Dolphin’s Holiday

Dolphin’s Holiday

どるふぃんの休日の出来事、スキューバダイビング・ドルフィンスイム・舞台観劇・イベント・ウォーキングなどなど

今後の予定

◎スクーバダイビング
国内
未定

海外
未定

◎ドルフィンスイム
未定

◎演劇鑑賞
『エドワード8世からのラブレター』@四谷Gallery-O10/Le-Chateau 11/26(土)~12/18(日)
『ワスルカ』@テアトルBONBON 11/30(水)~12/4(日)
『つなげてくれたのは、いつも君だった』@シアターKASSAI 11/30(水)~12/4(日)
『マジの宅急便』@シアター・アルファ東京 11/30(水)~12/4(日)
『冬物語』@浅草九劇 11/30(水)~12/4(日)
『火消しの辰と瓦版屋の娘』@築地本願寺ブディストホール 12/1(木)~12/4(日)
『日本人のへそ』@東京芸術劇場 シアターウエスト 12/1(木)~12/11(日)
『松戸卍上等』@大塚ドリームシアター 12/3(土)~12/8(木)
『IKKAKU』@πTOKYO 12/6(火)~12/11(日)
『まどろみのゆりかご。』@高田馬場ラビネスト 12/7(水)~12/11(日)
『うわつら』@駅前劇場 12/7(水)~12/11(日)
『十年希望』@オメガ東京 12/7(水)~12/12(月)
『25Magic』@三越劇場 12/10(土)~12/19(月)
『朝霧青葉一座巡行記』@テアトルBONBON 12/13(火)~12/18(日)
『こんな夜の唄』@APOCシアター 12/13(火)~12/18(日)
『ライダースバラッド』@πTOKYO 12/13(火)~12/22(木)
『ある母の記録』@コフレリオ新宿シアター 12/14(水)~12/18(日)
『ピーチの果て、ビーチのアビス、つまりはノーサイド』@サンモールスタジオ 12/15(木)~12/21(水)
『東京キャラバン』@池袋西口公園野外劇場グローバルリングシアター 12/16(金)・17(土)
『30分でわかるハムレット』@Mixalive TOKYO 12/18(土)・22(木)
『30分でわかるマクベス』@Mixalive TOKYO 12/21(水)
『テムとゴミの声-第1章ゴミのサーカス団』@小劇場楽園 12/21(水)~12/25(日)
『Annie,Get Your Freedom』@築地本願寺ブディストホール 12/22(木)~12/26(月)
『明治座でどうな・る家康』@明治座 12/23(金)~12/26(月)
『空の匣庭』@六行会ホール 12/23(金)~12/27(火)
『リベルテ Vol.22』@本所松坂亭劇場 12/23(金)~12/31(土)

2023年

『嘘つき』@すみだパークシアター倉 1/18(水)~1/22(日)

◎ライブ
『ニューヨークでswingしよう!』@ブルーノート東京 3/19(日)~3/21(火祝)

◎イベント
『チュバチュバワンダーランド キャプテン☆C』

◎ウォーキング
第18回伊豆急全線ウォーク 全コース完歩!
Aコース 完歩
Bコース 完歩
Cコース 完歩



予定のない日に高尾山!行けたら陣馬山!!

カラスカ公演

 

『マジの宅急便』を観てきました目

 

場所はシアター・アルファ東京

 

 

 

 

劇場で購入したグッズ

 

公演パンフレット ¥2,000

 

ブロマイド(4枚1組) ¥1,000

 

サイン入りチェキ ¥1,000

 

 

 

上演時間 : 約2時間 (途中休憩なし)

 

 

 

【アウトライン】

 

魔法界から人間界で暮らす為に試験的に日本に帰って来た宮崎ココ。

試験内容は魔女だとバレないことと、人の為に役に立つこと。

ココは父の知り合いがやっている「マジデリバリー」という会社で働くことになる。

マジデリバリーの仕事は人をマジにさせること。

それは人の役に立つことだと頑張ることにしたココだが、依頼相手はアンドロイド研究所だったり、悪役令嬢だったり、変な生徒を受け持つ教師だったりと一筋縄ではいかない感じ。

