『日本一ソフトウェア設立25周年 全国キャラバン トークイベントvol.4』レポートっス! | 日本一ソフトウェア プリニーブログ
2018-06-05 11:11:50

『日本一ソフトウェア設立25周年 全国キャラバン トークイベントvol.4』レポートっス!

テーマ:イベント・キャンペーン

オッス!プリニーっス!

 

3月10日(土)に、

「日本一ソフトウェア設立25周年 全国キャラバン トークイベントvol.4」

が開催されたッス!!

 

このトークイベントの模様をお伝えするッスよーアップ

前回までは第1部・第2部を2回に分けてレポートしていたッスが、

今回はブログ掲載が難しいお話が多かったこともあり、
両部の模様を1回でお伝えさせていただきますッス!

 

過去のレポートはこちらからッス〜。

vol.1前半(夜廻シリーズ)https://ameblo.jp/disgaea/entry-12310052695.html

vol.1後半(夜廻シリーズ)https://ameblo.jp/disgaea/entry-12310183089.html

vol.2前半(流行り神シリーズ)https://ameblo.jp/disgaea/entry-12332821696.html

vol.2後半(クッキングファイター好)https://ameblo.jp/disgaea/entry-12332913311.html

vol.3前半(マール王国シリーズ)https://ameblo.jp/disgaea/entry-12354842283.html

vol.3後半(マール王国シリーズ)https://ameblo.jp/disgaea/entry-12354903595.html


 

トークイベント第4弾は、

『魔界戦記ディスガイアシリーズ』をフューチャーしたッスゲーム

会場となったのは日本一ソフトウェア25周年コラボカフェを開催していただいていた

プリンセスカフェ札幌館さんッス!

 

今回登壇したのはこの3人!

『魔界戦記ディスガイア5』ディレクター・松田岳久さん
『魔界戦記ディスガイア5』デザイナー・田島瑛一さん
『魔界戦記ディスガイア5』メインプログラマー・伊藤信さん
ディスガイアを開発するメインスタッフにお集まりいただいたッスアップ

 

松田さんはディスガイアナイトに出演されたこともあるッスが、

田島さん伊藤さんお客様の前でお話しするのは初めてとのことで

超レアメンバーキラキラでトークイベントをお送りしたッス音譜

(田島さん、伊藤さんは顔出しNGということで失礼いたしますッス)

恒例のかんぱーいからトークの始まりッス!

 

第1部ではディスガイア真面目がたり

第2部ではディスガイアぶっちゃけがたり

と称して様々な視点からトークしていったッスっよウインク

 

 

まず初めに、みなさんの経歴などをお伺いしたッス。

========

◆松田さん

社歴が長い松田さんはモバイルも含め様々なコンテンツに携わっていたそうッスよ。

ディスガイアには『3』からプロフラマーとしてシリーズに参加し、

『3 Retern』以降ではディレクターとしてシリーズ開発に携わっているッス。

学生時代は『ラ・ピュセル 光の聖女伝説』が好きで、『魔界戦記ディスガイア』が

発売された時には周りの友人に勧めまくっていたそうッス!

 

◆田島さん

入社してすぐ『4』にグラフィックデザイナーとして参加し、以降すべてのシリーズに携わっているッス!

日本の真ん中あたりで働きたいと思い、ディスガイアを開発している会社(日本一ソフトウェア)に応募したそうッス。

 

◆伊藤さん

入社後は『ビックリマン漢熟覇王 三位動乱戦創紀』などにプログラマーとして参加し、

『3 Retern』以降のシリーズ開発に携わっているッス。

入社以前から『ディスガイア』をやりこんでいたそうッス!

 

3人とも直近で発売されたタイトルでは『あなたの四騎姫教導譚』のお手伝いをしていて、

イベント開催時にはディスガイアのアプリ版開発に全力とのことッス!

========

 

 

第1部 ディスガイアができるまで

ディスガイアができるまでにどのような作業を行なっているか、フローの画像を見ながらお話ししたッス。
そのフローがこちらッス!

プ、プリニーも驚くほどのたくさんのお仕事があるッス〜〜ゲッソリ

ダイジェストでお話をお届けするッス!

========

・開発の始まりは新川社長から軽くお話があり、

 構想を頭の中で考えるなどなんとなーく動き出すそうッス。

 ディレクターはすべての工程に目をかけているそうッス。すごいッス!

・田島さんは主にキャラクター関連に携わっていて、キャラクターデザインの原田さんとの

 打ち合わせにも参加して案出しにも関わっているそうッス。

 打ち合わせしながらほぼデザインができちゃうキャラもいるそうッス!

・伊藤さんはシステム実装のプログラム面はもちろんのこと、

 汎用キャラクターのセリフなども考えたりしているそうッス。

 細かなテキストは様々なスタッフが作成していて、

 全社員にアイデアを募集したこともあったそうッス!

