人に言えない秘密を持つカウンセラーの日記

最短解決カウンセラー・近藤直杜が


日本一速く、あなたの悩みを解決します。



エビスカウンセリングは通わせず、一度で解決することをモットーにする


カウンセラー・近藤直杜が主宰するかつてないカウンセリングオフィスです。



以下のような様々な症例、悩みの解決を行っています。


●人間関係(夫婦・親子・兄弟・友人・会社等)の問題


●不倫・離婚問題(*弁護士のご紹介もします)


●自分自身についての悩み(性格的なこと・仕事のこと・結婚・将来のこと等)


●起業したい方の相談(起業の仕方・起業内容・パートナー)


●起業したがうまくいかない


●事業を閉じたい、借金問題等


●うつ病に悩んでいる



~今までに実際にあった珍しい相談 *すべて一度で解決しています~



●原因不明の体の痛みと不調が続く

●うつや原因不明の体のだるさ等で登校や出社ができない


●病院に行っても全然治らない肩の激痛、肩が上がらない


●「私の中に5人いる!」という解離性人格障害


●悪魔憑きのように(家族の誰かが)急におかしくなった


その他、相談先がわからない悩みもご相談ください。



■エビスカウンセリング http://ebiss.jp

■魔法のアイデア塾 http://magicidea.jp


ポチっとクリックをお願いします。


1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>

ただの気の多い人になってませんか?

「いろいろやってるんですが、上手くいかなくて・・・・」

 

という方がたくさんいます。

 

「何をやってらっしゃるのですか?」とお聞きすると、いくつもやられていることを挙げられるのですが、一見、関連性がない。

 

 

 

 

あれもこれもやっています、という人は他人から見ればただの「気の多い人」。

 

こういう人にお客さんは「本気の相談」はしません。

 

すべてやっていきたいのであれば、HPや名刺にあれもこれも書くのではなく、ひとつのもので集客して、そこに来た人に他のものを勧めるという流れを作らないとダメです。

 

 

 

 

例えばコンサルなら「●●を解決するコンサル」で集客して、それが上手くいってから次の■■や▲▲を勧めるということです。

 

一度にいろんなものを提案するから聞き手も混乱します。

 

「私は●●のプロ」とはっきり言えるひとつのことを決めましょう。

 

 

 

 

 

 

仕事で飛行機に乗ったらまあまあ満席に近い。しかし、隣同士で人が座らないようにシートはひとつおきに空けてあります。

 

意味ねえー、と思いつつ従います。

 

飽きたなー、コロナ騒動。「テレビを観なければコロナなんてない」と誰かが言ってましたが、テレビ観ないので駅や空港で「ああ、まだやってたのか」ってなもんで。

 

 

 

 

飲食店も少しずつ人が戻ってきました。嬉しい限りです。

 

札幌で入ったこの焼肉屋さんが当たり!48年店をやっているという大将がもうおそらく死ぬまで食べられないだろうと言う珍しい部位の肉を出してくれて、本当に堪能させて頂きました。

 

一人前の量もきちんと測り、正確に出すプロの仕事でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

こういういい店はずっと続いて欲しい。そう心から願うのでありました。

 

 

 

 

 

 

 

今日はこのへんで!

 

エビスカウンセリング

名古屋市東区東大曽根町41-1 EASTビル3F

☎052-602-7088 

http://ebiss.jp

10:00~19:00 日曜休 *応相談





ブログランキングに参加しています。
いつもクリックのご協力に感謝いたします。

■エビスカウンセリング
http://ebiss.jp

 

 

 

悪者は、いないという観点からです。

人間関係の問題、悩みをお聞きすると、皆「私は間違ってない!向こうが悪い!」というのが殆どです。

 

この「どちらが悪い」でいくと、この問題はエンドレスです。

もし「あなたが悪い」と周りから説得されて謝罪させられたとしても、何かモヤモヤしたものが残ります。

 

 

 

 

日本人は平和解決を考える民族だと思います。

ですからこちら側から他国に戦争を仕掛けるようなこともありませんし、もやっとしたものを残したくないのでディベートなども根付きません。

 

僕が法人の顧問先に行く時も、ご夫婦の相談に乗るときもスタートの観点はひとつです。それが、

 

「悪者はいない」ということです。 *今回の話は犯罪行為は別です。

 

皆、それぞれ感じ方、受け取り方が違いますし、思考パターン、行動パターンが違います。

 

