カラフルな世界へ

カラフルな世界へ

海外のこと、美味しいもの、子どものこと、お仕事のこと・・・日常で感じたことを色々とカラフルに。


テーマ:

「早くしてっ!!」

 

 

 

朝、保育園に連れていく時

子どもがモタモタしていると

ついつい「早く早く!!」

と言ってたなあ・・・

ということを思い出しました。

 

 

 

「早く!」と言ってるのに

どう見てもいつもと変わらない

動作スピードにさらにイライラ

してました(笑)

 

 

 

 

私はネットショップで

スマホケースを販売してますが

ご注文を受けてから作成してるので

「早く!」と言われても

全然早く届きません。

(ごめんなさい)

 

 

 

でも友人のブログを読んだら

もしかしてうちは最先端を

行っているのかもしれない

・・・と思いました。

 

 


 

 

 

「速い、安い、美味い!」

が一般的に善であると

見なされていますが

うちの商品は早くもなく

さらに安くもないのです。

 

 

その代わり、ご注文を

いただいてから一つ一つ

作成しているので

在庫が残って破棄する

ということはほぼありません。

 

 

「安い、速い、美味い」を否定するような流れ

 

に乗ってます爆  笑

 

 

そういうのがイイね!という

素敵な感性をお持ちの方は

見てみてくださいませウインク

 

 

 

大人可愛いが似合う


テーマ:

 

 

先日、奈良の若草山焼きを見に行きました。

でも、山焼きが始まる直前に帰りました。

 

 

なぜかというと・・・

 

 

 

奈良市観光協会さんのHPより

 

 

モーレツに寒かったからです!!ガーン

 

 

 

もう、寒くて寒くて待ってられませんでした。

 

 

 

でも多くの方がどんどん駅の方からやってきます。

 

 

 

私は人の波に逆らってすたこらっさっさと退散しました・・・。

 

 

 

なぜ毎年若草山焼きを行うのか?というのは、いろんな説があるようです。

 

 

 

翌年の1月頃までに焼かなければ、翌年に何か不祥事件が起こると考えられていたとか、日大社・興福寺と東大寺の領地争いがもとであるとかなどなど。

 

 

 

さて、早々に退散した後、近くのショッピングモールに行って買い物をしてました。

 

 

 

すると・・・

 

 

 

ふと外を見ると山が焼けている様子がよく見えるではありませんか。

 

 

 

暖かい特等席で山焼きがみれてちょっとお得な気分になりました。

 

 

 

それにしても、あの寒さの中、出かけて行ったたくさんの方々は本当に根性があるなと思います。

 

 

 

 

 

 

大人可愛いが似合う女性のためのスマホカバー販売

魔法の工房はこちら

 

 

 

 

 

 


テーマ:

ウッホホー

かる〜い❤️

 

 

ダイエットして

身軽になったという

訳ではありません。

 

 

こんにちは、

魔法の工房の

ASAKO店長です。

 

 

 

 

 

最近、むしょうに

今までとは違ったことを

やりたくなくなったんです。

 

 

違ったこととは言っても

カナダに移住するとか

そういう大きなことでは

なくて

 

 

日常のちょっとしたことです。

 

 

今日思いついてやってみたのが

外出するときにバッグを持たずに

行ってみました。

 

 

近所の郵便局で切手を買って

郵便物を出すというのと

コンビニでガス代の支払いに

行ったのですが・・・

 

 

本当に必要最低限のもの

(支払い金額ちょうどの現金、

家の鍵、郵送物、振込用紙)

だけをポケットに入れて

出かけました。

 

 

 

そうしたら、

今日はとっても体が軽い!

 

 

 

ホイホイ足取りが軽いんです。

 

 

 

 

いかにいつも余計なものを

バッグに入れて出かけていたか

わかります。

 

 

 

それだけではなくて

ものに頼っていた

「依存心」があることに

気がつきました。

 

 

 

「何かの時のために

持っていかないと」

というのが余計なエネルギー

となって浪費していたのです。

 

 

 

本当に必要なものだけを

持って行くと、

それだけでなんとか

しないとなりません。

 

 

 

「もし子どもから電話が

あったらスマホがないと

困るし」

(後からかければ?)

 

 

 

「もしスーパーでセール品が

あっても現金が足りないから

買えないじゃないか」

(ないない)

 

 

 

「歩いている時に鼻血や

鼻水が出るかもしれない

からティッシュを持たないと」

(学校の「ハンカチ鼻紙つめ名札!」

のくせ?)

