どしゅこいの大嘘吐き日記

2022年6/29発売


大野方栄の新譜「蓬莱」


https://www.amazon.co.jp/dp/B0B34R8G4K/ref=olp-opf-redir?aod=1
このページの右下 HOUEI MUSICから買われると 私のサイン入りになります。

音楽の録音をしていて  つくづく思うのだけれど、

その時に録った音以上の音は 絶対に作れない限界がある

・・・のと同じ原理で、

動画には その人の全てが良い意味でも悪い意味でも 

皮膚感覚で滲み出てしまって 修正が一切きかない。

やっぱり動画では 出てくる人間のキャラクターが一番の要なんだと思う。

その人の生きざまや人格が 全部動画に出てしまうのだ。

 

まんが日本昔話のナレーションをされていた常田富士男さんと

戦場カメラマンの渡部陽一さんを、

足して2で割った様な 牧歌的な語り口のSHINYAさん。

いつも朗らかで にこやかで 穏やかなお人柄が素晴らしいです。

 

 

他の旅行系のユーチューバー達がやっている

ファーストクラスの飛行機の旅や 

ゴージャスなリッツホテルでの宿泊も良いけれど、

素泊まりの民宿も 彼にかかれば素晴らしい旅になってしまう。

何というミラクル♪。

 

私の中では彼を 『温泉侍』と位置づけているのだけれど

人々から忘れ去られた様な 鄙びた温泉宿は 彼の独擅場となる。

温泉場での 若い女性の入浴シーンもいいけれど、

中年男性のSHINYAさんの裸の背中も 悪くないなぁと感じさせられます。

 

朝食付きの古くて汚い民宿で 

朝のメニューが 卵と漬物と味噌汁とご飯だけであっても

SHINYAさんが 物凄く美味しそうに召し上がる姿は 

本当に素晴らしかった。

 

何年か前の海外の動画も楽しかったけれど

最近の超鄙びた昭和の世界が白眉で、

動画内での彼のしっかりした立ち位置というか スタイルが確立されていて

親しみやすい 観やすい動画になっている。

 

動画全体の構成や編集を しっかりと頭に描きながら撮っているので 

同じ動画でも 何度も味わい深く視聴してしまう。

 

【二人旅】ブラジル人の嫁さんと行く三重県志摩のコスパ宿。心温まる御もてなしで、海からも近く。星も綺麗です。ビーチも連れてってくる優しいご主人と女将さんでした。 - YouTube

 

ブラジル人の美しく・知的な奥様との旅も これまた素晴らしい。

彼女が日本語で「 はい 」と返事する言葉の響きが 

とても奥ゆかしくて美しくて いつも感動してしまう。

テレビみたいに スポンサーにおもねる必要がなくて

放送禁止用語などにも 異常に神経質にならなくてもよくて

自由に自分が言いたいことを発表出来る所が youtubeの良い所だと思う。

 

前から注目していた 街録ch〜あなたの人生、教えて下さい〜

のチャンネル登録者数は あっと言う間に 102万人になってしまった。

面白いんだから 当然というべきなんだけれど

実に喜ばしい事だと思う。

 

2023年の元旦に 

365日いつもおめでたいワタクシが 感動したのは武井壮氏の動画で 

これらは2年前に 前編・中編・後編とUPされたものであります。

 

(48) 【前編】武井壮 39歳 無名の新人時代/SMAP中居正広の前で一世一代の大勝負/ – YouTube 

 

https://www.youtube.com/watch?v=sWR92b6Qd2U&t=325s

 

(48) 【中編】武井壮・坂上忍との因縁/末期癌で若くして他界した兄の想いを背負い芸能界へのリベンジ – YouTube

shttps://www.youtube.com/watch?v=PcfMClWeLf4&t=121s

 

(49)【後編】武井壮・西麻布のバーに潜伏し・・・/石橋貴明、極楽とんぼ山本、M-1王者アンタ柴田と/

https://www.youtube.com/watch?v=JqkhCxka-Vg&t=1730s      

 

 

(49) 武井壮の 『オトナの育て方』 – YouTube

https://www.youtube.com/watch?v=k_5h3S2Zdhg

ただ漫然と子供にスポーツさせている親たちへ

とても良い事を言っているので

絶対に観た方が良いと思います。

 

 

これまで彼の事は、元スポーツ選手だったらしい・・・という認識しかなかったのだけれど

武井壮氏は 『 戦略家 』なんだということを 本日理解致しました。

ヴァカじゃこの世界では生き残っていけない・・・という教訓を得たワタクシです。

尊い教訓を得ても 婆さんの私の人生には何の変化も起こらないけれど

それでも 素敵なモノの考え方をして 生きている人を知る事は 

嬉しい事なんだもん。

 

ナビゲーションの無い時代では 車の中に地図が必ず置いてあって 

知らない場所に行くときには それで調べながら行ったものですが、

今や ナビのない車は殆どないという時代で御座います。

 

先日ぅ こともあろうにナビのない車(ちょっとお借りしたの)に乗った私は 

何となく自分の野生のカンだけを頼りに 出掛けたのですが、

高速をふたつ乗り継ぎ

信じられないくらいの遠回りをして 結局わけが判らなくなり、

目的地に到着するのを 潔く諦めたのであります。嗚呼!

でも 手ぶらで家に帰るのは何だか悔しいので 

見知らぬ住宅地の細い坂道を 

意味もなく登ったりして ちょっとだけ さすらい運転を致しました。

 

すると 変な建物を発見!。

そこは無人の野菜・果物の直売所でありました。

100円玉を数枚入れて 

ガラス窓のついているロッカーから

野菜や果物を買うシステムになっておりまして、

そこで私は 珍しくもない紫の葡萄を 

2パック購入して、ささやかなドライブのお土産としました。

家に戻って 冷蔵庫に葡萄を入れる時に 

ふと何の気なしに 一粒つまんでみたのですが、

おやおやぁぁぁ~!!!こんなに美味しい葡萄を食べたのは

もしかして生まれて初めてかも知れません。

口に入れた途端に 深い深い葡萄の香りと味わいが広がって

唾液が どばぁ------っと湧き出て来るのです。

 

山梨や岡山の名産地から 

見事な葡萄を送ってもらったことがありますが、

64年間の人生の中で初めて うっとりするほどに美味しい葡萄と 

東京に可也近い埼玉県の住宅地で 出会ってしまいました。

 

 

お世話になっている方達や 大好きなお友達に

是非!食べさせたい!っと思ったのですが

あろうことか そのお店の場所が判らないのです!!。

 

土地勘のない所って 本当に判らないですよねぇ。

ネットで検索しまくったり 

唸りながらグーグルストリートビューで探しまくって

一日かけて やっとこさ その場所を突き止めたのですが、

家から15キロくらいの所に 位置している場所でした。

高速なんて使う必要は全くなかったのに、

無駄に高速代を3310円も使った私。(T-T)

 いやはや ナビのない車は もうイケマセン。