5月16日、17日の二日間にわたり、東京の品川プリンスホールで第106回日本美容外科学会が開催されました。私は二日目の17日に発表してきました。私が初めて学会に入会したのが1996年なのですでに22年、学会発表が今回で11回なので、2年に1回のペースで発表してきたことになります。

今回の演題はやはり修正手術に関するもので、「過大な目頭切開を戻す修正手術」です。

内容は以下の通りです。

 

目頭切開は、東洋人にとって蒙古襞に対するコンプレックス解消や、二重をより平行型として目をより大きく見せるために要望の多い手術である。一方、目頭切開を受けた後に、過大な目頭の開きすぎを気にする患者は少なくない。内田法や平賀法で皮膚を切除している場合はもちろん、Z形成でも多少の余剰皮膚をトリミングすることもあり、元の目頭に戻すことは極めて困難である。本邦の古川が約二十年前に報告したV‐Y法を応用した修正手術を自ら工夫して、過大な目頭切開を戻す手術を手掛けてきた。症例を供覧しながら術式のポイントを述べたい。」

 

発表のセッションの座長はコムロ美容外科の小室先生でした。ありがとうございました。

発表後フロアの先生方から二、三の質問を受けました。

 

自分が普段行っている診療をより深く研究し、その成果を専門の先生方の前で発表し、質問を受けることで良いヒントをもらったり、さらに課題が見つかったり、と、学会発表は医師の自己研鑽のためにもとても有意義だと考えています。

 

 

タウン形成外科クリニック

http://www.keisei.ne.jp/

 

 

目頭切開は正式には内眼角形成術といいます。

日本人をはじめとする東洋人独特の目頭にある皮膚(蒙古ひだ)によって、顔が幼く見えたり、目の一部が隠れているために目が小さく見えたりするために、これを治したいという希望が多い治療です。

手術法は医学書を開くと様々なデザインを工夫した方法が掲載されています。平賀法、内田法、Blair-Brown法、 Mustarde法、Converse法などで、一長一短があるとされていますが、日本では内田法が良く用いられてきて、最近ではZ形成術(Converse法と同じ)も多いようです。

私自身は、二重まぶたの切開法と同時に行う場合はデザインの連続性と術中調整がしやすい内田法を良く行いますが、目頭切開を単独でご希望の方にはZ形成術を行うこともあります。

目頭切開はデザインと手術技術の両方がとても重要です。上まぶたと違って、目頭部分は肥厚性瘢痕(いわゆるケロイド)が残りやすいことも十分に念頭に入れて手術に望まなくてはいけません。

 

目頭に関して私への他院の修正相談で多いものが目頭切開後に傷跡が残ってしまったということと、目頭切開によって開きすぎた目頭を元に戻したい、もしくは少し戻したいというものです。

開きすぎた目頭を戻す手術は古川先生が発表された方法が大変有効で、私はよく用いています。

ここ数年で症例がかなり集まってきたので、来月の第106回日本美容外科学会(JSAS)で発表する予定ですが、それにあたり光栄にも古川先生から手術のポイントなどをご指導いただきました。

発表予定のいくつかの症例から1例をご紹介します。

 

30代の方です。決して目頭が開きすぎということはないのですが、ご本人としては半分くらい戻したい、何か所か白い斑点のように見える傷跡もできれば目立たなくしたい、というご希望でした。

 

手術前のデザインです(この写真は実際の手術前のデザインではなく、後から写真にデザインをあてはめたものです)。

 

 

古川法は、形成外科で良く用いられるV-Y法という術式を応用したものです。

V字の形の傷を下から縫い合わせていくと次第にY字の形に近づいていくのがわかるでしょうか?これを利用しますが、目頭を戻す場合はV字を横にした形の上下に小さな切開を入れているので、どちらかというとダイヤ型♦と言えるでしょう。

術前デザインでこのダイヤの大きさと方向、さらに手術中に縫い合わせて縮める程度を調整しながら行う難易度の高い手術です。

 

それでは手術後の結果をお見せいたします。

 

修正手術前

                  ダウン

 

修正手術後

完全に戻すのではなく、半分程度戻したいというご希望でした。

目頭の涙丘(ピンク色の部分)が半分ほど隠れ、平行型二重がやや末広型に近づいています。

 

拡大写真をお見せいたします。

 

修正手術前

                  ダウン

 

修正手術後

 

白い斑点のように見える3か所の傷跡も目立たなくなりました。

 

