またまた国連の近くのお花屋さん「miho kosuda(1-212-

922-9122」の佳央さんが「ラズベリーサンデー」と呼ばれる芍薬を届けてくださいました。
まさに、咲き誇っていますよね。
 

あまりの美しさと香りの良さを創造しているので、私はその匂いを10分ぐらい嗅いでいました。
何とも言えない香りが私の身体中に溶け込み、私の体を作っている60兆と言われている1つ1つの細胞に共鳴し、一体化し、私自身心や感情そして宇宙にのめり込んでいくような感性が湧き上がり、静かな振動と共に美しい音楽になっていきました。
ヴァイオリンやハープのような音色からスタートし、フルート、ピアノ、ドラムとどんどん美しい音が増えて大オーケストラになってしまいました。


この美しいお花さんたちも、私たちと全く同じに宇宙の真理に寄り添って生きているんだなと感動感激しました。今まさに生きているからこその喜びを頂いているんだなぁと思います。つまり、1つになるということでしょうね。


ですから私は、患者さんにいつもいうことは「病気を治すということは、率直に自らの弱点やしがらみをさらけ出し
自然治癒能力を高めるため、全身全霊を注ぎましょうね。最大限つまり100%の努力をすることです。95%以上がベストです。なぜなら、95%以下では私たちの望みと期待する効果が十分に得られません。できるだけ可能な限り自分のバリアを思い切って広げて努力に努力を続けてもらっています。もし難しければ、思い切って時々自分が普段から平和に住んでいる気持ちの良い環境からすら出てしまってはいかがでしょうか。多分時間がないとか、お金がないとか考えがちですが、健康や幸せという命をかけることですから、チャレンジする価値は大いにあります。」

 

日本の方々は、何と言っても勤勉家ですから仕事が中心ですよね。休めないからとか、期限があるとか、私がいないと会社がにっちもさっちもいかないから、など世間的によく思われることを口実にして、本当は病気になりそうなのに、一時しのぎの薬や、マスクをして自分に鞭を打ちながら出社していますよね。実際は大切で重要な体の真の叫びを無視しているのではないでしょうか。


当然1、2ヶ月後、体は病気を防ぐために、注意信号(警告)として不快症状を作ってくれます。しかし、ほとんどの方が無視をしていますよね。そしてその不快症状に不安を感じ、病院に駆け込みます。体が弱っている時ですから、数々の検査の結果、怖い未来への病気の可能性を宣告され生きた心地がしないし、目に見えない本当の体の訴えを聞かず、訴えている実体をも騙すのが常のようです。

無理は絶対いけません。いやなことをし続けないこと、したいことは今すぐ、1%でいいから実行することですよね。


Life is beautiful if you like it. God stays within you, but you have to work on it. 
(もしあなたが本当に愛しているのであれば人生はとても美しい。神はあなたの心に生きていますが、行動をしなければいけません)

簡単に言いますと、大事なことは、どのレストランに行くか、何を食べるかは大した問題ではありません。誰と食事をするか、です。


「気持ち良さ」は、消化を助けます。なぜなら、健康を維持する有効遺伝子の50%くらいは、消化器官に存在しているからです。楽しくしていると質素な蕎麦でも餃子でも心躍るくらいに美味しいものです。言葉は弾むし、顔一面の微笑みを得られるし、手振り身振りがキラキラルンルンです。今まさに「生きている」感覚、充実感、それにともかく楽しくて嬉しいですよね。

私は毎日2回、朝晩、超自分に酔うように言っています。

 

I love myself, I respect myself, care for myself. That’s why I don’ have any problems and sickness. God stay within myself.  Thank you.

