カーテンによって、室内の熱がサッシに影響しない事によって、サッシが冷えてしまう事で「樹脂サッシのペアガラス」であっても、ガラス面にうっすらと結露が発生してしまう事がある。

チョット信じがたい事でしたが、実際にクレームをいただいた事が・・・。

ハニカムサーモってご存じですか。

断熱ハニカム構造をした、ブラインドの事です。

性能が良いので、完全に締め切ってしまうとハニカムブランドの外側は、外気温に近いくらい熱が下がってしまいます。

左右にガイドレールを入れると、密閉性が増して余計に熱をシャットアウトしてしまいます。

夏は、窓から入ると言われる74%位の熱が遮られるので良いのですが。

冬は、その性能のせいで、薄っすら結露が発生してしまいます。

ペアガラスと言ってもガラスで、スペイサーがアルミ製だと流石に伝導熱が発生してガラス縁あたりの温度が下がり、温度差が発生して結露が出てしまいます。

冬場は少し、ブラインドを2・3cm開ける様にすることで、室内の熱が樹脂サッシとハニカムブラインドの間に入る事で、樹脂が熱を持ち、また、ペアガラスの空気層の動かいない空気が断熱材となり、外気の影響を抑えることで大きな温度差が起こらない様になることで結露を抑えることが出来ると言う形です。

文章だけだと分かり難いですかね・・・。(;^ω^)

最近のカーテンは、遮光や断熱に優れいているものが多かったりするので、掃き出しサッシのカーテンが、床に付いてしまう様なサッシのサイズに合っていない様なものを使っていると、サッシに熱の影響が及ばない状態になるので結露が発生する。

小窓でも、完全にサッシを覆ってしまう様な長さだと結露が起こってしまいます。

カーテンは少し短いくらいで作るのがいい。

カーテンぐらいでと思わないで下さいね。(;^ω^)

これから、住宅を建築、住宅購入された方で、サッシが樹脂出るという方は、参考にしていただければ幸いです。

くれぐれも、カーテンサイズを間違えて「結露が出たと!」クレームで建築会社を困らせない様にしてください。

 

大谷選手、10試合46打席ぶりの45号ソロ

素晴らしい。

 

読んでいただきありがとうございました。

 

お問合せご相談、「シャイニング」シリーズに関する問い合わせお見積、お気軽にご連絡下さい。

お問い合わせはこちら

 

*************************
ファイトケミカルで元気生き生き!
安心安全健康をお約束のShining World Series

エイジングケア空間をプロデュース
大地&雅&白亜 自然素材塗り壁材

Ecomo Style合同会社

Ecomotion 東海  瀬谷

熱は、動くことで伝わります。

高い所から低い所に。

現在、サッシ(窓)の性能は高くなっています。

サッシ(窓)の性能には、耐風圧性、水密性、気密性、断熱性、遮音性の5つあり。

耐風圧性は、強風など内外からの力に対してどの程度耐えられるかを示す性能。

水密性は、屋内への雨水侵入をどの程度防げるかを示す性能。

気密性は、サッシの隙間からどの程度の空気の出入りが有るかを示す性能。

断熱性は、屋内の熱移動をどれくらい抑えることが出来るかを示す性能。

遮音性は、屋内・外への音の出入りをどの程度遮ることが出来るかをします性能。

重視されているのは、主に、断熱性と気密性になっていると思います。

その中でも、樹脂サッシが、現状、一番いいサッシ性能を発揮するとされているかと思います。

十数年前に、樹脂サッシを薦めると、劣化についての不安があるとお話を受けました。

まだ、アルミサッシ全盛の、国内メーカーが樹脂サッシを造っていなかったと言う事もあったので仕方がない所です。

原因は、他社の営業マンによる営業トーク「樹脂は、変色したり、変形してしまうので良くない」と説明されたと・・・だから、「アルミサッシがいいですよと・・・」。

今、そんな話をする住宅販売営業はいませんが、たった、十数年前には、実際にあった話ですから笑えます。

現在では、樹脂サッシが1番で、アルミと樹脂の複合サッシがギリギリのラインになる感じですかね。

ガラスも、ペアガラスからトリプルガラスに変わりつつあります。

5枚ガラスもあるくらいですが、流石にやり過ぎではないかと・・・。

個人的には、樹脂よりも木製がいいと考えていますが、木製サッシとなると、スウェーデンサッシかドイツサッシと輸入に頼る形になるのが、難点になると思っていましたが、ドイツサッシを国内生産している素晴らしい会社があると言う事です。