この方のような目頭切開他院修正手術は、日帰り手術で局所麻酔、時間は片目の場合20~30分ほどです。リスクや合併症は左右差、内出血、感染、瘢痕などです。

治療費用は修正内容により変わりますが、片目で100,000~240,000円です。

 

目頭切開はこちら

http://www.keisei.ne.jp/futae/other/

 

目頭切開の他院修正はこちら

http://www.keisei.ne.jp/futae/shusei/megashira.html

 

タウン形成外科クリニック

http://www.keisei.ne.jp/

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

豊胸手術を受けた方が、後になってシリコンを取り出したいということはよくあります。

理由はいくつかあります。

まずは被膜拘縮の硬さや見た目の不自然さなどで悩まれていて、きれいに治す修正手術を受ける選択肢もあるのですが、また同じように悩む可能性があるのは嫌で、新たにシリコンを入れるのではなくとにかくきれいに取ってしまいたいという方です。

次に、見た目や柔らかさなど、仕上がりは問題ないのですが、生理食塩水バッグのようにいつか漏れてしまうリスクがあるもの、CMCのように安全性そのものが疑問視された、危険性を指摘されたインプラントを確実に取ってしまいたいという方などです。

さらに、見た目はきれいで安全性が認められたシリコンであっても、異物が入っている抵抗感がずっと気になっていて、やはり元のバストに戻したいというご希望の方などです。

 

このよう方たちのために、どんなに昔の豊胸術であっても、またどのようなインプラントが入っているのかわからない、忘れてしまったような方でも、私は、まず丁寧にこれまでの経過と問診をお聞きし、十分な診察を行います。必要に応じて画像診断や乳がん専門医にもアドバイスをいただきながら、安全、確実に取り出す手術を数多く行ってきました。

その中で皆さんがご心配されるのは、長い間インプラントが入っていたために、それを取り出した後にバストが変形したり、たるんだりしないかということがあります。

結論から言うとほとんど心配はありません。

まず、被膜拘縮が強く、見た目の不自然さが極端であっても、インプラントを除去した後の被膜を含めた周辺組織は時間とともに柔らかくなっていきます。硬くなった被膜を除去するという考えのドクターもいるかともいますが、むしろ被膜をすべて除去しようと周囲から無理に剥離することで出血や正常組織まで剥離して除去することになる方が変形などのリスクが高くなると私は考えています。

ただし、インプラントの内容物が明らかに漏れていて周囲組織に浸潤してしまっている場合ではその組織が変性、硬化していることもあり、変形が起きないとは限りませんが、そのような例は稀です。

さらに、シリコンなどのインプラントが入っていたことで単純に大きくなっていたバストから、中身を抜いてしまうのだから、皮膚がたるんだり、しぼんだりしないかという心配ですが、元のバストに比べて倍以上のサイズになるような巨大なインプラントが入っていた場合は特別ですが、私の経験上はあまり心配しなくてもよいというのが結論です。

 

実際に、豊胸術を3年前に受けた方と20年前の方でシリコンインプラントを抜去した症例をお見せいたします。

 

  3年前に他院で豊胸術を受けた方です

NEW http://www.keisei.ne.jp/photograph/cat62/3.html

 

  約20年前に他院で豊胸術を受けた方です

NEW http://www.keisei.ne.jp/photograph/cat62/post-69.html

 

 

他院豊胸術後修正シリコンインプラント抜去手術は、日帰り手術、硬膜外麻酔や鎮静剤で、時間は30~60分ほどです。

リスクや合併症は変形、瘢痕、内出血、感染などです。

治療費用の目安は400,000~500,000円です。

 

私どものクリニックの豊胸他院修正術のページです。

http://www.keisei.ne.jp/bust/shusei/

 

タウン形成外科クリニック

 

 

 

 

当院の公式ホームぺージなどでお知らせしている大阪での3月24日(土)、25日(日)の他院修正無料相談会ですが、上先生、私の日ともにすでに予約が埋まってしまいました・・・。

ご相談をご希望の方には大変申し訳なく思っております。

 

当日のキャンセル待ちをしていただくことも可能なのですが、一足早く、このブログ限定で次回の大阪の相談会の日程をお知らせいたします!

