数年前に他院で豊胸手術を受けた方です。乳腺下に325mlのシリコンを入れてもらったそうです。

 

NEW  https://www.keisei.ne.jp/photograph/cat62/jutuzenn.html

 

左のバストはきれいですが、右はバストの下(乳房下縁)の形がいびつで、全体的に硬く被膜拘縮を起こしています。患者さんは形を整えるとともに、出来ればもっと大きくしたいというご希望がありました。

修正手術では、まず他院でのシリコンを取り出し、左はより大きなシリコンを入れるために、右は大きいシリコンと被膜拘縮を解除するために下方向を中心に、慎重に剥離してスペースを作り、手術中に大きさと動きをご本人に鏡で直接確認していただきながら、新たに乳腺下に375mlのソフトコヒーシブシリコンを挿入しました。

結果は軟らかさ、位置、形ともに自然になりました。

 

それでは結果をお見せいたします。

 

NEW  https://www.keisei.ne.jp/photograph/cat62/post-78.html

 

ちなみに、硬い被膜拘縮が起きている場合に被膜を内部から壊して大きなスペースを作ると、当初は今までの硬い被膜と新しい柔らかい被膜との境目が段差になることがあります。

これをDouble bubbleと呼んでいますが、この方も術後1か月の時点ではそれが見られました。

 

NEW  https://www.keisei.ne.jp/photograph/cat62/post-79.html

 

患者さんとしては、このまま段差がなくならなかったら・・・と不安になられるのですが、ご安心ください、私の経験上は半年から長くても1年でほぼ目立たなくなっていきます。

 

NEW  https://www.keisei.ne.jp/photograph/cat62/post-80.html

 

最後に取り出したシリコンをお見せいたします。

 

 

 

他院で受けた豊胸手術で取り出したシリコンは、私が信頼して20年以上使用しているEurosilicone社製のソフトコーシブシリコン325mlでした。破損がないことはもちろん、他社のシリコンでよくありがちな、取り出してみて触ってはじめてわかるようなシリコンジェルの染み出しも全くありませんでした。

やはり私はEurocilicone社製シリコンを最も信頼しています。

 

この修正手術は日帰り手術で硬膜外麻酔と鎮静剤で行っております。リスクや合併症は再度の被膜拘縮や変形、出血、感染などです。

治療費用の目安は900,000~1,200,000円です

 

私どもの豊胸他院修正術についてです

http://www.keisei.ne.jp/bust/shusei/

 

 

タウン形成外科クリニック

 

今回は脂肪吸引についてです。

30代の男性で、身長は180㎝近くあり、体重は一時98㎏あったそうですが、現在は90㎏で、それ以下にはなかなか下がらないのでダイエットのきっかけづくりとして、脂肪吸引をお受けになりたいとのことでした。

 

 

お腹まわりの脂肪もそうですが、胸部にも脂肪がついて女性のような胸(女性化乳房)になってしまっているのも悩みだとのことでした。

 

手術はもちろん日帰り手術で、胸部及び腹部全体の脂肪吸引です。

硬膜外麻酔および鎮静剤を使用して、患者さんはストレスなく無事に終えることが出来ました。

脂肪の吸引量は1450mlでした。

 

それでは3か月後の結果をお見せいたします。

 

手術前

                 ダウン

 

手術後

 

 

 

手術前

                 ダウン

 

手術後

 

 

 

手術前

                  ダウン

 

手術後

 

 

 

手術前

                   ダウン

 

手術後

 

 

 

手術前

                  ダウン

 

手術後

 

かなりすっきりしたのがわかると思います。

吸引により脂肪細胞の絶対数が少なくなればさらにダイエットもしやすく、リバウンドも少なくなります。

 

脂肪吸引のリスクや合併症は凹凸、しびれ、内出血、感染などです。

治療費用の目安はこの方のような場合、500,000~750,000円です

 

 

私どものクリニックの脂肪吸引術のページです。

http://www.keisei.ne.jp/soushin/

 

タウン形成外科クリニック

 

 

 

 

60代半ばの男性です。

約10年前に二重のたるみ取り手術をする際に上まぶたに脂肪注入を受けたとのことです。なぜ脂肪を入れたのかは定かではありませんが、年齢とともにくぼみ目(Sunken eyeといいます)になっていたのかもしれません。

ところが、注入された脂肪が多く、さらに皮下の浅い部分に入ってしまっているために、ご覧のように他人が見ても明らかな大きなしこりとなっています。さらにまぶたが重くなってしまい、目が開けづらいというお悩みがあります。

 

他院での脂肪注入後

まぶた重く開けづらい状態になっています。

 

他院での脂肪注入後

目を閉じると大きなしこりが明らかです。

 

これだけ大きい脂肪のしこりを取り除くには切開法が必要になりますが、実はそう簡単なことではありません。

まず、脂肪をすべて除去できるのかという問題があります。すべてを取り除こうとして周囲の組織と強く癒着している場合は、無理やり除去することで周囲の組織も取ってしまうことになり、不自然なひきつれやくぼみなど、予想外の変形も起こしかねません。

そのため、可能な限りのしこりを取り除くが、変形のリスクを考えて、若干の脂肪を残した状態にせざるを得ない場合があることを前もって患者さんにお話ししておく必要があります。それではしこりを一部残した場合のリスクは?というと、一時的な炎症や感染を起こすことはあるかもしれませんが、ご自分の注入脂肪が癌などになったりするリスクは報告されていないので、その意味では大きな心配はいらないと思います。

 

前回受けられた手術の傷のラインで切開、丁寧に剥離をして少しずつ注入脂肪のしこりを除去していく慎重な手術を行いました。

腫れがやや強く2~3週間としばらく長引きましたが、修正手術6か月後の検診にいらっしゃった時の写真をお見せします。

 