そこにココの魔法がさらなる騒動を巻き起こし、他の魔女やサメな人まで現れて、

てんやわんやのワッショイワッショイな感じに、

果たしてココの魔法とマジは人々を幸せにすることが出来るのか。

 

カラスカが贈る魔法とSFとサメが融合した、

落ち込んだりもした人に元気になって貰えるような作品を目指した

マジで意味わかんないかもしれないマジドタバタマジドタバタコメディ。

 

 

【キャスト】 (以下敬称略)

 

中村裕香里 : 宮崎ココ、魔法学院の魔女
高橋明日香 : サミー、アンドロイド
林千浪 : 中松栗江、天才科学者
結城美優 : メカ美、アンドロイド

播磨かな : 大芝星来、連邦軍と戦闘中

大野清志 : 真嶋剣、マジデリバリーの社長

はらみか : シャーク鮫島、サメ
隅田滉太郎 : 頓野勝平、マジデリバリー社員
永瀬がーな : 本木あかり、マジデリバリーの社員
滝川華子 : 戸越ビクトリア、悪役令嬢
永田祥子 : 手塚シャーロット、純粋令嬢
水川華奈 : 二ノ宮トリスタン、騎士
川瀬駿平 : 浅野誠、不良

ぴんきゅ : 中松朋恵、教師
峰之 : 中松発造、松菱グループ会長

名嶋あゆみ : 伴由利、伴研究所の所長
佐瀬清隆 : 中松英斗、研究者
大仲マリ : マリフィセント、魔女
小澤暢子 : ドラ、使い魔
久高将史 : じじぃ、使い魔

 

 

【感想】

 

カラスカ公演の観劇は5公演目でしたビックリマーク

内容はアウトラインに書いた通りですが

日本にやって来た魔女が人をマジにするために奮闘する物語でした

某有名アニメの物語とはまったく掠ることがない内容でしたねあせる

マジでいっぱい笑ったし、マジでちょっと感動もしたよ

マジ面白かった~爆  笑

 

 

 

 

この公演は明日(12/4)が千穐楽です

興味のある方は是非ビックリマーク

 

 

 

 

終わりドキドキ

マチネの続き・・・

 

恵比寿へ観劇しに行きました

 

その前に恵比寿駅の近くにある『一福』に入りました

 

 

定番セットにしました

このお店は食券を買います

 

定番セットは温かけうどん、とり天、ちくわ天、おかかご飯のセットです

讃岐うどんなので麺がモチモチでしたね

結構ボリュームがありましたよ

でも美味しく完食しました照れ

 

 

 

 

 

 

 

ソワレ観劇に続く・・・ドキドキ

ガチャ×2企画 第①回本公演

 

『つなげてくれたのは、いつも君だった』を観てきました目

 

場所はシアターKASSAI

 

 

 

 

チケット受け取り時に先行特典をいただきましたビックリマーク

 

推しキャストのブロマイドです爆  笑

 

 

 

劇場で購入したグッズ

 

公演パンフレット ¥2,000

 

ブロマイド(3枚1組) ¥1,000

 

サイン入りチェキ ¥1,000

 

 

 

 

上演時間 : 約1時間40分 (途中休憩なし)

 

 

 

【アウトライン】

 

この物語はとあるワンちゃんの大好きな家族の話

 

 

【キャスト】 (以下敬称略)

 

《Aチーム/Bチーム》

柴田茉莉/夢月 : 桜井えみ

坂内勇気/東城貴之 : 桜井忠

だんしんぐ由衣/だんしんぐ由衣 : チャチャ

南名弥/南名弥 : ミセス皇

蜂巣和紀/蜂巣和紀 : 福田勝

柳瀬晴日/夏陽りんこ : 福田結喜

谷澤翼/結城航星 : 長谷川一

花崎那奈/波崎彩音 : 末広円

野田佳菜子/新木美優 : 桂凪

岡田千優季/こうのゆうか : 小鳥遊葵

 