つまり、「当たり前と思うことが本当に皆違っている」ということです。

 

 

 

 

中立の立場で見ると、見る角度や、相手と自分のどちら目線で考えているか等を加味すると「どちらも大筋では間違っていない」という結論に至ることが多い。

 

「どっちも間違ってないよ」から始め、その観点の違いを客観的に双方に伝えると意外と早々に和解するものです。

 

その上で、「こうしてみたらどうだろう?」という提案をします。

ただしその提案も、双方が同じゴールを向いていることが前提です。

 

会社であれば、「今期売上10億」というのがゴールだとすれば、これは社長以下社員全員、僕達のような外部から参加している人間もこのゴールは同じです。

 

 

 

 

「この売上10億を達成するために、Aさん、あなたの強みはこうだからこの分野でこういうふうに力を発揮してください。Bさんは逆にこういう面が強いですからこの点で今以上の力を発揮できるはずです。お二人がそれぞれ強みを活かして全力で取り組んで頂ければこの10億は達成できます。お二人とも、できますか?」

 

というように持っていけば前向きな解決になります。

 

長いこと争い、揉めている時間というのは組織にとって本当に無駄ですし、給料を払う経営者サイドからすれば、その間は生産性ゼロかつ周りの人間のやる気も奪いますから犯罪に近い行為です。

 

だからこそ早期の前向きな解決が望まれます。

 

「悪者はいない」から始める解決策、意識して頂くと流れは変わりますよ。

 

 

エビスカウンセリング

名古屋市東区東大曽根町41-1 EASTビル3F

☎052-602-7088 

http://ebiss.jp

10:00~19:00 日曜休 *応相談





ブログランキングに参加しています。
いつもクリックのご協力に感謝いたします。

■エビスカウンセリング
http://ebiss.jp

 

目の前の方から学ばせて頂けば良しです。

「委縮してしまって目上の人と対等に話せないんです。どうしたらいいでしょうか。」

 

「客先で自分より年長者の前では何を話したらいいかわからないんです。」

 

最近、若者の相談ネタが増えていますが、若者は日本の未来を作っていく人たちですからできるだけ力になりたいと思っています。

 

 

 

 

まず、なぜ対等に話さないといけないのでしょう?

『目の前の人から学ぶ』というスタンスでいけば気持ちも楽です。

 

「それでも目の前のお客様の役に立ちたいじゃないですか。」

 

わかります。ならば若いあなたしか持っていない情報をお相手に伝えてください。

 


それは何か。僕らオッサンが逆にあなた達若い人に教えて欲しいことがあります。

この答えを集めてまとめたら、おそらくどんなオッサンたちもあなたに会いたくなります。

 

 


       


1. 出世しなくてもいいと思うのはなぜですか?

2. クルマが欲しくないのはなぜですか?どんなクルマだったら欲しいと思いますか?

3. 結婚したくない、しなくてもいいというのはなぜですか?

4. 海外旅行に行きたいと思わないのはなぜですか?

5. このままではおそらく、日本の『敬語』が絶滅する気がしますが、どう思いますか?

 

 

 


おっさんたちが単純に疑問に思う内容です。もちろん、皆が該当するわけではありませんが、よく耳にする一部です。凄く気になります。

 

「なぜ今若者が出世したくない、結婚したくないと考えるのか。我々若者がどう考えているのか本当のことをお話ししましょうか?」

 

こんな切り出し方なら、相手もあなたに興味を持ち、ぜひ教えてくれ、となるでしょう。そうなれば、次はあなたがいろいろその方から教えて頂けばいい。


対等な話をすることを考えるより、あなたの年齢層の世界の情報を与える、というほうが喜ばれます。


これを教えてもらえる方に、僕もぜひ会いたいです。

 

 

 

 

以前に中国の内モンゴル自治区の経営者たちに呼ばれた時に仲良くなったコウさん。

 

 

 

牛豚の飼料を扱う大きな会社の経営者ですが、「ここに日本人が来ることなんてめったにないから」日本のことも僕のことも興味を持ってたくさん質問されました。

 

僕も通訳の方を介してですが、彼にたくさん聞きました。

お互いが学び、分かり合おうとする大切さをこの時に学びました。

 

僕の帰国前日の夜は出張先から急いで戻ってきてくれて、サウナで一晩中飲んで食べて語りました。

 

朝になって、空港まで送ってくれ、名残惜しかったのを思い出します。

 

今の自分の世界から一歩出た先に大きな学びがあることも、僕が若者に伝えたいことのひとつです。

 

 

エビスカウンセリング

名古屋市東区東大曽根町41-1 EASTビル3F

☎052-602-7088 

http://ebiss.jp

10:00~19:00 日曜休 *応相談





ブログランキングに参加しています。
いつもクリックのご協力に感謝いたします。

■エビスカウンセリング
http://ebiss.jp

テレビ全く見ないと心穏やかです。

街に少しずつ人が戻ってきましたね。

 

しかし相変わらずのマスクマンだらけ。もういいんじゃない?