 

2018年5月19日(土曜日) 石原 信浩 医師

2018年5月20日(日曜日) 上 茂 医師

 


場所:ウエスティンホテル大阪(JR大阪駅徒歩7分)

時間:5月19日(土)12時より18時まで

       5月20日(日)10時より16時までの間のお好きな時間

 

 

     ******************

 

相談形式:プライバシーを考慮した個別相談 (女性の医療スタッフが立ち会います)

 

担当医師:5月19日(土)石原 信浩

               5月20日(日)上 茂

 

相談内容:他院でお受けになられた手術後の修正の相談

(上先生は二重まぶたについて、石原は上・下まぶた、豊胸に限ります)

    ※当日はご相談のみで、治療は受けられません

 

相談料:無料

 

予約方法:サイト相談フォームまたはお電話による完全予約制です

    ※予約をされていない方の当日の受付はできません

 

お問い合わせ先:タウン形成外科クリニック

 

電話 : 0120-107-286

(上先生もしくは石原の大阪他院術後無料相談会の件で、とお問い合わせください)

 

サイト予約フォーム: http://www.keisei.ne.jp/shuseisenmon/reserve/

※5月の大阪の相談会の先行予約に関してのみ、サイトフォーム上は3月末からの予約開始なので、直接下記の表参道院のメールまでご連絡ください。  

 info-r@keisei.ne.jp

「5月大阪他院術後無料相談会の予約」と件名にお入れくださると予約がスムーズです。

         

 

 

他院術修正の無料相談会について 

http://www.keisei.ne.jp/shuseisenmon/osaka.html

 

他院で数年前に豊胸手術を受けられた方たち2名です。

明らかに不自然なバストの形になっていますが問題点は何でしょう。

 

NEW http://www.keisei.ne.jp/photograph/cat62/post-67.html

 

どちらの方の場合もシリコンが本来あるべき位置よりも上方にあります。

そのために1例目の方は乳頭・乳輪を含め皮膚が垂れ下がったようになっていますし、2例目の方はバストの上がやたらと強調されたようになっていて、洋服を着てもデコルテから谷間が不自然に盛り上がってしまうそうです。

 

なぜこのようにインプラントが上にあるのようなバストになってしまったのでしょうか?

手術後の経過中にインプラントが少しずつ上がってきてしまう可能性もあります。治癒の過程で作成したスペースに必要以上の癒着が起きてしまうのですが、それは片側に起きることが多く、偶然だとしても左右とも同じような位置に上がっていくことはあまり考えられません。

 

それでは手術自体に問題があるということになります。

でもここで疑問です。

執刀医が手術中にスペースを剥離する際に、インプラントが上にあるのはおかしいと判断して、もっと下に位置するように剥離を追加しなかったのはどうしてなのでしょうか?

それは豊胸手術が仰臥位(仰向け)で行われることが関係しています。

手術前に座った状態の皮膚の上からのデザインでは、ここまでスペースを作って、この位置にインプラントを挿入する、と執刀医はイメージします。そして実際に手術中にスペースを剥離していきますが、仰臥位の状態でこれでOKだと思っていても、実は剥離が十分でなかったり、乳腺下(もしくは大胸筋下)にある繊維のような索状物が残っていることは十分にありうるのです。それが原因でインプラントが引っかかって下がらずに上に位置してしまった、というわけです。

ですから、手術そのものは仰臥位で行っていても、途中で必ず座位の状態にして、バストの一番下(乳房下縁)まできちんとインプラントが下がっているかを確認する必要があるのです。

 

私の豊胸手術は硬膜外麻酔で行うために、患者さんは手術中には痛みはなくてもはっきりと意識があります。そのために手術中に電動ベッドを起こして座位にして、インプラント(シリコン)のサイズや形をチェックしいただくのと同時に、術者である私自身もインプラントの位置がきちんと正しい位置に下がってきているかを判断します。ここで剥離が十分でないと判断した場合はさらに追加でスペースを広げるのです。ここが極めて重要なのです。

 

美容外科手術を成功させるためには、医師はあらゆる角度から細心の注意を払って手術を行うことが当然であると考えています。

これが医師の技術と経験です。

 

それではこの方たちの修正手術の結果をお見せいたします。

 

まずは1例目の方です。

 

NEW http://www.keisei.ne.jp/photograph/cat62/post-68.html

 

2例目の方です。

 

NEW http://www.keisei.ne.jp/photograph/cat62/2.html

 

ちなみに、スペースを広げたり被膜拘縮を解除する修正手術では、全例でシリコンインプラントは新しいものに入れ替えています。使用するのは私が20年以上信頼しているフランスEurosilicone社製のソフトコヒーシブシリコンです。

 

この修正手術は日帰り手術で硬膜外麻酔と鎮静剤で行っております。リスクや合併症は再度の被膜拘縮や変形、出血、感染などです。治療費用の目安は800,000~1,200,000円です

 

 

私どものクリニックの豊胸他院修正術のページです。

http://www.keisei.ne.jp/bust/shusei/

 

 

タウン形成外科クリニック