 

【感想】

 

ガチャ×2企画公演の観劇は3公演目でしたビックリマーク

内容はアウトラインに書いた通りですが

とある喫茶店を舞台にしたワンちゃんの大好きな家族と仲間たちの物語でした

笑いあり涙ありのホントいいお話だったよ

メチャクチャ感動えーん

動物好きな方やペットを飼ってる方、飼った経験のある方は

特に感情移入が激しくなるかもニヤリ

メッチャ面白かったですビックリマーク

 

カーテンコールはダブルでした!!

 

 

 

この公演は明日(12/4)が千穐楽です

興味のある方は是非ビックリマーク

 

 

 

ディナーに続く・・・ドキドキ

今日はマチソワ観劇してきました

 

まずはマチネから・・・

 

 

池袋へ観劇しに行きました

 

その前に池袋駅東口の近くにある『ダンダダン』に入りました

 

 

肉汁焼餃子定食を注文しましたビックリマーク

 

温泉玉子とスープが付いてました

焼餃子はホントに肉汁たっぷりでしたね

下味が付いてるのでタレなしでいけました爆  笑

メッチャ美味しかったです照れ

 

 

 

 

マチネ観劇に続く・・・ドキドキ

劇団6番シード 第75回公演

 

『火消しの辰と瓦版屋の娘』を観てきました目

 

場所は築地本願寺ブディストホール

 

 

 

 

ロビーにはサイン入り応援ポスターを持ったキャストの写真がいっぱい飾られてましたビックリマーク

 

自分が贈ったものですラブ

残念ながら体調不良で出演が叶わなかったあゆみんです

 

 

 

劇場で購入したグッズ

 

公演パンフレット ¥2,000

 

ブロマイド(2枚1組) ¥500

 

A4ブロマイド ¥1,000

 

サイン入りチェキ ¥2,000

 

 

 

 

上演時間 : 約1時間55分 (途中休憩なし)

 

 

 

【アウトライン】

 

「表も裏も同時に解決してみせませう!」
あの名物瓦版屋の娘が帰ってくる!『同時刻同時進行コメディ』という新ジャンルで旋風を起こした「なまくら刀と瓦版屋の娘」の面々が新たな事件に挑む!今度の舞台は『巡業大衆芝居の表と裏』開演半刻前から起こった珍妙な出来事の数々を、皆様とくとご覧あれ!

 

 

【あらすじ】

 

[一景 〜お玉に子供が生まれて大騒ぎの巻〜」
旅籠町「極嵐(ごくらん)」で、大衆芝居興行があると聞き、取材にやってきた瓦版屋の娘「お紙」。花街の遊女達や幼馴染の三平太などが出演するということもあり、仮設の見世物小屋の客席は大賑わい。しかし開演時刻になっても芝居は始まらない。その時、舞台の裏側で女の悲鳴が聞こえるが…。
 
[二景 〜火消しの辰が清水の舞台から飛び降りるの巻〜]
同じ時刻の舞台裏。座長の佐次郎は慌てていた。一座の看板俳優で主演の男の姿が消えていたのだった。佐次郎は急遽、見回りに来ていた極嵐の火消し屋、辰を主演に幕を開けようと画策する。その時化粧部屋から主演女優、蟋蟀(こおろぎ)の悲鳴が聞こえるが…。

 

 

【キャスト】 (以下敬称略)


椎名亜音 : お紙(おかみ)

旅籠町「極嵐」で暮らす瓦版屋の娘。行動的でアグレッシブな女性。神社の境内で行われる旅一座による大衆歌舞伎の取材にやってきた。

 

鵜飼主水 : 火消しの辰(たつ)

極嵐の火消し屋。見回りにやってきたところ、事件に巻き込まれ大衆歌舞伎に上がることになるが・・。


藤堂瞬 : 別候(べっこう)

お紙(おかみ)の幼馴染。昼行灯で男色の刀鍛冶屋。大衆歌舞伎に出演することになり興奮している。

 