修正手術前

                  ダウン

 

修正手術後(6か月経過)

変形や不自然なひきつれもなくきれいになりました。まぶたがとても開きやすくなったとのことです。

 

 

 

修正手術前

                  ダウン

 

修正手術後(6か月経過)

傷跡も特に目立ちません。むしろキレイな1本のラインになったと思います。

 

 

 

修正手術前

                  ダウン

 

修正手術後(6か月経過)

 

 

 

修正手術前

                 ダウン

 

修正手術後(6か月経過)

 

 

 

修正手術前

                 ダウン

 

修正手術後(6か月経過)

 

 

 

修正手術前

               ダウン

 

修正手術後(6か月経過)

 

 

 

取り出した注入脂肪です。

一つ一つの粒が大きいのがわかります。注入後にお互いに固まって大きくなったのもあるかもしれませんが、注入の際の脂肪の大きさにより、しこりになりやすかったのだと思います。

 

 

二重まぶた、上まぶたの切開法や脂肪注入の他院修正手術は、日帰り手術で局所麻酔、時間は60~90分ほどです。リスクや合併症は左右差、不整ライン、内出血、感染などです。

治療費用は修正内容により変わりますが、300,000~600,000円です。

 

私どもの他院術後二重まぶた修正手術のページです

http://www.keisei.ne.jp/futae/shusei/

 

 

タウン形成外科クリニック

 

数年前に他院で切開法による二重の手術を受けたとのことですが、二重ラインがはっきりしないのと睫毛との間の皮膚がだぶついているのが気になるとのことで修正を希望されていらっしゃいました。

 

他院で受けた二重切開法術後

 

右は二重のラインが十分に出ていないで薄く、左は二重はそれなりに出ているものの、二重ラインと睫毛の生え際に挟まれた皮膚が余ってたるんでいます。

 

まぶたの皮膚の余り(黄色の矢印に挟まれている部分)

 

私のブログでも何度か取り上げていますが、切開法の手術の場合、二重ラインと睫毛の生え際(瞼縁)の間に挟まれた皮膚の処理はとても重要です。

埋没法では皮膚も皮下組織も切除したり除去したりすることは一切なしに二重を作るため、皮膚の余りやたるみが出るのは仕方ないですが、切開法でこのような結果では、患者さんにとって、腫れたり内出血したりというダウンタイムを我慢されて手術を受けたかいがありません。

 

それではどのように解決したらいいのでしょうか?

二重の切開の手術前に患者さんとデザインのシミュレーションをするにあたって皮膚のたるみ特に睫毛に被っているたるみが無いかを観察します。睫毛が下向きになっているほどのたるみがあれば、ブジーというシミュレーション用の細い針金でたるみをたくし上げてみて、患者さんの理想のイメージになるかを確認してみます。その時点で患者さんにご納得いただけると、手術にあたってたるみの処理が必要なことが分かるのです。皮膚のたるみというと二重のラインより上にかぶさったたるみを切除すると考えがちですが、実は二重ラインより下のたるみも二重まぶたをきれいに仕上げるには重要なのです。

 

それでは修正手術前後の写真をお見せいたします。

修正手術前

                  ダウン

 

修正手術後

 

 

 

修正手術前

                 ダウン

 

修正手術後

 

 

 

修正手術前

                  ダウン

 

修正手術後

 

 

 

修正手術前

                 

                  ダウン

 

修正手術後

黄色い矢印に挟まれた部分がすっきりしてきれいな二重になりました。

 

 

二重まぶた(切開法)他院修正手術は、日帰り手術で局所麻酔、時間は60~90分ほどです。リスクや合併症は左右差、内出血、感染などです。

治療費用は修正内容により変わりますが、300,000~500,000円です。

 

私どもの他院術後二重まぶた修正手術のページです

http://www.keisei.ne.jp/futae/shusei/

 

 

タウン形成外科クリニック

 

 

 

 

 

 

今年も各地で他院術後修正の無料相談会を行ってきました。

来年も多くの患者さんのお悩みをお聞きして、解決の手助けになればと思います。

 

今年最後の名古屋の相談会は12月2日(日)に上先生が、来年の3月10日(日)は私が名古屋での無料相談会を行います。

 

※12月と3月は開催場所が異なります。ご注意ください。

 

他院術後無料相談会 

2018年12月2日(土曜日) 上 茂 医師

     


 

場所:名古屋東急ホテル(栄駅徒歩5分)

時間: 12月2日(日)11時から17時まで

 

****************

 

他院術後無料相談会

2019年3月10日(日曜日) 石原 信浩 医師

 

 

場所:TKPガーデンシティPREMIUM名古屋ルーセントタワー(名古屋駅徒歩5分)

時間:3月10日(日)11時から17時まで

 

     ******************

 

相談形式:プライバシーを考慮した個別相談 (女性の医療スタッフが立ち会います)

 

担当医師:

2018年12月2日(日)上 茂

2019年3月10日(日)石原 信浩

 

相談内容:他院でお受けになられた手術後の修正の相談

 (石原は上・下まぶた、目頭、豊胸、 Dr上は二重まぶたに限ります)

当日はご相談のみで、治療は受けられません

 

相談料:無料

 

予約方法:メールまたはお電話による完全予約制です

       予約をされていない方の当日の受付はできません

 

お問い合わせ先:タウン形成外科クリニック

 

電話 : 0120-107-286

    (上医師もしくは石原医師の名古屋他院術後無料相談会の件で、とお問い合わせください)

 

相談予約フォーム

http://www.keisei.ne.jp/shuseisenmon/reserve/

 

 

他院術修正の無料相談会について 

http://www.keisei.ne.jp/shuseisenmon/osaka.html