・3人とも開発期間で一番楽しいのは、開発序盤で色々とアイデアを出している時だそうッス!

 妄想は膨らむッスね〜。

・『5』ははじめ宇宙警察モノだったそうッス!
 そして、レッドマグナスさんはイケメンだったそうッスよ…!

・天平さんの音楽は基本的にリテイク無しの一発OKとのことッス。

・開発者が一人一人アイデアを出していくので、いつのまにかディレクターが

 把握していない仕様が実装されていたこともあるそうッス…!

========

ちなみに「このフロー通りに進行することばかりではないから大変」と

いうこともおっしゃっていたッス…ゲーム作りは大変ッス!

 

 

第1部 俺のこだわりを聞けー!

3人が開発するうえでこだわっていることをお伺いしたッス。

========

◆松田さん

・制作スタッフそれぞれが面白いと思うものを実装する
関わるスタッフみんながアイデアを出し合って制作しているそうで、
松田さんはもちろん、田島さん・伊藤さんも自分のアイデアが実装されているそうッスよ。
・快適操作(プレイヤーがゲームに待たされないように)

プレイヤーがゲームに待たされないように気をつけているそうッス。

・言葉遣い(わかりやすさ、語呂の良さ)

松田さん自ら文章に手を加えることも多々あるそうッス!

 

◆田島さん

・キャラのシルエット

バランスがよく収まりのいい、見やすいものを心がけてるそうッス。

・キャラの表情

顔の表情だけでなく、ポーズなど体の描き方なども意識しているそうッス。

・悪目立ちする要素

目を惹くパーツをあえておかしなデザインで作るなど

印象に残る部分・引っかかりを意図的に作るそうッス!

 

◆伊藤さん

・読みやすく、応用の効くソースコードを書くこと
自分以外の人が見てもわかりやすいコードを書くことを心がけているそうッスよ!
ゲーム制作は一人ではできないからとても大事なことッス。
移植作業などをする時には過去のコード解読にとても苦労したこともあるそうッス。
・駒ではなくキャラにすること
単なる「戦闘中に使用するユニット」というだけでなく、
触れ合えて愛着の持てるキャラクターとなるように心がけているそうッス。
汎用キャラクターのセリフなどを考えることはここに関連しているッス!

========

 

 

第2部 ぶっちゃけ語り

プレイヤーとしての視点や、開発者としての視点からいろいろなお話を聞いたッス!
お伝えできる部分をちょっぴり公開ッス。

========

・伊藤さんは、『D2』DLCの超魔王バールの仕様を実装したものの、
 倒せるかどうかの検証がとても大変だったそうッス。
 「自分でアイデアを出して実装できることは楽しかったけど
 自分の首を絞める結果にもなってしまった」そうッス…。
・田島さんが次回予告を作る際、社長から元ネタを指定されることがあるそうッスが、
 その元ネタがわからないこともあり、苦労したそうッス!
・技演出を考える人たちは、既存素材を生かして色々工夫していて、
 宝箱のグラフィックを拡大して壁として扱ってしまうなど驚くような柔軟な発想をしているそうッス!

========

『6』が出るならやってみたいことや、今では笑い話なここではお伝えできない出来事など

様々なお話をしたッス!

 

 

Q&A

お客様から事前に集めた質問を中心にお伺いしたッス!

========

・『5』キャラ界のすごろくなどシステムを変更したり増やす際はどのようにやりとりするのか?
「すごろくは自分(松田D)が入れたかった!すごろく的な要素をメインとしたゲームを作りたかったが
実現がなかなか難しく、ディスガイアの中でやってしまおうと考えた」と松田さんは語ってくれたッス。
「やりたい!と言って実現することもあればしないこともあったり、
以前ボツになったものも以降のシリーズで取り入れたこともある」そうッス。
・『4』のような会話シーンでのアニメは復活しないのか?
「実は『5』でもやろうとしていたけどできなかった。
今後復活するかもしれないしもっと別の表現になるかも…」とのことッス。

========

 

 

終盤にはプレゼントをかけたじゃんけん大会も行ったッス

(3人のサイン入りッスが寄せ書きのような賑やかさッス…)

 

 

最後はお客様と記念写真をパシャりッスカメラ

 

写真撮影に参加されたのはお客様は男性のみだったッスが、

女性のお客様にもお越しいただいたッスよウインク

 

 

田島さんから「会社員のおっさんだけのイベントで大丈夫か?」との自嘲トークもあったッスが、

なかなか聞くことができない貴重なお話をたくさん聞けたイベントになったッスよアップ

レポートがお送りできない部分も多く申し訳ないッスが、
来場できなかった方に少しでもイベントの様子が伝われば嬉しいッスブルー音符
 
 
福岡で開催した嘘つき姫&ボク姫のトークイベントレポート
絶賛準備中なので、お楽しみにッスキラキラ
 
 
 

プリニーさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。