 

 

 

 

たかがすぐそこの近所に

行って帰ってくるだけの

ことなのに、なんと

いろんな余計なことを

考えてエネルギーを

使っていたことか。

 

 

 

 

そして、それに

エネルギーを使わない分、

ちょっと大げさですが

「たとえ何かあったとしても

今あるものだけで何とかする」

というような気持ちよさというか

気持ちのあり方がパキッと

変わったのを感じました。

 

 

 

 

本来人って何も持たずに

生まれて死んで行くもの

ですものね。

(大げさ?笑)

 

 

 

たかだか家から数分の

近所に出かけただけで

ちょっとした冒険気分も

味わえてお得ですよ。

 

 

 

 

 

 

今までとちょっと違う

スマホカバーはいかが?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


テーマ:

先日、目から鱗の

衝撃を受けたという

話を書きました。

 

こちら

 

 

カラー診断で自分が

スプリングだと

何年も思って

洋服も靴もバッグも

化粧品も全て揃えて

きた私が実は

ウィンターだった

ということがわかった

わけですが

 

 

 

 

 

心のどこかで

「なんか違う…」

と感じていたのは

わかっていたのです。

 

 

服をあててみて見栄えが

するのはベージュではなく

暗いグレーの方だったり

クリーム色は似合うはず

なのに、着てみるとなんか

「もっさり」した感じに

なるなあと思ってて。

 

 

 

でも、

「スプリングは

こういうのが似合うんだから」

と思考で判断して

「似合わないんじゃ?」

という感覚を無視してきました。

 

 
 
 

私は「意外と」

フリフリ・ふんわりな

可愛いのが似合う

パキッとしたかっこいい系の

女性なんて私じゃないし。

(と否定してました)

 

 

 

 

つまり、本来の自分であることを

ずっと思考で「そんなはずない」と

押さえ込んでいたんです。

 

 

(周りの人には私の本質は

バッチリバレていると

思いますが。)

 

 

 

それが

 

「いや、かっこいい系の女性ですよ」

 

って言われて、今まで封印していた

過去の記憶で思い当たることが

走馬灯のように蘇り

目からウロコが何十枚も

ボロボロと…

 

 

 

何よりショックだったのは

自分で自分を欺いていた

ということです。

 

 

 

レッスンの後

速攻で洋服を見に行きました。

 

 

 

そして、今まで手に取らなかった

深く鮮やかなブルーのセーターを

試着してみたんです。

 

 

そうしたらとてもよく

似合うということに

気がつきました。

 

 

たぶん、以前の私なら

体にあててみても

「ほら、やっぱり似合わない」

と思考で判断して

似合うことに気がつきも

しなかったと思います。

 

 

 

今回すごくわかったのは

心の奥底では本当はどうしたいのか

何が好きで何が嫌いか

それは全てちゃんと自分で

わかっているのに

頭で「いい・悪い」を判断して

心の奥底にあることを

無視していたということです。

 

 

 

いかに頭だけで考えて

いることが多かったか…

 

 

 

 

そういう人は他にも

きっといるんじゃないかと

思うのですが、どうでしょう??

 

 

 

最近、うつうつとしてるなあ

と思っていたのですが

それは、自分のことを思いっきり

否定してずっときたわけですから

無理もないと思いました。

 

 

この件に気がついてからは

封印が解けて(?)

心が軽くなりました。

 

 

 

 

これからはもう諦めて

本来の自分に降参して

生きて行こうと思います。

 

 

 

 

 

 

 


テーマ:

人は何年生きても

自分のこととなると

よくわからないもの

なんだなーって

思いました。

 

 

 

 

先日、友人のとても素敵な

プライベートサロンで

芸能人の方にもメイクを

されているプロの方から

メイクレッスンを

受けた時のことです。

 

 

 

 

 

 

普段使っているメイク道具を

ご持参くださいということで

持って行って、レッスンの時

並べてたら、先生がそれを

見て…

 

 

 

「ご自身のカラータイプって

ご存知ですか?」

と聞かれました。

 

 

 

実は5年ほど前、

お試しでカラー診断を受け

その時に「スプリング」である

と診断されていたので

 

 

 

「ええ、スプリングです!」

 

 

 

 

と自信満々に答えたんです。

(カラー診断によると、

人がそれぞれ似合う色は

4つの季節のカラーに

分けられるだとか)

 

 

 

そうしたら

 

 

「いえ、ウィンターで

いらっしゃいますよ」

 

 

 

 

 

とまさかの答えが・・・。

 

 

 

ええー?!

本当に?本当に?本当に?

と3回も聞いちゃいました。

 

 

 

「ええ、間違いありません」

(きっぱり)

 

 

 

真逆じゃないですか…

とショックを受けました。

 

 

 

 

だって、スプリングなので

黄身がかったパステルカラー

とか細かい花柄とかの

洋服やらカバンやらを

せっせと揃えていたのです。

 

 

 

 

もちろん、化粧品も。

(ふだんはそんなに

お化粧はしませんが)

 

 

 

 

でも、嫌な感じの

ショックではなくて

 

 

「やっぱり…」

 

 

というような

霧が晴れたような

衝撃でした。

 

 

 

 

カラーのことだけ

じゃなくて

色んなことにも

当てはまるので

私と同じような

パターンにはまって

「なんか違う…」

と悩んでいる人も

いるんじゃないかな?

と思います。

 

 

 

それはどんなことかと

言いますと…

 

 

長くなるので

続きは次回に。

 

 

 

 

「羊の毛皮、似合うはずなのになあ」

 

 

 

 

 

カラーバリエーションが