今回も目頭切開の術後修正の古川法についてです。

古川法では、蒙古ひだを自然に戻すことで、見えすぎた涙丘を隠すことができます。

 

この方は20代前半の方で、他院で目頭切開を受け、下に向かって食い込んだように開きすぎていることに違和感を感じているとのことです。

 

 

下に向かって目頭が開いていて、特に左はいびつな形になっています。

 

ご希望は、蒙古ひだのあった元の形に戻したいということです。手術した目頭の形を、全く完全に元に戻すことはできないのですが、カウンセリング時に元の写真を持ってきていただけると、鏡で見ていただきながら、どこまで戻せるかをシミュレーションすることができます。

 

さらに、いつもこの修正手術で行っているように、手術中に手鏡で確認していただきながら、元の目頭の蒙古ひだの形まで戻し具合を調整しました。

 

修正手術前

                  ダウン

 

修正手術後 

丸みのある蒙古ひだに戻しました。

まだ3ヶ月後なので、傷跡の硬さはやや残っています。

 

 

修正手術前

                  ダウン

 

修正手術後

 

ご本人曰く、ほぼ元の形の目頭になったとのことです。

 

 

目頭切開他院修正手術(古川法)は、日帰り手術で局所麻酔、時間は40~50分ほどです。リスクや合併症は左右差、内出血、瘢痕などです。治療費用は修正内容により変わりますが、この方の場合は440,000円(税込)です。

モニタ―(割引があります)ご希望の方はクリニックまでご相談ください。

 

 

目頭切開の他院修正はこちら

 

 

 

 

タウン形成外科クリニック

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

他院で受けた目頭切開の手術後を修正する古川法にはいくつかの目的があります。

 

・目と目の距離(内眥間距離・ないしかんきょり)が不自然に近すぎてしまったのを修正

・目頭切開後の傷跡を隠す

・不自然とは言えないが、目頭が開いたことによる違和感をなくすために元に戻す

 

大きく分けると上記の3つで、それらに含まれますが、涙丘(るいきゅう)の見えすぎという悩みもあります。

涙丘というのは、目頭の眼球に接して存在するピンク色の肉のことで、腺組織として涙分泌の調整などに関わっています。花粉症の方は、花粉の時期にはここが腫れてしまうことで涙が止まりにくくなるのを経験している方もいると思います。

 

古川法では、蒙古ひだを自然に戻すことで、見えすぎた涙丘を隠すことができます。

 

この方は20代後半ですが、過去に二重の切開法以外に、目頭切開を2回受けており、目頭の開きすぎで涙丘も完全に見えてしまったとのことです。

 

不自然なほどに目頭が開いてしまっています。

 

 

決して、完全に戻したいのではなく、自然なレベルに少しだけ戻したいというご希望です。

 

古川法を私なりにアレンジしてきた方法で、蒙古ひだを作成します。

いつもの手術で行っているように、手術中に手鏡で見ていただきながら、希望に応じて戻し具合を調整しました。

 

修正手術前

                  ダウン

 

修正手術後 

まだ3ヶ月後なので、傷跡はややピングががっています。

 

 

修正手術前

                  ダウン

 

修正手術後

 

 

 

修正手術前

                ダウン

 

修正手術後

 

 

 

修正手術前

                ダウン

 

修正手術後

 

完全に元に戻すのではなく、執刀医が大体このくらいと決めるのでもなく、“ご本人が考える自然なレベル”まで戻すことができる、これが古川法の最大のメリットです。

 

 

目頭切開他院修正手術(古川法)は、日帰り手術で局所麻酔、時間は40~50分ほどです。リスクや合併症は左右差、内出血、瘢痕などです。治療費用は修正内容により変わりますが、この方の場合は400,000円です。

モニタ―(割引があります)ご希望の方はクリニックまでご相談ください。

 

 

目頭切開の他院修正はこちら

 

 

 

 

タウン形成外科クリニック

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さる2月24、25日に福岡県の小倉で行われた第43回日本美容外科学会(JSAPS)に出席し、パネルディスカッションで発表してきました。

テーマは「美容外科術後のUnfavorable resultのリカバリー」、つまり美容外科手術を受けた結果が悪かった場合の修正手術についてです。登壇された先生方は、修正手術に経験豊富なべテラン揃いで、私は朝一番のトップバッターで発表させていただきました。

 

 

発表内容は以下のとおりです(抄録より抜粋)

 

「切開法による重瞼術は、二重を作成するには確実な方法であるが、一方で、医師の技術不足によるUnfavorable resultという理由だけでなく、できれば元の一重まぶたに戻したいという患者がときどきいる。当院では、脂肪移植を用いて、切開法で強固な癒着となっている二重まぶたを一重に戻す手術に取り組んでいる。」

 