若林倫香 : お玉(おたま)

椎名演じるお紙(おかみ)の友人の町娘。結婚している。赤子を抱えながら大衆歌舞伎を観にやってきた。


丸山正吾 : 佐次郎(さじろう

「行楽園」の座長で作家。飄々とした佇まいだが、中間管理職的な小物感もただよう。

 

塩崎こうせい : 二奏屋(にそうや)

「行楽園」の俳優。座長の佐次郎と一緒に古くから旅一座をやっているベテラン俳優。豪胆で大雑把な性格。

 

那海 : 蟋蟀(こおろぎ)

「行楽園」の看板女優。プライドの塊で気が強く気難しい性格。劇中でヒロインのお八を演じる。

 

エリザベス・マリー : 満久蘭(まくらん)

「行楽園」の女優。きっぷは良いが、慌て屋でちょいちょいポカをする。劇中劇で花街の元締めである花車(かしゃ)を演じる。

 

小沢和之 : 楽市(らくいち)

瓦版屋の隣の茶屋主人。大衆歌舞伎の客席でひともうけしようとたくらむダメ店主。

 

小島節子 : お末(おすえ)

楽市の妻。楽市と共に団子売りにやってきたが、男役者にのぼけて商売そっちのけ。


浮谷泰史 : 三平太(さんぺいた)

お紙の幼馴染の豆腐屋。別候と同じく大衆歌舞伎に出演することになり緊張している。

 

真野未華 : お炊(おたき)

お紙(おかみ)の友人。長屋で煮売り屋(惣菜屋)をしている。ちゃきちゃきの江戸っ子で変わり者。

 

オオダイラ隆生 : 鈴霧(すずきり)

「行楽園」の男化粧師。寡黙で切れ者の職人気質。中性的でユニセックスな謎の男。

 

守上慶人 : 水戸丸(みとまる)

芝居一座「行楽園(こうらくえん)」の見習い俳優。若くてパワーが有り余ってる感じの熱い男。劇中劇では斬られ役などたくさんの役を兼ねている。

 

千歳ゆう : 佐々芽(さざめ)

大衆歌舞伎に出ることになった遊女。気が強いようで緊張しいの小心者。


近石日奈 : 著々里(ちょちょり)

花街の若手遊女。まだキャリアの浅い若い子。故に天衣無縫の言動で周囲を困らせる。


藤沼美昇 : 吐路(とろ)

「行楽園(こうらくえん)」の丁稚。女優に憧れている女の子。引っ込み事案で行動もトロい。蟋蟀の付き人でいつも怒られている。

 

樋口靖洋 : 丸陳(まるちん)

極嵐の悪徳奉行人。この興行を取り仕切り小金を稼ごうとしている。

 

宇田川美樹 : 飛蛾(ひゅうが)

花街を取り仕切る花車(かしゃ)。花街の遊女の顔見せの為、大衆歌舞伎にマネージャーのようにしゃしゃり出る。

佐藤修幸 : 新元(しんげん)

お紙(おかみ)の叔父。瓦版屋。別の事件の取材をしているはずだったが、その別の事件も追ううちに大衆歌舞伎の舞台裏の小屋にやってくる。

 

 

【感想】

 

劇団6番シード公演の観劇は

内容はアウトラインに書いた通りですが

旅籠町を舞台に大衆芝居興行で起きた騒動を描いた物語でした

同時刻同時進行コメディは斬新だね

前半は舞台の表側で起きたことをやってから

後半は舞台の裏側で起きたことをやるって感じ

種明かしを観てるようで楽しかったです爆  笑

 

そして驚いたのはやっぱりエリザベス・マリーさんの仕上がり具合ですね

1日だけの稽古からの場当たり、ゲネプロで完璧に演じてましたねびっくり

メチャクチャ凄いです!!

 

 

 

カーテンコールでは撮影会イベントがありました爆  笑

 

《女性キャスト》

 

《男性キャスト》

 

《オールキャスト》

いっぱい撮ってやったぜニヤリ

 

そして、カーテンコールはダブルでした!!