また、探すと、国産木製サッシを独自に制作されている会社もあります。

差額は出ると思いますが、価格を比較して、住宅設備のグレードを下げてでも、木製サッシを選ばれる事を考えられると良いと思います。

差額が、100万円以下であれば、木製サッシを選ばれてもいいかと、35年ローンで月々2500円プラス位ですから・・・

すいません。

熱の話でしたね。

改めて、熱は、動くことで伝わります。

高い所から低い所に。

冬は、屋外の温度が低く、室内を温めるので、温度が低い所に暖かい空気が流れ込んでいくことになります。

既存の住宅だと、温度が低い部分は、サッシとなりますので、サッシの周りに、暖かい空気が流れます。

また、各室暖房をしていると、人が居ない部分、廊下や玄関、洗面所やトイレと言った場所の温度が低いので温かい空気は、暖房している部屋から流れていきます。

サッシが、1枚ガラスでアルミ製だと思います。

ガラスもアルミも熱を通り易い素材ですから、表面温度は、ほぼ外気と同じになりますから、暖房によって暖められた湿った空気は、さっしに触れた瞬間に結露となります。

サッシは、結露でベチャベチャでは・・・。(;^ω^)

廊下や玄関のサッシ、玄関ドア。トイレや洗面所のサッシも同様に結露が・・・。

拭き取れば、無かったことになると思いがちですが、枠の隙間から造作材を濡らし、構造材も濡れてしまう可能性が高いので良くないと・・・。

冬でも、条件が整ってしまうとカビは発生します。

結露対策は、住宅寿命にも関わる問題ですから気を付けたいですね。

熱の影響を受けにくい、樹脂サッシでペアかトリプルガラスか、木製サッシトリプルガラスが結露発生を抑えることにつながります。

ただ、注意したいのが、樹脂でペアガラスかトリプル、木製トリプルだからと言って熱が伝わらない訳ではありません。

内外両方の熱の影響を受けます。

屋外の熱は防ぐのは出来ないと考えると、何もしなければ、例え樹脂でも木製でも冷たくなります。

重要なのは、室内の熱の影響です。

サッシに、室内の熱が当たっていなければ・・・。

カーテンなしで過ごすのがベストです。

カーテンが無ければ、サッシも暖房の熱で温まりますので、温度差が生まれにくくなりますから・・・結露は出ません。

断熱がしっかりしていて、熱が逃げない建物なら・・・。

長くなるので、続きは次回に・・・。

 

読んでいただきありがとうございました。

 

お問合せご相談、「シャイニング」シリーズに関する問い合わせお見積、お気軽にご連絡下さい。

お問い合わせはこちら

 

*************************
ファイトケミカルで元気生き生き!
安心安全健康をお約束のShining World Series

エイジングケア空間をプロデュース
大地&雅&白亜 自然素材塗り壁材

Ecomo Style合同会社

Ecomotion 東海  瀬谷

バスティアニーニが3位表彰台獲得。

昨年のMoto2チャンピオンと言う所でしょうか。

積極的な走りも良かったのだと思います。

DUCATIは、ファクトリーとサテライトで計6台が走る中、5台が表彰台を獲得しているのは、メーカーの開発が特定の誰かに依存していない、誰でも早く走ることが出来る事を可能にしていると、宮城さんがHONDAをディスっているのは、面白かったですね。

