケージ版〉、プルンプザック、どれがいっしょ、なぞって当てて、マーブルすくいゲーム、サッカーゲーム

 

★1 また、ご自分が既に教材をお持ちの場合、教材としての認定を受ければ

   購入する必要がありません。

 

↓知育玩具協会公式メルマガはコチラ


テーマ:
 

本日開催された
協会アワード2018において
私たち(社)日本知育玩具協会は、社会貢献部門賞を受賞しました。
 
image
 
2015年 新人賞
2016年 教材開発部門賞
2017年 教材開発部門賞
受賞に続いて、4年連続の受賞となりました。
 
授賞式には
中村先生、鈴木先生とともに出席。

 

文部大臣賞を受賞した
笑い文字普及協会をはじめ
 

素晴らしい社会貢献をしている

各協会の皆様からの刺激も受け

 

パーティでは、

鶴保参議院議員からの祝辞

image

協会ビジネス推進機構代表理事

前田出先生から励ましの言葉をいただきました。

image
 
知育玩具のメソッドを生かして
認定講師が活躍し、社会貢献する仕組みがどんどん
生み出されて行きます。