 

 

 

 

この公演は12/4(日)までやってます

興味のある方は是非ビックリマーク

 

 

 

 

終わりドキドキ

マチネの続き・・・

 

築地へ観劇しに行きました

 

その前に築地駅の近くにある『笹岡らーめん』に入りました

 

 

塩ワンタンメンにしました

このお店は食券を買います

 

スープは親鶏と魚介のダブルスープ

麺は普通の太さのちぢれ麺でした

チャーシューが醤油で煮込んだコリコリした食感のと蒸したようなのと2種類

鶏ワンタンは大きめのが2個入ってました

メッチャ美味しかったです照れ

 

 

 

 

ソワレ観劇に続く・・・ドキドキ

イマーシブ演劇

 

『エドワード8世からのラブレター~マルゲリッツ・アリベールは、有罪か、無罪か?』を観てきました目

 

場所は四谷Gallery-O10/Le-Chateau

 

 

 

 

まずは受付で抽選特典をいただきましたビックリマーク

 

推しキャストブロマイドですニコニコ

 

 

 

劇場で購入したグッズ

 

公演パンフレット ¥1,000

 

ブロマイド(2枚1組) ¥500

 

 

 

上演時間 : 約1時間 (途中休憩なし)

 

 

 

【アウトライン】

 

娼婦は夫を本当に殺したのか、判決を決めるのは観客のあなた!

イマーシブ演劇とは
-IMMERSIIVE-


ロンドンから始まった“没入型演劇作品”の総称です。

これまでの「観客が客席に座って、舞台上の俳優を鑑賞する」という常識を壊し、
フィクションの世界に飛び込んで、新たな作品と観客の関係性を作り出す公演となっております。
本日行われる裁判では、お客様に陪審員として参加していただきます。
豪奢なホテルをお楽しみいただきつつ、被告人が有罪か無罪かのご判断をお願いいたします。

 

 

【あらすじ】

 

20世紀初頭の、実話である。

大富豪や王族の相手をし続けた、美しき高級娼婦=マリー。
マリーは、エジプトの富豪である夫を、銃で殺した。
事件現場はロンドン・サヴォイホテル。嵐の夜だった。

本公演は、その裁判です。
この裁判に、皆さまを陪審員としてお呼び致します。

マリーは明らかに有罪でした。
けれど、そこに届いた一通の手紙。
これがすべてをひっくり返す。

手紙の中身は、いったい何なのか!?
有罪か無罪かを決めるのは、あなたです!

 

 

【キャスト】 (以下敬称略)

 

大野瑞生/●鎌苅健太 : マーシャル・ホール

涼本奈緒/●結木ゆな : マリー・マルゲリッツ・アリベール

板橋廉平 : パーシヴァル・クラーク

永田耕一 : リグビー・スウィフト

●野島透也/松岡拓弥 : サイエッド・アイナニ

竹林史絵/●柚木美咲 : ビーティ

●田邊謙/渡部哲成 : グロス警部補

安藤慶一 : アリ・ファーミー・ベイ

●中村碧十/那須一南 : エドワード8世

ナオミ希恵 : メイド

 

《サックス奏者》

●中村有里/小野あずさ

 

 

【感想】

 

内容はあらすじに書いた通りですが

大富豪の夫を銃殺した高級娼婦の裁判の様子を描いた物語でした

観客が陪審員になって参加する舞台でしたよ

椅子があるので座っててもいいですが裁判中は移動が自由なので

いろんな角度から観るのも楽しいかも

って後半気付いて動いてみました爆  笑

最後に有罪か無罪か投票するんですが結果は無罪になりました

これは有罪の場合も観てみたいですねニコニコ

メッチャ楽しかったですビックリマーク

 

終演後、舞台セットの撮影がOKでした!!