宮城さんナイスです(;^ω^)。

マリーニも序盤良かったのですが、タイヤとの相性が悪いのでしょうかね。

しかし、チームメイトのバスティアニーニが好結果を出したことで、いい形でマリーニも結果が出てくれるといいのですが・・・。

中上選手、粘りの無しりで10番手フィニッシュ、後半はスピードがでずに苦労している感じでした。

ブラドル14番手フィニッシュでデータを集めてくれたと思いますから、次戦での改善がされるといいのですが・・・。

アレックス、雨が降ったらいい所に行けた気がしますが15番手と振るわず。

中上選手同様に、次戦アメリカズでの走りに期待したいですね。

ビニャーレ13番手で乗れてきた感じがしますね。次戦はもっと上を狙えるのではないでしょうか。こちらもの期待です。

ドヴィは、最下位に沈みましたが、何も心配していないのでしょうね。

バニャイヤ、終盤、クアルタラロに追いつかれましたが見事、2戦連続ポールトゥウィン。ロッシも喜んでましたね。

次戦、1週開いての開催ですが、3戦連続はあるのでしょうか。

楽しみです。

秋の気配が近づいて???

気持ち過ごし易くなって来たのかもしれません。

シルバーウイークと言う事もあり、人出が増えているとか・・・。

家で過ごしている多いと思います。

窓開け換気をして、掃除などされては如何でしょう(;^ω^)。

先日、換気の話をしたら思いの外、ご覧いただけたようで、ありがとうございます。

断熱性能がしっかりしていれば、3種換気で十分とお話をしました。

最近は、1種換気を進める建築会社が多く、良く分からないが勧められるままに、1種換気を選択してしまうケースは少なくないと思います。

換気ですから、空気が循環されて汚れていると思われる空気が排気されれば問題が無いかと思います。

1種換気も、ダクト式でなければいいのですが、特に、給気が・・・。

フィルター付きの給気口からダクトで給気しているから、ダクト内が汚れないというのは、あまり信用できません・・・よね。

年々、ダクト内にはホコリが溜まり、温度差が起こればカビが発生する・・・。

そんなダクトを通った空気が室内入ってくると、何かしらのアレルギーになってしまいそうです。

排気は、汚れた空気を排気するのでダクトでも構わないのですが、給気がダクト・・・は無いと思います。

1種換気=熱交換式の換気になるので、ダクト式にするよりも、ダクトレスの方が、フィルター掃除も楽ですし、気にかけやすく、気になったら対象が出来るので、いいのだと思います。

ダクト式は、気になったからと言って、直ぐに、対処できるものではありませんし、依頼、しないといけないのが面倒な所です。

ただ、居室に限った形になるので、トイレや洗面は通常の換気扇になるので、トイレや洗面所が冬は少し寒くなってしまいがちになる可能性があるのが気になります。

まぁ、断熱性能がしっかりしていれば、気にする程の事では無いのですがね。

住宅の建築、リノベーションを検討する際に、一番に考えたいのが断熱に付いて。

断熱を、あまり考えずに進めてしまうと将来的に大きな損をすることになります。

断熱性能が良ければ、冬場の換気扇による温度変化は少なくて済みます。

空気は、熱の影響を受けやすいので、直ぐに室内の温度に変化してくれるからです。とは言え、暖房を切ってしまえば、緩やかに温度は下がってしまうのですが・・・。

断熱材を切れ目なく連続して施工して、気流が発生しない様に気流を止めれば、5℃以上の温度変化が生まれにくい。

となると、電気代が掛かる1種換気よりも、3種換気で十分と言う事に・・・。

 

読んでいただきありがとうございました。

 

お問合せご相談、「シャイニング」シリーズに関する問い合わせお見積、お気軽にご連絡下さい。

お問い合わせはこちら

 

*************************
ファイトケミカルで元気生き生き!
安心安全健康をお約束のShining World Series

エイジングケア空間をプロデュース
大地&雅&白亜 自然素材塗り壁材

Ecomo Style合同会社

Ecomotion 東海  瀬谷