だって付けたり外したりするんだから一緒だよね。

 

本当にコロナ怖がってる人なんてもういないでしょ。

マスクも人の目を気にしてしているだけですよ。このクソ暑いのに、ねえ。

 

今テレビを全く見ていないので本当に心穏やかです。ぜひお試しを。

 

 

 

 

この数か月で変わったことが一つ。お金を遣うことが減ってしまいました。

 

お店が空いてないんですから仕方がないのですが、実際お金を遣わず生きようとすればだんだんそれに慣れてきて、本当に遣わない生活が当たり前になってきています。これ、世の中の経済においては非常にまずいこと。

 

今、早寝早起きに加え、店も閉まってる、少食だから「まあいいか、食べなくても」となってしまっています。数年前の写真(上)と比べると痩せたなと思います。

 

 

 

 

zoom飲み会もまるでお金かからないし。んー。まずいぞ。

 

経済が戻らないと日本が元気にならない。

しかし夜遅くと早朝に海外とセッションがあるのでやっぱり夜は出掛けられないし、早く寝ないと起きられないからとっとと帰って寝ることを優先してしまう自分。

 

 

 

 

飛行機が飛び出したら以前のようにバンバン出張して、経済動かすことに協力しますので今は許してくださいね。

 

あー、遠くへ出掛けたい!ストレスも限界だす。

 

 

エビスカウンセリング

名古屋市東区東大曽根町41-1 EASTビル3F

☎052-602-7088 

http://ebiss.jp

10:00~19:00 日曜休 *応相談





ブログランキングに参加しています。
いつもクリックのご協力に感謝いたします。

■エビスカウンセリング
http://ebiss.jp

礼儀として勧めるのです。

生命保険のセールスをやっている若者から相談がありました。

 

「お客様と会っていると迷惑そうな表情が垣間見れるんで、それで気持ちが落ちるんです。その後のセールスも身が入らなくて・・・」

 

 

 

 

保険セールスの方からは今までも何度かお聞きした悩みです。

 

この解決策があります。

 

このことは以前に保険のトップセールスである心友から聞いたこと。

なるほどと思い、悩まれている方にはそのままお伝えするようにしています。

 

 

 

 

まず、保険セールスの方が本当にお客様の役に立てる瞬間はいつなのか?

 

簡単です。それは万一のことが起こった時。

万一のことが起こった時に契約者のご家族を救うものが保険金です。

 

つまり、「保険に入って貰わない限り、その人を物理的に救うことはできない」ということ。

寄り添うことは大事ですが、その後の生活の心配はやはりお金です。

 

だからいざという時にお役に立てるように、どんなに嫌がられようと出会ってしまったら『礼儀として』セールスをするのだとトップセールスの彼は言っていました。

 

 

 

 

売ることに悩んでいるうちはあくまで『自分軸』でしか考えていない。

 

大事なのは「保険でこの人とご家族を救う!」という『相手軸』。

 

保険に入って貰わない限り、目の前の人を救えないのだから堂々と勧めてあげてください。

 

万一が起こってしまった時、お客様は初めてあなたに心から感謝します。

 

万が一が起こらなかったら?・・・・それを幸せと言うのです。

 

 

嫌がられるとかどうとか考えているうちは売れませんよ。

 

 

 

 

写真はすべて昨年の今頃行ったフィンランド・ヘルシンキ。

 

静かで穏やかな街で、一度で好きになりました。

しかし今では日本がヘルシンキ並みに静かなんですよね。

 

 

エビスカウンセリング

名古屋市東区東大曽根町41-1 EASTビル3F

☎052-602-7088 

http://ebiss.jp

10:00~19:00 日曜休 *応相談





ブログランキングに参加しています。
いつもクリックのご協力に感謝いたします。

■エビスカウンセリング
http://ebiss.jp

1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>