(おさわりはNGです)

 

投票結果ですニコニコ

 

永田さんが座ってた椅子です爆  笑

 

 

 

 

この公演は12/18(日)までの金・土・日曜日にやってます

興味のある方は是非ビックリマーク

 

 

 

 

ディナーに続く・・・ドキドキ

今日はマチソワ観劇してきました

 

まずはマチネから・・・

 

 

曙橋へ観劇しに行きました

 

その前に曙橋駅の近くにある『山さき』に入りました

 

 

ミックス定食を注文しましたビックリマーク

 

串カツ、海老フライ、アジフライのセットでした

ころもサクサク、なかホクホクでしたね

メッチャ美味しかったです照れ

 

 

 

 

 

マチネ観劇に続く・・・ドキドキ

観劇予定の舞台の情報です

 

 

朝プロ×Mixalive TOKYO 第2弾

 

『朝シェイクスピア~30分でわかるマクベス~』が

 

12月18日(日)・22日(木)の日程で上演されます

 

 

 

 

朝プロ×Mixalive TOKYO

朝シェイクスピア

30分でわかるハムレット

 

2022年1月8日(土)・9日(日)・22日(土)・23日(日)

Mixalive TOKYO

 

 

「朝、心を起こす贅沢体験」をご堪能あれ!

2022年12月からロングランの朝シェイクスピア第二弾は「ハムレット」。

狂気を演じる孤独な青年の悲劇をどうぞご覧ください。

 

◆「朝シェイクスピア」とは◆

名前は知っているけれど少しハードルを感じるシェイクスピア作品を
手軽に、でも本格的に楽しんでいただくことを目指す。
少しハードルを感じるシェイクスピア作品を
公演には食事と飲み物がつき、朝ごはんのついでに演劇を見るような
感覚でお楽しみいただけます。

 

◆出演◆

末原拓馬/横井翔二郎 : ハムレット

大久保桜子/春名風花 : オフィーリア

宮里ソル(円神)/レノ聡 : レアティーズ

宮原奨伍/野村龍一 : ポローニアス

鈴木彰紀 : ホレイショー

岩井七世/真以美 : ガートルード

萩野崇/河内大和 : クローディアス

 

◆スタッフ◆

作:ウィリアム・シェイクスピア

翻訳:松岡和子

脚色:岡本貴也

演出:河内大和

 

主催:朝シェイクスピア製作委員会

総合プロデュース:野村龍一

製作:松下卓也、寺地真一

プロデューサー:山谷奈久留、寺地真一

アシスタントプロデューサー:糟谷咲貴子、松下知夏、穗積凛太朗

制作:朝プロダクション

製作:講談社、アシタへ

宣伝・広報:高宮果恋

スタイリスト:KIPSSO(THEKILLER)

演出助手:鈴木彰紀、小田伸泰

宣伝美術:渡邉寛翔

制作:中山みずき、三浦音々、畠山公志

稽古場協力:渡部哲成

 

協力:

&Co. 天才劇団バカバッカ

朝劇 丸の内

G.Garage///

アクロスエンタテイメント

アストラル

イトーカンパニー

円神(Showtitle)

青年座映画放送

HI RANK INDUSTRIES

フリップアップ

 

◆日程◆

2022年12月

18日(日) 9:00開場 9:30開演

22日(木) 19:30開場 20:00開演

※公演時間は30分を予定しております

 

◆劇場◆

Mixalive TOKYO ”Hall Mixa"

〒170-0013 東京都豊島区東池袋1-14-3

https://mixalive.jp/

 

◆チケット◆

(全席指定・税込)

食事・ドリンク付き \4,000

食事なし ¥3,500

《予約サイト》

https://t.livepocket.jp/t/30m_shakespeare

 

◆お問い合わせ◆

朝プロダクション

https://asa-production.jp/hamlet/

※サイト内に問い合わせフォームがあります

観劇予定の舞台の情報です

 

 

藍澤慶子さんが出演する舞台

 

キ上の空論#17 狂愛と共生の3部作第3弾

 

『ピーチの果て、ビーチのアビス、つまりはノーサイド』が

 