(私は自分を愛し、尊敬し、大切にします。だから私はどんな問題も病気もありません。神はいつも私と共にいます。ありがとう)

 

with Love, Appreciation and Respect  Ken Kobayashi



大変恐縮ですが、FBは5000人以上のお友達に膨れあがっており、わたしの希望に反して、新しいフレンドリクエストを承認できないようになっています。(フォローはしていただけるようです)急遽、メルマガをスタッフの人に作っていただきましたので、そちらに登録していただきますと情報やメッセージを受け取れます。
これからもよろしくね。

https://www.honzoquantum.com/register

 

 

お知らせでーす。

全ての日常生活やライフスタイルにおいて実用的かつなごましてくれるものを手元にお届けしたいと考えていました。そしてスタッフさんのおかげで、ついにネットショップが出来上がりました。

みなさんが安心して、商品の良さもさることながらご自身のライフが豊かで健康であるように、小林健と手を取り合い心を1つにして家族のようにお付き合い、活用していただけるものと思われます。

私の量子波も入っていますよ。

 

発送にお時間をいただくこともあるようですが、ぜひエンジョイしていただけたら嬉しいな。

 

https://www.honzoquantum.com

 

with Love, Appreciation and Respect 
Ken Kobayashi 

 

こんな美しいpeony(芍薬)をKaoさんから頂きました。
あまりにも豪華さでびっくりしています。
Kaoさんいわく「special jewelry (特別な宝石)」とも呼ばれているそうです。私はやはり古い人間かもしれませんが、芍薬に関しては「立てば芍薬、座れば牡丹、歩く姿は百合の花」という言葉を思い出します。


花それぞれ美しさや香りが異なっていますが、その中に燃えている情熱は計り知れないものがありますよね。
私は漢方医でもありますので、根を乾燥したものは「生薬」として使っています。特に天草と一緒に配合して使いますが、鎮痛薬としても煎じて飲んでもらっています。


僕も思うことですが、この世の中から花や小鳥、虫さんたちのような生命体がいなくなったら、私たち人間は、重大な打撃を受けると思われます。
また音や色、香りなども自然界から私たちが得ている自然現象の中でもとても大切なものですよね。
しかし、現実は車や工事の騒音、ガスや老廃物の悪臭、個人個人の心無い人々の波動の悪い言葉や突き刺すような態度など、私たちが自然に健康に楽しく住んでいる環境すら壊しているように思われます。

これから世界中どこも同じで、スピリチュアルな聖地と呼ばれている所ですら、目に見えていることはとてもきれいに整えられているし、その素晴らしい説明も私たちの創造性に感動を与えてくれています。でもその説明してくれている方々の私生活を見ると、びっくりするようなことがありますし、その場所の裏側(behind curtain)を見ると"Oh mmy gosh"と恐怖すら感じることがありますよね。やはり全ての真実は、場所や人々ではなく、私たち自身のように思えてなりません。

特に日本人、日本語、さらに慣習などはとても奥が深く、「これが本物なんだな」と思うことがほとんどです。
日本の方々は表面の実体と言葉、及び思いとその陰にあるもう一つの体(「霊体」とも呼ばれますが)がありますね。例えば他の人々と10回くらい会って寝食を共にしても、その方をちゃんと知るにはとても無理があります。
何故ならば、実体と霊体と真の共鳴をすることがとても難しいものですから。

接している方の姿や言葉、想いに気持ちよく温かさや安らぎを感じ、さらに平和すら感じたら初めて心を開いて賢明で安全かと思います。

私の国アメリカでは、「I like,,,」「I want,,,」 など自己主張をする習慣ですので、陰の彼らの真の言葉を得ることは難しいし、またどこまで心を開いていただいているかも判断しにくい傾向があります。また日本の方々は「あなたはどういう風にして欲しいの?」「何をしたら心が休まるの?」など他の人々の希望に自分の決定を委ねていると思います。例え嫌なことでも我慢して、念を押した表情であたかも「イエス」と感じさせるような状況を作っているように感じます。

ところが実際物事の決定になった時には、「すみませんが今回は失礼します」と初めて本当の心を伝えます。つまり、石橋を叩いて叩いて渡らないということですよね。私はこの日本の方の自分より他人を考えていることに度を越さないでいてもらいたいと思っています。病気も不幸も同じと思います。
やはり大切な自分の命、自分の人生です。宇宙からいただいた美しい本能そして生き続ける生命力そして幸せに生き抜く情熱、その大切なものがいつも輝いていれば病気はないんだ、不幸せはないんだという良い波動、輝く量子波で幸せに生きて生きたいものです。

 

NYは初夏真っ盛りですよ。
NYに来ませんか?みなさんに会いたいでーす。

 

with Love, Appreciation and Respect

Ken Kobayashi