発表後には座長の岩波先生からもご指導を受け、参加者の先生方からもいろいろ質問をしていただき、大変有意義な発表でした。

次回は5月27日(木)のJSASの修正手術に関するシンポジウムで、当院の上先生と一緒の出席です。

どうぞお楽しみに。

 

二重まぶたはこちら

http://www.keisei.ne.jp/futae

二重まぶたの他院修正はこちら

http://www.keisei.ne.jp/futae/shusei

 

タウン形成外科クリニック

http://www.keisei.ne.jp/

 

 

 

他院での目頭切開後を元に戻す古川法は、皮膚をV-Yに縫い合わせることで同時に傷跡も隠せます。

ただ、患者さんのなかには、目頭の形はこのままで、傷跡だけなくしたいというお悩みの方もいらっしゃいます。特に、目頭切開を受けてせっかく平行型にしたので、やはり末広型には戻したくないというご希望があるようです。

残念ながら、古川法で全く形を変えないわけにはいかないので、なるべく変化を小さく、しかし、悩みの原因となっている傷跡は隠さなければいけないのでそのあたりの調整は難しいのですが、手術中に身体を起こして鏡で確認していただき、気になる傷が確実に隠れているか、また、目頭をどこまで戻すか(戻さないか)、を患者さん自身に十分に納得していただくことができます。

 

20代の方で、数年前に目頭切開を受けたのですが、傷跡が気になり、韓国で修正をしてもらったら、さらに目立ってしまったというお悩みです。

 

 

特に右のへこんだ傷跡が目立ちます。

 

左も傷跡が目立ちます。


それでは私が行った古川法による修正手術の術後結果(4か月後)をお見せします。

 

修正手術前

                  ダウン

 

修正手術後

 

平行型を残しながらも、傷跡は隠すことが出来ました。

それでは、かなりアップの写真にしてみましょう。

 

修正手術前

                   ダウン

 

修正手術後

 

 

修正手術前         

                   ダウン

 

修正手術後

 

 

目頭切開他院修正手術(古川法)は、日帰り手術で局所麻酔、時間は40~50分ほどです。リスクや合併症は左右差、内出血、瘢痕などです。治療費用は修正内容により変わりますが、この方の場合は400,000円です。
 

モニタ―(割引があります)ご希望の方はクリニックまでご相談ください。

 

 

目頭切開の他院修正はこちら

 

 

 

 

タウン形成外科クリニック

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今回も目頭切開後の修正手術についてです。

目頭切開後を元に戻す古川法は、皮膚をV-Yに縫い合わせることで同時に傷跡も隠せるという話をこのブログでも何度か書いてきました。

 

この方は20代で、5年前に切開法の二重まぶたと同時に目頭切開を受けたということでしたが、左目頭の、食い込みのような傷跡を無くしたいというお悩みでした(患者さんの希望で左目だけをお見せしています)。

 

 

 

ご相談にいらっしゃる患者さんの多くに、このような傷跡を見かけます。

二重切開法と目頭切開の手術を同時に行うことは、デザインのバランスを考えてもいいことだと思うので、私もよく同時手術を行いますが、気をつけなければいけないのは、二重の切開(全切開)によって、縫い合わせることによるテンション(引っ張られる程度)がそれなりにあるので、目頭の縫合を丁寧に行わないと、目頭の縫合部に負担がかかり、術後に、徐々に傷が広がってしまい、このような傷跡になってしまうリスクがあるのです。この傷跡を見る限り、目頭切開を、Z法や内田法ではなく、単純に切除して縫い合わせるだけの、50年以上前に報告されたArlt法だと思いますが、この方法は、その後もいろいろな医師の報告でも推奨はされてきませんでした。

 

この方は、目頭の開き具合はなるべく変えたくないというご希望でしたので、傷が隠れる必要最小限の古川法で行いました。それでも、平行型が末広型になるのは、この手術では(本来はそれが目的ですから)致し方ないことと、ご理解、ご了承いただいたうえで、手術中に実際に鏡で見ていただきながら、戻し具合を調整しました。

 

それでは術後結果をお見せします。

 

修正手術前

                  ダウン

 

修正手術後

 

修正手術前

        ダウン

 

修正手術後

 

術後3か月なので、傷の周囲がややピンクがかってていますが、もちろん、もっと目立たなくなっていきます。

 

 

 

 

 

目頭切開他院修正手術(古川法)は、日帰り手術で局所麻酔、時間は40~50分ほどです。リスクや合併症は左右差、内出血、瘢痕などです。治療費用は修正内容により変わりますが、この方ように片側のみの場合は240,000円です。


 

モニタ―(割引があります)ご希望の方はクリニックまでご相談ください。

 

 

目頭切開の他院修正はこちら

 

 

 

 

タウン形成外科クリニック