12月15日(木)から12月21日(水)の日程で上演されます

 

 

 

 

キ上の空論#17 狂愛と共生の3部作 第3弾

ピーチの果て、ビーチのアビス、つまりはノーサイド

 

2022年12月15日(木)~21日(水)

サンモールスタジオ

 

 

私はフィリピンで生まれました。
父は日本人で、母がフィリピン人です。2人は私をうまく育てられませんでした。
最初は祖父母が私の面倒を見てくれたのですが、それも3歳までで、そこから日本に移住しまして、なのでそれからはもう大変でした。育児放棄といいますか、父からはもちろん、母からもかなり虐待されてまして、とにかくもう、生まれてこなければ良かったと、幼い頃の記憶はそればかりです。
家も貧しく、公共料金もまともに払えてなかったので、食事もまったくで・・賞味期限切れのコンビニ弁当とか、それはまだ全然いい方なんですけど、ゴミを漁って食べる日もよくありました。
・・で、まぁ、25歳の時ですかね、彼女と出会ったのは。SNSで。
なんというか、女神でしたよ、彼女は。
なんというか、彼女の為に生きようって、本気でそう思ったんですよ。当初は。

 

◆出演◆

※五十音順
《A》
朝倉真琴

荒木凪瑳

岩永光祐

川合凜

川鍋知記

Q本かよ
小林宏樹

渚まな美

松原怜香

三宅勝

山田梨佳

《B》
藍澤慶子

稲葉俊一

上野陽立

うさみみずほ

浦田すみれ

音羽美可子
佐瀬ののみ

さんなぎ

鈴木研

平田純哉

山本華

◆スタッフ◆
脚本・演出:中島庸介(キ上の空論)

音楽:堀山俊紀

舞台監督:住知三郎

照明:若原靖 
音響:水野裕・設楽明日花

舞台美術:愛知康子

衣装:梶山ゆめ乃

制作:吉田千尋(LUCKUP)
演出助手:保坂麻美子(キ上の空論)

宣伝美術:古戸森陽乃(かるがも団地)

フライヤー写真:早川佳郎

舞台写真:保坂萌

記録映像:川上ルイベ

プロデューサー:中島庸介(キ上の空論)
企画・製作・主催:キ上の空論

協力:
アイエス・フィールド

アニモプロデュース

ikihsot

埋れ木

MKroom

END es PRODUCE

株式会社オランウータン

かるがも団地

空間企画

第27班

TEAM HANDY

TWO-FACE

Dressers

Prelude

ひみつまたたき

不条理コントユニットMELT

ヘリンボーン

LUCKUP

 

◆日程◆

2022年12月15日(木)〜21日(水) 全14公演
15(木) 14:00(A)/19:00(B)
16(金) 14:00(B)/19:00(A)
17(土) 13:00(A)/18:00(B)
18(日) 13:00(B)/18:00(A)
19(月) 14:00(A)/19:00(B)
20(火) 14:00(B)/19:00(A)
21(水) 12:30(A)/16:30(B)
※ダブルキャスト
※受付開始は開演の45分前、開場は30分前になります

 

◆劇場◆

サンモールスタジオ

〒160-0022
東京都新宿区新宿1-19-10 サンモール第3M-B1
TEL:03-5367-5622 (事務所)

TEL:03-3350-0335 (劇場ロビー直通)
http://www.sun-mallstudio.com/
《アクセス》
東京メトロ丸ノ内線「新宿御苑前駅」2番大木戸門出口より徒歩3分。

 

◆チケット◆

(全席指定・税込)

一般 6,800円
U-25割 4,500円

※U-25割は一般販売のみ/専用URLあり/18歳〜25歳対象/当日精算のみ/枚数限定/座席選択不可/要身分証提示
※当日券は、各種プラス500円

《予約サイト》

https://www.confetti-web.com/detail.php?tid=69214&

 

◆お問い合わせ◆

LUCKUP

E-mail:contact@luckup.co.jp

TEL:03-6683-7879(平日10:00~18:00)